ARTIST info
 
QUEENSRYCHEロゴ QUEENSRŸCHE
/ クイーンズライク


QUEENSRYCHE 2015



MICP11227 CONDITION HÜMAN
コンディション・ヒューマン
発売日:2015年10月21日
MICP-11227 \2,600+税
<HM/HR>
☆ボーナス・トラック1曲追加収録

1. ARROW OF TIME
2. GUARDIAN
3. HELLFIRE
4. TOXIC REMEDY
5. SELFISH LIVES
6. EYE9
7. BULLETPROOF
8. HOURGLASS
9. JUST US
10. ALL THERE WAS
11. THE AFTERMATH
12. CONDITION HÜMAN
13. ESPIRITU MUERTO *

* Bonus track

mora

1981年にクリス・デガーモ(G)、マイケル・ウィルトン(G)、エディ・ジャクソン(B)、スコット・ロッケンフィールド(Ds)が結成したカヴァー・バンドのTHE MOBに、ジェフ・テイト(Vo)が加入することでQUEENSRŸCHEが結成される。1983年にEMIよりミニ・アルバム「QUEENSRŸCHE」でデビュー。フル・アルバム「THE WARNING」、「RAGE FOR ORDER」とそれぞれアメリカでゴールド・ディスクを獲得する成功を収め、また日本でもそのサウンドが好評を博し、1984年に初来日公演を敢行している。

そして1988年にリリースされた3rdアルバム「OPERATION:MINDCRIME」は、深遠な内容を誇り、ヘヴィ・メタルのコンセプト・アルバムの代表格の1作とされるほどの人気作となり、このアルバムではじめてプラチナム・アルバムを獲得。続く「EMPIRE」はコンセプト・アルバムではなかったものの、“Silent Lucidity”のヒットも手伝い、バンド史上最も成功したアルバムとなる。しかし、その後バンドは長い低迷期に突入。1997年の「HEAR IN THE NOW FRONTIER」を最後にクリスが脱退し、オリジナル・メンバーの一角が崩れる。その後バンドはケリー・グレイ、マイク・ストーン、パーカー・ラングレンとギタリストを変えながら活動を継続する。2006年には「OPERATION:MINDCRIME II」をリリースし話題となるが、以前ほどの大きな成功を得ることはできなかった。

さらに2012年に入ると、ジェフと他のメンバーの確執が表面化し、ジェフ以外のメンバーは、CRIMSON GLORYで活動していたトッド・ラ・トゥーレと接触。RISING WEST名義での活動を視野に入れ、同時にそれまでのジェフ主導の環境を一掃。そして遂に6月に入りジェフを正式に解雇し、RISING WEST名義での活動を行なっていたバンドは、この編成で新生QUEENSRYCHEとして活動していくことを発表。プロデューサーには「OPERATION:MINDCRIME」と「EMPIRE」のエンジニアを務めたジェイムズ・“ジンボ”・バートンを迎えて、2012年末よりアルバムのレコーディングをはじめ、再びバンド名をタイトルとした「QUEENSRYCHE」を発表する。

Official website : www.queensrycheofficial.com
facebook : www.facebook.com/QueensrycheOfficial


TODD LA TORRE トッド・ラ・トゥーレ VO
MICHAEL WILTON マイケル・ウィルトン G
EDDIE JACKSON エディ・ジャクソン B
SCOTT ROCKENFIELD スコット・ロッケンフィールド DS
PARKER LUNDGREN パーカー・ラングレン G


MICP11117 QUEENSRŸCHE
クイーンズライク
発売:2013年8月21日
MICP-11117
\2,571+税

mora
1. X2
2. WHERE DREAMS GO TO DIE
3. SPORE
4. IN THIS LIGHT
5. REDEMPTION
6. VINDICATION
7. MIDNIGHT LULLABY
8. A WORLD WITHOUT
9. DON'T LOOK BACK
10. FALLOUT
11. OPEN ROAD
12. QUEEN OF THE REICH (LIVE)
13. EN FORCE (LIVE)
14. THE PROPHECY (LIVE)
15. EYES OF A STRANGER (LIVE)
☆ボーナス・トラック4曲追加収録

1つ前に戻る
AVALON online - Go! top page
TOPへ >>>>>
当サイトに掲載されている記事、写真等は個人で楽しむ場合を除いて、無断複製や放送に使用することを固く禁じます。
Copyright (c) 2015 Marquee Inc. All rights reserved.