TOPICS

WD店頭イベントにつきましてはこちら(店長ブログ)でご確認ください!

12/1よりWD店舗の営業日が変わりました。
営業日:月・金・土・日+祝日(定休日は、祝日を除く毎週火・水・木曜日です。)


-------------------

BELLE ANTIQUEリリース・インフォメーション・ページを更新しました! (7/24)


-------------------

WD特典としておなじみ、「紙ジャケット収納用BOX」のまとめページを追加しました!

・サイトをマイナー・チェンジしました!('16/4/21)


BELLE ANTIQUE

ベル・アンティーク
リリース・インフォメーション
(2019年8月リリース分アップ)


EURO-ROCK PRESS

ユーロ・ロック・プレス
最新号(Vol.82)
2019年8月30日発売!


WD店長のブログ

店長中島のプログレな日々


TWITTER

@WORLD DISQUE

@AVALON_LABEL

@marquee_live


■ 通販ウェブ・ショップ
当サイトのトップ画面に掲載しているレビューのジャケット画像には、それぞれ通販専用サイトの該当ページへのリンクをはっております。
※通販専用サイトでは、クレジットカード及びコンビニ支払いも可能となっておりますので、是非ご活用ください。


通販専用サイトはこちら

■ SET SALE LIST

セット・セール・リスト

通信販売の在庫確認の際に、オーダー・フォームへコピー&ペーストしてください。リストは毎月月末頃に更新しております。

オーダーフォームはこちら


REVIEW ARCHIVES

【Italy】
A|B-C|D-E|F|G
H-I|J-K-L|M|N
O|P
|Q-R|S|T-U
V.W.X.Y.Z

【France】
A|B|C|D|E-G
H-J|K-L|M|N
O-P
|Q-R|S|T
U.V.W.X.Y.Z

【Germany】
A|B|C|D|E|F|G
H-I|J|K|L-M|N
O|P
|Q-R|S|T
U.V.W.X.Y.Z

【Holland/Belgium】
A|B-C|D-E|F-G
H-I-J|K|L-M-N
O|P
|Q-R-S-T
U.V.W.X.Y.Z

【Swiss/Austria】
A to Z

【Spain/Portugal】
A to Z

【Scandinavia】
A|B|C|D|E|F|G
H|I|J|K|L|M-N
O|P
-Q|R|S|T
U-V
|W-X-Y-Z

【North America】
A|B|C|D|E|F|G
H| I|J|K|L|M|N
O|P
- Q|R|S|T
U.V.W.X.Y.Z

【South America】
A|B-C|D-E|F-G
H-I|J-K|L-M|
N
|
O-P|Q-R|S|
T.U.V.W.X.Y.Z

【Others】
A|B|C|D|E|F|G
H|I-J|K|L-M|N
O|P
-Q|R|S|T
U.V.W.X.Y.Z

【Japan】
A|B|C-D|E|F|G
H|I|J|K|L|M-N
O|P
-Q-R|S|T
U.V.W.X.Y.Z

【U.K&Ireland】
A|B|C-D|E-F|G
H|I-J|K-L|M-N
O|P
-Q|R|S|T
U.V.W.X.Y.Z

【DVD (各国)】
A-G
H-N
O-Z


【Books】

【Magazine】


公式輸入プログレTシャツグッズ
取扱いしております!

「T-Shirt」
「Badge/Sticker/etc」

 

■ ダウンロード配信
ベル・アンティーク厳選のタイトルが、
iTunes及びMoraにて好評配信中です!

配信タイトルはこちら


■ リンク等





会社概要

MARQUEE及び
WORLD DISQUEの
画像、コンテンツを
無断複製・転載
することを禁じます。




 
【税率につきまして】
当サイトでの商品代金の表記は、消費税込(8%)となっております。


【夏季営業についてのお知らせ】

ワールド・ディスク店舗の、8月の営業日は、通常通りです。

(火、水、木、定休)

営業時間も通常通りです。予め御了承下さい。

worlddisque.blog42.fc2.com/blog-entry-1583.html

来日情報】

EMBRYO


10/13(日)、10/14(月・祝) 東高円寺 U.F.O.CLUB

※当店での前売り・予約の取り扱いはございません。

公演詳細
http://worlddisque.blog42.fc2.com/blog-entry-1603.html


【次回セールのお知らせ】

ドイツもの中古CDセール
(incl. スイス/オーストリア)


8月31日(土)PM 1:00〜


worlddisque.blog42.fc2.com/blog-entry-1577.html


【重要なお知らせ】

ワールド・ディスク店舗の定休日が変わりました
誠に勝手ながら、業務上の都合により、ワールド・ディスク店舗の定休日は
2018年12月より火・水・木曜 定休(祝日は営業)へ変更いたしました。
(店舗の営業日は金・土・日・月+祝日となります)。

お客様には御不便をお掛け致しますが、何卒ご了承下さいませ。
引き続き、皆様のご来店をお待ちしております。

※営業時間の変更はございません。 (月・金・土曜→ 13:00〜20:00 / 日曜・祝日→ 13:00〜19:00)

【重要なお知らせ】

通信販売専用電話の受付時間が変わりました

誠に勝手ながら、業務上の都合により、通信販売専用電話の受付は
2019年2月1日より、平日 15時〜18へ変更いたしました。

お客様には御不便をお掛け致しますが、何卒ご了承下さいませ。

【通信販売専用ウェブ・ショップについて】
レビューの不足や未掲載商品等多々ございますが、随時追加していきますのでご期待ください!
当サイトのトップ画面に掲載しているレビューのジャケット画像には、
それぞれウェブ・ショップ該当ページへのリンクをはっております。是非ご活用ください。


※ウェブショップでは、クレジットカード及びコンビニ支払が可能となっております。

http://wdisque.shop-pro.jp/


【当店チケット販売情報】
 NEW RECOMMENDED (画像クリックで通販専用サイトの該当ページに飛びます)

〜【ご予約受付開始】 8/25 発売:アッティラ 「紙ジャケット収納用ボックス」付3枚フル・セット〜 


「アッティラ」収納用ボックス付 3枚フル・セット

アッティラ / 終焉の兆し (SHM-CD+CD)
アッティラ / インテンシオン
(SHM-CD)
アッティラ / 復活
(SHM-CD)
(ベル・アンティーク)(UK)(税込¥11325)

ワールド・ディスク店頭及び通信販売で、8月25日リリースのアッティラ紙ジャケット3種(「終焉の兆し」、「インテンシオン」、「復活」 )を同時にお買い上げのお客様に、収納用ボックスを1つプレゼントさせていただきます。

数に限りがありますので、品切れ次第プレゼントは終了させていただきます(お客様に終了をお知らせする前に品切れになる場合もございます)。


※各アルバムの詳細はこちらでご確認いただけます。
http://www.marquee.co.jp/label/Atila.htm

※お求めははWORLD DISQUE店頭および通信販売にて!
http://wdisque.shop-pro.jp/?pid=144973654

〜 【ご予約受付開始】ユーロ・ロック・プレス最新号(Vol.82) 8/30発売です〜

EURO-ROCK PRESS (ユーロ・ロック・プレス) Vol.82
(Books/Marquee)(Japan'19)(税込¥2,057)

表紙は、新作「Seven Seas」を9/25にリリースするBAROCK PROJECT。リーダーのルカ・ザッビーニのインタビューが巻頭掲載です。そして、来日したARTI & MESTIERI ESSENTIA / AREA OPEN PROJECTのライヴ・レポートとARTI & MESTIERI ESSENTIAのフリオ・キリコ & ジジ・ヴェネゴーニのインタビュー、来日を控えたFOCUSとCLAUDIO SIMONETTI'S GOBLINのインタビュー、YES「50 Live」のロング・ディスク・レビュー、HERMETO PASCOAL E GRUPOのライヴ・レポート、元TEAR GAS / THE SENSATIONAL ALEX HARVEY BANDのザル・クレミンソンのインタビュー、紙ジャケ発売となったSHADOWFAXの元ギタリスト、G・E・スティンソンのインタビュー、CARAVAN日本公演のライヴ・レポート、久々の海外取材(FAUST主催のフェスティヴァルのレポート)などなど。

ユーロ・ロック・プレス最新号、Vol.82は8月30日発売です。

≪Interviews≫
BAROCK PROJECT / Furio Chirico & Gigi Venegoni (ARTI & MESTIERI ESSENTIA) / Thijs van Leer (FOCUS) / Claudio Simonetti / Billy Sherwood / Zal Cleminson / G.E. Stinson / Jean-Herve Peron (FAUST) / A.C.T

≪Live Reports≫

CARAVAN / ARTI & MESTIERI ESSENTIA / AREA OPEN PROJECT/ HERMETO PASCOAL E GRUPO / ALCATRAZZ / URIAH HEEP / Simon Phillips / PAGAN PROG FEST 2019 / 浪漫座 & GENESHIGE / LUCIFER / Avantgarde Is Happening (Festival)

≪Features≫
YES / Alive The Live Label / MAGMA On Tour / Cinema Pick Up

■通信販売でのお買い求めはこちらからどうぞ。

http://wdisque.shop-pro.jp/?pid=144836326
■定期購読につきましては、こちらからお申し込みください。
(2,057円×1年分(4冊)=8,228円)
http://wdisque.shop-pro.jp/?pid=99179096

■バックナンバーのお求めはこちらからどうぞ。
http://wdisque.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1103007&sort=n

〜[8/7発売]通販スタートしました!WD店舗では8/9(金)より販売開始!WD特典CD-R付き!〜

須磨邦雄
/ALBUM ソロSIDE : 森の境界 (Boundary Of The Forest)

(CD/Mountain North Studio)(Japan'19)(税込¥3024)※8月7日発売
言わずと知れた「日本のキング・クリムゾン」美狂乱その人、須磨邦雄が遂に活動を再開した。来年2月リリース予定の美狂乱の新作に先駆けて、先ずは、「Solosolo」('07)以来実に12年振りとなる2ndソロ・アルバムが登場。vo、el-g、ac-g、b、プログラミング等、須磨のマルチ多重に、息子・和声(vln)や、女性シンガーの三枝晴美らが加わった録音で、多彩かつ充実の内容を収めている。美狂乱そのものなハード・ナンバーから、クラシカルなシンセ・オーケストレーション、ブルージーなアコースティックまで、'04年の「魁!クロマティ高校」サントラの経験もフィードバックされた、これは正しく『チェンバー/クラシカル/アコースティック版・美狂乱』と言うべき、ファン必聴の会心傑作である。

※ワールド・ディスク オリジナル 先着購入特典
未発表アコースティック音源2曲入りCD-R
 (1.DEEP Cadence 1:30 2.月夜 de 散歩_ Rehersal 5:10)

http://wdisque.shop-pro.jp/?pid=144299482

〜「7/25ベル・アン紙」米プログ・ジャズ・ロック超名作'76年1st!2CDエディション!〜

シャドウファクス
/ウォーターコース・ウェイ(ダブルCDエディション)

(2SHM-CD/Belle Antique)(U.S.A.'76)(税込¥4536)
トールキンの指輪物語に登場する魔術師ガンダルフの愛馬からその名をとったシャドウファクス。アメリカはシカゴで72年に結成され、76年にこのデビュー作を発表。マハヴィシュヌ・オーケストラやブランドXに匹敵するテクニカル・ジャズ・ロックの歴史的名盤で、このデビュー作はシンフォニック色も加わり多彩でスリリングなアルバム。今回、85年にWindham Hillからリリースしたリミックス盤(かなり印象が違う)をディスク2として加え、更に新たに2曲のボーナス曲を加えた決定版的リリース。紙ジャケット、SHM-CD。最新リマスター。オリジナル盤は初CD化!

〜[7/25 ベル・アン紙]シャドウファクスの未発ライヴ'78!ジャズ・ロック!必聴!〜

シャドウファクス
/ライヴ・アット・ワイズ・フールズ・パブ 1978

(2SHM-CD/Belle Antique)(U.S.A.'78)(税込¥4536)
トールキンの指輪物語に登場する魔術師ガンダルフの愛馬からその名をとったシャドウファクス。アメリカはシカゴで72年に結成され、76年にデビュー作を発表。本作は78年4月25日にシカゴで行われた全盛期の演奏を2枚組に収めたライヴ・アルバム。名作「ウォーターコース・ウェイ」とはほとんどダブらないセットリストで、白熱の演奏を繰り広げる圧巻のパフォーマンスを聴け!紙ジャケット、SHM-CD、最新リマスターにて初のオフィシャル・リリース!

〜[7/25 ベル・アン紙]英サイケ・ジャズ・ロック名盤2nd!カンタベリー色も!〜

CMU
/スペース・キャバレー

(SHM-CD/Belle Antique)(U.K.'73)(税込¥3394)
サイケ風味のジャズ・ロックを得意としたCMU、2枚のアルバムがあるが、これは73年発表のセカンド。前作よりヴォーカルをフィーチャーし、カンタベリー色を強めた彼らの最高傑作!4部構成による組曲で、縦横無尽に暴れまわるその奔放なサウンドはすさまじい。メンバーのロジャー・オデルは後にフュージョン・バンド「SHAKATAK」を結成。紙ジャケット、SHM-CD、ボーナス・トラック2曲収録、最新リマスターの決定版的内容!

〜[7/25 ベル・アン紙]※アンコール・プレス 独産硬派シンフォニック超名盤1st!〜

SFF
/銀河交響曲

(SHM-CD+CD/Belle Antique)(Germany'76)(税込¥4536)
ドイツ産テクニカル・シンフォの雄、SFF。Kbd / G,B,Kbd / Drという変則的なトリオ編成で、構築的かつ緻密にアレンジされた複雑極まりないシンフォニックな楽曲を演じた傑作。かのISLANDにも通じる知的で技巧的な変拍子サウンドは白眉。’75年のライヴをディスク2に収録し、更に当時のデモ・トラックをボーナス収録。紙ジャケット、2010年リマスター、高品質SHM-CD(ディスク1のみ)にての決定版的内容。長らく入手困難だった作品が遂にアンコール・プレス決定!

〜[ベル・アンティーク国内盤]S.ハケット・バンドで知られるシンガー、傑作New!〜

NAD SYLVAN
/The Regal Bastard

(CD/Belle Antique)(Sweden'19)(税込¥3024)
スティーヴ・ハケットのジェネシス・リヴィジテッド・プロジェクトやロイネ・ストルトとのエージェンツ・オヴ・マーシー等でフロントマンを務め現代シンフォニック界におけるピーター・ガブリエル的な重責を担うヴォーカリスト、ナッド・シルヴァンのソロ3部作の最終作が登場。スティーヴ・ハケット、トニー・レヴィン、ガスリー・ゴーヴァン等の豪華なメンバーを従え、耽美なロマンティシズムに彩られた吸血鬼譚を劇的なアプローチで描いた、シリーズ最高作!CDのみのボーナス2曲を加えた初回限定デジパック盤!

〜[ベル・アンティーク国内盤]元・Xレッグド・サリーg、あのモルガンと合体新作!〜

PIERRE VERVLOESEM feat.MORGAN AGREN
/Artiste International

(CD/Belle Antique)(Belgium&Sweden'19)(税込¥2916)
X-レッグド・サリーで名を馳せ、その後もソロやフラット・アース・ソサイエティとの活躍で、その奇天烈なまでの天才的なセンスを発揮してきた鬼才ピエール・フェルヴルーゼムの最新作は、以前から共演を重ねてきたスウェーデンの怪物ドラマー、モルガン・オーギュレンとの連名作!ひねりつつもキャッチーで印象的なモチーフと、異質な要素もシームレスに同居された作曲センス、そしてそれらを成り立たせる超絶的な演奏力。フランク・ザッパから多くを学んだ欧州の天才ミュージシャン二人によるアヴァン・ロック・ギター・インスト奇跡の傑作!

〜[ベル・アンティーク国内盤]英国ヘヴィ・サイケの歴史的名作1st!5曲ボーナス!〜

HIGH TIDE
/Sea Shanties

(CD/Belle Antique)(U.K.'69)(税込¥2916)
来るべき70年代に向けて英国のロックが様々に開花した69年に発表された数々の作品にあっても、異形の傑作として、今なお名高いハイ・タイドのデビュー・アルバム。この年代の英国ロックにしかありえないような、沈み込むようなヘヴィネスを持ったサウンドの中、トニー・ヒルのギターが暴れまわり、後にホークウィンドやデイヴィッド・ボウイの下でも活躍した鬼才、サイモン・ハウスのヴァイオリンと掛け合う様は正にスリリングにして唯一無比!ボーナス5曲追加。

〜ベル・アンティーク国内盤]英国ハード系の名バンド'70年1st、正規初CD化!〜

TEAR GAS
/Piggy Go Getter

(CD/Belle Antique)(U.K.'70)(税込¥2916)
ザル・クレミンソン(g)とクリス・グレン(b)を擁し、セカンドから参加したテッド・マッケンナと共にセンセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンドの中核となったことでも知られるティアー・ガスのデビュー作。セカンドでは正統派ハード・ロック・サウンドに転じた彼らだが、本作ではアコースティック楽器やオルガンも交えて、より英国さしい情感も交えた懐の深いサウンドを展開。70年代初頭のロックがスタイルとして確立されていない時代ならではの瑞々しさに満ちた傑作。待望の正規CD化!

〜[ベル・アンティーク国内盤]ご存知 T.バンクスのソロ集成ボックス7CD+DVD!〜

TONY BANKS
/Banks Vaults The Albums 1979-1995

(7CD+DVD/NTSC/Belle Antique)(U.K.'19)(税込¥118806)
初期のプログレッシヴ時代から大ヒットを連発して世界を制した後期に至るまで、一貫してジェネシスの音楽性の核を担っていたキーボーディスト、トニー・バンクスのソロ及びバンクステイトメント名義の作品を新規リマスターにてCD7枚に収録し、更にプロモ・ヴィデオ映像をまとめたDVDを加えた総決算的8枚組ボックスセット。ジェネシスのシンフォニックな部分を抽出したような名盤ファーストから、独特のスタイルで、多彩な音楽性を展開した後期作品まで、多くが長年入手困難になっていた作品を収録してバンクスの個人名義でのキャリアを一望できる本ボックスはジェネシス・ファン待望にして必携のもの!

〜国内盤リリース!スウェーデン産、テクニカル・ポップ・シンフォの雄、新作ミニ!〜

A.C.T
/Rebirth

(CD/Avalon)(Sweden'19)(税込¥2376)
'99年にアルバム・デビューし、これまで5枚のアルバムを出しているテクニカル&ポップ・シンフォ・バンドの、「Circus Pandemonium」('14)以来となるニュー・リリース・ミニCD(本編5曲)。カヤック/クイーン+イエス的、甘くキャッチーなコーラスとvo、凝ったアレンジの技巧的インスト・パートが相まった、彼らのポップ・サイドに振り切ったサウンドは正に極上である。ムーン・サファリのファンも必聴の快作。※国内盤、プラケース、ボーナス・トラック1曲追加収録

〜南カリフォルニア産、現代マスロック〜ジェント代表格、新作3ed!変則かつ爽やか!〜

CHON
/Chon

(CD/Sony Music Labels)(U.S.A.)(税込¥2376)
今年のフジロックにも登場済み、アニマルズ・アズ・リーダーズ、ポリフィア等と並び、現代マスロック〜ジェントを代表する存在の、南カリフォルニア産バンドの新作3rd。ツイン・ギターのインスト4ピースにて、この手にあって最もメロウなフュージョン寄りのサウンド(メタル色はゼロ)を展開している。極めてテクニカルでエキセントリックなのに、異常に爽やか。これはエポックな傑作である。国内盤、ライナーノーツ付き、初回のみジャケ絵柄円形ステッカー封入。2020来日ツアーも決定している。

〜P.モラーツが弾きまくる超名盤が、貴重なライヴ追加の3CDボックス仕様で再発!マスト!〜

REFUGEE
/Refugee (Expanded Edition)

(3CD/Esoteric)(U.K.'74)(税込¥3240)
元ナイスのリズム・セクションの二人が、後にイエスに参加する天才キーボード奏者、パトリック・モラーツを見出し、結成したレフュジー。ピアノ、オルガン、シンセ、メロトロンを縦横無尽に駆使し、厚みのあるオーケストレイションと華麗なソロでバンドを引っ張るモラーツの才能が爆発した、キーボード・プログレッシヴ作としてはEL&Pの全盛期に匹敵する究極の一枚である唯一のアルバムに、貴重極まりないライヴ音源を2枚(74年3月BBC及び5月のニューキャッスル公演)追加しての3枚組拡大版での再発!
※国内盤ベル・アンティークより8/25リリース

〜アイルランド出身のプログレッシヴ・ロック名グループ、全部入り4CDボックス!〜

FRUUPP
/Wise As Wisdom - The Dawn Albums 1973-1975

(4CD/Esoteric)(Ireland'73-'75)(税込¥3672)
アイルランド出身、童心を呼び起こすようなファンタジックなジャケットに相応しい叙情性とポップ感覚を持ち合わせた作風の名プログレッシヴ・ロック・バンド、フループ。意外なまでに粗削りで泣きの効いたロック感が強いデビュー作からクラシカルでプログレッシヴな方向を強めたセカンド、更には同路線を受け継いだコンセプト・アルバムの名作サード、イアン・マクドナルドをプロデューサーに迎え最も洗練された4作目と、彼等の残した4枚のアルバムをリマスター、ボーナス曲追加(1st/3rd)の上、一つに纏めたボックス・セット。
※国内盤ベル・アンティークより8/25リリース

〜'70s初頭の英国アンダーグラウンドの雄、1st+2nd+変名作(モニュメント)+再編作!〜

ZIOR
/Before My Eyes Go Blind - The Complete Recordings

(4CD/Grapefruit)(U.K.'71、'73、'18)(税込¥3672)
70年代初期、ブラック・サバス等と並んでサタニック・モティーフをヘヴィ・ロックに用いた先駆者として知られるズィオールの2枚のアルバムをリマスターにて纏め、更に、彼等が魔女集会から生まれたバンドとの触れ込みの下、ザ・ファースト・モニュメントの変名で発表した唯一作と、2018年録音の再結成アルバムを加えた4枚組ボックス。サイケ〜ヘヴィ〜プログレッシヴがまだ明確には分かれていなかった70年代初期の英国アンダーグラウンド・ロックの空気をそのままに伝える!要再評価の作品群!
※国内盤ベル・アンティークより8/25リリース

〜イスラエル出身、A.ホールズワース系ギタリスト新作は、ド級プログ・ジャズ・ロック!〜

YUVAL RON
/Somewhere In The Universe Somebody Hits A Drum

(CD/Wong Notes)(Israel'19)(税込¥2376)
イスラエル出身、アラン・ホールズワースから多大な影響を受け、RESIDENCE OF THE FUTUREにてテクニカル・プログレッシヴ作品のリリースもあるギタリスト、ユヴァル・ロンの最新作は、そのプログレッシヴ指向を全開にしたとてつもない完成度を誇るもの。かの天才ドラマー、マルコ・ミンネマン等を迎えたバンド編成により、あくまでも暖かで親しみやすいモロディを軸にしつつ、EL&P的な勇壮でドラマティックな展開と、U.K.〜ホールズワース的なスリルを併せ持つ技巧的シンフォニック・ロックの逸品。驚愕の傑作!
※国内盤ベル・アンティークより9/25リリース

〜SPACED OUTのリーダー/ベーシスト、A.ファファール新作ソロ6th!G.ハズバンド参加!〜

ANTOINE FAFARD
/Barromean Odyssey

(CD/Timeless Momentum)(Canada'19)(税込¥2376)
カナダ/ケベックきってのヘヴィ・ジャズ・ロック・バンド、スペイスド・アウトの中心人物/ベーシスト、アントワーヌ・ファファールの、「Proto Mundos」('17)に続くソロ新作6th。前作に続き参加のゲイリー・ハズバンド(syn、kbd)、及び近年のSTYXのドラマー、T.サッチャーマンを迎えた3人編成(ギターは全てファファール自らがプレイ)にて、ホールズワース風味を強めつつ、ソリッドでスリリングなファファール節のプログレッシヴ・フュージョンを存分に展開している。正に痛快な傑作である。
※国内盤ベル・アンティークより9/25リリース

〜元「再生工房」のギタリスト、1stソロがLPのみでリリース!叙情派フォーキー好作!〜

榎本隆一 (Ryuichi Enomoto)
/Alte Noi

(LP/帝都発光社)(Japan'19)(税込¥5000)
元「再生工房」のギタリストにして、ゴールデン・アヴァンギャルド等でも知られる榎本隆一の1stソロが、LPのみ(180g重量盤、限定盤)でリリースされた。現代音楽家・野澤美香の完全プロデュース、松井亜由美(カトラ・トゥラーナ/vln)の制作協力、そして三木黄太ら、多数ゲスト参加にての録音になっている。これまでのキャリアからイメージされるサイケ/ジャーマン的な部分もあるものの、全体には、意外なまでに叙情的かつメランコリックなフォーキーうたものを展開。ピンク・フロイド系をルーツとしたような面など、プログレッシヴ寄りの曲も収めた、イマジナリーかつエモーショナルな好作品である。

〜東京発「悲しみの室内楽アシッド・フォーク」女性シンガー/ウクレレ奏者、新コンピ!〜

じょばんに
/Angel's Songs

(CD/No Label)(Japan'19)(税込¥540)
東京発、「悲しみの室内楽アシッド・フォーク」女性シンガー/ウクレレ奏者、じょばんに(Jobanni)の、「永遠の庭」に続く、'19ニュー・リリース、プレスCD(15曲入り58分)。これまでリリースされた曲及び未発表曲を収めたコンピレーションである。極めて不安定で、繊細な、痛切かつ内省的歌世界は、宅録/打ち込み感覚も相まって、時に白昼夢的な浮遊感も有る。初聴/お試しにも向く、充実の一枚になっている。

〜英Grapefruitより、「1970年」に拘ったブリティッシュサイケ・ポップ・コンピ3CD!〜

V.A.
/New Moon's In The Sky - The British Progressive Pop Sounds Of 1970

(3CD/Grapefruit)(U.K.'19)(税込¥3456)
Cherry Red系列のGrapefruitレーベルより、タイトル通り、「1970年リリース」に拘ったブリティッシュ・プログ/サイケ・ポップ・オムニバス3CD。クルムシェル・ボックス 仕様、52ページ・カラー・ブックレット付き。プロコル・ハルム、BJH、パトゥー、クレシダ等、プログ・ファンにはお馴染みの所から、ハーモニー・グラス等のポップ系、更にはFIVE DAY RAIN、BACHDENKELといったマニアックどころまで、フラワー感たっぷりのセレクト!

〜バックはSBB!ポーランドの女性シンガーが'77年にリリースした2nd、単品再発!〜

HALINA FRACKOWIAK
/Geira

(CD/GAD)(Poland'77)(税込¥2592)
'74年にデビューしたポーランドの女性シンガーの、'77年リリース2nd。以前、'81年の3rd「Ogrod〜」とカップリング、別ジャケットでCD化されていたが、今回は単品、オリジナル・ジャケ、新カラー・ブックレットでの再発。バックはSBB、作曲はJ.スクルチェクで、当時のSBBならではのスペイシーな広がりの有るアレンジとkbdプレイが光る、シンフォ・ポップ/歌ものの秀作である。もちろん、声、メロディ共に良い。

〜ミハウ・ウルバニアクConstellationのkbd奏者、'75年ソロ1st!ファンキー系の力作!〜

WOJCIECH KAROLAK
/Easy!

(CD/Warner Music Poland)(Poland'75)(税込¥2700)
かのMichal Urbaniak Constellationのメンバーとして活動した、ポーランドのジャズkbd奏者の、単独名義の初リリースとなった'75年作。グルーヴィなエレピ、オルガンを軸に、パーカッションやブラスをまじえた、ラウンジ風のソフトなB.オーガー系サウンドを展開している。時にマイルス的な硬質さも有る、聴き応え十分なファンキー・クロスオーヴァー系の、これは力作。3面デジパック、ブックレット付き。

〜チェコが生んだ孤高のアヴァン・フォーク女性ギタリスト/シンガーの'17最新作!〜

DAGMAR VONKOVA
/Hostina

(CD/Galen)(Czech'17)(税込¥3024)
チェコが生んだ孤高のアヴァン・フォーク系・女性ギタリスト/シンガー、ダグマー・アンドロトヴァことDagmar Andrtova-Vonkovaの、変名で出た「Slunci〜」('08)に続く、ソロ最新作('17)、当店初入荷。全編アコギの弾き語りで、トラッドに根ざしたオリジナルの歌曲を収めている。強靭な歌声と、超絶技巧に裏打ちされた達者なギター・プレイが織り成す、シンプルかつ、この上なく深みのある素晴らしい作品である。イヴァ・ビトヴァと並び称されるべき、チェコの至宝と言える存在、是非一度体験を。

〜英ウェールズ産、PT〜リヴァーサイド系メタリック・プログ! '15年3rdが再発!〜

GODSTICKS
/Emergence

(CD/Kscope)(U.K.'15)(税込¥1944)
英ウェールズ出身、かつてリズム隊がマジェンタのツアー・メンバーだったこともある、歌ものプログレッシヴ・メタル系バンドの'15年3rd。'17年に4thをKscopeから出していますが、こちらは、同レーベルからのリイシュー。ポーキュパイン・トゥリー〜リヴァーサイド系の、ヘヴィかつエモーショナルなサウンドの秀作である。デジパック、更に、パイナップル・シーフのブルース・ソードによるリミックス2曲をボーナス・トラックとして追加した注目のリリース。

〜[アナログLP再発]HELDON系フレンチ・エレクトロ・ロックの秀作、'78年2nd!〜

VERTO
/Reel 19 36

(LP/Plica)(France'78)(税込¥3240)
Jean-Pierre Grasset(g、b、etc.)の実質ソロ・プロジェクト・バンド、ヴェルトの'78年2ndにしてラスト作。リシャール・ピナス/エルドンの強い影響下にあるサウンドは、本家よりもロック/ポップ色の強い面も交えた、意欲的かつ高水準なものになっている。かのブノワ・ヴィデマン(マグマ)も参加、エルドン/マグマ系リスナーは見逃せない秀作である。未CD化のタイトルが、LPのみで再発。180g重量盤。

〜[アナログLP再発]カナダのエマニュエル・ブーズこと、ブレジャンの'73年1st!〜

BREGENT
/Poussiere Des Regrets

(LP/Return To Analog)(Canada'73)(税込¥4104)
「カナダ/ケベックのエマニュエル・ブーズ」と称されるシンガー、ジャック・ブレジャンをフィーチャーしたバンド?(兄弟のミッシェル・ブレジャンがkbd)の'73年1st。カトリーヌ・リベロも引き合いに出る、凄絶な歌声は、正にフリーキー・サイケデリック・シャンソン。傑作である。未CD化のタイトルが、LPのみで再発。限定500枚ナンバー入りでのリリースに付き、お見逃し無く。

〜例のオフィシャル・ブート・シリーズより、珍しいホガース加入直後の'89ライヴ1CD!〜

MARILLION
/Live In Glasgow

(CD/e.a.r.)(U.K.'18)(税込¥2916)
例の、ファンクラブ向けオフィシャル・ブートの一般流通/再発シリーズ、こちらは、'89年グラスゴーでの演奏を中心に(2曲はブラッドフォード'89)、全10曲を収めた1CD。このシリーズでも結構珍しい、ホガース加入直後のライヴ音源で、名曲“Easter”はじめ、「Season's End」のほぼ全曲を聴くことが出来る、これまたマニア注目のリリースである。全世界限定5000枚、ナンバー入りデジパック仕様。

〜ご存知・英国フォークの名バンド、ペンタングルの初期名盤6タイトル・セットBOX!〜

PENTANGLE
/The Albums

(7CD/Cherry Red)(U.K.'17)(税込¥9720)
故・バート・ヤンシュ、故・ジョン・レンボーン、ジャッキー・マクシー、ダニー・トンプソン等による、英国フォーク/トラッドの革新的名バンド、ペンタングル。彼らの初期6作品、「The Pentangle」('68)、「Sweet Child」('68、2CD)、「Basket Of Light」('69)、「Cruel Sister」('70)、「Reflection」('71)、「Solomon's Seal」('72)を各ペーパースリーヴ、大量ボーナス追加(未発表22曲を含む)で収めた'17リリース・ボックスの再プレスである。フォークにジャズ、ロックの要素を加えたサウンドは正に不滅の偉業。改めて素晴らしい名作ばかりの決定版リイシューとなっている

〜元・シュブ・ニグラスのF.W.フロミー(g)率いる暗黒マグマ/ヘヴィ・チェンバー、4th!〜

UNIT WAIL
/Egasres

(CD/Soleil Mutant)(France'19)(税込¥2160)
フレンチ暗黒チェンバーを代表する名バンドだったシュブ・ニグラスの元ギタリスト、F.W.フロミーが率いる暗黒マグマ/ヘヴィ・チェンバー系バンドの、「Beyond Space Edge」('15)に続く新作4th。トランペット、キーボード(メロトロン音入り)含む6人編成で、むしろキング・クリムゾン、ユニヴェル・ゼロの影響の強い、時にジェント的な複雑さの有る、『Zeuhlフュージョン』は強力である。従来作以上にヘヴィに、アグレッシヴに迫る、正に会心の傑作。
※国内盤ベル・アンティークより9/25リリース

〜「福岡の寺からアクサク・マブールへの回答」!'83年、知られざる自主制作秀作CD化!〜

MUSIC FROM TEMPLE
/Music From Temple

(CD/Fuji)(Japan'83)(税込¥2500)
これは大穴!福岡の寺で、宅録的手法で録音され、'83年にコジマ録音から自主制作盤として300枚のみリリースされた、知られざる5人組プログレッシヴ・フォーク・バンド、Music From Temple の唯一作。紙ジャケットで初CD化。ギタリストの阿 英紹(ほとりえいしょう)を中心に、b/kbd、p/リコーダー、dr等が参加し、カンタベリー的な浮遊感の有るチェンバー/アシッド・フォーク〜プログレッシヴ・サウンドを展開している。ダウナーにしてイマジナリーな、正にアクサク・マブールの1stに通じる所も有る秀作である。マスター消失のため盤起こし。ジャケは『ねじ式』のパロディ!

〜後にパラダイム・シフトを結成するギタリスト/シンガーのソロ最高作'83年3rd!〜

松下 誠
/Quiet Skies

(SHM-CD/Bridge)(Japan'83)(税込¥2700)
後にPARADIGM SHIFT (パラダイム・シフト)を結成する、フュージョン/AOR系ギタリスト/シンガー、松下 誠の'83年3rdソロ。「First Light」('82)、「The Pressures And The Pressures」('82)の前2作からの、山下達郎というよりは難波弘之のポップ面に通じるシンフォAOR色を継ぎつつも、ここに至り、KEEP〜パラダイム・シフトの富倉安生(b)らを迎え、よりプログレッシヴな色を増強した内容を展開している。スリリングなDはじめ、パラダイム・シフトの前段階とも言うべき、ソロ最高作である。今回、SHM=CD、紙ジャケ、'83年の未発表アンビエント・アルバムから3曲をボーナス追加しての再発。

〜実は、かなりコチラ向き!東京産ザッパ+マイルス的9人編成バンドの新作5th!〜

俺はこんなもんじゃない (OWKMJ)
/Lamina

(CD/manso-disc)(Japan'19)(税込¥2160)
東京産、思いつきで命名したバンド名「俺はこんなもんじゃない」(良いバンド名!)で活動を続けて早8年のアヴァン・ジャズ・ロック系バンド、新作5th。現在はsax、fl、el-g等の9人編成となり、以前より複雑な音楽をプレイしている。ザッパ色を強めたマイルス系とも言うべきエネルギッシュなサウンドは、実のところ、プログレッシヴ系のリスナーに向くものである。因みに、アルバム・タイトルは、Animalを逆さにしたものとのこと。11曲36分、見開き紙ジャケット仕様でのリリース

〜ポチャの荻野和夫(kbd)参加!白昼夢的アシッド・フォーク/ポップ女性voバンド1st!〜

アルラウネ
/まみずのおと

(CD/Mimi)(Japan'19)(税込¥2160)
女性シンガー/ソングライター、タナカジュリ(vo、g)を中心に、ポチャカイテ・マルコ/ゴーストの荻野和夫(kbd)、魔術の庭のルイス稲毛(b、g)らが参加しているバンドの1stアルバム。非常に不安定なのだが、それが魅力となっている歌声を軸に、メロトロン音、オルガン、ピアノとプログレッシヴな荻野のプレイ、そしてサイケなギターの織り成す白昼夢的ダウナー・アシッド・フォーク&ポップを展開。所謂歌もの〜和物女性ヴォーカル系のリスナーも見逃せない力作である。

〜J・A・シーザーと幾原邦彦監督が、再び音楽の世界でタッグを組んだ「ウテナ音楽」進化系!〜

J・A・シーザー
/少女錬金術師 卵・バラモノガタリ

(CD/Fuji)(Japan'19)(税込¥3024)
あの「バルバラ矮星子黙示録」から2年、『少女革命ウテナ』の音楽を担当した御大J・A・シーザーと、同アニメの監督・幾原邦彦が再び音楽の世界でタッグを組んだ、ウテナ・コンセプトの新作アルバム第2弾。ジャケットは幾原監督・監修の下、新進気鋭の作家・天木歯四が書き下ろし。ゲスト・ヴォーカルとして、幾原監督の最新作「さらざんまい」に出演している“帝子”(少女式エリス)、イヤホンズの2ndアルバムにJ・A・シーザーが楽曲をを提供し新たな関係が生まれた声優の“高橋麻里佳”(イヤホンズ)、J・A・シーザー・リサイタルへの出演でもおなじみの声優、シンガー・ソングライターの“榊原ゆい”がそれぞれ参加。従来のウテナものの様な合唱曲集では無く、天井棧敷〜万有引力の演劇/オペラ系に近い、正にシーザー・ワールドの快作である。

〜こちらは、国内仕様盤!ご存知マグマのスタジオ新作は、あの「未完の大曲」“ZESS”!生オケ入り、圧巻の37分!〜

MAGMA
/ZESS

(CD/Disk Union)(France'19)(税込¥3564)
結成50周年を迎え、来る9月には来日公演も決定したフレンチ・プログレッシヴ最高峰、マグマ待望のスタジオ新作は、ファンの間で長らく「未完の大曲」として語り継がれてきた“ZESS”の完成版となった。通常のバンド形態から変わって、生のオーケストラを大々的に導入し、あのモルガン・オーギュレン(dr)、シモン・グベール(p)らをフィーチャーしたアンサンブルのもと、C.ヴァンデがフロントでvoを、たっぷり披露。ステラ・ヴァンデらのコーラスも一体となり、'70s末のファンキー路線と、後のオファーリングを繋ぐような、圧倒的パワーとスケールの37分。必聴である。豪華ハードカバー・デジブック仕様でのリリース。

〜S・ハケット・バンドでの活躍で知られるシンガーの、ソロ3部作完結編・新作!〜

NAD SYLVAN
/The Regal Basterd

(CD/Inside Out)(Sweden'19)(税込¥2160)
スティーヴ・ハケットのジェネシス・リヴィジテッド・プロジェクトやロイネ・ストルトとのエージェンツ・オヴ・マーシー等でフロントマンを務め現代シンフォニック界におけるピーター・ガブリエル的な重責を担うヴォーカリスト、ナッド・シルヴァンのソロ3部作の最終作が登場。スティーヴ・ハケット、トニー・レヴィン、ガスリー・ゴーヴァン等の豪華なメンバーを従え、耽美なロマンティシズムに彩られた吸血鬼譚を劇的なアプローチで描いた、シリーズ最高作!CDのみのボーナス2曲を加えた初回限定デジパック盤!
※国内盤ベル・アンティークより7/25リリース

〜チェルヴェッロ〜ノヴァの名ギタリスト'19新作!壮大メロディアスな会心の傑作!〜

CORRADO RUSTICI+PEPPINO D'ANGERO
/For The Beauty Of This Wicked World

(CD/Corrado Rustici)(Italy'19)(税込¥2700)
イタリアン・プログレッシヴの名盤中の名盤、チェルヴェッロ、更にはノヴァの諸作でその実力を見せつけた天才ギタリスト、コラード・ルスティチ。ジョン・マクラフリンやアラン・ホールズワースにも絶賛されながらもセッション活動が多く、自己の作品の少ない彼の4枚目のリーダー作。アコースティック・ギターの名手、ペッピーノ・ダゴスティーニを迎え、超絶的な技巧を土台に、様々に重ねられたギターが情感溢れる壮大な世界を描く!
※国内盤ベル・アンティークより8/25リリース

〜C.ルスティチの新作と合わせて再入荷!チェルヴェッロ'17来日公演CD+DVD/NTSC!〜

CERVELLO
/Live In Tokyo 2017

(CD+DVD/NTSC)(Italy'18)(税込¥4104)
日本先行で紙ジャケ/SHM-CD版がリリースされた、あのチェルヴェッロ奇跡の初来日公演('17年7月27日TSUTAYA O-EAST)を収めたライヴ・アルバムの、こちらは何と、CDと、同内容のライヴ映像を収めたDVD/NTSC(約50分)をカップリングした2枚組エディション、2つ折り紙パッケージ。C.ルスティーチ(g)を中心に、オリジナルのsax/fl、bそして素晴らしい実力のニューvoをフィーチャーした編成にて、名作「メロス」完全再現+αをプレイした、まさしく名演である。
※このフォーマットでの国内発売の予定はございません。

〜AYUO(高橋鮎生)が出版した、自伝的本を自ら音楽化!トラッドからプログまで横断!〜

高橋鮎生 (AYUO)
/Outside Society

(CD/Ayuo Music)(Japan'19)(税込¥2350)※当店特別価格です
AYUO(高橋鮎生)の自伝的本「Outside Society」に基づき、自ら音楽化したコンセプチュアルな新作。自身の英語vo、マルチ弦楽器プレイを含めた、バンド「夢枕」(中村明一/尺八、久東寿子/二十五絃箏、立岩潤三/per、dr)+ゲスト・上野洋子(vo)にて、波乱の半生を、あくまでも内省的かつドリーミーな、和洋トラッドからサイケデリック、プログレッシヴ・ロック(ジェネシス、P.ハミルetc.)までを横断するサウンドで表現している。AYUOの音楽家としての体験、遍歴を追体験させるような、正にドラマティックな力作である。当店特別価格にて。

〜これは格好よし!東京発、カンタベリー/S.マシーン系ジャズ・ロック傑作1st!〜

De Lorians
/De Lorians

(CD/Beyond Beyond Is Beyond)(Japan'19)(税込¥2160)
東京の若手新鋭カンタベリー/ジャズ・ロック・グループ、De Lorians (デロリアンズ)が、米のレーベルからリリースしたデビュー作(32分)。sax/syn、g、b、el-p/org/syn、dr/perの5人組(+ゲストfl)にて、ズバリ、3rd期ソフト・マシーンを、よりサイケデリックにしたような、パワフルなサウンドを展開している。部分的にはエッグ、初期ヘンリー・カウ、ザッパ的なセンスも交えた、エネルギッシュかつ屈折したサウンドが抜群に格好良い傑作である。

〜[販売開始!WD特典付き]金属恵比須の宮嶋健一(kbd、g、vo)の英国オマージュ・バンドの2nd!〜

ロマネスコ
/Romanesco!! (神秘の夜)

(CD/Fractal Sound)(Japan'19)(税込¥2700)
金属恵比須で活躍中の宮嶋健一(kbd、g、リードvo)による、「日本語で歌う70年代英国アート・ロック」バンド、ロマネスコが復活してリリースする5年振り2nd。同じく金属恵比須の後藤マスヒロ(dr)や、ユウタロウ(g、vo、el-sitar)他が参加して、今回は、プログレッシヴ・ロックが全盛期を迎えていた「1972年」をテーマに、ツェッペリン、フロイドからイエス、EL&P、クリムゾン等、プログレッシヴ・オマージュ度が格段に増した音像を展開している。GS/サイケ・ポップ的ハイトーンvoのキャッチーさも健在な一方で、メロトロン、モーグ等アナログ・シンセ、そして絶妙な音色のギターが正にブリティッシュを体現する、ポップかつドラマティックな快作である。

■先着購入特典:ワールド・ディスク・オリジナル未発表デモ・メドレーCD-R付き
初回入荷分のみの特典! 未発表曲・収録曲のver.違いを繋いだ、8分30秒のデモ・メドレー収録!

〜ご存知ソフト・マシーンのハーヴェスト期、後期名盤3タイトルのセット・ボックス!〜

SOFT MACHINE
/The Harvest Albums 1975-1978

(3CD/Esoteric)(U.K.'75, '76, '78)(税込¥3456)
言わずと知れたソフト・マシーンの、ハーヴェスト・レーベルからリリースされた後期の3タイトル、「Bundles」('75)、「Softs」('76)、「Alive And Well-Live In Paris」('78)を収めた、お徳用セット3CDボックス。クルムシェル・ボックス、カードボード・スリーヴ。(ボーナス・トラックは無し)故・アラン・ホールズワース、ジョンエサーリッジという速弾きの達人ギタリストをフィーチャーし、テクニカルなクロスオーヴァー/ジャズ・ロックに舵を切った、正に古典的名作となった3枚、この機会に再評価を。

〜韓国産、女性vlnフロントの本格インスト・プログ・バンド、ヘヴィな会心傑作3rd!〜

SUPERSTRING
/Architecture

(CD/Dancing Butterfly)(South Korea'18)(税込¥3240)
韓国産、今年4月の「Prog Tokyo 2019 Spring」に来日して、素晴らしい演奏を披露した、女性vln奏者、カン・ヘジンを中心とした5人組(現在は女性saxが加わった6人組)本格派インスト・プログレッシヴ・バンドの、'18年最新作3rd。前2作はインプロ/ジャムだったが、ここでは、クリムゾン系ルーツのヘヴィ・シンフォ寄り作曲ナンバーを収めている。メロトロン音も配したスリリングなアンサンブルと華麗なvlnは、時にエレアスやアウター・リミッツを思わせる。パワフルな会心傑作である。変型紙ジャケ。

〜韓国産、女性vlnフロントの本格プログ・バンド、'17年の2nd、!ロックなインプロ!〜

SUPERSTRING
/Elements Of Architecture

(CD/Dancing Butterfly)(South Korea'17)(税込¥2808)
韓国産、今年4月の「Prog Tokyo 2019 Spring」に来日した、女性vlnフロントの本格インスト・プログレッシヴ・バンドの、こちらは、フィジカルではLPのみだった'17年2ndの初CD化。(見開き紙ジャケ)kbd入り5人編成で、録音自体は'01年に行われている。1stに比べるとロック色の強い、クリムゾン系、アモン・デュールU等ジャーマン系を思わせるインプロ/ジャムを収めており、こちらもスリリングなvlnが光る力作である。

〜韓国産、女性vlnフロントの本格プログ・バンド、'16年1st!ジャーマン風インプロ!〜

SUPERSTRING
/The Grand Design

(CD/Dancing Butterfly)(South Korea'16)(税込¥2808)
韓国産、'98年結成のヴェテラン・バンドにして、今年4月の「Prog Tokyo 2019 Spring」に来日して素晴らしい演奏を披露した、女性vln奏者を中心とした本格派インスト・プログレッシヴ・バンドの、こちらはフィジカルではLPのみだった、'16年1stの初CD化。ここではkbdレスの4ピース(ボーナス・ライヴは別編成)にて、クリムゾン、というよりもアモン・デュールU等ジャーマン・ロックを思わせる、ダークなインプロ系を展開。クラシカルで、アジア風メロも交えたvlnがスリリングな力作である。見開き紙ジャケ。

〜A.デナイオ、J.スリック参加!米国人kbdによるチェンバー・プログレッシヴ傑作!!〜

TROOT
/Constance And The Wating

(CD/Tim Root Music)(U.S.A.'18)(税込¥3240)
フランス/パリ在住の米国人コンポーザー/kbd奏者、Tim Rootを中心とした10ピースの大編成チェンバー・プログレッシヴ・プロジェクトの1stアルバム。エイミー・デナイオ(sax)、ジュリー・スリック(b)他、vln、クラリネット等が参加しており、パワフルかつ緻密な、ヘヴィ・チェンバー・ロックは、正にクリムゾン/U.ゼロ系をアメリカンタッチにしたような、抜群に格好良いものである。これは注目の傑作。

〜ポアルのレーベル・メイト、おもちゃ系+骨折変拍子!アッパー・チェンバー・ポップ!〜

ULTRA ZOOK
/Ultra Zook

(CD/Dur Et Doix)(France'19)(税込¥2700)
仏産、全員がvoも取るkbdトリオの、'19リリース4th。ポアルやNIの新作と同じレーベル、Dur Et Doixからのリリース。アッパー&ユーモラスな素っ頓狂おちゃらけチェンバー・ポップ、だが、実はリズムとアンサンブルは複雑怪奇。ファミコン風音色kbdからリコーダーまで繰り出しつつ、おもちゃ系とポリリズミック系を繋ぐ?大穴傑作である。

〜廃盤ストック品入荷!オリジナル・アモン・デュールの'71編集盤!お見逃し無く!〜

AMON DUUL
/Disaster

(CD/Spalax)(Germany'71)(税込¥2700)
'69年の「PSychedelic Underground」が正に歴史的名盤として知られるオリジナル・アモン・デュールの、こちらは元は'71年にBASFが2枚組LPで出した未発音源集/編集盤。彼らの素がむき出しになった、プリミティブなヘヴィ・サイケ・ワールドが展開される、ジャーマン・リスナーはマストのタイトルである。Spalaxプラ、廃盤ストック品入荷。

〜言わずと知れたリック・ウェイクマンの「地底探検」デラックス・ボックス、特価!〜

RICK WAKEMAN
/Journey To The Centre Of The Earth (Deluxe Box Edition)

(3CD+DVD-A/Universal)(U.K.'74)(税込¥2376)
言わずと知れたリック・ウェイクマンの『文芸三部作』第二弾にして、オケ入りライヴ録音の「地底探検」、こちらは'16年にリリースされた、スーパー・デラックス・エディション・ボックス3CD+DVD-A。ディスク1に本編+ボーナス、ディスク2にボストン'74、ディスク3にブエノス・アイレスと、「地底探検」づくし、更にDVD-Aには4チャンネルver等の音源を収録。お得用スペシャル・プライスにて。

〜英国モダン耽美派歌ものプログの雄、'05作の'11再発盤!旧譜ですが初入荷!〜

THE PINEAPPLE THIEF
/10 Stories Down

(2CD/Kscope)(U.K.11)(税込¥1836)
近年も活発なリリースを続けている、ブルース・ソード(vo、g)率いるモダン/歌ものプログ・バンドの、こちらは元は'05年に出た5thアルバムの、'11年Kscope再発盤(ニュー・ジャケット)。リミックス/リマスター、ボーナスCD付き2CD、プラケース仕様。ポーキュパイン・ツリー系をもう少しオルタナ寄りにしたような、メロウかつ耽美な歌ものは、既に個性を確立している。この機会に再評価されるべき力作である。

〜現/元・スポックス・ビアードの3人と、ソングライター/kbdの新バンド1st!注目傑作!〜

PATTERN-SEEKING ANIMALS
/Pattern-Seeking Animals

(CD/Inside Out)(U.S.A.'19)(税込¥2376)
現/元・スポックス・ビアードの3人(テッド・レオナルド/vo、g、デイヴ・メロース/b、ジミー・キーガン/dr。キーガンはSBを脱退)と、ソングライター/kbd奏者John Boegeholdが組んだニュー・バンドのデビュー作。全曲Boegeholdの手になる楽曲(一部共作)はスポックス・ビアードに近いが、よりジェネシス系メロディック色と、歌ものシンフォニック風味を強めた、高水準な内容である。シンフォニック・リスナー注目の傑作。限定デジパック・エディション。

〜関西のプロビデンスか!?神戸のJPRGレーベルより、女性vo入りハード・シンフォ1st!〜

IVORY TOWER
/The Earth

(CD/JPRG)(Japan'19)(税込¥2700)
'09年に大阪大学の学生により結成、リーダーのRiku(g)は現在30歳で、KING CRIMSON、CAMEL、GENESIS等の影響を受けているという、自称「ジェネリック・プログレッシヴ」バンドの1st。ベースの“Brian”Enoは、元・モダンチョキチョキズ。パワフルな女性vo(日本語)入りの、骨太でダイナミックなサウンドは、クリムゾン成分が多めのプロビデンス、という趣である。NHKのコンテストで優勝した楽曲“モンマルトルの朝焼け”(同曲のみ学生時代のメンバーの演奏、vln入りインスト)も含む注目の大力作。

〜かの横関 敦に師事した技巧派ギタリスト'80s未発デモ集!プログレ・フュージョン良作!〜

谷フユヒコ (Fuyuhiko Tani)
/Fuyuhiko Eraly Works 1987-1990

(CD/JPRG)(Japan'19)(税込¥1620)
中央大学在学中に、かの“ジェット・フィンガー”横関敦に師事、プロを目指すも業界の論理と合わず、学問の道に転身、現在は神戸大学大学院の准教授という異色の経歴のギタリスト('09年にBeing&Timeというユニットでポセイドン/MuseaからCDリリース歴あり)、谷フユヒコ。本作は、'87-'90年のマルチ・デモ集で、打ち込みバックながら、曲調はBRUFORD〜KEEP系プログレ・フュージョンで高水準。速弾き自体はホールズワースというよりはシュラプネル系だが、当時で言えばノア、ケッヘル、ギャオス等に引けを取らない内容の良作である。

〜ご存知・ビル・ブルーフォードが率いたアースワークス、全部入り20CD+4DVDボックス!〜

BILL BRUFORD'S EARTHWORKS
/Complete

(20CD+4DVD/NTSC/Virgin)(U.K.'19)(税込¥20520)
現在は演奏活動を引退している、ご存知・ビル・ブルーフォードが'80年代後半から率いたアースワークスの、全作品(+未発)入り集大成ボックス20CD+4DVD/NTSC。'87年の1st「Earthworks」からラストのT.ガランドとの連名ライヴ「Earthworks Underground Orchestra」('07)まで、「Footloose In NYC」等3つのDVD作品には同音源の2CDを追加、更に未発表の'02チリ・ライヴCD+DVD、未発表デモ集CDも収めた豪華セットである。各プラケース仕様、15タイトル分を束ねた形。要・再評価の素晴らしい内容、限定版に付き注意。

〜ご存知・トニー・バンクスのソロ・ワーク集大成ボックス7CD+DVD/NTSC!DVDはPV集!〜

TONY BANKS
/Banks Vaults-The Albums 1979-1995

(7CD+DVD/NTSC/Esoteric)(U.K.'19)(税込¥8640)
初期のプログレッシヴ時代から大ヒットを連発して世界を制した後期に至るまで、一貫してジェネシスの音楽性の核を担っていたキーボーディスト、トニー・バンクスのソロ及びバンクステイトメント名義の作品を新規リマスターにてCD7枚に収録し、更にプロモ・ヴィデオ映像をまとめたDVDを加えた総決算的8枚組ボックスセット。ジェネシスのシンフォニックな部分を抽出したような名盤ファーストから、独特のスタイルで、多彩な音楽性を展開した後期作品まで、多くが長年入手困難になっていた作品を収録してバンクスの個人名義でのキャリアを一望できる本ボックスはジェネシス・ファン待望にして必携のもの!
※国内盤ベル・アンティークより7/25リリース

〜'69年に発表された、ハイ・タイドの最高作1st!S.ハウス(vln)参加ヘヴィ・サイケ!〜

HIGH TIDE
/Sea Shanties

(CD/Esoteric)(U.K.'69)(税込¥2160)
来るべき70年代に向けて英国のロックが様々に開花した69年に発表された数々の作品にあっても、異形の傑作として、今なお名高いハイ・タイドのデビュー・アルバム。この年代の英国ロックにしかありえないような、沈み込むようなヘヴィネスを持ったサウンドの中、トニー・ヒルのギターが暴れまわり、後にホークウィンドやデイヴィッド・ボウイの下でも活躍した鬼才、サイモン・ハウスのヴァイオリンと掛け合う様は正にスリリングにして唯一無比!ボーナス5曲追加。
※国内盤ベル・アンティークより7/25リリース

〜クリス・グレン(b)を擁した英国の隠れた名バンド、1stが正規初CD化!瑞々しい傑作!〜

TEAR GAS
/Piggy Go Getter:Remasterd

(CD/Esoteric)(U.K.'70)(税込¥2160)
ザル・クレミンソン(g)とクリス・グレン(b)を擁し、セカンドから参加したテッド・マッケンナと共にセンセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンドの中核となったことでも知られるティアー・ガスのデビュー作。セカンドでは正統派ハード・ロック・サウンドに転じた彼らだが、本作ではアコースティック楽器やオルガンも交えて、より英国さしい情感も交えた懐の深いサウンドを展開。70年代初頭のロックがスタイルとして確立されていない時代ならではの瑞々しさに満ちた傑作。待望の正規CD化!
※国内盤ベル・アンティークより7/25リリース

〜英国シンフォニック代表格、'05傑作3rdの新MIX、新録パート追加の決定版再発!〜

MAGENTA
/Home 2019 Limited Edition

(CD/Tigermoth)(U.K.'19)(税込¥1836)
今や英国プログレッシヴ・ロックの旗手となったマジェンタ。元は06年に発表され、10年に改訂されながらも長く廃盤になっていたサード・アルバムが、先日のバンド結成20周年公演内で再現演奏されたのをきっかけに、従来の盤では不満足があったミックスを完全にやり直した上、キャメル〜タイガー・モス・テイルズの才人、ピーター・ジョーンズによる新録パートを新たに加えた決定版。全世界500枚のみの限定発売!
※国内盤ベル・アンティークより8/25リリース

〜ベルギー鬼才ギタリストの新作は、あのモルガン・オーギュレンとの連名作!奇跡の傑作!〜

PIERRE VERVLOESEM Feat. MORGAN AGREN
/Artiste International

(CD/Off)(Belgium&Sweden'19)(税込¥2160)
X-レッグド・サリーで名を馳せ、その後もソロやフラット・アース・ソサイエティとの活躍で、その奇天烈なまでの天才的なセンスを発揮してきた鬼才ピエール・フェルヴルーゼムの最新作は、以前から共演を重ねてきたスウェーデンの怪物ドラマー、モルガン・オーギュレンとの連名作!ひねりつつもキャッチーで印象的なモチーフと、異質な要素もシームレスに同居された作曲センス、そしてそれらを成り立たせる超絶的な演奏力。フランク・ザッパから多くを学んだ欧州の天才ミュージシャン二人によるアヴァン・ロック・ギター・インスト奇跡の傑作!
※国内盤 (ベル・アンティーク)7/25リリース

〜故・J.ウェットンと、G.タウンズのiConの1st時のアコースティック・ライヴCD+DVD!〜

WETTON/DOWNS (iCon)
/Acoustic TV Broadcast

(CD+DVD/NTSC/Belle Antique)(U.K.'06)(税込¥3300)
長らく袂を分けていたオリジナル・エイジアの中核二人が再合体して、アルバム「ICON」を制作後、元ELOのチェリスト、ヒュー・マクダウェルを迎え、アコースティック編成で行ったTVライヴを収録したCDとDVD(同音源)を2枚組にまとめた決定版的再発。「ICON」収録曲のみならず、エイジア黄金期の名曲が、その哀愁の歌メロを際立たせたアコースティック・アレンジで甦る!

〜ご存知バンコの25年振りのスタジオ新作、国内盤がリリース!ライナー/曲解説つき!〜

BANCO DEL MUTUO SOCCORSO
/Transiberiana

(CD/Sony Music Labels)(Italy'19)(税込¥2592)
言わずと知れたイタリアン・プログレッシヴ代表格、バンコが、看板シンガーだったF.D.ジャコモの死去を乗り越え完成させた、25年振りのスタジオ新作。唯一のオリジナル・メンバーとなったヴィットリオ・ノチェンチィ(kbd)のもと、これぞバンコというサウンドが全開の大傑作である。ソニーより国内盤、外盤と同じライヴ・ボーナス2曲入り、解説、ライナーノーツ(日本語翻訳付き)、ヴィットリオ自身の曲目解説付き(日本語翻訳付き)。

〜祝・来日!ご存知マグマのスタジオ新作は、あの「未完の大曲」“ZESS”!生オケ入り、圧巻の37分!〜

MAGMA
/ZESS

(CD/Seventh)(France'19)(税込¥3240)
結成50周年を迎え、来る9月には来日公演も決定したフレンチ・プログレッシヴ最高峰、マグマ待望のスタジオ新作は、ファンの間で長らく「未完の大曲」として語り継がれてきた“ZESS”の完成版となった。通常のバンド形態から変わって、生のオーケストラを大々的に導入し、あのモルガン・オーギュレン(dr)、シモン・グベール(p)らをフィーチャーしたアンサンブルのもと、C.ヴァンデがフロントでvoを、たっぷり披露。ステラ・ヴァンデらのコーラスも一体となり、'70s末のファンキー路線と、後のオファーリングを繋ぐような、圧倒的パワーとスケールの37分。必聴である。豪華ハードカバー・デジブック仕様でのリリース。

〜現・イエスのベーシスト、B.シャーウッドのソロ新作!日本先行発売、ボーナス1曲!〜

BILLY SHERWOOD
/Citezen In The Next Life

(CD/Avalon)(U.S.A.'19)(税込¥2808)
故・クリス・スクワイアの後任としてイエスでベースをプレイし、再始動したエイジアにも参加するなど、多忙な才人、ビリー・シャーウッドの、ソロとしては「Citizen」('16)の続編となる新作。豪華ゲスト入りだった前作に対し、今回は、vo含む全てのパートを1人でプレイした完全マルチ・ソロになっている。90125〜産業イエス系のシャーウッド節が全開の、正に快作である。日本先行発売、ボーナス・トラック“Amazing Grace”1曲追加。

〜オリジナル・ポスター封入!英国オルガン・ロックの大名盤、SHM-CD、紙ジャケで発売!〜

FIELDS
/Fields

(SHM-CD/Belle Antique)(U.K.'71)(税込¥3394)
レア・バードのキーボーダー、グレアム・フィールドが、グループ脱退後、アンドリュー・マカロック(ex.キング・クリムゾン)、アラン・バリーと結成したキーボード・トリオの唯一作。レア・バードを想起する、キャッチーなヴォーカル・ラインとプログレッシヴなオルガン・サウンドに加え、マカロクのテクニカルなドラミングが楽曲を引き締める名作アルバム。紙ジャケット、SHM-CD、オリジナル・ポスター封入、ボーナス・トラック2曲収録、最新リマスターの決定版的内容!

〜米国指向の爽快さと英国的な陰りが共存した、ビザンチウムの1st、紙ジャケ!ポスター付き!〜

BYZANTIUM
/Byzantium

(SHM-CD/Belle Antique)(U.K.'72)(税込¥3394)
10ccやPILOT等に通じる英国ポップ・ロック・サウンドを得意とし、洗練された良質のサウンドを有しながら、何故かヒットに恵まれなかった不運のバンド、ビザンチウムのデビュー作(1972年発表)。どこか、ウエスト・コースト・サウンドにも通じる爽快感に英国的な陰りが加わり、独特の雰囲気を醸し出す。紙ジャケット、SHM-CD、最新リマスターの決定版的内容!
※ワールド・ディスクのみ、 3タイトル同時購入先着特典:収納BOX付

〜変型ジャケで知られる、ビザンチウムの傑作2nd!特殊変型ジャケットを再現して発売!〜

BYZANTIUM
/Seasons Changing

(SHM-CD/Belle Antique)(U.K.'73)(税込¥3394)
10ccやPILOT等に通じる英国ポップ・ロック・サウンドを得意とし、洗練された良質のサウンドを有しながら、何故かヒットに恵まれなかった不運のバンド、ビザンチウムのセカンドにして最終作(1973年)。前作のスタイルを更に洗練させ、キャッチーな歌メロ、分厚いコーラス等、ウエスト・コースト・サウンドと英国ポップ・ロックの良質な部分を融合させた愛すべき傑作。特殊変型紙ジャケットを再現、SHM-CD、最新リマスターの決定版的内容!
※ワールド・ディスクのみ、 3タイトル同時購入先着特典:収納BOX付

〜'74年に限定100枚で自主制作した幻のアルバム!デビュー前の音源を収録、紙ジャケ!〜

BYZANTIUM
/Live & Studio

(SHM-CD/Belle Antique)(U.K.'74)(税込¥3394)
1970年に結成されたビザンチウム。A&Mからデビューする以前のスタジオ音源とライヴ音源を、A&Mを離れた後の1974年に限定100枚のみ自主制作した幻のアルバム。ライヴ音源はかなりプログレッシヴなものでスタジオ作にはない側面も楽しめる。紙ジャケット、SHM-CD、最新リマスターの決定版的内容!
※ワールド・ディスクのみ、 3タイトル同時購入先着特典:収納BOX付

〜C.グレン、T.マッケンナ在籍!英国ハード・ロックの名盤2nd!折り代が外のジャケ再現!〜

TEAR GAS
/Tear Gas

(SHM-CD/Belle Antique)(U.K.'71)(税込¥3394)
後にアレックス・ハーヴェイとバンドを結成することになるティアー・ガスのセカンドにして最終作。1971年発表。ベースのクリス・グレンとドラムのエディ(テッド)・マッケンナは後にマイケル・シェンカーのMSGのメンバーとなる。骨太なハード・ロック・サウンドは当時のシーンの中でもトップ・クラスの出来。今こそ再評価の時!紙ジャケット、SHM-CD、最新リマスターの決定版的内容!

〜'72年デンマーク産、オルガン・ハードのレアな傑作、アンコール・プレス発売!紙ジャケ!〜

THE OLD MAN & THE SEA
/The Old Man & The Sea

(SHM-CD/Belle Antique)(Denmark'72)(税込¥3394)
1972年に唯一のアルバムを残して消えたデンマークのハード・ロック・バンド。オルガンをフィーチャーしたドライヴ感のあるアルバムで、そのレア度と相まって高額で取引されている幻のアルバム。紙ジャケット、リマスター、SHM-CDにてのリリース。ボーナス・トラック収録。長らく廃盤だったタイトルがアンコール・プレス決定!

〜【発売中!】 ビザンチウム「紙ジャケット収納用ボックス」付3枚フル・セット〜 


「ビザンチウム」収納用ボックス付 3枚フル・セット

ビザンチウム / ビザンチウム
ビザンチウム / シーズンズ・チェンジング
ビザンチウム / ライヴ&スタジオ

(3SHM-CD/ベル・アンティーク)(UK)(税込¥10183)

ワールド・ディスク店頭及び通信販売で、6月25日リリースのビザンチウム紙ジャケット3種(「ビザンチウム」、「シーズンズ・チェンジング」、「ライヴ&スタジオ」 )を同時にお買い上げのお客様に、収納用ボックスを1つプレゼントさせていただきます。

数に限りがありますので、品切れ次第プレゼントは終了させていただきます(お客様に終了をお知らせする前に品切れになる場合もございます)。


※各アルバムの詳細はこちらでご確認いただけます。
http://www.marquee.co.jp/label/Byzantium.htm

※お求めははWORLD DISQUE店頭および通信販売にて!
http://wdisque.shop-pro.jp/?pid=143013616

〜ご存知ルネッサンスの'77年、代表作が'77ライヴ2CD追加の拡大3CDボックスで再発!〜

RENAISSANCE
/Novella

(3CD/Belle Antique)(U.K.'77)(税込¥4864)
アニー・ハズラムの美声をバンド・サウンドとオーケストラに華麗に融合させて、英国クラシカル・ロックを代表するバンド、ルネッサンス。そのキャリアの中でも、最も壮大で甘美なオーケストレイションを用いた美の結晶的なサウンドを展開して、数々の代表曲を生み出した大名盤「ノヴェラ」をオリジナル・マスターからの最新リマスターの上、本編ディスクに貴重なシングル・エディット2曲を追加、更にアルバム発表と同じく1977年にオーケストラを迎えてロイヤル・アルバート・ホールにて行われたコンサートの音源を2枚に渡って追加収録した決定版的再発!
※国内盤 (ベル・アンティーク)近日入荷

〜ご存知、P.モラーツの初期3部作の完結編となる'78サード!ラテン+超絶キーボード!〜

PATRICK MORAZ
/Patrick Moraz

(CD/Belle Antique)(Swiss/U.K.'78)(税込¥2916)
スイス出身、イエスに加入することで一気にプログレッシヴ・ロックの頂点を極めた名キーボード奏者、パトリック・モラーツのサードにて初期三部作のラストを飾る作品。ヴォーカルと打楽器以外の全ての音をモラーツの幾重にも重ねられたキーボード群で演奏。ファーストに匹敵するスペイシーでテクニカルな名盤!打楽器を担当するジャルマ・コレアが再度注目されるコズミック・グルーヴの文脈で見ても再評価されるべき作品。ボーナス1曲追加、モラーツ自身の監修による新規リマスターの決定版!

〜北欧きっての硬派プログレッシヴ・バンドの新作は、何と、御大ピーター・ハミルを全面フィーチャー!大傑作!〜

ISILDURS BANE&PETER HAMMILL
/Amazonia

(CD/Belle Antique)(Sweden、U.K.'19)(税込¥2916)
'80年代より活動を続け、数々の名作を世に送り出してきた、スウェーデンきっての硬派プログレッシヴ・バンド、イシルドゥルス・バーネの「Off The Rader」('17)に続く新作。前々作のスティーヴ・ホガース(マリリオン)に続く大物シンガーとの共演作で、今回は何と、VDGGの御大、ピーター・ハミルを全面フィーチャーした内容になっている。マリンバ、tp、vln、メロトロン音含むkbd、そして日本人女性による琴(日本語の語りも)等を活かした、チェンバー/クリムゾン系サウンドに、唯一無二のハミル節が相まった、ハミルの新作としても絶品の大傑作である。


〜お馴染み「プログレ侍」の新作は、何と、日本アニメの巨匠、宮崎駿トリビュート!日本の富山優子も参加!〜

THE SAMURAI OF PROG
/Toki No Kaze

(CD/Belle Antique)(Finland etc.'19)(税込¥3024)
言わずとフィンランドのb、dr、vln/flの3名から成る「プログレ侍」の新作7thは、「時の風」と日本語で題されている通り、何と、日本アニメ界の巨匠、宮崎駿へのトリビュート・アルバム。楽曲提供者(主にkbd奏者)と3人が共演する、言わば逆ゲスト参加/オムニバス方式である。ラッテ・エ・ミエーレ、カルファーゲン、ホストソナテン等のKbd奏者が、『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』『魔女の宅急便』『もののけ姫』といった作品の数々、もしくは宮崎駿ワールド全体をテーマとした楽曲をプレイしており、日本からは、富山優子が参加。ラストのイル・テンピオ・デッレ・クレシドレのエリーザが日本語でvoも披露するなど聴きどころ満載の大充実盤だ。


〜「キュー・ローン」+A.バルナベー か?仏産、vibe/drが率いるザッパ系アヴァン・プログ、新作2nd!

LOOMINGS
/Hey Weirdo!

(CD/Belle Antique)(France'19)(税込¥3024)
ヴィブラフォン奏者/ドラマー、Jacopo Costaが率いる仏産チェンバー/アヴァン・プログ・バンドの、「Everyday Mythology」 ('15)に続く新作2nd。今回は、ツイン女性vo(英語)をフロントに、el-p/org、b、もう一人のdr/vibe(+ゲスト管)を迎えた編成にて、「キュー・ローン」やベルギーのHARDSCORE、ブラジルのアヒーゴ・バルナベー等を思わせる、目眩くサウンドを、よりロック寄りに展開している。レコメン/チェンバー系リスナー注目の、会心傑作である。

〜日本産、女性フルート奏者がフロントの、インスト・プログレッシヴ・バンド、新生後の初リリース・ミニ!〜

CICHLA TEMENSIS (キクラテメンシス)
/Fantasia (碧の幻想曲)

(CD/Cicla Temensis)(Japan'19)(税込¥1800) ※7月1日発売
国分巧(b)をリーダーに結成、'08年と'09年にVitalレーベルからCD-Rをリリース、暫くの休止を経て、鈴木和美(ex.内核の波/フルート)、秋山佑介(kbd)等新メンバーを迎え、近年活動を活発化させているキクラテメンシスが、満を持してリリースした、サード・ミニ・アルバム。(5曲、21分)フォーカスやクリムゾンをルーツとした、フルート・フロントのインスト・プログレッシヴ・サウンドが、よりメロディアスに、親しみやすく展開されている。流麗なプレイの女性フルートの存在感にも注目の、イマジナリーな力作である。

〜[6/21発売、入荷しました!]日本産、女性vo歌ものプログレッシヴ・バンドの早くも登場新作3rd!

MIZUKI da FANTASIA
/Questin 1969〜去りゆく時代に

(CD/Nouverne)(Japan'19)(税込¥3,000) 6月21日発売
'17年に「幻想の一夜〜In Memory Of Fantasy」でデビュー、翌'18年には2nd「レインボウ・チェイサーズ〜虹を追う人々」をリリース、いずれも好評を博した、女性シンガーMIZUKIと女性kbd奏者、Anna Hardyを中心としたユニット、ミズキ・ダ・ファンタジーア。注目のサード・アルバムが、早くも完成した。前半に歌心重視のナンバー、後半に組曲含むシンフォニック志向のナンバーを配した構成にて、より深化したMIZUKIのパワフルでダイナミックな表現力、クラシカルで華麗なピアノ、そしてここぞで炸裂するメロトロンという、正に歌ものプログレッシヴな世界を展開。1stの重厚な叙情と、2ndのキャッチーでドラマティックなシンフォ色を併せ持つ、前2作の良い所取り、時に北山真(ex.新●月)のソロを思わせる、会心の傑作である。

※先着購入特典:完全未発表インスト3曲入りミニCD (全店舗共通)

〜新作に合わせて発売!こちらは'17年1stアルバムのリマスター盤!お見逃し無く!〜

MIZUKI da Fantasia
/幻想の一夜〜In Memory Of Fantasy

(CD/Neuverne)(Japan'17)(税込¥3000)
新作3rd「Question 1969〜去りゆく時代に」と合わせて発売された、ミズキ・ダ・ファンタジーアの、こちらは'17年デビュー作のリマスター盤。MIZUKIのダークな詩情に溢れた歌世界と、メロトロンを含むドラマティックなサウンド(演奏にはYUKA&CHRONOSHIPの面々も参加)が織りなす歌ものプログレッシヴは、古き良き'70年代の香りをアップデートした、非常に魅力的なもの。傑作である。こちらも、お見逃し無く。

〜故・J.ウェットンと、G.タウンズのiConの1st時のアコースティック・ライヴCD+DVD!〜

WETTON/DOWNS (iCon)
/Acoustic TV Broadcast

(CD+DVD/NTSC/Epicon)(U.K.'06)(税込¥2592)
長らく袂を分けていたオリジナル・エイジアの中核二人が再合体して、アルバム「ICON」を制作後、元ELOのチェリスト、ヒュー・マクダウェルを迎え、アコースティック編成で行ったTVライヴを収録したCDとDVD(同音源)を2枚組にまとめた決定版的再発。「ICON」収録曲のみならず、エイジア黄金期の名曲が、その哀愁の歌メロを際立たせたアコースティック・アレンジで甦る!
※国内盤ベル・アンティークより発売中!

〜これは凄い!全盛期TDの集大成・超豪華BOX、16CD+2BD!未発/ライヴたっぷり!〜

TANGERINE DREAM
/In Search Of Hades - The Virgin Recordings 1973 - 1979

(16CD+2BD/Virgin)(Germany'19)(税込¥21600)
故・エドガー・フローゼが率いた言わずもがなの偉大なタンジェリン・ドリームの、Virgin期、'73-'79を集大成した超弩級のボックス・セット16CD+2BD。「フェードラ」から「フォース・マジョール」までの全7作品(各リマスター、ボーナス扱いでS.ウィルソン・MIX/ステレオ等を追加)に加え、レアな「フェードラ」アウトテイクス2CD、未発表'74レインボー・ライヴ2CD、'74未発・舞台サントラ用アルバム(!)「Oedipus Tyrannus」等をたっぷり収録。Blu-ray Discには、S.ウィルソン・MIX(5.1/ステレオ)の「フェードラ」「Oedipus〜」「リコシェ」の音源に加え、コヴェントリー・カテドラル(BBC「OGWT])、ドイツTVドキュメンタリーの、映像コンテンツも収録。超豪華カラーブック付き大判サイズ・ボックス。圧巻。

〜ロシア産、ダウナーなオズ・テン的?スペース・ロック、'08ライヴの再発盤!〜

VESPERO
/Liventure #19

(CD/VMS)(Russia'08)(税込¥3024)
'18年にはスペインのギタリスト、エンジェル・オンタルヴァとの共演作もリリースしている、ロシア産スペース・ロック/アヴァン・サイケ・プログ・バンドの、こちらは'08録音/リリースのライヴ盤の再発。ニュー・ジャケット+ボーナス・トラックとして'09年のライヴを5曲追加(1曲差し替え)。フロイド、ゴング等ルーツの、ダウナーなオズ・テン〜ジャーマン風のサウンドは、一部に女性voやvlnも交えた、妖しくトリッピーなもの。注目の力演である。

〜ノルウェーきっての多作なg/マルチ奏者、全未発アーリーワークス!タンジェリン系!〜

ERIK WOLLO
/Sources - Early Works 1986-1992

(CD/Smalltown Supersound)(Norway'19)(税込¥3240)
ノルウェーきっての多作なギタリスト/マルチ奏者、エリク・ウォローの'19ニュー・リリースは、タイトル通りの初期トラックス。全未発。2nd「Dreams〜」('84)、3rd「Traces」('85)、4th「Silver Beach」('87)時のセッションを中心に収めており、1stのみテリエ・リピダル風でしたが、ここではシンセ・メインのジャーマン系にシフト。タンジェリン〜アシュラ〜ポポル・ヴー等を思わせる、シリアスかつイマジナリーなサウンドの好内容である。

〜ex.ART ZOYDのT.ZABOITZEFFのニュー・グループ、1stフル!エレクトロ・チェンバー!〜

ARIA PRIMITIVA
/Sleep No More

(CD/Monstre Sonore)(France'19)(税込¥3024)
ご存知、元・ART ZOYDのDr.ZABことThierry Zaboitzeffのニュー・バンド、'17年のEPに続く、1stフル。自らのb、チェロ、サンプラー、voに、オンド・マルトノ/kbd、kbdというトリオ体制で、ZABらしい、ダークで妖美なエレクトロ寄りチェンバー・ロックを展開している。ZABの一連のソロや'80年代のZOYDの作風のアップデートとも言える、チェンバー・リスナー注目の力作である。

〜オルガン炸裂!オランダ産、ヴィンテージHR/ブルージー・バンドの'18ツアー・ライヴ!〜

DEWOLFF
/Live & Outta Sight II

(CD/Mascot)(Holland'19)(税込¥3024)
既にスタジオ7作を発表している、オランダ産ヴィンテージHR/ブルージー・バンドの、'15年の「Live & Outa Sight」の続編として出た、'18ツアーより収録のライヴ盤。時にソウルフルなサザン・ロック風味と、パープル/ヒープ系の色が同居、オルガンも大々的にフィーチャーしたサウンドは、フィンランドのWIGWAM辺りのリスナーにも向くものである。今や風格すら漂う、堂々たるパフォーマンスの快作。

〜カナダ/モントリオール産、ブルータル&テクニカル・ブラック・メタル!VOIVOD風味も!〜

AUGURY
/Illusive Golden Age

(CD/The Artisan Era)(Canada'18)(税込¥3240)
カナダ/モントリオール産、プログレッシヴ/テクニカル・ブラック・メタル・バンドの、「Fragmentary Evidence」('09)に続く、9年振りの新作3rd。ブラスト・ビート炸裂のブルータルなサウンドだが、ツイン・ギター(片割れがvoも取る)の4ピースによる、テクニカルなキメや複雑な展開は圧倒的な迫力がある。エンペラー系を基調に、部分的には同郷の先達、ヴォイヴォドを思わせる、パワフル&ノイジーな力作である

〜甘美なロリータ・ヴォイスのフレンチ・ケルトvo&ハープ!直近2作を束ねた限定セット!〜

CECILE CORBEL
/La Fiancee & Vagabonde

(2CD/Universal Music France)(France'14&'16)(税込¥3564)
ジブリ映画「借りぐらしのアリエッティ」の主題歌を担当したことでも知られる、フランス/ブルターニュのトラッド/フォーク女性シンガー/ハープ奏者、セシル・コルベルの、「La Fiancee」('14)、「Vagabonde」('16)という、ソロでの直近21作品を束ねた限定セット。(元々の盤そのままに、スリップケースが付いた仕様)強烈に甘いロリータ・ヴォイスと、先達A.スティーヴェル譲りのブレトン・トラッド、時にK.ブッシュ的なポップ・センスが織りなす魅力的作風で、とりわけ、G.ヤクブが2曲参加の'16作は秀逸。見逃せないリリースである。

〜強烈!御大・J.マクラフリンの'17ライヴ、J.ヘリング・バンドと合体してマハヴィシュヌ!〜

JOHN McLAUGHLIN & THE 4TH DIMENTION / JIMMY HERRING & THE INVISIBLE WHIP
/Live In San Francisco

(CD/Abstract Logix)(U.K.&U.S.A.'18)(税込¥2808)
ご存知、御大・J.マクラフリンが、ラスト・ツアーの一環として行なった、自らのバンドTHE 4TH DIMENSIONと、ジャム・バンド系の達人J.ヘリング率いるバンド(vln入り)の合同ライヴより、'17年12月サンフランシスコでの演奏を収めたライヴCDが登場。ツイン・ドラム、ツイン・キーボードの丸ごと合体編成にて、何とマハヴィシュヌ・オーケストラ曲の数々(“Meeting〜”、“Birds Of Fire”“The Dance Of Maya”etc.)をプレイしている。パワフルなヘリングに触発され、マクラフリンもこれでもかと弾きまくる、真に圧倒的な名演である。

〜ノルウェーきってのアヴァン・オルガン・プログ・トリオ、'19ライヴその1!純トリオ!〜

ELEPHANT 9
/Psychedelic Backfire I

(CD/Rune Grammofon)(Norway'19)(税込¥2376)
モーターサイコとも交流の深い、オルガン/kbd奏者、スターレ・ストロッケンが率いるトリオの、2枚同時発売の'19年ライヴ、その1。こちらは1月9日/10日の、純トリオでの演奏を収めており、直近作「The Greatest Show On Earth」('18)曲のみならず、1st「Dodovoodoo」('08)、2nd「Walk The Nile」('10)のナンバーも演奏している。疾走するリズムの上をオルガンが暴れまわる、正にアヴァン・オルガン・ジャム/プログな快演である。

〜ノルウェーのアヴァン・オルガン・プログ・トリオ、'19ライヴその2!こちらはギター入り!〜

ELEPHANT 9 with REINE FISKE
/Psychedelic BackFire II

(CD/Rune Grammofon)(Norway'19)(税込¥2376)
S.ストロッケン(org、kbd)率いるアヴァン・プログ・トリオの、'19ライヴその2。パート1の翌日/翌々日の1月11日/12日に収録されており、こちらには、元・ランドベルク〜現・ドゥンエンのギタリスト、ライネ・フィスケが参加。連名作からの曲のみならず、オリジナルはギターレスだった1st/2ndのナンバーもプレイしている。ライフタイム〜S.マシーン系をサイケに寄せたような、アヴァン・ジャズ・ロックが炸裂する、これまた快演である。

〜チェコの至宝、イヴァ・ビトヴァの最新CD+DVD/PAL!女性トリオでの'17ライヴ!〜

BITTOVA / DUSILOVA / NACEVA
/Spolu

(CD+DVD/PAL)(A.M,P)(Czech'18)(税込¥3240)
チェコが生んだ天才的トラッド/アヴァンギャルド女性vln奏者/シンガー、イヴァ・ビトヴァの'18最新リリースは、同国のシンガー、L.Dusilova、及びギター/kbd/サンプラー奏者/シンガー、M.Nacevaとの女性トリオでの'17コンサートを収めたCD+DVD/PAL(DVDが3曲多い、12曲56分)。ビトヴァの楽曲のみならず、他の2人の作曲ナンバーも含め、ソロ、デュオ、トリオと様々なフォーマットでプレイしている。ダークな緊張感の強い、それでいてシネマティックな注目の力演である。

〜再入荷につきレコメンド!地下活動で知られるチェコの伝説的バンド、オケ入り'15ライヴ!〜

THE PLASTIC PEOPLE OF THE UNIVERSE & FILHARMONIE BRUNO
/Co Znamena Vesti Kone

(CD+DVD/PAL)(Indies Happy Trails)(Czech'15)(税込¥3780)
以前、同タイトルの未発アーカイブスが出ていましたがそれとは別、こちらは、復活後の'15年に、何と管弦楽団と共演したライヴを収めたCD+DVD/PAL(同内容、DVDにはインタ追加。)'70年代は地下活動で知られたアングラ・サイケ/アヴァン・ロック・バンドである彼らのダウナーな楽曲を、オーケストラルにアレンジ、怪しい男女vo、不協的sax、vlnで迫る。東欧マニアのみならず注目の快演である。

〜チェコきってのアヴァン・パンク・プログ、8年振りのオリジナル新作8th!新境地!〜

UZ JSME DOMA
/Kry (Floes)

(CD/Indies MG)(Czech'18)(税込¥2916)
チェコきってのアヴァン・パンキッシュ・プログ・バンド、ウシュ・スマイ・ドマの、間に再録盤やライヴを挟んで、オリジナル・アルバムとしては「Jeskyne」('10)以来、実に8年振りとなる新作8th。トランペットも交えた変則疾走アンサンブルは保ちつつ、従来の奇矯さやユーモアが薄まり、よりシリアスに、ダイレクトに、朗々としたvoの魅力を際立たせた新境地を開拓した傑作である。

〜ポーランドを代表するイエス系シンフォニック名バンド、'80年の最高作1stが再発!〜

EXODUS
/The Most Beautiful Day

(CD/Polskie Nagrania)(Poland'80)(税込¥2700)
ポーランドで'76年に結成された、同国を代表するシンフォニック・ロック名バンド、エクソダスの、'80リリース1st。久しく廃盤だったが、デジパック、リマスターにて再発。イエス系のメロディアス・スタイル(母国語vo)で、魅力的小品の前半と、20分近い大作タイトル組曲の後半という構成の、極めて高水準な内容を収めている。彼らの最高作にして、ポーランド屈指の1枚である。

〜ポーランドを代表する名バンド、エクソダスの、'81年2nd!よりハード&ポップな良作!〜

EXODUS
/Supernova

(CD/Polskie Nagrania)(Poland'81)(税込¥2700)
ポーランドを代表するシンフォニック・ロックの名バンド、エクソダスの、'81年リリース2nd。久しく廃盤だったが、デジパック、リマスターで再発された。1stのような大曲は無くなり、よりコンパクトなハード/ポップ指向のサウンドに変化しているが、やはり高水準である。東欧らしいエモーショナルな母国語voが魅力的で、プログレ・ハード・リスナーには本作、と言える良作。

〜旧ユーゴ産HR/HMバンドの、1st〜6thのセット6CDボックス!オルガン入りの1stに注目!〜

DIVLJE JAGODE
/Original Album Collection Vol.1

(6CD/Croatia)(Yugoslavia'78-'86)(税込¥3564)
'77年に結成された、旧ユーゴスラビアのハード・ロック/ヘヴィ・メタル・バンド、ディヴレ・ヤコデの、1st「Divlde Jacode」('78)、2nd「Stakleni〜」('81)、3rd「Motori」('82)、4th「Carobnjaci」('83)、5th「Vatra」('85)、6th「Wild Strawberries」('86、英語作) の6タイトルをセットにしたボックス。ペーパー・スリーブ、カラーブックレット付き。2nd以降はジューダス・プリースト、レインボー系だが、1stのみ、オルガン/キーボード(メロトロンのクレジットも)入りのパープル/ヒープ路線のハード、バラードはシンフォ寄りの、こちら向き力作となっており、見逃せないリリースである。

〜旧ユーゴのポップ・バンドの1st〜5thセット・5CDボックス!1stのみ、シンフォ傑作!〜

AERODROM
/Originai Album Collection

(5CD/Croatia)(Yugoslavia'79-'86)(税込¥3564)
'78年に結成された、旧ユーゴスラビア産ポップ・バンドの、1st「Kad Mislimi Vrludaju」('79)、2nd「Tango Bango」('81)、3rd「Obicne〜」('82)、4th「Dukat〜」('84)、5th「Trojuca〜」('86)の5作品(再結成前の全タイトル)をセットにしたボックス。ペーパースリーブ、カラーブックレット付き。2nd以降は'80s/ニュー・ウェーヴスタイルのポップだが、1stのみ、結成当初目指したという、イエス、ジェネシス系シンフォニック・ロックの傑作となっており、見逃せないリリースである。

〜TIME〜SEPTEMBERでプレイした、旧ユーゴきってのオルガン/kbd奏者の1st/2ndソロ!〜

TIHOMIR POP ASANOVIC
/Majko Zemljo/Pop

(2CD/Croatia)(Yugoslavia'74/'76)(税込¥3456)
TIMEのオリジナル・メンバーにして、その後ジャズ・ロック・バンドのSEPTEMBERに参加した、旧ユーゴスラビアきってのオルガン/キーボード奏者の、ソロ2作品('74/'76)を、各々紙ジャケでCD化し、セットにしたリリース。両作とも、ブラス、パーカッション、ブルージーな男女vo等を交えた、ファンキーなポップ・フュージョン系で、ブライアン・オーガーのオブリヴィオン・エキスプレス辺りを思わせる。オルガンのみならず、エレピやシンセも弾きまくる、注目の快作である。

〜チェコきってのハード・プログレッシヴ系バンド、何と復活'18新作!らしさ健在、濃厚!〜

PROGRES 2
/Tulak Po Hvezdach

(CD/Indies Scope)(Czech'18)(税込¥2916)
近年復活し、'16年にはライヴCD+DVDも出した旧チェコスロヴァキアきってのハード・プログレッシヴ・バンド、プログレス2の、'18新作。(公式作としては'87以来の5th。)コンポーザー/リーダーのZ.Kluka(dr)を中心に、濃厚なvoとkbdを交えたハード色基調+シリアス/ダークなイメージのサウンドを展開しており、らしさ健在である。注目の力作。

〜ヴェネズエラ出身の16弦ギター奏者の新作4th!ジェントよりラテン・ジャズ・メタル!〜

FELIX MARTIN
/Caracas

(CD/P-Vine)(Venezuela'19)(税込¥2592)
'10年にデビュー作を発表している、ヴェネズエラ出身、バークリーで学んだ、ダブルネックの17弦ギター(!)奏者の、「Mecanical Nations」('17)に続く4thアルバム。ラテン風味のメロディも多用し、セミアコ/エレクトリック取り混ぜた、トリオ・インストを展開している。従来のキメ倒し/弾き倒しメタル・フュージョン路線を保ちつつ、CHON等、今時のジェント寄りの仕上がりとなったスリリングな快作である。国内盤限定ボーナス・トラック収録。

〜オリジナル・プレス盤(規格)で再入荷!シリアス路線にシフトした'89年の大傑作!〜

ISILDURS BANE
/Cheval-Volonte De Rocher

(CD/Isirdur)(Sweden'89)(税込¥2160)
先頃、ピーター・ハミルとの共演新作「In Amazonia」をリリースしたスウェーデンきっての硬派シンフォニック・バンド、イシルドゥルス・バーネ。本作は、'80年代中期のポップ/フュージョン指向から一転し、シリアス路線にシフトした'89年作。33年の歳月をかけて自力で理想宮を作り上げた郵便配達人、フェルディナン・シュヴァルをテーマとしたコンセプト・アルバムで、次作「The Voyage」で完成を見る、生の管弦入りのクラシカル・サウンドは、時にオールドフィールドやエニドを思わせる、スケールの大きいもの。傑作である。オリジナル・プレス(規格)盤で再入荷。

〜P.ハミルとの共演新作を出したばかりのイシバネ、'03年の、初・歌もの作が再発!〜

ISILDURS BANE
/Mind Vol.4 : Pass

(CD/Ataraxia Productions)(Sweden'03)(税込¥2160)
先頃、P.ハミルとの共演新作「In Amazonia」をリリースしたばかりのイシルドゥルス・バーネの、こちらは「Mind」シリーズのVol.4として出た'03作の再発(ニュー・ジャケット、デジパック)。ライヴの「Vol.2」、インプロの「Vol.3」ときて、初の「歌もの」作となった本盤。エモーショナルな男性voと、モダンなクリムゾン系ルーツのサウンドが相まった、近年の作風の出発点と言える作風で、要・再評価の傑作である。

〜イシバネの、こちらは'92リリースの代表作!ニュー・ジャケ、デジパックで再発!〜

ISILDURS BANE
/The Voyage - A Trip To Elsewhere

(CD/Svenska Unikum)(Sweden'92)(税込¥2160)
シリアス路線にシフトした傑作「Cheval」('89)を受けて、イシ・バネが'92年にリリース(当初はカバン型変型パッケージ2CDだった)した6thアルバム。コンセプチュアルな内容のインスト作品で、THE ZORN TRIO (vln、p、Cello)、故・B.J.リンダー(fl)、J.シャファー(g)らを加え、圧倒的スケールのチェンバー・プログレッシヴを展開した、正に歴史的名作である。

〜仏産、ジェント+高円寺系な、ツイン・ギターのアヴァン・ロック、'19年2nd!〜

NI
/Pantophobie

(CD/Dur Et Doux)(France'19)(税込¥2160)
仏産、ツイン・ギター(voも有り)の4ピースによる、マス・ロック/ジェント〜アヴァン/ハードコア・プログ・バンドの、「Les Insurges〜」('15)に続く2nd。重低音の変則メタリック・リフを中心に、ヒステリックな絶叫voも交えたダークかつノイジーなサウンドは、正にメシュガー系と吉田達也/RUINS系の中間を行くもの。練られたリフとリズムで一気に押し切る快作である。

〜故・ジリ・スマイスが率いたマザー・ゴングの「Robot Woman」3部作が一挙初CD化!〜

MOTHER GONG
/The Robot Woman Trilogy

(4CD/Madfish)(France'82,'89)(税込¥11880)
元祖スペース・ウィスパーのゴング・マザー、故・ジリ・スマイスが率いたマザー・ゴングの、これまで未CD化だった「Robot Woman」3部作、「Robot Woman('82)」「同2('82)」「同3('89)」を各リマスター&エクステンデッド・リミックスにて初CD化し、更にボーナスCD(未発デモ、ライヴetc.)を加えた4CDセット。大判(28cm×28cm)ハードカバー64Pカラーブック仕様の豪華盤。壮大かつコミカル、テーマはシリアスなストーリーを、ディスコ・ポップからファンク・フュージョン、ゴング調まで、当時夫君だったハリー・ウィリアムソン(kbd、g、vo、etc.)の色も強い、ゴング・ファンは聴き逃がせないサウンドで展開している。特に1作目は傑作である。要・再評価。

〜遂に単品初CD化!旧ソ連屈指のジャズ・ロック名盤、GUNESHの'84年2nd!マスト!〜

GUNESH
/I See Earth

(CD/Soviet Grail)(Turkmenistan'84)(税込¥3024)
故・Richad Shafi(dr)が率いた旧ソ連/トルクメニスタンのジャズ・ロック・バンド、GUNESHの'84年2nd“Looking At The Earth”が、ジャケット/タイトル変更にて待望の単品初CD化。ブラス入りのマハヴィシュヌ〜B.コブハム系パワー・ジャズ・ロック(vlnも)と、中近東/バルカン風エスノ色が合体、更にはスペイシーなシンセ・パートも盛り込んだ、結果としてアレアに匹敵するインパクトの傑作となっている。正に旧ソ連屈指の一枚である。

〜旧ソ連/トルクメニスタン産、GUNESHに近い民族ジャズ・ロックの傑作、'79唯一作!〜

FIRYUZA
/Firyuza

(CD/Soviet Grail)(Turkmenistan'79)(税込¥3024)
旧ソ連/トルクメニスタン産、あのGUNESHに続く存在だった、p/org奏者、Dlmitry Sablinが率いた民族ジャズ・ロック・バンドの'79唯一作が初CD化。オリエンタルな風味と、vln、管含むテクニカルなアンサンブルの合体は、GUNESHに近いが、よりメロディアスな指向のインストは、アレアというより、一部アルティ・エ・メスティエリを思わせる。これまた、旧ソ連屈指と言える傑作である。

〜旧ソ連/ウズベキスタン産、民族フュージョン系の知られざる秀作!技巧的シンセに注目!〜

ANOR
/The Taste Of Pomesranate

(CD/Soviet Grail)(Uzbekistan'88)(税込¥3024)
旧ソ連/ウズベキスタン産、知られざる民族フュージョン系バンドの'88唯一作が初CD化。sax、kbd、el-gもフィーチャーした、ウェザー・リポート風のメロディアスなサウンドを基調に、ウズベク・フォーク/トラッド色を大胆に取り込んだ音像は、面白味十分である。テクニカルなシンセ・ワークも交えた、こちらもまた、旧ソ連の秘宝と言える秀作。

〜辺境マニア注目!旧ソ連/カザフスタン産、民謡ポップ/歌もの+サイケ!珍味な力作!〜

DOS-MUKASAN
/Dos-Mukasan

(CD/Soviet Grail)(Kazkhstan'76)(税込¥3240)
何と'67年という早い時期に結成された、旧ソ連/カザフスタンの民族ポップ・バンドの'76年1stが初CD化。ジャケのイメージ通りの、世界の民謡、的な男女voのフォーク/歌ものナンバー主体なのだが、7分に及ぶ冒頭曲のみ、kbdを押し出した本格的な反復インスト・サイケでインパクト十分である。全体的にも、辺境然とした奇妙な味わいのマニア注目・力作。

〜英国フォーク・プログレッシヴ名バンド、'78年の秀作!BBCライヴ入りCD+DVD付きで再発!〜

STRAWBS
/Deadlines

(2CD+DVD/NTSC/Esoteric)(U.K.'78)(税込¥3780)
言わずと知れた英国フォーク・プログレッシヴの名バンド、ストローブスが、「Burning For You」('77)の後、アリスタに移籍してリリースされた作。コンパクトな音作りながらも、前作よりも英国らしいメロディアス・ロック性を戻した秀作である。今回、Esotericより、本編新規リマスター、11曲ボーナス追加(デモ等)、更に'78年BBC「Sight&Sound」コンサート収録のCDとDVD/NTSC(同内容、DVDには映像入り、約60分)が付いたデラックス・エディション。ボックス仕様、ツアー告知ポスター再現(ミニ・ポスター)。

〜元・ReGENESISのシンガー、T.パターソンの新作!元・同僚のkbdとの連名、極上ポップ!〜

TONY PATTERSON / DOUG MELBOURNE
/The Divide

(CD/Esoteric Antenna)(U.K.'19)(税込¥2376)
英のジェネシス・トリビュート・バンド、ReGENESISのシンガーだったトニー・パターソンの、「Equations Of Meaning」('16)に続く新作。今回は、同じく元・ReGENESISのKbd奏者ダグ・メルボルンとの連名で、洗練されたタッチのアンビエントAOR+メロディック・サウンドを展開している。ピーター・ゲイブリエルやフロイド・ルーツの、極上ポップ作である。

〜現代プログのフロントランナー、'19新作は初のロック・オペラ!2CDの超大作、日本先行、ボーナス1曲!〜

NEAL MORSE
/Jesus Christ The Exorcist

(2CD/Avalon)(U.S.A.'19)(税込¥3672)
現代プログレッシヴ・ロック・シーンの先頭を走り続けるニール・モーズ(ex.スポックス・ビアード、現トランスアトランティック、フライング・カラーズetc.)の、「The Great Adventure」('19)に続き早くも登場の新作は、10年に及ぶ壮大な構想のもと制作された、初のロック・オペラ作品となった。かのロック・ミュージカルの古典「ジーザス・クライスト・スーパースター」をヒントを得て、イエス・キリストの生涯をプログレッシヴ・ロックで描く、2時間強、2枚組CDの超大作である。イエス・キリスト役のテッド・レオナルド(vo/スポックス・ビアード)はじめ、キャストは総勢13名、他にもニール・モーズ人脈の実力派ミュージシャンが多数参加。ファンの期待に応える、スケール密度、キャッチーさ、荘厳さ何れも申し分のない、エポックな傑作。日本先行発売、2CDプラケース、ボーナス・トラック1曲収録。

〜ご存知アレアの歴史的デビュー作、紙ジャケ+ボーナス、BSCD2、ピストル紙付きで再発!〜

AREA
/Arbeit Macht Frei (Il Lavoro Rende Liberi)

(BSCD2/Sony Music Labels)(Italy'73)(税込¥2268)
去る2019年5月に、アルティ・エ・メスティエリとのカップリングで行われた来日公演も素晴らしかった、現在はP.ファリセッリ(p、kbd)が率いるアレアの、歴史的な'73年デビュー作。バンドの代表曲である“7月、8月、9月(黒)”はじめ、後に比べるとロック寄りの「ジャズ・ロック」サウンドの中、故・デメトリオ・ストラトスのホーミー、ヨーデル入りの強烈極まるvoが炸裂する、未だ色褪せない傑作である。

※来日記念盤、紙ジャケ、BSCD2、'19リマスター、ボーナス2曲(シングル・エディット)、復刻ピストル型カード封入

〜ご存知アレアの'74年2nd!より実験的になりつつ圧倒的パワーの傑作!BSCD2、紙ジャケ、2曲ボーナス!〜

AREA
/Caution Radiation Area

(BSCD2/Sony Music Labels)(税込¥2268)
サックス奏者が抜け、またベースがP.ジヴァス(PFMへ)からA.タヴォラッツィにチェンジ、黄金メンバーが揃ったアレアの2ndアルバム。彼らの代名詞と言えるブルガリアン/バルカン変拍子の疾走ナンバーにして代表曲の一つ“赤い彗星”@をフィーチャー、全体にはインスト重視で、フリー/コラージュ的な実験性を強めつつも、彼らならではの圧倒的パワー健在の、これまた傑作である。

※来日記念盤、BSCD2、紙ジャケ、'19リマスター、ボーナス2曲(“インター”“ジョージ・L・ジャクソン〜”、'74シングル)、内袋付き

〜ご存知アレアの代表作、'75年の超名作3rd!紙ジャケ、BSCD2、復刻ステッカー4種封入で再発!〜

AREA
/Crac!

(BSCD2/Sony Music Labels)(Italy'75)(税込¥2268)
黄金期を迎えたアレアの、'75リリースの3rd。1stと2ndでの実験を集大成した上での作曲ナンバーを主に収めており、所謂即興は一曲のみ。定番のバルカン調ナンバー“白い象”から猛スピードのジャズ・ロック&ファンク“オデッサのリンゴ”等々、どれを取っても魅力的な名曲揃い。後の「1978」と並ぶ、彼らの最高作なのは間違いないところである。正に偉業。

※来日記念盤、BSCD2、紙ジャケ、'19リマスター、内袋付き、LPに1枚ずつ入っていた復刻ステッカー4種封入

〜絶頂期アレアの姿を伝える、'70年代当時唯一のライヴ盤!紙ジャケ、BSCD2、内袋付きで再発!〜

AREA
/Are (A) zione

(BSCD2/Sony Music Labels)(Italy'75)(税込¥2268)
カーディアックス絶頂期アレアの姿を伝える、'70年代当時に出た唯一のライヴ盤('75)。LPのA面を作曲もの代表曲(“7月、8月〜”、“オデッサのリンゴ”“赤い彗星”)、B面を即興+“インター”という構成にて、ひたすらアグレッシヴに突っ走る、圧倒的パワーの内容になっている。例の、P.ファリセッリによる、リンゴを噛じるパ
フォーマンスも聴ける、これまたマストの一枚である。

※来日記念盤、BSCD2、紙ジャケ、'19リマスター、内袋付き

〜よりアヴァンギャルドに接近した'76作!S.レイシーらがゲスト参加!紙ジャケ、BSCD2で再発!〜

AREA
/Maledetti (Maudits)

(BSCD2/Sony Music Labels)(Italy'76)(税込¥2268)
ライヴ・アルバム「アレアツィオーネ“アレア・ライヴ”」のリリースで一つの区切りをつけたアレアが、'76年に出した作。カピッツォ、タヴォラッツィの脱退を受け、ストラトス、ファリセッリ、トファーニの3名+ゲストの形で制作されている。フリー・ジャズの大御所スティーヴ・レイシーら総勢10名のゲストが曲毎に加わることで、よりフリーフォームなアヴァンギャルドに接近する一方、アレア節のパワーも健在の、これまた名作である。

※来日記念盤、BSCD2、紙ジャケ'19リマスター、内袋付き

〜何をか言わんやの超名作アルティ1st、紙ジャケ、BSCD2、初の復刻漏斗型カード封入!〜

ARTI&MESTIERI
/Tilt (Immagini Per Un Orecchio)

(BSCD2/Sony Music Labels)(Italy'74)(税込¥2268)
去る2019年5月に、アレアとのカップリングで行われた来日公演も素晴らしかったアルティ・エ・メスティエリの、何をか言わんやの超名作1st。フリオ・キリコの超絶ドラム、vln、メロトロンをフィーチャーし、クリムゾン・ルーツとマハヴィシュヌ系ジャズ・ロックを融合、奇跡的バランスで独自の音楽性を獲得した、今もって衝撃色褪せぬ、正に不朽の一枚である。

※来日記念盤、紙ジャケ、BSCD2、'19リマスター、内袋付き、初の復刻漏斗型カード封入。

〜よりジャズ・ロック色を強めた、こちらも超名作2nd!紙ジャケ、BSCD2、ボーナス1曲、内袋付き!〜

ARTI&MESTIERI
/Giro Di Valzer Per Domani

(BSCD2/Sony Music Labels)(Italy'75)(税込¥2268)
衝撃のデビュー作「ティルト」('74)に続きリリースされた、アルティ・エ・メスティエリの2nd。メロトロン・パートなどのシンフォ色がほぼ無くなり、所謂地中海ジャズ・ロック色を強化、小曲がメドレー的にプレイされていく、トータルな構成の一枚である。超絶ドラミングはじめ、演奏のパワー、楽曲クオリティとも前作に引けを取らない、これまた超名作。

※来日記念盤、紙ジャケ、BSCD2、'19リマスター、ボーナス1曲(シングル・エディット)、内袋付き

〜フリオ・キリコ主導でフュージョン寄りになった3rd!紙ジャケ、BSCD2、内袋付きで再発!〜

ARTI&MESTIERI
/Quinto Stato

(BSCD2/Sony Music Labels)(Italy'79)(税込¥2268)
前作2ndから4年振りにリリースされた、アルティ・エ・メスティエリの3作目。以前からのメンバーで残留しているのはフリオ・キリコ(dr)と、マルコ・ガレッシ(b)のみで(一部に元メンバーがゲスト参加)、voも交えつつ、所謂フュージョン寄りのサウンドに変化している。曲調こそ変わったが、キリコのドラミングは健在で、テクニカルなkbd奏者のプレイも冴え渡る好内容の一枚である。

※来日記念盤、紙ジャケ、BSCD2、'19リマスター、内袋付き

〜例のデラックス・エディションより、大幅改変の2018リミックス、単品CDでリリース!〜

MARILLION
/Clutching At Straws

(CD/Parlophone)(U.K.'87)(税込¥3564)※2CDでは有りません
言わずとしれたマリリオンの、フィッシュ在籍時のラスト・スタジオ作となった、'87リリースの4thアルバム。先に出た、4CD+BDのデラックス・エディションの本編として、CD1に収められていた2018リミックス・ヴァージョンの、こちらは単品リリース、プラケース。前3作に比べると認知度の低い作品だが、ライヴの定番曲“Sugar Mice”はじめ、秀曲揃いの実は傑作。大幅なリミックスで、だいぶ印象が異なる。

〜北欧フェロー諸島出身のフォーク/ポップ女性シンガー、'17年のバンド編成ライヴ!〜

EIVOR
/Live In Torshavn

(CD/By Norse Music)(Faroe Islands'18)(税込¥3240)
北欧フェロー諸島出身の、フォーク&ポップ女性シンガー、アイヴォールが、'17年に地元で行ったライヴを収めたアルバム。以前にオーケストラとの共演盤も有ったが、ここではエレクトロもこなすバンドをバックにして、ビョーク系ルーツのポップ寄りサウンドを展開している。もちろん、しっとりとシリアスな面も健在で、北欧トラッド系リスナーも注目の力演である。

〜ラトヴィア産、女性6名から成るコーラスユニットの単独デビュー作!ヴァルティナ系!〜

TAUTUMEITAS
/Tautumeitas

(CD/CPL Music)(Latvia'18)(税込¥2808)
女性6名から成る、ラトヴィア産トラッド系コーラス・ユニットの、同郷のバンドAIJIとの連名作('17)に続く、単独デビュー作。エレクトロ込みのヘヴィな北欧風サウンドに、重厚でミステリアスなコーラス・ワークが絡む、ヴァルティナを、よりサイバー化したような音像を展開している。正にヴァルティナ系リスナー注目のラジカル・トラッド秀作である

〜サヴィナ・ヤナトゥが一部に参加!ギリシャの女性作曲家、クラシカル・アンビエント作!〜

ELENI KARAINDROU
/Tous Des Oiseaux

(CD/ECM)(Greece'18)(税込¥3456)※2CDでは有りません
ギリシャ/アテネ拠点の女性作曲家、エレニ・カラインドルーが、'18年にECMからリリースした最新作。自身のピアノはじめ、管楽器、チェロ、民族楽器等を用いた、シリアスかつイマジナリーな、クラシカル・アンビエントを展開している。目玉は、かのサヴィナ・ヤナトゥが一部にヴォイスで参加(スキャット系)している点で、場を支配する流石の存在感である。

〜強烈!チュニジア+フランスのミュージシャンの呪術トランス・ラジカル・トラッド!〜

IFRIQIYYA ELECTRIQUE
/Laylet El Booree

(CD/Glitterbeat)(Tunisia&France'19)(税込¥3024)
これは強烈!チュニジアとフランスのミュージシャンの合体ユニットによる、'19リリースの2作目。アフリカン系の男女ヴォイスと、エレクトロ+アコースティックによるヘヴィなサウンドが織り成す音像は、正にキャッチフレーズの“Blood、Sweat&Trance”そのもの。エレクトロ・ビートと反復ヴォイス、過激なギターまで、これぞラジカル・トラッドな傑作である。

〜これは驚異的!仏産、革新的ハーディー・ガーディー奏者の完全ソロ・アルバム!傑作!〜

GUILHEM DESQ
/Visions

(CD/No Label)(France'17)(税込¥2808)
フランス/トゥールーズ出身のエレクトリック・ハーディー・ガーディー奏者の、'17リリース・ソロ・アルバム。当店初入荷。一聴してバンド録音にしか聴こえないが、何と、これが実は全てのパートをハーディー・ガーディーでプレイした多重録音で、驚きである。欧州から中近東に至るトラッド・メロディと、コンテンポラリーなエレクトロ/ロック系サウンドが相まった、「ハーディー・ガーディー界のジミヘン」と称されるのも納得の、革新的傑作。

〜伊の前衛プレイヤー、'19新作はオーバーダブ一切無しでRADIOHEAD曲をインスト演奏!〜

PAOLO ANGELI
/22.22 Free Radiohead

(CD/ReR Megacorp)(Italy'19)(税込¥2808)
独自に開発した、「プリペアド・サルディニアン・ギター」を用いた作品を発表し続けている、伊の前衛プレイヤーの'19新作。ReRより。今回は何と、同楽器のみ使用、オーバーダブ一切無しで、かのレディオヘッドの楽曲(及び自作曲)を1時間の組曲化した演奏を収めている。アコースティック+弦+エレクトリックg+perのアンサンブルにしか聴こえない、驚異的プレイを収めた1枚である。

〜NYブルックリン産、大編成・現代的先鋭フュージョン/ジャズ最注目株の'19新作!ザッパ、マイルス色も!〜

SNARKY PUPPY
/Immigrance

(CD/GroundUP Music)(U.S.A.'19)(税込¥2592)
NYブルックリン産、約30名のメンバーから成る大編成の現代的先鋭フュージョン/ジャズ・バンド、スナーキー・パピーの'19リリース新作。来る'19年9月の「TOKYO JAZZ 2019」に来日するなど、メジャーなジャズ・フィールドで高く評価されているが、そのサウンドは、ザッパ、シリアス、マイルス系ファンク/ポリリズム等の多彩な要素を統合したアヴァン・タッチである。プログレッシヴ・ジャズ・ロックリスナーにこそ聴かれるべき、刺激に満ちた傑作。

〜クリス・カトラーとの共作も出している米の作曲家/マルチ奏者、ソロ新作!レコメン寄りシリアス傑作!〜

STEVE MACLEAN
/Prime

(CD/ReR Megacorp)(U.S.A.'18)(税込¥2808)
'12年にクリス・カトラーとの共作「The Year Of The Dragon」をリリース、'14年には自己のグループMeRCYでもデビューしている、米の作曲家/マルチ奏者の、'18最新ソロ作。エレクトリック・ギター、ピアノ、パーカッション等を用いた、現代音楽色の強い内容で、自身のマルチ・プレイに、曲によってバスーン等が加わっている。ヘンリー・カウ等のレコメン・オリジネーターに通じる質感のシリアスな傑作である。

〜ブラジル産、女性vo、sax入りの過激なアヴァン・ロック!ノイジーでパンキッシュ、レコメン風の力作!〜

META META
/MM3

(CD/Jazz Village)(Brasil'16)(税込¥2916)
ジャケットは、まるでサイケだが、これが実は、アヴァン・ロック。ブラジル産、'11年にアルバム・デビューしている、女性voフロント、サックス入りの5人組(vo、vo/g、sax、b、dr)の、'16リリース・1st。当店初入荷。ゴリゴリしたリズムの疾走と、ノイジーかつパンキッシュなムードは、エトロン・フー系ハードコア・レコメンに通じるものが有る。ジャケに負けないインパクトの、注目・力作である。

〜ドイツ産、ミニマル/エレクトロニカ+チェンバー系トリオの新作5th!流麗メロディアスな傑作!〜

BRANDT BRAUER FRICK
/Echo

(CD/Because Music)(Germany'19)(税込¥2916)
ドイツ産、'10年にアルバム・デビューしている、エレクトロ/チェンバー系トリオ(ユニット名は3人の連名)の、「Joy」('16)に続く新作5th。所謂エレクトロアコースティック的な、シンセと生の弦やハープが絡むモダンなミニマル・タッチを軸に、流麗でオーケストラル、かつシネマティックなチェンバー・サントラ風のサウンドを展開している。心地良くもスリリングな、聴き応え十分の傑作である。

〜ブリティッシュ・ジャズを代表する管奏者の、'81年ECMからの傑作、再発!シンセも導入、イマジナリー!〜

JOHN SURMAN
/The Amazing Adventures Of Simon Simon

(CD/ECM)(U.K.'81)(税込¥2160)
ブリティッシュ・ジャズを代表するバリトン・サックス/管奏者、ジョン・サーマンが、'81年にECMからリリースしたアルバム。自ら各種管楽器のみならずシンセのプレイした多重録音に、ジャック・ディジョネット(dr)も加わって、コンセプチュアルかつイマジナリーな先鋭的サウンドを展開している。トータルな組曲構成の、サーマンの作品中でも指折りの傑作である。2つ折り紙パッケージで再発。

〜オランダ産、アトモスフェリック+プログレ・メタル・バンドの'17ライヴ盤!アリーナにも通じる力演!〜

THE AURORA PROJECT
/Grey World Live

(CD/Freia Music)(Holland'19)(税込¥3240)
'05年にアルバム・デビューし、以後4作品をリリースしている、オランダ産アトモスフェリック/プログレッシヴ・メタル・バンドの、こちらは'19最新リリースにして、初のライヴCD。(1枚もの)'17年、現時点での最新作4th「World Of Grey」('16)リリース時の演奏を収めており、同作の曲を中心とした9曲(アコースティック2曲含む)をプレイしている。英語の専任vo入りの5人組による、近年のアリーナにも通じる力演である。

〜デンマーク/北欧多国籍スペース・ロック・バンド、OSCが、ノルウェーのバンドと合体した2CDセッション!〜

OSC Meets BMC
/Freak Out In The Fjord

(CD/2CD/Space Rock Productions)(Denmark etc.'19)(税込¥4536)
デンマーク等、多国籍の北欧産スペース・ロック・バンド、ORESUND SPACE COLLECTIVEが、ノルウェーのバンド、BLACK MOON CIRCLEと合体して、'17年に行なったスタジオ・ジャム・セッションを収めた2CD。ツイン・ドラム、ツイン・ベースの9人編成にて、初期カン風ワン・コード反復から、エフェクティヴなダブ・ファンク調まで、タイトルが全てを物語る、正にフリーク・アウトしたトリップサウンドたっぷりの力作である。

〜ノルウェー産、マス・ロック/ポスト・ロック系の新鋭、新作3rd!レトロ・モダンに疾走する快作!〜

GLUTTON
/Eating Music

(CD/Appolon Records:Prog)(Norway'19)(税込¥3024)
'13年にCDデビューしている、マス・ロック〜クリムゾン系ポスト・ロック・バンドの、「Outlines」('17)に続く新作3rd。kbdが抜け、英語vo入りのトリオ(g、b、dr)になっており、曲によってホーン・セクションやチェロがゲスト参加した録音である。典型的ポスト・ロックとは異なる、ウェットな歌メロやサイケなヴィンテージ〜レトロ・モダン感覚のある音像の中、変拍子で疾走する、注目の快作。前作2ndのCD盤がそのままボーナス・ディスクとして付属した2CD。

〜ノルウェーのフロイド系バンド、AIRBAGのギタリストのソロ新作3rd!S.ウィルソン風の秀作!〜

BJORN RIIS
/A Storm Is Coming

(CD/Karisma)(Norway'19)(税込¥2808)
ノルウェーのピンク・フロイド直系バンド、AIRBAGのギタリストの、「Forever Comes To An End」('17)に続く3rdソロ。正にフロイド/ギルモア系の、ゆったり広がるギターワークをフィーチャーしつつ、意表を突くドゥーミーなメタル・リフで始まる@等、むしろポーキュパイン・トゥリー/スティーヴン・ウィルソンに近いサウンドは健在である。メロウな英語vo、メロトロン音入りの、退廃的かつメランコリックな秀作。

〜'70sノルウェー・プログレッシヴの名バンド、ルーファスの'74年2nd!イエス系シンフォニックの傑作!〜

RUPHUS
/Ranshart

(CD/Karisma)(Norway'74)(税込¥2484)
1stアルバム「New Born Day」('73)の翌年にリリースされた、ノルウェー'70s名バンド、ルーファスの2nd。アルバムごとに音楽性を同時代的に変化させていった彼らだが、オルガン・ハード寄りだった前作に対し、ここではイエス系のシンフォニック・ロックを展開している。男性リードvoをフロントに、メロトロン含むkbdと、コーラスも多用した、高水準な傑作である。「Kの」カリスマ・レーベルより再発、プラケース。

〜'70sカナダ/ケベックを代表する叙情派バンド、名作3rdをほぼフル演奏した'77ライヴ盤!2CD、紙ジャケ!〜

HARMONIUM
/En Tournee

(2CD/Unidisc)(Canada'80)(税込¥4104)
'70年代カナダ/ケベックを代表する叙情派プログレッシヴの名グループ、アルモニウムが、傑作3rd「L'Heptade」発表時の'77年にヴァンクーヴァーで行なったライヴを収めたアルバム(リリースは'80年、2CD)。オーケストラのみの曲を除く、同作のほぼ全曲をプレイしており、フルート、メロトロン含むキーボード等、音数も十分の内容である。セルジュ・フィオリの歌声とダイナミックなアンサンブルが正に劇的な名演。浮き彫り紙ジャケット仕様。

〜実は、かなりコチラ向き!'74年にECMから出た、マイルス系+メロトロン風シンセの大穴傑作!〜

JULIAN PRIESTER PEPO MTOTO
/Love, Love

(CD/ECM)(U.S.A.'74)(税込¥2160)
かのJ.コルトレーンや、サン・ラー、H.ハンコック等とプレイしてきた米のトロンボーン奏者が、'74年にECMからリリースしたリーダー作。ツイン・ドラム、フルート/サックス、エレクトリック・ギター(ビル・コナーズ)、そしてアープ・シンセをフィーチャーした編成にて、マイルス/ハンコック系の反復と、テリエ・リピダルの「Whenever〜」を思わせる、メロトロンにしか聴こえないシンセが相まった、スリリングかつイマジナリーなサウンドを展開している。実はかなりプログレッシヴ・リスナー向きの傑作である。。

〜ex.THIS HEATの偉才、C.ヘイワードの、CDとしては久々のソロ新作!強靭な歌声が響き渡る傑作!〜

CHARLES HAYWARD
/(Begin Anywhere)

(CD/Klanggalerie)(U.K.'19)(税込¥2916)
近年も、来日したTHIS IS NOT THIS HEATはじめ、様々なユニットで活動を続ける偉才、チャールズ・ヘイワード(ex.クワイエット・サン〜ディス・ヒート〜キャンバーウェル・ナウ)。本命のソロでは、ここ2作はアナログLPのみのリリースだった為、CDとしては、「One Big Atom」('11)以来となる新作。ピアノを中心に、kbd、メロディカ、per等、極限まで簡素化したバックの下、強靭で迷いの無い濁声のvoが朗々と響き渡る、ある意味ピーター・ハミルに並んだと言える、圧倒的存在感のアヴァン歌もの傑作である。

〜スウェーデン産、カヤック/クイーン+イエス的、テクニカル・ポップ・シンフォ、新作ミニ!〜

A.C.T
/Rebirth

(CD/Actworld)(Sweden'19)(税込¥1944)
'99年にアルバム・デビューし、これまで5枚のアルバムを出しているテクニカル&ポップ・シンフォ・バンドの、「Circus Pandemonium」('14)以来となるニュー・リリース・ミニCD(5曲22分)。カヤック/クイーン+イエス的、甘くキャッチーなコーラスとvo、凝ったアレンジの技巧的インスト・パートが相まった、彼らのポップ・サイドに振り切ったサウンドは正に極上である。ムーン・サファリのファンも必聴の快作。

※国内盤アヴァロンより7/24リリース(国内プレス)

〜ノルウェー産、キャメル/フロイド系叙情派シンフォ、3rd!フルート、泣きのギターたっぷり!〜

THE WINDMILL
/Tribus

(CD/Apollon Records:Prog)(Norway'18)(税込¥2592)
'01年に結成された、ノルウェー産メロディアス・シンフォニック・バンドの「The Continuation」('13)に続き、'18年にリリースされた3rdアルバム。フルート/サックス、英語vo、メロトロン音kbd、そして泣きのギターをフィーチャーした、キャメル(及びフロイド)影響下の叙情派サウンドをたっぷり展開している。いきなり20分を超える@はじめ、楽曲完成度、演奏の安定感ともに抜群の傑作である。

〜メロトロン、フルート炸裂!ノルウェー産、Vertigo化したアングラガルド的、ヴィンテージ・シンフォ!〜

JORDSJO
/Nattfiolen

(CD/Karisma)(Norway'19)(税込¥2592)
'14年に結成された、vo/g/fl/メロトロン/ハモンド/クラヴィネット/アープetc.、dr/perのデュオによるヴィンテージ・シンフォニック・バンドの、「Jord」('17)に続く新作5th。今回も、フルートとメロトロンが炸裂する、ヴァーティゴ化したアングラガルド、的サウンドを、妖美に、ダイナミックに展開している。voパートで北欧フォーク色を強め、更に魅力的になった、初期ウォブラーにも通じる傑作である。

〜ノルウェー産、カンタベリー/レコメン+クリムゾン的アヴァン・プログ、新作7th!会心の傑作!〜

PANZERPAPPA
/Summarisk Suite

(CD/Apollon Records:Prog)(Norway'19)(税込¥2484)
ノルウェー産、'00年に結成されたカンタベリー/レコメン+クリムゾン的アヴァン・プログ・バンドの、「Pestrottedans」('16)に続く新作7th。sax/EWI/kbd、dr/per、g、b、kbd(メロトロン、ソリーナ、ミニモーグ、アープetc.)の5人編成にて、今回は、各曲に付いているサブタイトル通りのサウンドをプレイしている。“Sympho”(メロトロン!)に始まり、“Impro”“Panzerrock”(キャッチー系?)“Ballade”(H.カウ風)等、ユーモラスにして変幻自在な会心傑作である。

〜これは驚き!米のアヴァン・ジャズ・ドラマーによる、KC、U.ゼロ+現代ドゥーム的アヴァン・ロック傑作!〜

DAN WEISS
/Starebaby

(CD/Pi Recordings)(U.S.A.'18)(税込¥3024)
NY系/アヴァン・ジャズ・シーンで活躍中のドラマーによる、'18年リーダー作。元・シンキング・プレイグのマット・ミッチェル(kbd)はじめ、B.モンダー(g)、C.タボーン(kbd)、T.ダン(b)という強力メンバーのバンドにて、ドローン・ドゥーム〜スロー・コア以降のセンスを昇華した、現代的サウンドを展開している。後期クリムゾンばりの鋭利なヘヴィネス、ピアノ打ち鳴らしのU.ゼロ的暗黒性、そしてメタル・ジャズ〜ハードコア・レコメンまで、これは驚きの、アヴァン・ロック大傑作である。

〜'77年にリリースされた、プログ・リスナー向きブラジリアン・フュージョンの傑作!AZYMUTH系!〜

CESAR MARIANO & CIA.
/Sao Paulo Brasil

(CD/Mr Bongo)(Brazil'77)(税込¥2700)
ブラジルのkbd奏者/作・編曲家にして、かのエリス・レジーナのパートナーとして知られたセザル・カマルゴ・マリアーノが、バンドCIA.を率いて'77年に制作した1st('80年にラスト作2nd有り。以降ソロ中心に)。ツインg、b、drとのクインテットにて、初期AZYMUTH辺りを思わせる、ややファンキーなグルーヴと都会的メロウネスが共存したサウンドを展開している。時にシンフォニック・フュージョン的なアレンジも含む、プログ・リスナー向きのブラジリアン・ジャズ/フュージョンの傑作である。

〜米国・東海岸産、イエス系テクニカル・シンフォの雄、新作9th!更にスリリングに迫る会心傑作!〜

IZZ
/Don't Panic

(CD/Doone)(U.S.A.'19)(税込¥2160)
kbd/リードvoのTom Galganoが率いる、米・東海岸きってのイエス系テクニカル・シンフォ・バンド、IZZの、未発集vol.2を挟んで、公式作としては「Everlasting〜」('15)以来となる、通算9th(未発集含む)。2名の女性コーラス/voの存在感も増した7人編成にて、ジェントル・ジャイアントの影響も大きいテクニカルなサウンドを、更にスリリングに展開している。かのニール・モーズにも比肩するクオリティの、会心傑作である。

〜米きってのヴェテラン、ジャム・カレットの新作19th!トリップ・KC/フロイド=ジャーマン的な力作!〜

DJAM KARET
/A Sky Full Of Stars For A Roof

(CD/HC Productions)(U.S.A.'19)(税込¥2376)
今や'80s以降の米国プログレッシヴの最古参となった大ヴェテラン、ジャム・カレットの、「Sonic Celluloid」('17)に続く新作19th。彼らの中のアンビエント/エレクトロ色にフォーカスしていた前作に対し、今回は、トリップ色は残しつつもギターの比重の高い、よりバンドタッチのサウンドに戻している。タンジェリン風シーケンスとクリムゾン周辺のテイストが相まって、結果としてフロイド・ルーツのジャーマン、的な仕上がりの力作。未収録2曲のダウンロードコード付(同梱)。

〜米国産、グラス・ハマー系+英国風味の、イエス/ジェネシス系シンフォ新作3rd!高水準な仕上がりの快作!〜

KINETIC ELEMENT
/The Face Of Life

(CD/Melodic Revolution)(U.S.A.'19)(税込¥2376)
'09年にCDデビューしている、米国産メロディアス・シンフォニック・バンドの、「Travelog」('15)に続く新作3rd。専任vo含むオーソドックスな5人編成で、ミックスは、グラス・ハマーの2人(S.バブ&F.シェンデル)が担当している。オルガン音等、'70s風味のkbdワークと泣きの入ったギターが、イエス、ジェネシス等英国志向のメロディック色とグラス・ハマー系アメリカン・テイストを合体させた音像の上に舞う、メリハリ、キャッチーさ共に十分の高水準な内容である。

〜米・コネチカット産、'70s志向キーボード系ヘヴィ・シンフォニック、13年振り新作4th!熱気溢れる秀作!〜

AFTER THE FALL
/Early Light

(CD/After The Fall)(U.S.A.'18)(税込¥2376)
'86年に米国コネチカット州で結成、'97年にCDデビューしたシンフォニック・バンドの、「Knowledge」('05)以来13年振りとなる、'18リリース新作4th。オルガン、アナログ・シンセ等の重厚華麗なkbdワークを軸とした、ヘヴィかつドラマティックな大作志向のイエス〜カンサス系サウンド(ハード色は薄い)は、アメリカならではの熱気溢れる魅力的なものである。18分に及ぶ冒頭タイトル曲はじめ、インスト重視のパワフルな秀作。

〜米ミズーリ産、「アメリカンな近年のマリリオン」的、メロディック寄りシンフォ・バンドの2nd!力作!〜

ECHOES OF GIANTS
/The Way To Us

(CD/Echoes Of Giants)(U.S.A.'18)(税込¥2376)
米国ミズーリ州で'04年に結成された、Kbd/マリンバ/drと、ギタリストの2名を中心としたメロディアス・シンフォニック・・バンドの、「At The End Of Myself」('13)に続く2nd。専任voフロント(+サポート女性vo。一部リードも担当)入の編成にて、フロイド・ルーツのメロディック色と、アメリカンなフォーキー&ハード・タッチを融合した、ドラマティックな4つの組曲を収めている。部分的には、アメリカンな近年のマリリオン、或いはKscope系というイメージの、イマジナリーな力作である。

〜ジャパニーズ・プログレッシヴの歴史的名盤、コスモス・ファクトリーの1stがプラケ仕様で久々の再発!〜

COSMOS FACTORY
/An Old Castle Of Transylvania

(CD/Disk Union)(Japan'73)(税込¥2484)
GSバンド、サイレンサーを母体に名古屋で結成、拠点を東京に移して、立川直樹氏のバックアップの元、'73年に日本コロムビアからリリースされた、コスモス・ファクトリーの1st。メロトロン、モーグ・シンセを多用した、ダークで重厚なムードと、ピンク・フロイド或いは、BJH、U.ヒープ等を想起させるブリティッシュ色、そして日本らしいGS〜歌謡的な面が絶妙に調和している。B面を占める大作タイトル組曲はハイライト、正にジャパニーズ・プログレッシヴの歴史的名盤である。プラケ仕様で久々の再発。

〜かのファー・イースト・ファミリー・バンドの前身、ファーラウトの'73唯一作がプラケ仕様で久々の再発!〜

FAROUT
/Nipponjin

(CD/Disk Union)(Japan'73)(税込¥2484)
直後にファー・イースト・ファミリー・バンドを結成する宮下フミオ(vo、ac-g、etc.)が率いたバンド、ファーラウトが、'73年に日本コロムビアからリリースした唯一作。ジョー山中、喜多嶋修らをゲストに迎え、和風味の強いシンセ・パートも交えつつ、ピンク・フロイド系のバンド・サウンドを展開している。LPの各面がトータルに構成された、トリップ/サイケデリック寄りプログレッシヴの、これまた名作である。久しく入手困難だったが、プラケ仕様で久々の再発。

〜面白い!米国産、kbdトリオ・ジャム/フュージョン・バンドの'12作、当店初入荷!ちょいシンフォな力作!〜

Black Ladder
/Black Ladder

(CD/No Label)(U.S.A.'12)(税込¥2376)
米国テキサス州オースティンで結成されたkbdトリオによる、ジャム/フュージョン系バンドの'12年1st。('18に2ndをリリース済み)オルガン、エレピ、シンセをカラフルに用いたkbdワークと、プログレッシヴな変拍子を多用する事により、結果的にはキャメル〜ハッピー・ザ・マン等に通じる所もある、意外性、面白味十分の力作である。kbdトリオ/シンフォ・マニアも要注目。当店初入荷。

〜大阪発、元・地下アイドルのノイジシャンと、andomo'のギタリストによるノイズ・サイケ・フォーク!〜

Light Novels
/Night Song

(CD/Gyuune Cassette)(Japan'19)(税込¥1620)
元・地下アイドルのノイジシャン、野中比喩(トキノマキナ)と、ギタリスト菊池誠(andmo')による即興ノイズ+サイケ・フォーク・ユニット、Light Novelsが'16-'17にかけて難波ベアーズで行なったライヴを編集・再構築した、全3曲を収めたCD。唯一の完全インスト@、ウィスパー&語りvo入りの長尺タイトル曲A、最もフォーキーなBと、イマジナリーな異世界が創出される。さながらリシャール・ピナスとピンク・フロイドの出会い、という趣の力作である。

※先着購入特典・未発表3曲20分入りCD-R(同梱)

〜伊AMSより、紙ジャケット、2曲ボーナス追加で再発!'70sイタリアン・ハードプログの傑作!〜

J.E.T.
/Fede Speranza Carita

(CD/AMS)(Italy'19)(税込¥2700)
伊AMSより、後にマティア・バザールを結成するピエーロ・カッサーノ(kbd)が在籍していたことでつとに知られるジェットが、'72年に残した唯一のアルバムが再発。見開き紙ジャケット(変形では無い)、2曲ボーナス(未収シングル曲)。ヒープ系ルーツのハード+プログレッシヴ的サウンドで、vlnをフィーチャーした“Sinfonia Per Un Re”は、ニュー・トロルス風の名曲。改めて、出来の良い作品である。

〜伊の技巧派ベーシスト、T.ラング(dr)、A.ベルトーニ(kbd)とのトリオでの新作!弾き倒し+邪悪!〜

ALBERTO RIGONI feat.THOMAS LANG
/Prog Injection

(CD/BTF)(Italy'19)(税込¥2700)
マルコ・ミンネマンとの共演作(前作)はじめ、'08から'18までに7作のソロを出している、伊の技巧派ベーシストの'19新作。今回は、著名なセッション・ドラマー、トーマス・ラング(P.ギルバート等)をフィーチャーし、kbdに、ソロ作「Keystone」も出しているアレッサンドロ・ベルトーニ(B.ガースド等)を迎えたギーターレスのトリオでの録音である。イタリアらしい邪悪なイメージのテクニカル・インスト/ヘヴィ・フュージョンの秀作。ジョーダン・ルーデス辺りのリスナーも注目。

〜伊きっての才人、F.ズッファンティ率いる叙情派バンド、'95年1stの25周年丸ごと再録音盤!〜

FINISTERRE
/XXV

(CD/AMS)(Italy'19)(税込¥2700)
イタリアきっての才人、ファビオ・ズッファンティ(b)が率いる叙情派シンフォニック・バンド、フィニステッレの、'95リリース1stアルバム「Finisterre」の25周年(1年早い?)記念、丸ごと再録音作。メロトロン含むツイン・キーボードの現行5人組+ヴィオラ、フルート、クラリネット/サックス等にて、オリジナルの繊細さを損なうことなく、より力強くダイナミックなサウンドに仕上げている。改めて、驚くほど多彩で目まぐるしく変化する曲想が素晴らしい傑作の、正しくアップグレード版である。

〜フィニステッレの'95年1stの25周年丸ごと再録音盤、こちらはアナログLP!2枚組180g重量盤!〜

FINISTERRE
/XXV

(2LP/AMS)(Italy'19)(税込¥4320)
伊きってのワーカホリックな才人、ファビオ・ズッファンティが率いる叙情派シンフォニック・バンド、フィニステッレの、'95年1st「Finisterre」の、25周年記念丸ごと再録音盤、こちらは何と、アナログ2LPでのリリースである。1曲“...dal caos”がCDよりも長いフルver.で収録、180g重量盤、見開きジャケット。メロトロン入りのアナログであり、コレクター筋はお見逃しなく。

〜伊きっての才人、F.ズッファンティの、こちらはソロ新作!ハイセンスなモダン・エレポップ!〜

ZUFFANTI
/In/Out

(CD/AMS)(Italy'19)(税込¥2700)
フィニステッレ、ホストソナテン等で活躍を続ける才人、ファビオ・ズッファンティ(b、g、etc)の新作。一応ZUFFANTI名義での3作目に当たるが、実質的ソロ作であり、単独名義の5作目とも言える一枚。専任伊語voやvlnをフィーチャーした編成にて、エレクトロニカ、ポスト・プログ等を消化した、近年のバッティアート的なポップ/歌ものを展開している。アーティスティックかつハイセンスな、Kscope系にも通じる傑作である。

〜伊産、英国スタイルの叙情派メロディアスシンフォ新作4th!泣きのgたっぷり、fl入りの快作!〜

ERIS PLUVIA
/Tales From Another Time

(CD/AMS)(Italy'19)(税込¥2700)
'91年にCDデビューするもその後休止し、'10年に久々の復活アルバムを出した、伊産、キャメル、フロイド、ジェネシス系叙情派シンフォニック・バンドの、「Diferent Earths」('16)に続く新作4th。英語vo、g、b/kbd/dr、女性flの4人編成にて、多少なりともモダンな色を加えた、英国スタイルのサウンドを展開している。泣きのギターもたっぷり味わえる、メロディックリスナーも注目の高水準な快作である。

〜何と復活!フルート入り'70sイタリアン・ロック好バンドの44年振り新作3rd!女性vo入りの歌もの傑作!〜

DALTON
/Eden

(CD/AMS)(Italy'19)(税込¥2700)
'73年に1st「Riflessioni〜」をリリースした、フルート入りイタリアン・プログレッシヴ好バンド、ダルトンが、何と復活して制作した、公式作としては「Arigitari」('75)以来44年振りとなる(別名義とカセット除く)3作目。オリジナルのvo/g、fl、b及び2nd時のkbdをフィーチャーし、加えて新たに女性シンガーも迎えた5人編成にて、PFM、J.タルというよりも、レ・オルメの歌のパートを思わせる、ソフトでメロウな、フォーキー歌ものシンフォを展開している。ほのぼのとした魅力溢れる傑作である。

〜故・L.A.スピネッタのデビュー・バンド、再結成時の'80スタジオ・アルバム!当店初入荷!〜

ALMENDRA
/El Valle Interior

(CD/DBN)(Argentina'80)(税込¥2808)
'69年に1stを、'70年に2ndを残した、故・ルイス・アルベルト・スピネッタ(g、vo)のデビュー・バンドにして、アルゼンチン・ニュー・ロックの最重要バンド、アルメンドラが、一時再結成してリリースした、スタジオ・アルバム。(同時期にライヴ盤もリリース)かつてのブルース・ロック〜GS色を残しつつも、音作りは洗練され、スピネッタのクリアーなvoの魅力を押し出した、南米ポップ〜歌もの系良作である。当店初入荷。

〜アルゼンチン・ニュー・ロックの最重要バンド、再結成時の'80ライヴ!当店初入荷!〜

ALMENDRA
/En Obras I & II

(CD/DBN)(Argentina'80)(税込¥2808)
'96リリース版CD、元は一時再結成時の'80年に、LP2枚がセパレートで同時発売されたライヴ・アルバム。13曲、72分収録。故・ルイス・アルベルト・スピネッタのデビュー・バンドにして、アルゼンチン・ロックの黎明期を代表するバンドとして歴史に残る名バンド、アルメンドラである。ブルージーなGS〜ニュー・ロックは健在で、音色こそ洗練されているが、スピネッタのクリアーな歌心もたっぷり味わえる、注目の力演である。当店初入荷。

〜アルゼンチン産、濃厚・劇的プログレッシヴ・メタル!'18リリースの最新作4th!母国語vo入り!〜

PRESTO VIVACE
/Realidades Convenientes

(CD/Icarus Music)(Argentina'18)(税込¥2160)
'95年に結成された、アルゼンチン産プログレッシヴ・メタル系バンドの、「Peri Feria Vital」('14)に続き、'18にリリースされた最新作4th。時にVOW WOWの人見元基を思わせる、熱く歌い上げる専任母国語vo入りの4ピース(kbdはbが兼任)にて、ドリーム・シアター、シンフォニー・エックス、アングラ等ルーツの、正に濃厚なサウンドを展開している。南米ならではの質感と高水準なプレイが味わえる、力作である。

〜チェコの至宝、イヴァ・ビトヴァ(vln、vo)の'95リリース、チャイルドものウィンター・アルバム!〜

IVA BITTOVA A TI NEJBLIZSI
/Kolednice

(CD/Indies Scope)(Czech'95)(税込¥2916)
元は'95年にリリースされていた、チェコの至宝、イヴァ・ビトヴァ(vln、vo)の、所謂チャイルドもの、クリスマス?/ウィンター・アルバムが再発。子供たちの歌や合唱とビトヴァの共演というもので、フォーク色の強い、ほのぼのとした内容になっている。もちろん、充実期のビトヴァのソロ演奏パートもたっぷり収められており、東欧アヴァン/トラッド系リスナーは見逃せない良作である。

〜毎度お馴染みオズ・テンの、こちらは'91年の公式3rd!次作「Jurassic〜」と並ぶ初期の代表作!〜

OZRIC TENTACLES
/Strangeitude

(CD/Madfish)(U.K.'91)(税込¥1944)
毎度お馴染みオズ・テンの、こちらはカセット作を除く公式デビュー後の3作目に当たる'91作品。クリアーに疾走するソリッドなオズ・テン・サウンドがさらなる進化を遂げており、トリップ・シンセ、フルート、エドのテクニカルなギターも絶好調である。ゴング系を'90年代的にアップデートした、次作「Jurassic Shift」と並ぶ初期の代表作であり、初心者向けでも有る定番の一枚、Madfishよりデジパック再発。

〜元は'85に出たカセット作の単品CD化リイシュー!テクニカルなオズ・テン節は既に確立!〜

OZRIC TENTACLES
/Tantric Obstracts

(CD//Madfish)(U.K.'85)(税込¥1944)
毎度お馴染みオズ・テンの、こちらは元は'85年に2本目のカセット作として出たタイトル。以前「Eapsongs」(同年に出ていた1stカセット)とのカップリングでCD化されていたが、今度は単品、デジパック仕様で再発となった。音質こそデモ然としたラフなものながら、クリアーでテクニカルなオズ・テン節は既に確立されている。フルートの使用は控え目。ゴング、ホークウインドのルーツがダイレクトに伝わるファン必聴作である。

〜再起したバンコの'19新作が登場!全盛期のサウンドを継いだ、プログレッシヴなド傑作!マスト!〜

BANCO DEL MUTUO SOCCORSO
/Transiberiana

(CD/Inside Out)(Italy'19)(税込¥2592)
F.ディ・ジャコモ('14年2月)、R.マルテーゼ('15年10月)が死去し、存続が危ぶまれていたバンコが、唯一のオリジナル・メンバーとなったヴィットリオ・ノチェンツィ(kbd)を中心にして再起し、スタジオ公式としては「Il 13」以来25年振りとなる新作を完成させた。熱唱型のニュー・シンガーをフロントに、幻の'14来日予定メンバーからは、ほぼ一新(セカンドgのみ残留)した、ツイン・ギターの6人編成にて、これぞバンコ、という、予想以上にプログレッシヴな、全盛期のサウンドを継いだ内容になっている。多用されるクロス・リズムに切り込むピアノ、オルガン、シンセがスリリング極まる、素晴らしい仕上がりの大傑作である。ハードカバー・デジパック、ボーナス・トラック2曲追加('18ライヴ、“Metamorfosi”“Il Ragno”)。

〜D.アレン死去後の2作目となるゴングの新作!よりスペイシー&テクニカルな会心の大傑作!必聴!〜

GONG
/The Universe Also Collapses

(CD/Kscope)(France'19)(税込¥2160)
バンド/ファミリーそのものであったデイヴィッド・アレンを'15年3月に死去で失うも、彼の遺志を継いで、最後のメンバーがそのままバンドを継承したゴングの、「Rejoice! I'm Dead!」('16)に続く、アレン亡き後の2作目となる新作。ナイフワールドの才人、カーブストラビ(g、vo)を中心に、管やシンセ、グリッサンド・ギターを多用した、前作より更にスペイシーかつテクニカルな、全盛期アレンズ・ゴングを継いだサウンドを展開している。正に会心の大傑作である。

〜英チェンバー・バンドの新作はR.ワイアット「ロック・ボトム」フル・カヴァー!J.グリーヴス参加!〜

NORTH SEA RADIO ORCHESTRA, JOHN GREAVES, ANNIE BARBAZZA
/Folly Bololey - Songs From Robert Wyatt's Rock Bottom

(CD/Dark Companion)(U.K.etc.'19)(税込¥2592)
元・カーディアックスのW.D.ドレイク(p、org、vo)や、現・ゴングのC.フォートナム(dr)が参加している、ナイフワールド周辺人脈のチェンバー・バンドの、「Dronne」('16)に続く5thアルバムは、かのロバート・ワイアットの名作「ロック・ボトム」の丸ごとカヴァー(+ボーナス4曲、“O Caroline”他)となった。限定999枚、ナンバー入り。故・G.レイクとも共演した伊の女性シンガー、A.バルバッツァをリードvoに、全編のb及び一部voでジョン・グリーヴスも参加。しなやかに浮遊する、素晴らしいカヴァーになっている。グリーヴスvoの“O Caloline”は、カンタベリー・ファン必聴。

〜'96年にカセットのみで出ていた、貴重な未発シリーズの第3弾、初CD化!'78〜'81録音集、ファン必聴!〜

THE MUFFINS
/Secret Signals 3

(CD/New House Music)(U.S.A.'96)(税込¥2160)
言わずと知れたUSカンタベリー・サウンドを代表する名バンド、ザ・マフィンズの、「1」('89)「2」('92)に続いて'96年にカセットのみでひっそりとリリースされていた、貴重な未発トラックス・シリーズの第3弾にして最終作。本盤は、'78〜'81の活動全期に渡るスタジオ/ライヴ録音を収めており、管楽器の比重も高い、S・マシーンというよりも初期ヘンリー・カウに通じるエネルギッシュなインプロを聴くことができる。またしても、ファン必聴の一枚である。

〜'74〜'78年に活動した幻の伊シンフォ、復活再デビューから5年振りの新作2nd!邪悪なオルメ!?〜

SEZIONE FRENANTE
/Nuove Dimensioni

(CD/Ma.Ra.Cash)(Itay'19)(税込¥2376)
'74〜'78に活動するも作品を残さなかった幻のイタリアン・シンフォニック・バンド、セツィォーネ・フレナンテ。'06年に再結成し、'14年に40年越しのデビュー作「Metafona〜」をリリースした彼らの新作2ndが登場した。朗々としたオペラティックな専任vo含む、オーセンティックな5人編成に、女性コーラス、フルート(フィーチャー度が高い)、チェロを加えて、初期PFMや、クリムゾン、バンコ等ルーツの叙情派サウンドを、よりダークなタッチで展開している。『邪悪なレ・オルメ』的な所もある、'70s直結感が魅力の力作である。

〜「Exculibur」シリーズで知られるアラン・シモンのロック・オペラ新作2CD!熱く盛り上がる快作!〜

ALAN SIMON
/Chouans

(2CD/Babaika Productions)(France'19)(税込¥2700)
「Exculibur」シリーズで知られる仏のコンポーザー/オーガナイザー、アラン・シモンの、「Big Bang」('18)に続く新作は、2CDの超大作ロック・オペラとなった。フランス革命期を題材に、クリスチャン&フランシスのデカン兄弟はじめ、多数の男女vo、パイプ、ハーディー・ガーディー等の民族楽器、ロック・バンド、オーケストラをフィーチャーした、熱く盛り上がるブルターニュ・トラッド・ロック作である。同国のトリ・ヤンや、ハンガリーのコルモランにも通じる快作。

〜feat.マルコム・ムーニー(ex.CAN)!米産、ビーフハート系過激アヴァン・ジャズ・ロック秀作!〜

SEAN NOONAN / PAVEES DANCE
/Tan Man's Hat

(CD/Rare Noise)(U.S.A.'19)(税込¥3456)※2CDでは有りません
アメリカのドラマー/コンポーザー、S.Noonanが、かのマルコム・ムーニー(ex.CAN)をフィーチャーしたバンドPAVEES DANCEとコラボした'19リリース作。英Rare Noiseより。ヘヴィなエレクトリック・ギター、オルガン/エレピ入りの、フリーキーで過激なアヴァン・ロックに、正に健在のムーニーによるポエトリーvoが相まった、ビーフハート系の現代版とも言うべき内容になっている。レコメン筋も注目の秀作である。

〜スペイン/カタルーニャの英雄、ダルマの'19新作は地中海トラッド・ロック!熱くエネルギッシュ!〜

COMPANYIA ELECTRICA DHARMA
/Flamarada

(CD/RGB)(Spain'19)(税込¥2916)
スペイン/カタルーニャを代表するバンドとして、'70年代より活動し、地元では大きな人気を誇る、通称・ダルマの、スタジオ作としては「El Misteri〜」('08)以来となる新作。チャルメラ風のサックスをフィーチャーした、持ち前のチンドン風味も健在であるが、ジャズ・ロックというよりはペイガン的なトラッド・ロック及び地中海ロック系サウンドを展開している。“セレブレイション”系PFMや、トリ・ヤン、コルモラン等も想起させる、インスト主体(一部vo入り)の熱くエネルギッシュな快作である。

〜伊産、怪しいアフロ・ファンク/サイケ・ジャズ・ロック・バンドの'18年4th!呪術トランシー!〜

AL DOUM AND THE FARYDS
/Spirit Rejoin

(CD/Bongo Joe)(Italy'18)(税込¥2592)
'11年にアルバム・デビューしている、イタリア/ミラノ拠点のアフロ・ファンク/サイケ・ジャズ・ロック・バンドの、「Cosmic Love」('14)に続く'18リリース4th。サックス、ギター/パーカッション、ローズ/フルート、ドラム/パーカッション等による、フェラ・クティ、マイルス・ルーツの、正にパーカッシヴな呪術反復サウンドは、怪しくトランシー。タイトル通りスピリチュアルな色も有る、強烈な一枚である。

〜ノルウェーの女性シンガーが新たに結成した、ゴシック・フォーク+エレクトロ・ユニット1st!声が強力!〜

SUSANNA & THE BROTHERHOOD OF OUR LADY
/Garden Of Earthly Delights

(CD/Susanna Sonata)(Norway'19)(税込¥2808)
ノルウェー産、'79年生まれの女性シンガーにして、'07より多数のアルバムをリリースしているSusanna(vo、p、ローズetc.)が、新たに結成したユニットの1st。ギター、アコーディオン、vo/エレクトロ、vo/エレクトロ、というドラムレスの編成にて、オーセンティックなフォーク風味のメロディーにアヴァンなエレクトロ、ダークなオーケストレーションが加わる、ある意味ゴシック的なサウンドを展開している。とにかく声に力がある、注目の力作である。

〜ex.オファーリングのシンガー/ピアニスト、しっとりしたチェンバージャズ歌もの!秀作!〜

PIERRE-MICHEL SIVADIER
/SI

(CD/Ex-tension)(France'19)(税込¥2700)
オファーリングに参加歴が有り、ステラ・ヴァンデのソロ作の音楽的パートナーとしても知られる仏のシンガー/ピアニスト/ソングライターの、11年振りとなるソロ新作3rd。正にマグマ周辺の『静の』要素と、ジョン・グリーヴス系をミックスしたようなチェンバー・シャンソン〜ジャズ風歌ものになっている。女性シンガー、Bevindaらもフィーチャーしたバンド編成で、しっとりと広がる歌世界が心地よくもイマジナリーな秀作である。

〜M.オルソン(ex.アングラガルド)+女性voの新デュオ・ユニット1st!メロトロン入り浮遊voもの!〜

IN THESE MURKY WATERS
/In These Murky Waters

(CD/Apollon)(Sweden'19)(税込¥2700)
スウェーデン産、あのマティアス・オルソン(ex.アングラガルド)が、女性シンガーEwik Rodellと組んだニュー・デュオ・ユニットの1st。リリースはノルウェーのApollonレーベルより。退廃/耽美ムードの女性voに、メロトロンやアナログ・シンセによるドリーミーなバッキングが付いた、浮遊系エレポップとも言うべきサウンドはオルソンらしい現代的なもの。4AD〜ゴシック色、更にはビートルズ系のルーツも伺わせる、聴き応えのある力作である。簡易ペーパースリーヴ、プレスCD。

〜面白い!ノルウェー産、モダン・インスト・プログレッシヴ、'16年4th、当店初入荷!カラフル!〜

PYMLICO
/Meeting Point

(CD/Apollon)(Norway'16)(税込¥2916)
ノルウェー産、'09年結成、'11年にアルバム・デビューしているモダン・ミクスチャー系インスト・プログレッシヴ・バンドの、'16リリース4th。(既に次作5thを出している)当店初入荷。ギター、サックス/ピアノ、キーボード含む5人編成(+ゲスト)にて、ジャガ・ジャジストがシンフォ化したような?パートから、テクニカル・ハード系、ポスト・ロック調まで、カラフルかつタイトな、キレの良いサウンドを展開している。面白味十分の一枚である。

〜ノルウェー'70sジャズ・ロック・バンドが、再編して幻の'77年2ndをリレコーディング!'18リリース!〜

SALUKI
/Amazing Games

(CD/Apollon)(Norway'18)(税込¥2700)
ノルウェー産、'76結成、'77年にCompendiumレーベルより唯一作を出したジャズ・ロック・バンドの、元は'77年に録音されるもリリースされなかった幻の2ndを、'18に再編してリレコーディングしたアルバム。vo、管入りの、ファンキーでポップな歌ものジャズ・ロック/フュージョン路線の中にも、テクニカルなギター・ソロや、北欧らしい透明感のあるパートを交えた、注目の好内容である。

〜言わずと知れたフォーカスの2人が'85年にリリースした連名作!単品で久々の再発!好内容!〜

JAN AKKERMAN & THIJS VAN LEER : FOCUS
/Jan Akkerman & Thijs Van Leer : Focus

(CD/Universal)(Holland'85)(税込¥1944)
先に出た、フォーカスの「全部入り」ボックスには収録されていたが、長らく廃盤で入手困難だった一枚が、単品で再発。言わずと知れた2人の連名作であるが、フォーカスのアルバムとしてカウントされることもある、微妙な位置づけの作品となっている。内容は時代相応に洗練されたクラシカル・フュージョンで、この2人ならではのフルートとギターが心地よく絡む、実のところ傑作である。

〜ご存知ルネッサンスの'77年、代表作が'77ライヴ2CD追加の拡大3CDボックスで再発!〜

RENAISSANCE
/Novella

(3CD/Esoteric)(U.K.'77)(税込¥3240)
アニー・ハズラムの美声をバンド・サウンドとオーケストラに華麗に融合させて、英国クラシカル・ロックを代表するバンド、ルネッサンス。そのキャリアの中でも、最も壮大で甘美なオーケストレイションを用いた美の結晶的なサウンドを展開して、数々の代表曲を生み出した大名盤「ノヴェラ」をオリジナル・マスターからの最新リマスターの上、本編ディスクに貴重なシングル・エディット2曲を追加、更にアルバム発表と同じく1977年にオーケストラを迎えてロイヤル・アルバート・ホールにて行われたコンサートの音源を2枚に渡って追加収録した決定版的再発!

※国内盤ベル・アンティークより6/25リリース!

〜ご存知、P.モラーツの初期3部作の完結編となる'78サード!ラテン+超絶キーボード!〜

PATRICK MORAZ
/Patrick Moraz

(CD/Esoteric)(Swiss/U.K.'78)(税込¥2160)
スイス出身、イエスに加入することで一気にプログレッシヴ・ロックの頂点を極めた名キーボード奏者、パトリック・モラーツのサードにて初期三部作のラストを飾る作品。ヴォーカルと打楽器以外の全ての音をモラーツの幾重にも重ねられたキーボード群で演奏。ファーストに匹敵するスペイシーでテクニカルな名盤!打楽器を担当するジャルマ・コレアが再度注目されるコズミック・グルーヴの文脈で見ても再評価されるべき作品。ボーナス1曲追加、モラーツ自身の監修による新規リマスターの決定版!

※国内盤ベル・アンティークより6/25リリース!

〜ご存知ドリーム・シアターのkbd奏者プログ・ロック+弾き倒しの新作ソロ!技巧派リスナー必聴!〜

JORDAN RUDESS
/Wired For Madness

(CD/Music Theories)(U.S.A.'19)(税込¥2916)
ご存知ドリーム・シアターのkbd奏者、ジョーダン・ルーデスの、自主リリース・ピアノ・ソロや連名作を除く、ロック系ソロとしては「The Road Home」('07)以来12年振りとなる新作。R.モーゲンシュタイン、M.ミンネマン、J.ラブリエ、J.ペトルーシ、V.ムーア、G.ゴーヴァン、J.レインゴールド等、多数の豪華ゲストを迎え(voは自身も担当)、U.K.〜EL&P+プログレ・ハード的サウンドに、弾き倒しのkbdが乗る、圧倒的にスリリングな内容になっている。目まぐるしい展開のタイトル組曲は、とりわけ必聴。傑作である。

〜スコットランド産ポスト・プログ+エレクトロ・ポップ的トリオの新作4th!Kscopeド真ん中の良作!〜

NORTH ATLANTIC OSCILATION
/Grind Show

(CD/Kscope)(U.K.'18)(税込¥2376)
'05年にエジンバラで結成された、スコットランド産ポスト・プログ+エレクトロ・ポップ・トリオの、「The Third Day」('14)に続く新作4th。Kscopeより。(元は自主リリース?、'18)耽美ムードのvoはじめ、浮遊感溢れるkbd主体のモダン・サウンドは、正しくKscopeド真ん中と言えるもの。近年のアナセマを、更にデジタリーにしたような、上品でメロウな英国ならではの良作である。

〜ノルウェー産、フロイド等ルーツのメロディック寄りスペース・ロック/プログ、新作5th!秀作!〜

PROFESSOR TIP TOP
/Hybrid Hymns

(CD/Apollon)(Norway'19)(税込¥2700)
ノルウェー産、'12年にアルバム・デビューしている、スペース・ロック〜サイケ・プログレッシヴ・バンドの「Life Is No Matters」('17)に続く新作5th。サイケと言っても、フロイド、イエス、ゴング、カンタベリー系等ルーツのメロディアスなものであり、メロディック・シンフォ寄り。専任英語vo、g/オルガン/メロトロンetc.、b、drの4ピースによる、ドラマティックな好内容の秀作に仕上がっている。

〜フレンチ・フォーキー&チェンバー・シャンソン女性voポップ3rd!屈折と浮遊と叙情、注目の力作!〜

L'AFFAIRE CAPUCINE
/Metamorphoses

(CD/L'autre)(France'19)(税込¥2376)
現在の仏産、女性シンガー/ソングライター、Aurelie Laurenceをリーダーとするユニットの、「Le Cercle」('15)に続く新作3rd。チェロ、ピアノ、アコギを活かした、フォーク/アコースティック・ポップ色と所謂チェンバー・シャンソンをミックスしたようなサウンドを展開している。屈折味と浮遊感、そして、しっとりした叙情が混然一体となった女性ヴォーカルものであり、フランスならではの魅力十分の力作。

〜仏きっての前衛ギタリスト、'19新作はシェークスピア「マクベス」テーマ! ソプラノ入りチェンバー大傑作!〜

MARC DUCRET
/Lady M

(CD/Illusions)(France'19)(税込¥2160)
長らくフレンチ・アヴァンギャルド・シーンの最前線で活躍を続けるギタリスト/コンポーザー、マルク・ドゥクレの最新作は、かのシェークスピア「マクベス」をテーマとした、現代クラシック/シリアス寄り作品となった。ソプラノ女性voをフロントに、Regis Huby(vln)等管弦、dr入り大編成にて、正にシリアス・チェンバーとフリー・ジャズ、そしてONJ系ポリリズミックが合体、かつてのヘンリー・カウ+マイク・ウェストブルックの更に先、といった趣の、チェンバー/アヴァン系の大傑作である。

〜現・マグマのbも参加している、ロック/ハードコア寄り新バンドの1st!スクリームvo入りのヘヴイな痛快作!〜

WELCOME-X
/Welcome-X

(CD/Le Triton)(France'18)(税込¥2160)
現・マグマのフィリップ・ビュソネ(b)も参加している、専任英語vo入り5人編成新バンドの1st。ブルータルなスクリーミング&トーキング・スタイルのvoをフロントにした、昨今のマグマ周辺では最もロック/ハードコア寄りのサウンドはインパクト十分である。正にマグマ由来の強烈にうねるリズムと、エキセントリックな上物が相まって一気に聴かせる、先ごろ出たエレファント・トクの新作と比べてみるのも面白い内容になっている。レコメン筋のリスナーにも向く、ヘヴイな痛快作。

〜仏のsax/fl奏者による、レトロ/モンド+J.グリーヴス的アヴァン・ポップ歌もの作!屈折と浮遊の秀作!〜

WILDMIMI
/La Revolte Des Couverts

(CD/Train Fantome)(France'19)(税込¥2160)
'76年パリ生まれ、ベーシスト/コンポーザーFred Pallemのグループ、LA SACRE DU TYMPANでも活動しているサックス/フルート奏者、Remi“Wildmimi”Sciutoの実質的ソロ作。そのF.Pallem(b/3曲)はじめ、管、p、dr等が加わったバンド・タッチにて、自らvoを取る、レトロ/モンド+ジョン・グリーヴス系とも言うべきアヴァン・ポップ歌ものを収めている。(一部インスト)フランスならではの浮遊感と、親しみやすくも屈折した楽曲が心地よい、注目の秀作である。

〜元・NOETRAの管奏者が率いるカルテット、'19作!vibe多用のイマジナリーなチェンバー・ジャズ良作!〜

CHRISTIAN PABOEUF QUARTET
/Les Chemins Aleatoires

(CD/Production Il Monstro)(France'19)(税込¥2376)
元・NOETRAのウッドウインド奏者、C.Paboeufが率いるカルテットの'19リリース。自らはヴィブラフォンをメインでプレイした、dr/per、p/モーグ、ホルン/tpとの4人組(+ゲストsax、女性voice)にて、時にサード・イヤー・バンドを思わせる、ダークなチェンバー・ジャズをプレイしている。Dには日本語の語りも插入。ミニマル/クラシカル色も有る、むしろオレゴン系に通じる流麗なタッチが特色であり、フレンチ・アヴァン系リスナーのみならず見逃せない良作。

〜アルゼンチン産、パーカッション入りラテン+ヘヴイ・プログ個性派、新作4th!スリリングな力作!〜

PULSONICA
/Entre Mundos

(CD/Pulsonica)(Argentina'19)(税込¥2592)
'08年にアルバム・デビューしている、パーカッション、ドラム、ギター、ベースの4ピース(+ゲスト)バンドの、「Fuera Del Tiempo
」('15)に続く新作4th。パーカッションを大きくフィーチャーした、ラテン+ヘヴイ・プログレッシヴ/フュージョン的サウンドは、非常に個性的かつ面白味のあるものである。ストリングスも一部に交えた、チェンバー/アヴァン系或いはクリムゾン系リスナーにも向く、時にメロディアス、そしてスリリングな力作。ヴァイオリンも効いている。

〜アルゼンチン産、ポリリスミックなアヴァン・ジャズ・ロック、ダークなチェンバー色増強の新作2nd!〜

KAI D'RAIZ
/Limbo

(CD/Kai D'Raiz)(Argentina'17)(税込¥2376)
アルゼンチン産、'15年に同名タイトルのデビュー作を発表した、4管、g、p、b、dr(+バスクラリネット)の8人編成バンドの、'17リリース」2nd。当店初入荷。昨今のフレンチ・アヴァン系に通じるポリリズミック・センスと、アルゼンチンらしいタンゴ風味(一部A.ピアソラ曲もプレイ)を共存させた音像を、よりシリアスなチェンバー寄りのタッチで展開している。エレクトリック・ギターも活かした、ヘンリー・カウ〜M.ウェストブルック的なパートが秀逸な、アヴァン・リスナーは見逃せない一枚である。

〜アルゼンチン産、知られざる歌ものプログ・バンドの'80発掘ライヴ+α!リト・ヴィタ周辺シンガー参加!

IRREAL
/Irreal

(CD/Banco Santa Fe)(Argentina'18)(税込¥2484)
'90年代にリト・ヴィターレとの連名作をリリースしたことで知られる、アルゼンチンのシンガー、Juan Carloss Bagliettoが参加していた(バンド自体は'70s後半より活動)幻の歌ものプログ・バンドの、'80年ライヴ7曲を中心に全10曲を収めた発掘リリース。音質こそ、それなりであるが、当時音源を残さなかったバンドの為、大変貴重なものと言える。フルートと、エレピ/kbdをフィーチャーした、ゆったりとした広がりと、時にシンフォニックなアレンジの楽曲が、スイ・ヘネリスやマキナを彷彿とさせる注目の一枚である。

〜ジャケに反して、音はシンフォニック!元・パブロのシンガー参加バンドの新作3rd!炎フロイド+初期KC的!

LA BARCA
/Argentina Nunca Mas

(CD/El Zaino)(Argentina'19)(税込¥2376)
アヴァン・ロックのようなジャケだが、実はこれが、シンフォニックな叙情派の、アルゼンチン産バンドの新作3rd。それもそのはず、元・パブロ・エル・エンテラドールのホセ・マリア・ブラン(vo、g、kbd)がメンバーとして参加している。サックスもフィーチャーした、「炎」期フロイド基調に初期クリムゾン、ジェスロ・タル等のルーツと、アコースティックな南米色を交えた音像を展開している。アルゼンチンらしさが十分に感じられる、充実の秀作である。

〜アルゼンチン・ハード系のメガレア・アイテム、ボートラ付きの最新リイシュー盤!充実の秀作!

MONTES
/Cuando Brille El Tiempo

(CD/RGS Music)(Argentina'74)(税込¥2376)
アルゼンチン・ハード系のメガレア・アイテムとして、つとに知られる、モンテスの'74唯一作。これまで何度もCD化されているが、こちらは、'73年の未収シングルの2曲をボーナス追加しての'19最新リイシュー。母国語voを含む4ピースにて、少し捻った展開のサイケ・ハード寄りのサウンドを収めている。ガレージ風味も少々だが、アルゼンチンということで、イタリアン・'70sハード系に通じる部分や、物悲しいブルージー・ナンバー(ヒープの影響も)が、いい味を出している充実の内容である。

〜過去のお知らせ〜

【重要なお知らせ】 EURO-ROCK PRESS Vol.80 お詫びと訂正

ユーロ・ロック・プレス Vol.80(発売中)での
「静かの海」 Interview及びLive Report記事中に誤りがございました。


p95

●左の段落 下から19行目
MILY SWEETさん→MILKY SWEETさん

p96

●左の段落 上から12行目 収録曲解説の小見出し
5人の天使→人の天使

●真ん中の段落 ライヴ・レポートのタイトル
牛山ブラザーズ→牛ブラザー

●真ん中の段落 上から13行目
会場外の出演者リストに「牛山ブラザーズ」の名前があり、

会場外の出演者リストに「牛ブラザー」の名前があり、

●右の段落 本文の下 ライヴ写真のキャプション
牛山ブラザーズ→牛ブラザー

p97

●セットリスト  2曲目
2. 5人の天使→2. 人の天使

●左の段落 上から7行目
“5人の天使” は、→“人の天使” は、


以上、お詫びして、訂正いたします。


EURO ROCK PRESS 編集部


「エニド(&ロバート・ジョン・ゴドフリー) / ライヴ・アット・ザ・シタデル 2017」(2018年4月25日発売、MAR 182910)につきまして
ベル・アンティークより発売中のCD「エニド(& ロバート・ジョン・ゴドフリー)/ライヴ・アット・ザ・シタデル 2017」(MAR 182910)の5曲目"ミラー・オヴ・ラヴ (ラヴァーズ)"の1分37秒の部分に1〜2秒の空白(音切れ)が有りますが、バンドからの説明として、「演奏中の機材のトラブルにより発生した空白のため、修正はしておらず、現時点では修正版を出す予定は無い」との事です。何卒御了承下さい。

CIRCUS(スイス)のCD取り扱いにつきまして
スイスのCIRCUSのファースト(Circus)、セカンド(Movin' On)が韓国Big Pink より正規CD再発との告知にて販売されている件で、当店にも入荷に関してのお問い合わせを頂戴しておりますが、権利を所持している元メンバーより、「再発の許可は与えておらず、海賊盤である」との確認をいただいております。弊社では権利を保有するアーティストの意向を尊重し、海賊盤と明瞭に判明しているこれら2タイトルに関しては今後とも販売する予定はございません。
[ 補足 ]
CIRCUSの作品中、正規のCD再発が存在するのは、1990年にスイスDecoder社よりリリースされた「Movin' On」のみと判明しております。ファースト、「Circus All Star Band」「Fearless, Tearless And Even Less」に関しては、現在までに一度も正規CDは出ておりません。