ARTIST info
 
ETERNITY'S END ロゴ ETERNITY'S END
/ エタニティーズ・エンド


ETERNITY'S END 2018



MICP11448 UNYIELDING
アンイールディング
発売日:2018年12月26日
MICP-11448 \2,600+税
<HM/HR>
☆日本先行発売
☆ボーナス・トラック1曲追加収録

1. INTO TIMELESS REALMS
2. CYCLOPEAN FORCE
3. UNYIELDING
4. BLOOD BROTHERS (THE OATH)
5. DREAMING OF CIMMERIAN SHADOWS
6. HORIZONLESS
7. UNDER CRIMSON MOONLIGHT
8. NECROMANTIC WORSHIP
9. TRIUMPHANT ASCENT
10. BEYOND THE GATES OF SALVATION
11. THE ARSENAL *

* Bonus Track

OBSCURAやALKALOIDといったテクニカル系エクストリーム・メタルのシーンの中で、超絶技巧を持つギタリストとして名を馳せていたクリスティアン・ミュンツナーは、その一方で祖国ドイツの雄であるHELLOWEENやGAMMA RAYといったパワー・メタル・バンド、イングヴェイ・マルムスティーンをはじめとするネオ・クラシカル系アーティスト、さらにはRACER Xのようなテクニカルなヘヴィ・メタル・バンドを愛し、その片鱗を2011年にリリースしたソロ・アルバム『TIMEWARP』で示す。

2014年にOBSCURAを脱退したクリスティアンは、ALKALOIDに参加しながらも、自身のルーツであるパワー・メタルを中心としたグループの結成を模索。ETERNITY'S ENDと名付けられたそのグループは、NECROPHAGISTやOBSCURA以来の同僚であるハネス・グロスマン(DS)やアメリカのプログ・メタル・バンドSCHOLOMANCEのジミー・ピッツ(KEY)、そしてヴォーカリストには元ELEGYで知られるイアン・パリーを迎え、デビュー・アルバム『THE FIRE WITHIN』を2016年にリリースする。アルバムは好評を博すものの、所属レーベルの倒産の憂き目に遭い、バンドは次作の制作に関してはクラウドファンディングを使いつつ進行させる。ハネスとジミー以外に、作詞作曲面でのパートナーとしてカナダ人のフィル・トウガス(G)、ベーシストにはSYMPHONY Xのマイク・レポンド、さらにヴォーカリストには元HIBRIAのユーリ・サンソンを迎え、日本に於いてアヴァロン・レーベルとの契約を結び、ニュー・アルバム『UNYIELDING』を完成させる。

facebook : www.facebook.com/EternitysEndMusic


CHRISTIAN MUENZNER クリスティアン・ミュンツナー G
IURI SANSON ユーリ・サンソン VO
PHIL TOUGAS フィル・トウガス G
JIMMY PITTS ジミー・ピッツ KEY
HANNES GROSSMANN ハネス・グロスマン DS
MIKE LEPOND マイク・レポンド B


MICP11289 THE FIRE WITHIN
ザ・ファイア・ウィズイン
発売:2016年5月25日
MICP 11289
\2,600+税



mora
1. THE FIRE WITHIN
2. DEMONBLADE
3. THE HOURGLASS
4. EAGLE DIVINE
5. WHITE LIES
6. TWILIGHT WARRIOR
7. CHAINS OF THE EARTH
8. THE DARK TOWER
9. MOONSTRUCK
10. THE FALL OF THE HOUSE OF USHER
11. THE GUNSLINGER
☆ボーナス・トラック1曲収録
「ALKALOID」はこちら

1つ前に戻る
AVALON online - Go! Top page
TOPへ >>>>>

当サイトに掲載されている記事、写真等は個人で楽しむ場合を除いて、無断複製や放送に使用することを固く禁じます。
Copyright (c) 2018 Marquee Inc. All rights reserved.