◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る

REVIEW ARCHIVES:OTHERS F
[こちらは、これまでに当店に入荷した商品のレビューのアーカイヴです。
価格・在庫の有無はSET SALE LISTを参照するか、またはお問い合わせください]

〜パキスタンの速弾きギタリストのマルチ録音による、プログレ寄りテクニカル・インスト・メタル!〜

FARAZ
/Abstract Point Of View
(CD/LionMusic)(Pakistan'04)
パキスタンの速弾きギタリスト:ファラズ・アンウォーが、マルチ録音で04年に完成させた、プログレッシヴ寄りテクニカル・インスト・メタル・アルバム。ロン・ジャーゾンベクにPLANET Xをつき混ぜたような、押しまくる変拍子とフラッシーな速弾きソロでダイナミックに迫る痛快作!メロディアスなパートも良し!

〜フェルマータ4タイトルが紙ジャケ再発!〜

フェルマータ
/フェルマータ

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(Czech'75)
1975年発表のチェコのテクニカル・ジャズ・ロック・グループ、フェルマータのデビュー作。ギターとキーボードがバトルを繰り返しながら展開する変拍子を伴ったジャズ・ロック・サウンド。マハヴィシュヌ・オーケストラを想起する高品質な楽曲は、スリリングな中にも高度なアレンジが冴える。彼等のアイデンティティが確立した記念すべき一枚。紙ジャケット、リマスター、SHM-CDにての決定版的内容。

〜フェルマータ4タイトルが紙ジャケ再発!〜

フェルマータ
/尾根からの歌

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(Czech'76)

1976年発表のセカンド・アルバム。マハヴィシュヌ直系のテクニカル・ジャズ・ロック・サウンドは更なる洗練度を増している。ギター、キーボード、ベース、ドラムスの基本編成に、ヴァイオリン奏者を新たに正式メンバーとして迎え、アンサンブルがより強固となった印象の一枚。紙ジャケット、リマスター、SHM-CDにての決定版的内容。

〜フェルマータ4タイトルが紙ジャケ再発!〜

フェルマータ
/組曲「ワスカラン」

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(Czech'77)
ペルーの最高峰、ワスカラン登頂に挑むチェコ山岳隊の物語をモチーフとした1977年のトータル・コンセプト・アルバム。ギターとキーボード以外を一新した6人編成になり、分厚いアンサンブルを聴かせる作品。個人のインタープレイを交えながらもアレンジの妙を聴かせることに主眼を置いたことで奥行き感が増した。クラシックからの影響も感じさせる大傑作アルバム。紙ジャケット、リマスター、SHM-CDにての決定版的内容。

〜フェルマータ4タイトルが紙ジャケ再発!〜

フェルマータ
/組曲「ドナウ川伝説」

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(Czech'80)
ベーシストが交代し、再び4人編成に戻っての1980年発表の4枚目のアルバム。シンセサイザー類を中心とすることで、4人編成とは思えない重厚なアンサンブルのテクニカル・ジャズ・ロック。シンフォニックなテイストも加味してプログレッシヴ・ジャズ・ロックの秀作と呼ぶにふさわしい洗練された一枚。紙ジャケット、リマスター、SHM-CDにての決定版的内容。

〜旧チェコスロヴァキアきってのハード・ジャズロックバンドのカタログが2枚組カップリングにて一斉リマスター再発!〜




FERMATA
/Fermata&Piesen Z Hol
(2CD/OPUS)(Czech'75-76)
旧チェコスロヴァキアを代表するプログレッシヴ・ジャズロックバンドの75年1stと、76年2ndのカップリング2枚組リマスター再発。以前の2in1CDでは一部の曲がオミットされていましたが、今回は各々フル音源で収録されています。MAHAVISHNU ORCHESTRAや初期KING CRIMSONの影響を感じさせるアンサンブルに、時としてK・エマーソンを思わせるヒステリックなシンセ・ワークを加えた、ハードかつパワフルなインスト・アンサンブルは抜群!切れ味、力強さの際立つ傑作であります。

/Huascaran&Dunajska Legenda (2CD/OPUS)(Czech'77-80)
代表作と名高い77年の3rdと80年の4thをカップリングしたリマスター2枚組再発。MAHAVISHNU ORCHESTRA〜RETURN TO FOREVERを下地に、EL&P系のシンセ・ワークを加えたテクニカルなサウンドはよりカラフルに洗練されたものになっています。ややハードな色も残した『Huascaran』、シンフォニックな叙情面も強化した『Dunajska Legenda』、いずれも完成度の高い、東欧のプログレッシヴ史上でも指折りの傑作と呼べましょう、オススメ!

/Biela Planeta&Generation (2CD/OPUS)(Czech'80-81)
80年の5th、81年の6thをカップリングしたリマスター2枚組。よりタイトでテクニカルなフュージョン寄りジャズロック志向になっており、MAHAVISHNU ORCHESTRAと言うよりJEFF BECKやBRAND Xあたりを思わせる作風です。シンフォニック色は後退したものの、アコースティカルな叙情ナンバーも健在の『Biela Plenata』、ラテン風味の導入が特色の『Generation』、いずれもジャズロックリスナーは見逃せない秀作です。

/Ad Libitum&Simile (2CD/OPUS)(Czech'84-91)
84年作と91年作リマスター&カップリング2枚組。『Ad Libitum』は冒頭から熱いチェコ語のヴォーカルが飛び出すなど、プログレハード/シンフォにガラリと変貌しており、むしろSYNKOPYやPREGRESS2のファンにオススメの力作。一方、オリジナルのギタリストを中心とした復活作『Simile』は、シンフォ/フュージョン色を戻しつつ、メロディアスで親しみ易いサウンドになっており、『Sparta』期KENSOにも通ずる好内容作品。どちらも見逃せないところであります。

〜RATIONAL DIETの分派/後身バンドの、ダークにして妖美な4年ぶりとなる新作セカンド!〜

FIVE-STOREY ENSEMBLE
/Night En Face

(CD/Belle Antique)(Belarus'17)
ベラルーシから出現した暗黒チェンバー・ロック・バンド、RATIONAL DIETの解散後、女性ピアニストOlga Podgaiskayaとバスーン/サックス/ベース奏者Vitaly Appowが中心となって立ち上げられた後身バンドの2作目。その2人にfl, vln, チェロ, ダブルベースが加わった6人編成基本+曲によってper, マリンバ等も交え、アール・ゾイというよりは、3rd期ユニヴェル・ゼロからロック色を抜き、よりシリアス/クラシカルに寄せたような音像を展開。ダークにして妖美、そしてイマジナリーな傑作です!

〜RATIONAL DIETの分派後身バンド、こちらはkbd奏者主導!〜

FIVE-STOREY ENSEMBLE
/Not That City

(CD/ベル・アンティーク)(Belarus'13)
'00年代最高の暗黒チェンバー・バンドとの評価を得ながらも、分裂・解散したRATIONAL DIET。メイン・コンポーザーの一人だった女性p/kbd奏者、Olga Polakovaを中心に、RATIONAL DIETの管楽器奏者やリズム隊も引き続き参加した、大編成による後身ニュー・バンドのデビュー作。同時期にデビューした、もう一方の分派THE ARCHESTRAに比べると、ユニヴェル・ゼロ系サウンドという点は共通していますが、こちらは男性voやアコーディオンも加えた、ゴシック/クラシカル志向の強い内容になります。これまた高水準な大傑作!

〜チェコの初期プログレッシヴ・ロック・バンドの'72年作がリイシュー!〜

FLAMENGO
/Kure V Hodinkach

(CD/Supraphon)(Czechoslovakia'72)
旧チェコスロバキアのシーンにあっては初期といえる'72年にリリースされた、フラメンゴのアルバム。ブラス、オルガン、熱唱系のvoをフィーチャーした、ブルージーなブラス/ジャズ・ロック、或いはニューロック/アーリーProgとも言うべきサウンドを展開しています。時にIFやコロシアムを思わせる曲目から、ジャジーなフルートを活かした叙情ナンバーまで、エネルギッシュな仕上がりの好内容秀作です! リマスター、3曲ボーナス追加、三面デジパック/スリップケース仕様にてリイシュー!

〜魅惑的な女性シンガーをフロントにした、ハンガリーのコンテンポラリー・トラッド・バンドの2作目〜

FOKATELEP
/FAKADELIC

(CD/NarRater)(Hungary'11)
魅惑的な女性シンガーをフロントにした、ハンガリーのコンテンポラリー・トラッド・バンドの2作目。ハンガリー然とした節回しのヴォーカルや民族楽器を多用しつつ、全体的にはぐっとキャッチーでポップなテイストに仕上がっています。エレクトリック・ギターなど、ロック色もあり、今回も十分にコチラ向きと言える好作です。

〜南アフリカを代表するニューロックバンドの、記念すべき1st。コンセプチュアルなサイケ・ポップ〜

FREEDOM'S CHILDREN
/Battle Hymn Of The Broken Hearted Horde
(CD/FreshMusic)(South Africa'68)
海外ではコレクターズ・アイテムとしての価値以上に高い評価を得ている、南アフリカのニューロックを代表するバンドの、こちらは1stアルバム。後の『Astra』『Galactic Vibes』のようなプログレ・ハード/サイケ色は未だありませんが、ナレーション/ブラス/オルガンを導入した、トータルコンセプトのサイケポップ作となっており、同時期の英国勢にも見劣りしないクオリティです。BEATLES系とも言い切れない、ダウナーで妖しげなムードが魅力。シングルB面ボーナストラック追加の正規盤!

〜ウズベキスタン産、インスト硬派シンフォニック・バンドのニュー・アルバム!〜

FROM.UZ
/Sodom And Gomorrah

(CD/10t)(Uzbekistan'13)
これまでのリリースが、いずれも高く評価されている、ウズベキスタン産インスト・ハード・シンフォニック・バンドの、「Quartus Artifactus」('11)に続く新作5th。元々は「ソドムとゴモラ」の話をモチーフとした舞台作品の為に作曲されたもので、正しくシアトリカルな起伏の強い内容になっています。クリムゾン系ルーツのみならず、フロイド「炎」へのオマージュ的楽曲から、ハードな疾走ロック・ナンバー、そして終盤のカタルシスまで、メロディアスなリード・ギターの活躍も光る、重厚・劇的な仕上がりの傑作!

〜ウズベキスタン産ハード・シンフォの雄、スタジオCDとライヴDVDの計3枚組大充実お徳用アイテム!〜

FROM.UZ
/Quartus Artifactus

(2CD+DVD[NTSC]/10tRECORDS)(Uzbekistan'11)
ウズベキスタン出身のハード・シンフォニック・バンドにして、これまでのスタジオ3作品が高い評価を得ているFROM.UZのニュー・リリース。旧作からセレクトされた9曲を、アコースティック・ギターを押し出したチェンバー風バンド・アレンジで再録したスタジオ録音CD2枚組と、同じスタイル/同一楽曲で、2009年6月に行われたライヴを収録したDVD(NTSC、本編100分)をセットにした、計3枚組というヴォリューム満点なものです。KING CRIMSON風味を押し出した。スリリングなインスト・サウンドを存分に味わえる快演!お徳用です。

〜ウズベキスタン産。ハード・インスト・シンフォニック・バンドの新作3rd。トータル仕立てのよりヘヴィな傑作!〜

FROM.UZ
/Seventh Story
(CD/10tRecord)(Uzbekistan'09)
ウズベキスタン出身の、インスト主体ハード・シンフォニック・バンド:FROMUZ(今回からバンド名に"。"が付いています)の、好評を博した『Overlook』('08)に続く3作目。マルチフルなインスト5人編成ですが、本作にはゲスト的なヴォーカルや会話/SEをふんだんに挿入した、トータル仕立てになっています。DREAM THEATER〜PLANET X系とPINK FLOYD系メロディックをミックスしたような音像は、さらにヘヴィかつ壮大なものに仕上がっており、KING CRIMSON風味も効果的です。スリリングな変則的リフの押し&引きまで、一気に聴かせる痛快なる傑作!

〜ウズベキスタン産、メタリック・ハード・インスト・シンフォ・バンドの2nd。アップグレードした快作! 〜

FROMUZ
/Overlook
(CD/Uzbekistan'08)
ウズベキスタンから登場した、kbd, g, b, drの4人編成による、インスト・ハード・シンフォニック系バンドの「Audio Diplomacy」('07)に続く2ndアルバム。クリムゾン系ヘヴィ・シンフォニックとDREAM THEATER/PLANET X的メタリック・テイストをミックスした、ダイナミックな楽曲は、よりメロディックにスケール・アップしています。辺境系ならではの変則的展開の面白味、エスニック風味やスペイシーな泣きをアクセントに抜けの良い仕上がりとなった、高水準な快作です!

〜なんとウズベキスタンから、変則メタリックなテクニカル・ハード・シンフォニック・バンド登場!! 〜

FROMUZ
/Audio Diplomacy
(CD+DVD(NTSC)/Uzbekistan'07)
なんとウズベキスタンから出現した、変則メタリックなハード・シンフォニック・バンドの、こちらがデビュー作。Kbd, g, b, drの4ピースインストにて、KING CRIMSON〜UK系とプログレ・メタル色をミックスした、スリリングな音像は、既に十分なオリジナリティを感じさせます。次作2ndに比べ、強引な展開とソロ・パート、そして邪悪なムードを押し出しており、技巧派リスナーも見逃せない力作です。CDと同音源のオーディオ・トラック及び、ライヴ映像2曲を収めたDVD付きエディション!

〜ハンガリーの大編成バンド、6年ぶり2作目!壮大かつ深みのあるシンフォニック・ロック!〜

FUGATO ORCHESTRA
/Noe

(CD/Periferic)(Hungary'10)
AFTER CRYING、RUMBLIN' ORCHESTRAに続く、ハンガリー・クラシカル・シンフォニック第三のバンドとして、デビューアルバム『Neander Variations』('04)が高く評価された、フガート・オーケストラの、実に6年振りとなる2ndアルバム。コンポーザー/キーボーディストのBalazs Alparらを中心に、管弦楽器、女性ヴォーカルなどをフィーチャーした大編成バンドによるサウンドは、先の2バンドの中間を行きつつも、より多彩なミクスチャー(ポップ、エレクトロ、北欧トラッドなど)と、シリアスなチェンバー寄りのセンスを加味した、極めてダイナミックなもの。「明るいISILDURS BANE」的イメージすら感じさせる、壮大かつ深みのあるシンフォニック・ロックの大傑作!

〜ハンガリー産、テクニカル&メロディアスなフュージョン/ジャズ・ロック・バンドの高水準作!〜

FUSIO GROUP
/Wanna Dance?

(CD/TomTom)(Hungary'14)
ハンガリー産、サックス、ギター、キーボード、ベース、ドラムスの5人編成によるメロディアス・フュージョン/ジャズ・ロック・バンドの'14年作。いわゆるメタル色やワールド色は無く、技巧的でありつつも流麗に広がる、ウェザー/メセニー等ルーツのサウンドを聴かせます。モダンな仕掛けも十分な秀作!

◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る