◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る

REVIEW ARCHIVES:IRELAND-UK U-Z
[こちらは、これまでに当店に入荷した商品のレビューのアーカイヴです。
価格・在庫の有無はSET SALE LISTを参照するか、またはお問い合わせください]

〜UKの'11年復活日本公演を収めた「リユニオン」の、'13年新規リマスターCDがリリース!〜

UK
/リユニオン〜ライヴ・イン・トーキョー

(Avalon/2SHM-CD+USBメモリー[Live映像収録])(UK'11録音)→コレクターズ・エディション
(Avalon/2CD)(UK'11録音)→ダブル・ディスク・エディション

言わずと知れた、エディ・ジョブソンとジョン・ウェットンが再会し、アレックス・マカチェク(g)、マルコ・ミンネマン(dr)を従えて行った復活UKのエポックな'11年日本公演を収めたタイトル「リユニオン」が、新たなフォーマットで再発売。2CD(コレクターズ・エディションのみSHM-CD仕様)には以前出たDVDの全曲(drソロのぞく)を'13年新規リマスターにて収録。そしてコレクターズ・エディション付属のUSBメモリーは15.8GBで、ブルーレイ並みの画質の映像を収めています。正にコレクタブルなリリース! コレクターズ・エディションからUSBメモリーを抜き、通常の2CD仕様となったダブル・ディスク・エディションも同時発売!

〜U.K.紙ジャケット SHM-CD発売! 3タイトル〜

U.K.
/憂国の四士
(SHM-CD/BelleAntique)(U.K.'78)
英国プログレッシヴ・ロック'70年代最後の大物として歴史に残るU.K.のデビューアルバム。アラン・ホールズワース。エディ・ジョブソン、ジョン・ウェットン、ビルブラフォードの4人による、テクニックと抒情が手を結んだ、正にエポックな名盤!UKデビュー30周年を記念してエディ・ジョブンソン自らのリマスターで登場!!

〜U.K.紙ジャケット SHM-CD発売! 3タイトル〜

U.K.
/デンジャー・マネー
(SHM-CD/BelleAntique)(U.K.'79)
アランとビルが脱退し、代わってテリー・ボジオが加入したトリオとなってのセカンド・アルバム。重厚かつパワフルなプログレシヴ・サウンドの中に、後のエイジアに通じていくキャッチーな側面とエディのヴァイオリンを活かした華麗な技巧が共存した、これまた傑作!エディ・ジョブソン自らのリマスターにて!!

〜U.K.紙ジャケット SHM-CD発売! 3タイトル!〜

U.K.
/ナイト・アフターナイト
(SHM-CD/BelleAntique)(U.K.'79)
'79年5月に行われた来日公演を収録したライブ・アルバムにてU.K.のラスト作。
トリオ編成になってからの演奏で、各人の技量を存分に活かした新曲、2曲を含む白熱の内容。キーボード、ヴァイオリンと大活躍のエディ・ジョブソンが、とりわけ素晴らしい名演!!U.K.デビュー30周年として、ジョブソン自らのリマスター!!

〜英独合体ブラス・ジャズ・ロック・バンド、96年作と99年作の2枚組カップリング再発!リマスターにて〜

THE UNITED JAZZ + ROCK ENSEMBLE
/Die Neunte Von United - X

(2CD/MOOD RECORDS)(Germany/UK'96/99録音)
ウォルフガング・ダウナー、エベルハルト・ウェバー、ヴォルカー・クリーゲル、チャーリー・マリアーノら、ドイツ/欧州ジャズの重鎮たちが、故.イアン・カー、バーバラ、トンプソン、ジョン・ハイズマンといった英国勢と合体したブラス・ジャズ・ロック・プロジェクトの、こちらは96年の9thアルバムと、実質的最終作(02年にさよならツアーを行う)となった99年の10thアルバムのカップリング2枚組リマスター再発。大人の余裕漂うブラス・フュージョンから、ECM風の流麗な側面まで、まさに円熟のサウンドが味わえる力演!両作ともライヴ録音です。

〜英独合体ブラス・ジャズ・ロック・バンド、78年作と87年作の2枚組カップリング再発!リマスターにて〜

THE UNITED JAZZ + ROCK ENSEMBLE
/Round Seven - Teamwork

(2CD/MOOD RECORDS)(Germany/UK'87/78)
ウォルフガング・ダウナー、エベルハルト・ウェバー、ヴォルカー・クリーゲル、チャーリー・マリアーノら、ドイツ/欧州ジャズの重鎮たちが、故.イアン・カー、バーバラ、トンプソン、ジョン・ハイズマンといった英国勢と合体したブラス・ジャズ・ロック・プロジェクトの、こちらは87年の7th『Round Seven』と、78年の2nd『Teamwork』のカップリング2CD(リマスター)再発。87年作の方は、時流もあって、相応にポップなブラス・フュージョンですが、NUCLEUSをファンキーなサウンドトラック風に寄せたような、聴き応えのある秀作です。ユーロ・ジャズ・リスナーもお見逃しなく!

〜COLOSSEUM人脈とドイツ・ジャズの大物が合体した不定形ユニットの、77年ライヴと81年ライヴのカップリング!〜

THE UNITED JAZZ + ROCK ENSEMBLE
/Live In Schutzenhaus + Live In Berlin

(2CD/in-akustik)(UK-Germany'77+81)
イアン・カー、バーバラ・トンプソン、ジョン・ハイズマンのNUCLEUS/COLOSSEUM人脈と、ヴォルフガング・ダウナー、ヴォルカー・クリーゲルらドイツ・ジャズの大物が合体した、英独混成不定形プロジェクトの、ライヴアルバム2タイトル(77年1st/81年4th)をカップリングした、リマスター2CDリイシュー!77年ライヴには、エベルハルト・ウェバー(b)、チャーリー・マリアーノ(sax)らが参加(81年ライヴにはイアン・カーは不参加)。参加メンバーの持ち曲を演奏するオールスター・バンドでありつつも、セッション色は薄く、NUCLEUSをサントラ風にしたような、ノリの良いフュージョン/ジャズ・ロックが味わえます。特に77年ライヴは熱い快演!

〜COLOSSEUM人脈とドイツ・ジャズの大物が合体した不定形ユニットの、コンピの2タイトルをカップリングした2枚組〜

THE UNITED JAZZ + ROCK ENSEMBLE
/Plays Wolfganf Dauner + Plays Volker Kriegel

(2CD/in-akustik)(UK-Germany'01+02)
バーバラ・トンプソン、ジョン・ハイズマンらCOLOSSEUM人脈と、ヴォルフガング・ダウナー、ヴォルカー・クリーゲルらドイツ・ジャズの大物が合体した不定形ユニットの、こちらはコンピの2タイトルをカップリングした2枚組。一方はダウナーの、もう一方はクリーゲルの手による楽曲を、
それぞれ演奏!

〜前作「ア・グラウン・ディング・ナンバーズ」制作時の録音を使用した最新作!〜

VAN DER GRAAF GENERATOR
/Alt

(CD/Cherry Red)(UK'12)
来たる'12年8月には再来日も果たす、御存知VDGGのニュー・リリースは、「Alternative」の意のタイトル通り、異色のインスト/インプロ・アルバムとなりました。P.ハミル(kbd/g)、H.バントン(kbd)、G.エヴァンス(dr)のトリオにて、「トライセクター」リリース期の'06年から、直近作「ア・グラウンディング〜」('11)後の'12年に至る6年間のスタジオ・インプロヴィゼーションから収録されており、歌物ナンバーの原型的なメロディも一部にあります。実験的なインダストリアル調からブルージーなオルガンうたものまで、らしさ十分のファン注目盤!

〜以前単品で出ていた'10年ライヴDVDが、同音源の2CDをカップリングで再発!〜

VAN DER GRAAF GENERATOR
/Recorded Live In Concert At Metropolis Studios,London

(DVD/PAL+2CD/Sound Vision)(UK'10収録)
以前単品でリリースされていた、VDGGの'10年12月ロンドンでのライヴを収めたDVDが本編(約90分)と、同音源の2CDをカップリングした3枚組デジパック仕様で再発! ハミル、バントン、エヴァンスの3人による、復活後の楽曲を中心とした、現在の充実ぶりを実証する名演です! もちろん"Lemmings"等の旧曲もプレイしています!

〜ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーター、通算12作目となるニュー・アルバム!〜

VAN DER GRAAF GENERATOR
/A Grounding In Numbers

(CD/ESOTERIC)(UK'11)
復活作『Present』('05)の後、デヴィッド・ジャクソンが脱け、3人編成となったヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーターの、『Trisector』('08)に続く通算12作目となるニュー・アルバム!今回は英国のESOTERIC RECORDINGSレーベルより、異例の新作リリースとして登場です。いつもながらに重厚なVDGG節というべきナンバーから、PINK FLOYD辺りにオマージュしたような意外な側面、タイトなロック然とした楽曲まで、流石の充実ぶり。ピーター・ハミルのヴォーカル、ヒュー・バントンのオルガンは最早孤高の領域!

〜ピンク・フロイド等が出演した「オランダ版ウッドストック」のDVD&2CDセットがリリース!〜

V.A. (PINK FLOYD, SOFT MACHINE, etc)
/The Dutch Woodstock

(DVD/NTSC+2CD/Gonzo)(UK,etc'70)
これは貴重なリリース。'70年6月に3日間に渡ってロッテルダムで行われた「オランダ版ウッドストック」ことHolland Pop Festのオムニバス・ライヴ映像を収めたDVD(NTSC/97分)と、ほぼ同内容/曲順ちがい(DVD未収のLIVIN'BLUES、EAST OF EDEN含む)の2CDのセットです。サンタナ、ジェファーソンいとった大物から、クインテッサンス、フロック等マニアックどころまで充実のラインナップですが、わけてもソフト・マシーン(1曲)とピンク・フロイド(2曲)は見もの。プログレッシヴ・ファンも十二分に楽しめる内容になっています!

<出演>
SANTANA、AL STEWART、CANNED HEAT、QUINTESSENCE、JEFFERSON AIRPLANE、IT'S A BEAUTIFUL DAY、PINK FLOYD、COUNTRY JOE、DR JOHN AND THE NIGHT TRIPPERS、FAMILY、T.REX、THE BYRDS、THE FLOCK、SOFT MACHINE、EAST OF EDEN、CUBY & THE BLIZZARDS、LIVIN' BLUES

〜速弾き系ギタリスト・オムニバスが廃盤ラストストック品で再入荷!〜

V.A.
/The Alchemists

(2CD/Liquid Note)(UK,etc'02)
イギリスのテクニカル速弾き系注目レーベル、LNRがコンパイルした、7人のギタリストを収めたオムニバス('02)。BRETT GARSEDはじめ、R.Hallebeek、Dave Martone、Magnus Olsson(ホールズワース系)等々、フュージョン系からメタル寄りまで、俊才・奇才がズラリ。ヒトクセあるセンスの楽曲も多く、内容的にもアーティストに当たりをつける意味でも、マニアは押さえたい一品! とにかく速い! 廃盤ラストストック品!

〜ムーン・サファリのファンにおススメ! ドリーミーな青春系ノスタルジック・サウンドのシンフォ・ユニット!〜

VIENNA CIRCLE
/Silhouette Moon

(CD+DVD[PAL]/Audio Treehouse)(UK'13)
PaulとJackのDavis兄弟によるデュオ・ユニットの、08年「White Clouds」に続く2作目。2人のマルチ・プレイ/voにfl,sax,cl等を加えて、フロイド、ビートルズ、ジェネシス等のルーツを感じさせる、フォーキーかつメロディアスな叙情派歌ものシンフォニックを展開しています。ドリーミーな「青春系」の香り漂うvo/コーラス、「炎」期フロイドばりの泣きのg等、英国ならではの味わいの傑作! ムーン・サファリのファンにおススメの、青春系ノスタルジック・サウンドです! 本編CD+メイキングを収録したDVD/PALでのリリース!

〜C.カトラー&B.ドレイク!異色のサーフ・レコメン・バンドの5年ぶりとなる2nd。レトロ&屈折ユーモラス〜

VRIL
/The Fatal Duckpond
(CD/ReR)(UK-USA-Holland'09)
御存知クリス・カトラー(dr)と、ボブ・ドレイク(b)、ルーカス・シモンズ(g/AA Kismet)のトリオで結成された、異色の「サーフ・レコメン」サウンドを聴かせるバンドの、『Effigies In Cork』('04)に続く2作目。今回は、さらにPierre Omer(g)が加わったカルテットとなり、実在しているのかどうかは怪しげな(?)無声映画の仮想サウンドトラック?として制作されています。ほのぼのレトロかつユーモラス、そして屈折したインストは益々痛快。Forever Einsteinと(EC) Nudesの中間とも言うべき、注目作です。

〜ヴァイオリンをフィーチャーした英国叙情派フォーキー・シンフォ・バンド、約35年ぶりの新作!〜

WALLY
/Montpellier
(CD/WallyMusic)(UK'10)
何と復活した、英国叙情派ヴァイオリン入りフォーキー・シンフォニック・プログレの好バンド:ウォーリーの、約35年ぶりとなる新作3rdアルバム。1st時のキーボーディスト:ポール・ガレットと、ギタリストのピート・コスカーは故人となってしまいましたが、残る往年のメンバー5人(ヴォーカル/ギター、スティールギター/ベース、キーボード、ヴァイオリン/ベース、ドラムス/パーカッション)を中心とした7人編成(+ゲスト)による録音です。35年前の幻の3rdアルバム用の楽曲も含まれており、YESというよりも、むしろBarclay James Harvest〜PINK FLOYD系に通じるブリティッシュ然としたサウンドは健在。予想を上回る手応えの、好内容です!

〜こちらはバンド自身のリリースによる、1stと2ndのほぼ2in1リイシュー!限定CD-R〜

WALLY
/That Was Then[CD-R]
(CD-R/WallyMusic)(UK'74/75)
35年ぶりの復活作『Montpellier』もリリースした、英国叙情派フォーキー・シンフォニック・プログレ・バンド:ウォーリーの、こちらは09年の復活コンサートを記念して制作された、バンド自身による自主CD-R。タイトルはライヴDVDと同じですが、こちらは74年の1st『Wally』(1曲カットして収録)と、75年の2nd『Valley Gardens』(全曲収録)を、実質的な2in1で収めた(曲順はシャッフルしてあります)。情緒溢れるサウンドは改めて高水準!限定リリースにつき、お見逃しなく。

〜米Wounded Birdより、WALLYの75年リリースの2ndが再発!叙情的かつフォーキーなサウンドはここに完成!〜

WALLY
/Valley Gardens
(CD/WoundedBird)(UK'75)
先ごろなんと復活し、09年ライヴを収めたDVDと、スタジオ新作『Montpelier』('10)をリリースしたウォーリー。こちらは、米Wounded Birdより、彼らの代表作にして当時の最終作となった2ndアルバムの、外盤初CD化リイシューです。ヴァイオリンとスティール・ギターをフィーチャーした、Barclay James Harvest、PINK FLOYD、CAMELなどをフォーキーに寄せたような叙情的音像は、1st以上のまとまりと完成度を示しています。70年代ブリティッシュ然とした味わいの名作!マスター消失により盤おこしですが、音に問題はありません!

〜ウェブの傑作3rdがSHM-CD/紙ジャケット仕様にて再発!〜

ウェブ
/アイ・スパイダー

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(UK'70)
後にグリーンスレイドに参加する、デイヴ・ローソン(kbd,vo)が新加入した、ウェブのラスト作サード。元々はブラス・ロック・バンドだった彼らですが、ローソンの加入/作曲により、一気にプログレッシヴなジャズ・ロック化。管楽器も交えつつ、ローソンの多彩なkbdワーク(オルガン、エレピ、メロトロン…)と英国然としたvoの魅力が存分に味わえる名作です! '71年のライヴをボーナスとして2曲追加、SHM-CD、紙ジャケット仕様!

〜カリフォルニア出身のシンガーソングライターの69年作品、リマスター&初CD化!〜

WILLIAM R. STRICKLAND
/Is Only The Name
(CD/ESOTERIC)(UK'69)
69年に英Deramからリリースされた、カリフォルニア出身のシンガーソングライターのアルバム。オルガン、ブラスやシンセも交えた、ストレンジな弾き語りアルバム。フォーク、ほのかにアシッドの薫る作風は、なかなかにインパクトがあります。

〜英産、叙情派インスト・シンフォニックの好バンド、新作3rd!〜

WILLOWGLASS
/The Dream Harbour

(CD/Willowglass)(UK'13)
英のマルチ・プレイヤー、アンドリュー・マーシャル(g,kbd,b)が、ドラマーと結成した叙情派インスト・シンフォニック・バンドの、「Book Of Hours」('08)以来年振りとなる新作3rd。今回vln/fl奏者が新加入したトリオ編成となり、キャメル/ハケット系のみならず、クリムゾン系ルーツの色も押し出した、よりダーク&コンプレクシャスなサウンドを展開しています。幻惑的なメロトロン音も多用された、マニア好みのアレンジも魅力といえる、彼らの現時点での最高作! おススメ!

〜傑作2nd大推薦!ジェネシス/ハケット/キャメル系叙情シンフォニック!〜

WILLOWGLASS
/Book Of Hours
(CD/UK'08)
各種g,b,kbd,fl,drをプレイするアンドリュー・マーシャルがドラマーを加えて結成したユニット、ウィローグラスの2nd('08)。好評だった前作「Willowglass」('05)を継いだ、ジェネシス/ハケット、キャメルをルーツとしたメロディアスな叙情派インスト・シンフォニック・ロックは、更にダイナミックに深化しています。メロトロン音、フルートなど'07年代風味を増した楽曲も非常に高水準な、正統派ブリティッシュ・シンフォニック会心の傑作!

〜実は世界初CD化!WISHBONE ASH、80年のライヴアルバム!SHM-CD/リマスター/紙ジャケット/日本盤LP帯再現仕様!〜

WISHBONE ASH
/Live Dates Volume Two(ライヴ・デイト2)

(2SHM-CD/Universal)(UK'80録音)
1980年に収録/発表された、ウィッシュボーン・アッシュ通算2作目のライヴアルバム!2枚組SHM-CD、リマスター、紙ジャケット、日本盤LP帯再現仕様にて。世界初CD化!来日の景気づけに、是非!

〜マリリオンのスティーヴ・ロザリー(g)と女性ヴォーカリストHannah Stobortによるユニット〜

THE WISHING TREE
/ostara(CD Intact)(UK.'09)
マリリオンのスティーヴ・ロザリー(g)と女性ヴォーカリストHannah Stobortによるユニットの「カーニヴァル・オブ・ソウルズ」以来何と13年振りとなるセカンド。ロザリーのg/b/kbdにエンチャントのdrが加わった演奏にてケルト〜ゴシック・フォーク色を取り込んだアコースティカルな女性VOサウンドをいおりしっとりと聴かせます。ロリータ風味を残しつつ、妖艶な魅力も感じさせるHannahの歌声を軸に、オール・アバウト・イヴ系とも、モストリーオータム系の中間を行くような仕上がりです。叙情味十分の傑作!!

〜スティーヴ・ロザリーと、美形女性ヴォーカリストによるシンフォニック・ユニットの1st〜

THE WISHING TREE
/Carnival Of Souls

(CD/RacketRecords)(UK'01)
MARILLIONのレーベルより、ニュー・ジャケット/エンハンスト・ボーナス入りで再発。スティーヴ・ロザリー(g)と、美形女性ヴォーカリストによるシンフォニック・ユニットの1st('00)、ボーナス・エンハンストで、TVライヴ映像2曲及びオーディオ・トラック2曲が追加されています。

〜幻の5作目とも言うべき、94年の未発表ライヴが発掘リリース!レコメン・ファン必聴の名演がここに!〜

THE WORK
/The 4th World

(CD/AD HOC/BelleAntique)(UK'94録音)
『See』のリマスター盤と同時にリリースされた、THE WORKのこちらは何と、幻の5作目とも言うべき、94年のライヴ音源の発掘リリース。組曲風の全20曲のうち、ほぼ全曲が未発表曲で占められており、様々なテクストを引用した歌詞を用いた、よりシリアスでシアトリカルな内容となっています。エレクトロニクス色も麻酔ポプで、野蛮な押しは多少後退し、THIS HEATをメロディックにしたような曲想や、ノー・ウェイヴ的ムードも感じられる、彼らの意欲的な姿が味わえる驚きの名演!レコメン/アヴァン・ロック・リスナー大注目の1枚です!

〜ティム・ホジキンソンがHENRY COW解散後に結成したアヴァン・ロック・バンドの92年4thがリマスター再発!〜

THE WORK
/See

(CD/AD HOC/BelleAntique)(UK'92)
HENRY COW解散後、ART BEARSに参加しなかったティム・ホジキンソンが結成した、ポスト・パンク系アヴァン・ロック・バンドの、『Rubber Cage』('89)に続き、92年にリリースされた通算4thアルバム(ライヴ・アルバム含む)にして、スタジオ最終作となったアルバムの、リマスター/デジパック再発盤。粗暴なまでの直情的なパンク/レコメン的サウンドに、エレクトロ色も導入した内容は、前作を大きく上回るエネルギーとインパクトを放っています。初期のパワーとテンションを取り戻した、アヴァン・ロック・ファン必聴の大傑作!

〜幻の英国シンフォニックバンド、復活後の4thアルバム。キーボードトリオで奏でるハケット系叙情&U.K的構築〜

YAK
/Journey Of The Yak
(CD/Yaksongs)(UK'08)
82年から84年にかけて英国で活動するも、当時は音源を残さなかった幻のシンフォニック・ロック・バンドYAK。彼等は04年に復活しての1stをリリース、以降の4作目に当たるのが本作であります。80年代は4ピース編成でしたが、ここではオリジナルメンバーのキーボーディストに、ベース、及びピーター・バンクス・バンドのドラムスが加わったトリオ編成になっております。ハケット系の叙情的なタッチを下地に、U.K的な構築性を加えたような楽曲は水準が高く、英国らしさも十分。無名ながらこれは大穴と呼べる秀作でありましょう。

〜BBC制作のイエス・ドキュメンタリーがDVD化!〜

YES
/Live Hempsted Pavilion October 3rd 1971

(DVD:NTSC/Respect)(UK'71収録)
ご存知イエスの、元々はBBCが当時制作したドキュメンタリー映像(23分強)のDVD化。断片的ながらも、ブラッフォード在籍/ウェイクマン加入後の'71年10月のライヴ・フッテージが挿入されており、非常に貴重な内容となっています。ブラッフォードとウェイクマンが共にいるステージの映像はレア! お見逃しなく!

〜言わずもがなの超名作、ウワサのスティーヴン・ウィルソン・リミックス版が登場!〜

YES
/Close To The Edge

(CD+DVD:NTSC/Panegyric)(UK'72)
言わずもがなの超名作、ウワサのスティーヴン・ウィルソン・リミックス版が登場! CDにはステレオMix、DVDには5.1chサラウンド等の音源入り。ボーナス・トラック2曲(“America”及び“Close To The Edge”のラフMix)追加! デジパック仕様!

〜09年のフランス・リヨン公演を収録!『Drama』楽曲もプレイした注目の快演!DVD付きエディションも入荷!〜

イエス
/イン・ザ・プレゼント〜ライヴ・フロム・リヨン

(2CD/AVALON)(UK'09収録)
(2CD+DVD/AVALON)(UK'09収録)
カナダ人シンガー、ベノワ・デーヴィッドを新たにフロントに迎えてリリースされた、久々のスタジオ・アルバム『Fly From Here』が大好評を博した、大物中の大物、イエス。今度は、同作のリリースに先立つツアーより、2009年12月1日にフランスはリヨンで行われたコンサートを収めた、フル・ライヴ2CDが登場です。ベノワ・デーヴィッド(vo)、オリヴァー・ウェイクマン(kbd)をフィーチャーした編成にて、定番曲の数々のみならず、あの『Drama』から、"Tempus Fugit"、及び"Machine Messiah"もプレイ!注目の快演となっています。日本先行発売、CDにはボーナス・トラック1曲収録!DVDには、"Roundabout" "Machine Messiah"のフル・ライヴ・フッテージを含むドキュメンタリー(約50分、字幕付き)を収録しており、ファン注目の内容となっています。

〜ジェフ・ダウンズ&トレヴァー・ホーン、そして新ヴォーカリストを迎えたイエス、10年振りの新作!〜

イエス
/フライ・フロム・ヒア

日本先行発売/日本盤ボーナス・トラック1曲追加収録
【通常盤(初回生産分のみロゴ・ステッカー封入)】
(CD/AVALON)(UK'11)

【初回生産限定盤(ロジャー・ディーンによるアートワーク・ポスター封入)】
(SHM-CD+DVD/AVALON)(UK'11)

プログレッシヴ・ロックを代表するバンドにして、言わずと知れた超大物、イエスの『Magnification』('01)以来となるニュー・スタジオ・アルバム。ジョン・アンダーソンが脱退し、後任としてカナダ人シンガーのベノワ・ディヴィッドが加入。そして、オリヴァー・ウェイクマンに代わって、何とジェフ・ダウンズ(BUGGLES/ASIA)が後任キーボーディストとして再加入しています(アルバム曲には一部、オリヴァ―によるキーボード・トラックもあり)。さらにプロデュースにトレヴァー・ホーン(!)を迎え、BUGGLESの未発表曲であり、かつて『Drama』ツアーでも演奏されていた"We Can Fly From Here"を、20分強、六部構成の組曲アレンジで収録しています。30年の時を経て『Drama』の続きが今!ディヴィッドの美声も違和感なくマッチした、会心の傑作です!国内盤にはボーナス・トラック1曲("Hour Of Need"のフル・ヴァージョン)収録。初回生産限定エディションはSHM-CD仕様の本編CDに加え、メイキング・ドキュメンタリー映像(18分/日本語字幕付き)収録のDVD、さらには、ロジャー・ディーンによるアートワーク・ポスターを封入した豪華盤!お見逃しなく!

〜4枚組CDに、ライヴのDVD版を加えた豪華セットによる、コンプリート版『Keys To Ascention』!〜

YES
/Keys To Ascention(4CD+1DVD Edition)

(4CD+1DVD/LION MUSIC)(UK)
コンプリート版『Keys To Ascention』!4枚組CDに、ライヴのDVD版を加えた豪華セット!

〜デビュー40周年記念SHM-CD紙ジャケット!〜



YES
/サード・アルバム
(SHMCD/WarnerMusicJapan)(UK'71/09)
/こわれもの(SHMCD/WarnerMusicJapan)(UK'71/09)
/危機(SHMCD/WarnerMusicJapan)(UK'72/09)

〜YES + TOTO = YOSO!トニー・ケイ&ビリー・シャーウッド&ボビー・キンボールによる新バンド登場!〜

YOSO
/Elements〜要素〜
(2CD/KINGRECORD)(UK.USA'10)
元YESのトニー・ケイ、及びビリー・シャーウッドと、TOTOのボビー・キンボールが組んだ新プロジェクトの1st。文字通り、80年代YESと、TOTO系AORの要素が合体した、期待にたがわぬ高水準な内容に仕上がっています。ボーナスCDとして。YESメドレーや"Cinema"を含む(さらに日本盤のみ"Roundabout"追加!)ライヴ集を加えた2枚組仕様での注目リリース!

〜ゼブラの1stアルバムがボーナス3曲入りにて紙ジャケット再発!〜

ゼブラ
/ゼブラ誕生

(CD/エアー・メイル)(UK'73)
元IFのテリー・スミス(sax)とデイヴ・クインシー(g)が、オシビサのラフティ・アマオ(per,sax,fl)、後にギランのジョン・マッコイ(b)らと結成したグループ、ゼブラの1st。アフロ・ファンキーなグル−ヴとブラス・ロックを融合したサウンドは、クロスオーヴァー期にあって異彩を放つ、未だ新鮮なものです。いわゆるアフロ色が最も強い仕上がりの秀作! 映画「未来惑星ザルドス」主題曲シングルなどをボーナス追加! エアー・メイルから同時発売の「ゼブラ/パニック」紙ジャケットを、同時購入にて先着で模擬8cmCDシングル「ゼブラ/未来惑星ザルドス」をプレゼント!

〜ゼブラの2ndアルバムがボーナス3曲入りにて紙ジャケット再発!〜

ゼブラ
/パニック

(CD/エアー・メイル)(UK'74)
IFから参加のテリー・スミス(sax)が脱退、元リフ・ラフのトミー・アイアー(kbd)及びアラン・マーシャル(vo)らが加入して、'74年にリリースされた、当時のラスト作2nd。アフロ色は多少後退し、ファンキーでありつつもクロスオーヴァー/ジャズ・ロック色を強化した傑作に仕上がっています。なんとジェフ・ベックが参加したトラックM10(本編M7の未発ver)ほか、3曲ボーナス追加! エアー・メイルから同時発売の「ゼブラ/ゼブラ誕生」紙ジャケットを、同時購入にて先着で模擬8cmCDシングル「ゼブラ/未来惑星ザルドス」をプレゼント!

〜UK産アフロ・ファンク・ジャズ・ロック名バンドの1stと2ndがカップリングで再発!〜

ZZEBRA
/Zzebra - Panic
(2CD/AngelAir)(UK'75/76)
ラフティ・アマオをフィーチャーした、UK産アフロ/ファンク・ジャズ・ロックの名バンド:ZZEBRAの75年の1stと76年の2ndが、2枚組カップリングで英ANGEL AIRより再発リリース!

〜レアなアーティストも多数!Audio Archiveからのゴッタ煮なコンピレーション・アルバム!〜

V.A.
/Heavy Prog Fallout

(CD/Audio Archive)(UK)
Audio Archiveからのコンピレーション。NECROMANDUS、ARGUS、SLOWBONEといった、自社リリース済のアーティストから、「古いほうのCATHEDRAL(UK、フォーク系)」など、新たに発掘された?メガ・レアなアーティストもたっぷり収録。ヘヴィ・プログといっても、そこはAudio Archive、ダウナー・サイケもガレージ・ハード・ロックもフォークもごった煮状態です。そしてボーナス・トラックとして、何と!FUSION ORCHESTRAの73年ライヴを1曲(音質はラフ)が収録されています!注目!

〜元GUAPOのメンバーによるキーボード・インスト・バンド! メロトロン等のアナログ・キーボードが唸る快作!〜

ZOLTAN
/First Stage Zoltan

(CD/Cineploit)(UK'13)
英国産、元GUAPOのマット・トンプソン(b,ac-g,kbd)らが結成した、スペイシーかつダークなエレクトロ/kbdプログレッシヴ・トリオの1st。メロトロン等、アナログ機材にこだわったkbdトリオ(kbd,b,dr)基本。ゴブリン、フロイド、タンジェリン、クリムゾン等をルーツとした、妖美かつ映像的なインストを展開しています。近年で言えば米のZOMBIや、モルト・マカブル辺りのリスナーにお薦めの高水準な傑作!
◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る