◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る

REVIEW ARCHIVES:ITALY O
[こちらは、これまでに当店に入荷した商品のレビューのアーカイヴです。
価格・在庫の有無はSET SALE LISTを参照するか、またはお問い合わせください]

〜濃厚なハード寄りイタリアン・プログレ・バンドの2nd。マニア好みの70年代サウンド!〜

ODESSA
/The Final Day
(CD/LIZARD)(Italy'09)
イタリア産、濃いめのハード寄りイタリアン・プログレッシヴ・バンドの2ndアルバム!LIZARDレーベルならではの屈折感が漂う、マニア好みの70年代風サウンドです!再入荷!

〜ベル・アンティーク紙ジャケット・シリーズ 2011年3月〜

ODISSEA
/Odissea(詩情)

(SHM-CD/BelleAntique)(Italy'73)
リッカルド・コチャンティを想起するしゃがれたヴォーカルと、透明感のある心洗われるようなアレンジ。それは、触ると手の切れるような繊細な詩情。それがこのオディッセア唯一の作品が語るもの!オリジナル紙ジャケット、リマスター、SHM-CDにて。

〜ベル・アンティーク紙ジャケット・シリーズ 2011年3月〜

OPUS AVANTRA
/Introspezione(内省)

(SHM-CD/BelleAntique)(Italy'74)
その名が示す通り、伝統と前衛を融合した比類なきアイデンティティ、イタリアからしか生まれ得ない芸術性を持ったオパス・アヴァントラのデビューアルバム。オリジナル紙ジャケット、リマスター、SHM-CDでのリリースに加え、2曲(うち1曲は初登場音源)のボーナス・トラックを加えた、決定版的内容。

〜ベル・アンティーク紙ジャケット・シリーズ 2011年3月〜

OPUS AVANTRA
/Load Cromwell Plays Suite For Seven Vices
(クロムウェル卿の奏する7つの大罪の為の組曲)

(SHM-CD/BelleAntique)(Italy'75)
オパス・アヴァントラの2ndアルバム。前作同様、バロックの香りと前衛が同郷する唯一無比の空間。ボーナス・トラックとして、激レアなLP未収録シングル曲に、さらなる初登場音源を加えてのリリース。オリジナル紙ジャケット、リマスター、SHM-CDにて。

〜ディシプリンクリムゾン+ミニマル・バッティアート的!伊産硬派ダーク・プログレ新鋭!〜

ORCHESTRA PANICA
/Journey To Devotion
(CD/BTF)(Italy'10)
LIZARDレーベルが送り出した、イタリア産新人バンド。ギターとキーボード/ヴォーカルのデュオに、ゲストでベーシストやヴィブラフォン奏者などが加わっての録音。『Discipline』期KING CRIMSON+アンビエント・ジャズ的サウンドから、3rd期バッティアートばりのドローン/ミニマル路線まで、ダークかつイマジナリーな硬派サウンド。聴き応えのある内容。

〜熱血+叙情! イタリアならではの'70s志向プチ邪悪シンフォ新人!〜

ORNITHOS
/La Trastigurazione

(CD/AMS)(Italy'12)
D.Petrini(dr,per,メロトロン,オルガン,p,vo)と女性Fl/Sax奏者E.Morelliの2人を中心としたイタリアン・シンフォニック新鋭バンドのデビュー作。英・伊語の男女voも交えた、イタリアならではの熱気と情熱がダイナミックに交錯する、'70年代志向の濃厚なサウンドを展開しています。初期クリムゾン、PFM系ルーツの側面から、キャラヴァンやフロイド、タルを思わせるパートまで、時に邪悪な曲想は、意外性、ダイナミズム共に十分です。オルガンがうなる押しの部分がとりわけ魅力で、レトロ系リスナーにもおススメの注目大力作!

〜バンコ〜PFM〜アレアのカヴァー・メドレーもプレイされた、オザンナ・ファン、イタリア・ファン注目の快演!〜

OSANNA
/Pape Satan Aleppe

(CD/Afrara)(Italy'16収録)
'15年7月の日本公演でも健在っぷりを示した、リノ・ヴァイレッティ(vo, ac-g)率いるオザンナのニュー・リリースは、'16年5月イタリア/ヴェローナでのライヴ。冒頭M2には、スタジオ新曲(タイトル曲)をフィーチャーしています。来日時と同じ6人編成(D.ジャクソンは不参加)に、ゲストvln, fl, per, そしてなんとドネラ・デル・モナコ(!)(vo/"カノン"引用ナンバーM11)、ジェニー・ソレンティ(vo/A.ソレンティの曲M18)も登場するお祭りモードです。「パレポリターナ」からのナンバー(ほぼ全曲)を中心に、バンコ〜PFM〜アレアのカヴァー・メドレーもプレイされた、オザンナ・ファン、イタリア・ファン注目の快演!

〜オザンナの新譜は、あの不朽の名作「パレポリ」の続編!〜

OSANNA
/Palepolitana

(2CD/Afraka)(Italy'15)
来たる7月4日にはクラブチッタで来日公演を行なう、御存知オザンナの、新録スタジオ作としては「Prog Family」('09)以来となるニュー・アルバムが登場。本編CD1は、何とあの名作「パレポリ」の続編という位置付けで、D.ジャクソン(sax/fl、ex.VDGG)、元PRESENCEの女性シンガー、ソフィア・バッチーニ他ゲストを交えての録音です。CD2には「パレポリ」の丸ごとリアレンジ/再録ヴァージョンを納めた2CD仕様にて!必聴の大注目盤!

〜オザンナのライヴ・イン・ジャパン'11「ミラノ・カリブロ」完全再現部がCD化!〜

OSANNA
/Rossorock

(CD/Afraka)(Italy'11録音)
リノ・ヴァイレッティ(vo,ac-g)率いるオザンナが、'11年11月にクラブチッタで行った来日公演がCD化されました。日本側からのストリングス・オーケストラも加わっての「ミラノ・カリブロ9」全曲演奏を収めています。華麗なストリングスとヘヴィなロック・パートが激しく交錯しながら、ヴァイレッティが感動的に歌い上げる"There Will Be Time"まで、正にドラマティックな快演! ボーナスとして、スタジオ新録('12)トラック3曲("Fiume"「Landscape Of Life」曲のリメイク、ストリングス入り。"O Culore'e Napule"地中海風味の「濃い」佳作。"Rosso Rock"作曲クレジット中にピーター・ハミルの名前も。)を追加!

〜これは見事な復活!L.ヴァレッティを中心とした新生オザンナが何と元VDGGのD.ジャクソンと合体! 〜

OSANNA & DAVID JACKSON
/Prog Family
(Italy.'09)(CD/AMS)
オリジナルメンバーのリノ・ヴァィレティ(vo,g)に新メンバーが加わった新生オザンナが、何と元VDGGのD.ジャクソン(sax/fl)全面参加で制作したアルバム。更にスペシャルゲストでD.クロス(vln)G.レオーネ(オルガン.vo)ストリングス等が加わり「ミラノカリブロ9パレポリを含むオザンナの全作品集からセレクトされた曲及び、チッタフロンターレの曲と”テーマワン"を演奏しています。ハマャクソン、アナログ質感にこだわった音作りなど、前作タカブーム('01)よりオザンナらしい、従来のパワーを取り戻した見事な傑作!!

〜70年代最終作となった5th。洗練されたジャズ・ロック色とイタリア風味が絶妙に調和した名作!〜

OSANNA
/Suddance[スッダンス/南の踊り]

(CD/Sony Music Japan International)(Italy'78)
74年のUNOとCitta Frontaleへの分裂劇を経て再合体したオザンナの、78年発表の通算5作目。洗練されたジャズ・ロック色を取り込んでいますが、NOVAのようなクロスオーヴァー系のみならず、イタリア然としたアコースティックやヴォーカルパートと程良く調和したサウンドに仕上がっています。初期のイメージはありませんが、作品クオリティは当時のPFMにもひけをとらないものです。2010年来日記念?リマスター&紙ジャケットにて国内リリース!

〜屈折したザッパ直系のテクニカルサウンド〜

OSSI DURI
/Scandeza Perfetta
(CD/LaZaRiMus)(Italy'09)
以前、ザッパトリビュートアルバムを出していたイタリア産ジャズロックバンドの新作。正にフランクザッパ直系のオリジナル曲をプレイしており、管楽器やヴォーカルのゲストも迎えた爽快かつ屈折したサウンドの傑作です!テクニカル派は注目!!

〜ラテン、クラシカル色もある、伊産メロディアス・チェンバー/うたものprogバンドの2作目!〜

OTEME
/L'agguato, L'abbaandono, Il Mtamento

(CD/Ma.Ra.Cash)(Italy'15)
男性シンガー/ギタリストのS.Giannottiを中心とした、伊産メロディアス・チェンバー/うたものprogバンドの2作目。今回も、多数の管(フルート、クラリネット、バスーン等)と、女性ヴォーカルをフィーチャーした14名の編成にて、時に近年のバッティアートにも通じる、シリアスさと柔らか味調和した音像を展開(伊/英語vo)!25分の大作組曲M9にも注目!

〜イタリア産、硬派クラシカル/チェンバー+ラテン的新鋭バンド!〜

OTEME
/Il Giardino Disincantato

(CD/Editions Strapontins)(Italy'13)
'10年に結成された、イタリア産チェンバー系新鋭バンドのデビュー作。作曲も手がける男性シンガー/ギタリストのS.Giannottiを中心にfl,ob,cl,tp,harp/女性vo,p/org/女性vo,b/ダブルベース,dr/シロフォン/perという、総勢9名での録音となっています。ミニマル/シリアス・クラシカル色と、タンゴ/ブラジリアン等のラテン・アコースティック色を融合した、うたもの寄りのサウンドは、端正にしてイマジナリーなもの。しっとりしたドリーミーな叙情味から、drを交えたリズミカルな面まで、時にジスモンチやバッティアートのシリアスな部分を思わせる、管楽器系チェンバーの傑作! 女性コーラスも秀逸!

〜'70s風イタリアン・ハード・シンフォニック新鋭!高水準傑作1st!大スイセン!〜

OTTAVA STRADA[VIII STRADA]
/La Leggenda Della Grande Porta
(Italy.'08)(CD/Ma.Ra.Cash)
イタリアから登場した、'70年代指向のハード・シンフォニック新鋭、オッターヴォ・ストラーダのデビュー作。近年のアルティ・エ・メスティエリのvoを思わせる伊語voはじめ、ピアノ、g、b、drという5人編成にて、古き良きイタリアン・ヘヴィ・シンフォニックの香りと現代的なハードネスが共存したダイナミックなサウンドを展開しています。変則的かつメタリックな押しからアコースティック/泣きのギターの叙情面まで、初期デウス・エクス・マッキーナとラ・マスケーラ・ディ・チェラの中間を行くイメージの、高水準な傑作です!

〜Lizardレーベルよりデビューの、マルチ・プレイヤー2人による個性的キワモノ・ユニット!〜

OUTOPSYA
/Fake

(2CD/Lizard)(Italy'11)
これまた個性的なニューカマー、Lizardレーベルより「Out Of Pschical Activity」が正式名称と思しきb/チェロ/アートワーク/イラストレーション,g/vo/シンセ/drのデュオ・ユニットの作。トリップ・メタル・サイケ、そしてノイズ/インダストリアル色をミックスしたようなエキセントリック&ダークなヘヴィ・アヴァン・ロック・サウンドは強烈です。怪しさ満点のキワモノ好き注目の力作!

〜F.ズッファンティ・プロデュースの、クリムゾン系伊産ヘヴィ・プログレッシヴ新鋭デビュー作!〜

OXHUITZA
/Oxhuitza

(CD/Mirror)(Italy'13)
ファビオ・ズッファンティ(HOSTSONATEN,etc.)のプロデュースにて登場した、ギタリスト/コンポーザーのLuca Bassignaniを中心とした5人編成のインスト・ダーク・プログレッシヴ新鋭バンドの1st。クリムゾン系ルーツのヘヴィ色から、ハード・サイケ、エスノ・フュージョンまでを盛り込んだ、邪悪ムードを基調としたダイナミックなサウンドは手応え十分です。ズッファンティ好みのメロトロン、フルートも印象的な、退廃ヘヴィ・シンフォともいうべき注目の快作!
◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る