◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る

REVIEW ARCHIVES:OTHERS U-Z
[こちらは、これまでに当店に入荷した商品のレビューのアーカイヴです。
価格・在庫の有無はSET SALE LISTを参照するか、またはお問い合わせください]

[入荷速報]伊ミラノ産、女性ギタリスト、伊語シンガーが弾くヴァイオリンをフィーチャーした、'70s志向本格シンフォニック・バンド新作4th! カンサス+PFM 的、ハード&ドラマティックな大傑作です!

 

UBI MAIOR
Baste, Uomini E Dei

(CD/Vaiguviiul)(Estonia'18)
伊ミラノ産、'05年にアルバム・デビューしている、'70s志向本格派シンフォニック・バンドの、「Incanti〜」('14)に続く新作4th。前作から加入した女性ギタリスト、Marcella Arganse のハードかつソリッドなプレイと、伊語ヴォーカルがプレイするヴァイオリンをフィーチャーした、パワフル&ドラマティックなサウンドは、非常に高水準です。時に、カンサス+イタリアン(PFM等)なイメージも有る、イタリアン・シンフォニックの大傑作!

〜ユニトピアの新作は、ジェネシス、イエス等のカヴァー集!〜

UNITOPIA
/Covered Mirror Vol.1 Smooth As Silk

(CD/Musea)(Australia'13)
オーストラリア産シンフォニック・ロックの雄、ユニトピアの、スタジオとしては「アーティフィシャル」('10)以来となる4thリリース。今回は彼らがインスパイアされた楽曲の数々をカヴァーする企画の第1弾となっています。ジェネシス及びイエスのメドレーをはじめ、マリリオン、ZEP、クラトゥー、T.ラングレン、A.パーソンズ等、納得の選曲を正にシルキーなタッチでプレイした、上質な仕上がりの快作です!

〜オーストラリアのシンフォニック・ロック注目株!全盛期SPOCK'S BEARDにも比肩する大傑作3rdアルバム登場!〜

UNITOPIA
/Artificial
(CD/BelleAntiqueCenturyMedia/InsideOut)(Australia'10)
オーストラリア出身、シンガーとキーボード奏者のデュオ・プロジェクトとして05年にCDデビュー、バンド編成となってInside Outからリリースされた2作目『The Garden』('08)も高い評価を得た、ユニトピアの新作3rdアルバムが登場。サックス奏者も含むバンド演奏に、管弦セクションも交えた、ダイナミックでスケールの大きいトータル・コンセプト・アルバムとなっています。GENESIS/ハケット系のヴォーカルラインに、ロック色の強い緻密なアレンジを交えた。時にBEATLES、PINK FLOYD、YES等も香る楽曲は、非常に高品質です。13分を越える大曲"Tesla"をハイライトに、全体の構成力も申し分のない、全盛期の SPOCK'S BEARDにも比肩する大傑作!初回限定デジパック、ボーナス・トラック3曲追加にてリリース!

〜オーストラリア産、ジェネシス系+アメ・プロ・ハード的シンフォニック・ユニット!〜

UNITOPIA
/The Garden
(Australia.'07)(CD/Solid)
'07年にカナダのUnicornレーベルから、アルバム「More Than A Dream」を出したオーストラリアのシンフォニック・バンドが、Inside Outに移ってリリースした2ndアルバム。2枚組でトータル100分に渡る大作で、2つの組曲もフィーチャーされています。前作はマルチ・デュオ基調でしたが、本作ではperを含む6人編成となり、更にゲストや管弦セクションをフィーチャーして大きくスケール・アップしています。「フォックストロット」的ジェネシス系と、アメリカン・プログレ・ハードをミックスし、アコースティックも多用した、ドラマティックなサウンドは完成度が高く、仕掛けも十分な傑作です!!

〜4枚のアルバムを残して分裂解散した豪産シンフォニック好バンドの1stが、デラックス3CDエディションにて再発!〜

UNITOPIA
/More Than A Dream -The Dream Complete-

(3CD/Giant Electric Pea)(Australia'07)
4枚のアルバムを残して解散し、現在はUPFとSOUTHERN EMPIREに分裂しているオーストラリア産シンフォニックの好バンド、ユニトピアの、こちらは'07年にカナダのUnicorn Digitalより出た1st。バンド活動開始20年、リリース10年の節目に、IQのGEPレーベルより、3CDデラックス・エディションで再発となりました。CD1:本編リマスター+ボーナス2曲、CD2:アルバム曲のリミックス&リワーク系、CD3:コンピ提供曲、ダンスミックス、デモ、そして本盤のための再編集新曲、という内容。ジェネシスはもとより、ピーター・ゲイブリエルのソロあたりからの影響も強い、モダンでキャッチーな管弦入りサウンドは、改めて高水準です。注目!

〜オーストラリア産、解散したユニトピアの後身/分派、UPFの5年振り2nd!ジェネシス+KC+ワールド色!

UNITED PROGRESSIVE FRATERNITY
/Planetaly Overload Part1:Loss

(2CD/Giant Electric Pea)(Australia'19)
現在は解散し、kbd奏者はSOUTHERN EMPIREを結成したオーストラリアのユニトピアの、こちらはシンガーら、kbd以外のメンバーが結成した後身/分派バンド、通称UPF。「Fall In Love〜」('14)に続く新作2ndが登場した。バンド名に相応しく、御大S.ハケットはじめ、ジョン・デイヴィソン等、多数のゲスト・プレイヤーを迎えて、ジェネシス、P.ゲイブリエル、更には管楽器が効いたクリムゾン/J.タルのルーツに、環境テーマに見合うワールド風味も交えた、ドラマティックな傑作である。S.Unruh(サムライ・オブ・プログ)
及び共同プロデューサーが、UPFのvoと制作したアンビエントなボーナスCD(約35分)付2CD。

〜豪州・UNITOPIAの後身シンフォ・バンドの、豪華ゲストも参加した’14年新作!〜

UPF
/Fall In Love With The World

(CD/InsideOut)(Australia'14)
'07年から'13年にかけて4枚のアルバム(カヴァー集含む)及びライヴをリリースし解散した、オーストラリアのシンフォニック・ロック・バンド、UNITOPIAの後身デビュー作。前身バンドからヴォーカル、ギター、ドラムスの3名が引き続き参加した、サックス、パーカッション含む7人編成(+ゲスト)によるジェネシス、フロイド、イエス等ルーツのメロディアスかつダイナミックなサウンドは、正にUNITOPIAの延長上に有るものです。キャッチーなAOR風味やネイチャー系の世界観が心地良い会心の傑作!ジョン・アンダーソン、スティーヴ・ハケットがゲスト参加!ボーナス1曲収録デジパックのスペシャル・エディション!

〜ロシア産、屈折カンタベリー風うたもの/ポップ・プログレッシヴ・バンドの最新作3rd(CD-R)!〜

UPHILL WORK
/Missing Opportunities

(CD-R/Not On Label)(Russia'14)
ロシア産、ピアノ/キーボード/英語ヴォーカルを中心とした4ピース(+ギター、ベース、ドラムス)による、屈折カンタベリー風うたもの/ポップ・プログレッシヴ・バンドの最新作3rd(CD-R)。スーパー・シスター、キャラヴァン、ジェントル・ジャイアントCARDIACS等に影響を受けたという、まさにヒネくれたサウンドは、従来作以上も面白味を感じさせる。毒々しいヴォーカルと変拍子を、ピアノ、サイケなギターが織り成す、ユーモラスにしてスリリングな音像は手応え十分。「B面」扱いのM8は18分におよぶ大曲。現時点での最高作!

〜ロシア産、屈折うたもの/ポップ・プログレッシヴ・バンドの、こちらは'10年作2nd!〜

UPHILL WORK
/Dribs / Drabs

(CD/Cpeda)(Russia'10)
ロシア産、ピアノ/キーボード/英語ヴォーカル、ギター、ベース、ドラムスの4ピースによる屈折うたもの/ポップ・プログレッシヴ・バンドの、こちらは'10年作2nd。ピアノが打ち鳴らされる変拍子リズムと、ドクドクしいヴォーカルによる、どこかカンタベリー的なサウンドは、前作にも増して押しが効いたものになっており、時にCARDIACSばり。こちらも秀作です!

〜ロシア産、屈折うたもの/ポップ・プログレッシヴ・バンドの'09年デビュー作!〜

UPHILL WORK
/Counterclockwise

(CD/EMI)(Russia'09)
ロシア産、ピアノ/キーボード/英語ヴォーカル、ギター、ベース、ドラムスの4ピースによる屈折うたもの/ポップ・プログレッシヴ・バンドの'09年作1st。ミニマル物変拍子を多用した、時にサイケなアンサンブルと、少しダミ声の毒々しいヴォーカルが織り成すサウンドは、J.グリーヴス、P.ブレグヴァド等カンタベリー周辺ポップにも通じます。時に物悲しくユーモラスな楽曲は高品質にして個性抜群、注目の新人です!

〜チェコメン系きってのバンド、'95年作のリアレンジ再録!〜

UZ JSME DOMA
/Pohadek Ze Zapotrebi Znovuudelani Fortelne

(CD/Indies MG)(Czech'12)
これまで4度の来日ツアーも行うなど、わが国にもなじみの深いチェコ産アヴァン・ロック代表格バンド、ウシュ・スマイ・ドマの、「Caves」('10)に続く、現時点の最新リリース8th。'95年の4thアルバム「Pohadky Ze Zapotrebi」の丸ごとリアレンジによる再録盤(曲順違いニュー・ジャケット)です。パンキッシュなチャカつき疾走感と、勇壮かつおバカな管とヴォーカルで押しまくる、更なる音圧と切れ味が実に快感な会心作!

〜チェコきってのパンキッシュかつアホアホなアヴァン・ロック・バンド、2010年作はCUNEIFORMより登場!〜

UZ JSME DOMA
/Caves
(CD/CUNEIFORM)(Czech'10)
2度の来日も果たしている、チェコのアッパー・レコメン/アヴァン・ロック・バンド:ウス・シュマイ・ドマの6年ぶりとなる久々の新作は、CUNEIFORMからのリリース。今回はトランペット奏者と、アートワークを手掛ける画家を正式メンバーに含んだ5人編成(+女性ヴォーカリスト、ヴァイオリニスト、アコーディオン奏者他ゲスト)による録音。ゴリゴリと疾走するパンキッシュなサウンドと、奇妙な哀愁漂うチェコ語による雄たけびヴォーカルの魅力は健在で、ユーモラスかつスリリング。アヴァン・リスナー注目です!

〜チェコきってのアヴァン・パンク・プログ、8年振りのオリジナル新作8th!新境地!〜

UZ JSME DOMA
Kry (Floes)

(CD/Indies MG)(Czech'18)
チェコきってのアヴァン・パンキッシュ・プログ・バンド、ウシュ・スマイ・ドマの、間に再録盤やライヴを挟んで、オリジナル・アルバムとしては「Jeskyne」('10)以来、実に8年振りとなる新作8th。トランペットも交えた変則疾走アンサンブルは保ちつつ、従来の奇矯さやユーモアが薄まり、よりシリアスに、ダイレクトに、朗々としたvoの魅力を際立たせた新境地を開拓した傑作である。

〜ヴァンゲリスの名作1stソロが、本人のリマスター/デジパック仕様にて再発!〜

VANGELIS
/Earth

(CD/Universal)(Greece'73)
APHRODITE'S CHILD を経たヴァンゲリスが、'73年にフランスとドイツでリリースした、記念すべき1stソロ。後のいわゆるシンセ色は未だなく、サイケデリック/プログレッシヴ色を残したロック寄りの要素と、民族音楽〜地中海色を大胆に融合させた、類を見ないスケール感のあるサウンドを展開しています。世界進出前のアルバムゆえに知名度は低いですが、実はヴァンゲリスの最高作のひとつにして、ユーロ・プログレッシヴ史上の名盤!これまでギリシャ盤のCDしかありませんでしたが、今回、EU盤として国外初CD化、本人のリマスター/デジパックにて再発!

〜妖艶な女性ヴォーカルをフィーチャーした、デンマーク産ラディカル・トラッド・バンドの2nd!〜

VALRAVN
/Koder Pa Snor(ワタリガラス〜神々の夢物語)

(CD/プランクトン)(Denmark'09)
デンマーク出身、デジタル・ビート/エレクトロ色を消化した、注目の新世代ラジカル・トラッド・バンドの2年ぶり2nd。フェロー諸島出身の女性シンガーをフロントに、ハーディ・ガーディ、ニッケルハルパ、フィドルといった民族楽器と、エレクトロ・タッチを共存させて、ゴシックかつイマジナリーな音世界を繰り広げています。ビョーク風のシアトリカルな歌唱もインパクト十分で、後期GARMARNAあたりのファンにもオススメです。来日に併せて、帯/ライナー付き国内盤仕様(三面デジパック)リリース!

〜ex.AFTER CRYING 〜 TOWNSCREAM のkbd奏者/ピアニスト、故・キース・エマーソンを思わせる、ピアノ・ソロ新作!全自作曲、東欧クラシック由来の、しっとりイマジナリーな内容の秀作!

 

VEDRES CSABA
Crossover

(CD/Periferic)(Hungary'19)
アフター・クライングのkbd奏者として'90年代初頭に登場、その、故・キース・エマーソンに肉薄するプレイでプログレッシヴ・リスナーの度肝を抜いた、V.Csabaの、こちらは'19リリース・ソロ作。全曲自作曲のピアノ・ソロ・アルバムで、東欧クラシックに根ざした楽曲は、正にエマーソン風味。しっとりとしたムードの中、小品25曲を収めた、トータル仕立ての秀作である。華麗な指さばきも聴きもの。

〜ex AFTER CRYING〜TOWNSCREAMのピアニストの09年ソロ。ヴァイオリンも交えての上品かつしっとりとした1枚〜

VEDRES CSABA
/Csend Zenek:Notes From Silence

(CD/PerifericRecords)(Hungary'09)
ex AFTER CRYING〜TOWNSCREAMのピアニスト/キーボーディスト:ヴェルデス・サバの09年ソロ作品。『Eohata II』とありますが、多少ポップ目だった『I』に対して、本作は上品でノスタルジックな東欧クラシカル+エリック・サティ的アンビエント室内楽になっています。ピアノ・ソロのみならず、時にデヴィッド・クロス風のヴァイオリンや、フルート、男女ヴォーカル、トラッド風コーラスなどが加わった、感傷的かつイマジナリーなサウンドは流石のクオリティです。ゆったりと聴きたい良作!

〜ギリシャ産シンフォニック・トリオ新鋭!クラシカル&ダークなハード・シンフォニックを展開!〜

VERBAL DELIRIUM
/So Close & So Far Away

(CD/MUSEA)(Greece'10)
結成は99年という、ギリシャ産シンフォニック・グループの、2010年デビュー・アルバム。ヴォーカル(英語)/ピアノ/キーボード、ギター、ベースのトリオ(+ゲストでドラムス、チェロ奏者)にて、ダークかつクラシカルなハード・シンフォニック・サウンドを展開しています。楽曲自体はコンパクトながら、トータルでのダイナミズムは十分。いわゆるプログレ・ハード系リスナーも注目です。

〜ロシア産、ダウナーなオズ・テン的?スペース・ロック、'08ライヴの再発盤!〜

 

VESPERO
Liventure #19

(CD/VMS)(Russia'08)
'18年にはスペインのギタリスト、エンジェル・オンタルヴァとの共演作もリリースしている、ロシア産スペース・ロック/アヴァン・サイケ・プログ・バンドの、こちらは'08録音/リリースのライヴ盤の再発。ニュー・ジャケット+ボーナス・トラックとして'09年のライヴを5曲追加(1曲差し替え)。フロイド、ゴング等ルーツの、ダウナーなオズ・テン〜ジャーマン風のサウンドは、一部に女性voやvlnも交えた、妖しくトリッピーなもの。注目の力演である。

〜KC+ゴング/ヒレッジ的、prog度の高いテクニカルかつセンス溢れるアンサンブルが何より格好良い傑作!〜

VESPERO
/Hollow Moon

(CD/Tonzonen)(Russia'18)
ロシア産、vln/アコーディオン入り5人組(+ゲストsax)インスト・スペース・ロック〜トリップ・サイケ/プログレッシヴ・バンドの、スペインのAngel Ontalva(g/OCTOBER EQUUS)との連名共演作の次にリリースされた'18年New。バンド単独名義では「Shum-shir」('17)の次、連名作含め通算11thです。クリムゾン+ゴング/ヒレッジ的、存外プログレッシヴ度の高いテクニカルな変拍子系アンサンブルは、押し引きのセンスも抜群で、何より格好良い物。注目の傑作!

〜ジャーマン派にもおススメの、ロシア産vln入りKC+オズ・テン+ROVO的トランシーprog!〜

VESPERO
/Shum-shir

(CD/VMS)(Russia'17)
ロシア産、vlnをフィーチャーした、オズ・テン〜クリムゾン的トランシー・プログレッシヴ・サウンドを得意とするバンドの、スペインのオクトーバー・イクースのギタリスト、Angel Ontalvaとの連名共演作('18)に先立つ'17年にリリースされていた8th。vlnをフロントにした5ピース・インスト+per等ゲストによる、時にヒレッジ/ゴング、アシュラ等ジャーマン、そして日本のROVO等を思わせる反復基調+スペイシー・シンセ/ギター+vlnのサウンドはまさにトランシーです。ジャーマン/サイケ系リスナーにもおススメの、これまた好内容秀作!

〜ロシア産、疾走感に溢れるサイケ・チェンバー系バンドの新作6th!〜

VESPERO
/Fitful Slumber Until 5 A.M.

(CD/R.A.I.G)(Russia'15)
'03年に結成された、ロシア産サイケ/チェンバー・プログレッシヴ・バンドの'15年リリース6th。インスト系5ピースにフルートやsaxも交えて、ゴング系トリップ+クリムゾン的疾走感たっぷりのサウンドを展開しています。ロシアならではの、どこかクールな音像と、音数の多いテクニカルなアンサンブルで一気に聴かせる傑作!

〜トリップ・クリムゾン/スペース・ロック/アヴァン系インスト・バンドの'13年最新作!〜

VESPERO
/Droga

(CD/Raig)(Russia'13)
ロシア産、'07年にCDデビューしている、スペース・ロック/アヴァン・プログレッシヴ・インスト・バンドの最新作5th。dr,b,g,kbd/メロトロン/synの4ピースに、cello,fl,女性voiceを交えた、オズリック・テンタクルズ系とクリムゾン系を合体させたような、疾走感抜群のサウンドを展開しています。時にジャーマン風味も有るトリッピーな反復に、メロトロンやスペイシーなシンセ、D.クロス風のチェロ・ワーク等を交えて、インパクト、格好良さともに素晴らしい内容です。トランシーなヘヴィ・プログレッシヴの傑作! 段ボール型特殊パッケージにて!

〜ロシア産トリップ/スペース・ロック+アヴァンProg的注目バンドの'10年作!〜

VESPERO
/By The Waters Of Tomorrow

(CD/Raig)(Russia'10)
ロシア産トリップ/スペース・ロック+アヴァンProg的注目バンドの'10年作! ジャーマン系、ゴング、フロイド、そしてクリムゾン系のルーツを感じさせる、ダークな反復系サウンド! メロトロンも使用した充実の内容!

〜ロシア産、ダーク&スペイシーなアヴァン・プログレッシヴ・バンドの'07年作!〜

VESPERO
/Rito

(CD/Raig)(Russia'07)
ロシア産、ダーク&スペイシーなアヴァン・プログレッシヴ・バンドの'07年作を初入荷! トリップ・サイケ+クリムゾン的サウンドは既に確立! 反復リズム+グリッサンド・ギター+スペイシー・シンセで、ゴング〜オズ・テン〜ROVO系に通じる内容! お見逃しなく!

〜ロシア産フォーキー・レコメン/シアトリカル・チェンバー・バンドの'90/'94年作のリイシュー!〜

VEZHLIVY OTKAZ
/Ethnic Experiences

(2CD/Geometry)(Russia'90/'94)
旧ソ連時代から現在まで活動を続けている、ロシア産民族フォーキー・レコメンの個性派バンド、ヴェジリヴィ・アトカーズの'90年作品の再発。アナログLPのみで出た'90年版とミックス違いの'94年リリースCD版の2種音源をカップリングした2CDに、同内容の音源をメインで収めたボーナスDVDが付いた豪華仕様です。ロシアン・フォークに根ざした楽曲を、g/vo,b/vo,p/kbd,drの4人編成にてシアトリカルに、妖美に聴かせるコンヴェンタム系リスナーにもおススメの傑作!

〜ロシアン・レコメン・バンドの'97年作品が、ライヴ映像DVD/PALをカップリングしての再発!〜

VEZHLIVY OTKAZ
/Steel On Stone

(CD+DVD/PAL/Geometry)(Russia'97)

旧ソ連時代の'80年代中期より活動を続ける、ロシア産シアトリカル・チェンバー/レコメン・バンドの、'97年リリース作の再発。濃厚なロシア語のvoを軸に、管やpを交えた、ヘンリー・カウ由来の変拍子アンサンブルと、フォーク/大道ジャズ色を統合した、屈折サウンドを展開しています。評判を呼んだ近作「ギース・アンド・スワンズ」('10)に負けず劣らずの傑作! '98年TVライヴ等、'96-'98年の映像をたっぷり収めたボーナスDVD/PAL付、デジパック/ボックス仕様!

〜ロシア産レコメン・チェンバー・バンド、変拍子まみれでシアトリカルな傑作!〜

VEZHLIVY OTKAZ
/Geese And Swans

(CD/ZEN)(Russia'10)
わが国では知名度が低かったものの、80年代より活動し、これまでに10作品以上をリリースしている、ロシア産レコメン・チェンバー系バンド ヴェージリヴィ・アトカースの2010年作。シアトリカルなロシア産ヴォーカル/アコースティック・ギターを中心に、エレクトリック・ヴァイオリン、トランペット、ピアノ/フルートをフィーチャーした6人編成にて、スリリングな変拍子を多用した、ハイテンションかつ屈折したサウンドを展開しています。HENRY COWやART ZOYD、ZAPPAなどを思わせる、時にキャバレー/大道芸風の管弦楽器と、近代クラシック風のピアノ、さらには悪どいヴォーカルが相まって、東欧ならではの魅力を放つ、辺境レコメン・リスナーのみならず注目の大傑作!

〜矢張り凄い!御存知、V.ドナティの新作は、バンドスタイルでの超絶メタリック・プログ!

 

VIRGIL DONATI
Ruination

(CD/Gildon Music)(Australia'19)
ON THE VIRG 、そしてPLANET X の超絶ドラマーとして知られ、またそれらバンドの音楽性の中核を担う奇才コンポーザーでも有るヴァージル・ドナティ。ソロ名義では「The Dawn Of Time」('16)に続く新作である。オケとドラムのコンチェルトだった前作に対し、今回はギター(M.スフォッリ等)、ベース、キーボード(A.アルジェント、S.ハント等)に多数のプレイヤーを迎えたバンド・スタイルで、4曲のvoナンバーも含む全11曲を収録。複雑な変則リズムにこだわった、ヘヴィ・フュージョン〜アヴァン・メタリック・プログは圧巻、PLANET Xの更に先を自ら示した、会心の大傑作になっている。

〜ご存知・プラネットXの超絶ドラマー、'16ソロが!フルオケ+drのクラシカル大傑作!〜

VIRGIL DONATI
The Dawn Of Time

(CD/Gildon)(Australia'16)
プラネットXはもとより、幾多のセッション・ワークでも知られる、オーストラリア出身の超絶ドラマーにして俊英コンポーザー、ヴァージル・ドナティの、ソロとしては「In This Life」('13)に続く4thにして、現時点での最新作。当店初入荷。これが何と、フル・オーケストラと自身のdr/pの共演によるドナティ作/アレンジのオリジナル・コンチェルトになっている。ザッパ+エマーソン的な、テリー・ボジオのシリアスものを、よりシンフォニックにしたような極めて高品質な内容である。素晴らしい完成度の大傑作。

〜PLANET Xはじめ多方面で活躍する超絶ドラマーの新作ソロ!〜

VIRGIL DONATI
/In This Life

(CD/Gildon)(Australia'13)
PLANET Xはじめ、多方面で活躍をつづける超絶ドラマーにして俊英コンポーザーである、ヴァージル・ドナティが満を持してリリースした新作ソロ。ほぼ全曲にアレックス・アルジェント(kbd)、マルコ・スフォッリ(g)を迎えたバンド録音で、2曲にアレックス・マカチェク(g)も参加しています。ON THE VIRG 〜 PLANET Xの路線をアップデートした、メタリックなUK的変拍子/弾き倒しナンバーから、むしろBRUFORD 〜 ホールズワース系のナンバーまで、目眩めく技巧と楽曲性が高度に調和した流石の仕上がり。テクニカル・インスト系リスナーのみならず注目の会心の傑作!

<Featuring>
・Alex Argent(kbd/ほぼ全曲)
・Marco Sfogli(g/ほぼ全曲)
・Alex Machacek(g/M5,6)
・Brett Garsed(g/M3)
・Jeff Babko(kbd/M7)
その他cello,oboe奏者等がゲスト参加!

〜ブルガリア産プログレ・ハード・バンドの新作2nd!〜

ヴィルチュエル
/コンセプション・オブ・パーセプション

(CD/オルフィクトン)(Bulgaria'13)
FSB等いわゆる産業ロック〜プログレ・ハードの土壌があるブルガリアより登場した、3ピース・バンド、ヴィルチュエルの新作2ndがリリース。リードvo/ac-g/b,kbd/g,リードg/kbdの編成(歌詞は英語)で、ドラムは打ち込みによる録音となっています。ジョン・ウェットン/ASIAの影響下にある、甘くキャッチーな歌メロとコーラスを押し出した'80s風のサウンドは、適度なヒネリも効いた高品質なもの。ウェイクマン的な流麗なkbdワークや、メタリックなgも活かされた、メロティック・リスナーも注目の秀作! 日本先行発売国内プレスCD!

〜ハンガリアン・シンフォ・バンドYOU&Iの女性シンガー、15年ぶりの2ndソロ!しっとり叙情的な歌物!〜

VOLGYESSY SZOMOR FANNI
/Var Rad Az Elet

(CD/PERIFERIC)(Hungary'10)
ハンガリーのシンフォニック・ロック・バンド:YOU&Iの女性シンガーが『Hajnalban』('95)以来15年ぶりにリリースした2ndソロアルバム。AFTER CRYINGのリーダー/チェロ奏者であるペジテシク・ピーターの共同プロデュース/作曲/アレンジ(演奏にも参加)の元、しっとりと叙情的なヒーリング/アンビエント・シンフォニック寄りの歌物を収録しています。ケルト・ポップ風味から、ハンガリアン・トラッド、更にはサイモン&ガーファンクル"明日へ架ける橋"やYES"The Meeting"のカヴァーまで収録。ロック色は薄いものの、QUIDAMやIONAのファンにも向く秀作です!

〜ポーランド産、ラジカル寄りトラッド・バンドの8th! ゲストvo多数の、呪術的傑作!〜

 

WARSAW VILLAGE BAND
Mazovian Roots Re:action

(CD/Jaro Medien)(Poland'18)
ポーランド・トラッド系バンドの、こちらは、ドイツ・リリースによる、2年振りの新作8th('18)。当店初入荷。広く東欧/バルカン/中近東までの楽曲を採り上げる彼らであるが、今回は、自国ポーランドの伝統曲集となっている。ゲストで多数の女性シンガーや男性コーラスを迎えて、かつてのヘドニンガルナ等、北欧ラジカル・トラッドに通じる、呪術的かつ重厚な音世界を展開する、注目の傑作である。

〜ミハウ・ウルバニアクConstellationのkbd奏者、'75年ソロ1st!ファンキー系の力作!〜

 

WOJCIECH KAROLAK
Easy!

(CD/Warner Music Poland)(Poland'75)
かのMichal Urbaniak Constellationのメンバーとして活動した、ポーランドのジャズkbd奏者の、単独名義の初リリースとなった'75年作。グルーヴィなエレピ、オルガンを軸に、パーカッションやブラスをまじえた、ラウンジ風のソフトなB.オーガー系サウンドを展開している。時にマイルス的な硬質さも有る、聴き応え十分なファンキー・クロスオーヴァー系の、これは力作。3面デジパック、ブックレット付き。

〜ベラルーシ産、'70s志向カンタベリー/プログ・バンドの6年振り2nd!フルートをフロントに配した、キャメル系叙情派インスト化!「ムーンマッドネス」期を思わせる、センス抜群の傑作!

 

THE WORM OUROBOROS
Endless Way From You

(CD/Lizard)(Belarus'19)
ベラルーシ産、'70s志向のカンタベリー&プログレッシヴ新鋭バンド、ザ・ワーム・ウロボロスの、「Of Things〜」('13)以来6年振りとなる2作目。1stでの、初期クリムゾン、VDGG系のダークな色を一部残しつつ、今回は(特に前半)、フルートをフロントにフィーチャーした、「ムーンマッドネス」期キャメル系叙情派インストを展開している。チェンバー的アレンジも健在であり、曲によってはマグマ風だったりと、意外性も十分の傑作である。

〜旧ソ連はベラルーシより注目の新鋭プログレッシヴ・ロック・バンドが登場!〜

THE WORM OUROBOROS
/Of Things That Never Were

(CD/ベル・アンティーク)(Beralus'13)
RATIONAL DIETを生んだ、旧ソ連はベラルーシより注目の新鋭プログレッシヴ・ロック・バンドが登場! 伊AltrOck/Fadingからのリリースによる本1stは、fl/kbd/ac-g/vo(英語)をこなすS.Gvozdyakevichを中心とした、4人編成+管楽器奏者での録音になっています。ソフト・マシーン〜ゴングといったカンタベリー系と、クリムゾン/VdGG、そしてマグマ等の要素をミックスした、アコースティカルなシンフォといった音像は、fl,org,el-pを活かした親しみ易くも屈折した魅力を放つものです。フォーキーなアングラガルド的イメージも有る傑作!

〜エストニアから登場した、JAGA JAZZIST系オルタナ・ジャズ・ロック・バンド!〜

WRUPK UREI
/Koik Saab Korda

(CD/ベル・アンティーク)(Estonia'14)
エストニア産、レトロ/フューチャー系オルタナ・ジャズ・ロック新鋭バンドの'12年1st('13年に2ndをリリース済)の、伊Altrockからの再発盤。kbd,g,b,dr,sax,tbn,tpの7人編成による、スペイシーかつモダンなフューチャー・ジャズ的音像は、JAGA JAZZIST系のエレクトロ色を減らして、カンタベリー/ファンク・レコメンに寄せたようなイメージです。変拍子を多用する中、浮遊感の有るorg/el-p/synや、ロック寄りの過激なギター・ワークを盛り込んだ楽曲は、プログレッシヴなセンスも十分に感じさせます。適度にユーモラスなノリと、現代的なポスト・ロック感覚、レトロなムード共存させた空気感が心地良い快作!

〜エストニア産モダン・ヘヴィ・シンフォ新鋭! PLANET X〜UK系ルーツの大傑作!〜

X-PANDA
/Flight Of Fancy

(CD/ベル・アンティーク)(Estonia'12)
エストニアから登場した、モダン・ヘヴィ・シンフォニック驚異の新鋭バンド1st。PLANET Xなどからの影響を公言しつつも、それに引けを取らない技巧のみならず、屈折した作曲センスと、メロディアスな色合いを押し出したインスト主体のサウンドを展開しています。エストニアならではのエキゾティックな哀愁ただよう美旋律、クラシカルで重厚なkbdオーケストレーション、ハードなgが眩く織り成す作風は強固なオリジナリティと完成度を感じさせます。英国のヘイケンと並ぶ注目の傑作!

〜ハンガリーの伝承歌をモチーフとした、イエスやGG、キャメル等ルーツの、圧倒的傑作!※CD-R盤となります。〜



YESTERDAYS
/Senki Madara

(CD-R/Dynamic Range)(Hungary'18)
女性ヴォーカルやフルートをフロントに立てて、歌心を大事にした、しっとりとした叙情性に壮大なスケール感と技巧的な構築性を組み合わせ、イエス、GG、キャメル等を思わせる高水準なシンフォニック・ロックで注目を集めたハンガリー出身バンドの10年振り3rd。本作ではハンガリーの伝承歌をモチーフにして持ち前の歌の魅力がさらに増加。東欧的な翳りも加え、従来作以上にオリジナリティを感じさせる素晴らしい出来に。東欧プログレッシヴ史上、屈指の出来を誇る圧倒的最高作!

※国内盤ベル・アンティークより12/20リリース!

【重要なお知らせ】
(2019.01.08追加)
当初「プレスCD」として販売しておりました同作品ですが、「CD-R」であった事が判明いたしました。アーティスト側からは当タイトルをプレスCDとしてリリースする予定がないとの回答がございましたので、今後も「CD-R」としてのみでの販売となります。すでに当店店舗および通信販売にて当タイトル(国内仕様盤・輸入盤)をお買い求めいただきましたお客様の中で、CD-Rならば購入しなかったという方がいらっしゃいましたら返金対応させていただきますのでプレス・リリース・ページをご確認のうえ、ご一報いただけますでしょうか。

※誠に申し訳ございませんが、他店様で「輸入盤」としてお買い上げされた方につきましては、返金の対象外となります。何卒ご了承くださいませ。
お手数・ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

■ プレス・リリース・ページへのリンクはこちらをクリックしてください。

〜ハンガリーの叙情派シンフォニック・バンド、メンバーを大幅に入れ替えての5年振り2作目〜

YESTERDAYS
/Colours Caffe

(CD/SzreoiKiadas)(Hungary'10)
ハンガリーの叙情派シンフォニック・ロック新鋭バンド:イエスタデイズが、フロントの女性シンガー(母国語)も含めた大幅なメンバーチェンジを経てリリースした、5年振りとなる2ndアルバム。前作に比べるとポップかつキャッチーなテイストを強めていますが、YES、GENTLE GIANTなどがルーツのテクニカルなアンサンブルや、フルート、メロトロン、泣きのギターを活かした、QUIDAM風の叙情味も健在。キュートなヴォーカルの魅力も光る、フィーメール・シンフォニック・リスナー注目の、極めて高水準な会心作!

〜超スイセン!女性vo、フルート、メロトロン!ハンガリー叙情シンフォ傑作!〜

YESTERDAYS
/Holdfenykert
(Hungary'08)(CD/Musea)
ハンガリーから登場した、注目の叙情派シンフォニック・ロック新バンドのデビュー作。2人の女性シンガー、女性フルート奏者をフィーチャーした編成にて、初期クィダムをアコースティカルにしたかのような、ソフトかつキャッチーなサウンドを展開しています。イエスというよりも、キャメルやアルモニウムを思わせる、メロトロンも効果的な楽曲は魅力十分です。母国語主体のキュートな歌声とアコ・ギも素晴らしい。女性ヴォーカル・シンフォニック・ファン必聴作!エンハンストPV1曲入り!!

〜D.シアター/ラッシュ系基調のサウンドにフロイド・ルーツの泣きなどを盛り込んだ、メロディアスさが光る快作!〜

YESTERNIGHT
/The False Awakening

(CD/12 Sounds Production)(Poland'17)
ポーランド産、英語vo, g/kbd, drのトリオ(+ゲストb, voice)による新バンドの、'17年リリース・デビュー作。根底にはドリーム・シアター、ラッシュの影響が強い、プログレ・メタル寄りのハードなサウンドが基調になっています。その一方で、「炎」フロイド・ルーツの泣きや、ポーキュパイン系に通じるダークなパートを盛り込んで、メロディアスさが光る内容です。コンパクト目のうたもの指向ですが、ラストには11分に及ぶ曲も収めた、メロディック・シンフォ派も注目の好作!

〜'70年代後期より活動するギリシャのコンポーザー/ピアニストの'06年作が、Museaより再発!〜

YIANNIS GLEZOS
/The Roses Of Pieria

(CD/Musea Parallele)(Greece'06)
'70年代後期よりアルバムをリリースしている、ギリシャのコンポーザー/ピアニストが'06年に発表したインスト・アルバムが、Museaより再発。古代ギリシャの詩篇にインスパイアされた、ドラマティックなバンド/シンフォニック・ロック寄りの作品で、ハード&メタリックなギターも交えつつ、ギリシャらしいメロディを押し出した注目の力作!

〜ギリシャ出身のベーシストによる、スピーディな正統派ユーロ・フュージョン/ジャズ・ロック好作!〜

YIORGOS FAKANAS
/Domino

(CD/KING RECORDS)(Greece'07)
ギリシャ人のジャズ/フュージョン系ベーシスト:ヨルゴス・ファカナスの07年発表のリーダー作が国内発売。本作では、マイク・スターン(g/5曲)、ブレット・ガースト(g/3曲)、デイヴ・ウェックル(dr/全曲)ら豪華メンバーを迎え、正統派のユーロ・フュージョンを展開しています。ブラスやヴィブラフォンも交えた楽曲は、メロディアスながら適度に屈折感もあり、スタンリー・クラークやジェフ・バーリンに影響を受けたベースプレイと相まって、手応え十分です。民族色はないものの、欧州らしい上品かつスリリングな仕上がりで、BRUFORDファンも注目の秀作!

〜'77年にリリースされた、インドネシアのうたもの/ポップ・シンフォニック名盤!〜

YOCKIE / CHRISYE
/Jurang Pemisah

(CD/Sambinha Import)(Indonesia'77)
先頃、最高作の2ndが初CD化され、さらに同作の再録盤も出るなど、話題を集めるインドネシアン・ロックのパイオニア、ゴッド・ブレス。同バンドのkbd奏者、ヨッキーが、亡くなった現在も人気だという男性シンガー、クリシェとコラボした'77年作品が再プレスされ、久々の入荷となりました。基本的にはポップですが、ソリーナやピアノを用いたクラシカルなkbdワークが光るM2はじめ、うたものシンフォとしても十分な秀作です!この機会をお見逃しなく!再プレス品、オビ付国内流通盤(インドネシア盤、ライナー元々なし)。

〜アルバム未収のシングル曲も収めた、旧ユーゴの古参バンドの2CDベスト!〜

YU GRUPA
/The Ultimate Collection 70E

(2CD/Croatia)(Yugoslavia'72-'79)
'70年に結成され、何と現在も活動している旧ユーゴスラヴィアの古参ロック・バンド、YU GRUPAの、'09年リリース2CD/リマスター・ベスト。基本的にはオルガンレスの、ブルース・ベースのハード寄りサウンドは'70s後半に至るまで一貫しており、アーシ―かつ骨太なサウンドがたっぷり味わえます。アルバム未収シングル曲も収めた充実盤!

〜[ベル・アンティーク国内盤]イスラエル出身、A.ホールズワース系ギタリスト新作は、ド級プログ・ジャズ・ロック!〜

YUVAL RON
Somewhere In The Universe Somebody Hits A Drum

(CD/Belle Antique)(Israel'19)
イスラエル出身、アラン・ホールズワースから多大な影響を受け、RESIDENCE OF THE FUTUREにてテクニカル・プログレッシヴ作品のリリースもあるギタリスト、ユヴァル・ロンの最新作は、そのプログレッシヴ指向を全開にしたとてつもない完成度を誇るもの。かの天才ドラマー、マルコ・ミンネマン等を迎えたバンド編成により、あくまでも暖かで親しみやすいモロディを軸にしつつ、EL&P的な勇壮でドラマティックな展開と、U.K.〜ホールズワース的なスリルを併せ持つ技巧的シンフォニック・ロックの逸品。驚愕の傑作!

〜早世した悲運の天才vln奏者、こちらはハードカバー・評伝本(英語)!ほぼ未発のCD付き!

 

ZBIGNIEW SEIFERT
Man Of The Light :The Life And Works Of Zbigniew Seifert (Book)

(BOOK+CD/Zbigniew Seifert Foundation)(Poland'16)
ポーランドで'16年に発刊された、故・ズビグニエフ・ザイフェルト(vln)の、Aneta Norek−Skryckaの手になる評伝本(英語)。ハードカバー(25cm×17cm)172p、レアフォト、ディスク関連記事も多数の、正にファン必携アイテムである。更に、ほぼ未発の、米のピアニスト、リッチー・バイラークとの'76デュオ(5曲43分)を収めた、貴重なCDが付録としてついた豪華な内容。

〜[ベル・アンティーク国内盤・入荷]故・ズビグニエフ・ザイフェルトの、母国ポーランドでのラジオ・ライヴ音源をまとめたCD!壮絶に燃え上がるヴァイオリンを堪能できる逸品!

 

ズビグニエフ・ザイフェルト/ヴァリオスフェアーズ
ポーリッシュ・レディオ・ジャズ・アーカイヴス

(CD/ベル・アンティーク(Poland'18)
コルトレーンの熱情とスピリチュアリズムをポーランドのフォーク〜クラシックに根付くヴァイオリンの伝統と融合させた唯一無比のとてつもない演奏で70年代ジャズ(・ロック)・シーンに巨大な足跡を残しながら早世した悲運の天才ヴァイオリニスト、スビグニエフ・ザイフェルトの本国のラジオで収録した音源を集めたCD。中心となるのは78年11月録音の5曲(約60分)。さらに70年と72年の音源を一曲ずつ収録。本国で気心の知れたメンバーと共に、さらに壮絶に燃え上がるヴァイオリン演奏を堪能できる逸品!

〜[ベル・アンティーク国内盤入荷]早世した悲運の天才、vlnのみで制作した最高作!

 

ズビグニエフ・ザイフェルト
ソロ・ヴァイオリン

(CD/ベル・アンティーク(Poland'78)
後期コルトレーンの熱情とスピリチャリズムを東欧のフォーク〜クラシックに根付くヴァイオリンの伝統と融合させた唯一無比の演奏で70年代ジャズ(・ロック)・シーンに輝く活躍を見せながらも早世した悲運の天才ヴァイオリニスト、ズビグニエフ・ザイフェルト。彼の絶頂期に当たる78年に、ヴァイオリンのみを用いて制作されたアルバム。祈りのような霊性を湛えた静謐から燃えあがるような激情までを表現した演奏は感動を呼ぶ。ディディエ・ロックウッドが尊敬した孤高のヴァイオリン奏者の最高傑作!

〜[ベル・アンティーク国内盤・入荷]故・Z.ザイフェルトの、貴重な'76バンドライヴ発掘!

 

ズビグニエフ・ザイフェルト/ヴァリオスフェアーズ
ライヴ・イン・ゾロトゥルン

(CD/ベル・アンティーク(Poland & Germany'19)
ヴァイオリン・ファン、70年代ジャズ・ロック・ファン必聴のとてつもない音源が登場!70年代ジャズ(・ロック)・シーンに輝く活躍を見せながらも早世した悲運の天才ヴァイオリニスト、ズビグニエフ・ザイフェルト。彼が76年にジャズ・ロック期のグルグルのベーシストやウォルフガング・ダウナー・バンドのドラマー等と短期間組んでいた幻のバンドの初公開音源。全6曲中5曲が10分超えの長尺演奏。その魂を削り、燃えあがるようなソロ・プレイをふんだんにフィーチャーした熱演の記録。

〜欧米ヴァイオリン・ジャズ・ロックの超名作、MPS系紙ジャケット・リイシューにて再発!〜

ZBIGNIEW SEIFERT
Man Of The Light
(CD/PromisingMusic)(Poland'77)
欧米のジャズ・シーンで活躍し、かのディディエ・ロックウッドも敬愛した、故.ズビグニエフ・ザイフェルト(vln)。彼のリーダー作の中でも最もジャズロック寄りで、CD化が待たれていた1枚です。77年にMPSからリリースされた名盤が、今回、ドイツ本国のMPS系紙ジャケット・リイシューにて再発!ヨアヒム・キューン(p)をフィーチャーしたアコースティック・カルテットが、スリリングかつ迫力のある演奏を展開しており、ユーロジャズの王道にして、ZAO系リスナーにもベクトルが向く素晴らしい内容です。全盛期のロックウッドやジャン・リュック・ポンティに勝るとも劣らないザイフェルトのプレイは圧巻!!未入手の向きはこの機会にぜひ!リマスターにて。

〜あのイスラエルのバンドの復活新作は、クラシカル&複雑切り返しまくりの異様サウンド!〜

ZINGALE
/The Bright Side
(CD/BestMedia)(Israel'09)
77年にリリースされた唯一の作『Peace』が、イスラエルを代表する名作として知られるツィンガーレが、何と復活しての22年ぶりとなる2nd。オリジナル・メンバーはギタリストのみになっていますが、g/b/kbd/英語vo2名 + dr/perの、マルチなトリオ編成にて、複雑怪奇な構成のクラシカル・シンフォニック・ロックを展開しています。往年のイメージとは異なるものの、切り返しと強引さ、意表を突き続ける曲展開は辺境的インパクトが強く、どこかソ連系にも通ずる予想外の秀作です!

〜イスラエル産、ツィンガーレの当時の唯一作は、ダイナミックかつコンセプチュアルな仕上りの名作!〜

ツィンガーレ
/平和への希求

(SHM-CD/Belle Antique)(Israel'77)
何と、イスラエルで'77年にリリースされた、ツィンガーレの当時の唯一作('09年に復活作2ndあり)。ヴァイオリンをフィーチャーした、イエス、ジェントル・ジャイアント、キャラヴァン等ルーツの、文字通りピースフルな歌心を交えた(英語vo入り)サウンドは、改めてハイ・クオリティ。そして、アルティ・エ・メスティエリばりのジャズ・ロック色も交えた、ダイナミックかつコンセプチュアルな仕上りの名作となっています!国内プレス、SHM-CD、'15年リマスター、ボーナス6曲(シングル等)収録!

〜ハンガリーのエスノ/ワールド・フュージョン系vln奏者の'08年作!〜

ZOLTAN LANTOS' MIRRORWORLD
/Tau

(CD/XP)(Hungary'08)
ハンガリーのワールド/エスノ・フュージョン系vln奏者、Z.Lantosが'08年にリリースした作品。sax/cl,ツィンバロム,per,dr/per,bの6人編成にて、ドラムン・ベース/クラブ風味の疾走から、しっとりした叙情味まで、東欧と言うよりもインド〜中近東〜地中海テイストのスリリングなサウンドを展開しています。全編に渡って弾きまくるLantosのvlnは流石にバカテクで、聴き応え十分の力作です!

〜サイケデリックをテーマとした南アフリカンロックオムニバス〜

V.A
/ASTRAL DAZE Psychederic South African Rock 1968-1972

(CD/FreshMusic)(South Africa'71)
DUNCAN MACKAY『Chimera』を正式リリースした南アフリカのFresh Musicより、こちらはサイケデリックをテーマとした同国ロックのオムニバスCD。68〜72年にかけての、シングル/アルバム・トラックからほぼ各組1曲で、全18曲が収録されています。FREEDOM'S CHILDREN、ABSTRACT TRUTH、OTIS WAYGOODなど、プログレ編にも入っていた有名どころ(曲はそちらとは別のものを収録)から、THIRD EYEのアーサー・ブラウン "Fire" カヴァーシングルまで、GS/ブルージー・ニューロック系主体にたっぷりと収録!辺境マニア注目の1枚。

〜南アフリカ・サイケデリック・コンピレーション第二弾!〜

V.A
/ASTRAL DAZE 2
(CD/FRESHMUSIC)(South Africa)
ダンカン・マッケイやCANAMIIを正規リイシューした、南アフリカのFresh Musicが送る、同国のレア・サイケデリック・コンピレーション・シリーズ第二弾(18曲入り1CD)。FREDDOM'S CHILDREN、McCULLY WORKSHOPといった比較的有名なところは既発曲ですが、そもそも初めて見るバンド名も多く、聴き応えがあります。シタール入りの本格派ダウナー・サイケD、アヴァン・オルタナハード風味のNなど、掘り出し物ももちろん、ファズ・ガレージ・ビート系もたっぷり入っており、辺境マニア〜サイケデリック好きには見逃せないリリースです!!

〜南アフリカのニューロック〜プログレッシヴ系コンピレーション2枚組!〜

V.A
(DUNCAN MACKAY、CANAMII、FREEDOM'S CHILDREN、ABSTRACT TRUTH etcetc)

/Slowly From The South
(CD/FreshMusic)(South Africa)(税込\3150)
ダンカン・マッケイの『Chimera』を正規リリースした南アフリカのFresh Musicより、同国のニューロック〜プログレッシヴ系アーティストをコンパイルした2枚組。各1曲、全24組を収録しており、シンフォニック系のD・マッケイ、CANAMIIも入っておりますが、主に70年代初頭のニューロック調のバンドを収めています。コレクターズ・アイテムとして有名なFREEDOM'S CHILDREN、ABSTRACT TRUTH、McCULLY WORKSHOPなどから、知られざる80年代の叙情派プログレッシヴバンドEVOID、トレヴァー・ラビンが在籍していたRABBITのシングルB面曲といった珍品、更には09年録音の新人フォーキーシンフォバンド:OFF THE EDGEまで、マニア&コレクター注目の内容です!

〜偉大なる先人:コメダに捧ぐ、72年のスピリチュアルなセッション!〜

V.A
/We'll Remember Komeda
(CD/Polonia)(Poland'72/98)
ポーランド・ジャズの偉大なる先人、クリジストフ・コメダへのトリビュートとして、トマス・シュタンゴ(tp.p.アレンジ)、ミハウ・ウルパニアク(vin.sax.etc)、ズビグニエフ・ザイフェルト(vln.sax)、ウルズラ・ドゥジダク(vo)らが集まり、曲ごとに様々なメンバー/フォーマットで、コメダの楽曲をプレイした72年のセッション・アルバム。コルトレーン風のパワフルかつスピリチュアルなユーロ・ジャズ・サウンドの中、ザイフェルト、ウルバニアクヴァイオリンも存分に味わえる秀作!お見逃しなく!!

〜ムゼア/コロッサス、コンセプト・オムニバス・シリーズ最大規模の"ダンテ『神曲』"プロジェクト第2弾!圧倒的大充実盤!〜




V.A
[LITTLE TRAGEDIES、FLAMBOROUGH HEAD、
YESTERDAYS、ENTRANCE etc...]

/Dante's Purgatorio
-The Divine Comedy Part II-

(4CD/MUSEA)(Various'09)
ムゼア/コロッサス共同企画による、新録コンセプト・オムニバス・シリーズ中でも最大規模のスケールを誇り、三部作が予定されているダンテ「神曲」テーマの、こちらは第2弾。今回もCD4枚組。トータル4時間の圧倒的ヴォリュームになっており。世界各国から全35アーティストが参加しています。前作に引き続き参加のENTRACE、LITTLE TRAGEDIES、FRAMBOROUGH HEAD、YESTERDAYSはじめ、オランダのSURVIVAL、フィンランドのMIST SEASONなど新顔まで、各々が力のこもった楽曲を提供。現在のシンフォニック・シーンを一望するサンプラーとしても極上の、大充実リリース!
[主な参加バンド]
SIMON SAYS(スウェーデン)
NEMO(フランス)
RAIMUNDO RODOLFO(ヴェネズエラ)
RAK(スイス)
WILLOGLASS(イギリス)
NEXUS(アルゼンチン)
NUOVA ERA(イタリア)
SURVIVAL(オランダ)
LITTLE TRAGEDIES(ロシア)
PHIDEAUX(アメリカ)
ENTRANCE(チリ)
LADY LAKE(オランダ)
GROOVECTOR(フィンランド)
MIST SEASON(フィンランド)
FLAMBOROUGH HEAD(オランダ)
YESTERDAYS(ハンガリー)
EQUIBRIO VITAL(ヴェネズエラ) etc..
.

ムゼア/コロッサス・オムニバス新作はダンテがテーマ!全34組参加!なんと4CD!!



V.A.
/Dante's Inferno "The Divine Comedy-Part 1"
(France.'08)(4CD/Musea)
コロッサス/ムゼア共同企画による新録コンセプト・オムニバス・シリーズでも、最大規模の大作が登場しました。テーマはダンテ「神曲」で、リトル・トラジディーズ、フランボロー・ヘッド、CAP、エントランス、ネイサン・マール等、世界各国から選りすぐりの新鋭/中堅/ベテラン(復活組含む)全34組が参加。なんと、CD4枚組、トータル245分のヴォリュームでのリリースです。参加バンドが、メロトロン等アナログ音にこだわりながら、テーマに準じつつ各々に「らしい」楽曲を提供して、正に聴き応え満点の傑作!!

(参加バンド)
ヌオーヴォ・エア
イエスタデイズ
NEXUS
フランボロー・ヘッド
ウィローグラス
ブライトアイ・ブライズン
ガラモンド
アルスノヴァ
CAP
シンカドゥス
VIIMA
エントランス
ADVENT
テンパノ
ネイサン・マール
サイモン・セイズetc.

〜ポーランドのTV番組用ライブラリー・ミュージック・コンピ第一弾、GADレーベルより!

 

V.A.
Sonda. Muzyka z Programu Telewizyjnego.

(CD/GAD)(Poland'13)
GADレーベルが、'13年に限定リリースした、ポーランドの科学バラエティー系?TV番組「Sonda」用のライブラリー・ミュージック・コンピの'18再プレス品。主にSonotonレーベルの音源('80-'85)を収めており、所謂モンド〜シンセ・サントラ系のチープかつキッチュなサウンドが味わえる、サントラ好きから辺境マニアまで見逃せない、レアかつ充実の一枚である。

〜ポーランドのTV番組用ライブラリー・ミュージック・コンピ第二弾!何とSBBの未発入り!

 

V.A.
Sonda2. Muzyka z Programu Telewizyjnego.

(CD/GAD)(Poland'14)
'14年にGADレーベルが限定リリースした、ポーランドのTV番組「Sonda」用ライブラリー・ミュージック・コンピ第二弾の'19再プレス品。今作も'80年代の音源が中心で、シンセ系のみならず、ラウンジ/フュージョン風トラックも収録している。そしてラストLには、何と、貴重なSBBの'76年未発トラック(ファンキー・モンド調)を収録した、東欧マニア注目盤である。

〜コロッサス企画、フィンランド・プログレッシヴ・トリビュート第2弾!3CD、全31組、トータル180分!!〜

V.A.
/Tuonen Tytar II (3CD/Musea)(Finland etc'09)

第1弾はMellowからリリースされていた、ファンジン「コロッサス」企画のフィンランド・プログレッシヴ・トリビュート第2弾。CD3枚組、全31組参加、トータル180分というヴォリュームでのリリースです。ウィグワム、タサヴァラン・プレジデンティから、フィンフォレスト、タブラ・ラサ、ノヴァ、更にはFANTAGIAやSCAPA FLOWといった廃盤物まで、様々なバンドの楽曲を、OVERHEAD、TRION、SIMON SAYS、YESTERDAYS、AGNESSら各国のアーティストがそれぞれに、らしいアレンジで演奏しています。メロトロンもたっぷりで、マニア注目の充実した一枚!

〜「レコメン系」を世に知らしめた、伝説の'82年オムニバスが初CD化!〜

V.A.
/Recommended Records Sampler
(Various.'82)(2CD/ReR)
レコメンデッド・レコーズを紹介すべく、'82年にリリースされたコンピレーション・アルバム。これまで単体では未CD化でしたが、遂にリリースが決定しました。ただのオムニバスでは無く、ほとんどが当時は本盤でしか聴けない新録曲だったという、貴重なものです。ヘンリー・カウ〜アート・ベアーズを中心とする、いわゆる「レコメン系」のみならず、ファウストやロバート・ワイアット、更にはレジデンツなど、ヨーロッパ各国の一線級アヴァン・ロック・バンドを集めて今となっては信じ難い豪華なメンツ。各々のアーティストのCD化の際にボーナスで使用されたものも多いとは言え、まとめて先鋭シーンの当時を一望できるだけに、本CD化は価値があります!!

◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る