◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る

REVIEW ARCHIVES:HOLLAND-BELGIUM A
[こちらは、これまでに当店に入荷した商品のレビューのアーカイヴです。
価格・在庫の有無はSET SALE LISTを参照するか、またはお問い合わせください]

〜オランダ産、ブルース・ハード系バンドの唯一作が初CD化!〜

AFTER TEA
/Joint House Blues

(CD/Pseudonym)(Holland'70)
オランダ産、ブリティッシュ・スタイルのブルース・ハード/ヘヴィ・ロック・バンドの、'70年に出た唯一のLPのCD化。オルガン/ピアノも使用されており、また組曲風の長尺トラックも収録するなど、意欲的な内容です。当時の英国アンダーグラウンド勢にひけを取らないクオリティの秀作! ボーナスとして、シングル・トラック7曲を追加してのリリース!

〜17世紀末〜18世紀前半の作曲家、D.Scarlattiのソナタをアレンジしたチェンバー・ジャズ!〜

AKA MOON
/The Scarlatti Book

(CD/Outhere)(Belgium'15)
おなじみ、ベルギーきってのアヴァン・ジャズ・ロック・トリオ、AKA MOONの新作!今回はピアニストFabian Fioriniを加えて、17世紀末〜18世紀前半の作曲家、Domenico Scarlattiのソナタを彼ら流にアレンジ。バロック/クラシカル色を交えつつ、シリアスなチェンバー・ジャズとして仕上った大力作!

〜アキャ・ムーン、デビュー以来の純トリオ最新作!〜

AKA MOON
/Unison

(CD/Cypres)(Belgium'12)
デビューから20年以上、先鋭的な活動を続けているベルギーきってのアヴァン・ジャズ・トリオの、'11年12月ブリュッセルのスタジオでの録音による新作。これまで、常に外部との共演という形をとってきた彼らですが、今回はデビュー当時以来となる、sax,b,drの純トリオでの演奏。バルカン風味などを交えつつスリリング&ポリリズミックなリズムと自在のブロウで聴かせる、OCTURN系リスナーはマストの傑作!

〜AKA MOONの新作は13名から成るDJオーケストラ(!)との共演作!〜

DJ GRAZZOPPA'S DJBIGBAND + AKA MOON
/DJGrazzoppa's DJBIGBAND + Aka Moon

(CD+DVD(PAL)/Cypres-Records)(Bergium'11)
'90年代初頭のデビュー以来、常に野心的な外部とのコラボレーションを続けているAKA MOONの新作。今回は、何と13名のDJ(ターンテーブル)から成るオーケストラ?と共演した'07年ブリュッセルでのコンサートを収めたCD+DVD(同日のフル映像+PV等、PAL)です。エスニックなサンプリングやヒップホップ系のスクラッチと、sax/b/drのバンドのプレイがスパーク。高速疾走パートがとりわけ凄まじい快作!

〜アヴァン・ジャズ・トリオ、AKA MOONの2つのプロジェクトによる'14年のライヴを収めた2CD!〜

AKA BALKAN MOON / ALEFBA
/Double Live

(2CD/Outhere)(Belgium'14収録)
'92年のCDデビュー以降、一環して刺激的な越境に挑んでいるF.Cassol(al-sax)率いるベルギーのアヴァン・ジャズ・ロック・トリオ、AKA MOON。今回の2CDは、バルカンとアラブの音楽にアプローチした、2つのスペシャル・プロジェクトの、'14年ブリュッセルでのライヴをカップリングしたものです。前半の「AKA BALKAN MOON」は、ベルギーのジプシーvln奏者や、女性vo含む、ブルガリアのミュージシャンとの共演。後半の「ALEFBA」は、フランスのマジック・マリック(fl)や、ウード、ダルブッカ、男女vo等を迎えての中近東〜アラビック系。いずれも疾走感のみならず、しっとり深みのある情感を描き出す、聴き応え十分のトラッド+ジャズの快演となっています!

〜今度はアフロだ!アキャ・ムーン新作は、アフリカン・ヴォーカリスト/打・弦楽器アンサンブルとの共演盤!〜

AKA MOON BABA SISSOKO & BLACK MACHINE
/Culture Griot

(CD/CypresRecords)(Belgium'09)

中心人物 F.カソッル(Sax)のバレエとのコラボなど、活発に活動を続けているベルギー産アヴァン・ジャズ・ロック・トリオ:アキャ・ムーンの、06年作『Amezir』に続く新作。常に異種混合を行っている彼らですが、今回はアフリカのBaba Sissoko率いるヴォーカル/パーカッションアンサンブルとの共演となっています、コール&レスポンスのヴォーカル&コーラスを含めた、ポリリズミックに疾走するアフロ・ジャズ・ロックは聴き応え十分!アフリカ版TRILOK GRUTUともいうべきイメージの痛快なるアルバム!Bには、何とフィリップ・カテリーン(g)がゲスト参加しています。

〜オランダの管入りプログレッシヴ・バンドの未発スタジオ・セッション&ライヴが登場!〜

ALQUIN
/The Marks Sessions

(2CD/Pseudonym)(Holland'72録音)
オランダ'70sのポップ/プログレッシヴ好バンドALQUINの、こちらは1stアルバム「Marks」('73)の為の未発スタジオ・セッションをCD1に、'72年のライヴをCD2に収めた2CD。2管、オルガン/ピアノ入りの編成によるサウンドは、ここでは「3」期ソフト・マシーン、サンタナ辺りの影響の強いジャズ・ロック寄りのメロディアスなサウンドを展開しています。音質も良好な、正に掘り出し物!

〜1stと2ndの単品プラケースをペーパースリーヴでまとめた廉価盤!〜

ALQUIN
/Marks
/The Mountain Queen

(2CD/Universal)(Holland'72,'73)
プログレッシヴな味も有る、オランダのブラス・ロック〜ポップ系バンドの、'72年1st「Marks」と、'73年2nd「The Mountain Queen」のセット。各々新たにプレスされた物(プラケース)を合わせてのリリースです。インスト主体によるサウンドは、エクセプション・Meets・ソリューション的な、変化に富んだもの。中々の聴き応えです!

〜元GATHREINGの女性シンガー'09NEW〜

ANNEKE VAN GIERSBERGEN
/Pure AIR
(CD Agua)(Holland'09)
元GATHREINGの女性シンガー'09NEW。アコースティックandカバー集と言う趣で、カヴァー曲の作者本人がゲスト参加する、と言う企画のようです。(一部を除く)EにA.A.ルカッセン(g)Fにジョン・ウェットン(vo)が参加しているのに、Jにウィズインのシャロン(vo)が参加しているのに注目です。ラストはフランキー・ゴーズトゥー・ハリウッドのカヴァー。

〜'11年フランス「R.I.O.フェスティヴァル」では、ユニヴェル・ゼロ、プレザンとの合体演奏も行ったアラニス新作!〜

ARANIS
/Made In Belgium

(CD/Homerecord)(Belgium'12)
'11年フランス「R.I.O.フェスティヴァル」では、ユニヴェル・ゼロ、プレザンとの合体演奏も行い、益々注目されているベルギー産新世代チェンバー・バンドの新作5th。今回はdrレスの6人編成(vln,acc,g,p,ダブルベース,fl/vo)にて、タイトル通り、ベルギーの作曲家の手になる楽曲をプレイしています。ウィム・メルテンス、Geert Waegeman他、ダニエル・ドゥニ(M10)、ロジェ・トリゴー(M12)の曲もプレイ。緊張感の強いシリアス・チェンバーの秀作! ゲストでT.ガン、P.シュヴァリエ(ex.UNIVERS ZERO)も参加!

〜ベルギー産ミニマル・チェンバー・バンド、PRESENT、5UU'Sのデイヴ・カーマンが加入しての新作4th!〜

ARANIS
/Roqueforte
(CD/Altrock)(Belgium'10)
ミニマル/古楽/ラテンなどを消化した上品なチェンバー・サウンドを身上とするベルギーのアラニスの、『Songs From Mirrage』('09)に続く4thアルバム。前作は女性ヴォイスもフィーチャーしていましたが、本作はドラムス(ドラムの導入はバンド初)に新加入のデイヴ・カーマン(PRESENT/5UU'S)をフィーチャー。フルート、ダブルベース、ヴァイオリン、ヴィオラ、アコーディオン、ピアノ(UNIVERS ZERO/PRESENTのピエール・シュヴァリエ)、ギター、そしてドラムスのインスト8人編成にて、持ち前の軽やかさを保ちつつ、よりダークなUNIVERS ZERO系チェンバー・サウンドに接近した、高水準な傑作!

〜ベルギー産。古楽&MAGMA風?女性ヴォーカル&コーラスを交えた、イマジナリーかつ上品なチェンバー・バンドの3rdアルバム〜

ARANIS
/Songs From Mirage

(CD/Homerecords)(Belgium'09)

JURVERNEとUNIVERS ZEROの中間とも評される、メロディアスな上品系チェンバー・バンドの3作目。ヴァイオリン二人、アコーディオン、ピアノ、ギター、ツインベース、フルートの7人編成に、今回は3人の女性ヴォーカルが参加。古楽/クラシカル風でありながら、時にMAGMAを思わせる女性ヴォーカル&コーラスと、タンゴテイストも巧みに交えたミニマリスティックなアンサンブルが相まって、非常にイマジナリーな仕上がり。流麗にして深みも十分な、まさに幻想的ムードのこちら向け作品。オススメ!

〜エイリオンのA・ルカッセンの新プロジェクト。スペイシー・メタリック・ゴシック・プログレの劇的大力作〜

ARJEN LUCASSEN'S GUILT MACHINE
/On this Perfect Day

(CD+DVD(NTSC)/MASCOT)(Holland'09)

「エイリオン」シリーズで知られるA・A・ルカッセン(g/key/etc)が、元STREAM OF PASSIONの女性ギタリスト:Lori、元PORCUPINE TREEのC・マイトランド(dr)らと結成した新プロジェクトのデビュー作。フレディ・マーキュリー風のシンガーをフロントにした、スペイシーなゴシックメタルとメロディックシンフォを合わせたような音像は、エイリオンの延長にありつつも、よりプログレッシヴな表情をうかがわせるもの。メロトロンサウンドも多用し、大曲志向に彩られた手応えの大きい力作。付属DVD(NTSC)にはオーディオ・ボーナスとPV、インタビュー映像入り。

〜SPVよりジャズ・ロック注目6タイトルが見開き紙ジャケットにて再発!〜

ASSOCIATION P.C.+JEREMY STEIG
/Mama Kuku

(CD/BelleAntique)(Holland/Germany.'76)

オランダ人ドラマーP.Courboisが率いたジャズ・ロック・ユニットの'73年ライヴ(5th、ラスト作)。初期3作にはジャスパー・バントフが参加していましたが、本作は4thに続き、ヨアヒム・キューン(kbd)をフィーチャー。トト・ブランケ(g)、シギ・ブッシュ(b/Jazz Track)、ゲストのJ・ステイグ(fl)という編成にて、熱くエネルギッシュなジャズ・ロック寄りのフリー・ジャズとも言うべき音像を展開しており、凄い迫力です。キューン・ファンは見逃せない一枚!

〜オランダ産プログレ・メタル寄りメロディック・バンドの、ヘヴィ&ドラマティックな'05年リリースの1st!〜

THE AURORA PROJECT
/...Unspoken Words

(CD/DVS)(Holland'05)
'09年にセカンド「シャドウ・ボーダー」をリリースして注目を集めたオランダ産、プログレッシヴ・メタル寄りシンフォニック・バンドの、'05年の1stを当店初入荷。英語リードvo,ツインg,kbd,b,drの6人編成による、アリーナ等を思わせるメロディック性と、ドリーム・シアター/ラッシュ系をブレンドしたような音像は、本作で既に確立されています。スペイシーなムードも盛り込んだ、ヘヴィかつエモーショナルな仕上がりの秀作!

〜オランダ産プログレメタル寄りメロディックシンフォパワフルかつダイナミックな重厚サウンドで迫る快作!!〜

THE AURORA PROJECT
/Shadow Border

(CD/BelleAntique)(Holland/'09)

オランダ産、プログレメタルよりメロディックシンフォニックバンド4年振りの2nd
オランダ出身のツインg専任VO.kbd.b.drの6人組シンフォニックバンドの「UN SPOKEN WORDS」('05)に続くセカンドアルバム。アリーナあたりを思わせるハード・メロディックを基調にラッシュ〜D.シアター系プログレメタル色をブレンドしたダイナミックな楽曲を展開しております。ヘヴィーで、十言おうな音像の中に、激しい緩急とキャッチーなメロをブレンドした、メロディック・リスナーのみならず、プロウグレハード系ファンにもお勧めの高品質な快作です。

〜おなじみA.A.ルカッセン(g,etc)によるロック・オペラ・プロジェクト、AYREONの新作!〜

AYREON
/The Theory Of Everything

(2CD+DVD:NTSC/Inside Out)(Holland'13)→2CD+DVDエディション
(2CD/Inside Out)(Holland'13)→2CDエディション

おなじみA.A.ルカッセン(g,etc)によるロック・オペラ・プロジェクト、AYREONの新作2CD! 全4パートに分けられた、クラシカル&ハードなシンフォニック寄りサウンドの中、今回もジョン・ウェットンを含む多数の男女voと、キース・エマーソン、リック・ウェイクマン、ジョーダン・ルーデス、スティーヴ・ハケットら豪華インスト奏者をフィーチャー! トロイ・ドノックリーも参加! ケルト風味も新鮮な秀作! DVDにはメイキング・インタビューを収録!
◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る