◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る

REVIEW ARCHIVES:OTHERS R
[こちらは、これまでに当店に入荷した商品のレビューのアーカイヴです。
価格・在庫の有無はSET SALE LISTを参照するか、またはお問い合わせください]

〜ハンガリー産。中期フロイド系メロディアス・シンフォバンドの2nd。直系から脱却した、カラフルな作品〜

RANDOM DEEDS
/One Round Zero
(CD/Periferic)(Hungary'09)
ハンガリー産、『おせっかい』〜『アニマルズ』期PINK FLOYDをルーツとしたメロディアス・シンフォニック・バンドの、06年の『Basis of Comparison』に続く2nd。リズム隊がチェンジした4人編成(vo/g/b/kbd、kbd、b、dr/viola)に、サックス、女性コーラスなどゲストが加わっています。前作に比べて、フロイド直系のイメージは弱まり、多少なりともハケット/GENESIS的な面や、GONG風トリップ/ファンキー曲も織り込んだ、より多彩な仕上がりです。個性、完成度ともに向上した、注目の秀作。

〜マクラフリン周辺の俊英インド人ドラマーの1stリーダー作!テクニカル&メロディアスな秀作!〜

RANJIT BAROT
/Bada Boom
(CD/KING RECORDS)(India'10)
ジョン・マクラフリンの『Floating Point』に参加していた、インド人(ムンバイ拠点)ドラマー:ランジット・バロットの1stリーダー作。各1曲ずつですが、ザキール・フセイン(per)、U.スリニヴァス(mandolin)ら、マクラフリン周辺人脈から、スコット・キンゼイ(kbd)、ウェイン・クランツ(g)らABSTRACT LOGIX勢まで、多数のゲストが参加。インド/エスノ風味を交えた、テクニカルなメロディアス・フュージョンは高水準のクオリティ。六本木ピットイン系+サウンドトラック調から、ジョー・ザヴィヌル系まで、手応えありの1枚!超絶マンドリンプレイ、速弾きギタープレイもフィーチャー!

〜ベラルーシ産ヘヴィ・チェンバー・ロック・バンド、UNIVERS ZERO系暗黒路線をさらに推し進めた3作目!〜

RATIONAL DIET
/On Phenomena And Existences

(CD/BelleAntique/Altrock)(Beralus'10)
旧ソ連圏であるベラルーシから出現し、UNIVERS ZEROやHENRY COW直系の、様式美的レコメン/チェンバー・サウンドを聴かせた二作品が好評を博したラショナル・ダイエット。『At Work』('08)に続く3rdアルバムは、さらなる飛躍的完成度と魅力を放つ1枚に!清らかなイメージからシアトリカルな歌唱まで、存在感を増した女性ヴォーカルを始め、チェロ、ヴァイオリン、バスーンなどをフィーチャーした編成によるサウンドは、HENRY COW系の色や即興色が薄まり、UNIVERS ZERO〜PRESENT系の、ヘヴィなものに変貌。一方で、東欧ならではのリズミカルな変拍子や、独特の妖美なムードは健在。激しくもダイナミックな、ロック的な押しを強化した演奏は素晴らしく、YUGENが「複雑・構築系」ならば、こちらは「暗黒・妖美系」なチェンバー・ロックとして、史上屈指とすら言える大傑作を作り上げました!必聴です!

〜ベラルーシ産チェンバー・ロック・バンド、08年発表の2nd!ベラルーシの戦闘的暗黒様式美がますます炸裂!〜

RATIONAL DIET
/At Work
(CD/Altrock)(Beralus'08)
HENRY COWやUNIVERS ZERO直系サウンドを聴かせた1st『Rational Diet』が好評を博した、ベラルーシ産レコメン/チェンバー・ロック・バンドの2作目。ヴァイオリン、女性ヴォーカル、サックス、ピアノなどを押し出した、妖美かつヘヴィなサウンドは、更にダイナミックに、そしてパワフルになっています。カッチリとキレの良いアンサンブルは前作以上に魅力的で、ポチャカイテ・マルコ ファンにもオススメの1枚!

〜ベラルーシより驚きの新鋭!HENRY COW〜UNIVERS ZERO直系の、優美なる管弦入りチェンバー・ロック!〜

RATIONAL DIET
/Rational Diet
(CD/Altrock)(Beralus'07)
なんとベラルーシから登場した、暗黒チェンバー・ロック/レコメン寄りの新鋭の1stアルバム。バスーン/サックス/アコーディオン、ギター、ヴァイオリン、ベース、キーボード、ドラムスの5人編成に、ゲストでチェロや東欧〜バルカン風の民族的女性ヴォイス、男性による語りなどを加えています。HENRY COWやUNIVERS ZEROの影響下にある。クラシカルかつダークな変拍子アンサンブルは、スリリングかつハイテンション。強弱のダイナミズムも申し分ない、妖美なるデビュー作!

〜イスラエル産4人組(g/英語vo、kbd、b、dr)レトロ'70s叙情プログレ&スペース・ロック・バンドのデビュー作!〜

REALEAF
/Possibly Not
(Israel.'07)(CD/Realeaf)
イスラエル産4人組(g/英語vo、kbd、b、dr)レトロ'70s叙情プログレ&スペース・ロック・バンドのデビュー作!「エコーズ」+「エピタフ」的冒頭はじめ、フロイド+初期KC的ダウナー叙情から、HAWK / GONG / オズ・テン的スペース・ロックまで、ダイナミックに広がる、レトロ・モダンな力作!PT系リスナーも注目です!

〜ポーキュパイン・ツリー〜リヴァーサイド系ルーツのモダン・メタリック・プログレッシヴ・バンドの新作3rd!〜

RETROSPECTIVE
/Re:Search

(CD/Progressive Promotion)(Poland'17)
ポーランドで'05年に結成された、ポーキュパイン・ツリー〜リヴァーサイド系ルーツのモダン・メタリック・プログレッシヴ・バンドの、「Lost In Perception」('12)に続く新作3rd。どことなくB.ディッキンソン(アイアン・メイデン)を思わせる男性リードvoと、女性kbd(一部リードvoも)をフィーチャーした編成にて、ダークでダウナーな耽美ムードのヘヴィ・サウンドを展開しています。リヴァーサイドに比べるとヴィンテージ色は薄く、むしろエモーショナル・ゴシック・メタル方面に近い、あくまでメロディアスなうたもの指向のサウンドは高完成度。ポーキュパイン系リスナーのみならず注目の力作!近年のアナシマを思わせる所もあります!

〜RIVERSIDE系統のポーランド産新鋭バンドの'12年作!〜

RETROSPECTIVE
/Lost In Perception

(CD/Progressive Promotion)(Poland'12)
ポーランド産の、PORCUPINE TREE、OPETHというよりも、ズバリ同国のRIVERSIDEに近い、アトモスフェリック・メタル〜ダーク・プログ・バンドの'12年作。いわゆるHR声のvo(英語)、ツインg、そして女性kbd/バックvoを含む6人編成にて、メタル色は多少薄めのパワフルかつドラマティックなサウンドを展開しています。フロイド系メロディック、或いはゴシック・フォークな色合いも加味して、手応え十分の仕上がりです。注目の力作!

〜陰りと耽美性に溢れたサウンドを味わえる、エクスペリエンタルなコンピレーション作!〜

RIVERSIDE
/Eye Of The Soundscape

(2CD/Belle Antique)(Poland'16)
今年2月に、中心人物だったギタリスト、ピョートル・グルジンスキが死去するも、バンドとしての活動継続を宣言した、ポーランド産モダン・ヘヴィ・プログの雄、リヴァーサイド。ニュー・リリースは、彼らのエクスペリエンタルな側面を示すインスト曲を集めたコンピレーション2CDで、インストの4曲はじめ、レアなEP曲の'16年リミックス、および「Shrine Of New Generation Slaves」('13)、「Love, Fear And The Time Machine」('15)のボーナスCDに入っていたトラックの数々を収めています。フロイド系ダーク・アンビエントから、タンジェリン〜ハルモニア系に通じる人力ジャーマン/クラウト風まで、彼ららしい陰りと耽美性に溢れたサウンドを味わえる注目盤です!ハードカバー・デジパック装にて。


[CD 1]
1. 2. 新曲
3. '08年EP曲、'16年ミックス
4. 5. 「Shrine Of〜」のボーナスCD丸ごと

[CD 2]
1. 新曲
2. '08年EP曲、'16年ミックス
3.〜7. 「Love, Fear〜」のボーナスCDと同内容
8. 新曲

〜リヴァーサイドの昨年リリース最新作6thの、ジャケ色違いのCD+DVD付エディションでもリリース!〜

RIVERSIDE
/Love, Fear And The Time Machine

(CD+DVD:NTSC/InsideOut)(Poland'15)
ポーランド産、ポーキュパイン・ツリー系モダン・ヘヴィ・プログレッシヴ・バンド、リヴァーサイドの、'15年にリリースされた現時点での最新作6th。こちらはDVD/NTSC付エディション(CD+DVSD:NTSC)でのリリース。DVDには、スペシャル・エディション2CD版のボーナスCDに入っていた「Day Session」のハイレゾMix音源、アルバム本編の5.1音源、さらにはアルバム・トレイラー・クリップ3曲およびPV1曲の、計4つの映像も収められています。色違いジャケット・デザイン、デジパック仕様にて。

〜リヴァーサイドの'15年新作!こちらはボーナスCD付2CD、ハードカバー・デジパック・エディション!〜

RIVERSIDE
/Love, Fear And The Time Machine

(2CD/Belle Antique)(Poland'15)
ポーランド産、ポーキュパイン・ツリー〜オーペス以降のモダン・プログレッシヴを早くに確立して、今や第一人者となったリヴァーサイドの、「Shrine Of New Generation Slaves」('13)に続く2年振りのスタジオ新作6th。よりコンパクトに凝縮された曲想は、前作を継ぎつつ、ヘヴィ色を更に薄め、メロディアスで泣きの効いた正統派プログレッシヴ寄りに。そうした楽曲を新世代ならではの新鮮な質感で聴かせる傑作!こちらはボーナスCD(5曲27分)付2CDの初回限定スペシャル・エディション、デジパック仕様!

〜リヴァーサイドの'15年新作!こちらはノーマル・エディション、1CD/プラケース版!〜

RIVERSIDE
/Love, Fear And The Time Machine

(CD/Belle Antique)(Poland'15)
ポーランド産、ポーキュパイン・ツリー〜オーペス以降のモダン・プログレッシヴを早くに確立して、今や第一人者となったリヴァーサイドの、「Shrine Of New Generation Slaves」('13)に続く2年振りのスタジオ新作6th。よりコンパクトに凝縮された曲想は、前作を継ぎつつ、ヘヴィ色を更に薄め、メロディアスで泣きの効いた正統派プログレッシヴ寄りに。そうした楽曲を新世代ならではの新鮮な質感で聴かせる傑作!こちらはノーマル・エディション、1CD/プラケース版!

〜ポーランドのモダン・ヘヴィ・プログレッシヴの雄、待望の新作が登場!〜

RIVERSIDE
/Shrine Of New Generation Slaves

(CD/ベル・アンティーク)(Poland'13)→1CD通常盤
(2CD/ベル・アンティーク)(Poland'13)→2CD限定盤

ポーランドのモダン・ヘヴィ・プログレッシヴの旗手、リヴァーサイドの、「アンノ・ドミニ〜」('09)に続く、待望の新作5th。トータル・コンセプトの元、ヘヴィな要素は保ちつつも、これまで以上にメロディを際立たせた音像を展開しています。ポーキュパイン系ルーツの、フロイド或いはクリムゾン的なプログレッシヴ性を強調する一方、いつになくレトロなVertigo風味も交えるなど、ダイナミックな仕上がりの、新たなる最高傑作! 1CD/プラケース仕様の通常盤と、2CD/デジブック仕様の限定盤同時リリース!

〜レトロ&へヴィ・プログレッシヴ・サウンドを押し出した快作!〜


RIVERSIDE

/Anno Domini High Definition
(CD+DVD/BelleAntique)(Poland'09)
ポーランド産。PORCUPINE TREE系モダンへヴィプログレッシヴサウンドの『Rapid Eye Movement』('07)に続く新作4th。PAIN OF SALVATION等の影響も感じさせるプログレッシヴメタル色と、PINK FLOYD系の叙情味が共存した音像は健在ですが、今回は唸るオルガンとアナログ風シンセワークを押し出してメタル寄りだった前作よりもレトロなプログレッシヴ色が強まっています。ダイナミックな楽曲の完成度も高く、現時点での最高作といえる一枚。スペシャルエディション盤には08年アムステルダム公演を収めたDVD付き!

〜06年リリースの8曲入りミニアルバム〜

RIVERSIDE
/Voice In My Head
(CD/InsideOut)(Poland'06)
PORCUPINE TREEなどの影響を感じさせる、ダークかつメランコリックなサウンドが高い評価を得ているリヴァーサイドの、2ndアルバム『 Second Life Syndrome』の前に本国ポーランドのみで出ていたミニ・アルバムの再発盤。05年のスタジオ録音による5曲と、04年に行われた地元ワルシャワでのライヴ3曲を収録しています。全体的に彼らの叙情的な側面を押し出しており、メロディアス・シンフォニック系リスナーも注目といえる1枚。

〜イスラエル産、オルタナ・サイケ/プログレ・ポップ・バンドの'07新作!〜

ROCKFOUR
/Memories Of The Never Happened
(Israel.'07)(CD/Anova)
イスラエル産、オルタナ・サイケ/プログレ・ポップ・バンドの'07新作!今回も英語vo入りにて、シド・バレット期ピンク・フロイド、ゾンビーズ、ビートルズ等をルーツとした、'60s末テイスト溢れる、メロトロン音入り(!)サウンドを展開。ガレージ風ナンバーから、ソフトにたゆたう曲まで、モーターサイコやDUNGENのファンにもおススメの大力作!

◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る