ARTIST info
 
KOTIPELTO ロゴ KOTIPELTO
/ コティペルト


KOTIPELTO 2007



MICP10665 SERENITY
セレニティ
発売日:2007年6月21日
MICP-10665 \2,476+税
<HM/HR>
☆ボーナス・トラック2曲追加収録

1. ONCE UPON A TIME
2. SLEEP WELL
3. SERENITY
4. KING ANTI-MIDAS
5. CITY OF MYSTERIES
6. ANGELS WILL CRY
7. AFTER THE RAIN
8. MR. KNOW-IT-ALL
9. DREAMS AND REALITY
10. LAST DEFENDER
11. SLEEP WELL (ACOUSTIC VERSION) *
12. SERENITY (ACOUSTIC VERSION) *

* Bonus Tracks

mora

フィンランドを代表するメロディック・メタル・バンドSTRATOVARIUSのシンガーとしてだけでなく、 メロディック・メタル界屈指のシンガーとして君臨するティモ・コティペルトは1969年に生まれる。1994年にオーディションの末、 STRATOVARIUSの専任シンガーとしてバンドに加入。1995年にリリースされた「FOURTH DIMENSION」以来、 今日までコティペルトはSTRATOVARIUSをはじめとして数々の名曲を歌い、そしてその雄姿をシーンに見せ続けている。

2001年、STRATOVARIUSの活動が一段落した後、ソロ・アルバムを制作したティモ・トルキ同様に、コティペルトもソロ・アルバムの構想を練る。 MASTERPLANのローランド・グラポウ、SYMPHONY Xのマイケル・ロメオ、CHILDREN OF BODOMのヤンネ・ウォーマン、 STRATOVARIUSのヤリ・カイヌライネン、THUNDERSTONEやWARMENに参加しているミルカ・ランタネンといったアーティストを迎えて制作された最初のアルバム「WAITING FOR THE DAWN」は2002年にリリースされる。 翌年「ELEMENT PART 2」を発表した後、コティペルトは2ndアルバムの制作を計画。 制作中、バンド内でのトラブルによりSTRATOVARIUSをコティペルトが解雇されるという事件が発生する中、 再びマイケル、ヤリ、ヤンネ、ミルカといったアーティストを迎え、そしてユハニ・マルムベリ(G)を新たに迎えた布陣にて「COLDNESS」を完成、 2004年に発表する。

その後、STRATOVARIUSは元のメンバーにて再生、コティペルトはその活動の合間を縫ってKOTIPELTOの新作の準備をはじめる。 ヤンネとミルカをそのままに、ギタリストには2004年のツアーから参加したトゥオマス・ワイノラ、 ベーシストにはSTRATOVARIUSの新しいベーシストとなったラウリ・ポラーが迎えられ、新作「SERENITY」が制作される。

Official website: www.kotipelto.com
MySpace: www.myspace.com/kotipeltomusic


TIMO KOTIPELTO ティモ・コティペルト VO
JANNE WIRMAN ヤンネ・ウィルマン KEY
LAURI PORRA ラウリ・ポラー B
TUOMAS WÄINÖLÄ トゥオマス・ワイノラ G
MIRKA RANTANEN ミルカ・ランタネン DS


MICP10442 COLDNESS
コールドネス
発売:2004年5月21日
MICP 10442
\2,476+税

mora
+ PROMO VIDEO CLIP: REASONS
+ ALBUM MAKING FOOTAGE
1. SEEDS OF SORROW
2. REASONS
3. AROUND
4. CAN YOU HEAR THE SOUND
5. SNOWBOUND
6. JOURNEY BACK
7. EVENING'S FALL
8. COLDNESS OF MY MIND
9. TAKE ME AWAY
10. HERE WE ARE
11. BEYOND DREAMS
☆ボーナス・トラック1曲収録
「CAIN'S OFFERING」はこちら
「KOTIPELTO & LIIMATAINEN」はこちら

1つ前に戻る
AVALON online - Go! Top Page
TOPへ >>>>>

当サイトに掲載されている記事、写真等は個人で楽しむ場合を除いて、無断複製や放送に使用することを固く禁じます。
Copyright (c) 2013 Marquee Inc. All rights reserved.