◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る

REVIEW ARCHIVES:GERMANY E
[こちらは、これまでに当店に入荷した商品のレビューのアーカイヴです。
価格・在庫の有無はSET SALE LISTを参照するか、またはお問い合わせください]

〜STINGをフィーチャーした、ドイツのエレクトロ奏者の78年作品〜

EBERHARD SCHOENER
/Flashback

(CD/MIG)(Germany'78)
『Bali Agung』『Trans-Formation』に続き、ドイツのエレクトロ奏者が78年にリリースした作品。何と、STINGのスキャット系ヴォーカルを大フィーチャーしており、プログレ/フュージョン的バンド・サウンド+トリップ・シンセ(メロトロンも!)の音世界は、PINK FLOYD/TANGERINE DREAM+スティーヴ・ヒレッジ、といった趣です。一部に生オーケストラも導入するなど、結果的にはシンフォニックな仕上がりの異色作にして秀作!アンディ・サマーズ、スチュアート・コープランドも参加!

〜ジャーマン・エレクトロの才人、77年の4作目。味のある、イマジナリーな好内容秀作!〜

EBERHARD SCHOENER
/And The Secret Society

(CD/MIG)(Germany'77)
ジャーマン・エレクトロの才人:エベルハルト・ショーナーの、77年の4作目。アジア訪問の体験をフィードバックした、TANGERINE DREAM〜クラウス・シュルツェ系+オペラ?な、味のある、イマジナリーなサウンドを展開した好内容秀作!デジパック仕様。

〜バリ島訪問からインスパイアされた、76年作。ドキュメンタリーDVDとのカップリングにて!〜

EBERHARD SCHOENER
/Bali Agung

(CD+DVD[NTSC]/MIG)(Germany'76)
ジャーマン・エレクトロ系リスナー注目!キーボーディスト:エベルハルト・ショーナーの、76年リリース作品のCD化!75年にバリ島を訪れて、インスパイアそのままに現地のホテルで録音されたというもの(w/ピート・ヨーク(per))。モーグ、メロトロン入り+エスノ・コラージュの、TANGERINE DREAM〜最初期POPOL VUH風な傑作!何と今回、バリ訪問時のドキュメンタリー・フィルム(TV放送されたもの、約43分)を収録したDVD(NTSC)をカップリングした2枚組にてのリリース!

〜 エデン紙ジャケット収納用ボックス付3枚フル・セット!〜

「エデン」ボックス・セット
エデン / 期待 (Erwartung)
エデン / ペレランドラ (Perelandra)
エデン / 帰郷 (Heimkehr)

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(Germany)
2015年7月25日発売ベル・アンティーク紙ジャケット・シリーズより、エデン紙ジャケット3種(「期待」「ペレランドラ」「帰郷」)を同時にお買い上げのお客様に、収納用ボックスを1つプレゼント!


収納用ボックスは当店のみの特典となります!


※各アルバムの詳細はこちらでご確認いただけます。

■紹介ページ: http://www.marquee.co.jp/label/eden.htm

※WORLD DISQUE店頭および通信販売にて好評販売中です!

■通販ページ: http://wdisque.shop-pro.jp/?pid=90726049
他商品同様、電話やメール等でのご予約も承っております。

〜待望! 長らく廃盤だったエドガー・フローゼのVirgin時代のソロ作が、リマスター5CDにて再発!〜

EDGAR FROESE
/Solo(1974-1983) The Virgin Years

(4CD/EMI)(Germany'74-'83)
廃盤となって久しかった、エドガー・フローゼ(タンジェリン・ドリーム)のVirgin時代のソロ5作品「Aqua」「Epsilon〜」「Ages」「Stuntman」「Pinnacles」をリマスターで丸ごと収め、ボーナス・トラック3曲も加えた4CD! メロトロンを多用し、「ルビコン」をより情緒的にしたような「Epsilon〜」はとりわけレアだった名作。お見逃しなく!

〜独産、レトロ様式美ジャーマン・バンドの8th!今回はメロトロン/オルガンも交えたヘヴィ・プログレ・ジャム風!〜

ELECTRIC ORANGE
/Krautrock From Hell

(CD/BLU MIX)(Germany'10)

93年にデビュー、元々はCANやTANGERINE DREAMなどがルーツの"様式美クラウト・ロック"だったバンドの、『Marbus』('07)に続く恐らく8thアルバム。今回はオルガンやメロトロンもフィーチャーして、むしろレトロ・ヘヴィ/ジャム・プログレ的サウンドになっています。サイケな反復基調の中、ドグサレたKING CRIMSON(フリップ&イーノも?)あるいはPINK FLOYD+BLACK SABBATH的パートもあって、Vertigo色も少々です。ラストは最初期TANGERINE DREAM風のインプロヴィゼイション。また、25分にも及びトリップ・プログレ的大曲もあります。

〜パワフルな女性シンガーを擁した、ドイツ産ゴシック/プログレ・メタル系バンドのデビュー作!〜

EFFLORESCE
/Coma Ghosts

(CD/Generation Prog)(Germany'12)
ドイツ産、時にデス声もこなすパワフルな女性シンガーをフロントに配した、ゴシック/プログレ・メタル系バンドの1st。アーク・エネミー系にも一脈通じるイメージから、よりテクニカルで変則的なリフ・ワークの曲まで、エネルギッシュに迫る、正にパワー・メタリックな重厚秀作!

〜レトロ・ヘヴィ・サイケ系トリオの'11年3rd! 14分と51分の長尺2曲を収録!〜

ELECTRIC MOON
/Inferno

(CD/Sulatron)(Germany'11)
ドイツ産、ジャケの通りのレトロ・ヘヴィ・サイケ/クラウト・ロック・トリオ(g/エフェクト/org,b/エフェクトdr)のアルバム! フロイド系ルーツの反復を基調に、怪しくもメロディアスなサウンドを聴かせる快作! 14分強+51分強の長尺2曲!

〜フロイド色を押し出したサウンドの2CDライヴ盤!〜

ELOY
/Reincarnation On Stage

(2CD/Artist Station)(Germany'14)
ご存知、ドイツきっての長寿バンドのひとつ、エロイの'14年リリースライヴ2CD。クレジットはありませんが、恐らく'13年を始めとする近年のステージを収めたもので、ステージ・フォトたっぷりのブックレット2セット付デジパック仕様でのリリース。ピンク・フロイドばりに女性コーラス3名も加えた編成にて、フロイド色を押し出したサウンドを展開した快演!

〜ドイツの重鎮エロイ、11年ぶり17作目となる09年新作!中期フロイド系スペイシー・サウンドは未だ健在!〜

ELOY
/Visionary
(CD/TheLaser'sEdge)(Germany'09)
ジャーマン・プログレッシヴ最古参バンドのひとつ:エロイの09年リリースのニューアルバム。98年の『Ocean 2』以来、何と11年ぶり、通算17作目となります。中期PINK FLOYD系をベースとした、時にハードでスペイシー、そして叙情的なサウンドは全く持って健在!ヴォーカル/ギター、キーボード、ベース、ドラムスの4人に、ゲストでフルートや女性コーラスも交えた円熟の大力作!エンハンストでメイキング映像も入っております。USリリース、プラケース仕様にて!

〜国内盤入荷!変形デジパックでリイシュー!エロイの1stアルバム!〜

ELOY
/Eloy
(Germany.'71)
(国内盤;CD/Belle Antique)

変形デジパックでリイシュー!エロイの1stアルバム!プロデュースはコニー・プランク!後にフロイド系スペイシー・シンフォ色を強める彼らですが、ここではジャーマンならではのゴッタ煮ハード!!面白味十分です!+3ボーナス!

〜エンブリオの'76年録音のライヴ作が初CD化!〜

EMBRYO
/Live

(CD/Garden Of Delights)(Germany'77)
クリスチャン・ブッヒャルト(dr等)率いるジャーマン古参バンド、エンブリオの、リアルタイムでは「Bad Heads and Bad Cats」('76)に続く9作目として出ていたライヴ・アルバム('76録音)が初CD化。R.ブンカ(g)、C.マリアーノ(sax)はじめ、女性ヴォーカルやパーカッションも交えた編成にて、ファンキーなフュージョン/ジャズ・ロックを展開しています。彼らならではのサイケ/エスノ風味も交えつつ、エネルギッシュかつグルーヴィなプレイをたっぷり聴かせる快作です!同時期の未発ライヴ1曲(約16分をボーナスとして追加!)

〜エンブリオの'76年傑作がボーナス2曲追加にてリイシュー!〜

EMBRYO
/Bad Heads And Bad Cats

(CD/Garden Of Delights)(Germany'76)
御存知、クリスチャン・ブーヒャルト(dr,per)率いるエンブリオが、「Live」に続いて'76年にリリースした通算9th。黒人女性voのパワフルな歌声もフィーチャーした、エスノ・フュージョン/ジャズ・ロック路線が、ひとつのピークを示したといえる内容です。ジャーマン・ファンのみならず、実はユーロ・ジャズ・ロックの支店でも外せない傑作! ボーナス2曲追加で再発!

〜ファンキー&ポップなアメリカ志向を強めたエンブリオの異色作7thアルバム!再発盤!〜

EMBRYO
/Surfin'

(CD/GardenOfDelights)(Germany'75)

おなじみクリスチャン・ブッヒャルト率いるエンブリオが、『We Keep On』に続き75年にリリースした7thアルバム。ブッヒャルト(dr.per etc)、ロマン・ブンカ(g)、ウヴェ・ミュールリッヒ(b)のトリオに、ゲストでチャーリー・マリアーノとエドガー・ホフマンの管楽器が参加。従来のエスノ・ジャズ・ロック風味を残しつつも、ここではアメリカ志向のファンキーでポップな?音像を展開しています。奇妙な明るさとユーモアに彩られた異色作ながら、面白味十分の1枚です。Gerden Of Delightsより再発!

〜旅するジャーマン・エスノ・サイケ・バンド、活動40周年記念、未発レア・トラックス2枚組!〜

EMBRYO
/40
(2CD/Trikont)(Germany'10)
クリスチャン・ブッヒャルト(dr.per)が率いる、ジャーマン・ロック/エスノ・ジャズの直参:エンブリオの、活動40周年記念、レア・トラックス・アーカイヴ2CD。デビュー前のブッヒャルト・トリオ音源('67)から、ロマン・プンカ(g)入りで、ジャズ・ロック色の強い70年代中期、トリロク・グルトゥとの共演('77)、そして、アフガニスタン、トルコなど、中近東ほか各地のミュージシャンとの演奏の数々まで、非常に貴重、かつ充実の内容。ジャーマン・マニア注目です!

〜エンブリオの名作73年5thがデジパック再発!エスノ・ジャズ・ロックを確立・深化させた名作!〜

EMBRYO
/Rocksession
(CD/Germany.'73)

多くの作品を発表し、ジャーマン・エスノ・ジャズ・ロックという個性的なサウンドを築いたエンブリオの、「Steig Aus」に続く5枚目のアルバムがRevisitedよりデジパックで再発されました。ロマン・ブンカ(g)が抜け、ビリー・ホリデイ、チャールス・ミンガス、エリック・ドルフィーらとの共演で知られるピアニスト、マル・ウォルドロンが引き続き参加。タイトなリズムをバックにギター、オルガン、エレ・ピ等がサイケ、ジャズ、ロック、エスノ等の要素が混在中、バランスのいい演奏を展開しています。初期の代表作といえる、スタイルを確立した傑作!

〜エスニック系S.マシーン的?エンブリヲ72未発ライヴ!おススメ!〜

EMBRYO
/Wiesbaden1972

(Germany.'72収録)(CD/Garden Of Delights)

C.ブッヒャルト(dr, per)率いる現役バンド、エンブリオの、こちらは「Father Son And Holy Ghosts」リリース後の'72年12月に収録された、未発表ライヴのCD化。dr/per、per、el-p、b、g/サズーの5人編成(+ゲストsax)にて、スタジオ以上に、ソフト・マシーン的ともいえる、非常にテンションの高いジャズ・ロックをプレイした快演です!ボーナスとして、元メンバーのH. Fischer (sax/fl)が結成した幻のバンド、AUS DEM NICHTSの、当日の演奏をボーナス追加!そちらもサイケ・ジャズです!

〜ジャーマン・フォーク・デュオの名作2ndが、紙ジャケット、SHM-CD仕様にて再発!〜

エムティディ
/芽生えの時

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(Germany'72)
男女デュオ・ユニット、エムティディのセカンド。ヘルムト・フリッツの描いたカヴァー・アート(特に内ジャケットは必見)の世界をそのまま音に綴ったといったら言い過ぎだろうか?オルガン、ピアノ、ハープシコード等を巧みに使いながら夢の中の夢幻的事象を音楽化した存在自体が奇跡のような名作。紙ジャケット、リマスター、SHM-CDにての決定版的内容!

※6/25発売の「ヘルダーリン/ヘルダーリンの夢」「ブローゼルマシーン/ブローゼルマシーン」と同時にお買い上げのお客様に、先着にてWORLD DISQUE限定収納ボックスをプレゼント!

〜ドイツきってのロマンティックな名盤として知られるエムティディの、こちらはファースト〜

EMTIDI
/Emtidi

(Germany.'70)(CD/Garden Of Delights)

ピルツ・レーベルからリリースされたセカンド「Saat」がドイツきってのロマンティックな名盤として知られるエムティディの、こちらはファースト。次作と同じ、女性g/vo etc. 男性g/fl/voのデュオによる作品で、たおやかなフォーク・タッチを基調とした、次作と同傾向のサウンドを既に展開しています。以前ブートレグCDは出ていましたが、今回はG.O.D.よりオフィシャル初CD化!ジャーマン・ファンのみならず注目の作品です!

〜ハード寄りジャーマン・ロックの好バンド、74年の3作目が、ボーナス7曲追加、デジパックで再発!〜

EPITAPH
/Outside The Law

(CD/MIG)(Germany'74)
70年代、ハード寄りジャーマン・ロックの好バンド:エピタフが、74年にリリースした3rdアルバム。今回、Made In Germanyレーベルより、未発表曲('76)3曲及び'00年のライヴテイク4曲をボーナス・トラックとして追加し、デジパック仕様にてリリース!

〜エロックが87年にリリースしたアルバムの、リマスター/デジパック再発!〜

EROC
/Changing Skies

(Germany'87)(CD/Universal)

グローヴシュニットのリーダー、エロックが'87年にリリースしたアルバムの、リマスター/デジパック再発!9曲のボートラをたっぷり追加!タイトなニュー・ウェイヴ風味+シンセもの的音作りで、親しみ易くメロディアスなインスト&歌物を聴かせます。ジャーマン・シンフォ色も加味した力作!

〜女性voをフロントにしたペイガン・フォーク/古楽トラッド系バンドのニュー・リリース!〜

ESTAMPIE
/Secrets Of The North

(CD/Screaming Banshee)(Germany'13)
ミュンヘン拠点の、女性voをフロントにしたペイガン・フォーク/古楽トラッド系バンドのニュー・リリースは、タイトル通り北欧トラッドにアプローチしたアルバム! 各種管弦、パーカッション、ハーディ・ガーディ等を用いたシリアスかつ荘厳なアンサンブルの中、朗々とした女性voが迫る、適度にコンテンポラリーな仕上がりが聴き易い好作!

〜サイケ/ジャーマン色の強い1st!初CD化+3ボーナス!〜

ET SETERA
/Et Setera

(Germany.'71)(CD/Long Hair)

ウォルフガング・ダウナー(kbd)を中心としたジャーマン・ジャズ・ロック系バンド、エト・セトラの1stアルバムが、ボーナス3曲追加で、初CD化。本作では、S.シュワブ(g etc.)、E.ウェーバー、Per奏者を迎えて、ジャズ・フリー・シリアス・エスノ/アコースティック色を取り込んだ、エクスペリメンタルなサウンドを展開しています。シンセを用いたギミック/コラージュ的手法など、いわゆるジャズ・ロックというよりもクラウト/サイケ色の強い、ハイテンションな仕上がりで、ジャーマン・ロック・リスナー向きといえる傑作です!

〜特大スイセン!キャメル+オールドフィールド的シンフォニック・コンセプト・アルバム!〜

EUREKA
/Shackleton's Voyage
(CD/BelleAntique)(Germany'09)

ドイツのマルチ・プレイヤー、Bossertを中心とした実質ソロ・プロジェクトの4年振り4th。南極にて1年8カ月にわたる漂流の後、全隊員と共に生還を果たしたシャックルトン隊の奇跡がテーマです。トロイ・ドノックリー、ビリー・シャーウッドやRPWLのメンバーを迎え、ケルト的メロディと伸びやかなギターをフィーチャーしたインスト主体の作風は、さながらキャメル/フロイド+オールドフィールド。ドラマティックな叙情派傑作です!

〜ドイツ産ハード・メロディック・シンフォのベテラン、6年振りの新作!〜

EVERON
/North
(CD/Germany.'08)
ドイツ産プログレッシヴ・ハード/メロディック・シンフォニックのベテラン・バンド、エヴェロンの、「Flesh」(02)に続く6年振り7th。RUSHあたりをルーツとしたハードなブ厚いパートと、ペンドラゴン、パラス等に通じる叙情味がダイナミックに共存した音像は健在です。今回は、一部ゲストで女性リード・ヴォーカルやチェロもフィーチャーして、アコースティカルな泣きも重視したドラマティックな内容に仕上がっています。流石の高水準傑作!

〜これはビックリの高水準!知られざるジャーマン・アングラ・シンフォの'74年スタジオ録音曲が初CD化!〜

EXPONENT
/Upside Down

(CD/Garden Of Delights)(Germany'74録音)
これは驚きの発掘。ドイツのキーボード奏者/シンガーとギタリストが、元CANNABIS INDIA(kbdトリオ・バンド)のリズム隊と結成するも、当時アルバムを残さなかった知られざるジャーマン・シンフォニック・バンド。彼らの'74年スタジオ録音4曲(ジャム風の長尺曲M4のみ音質が落ちます)の発掘リリースで、'14年にLPのみでリリースされたものの初CD化(ライヴ・トラック1曲ボーナス)。オルガン、アナログ・シンセ、メロトロン(!)、英語ヴォーカルをフィーチャーした、ELP、イエス、クリムゾン等ルーツのブリティッシュ風本格サウンドは、非常に高水準です。ドイツらしいアングラ・ムードも込みで、魅力十分のまさに掘り出し物!

◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る