◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る

REVIEW ARCHIVES:JAPAN B
[こちらは、これまでに当店に入荷した商品のレビューのアーカイヴです。
価格・在庫の有無はSET SALE LISTを参照するか、またはお問い合わせください]

〜日本産、本格派フォーク・メタル・バンドの1stフル!ヴァイオリン、フルートもフィーチャー!〜

BELLFAST
/Insula Sacra
(CD/KINGRECORDS)(Japan'10)
90年代から活動していたという、国産フォーク・メタル・バンド:ベルファストの、1stフルアルバム。ツインギター、ベース、ドラムスに、NEW TROLLSの来日公演でもプレイしたという武内いずみ(vln)、CICHLA TEMENSISの深澤晴奈(fl)という2名の女性メンバーが参加。IRON MAIDEN由来のプログレッシヴなヘヴィメタルサウンドと、フルート、ヴァイオリンが絶妙にマッチしたケルト・テイストの合体は、堂々たる完成度!橘高文彦(g/筋肉少女帯)がギターソロで1曲ゲスト参加。

〜'84年結成の国内産インスト・プログレッシヴ・バンドの'12年デビュー作!〜

BIBLE BLACK
/Bible Black

(CD/Musea Parallele)(Japan'12)
吉祥寺シルヴァー・エレファント周辺シーンにて、'80年代よりの長い活動歴を持つギタリスト、ROSE(ロゼ)が率いるインスト・プログレッシヴ・バンドのデビュー作(断続的ながら結成は'84年!)。g,b,drのトリオ基調+ゲストkbdにて、バンド名通りのクリムゾン風味漂うハードなパートから、より幅広い'70s英国色を感じさせる叙情味まで、ダイナミックな仕上がりの正に力作! 曲解説/プロフィール、オビ付国内盤! ワールド・ディスク・オリジナル特典:未発表音源2曲入りCD-R付! 先着にて!

〜日本が誇るキング・クリムゾン系プログレッシヴの雄のデビュー作!リマスター&初紙ジャケット化!〜

美狂乱
/美狂乱

(CD/KINGRECORDS)(Japan'82)
須磨邦雄(g.vo)率いる、KING CRIMSON直系プログレッシヴ・ロック・バンド、美狂乱が、82年にキングからリリースしたデビュー作。白鳥正英(b)、長沢正昭(dr)の、いわゆる後期美狂乱のトリオに、ゲストで中西俊博(vln)、中島優貴(kbd)を迎えています。"二重人格" "シンシア"、そして叙情的な名曲"警告"まで、日本的なイメージも感じさせる1枚です。インサート/帯(前面)復刻、リマスター、新ライナーノーツ付きにて、初の紙ジャケット化!

〜美狂乱の独自性が開花した、傑作2nd!チェンバー化した組曲「乱」をフィーチャー!〜

美狂乱
/パララックス

(CD/KINGRECORDS)(Japan'83)
美狂乱の、当時のラスト作(90年代に復活)となった83年の2nd。前作と同じ、須磨邦雄(g.vo)白鳥正英(b)、長沢正昭(dr)のトリオに、ゲストで中西俊博(vln)、溝口肇(cello)、永川敏郎(kbd/NOVELA)、岡野等(trumpet)が参加。ハードなSF風の"サイレント・ランニング"、"警告"と並ぶ叙情的名曲"予言"の2曲をA面に、そしてチェンバー・ロックに接近した圧巻の組曲"「乱」"をB面に収めていました。彼らの独自性がより強く打ち出された名作です!今回、インサート/帯(前面)復刻、リマスター、新ライナーノーツ付きにて、初の紙ジャケット化!

充実、そして多彩な楽曲群!美狂乱が楽曲を全面担当した、超異色のアニメサウンドトラック!〜

美狂乱
/魁!!クロマティ高校 オリジナルサウンドトラック 1

(CD/ランティス)(Japan'04)
テレ東深夜に放送していたギャグ・アニメ「魁!!クロマティ高校」のサウンドトラック。作曲は、あの美狂乱。須磨邦雄(g.vo)氏を中心としたトリオを基本(ドラムスは長沢正昭氏、ベースは三枝寿雅氏と、何と本アニメの監督である桜井弘明氏)に、メロトロン、ヴァイオリン等を加えたサウンドは、正しく美狂乱そのもの。劇伴としての性質上、短めの楽曲が多いのですが、楽曲の充実ぶりには目を見張ります。80年代初期美狂乱ばりの曲から、ヴァイオリンも効果的なチェンバー/レコメン風、変拍子でドライヴするハードロック、そして即興まで、充実の楽曲群。ファンのみならずとも必聴の1枚です。

美狂乱によるアニメサウンドトラック第2弾!バラエティ豊かな楽曲に加え、レアなライヴ・テイクも収録!〜

美狂乱
/魁!!クロマティ高校 オリジナルサウンドトラック 2

(CD/ランティス)(Japan'04)
美狂乱が楽曲を担当した「魁!!クロマティ高校」のサウンドトラック第二弾。いかにも美狂乱らしいプログレッシヴ・ロック・ナンバーはじめ、意表を突く打ち込みナンバー、ハード・ロック調、弦楽チェンバーまで、第一弾同様多彩かつ充実した内容、4曲を須磨和声(vln)氏が作曲しており、クラシカルな色も押し出しています。そして驚きのボーナス・トラックは、クロマティ高校アニメの監督である桜井弘明氏自らテレコ録音した(!)73年5月5日 吉祥寺シルヴァー・エレファントでの"警告"ライヴテイク(14分強!)。ドラムスは佐藤正治氏、初公開音源ということで、激レアです。美狂乱ファン必携の1枚!

〜「日本のKING CRIMSON」こと美狂乱、伝説的なまでのライヴの真価を伝える、82/83年名演集!〜

美狂乱
/風魔 -ライヴ Vol.2-
(CD/BelleAntique)(Japan'82/83収録)
日本きってのKING CRIMSON系プログレッシヴ・ロック・バンドとして知られる、須磨邦雄率いる美狂乱。本作は、須磨邦雄(g.vo)、白鳥正英(b)、長沢正昭(dr)の後期トリオ(+ゲスト・パーカッション)にて行われた、82年のACB、83年のバーボン・ハウスでのライヴを収録した発掘リリースです。"都市の情景" "インプロヴィゼーション"などのスタジオ未発表曲を中心に、凄まじい集中力とテンションで迫る、本領発揮の名演集!伝説的であった美狂乱のライヴ・アクトとしての魅力がここに。初CD化時にボーナスとして追加された2曲"ひとりごと" "サイレント・ランニング"ももちろん収録!リマスター&紙ジャケットにて。

〜83年3月、大阪バーボン・ハウスでの神懸かり的演奏を収録!トリオ期の極限の姿を示す名演!"組曲「乱」"入り〜

美狂乱
/乱 -ライヴ Vol.3-
(CD/BelleAntique)(Japan'83)
美狂乱の発掘ライヴ・シリーズ、こちらは、『風魔』にも一部が収録されていた、83年3月22日、大阪バーボン・ハウスでのライヴ。伝説のライヴとしてファンの間で噂されていた幻の音源にして、トリオ編成だった当時(1st/2ndリリース期ですが、ヒストリー的には、後期)の美狂乱の、まさに極限の姿を収めています。レアな"組曲「乱」"のライヴ・ヴァージョンをはじめ、神懸かり的なまでのプレイが詰まった、圧倒的密度の名演です!"警告"はじめ、メロトロンも交えた、まさにファン必聴の1枚!リマスター&紙ジャケットにて。

〜"まどろみ"を名乗り、KING CRIMSONのコピーをしていた時期の貴重な発掘音源!当時にあって驚異的な肉迫ぶり、マニア必聴!〜

まどろみ(美狂乱)
/-ライヴ Vol.4-
(CD/BelleAntique)(Japan'76録音)
美狂乱が、当時"まどろみ"を名乗り、KING CRIMSONのコピーをしていた時期(76年ライヴ)の、貴重なプライベート・テープのCD化。須磨邦雄(g.vo)、吉永伸二(b.vo)、長沢正昭(dr) +ゲスト の編成にて、"The Great Deceiver" "Book Of Saturday〜Fracture" "The Night Watch" "Exiles" "Starless"といった、後期KING CRIMSON曲を忠実にプレイしています。既にロバート・フリップに肉迫していた須磨氏のギターをはじめ、当時にあって驚異的なクオリティの完コピぶりはマニア必聴モノ!リマスター&紙ジャケットにて。

〜95年、大編成となった新生美狂乱による、よりオーケストラルなチェンバー・アフロ・ファンク風味の傑作、SHM-CD化!〜

美狂乱
/五蘊
(SHM-CD/BelleAntique)(Japan'95)
12年の沈黙を破り、メンバーを一新した編成でリリースしたスタジオ通算3作目。リードヴォーカル、女性キーボード(1曲リードヴォーカル)、パーカッションを含む8人の大編成となり、従来のサウンドに、よりオーケストラルな色と、アフロ/ファンク/ラテンテイストなどを取り込んで、新生面を示した内容です。当時高く評価されたオリジナリティ溢れる傑作!SHM-CD/紙ジャケット/リマスターにてのリリース!

〜トリオ・スタイルに回帰し、うねるメタリックな変拍子、ハードな攻撃性を押し出した97年の会心作!SHM-CD化!〜

美狂乱
/狂暴な音楽
(SHM-CD/BelleAntique)(Japan'97)
97年、ふたたびトリオ編成に回帰した美狂乱の、スタジオ通算4作目。須磨邦雄(g.vo)、『五蘊』に引き続いて参加の三枝寿雅(b.Key)、清水ヨシ(dr.per)、そしてキーボードに神谷典行というメンバーになっています。後期スタイルに回帰する一方で、ANEKDOTEN以降とも言えるメタリックな変拍子リフや、ZAPPA的なアンサンブルを導入した、まさに狂暴なる攻撃性に溢れるサウンドになっています。メロトロンサウンドも交えた、インパクト抜群の会心作!SHM-CD/紙ジャケット/リマスターにてのリリース。

〜菅沼孝三、小川文明らによる技巧派プログレ・バンドの86年の唯一作が紙ジャケット化!〜

ブラック・ペイジ
/オープン・ザ・ネクスト・ペイジ

(CD/KINGRECORDS)(Japan'86)
現在も活動を続ける菅沼孝三(dr)、小川文明(kbd)が在籍していたことで知られる技巧派プログレッシヴ・バンド、ブラック・ペイジの86年発表の唯一作。UK、BRUFORD、KING CRIMSON、ZAPPAなどをルーツとした、スリリングかつ上品なイメージのサウンドは、今もって高水準です。テクニカル・シンフォニック派は見逃せない秀作!インサート/帯(前面)復刻、リマスター、新ライナーノーツ付きにて、初の紙ジャケット化!

〜架空のアニメ・サントラにして、シリアスなチェンバー/アヴァン・ジャズ作!〜

blacksheep
/ + -Beast-

(CD/Velvetsun)(Japan'15)
バリトン・サックス、ピアノ、トランペット、チェロという4ピースで制作された、架空のアニメ・サントラ(かの富野由悠季氏がオビにコメント)にして、シリアスなチェンバー/アヴァン・ジャズ作。ミニマル色も強い室内的アンサンブルは、時にベルギー/フレンチ系チェンバーを思わせます。即興性を排した作曲志向の高水準秀作!イマジナリーです!

〜BOW WOWが主題歌で関わった、知る人ぞ知る特撮系サントラ幻の名作が初CD化!紙ジャケット仕様〜

BOW WOW
/組曲X-BOMBER

(CD/POLYSTAR)(Japan'80)
これは珍品!80〜81年にフジテレビ系で放送された、永井豪原作のスーパー・マリオラマ(要するに、サンダーバード系?)「Xボンバー」のサウンドトラック。主題歌は山本恭司率いるBOW WOWで、山本恭司ヴォーカルの冒頭曲とラスト曲以外はインスト・シンセ・チーム(E-プロジェクト)のミュージシャンとして、田崎和隆、神尾明朗、小久保隆、平沢進(2曲作編曲も)の名前もクレジットされています。カッコイイ戦闘系ハード・ロック・ナンバーから、小久保氏作曲のスペイシーな泣きの入る"ラミア昇天"まで、充実の内容です!紙ジャケット仕様!

〜メロトロン入り'70sプログレ・オマージュ+その進化形!〜

BRADBURY
/Bozon

(CD/Airplane)(Japan'16)
エアプレーン・レーベルの主催者、Jun Kawabata(ピアノ、メロトロン、ミニモーグ)が、ドラムス及びギター/ベースとのトリオ編成にて録音した、バンド「ブラッドベリ」('80年代より様々な形で活動。今回はオリジナル・メンバー)のデビュー作。'70年代プログレへのオマージュ、そして進化形との謳い文句どおり、クリムゾン、ELP、フロイド、ジャーマン等ルーツの、ダークで妖美なインプロ寄りサウンドを展開しています。とりわけ、クリムゾン風のメロトロンを含むヘヴィなパートは聴きもので、アンビエントな広がりをも加味した、注目の力作となっています!

◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る