◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る

REVIEW ARCHIVES:ITALY B-C
[こちらは、これまでに当店に入荷した商品のレビューのアーカイヴです。
価格・在庫の有無はSET SALE LISTを参照するか、またはお問い合わせください]

〜ビリエットやチェルヴェッロを想わせる部分すらある、コテコテ濃厚にして妖美なサウンド!〜

IL BACIO DELLA MEDUSA
/Discesa Agl'Infeni D'Un Giovane

(CD/Ams)(Italy'08)
'12年の3rd「Deus Lo Vult」(現時点での最新作)が評判を呼び、フロントマンのSimone Cecchiniが先頃デビューしたFUFLUNSにも参加している事が話題となった、「邪悪系」イタリアン・ヘヴィ・シンフォニック・バンド。こちらは、'08年の2ndの再発盤です。女性フルート奏者を含む前作と同じメンバーに、新たにvln/vla奏者を加えた6人編成となり、伊語voがac-gのみならずsaxもプレイする等、音数を増強。KC/VDGG、タル/ヒープ系ルーツの、時にフォーキーなダイナミック・サウンドは、まさにイタリア然としたもの。ビリエットやチェルヴェッロを想わせる部分すらある、コテコテ濃厚にして妖美なサウンドに仕上った傑作です!

〜'70年代志向のイタリアン・ヘヴィ・シンフォ新鋭、4年振り新作4th!〜

IL BACIO DELLA MEDUSA
/Deus Lo Vult

(CD/Glare)(Italy'12)
「Prog Exhibition 2」にも参加していた、イタリアン・シンフォニック・バンドの4年振りとなるサード・アルバム(7曲入り、33分)。男性シンガー/コンポーザーのS.Cechiniを中心に、女性fl/saxもフィーチャーした5人編成(voは伊語)にて、熱気の有る、'70年代志向のサウンドを展開しています。PFMやバンコをルーツとしたような曲想から、より邪悪なヘヴィ曲、更にはユーモラスなペイガン/フォーク・メタル調まで、聴き応え十分の会心傑作に仕上がっています! 豪華ハード・カヴァー・デジパック仕様!

〜不慮の事故で他界したF.ジャコモに捧げられたバンコ・ファン必携の追悼アルバム!〜

BANCO DEL MUTUO SOCCORSO
/Un'Idea Che Non Puoi Fermare

(2CD/Sony music)(Italy'14)
今年('14年)4月に行われる予定だった来日公演の直前に急逝したフランチェスコ・ディ・ジャコモへの追悼リリース2CD(125分)。ジャコモ生前の'11〜'13年ライヴ・トラック(初出)と、彼の死後に制作されたスタジオ新録(ヴィットリオのソロ・プレイ曲を含むインスト、イタリアのアクター達のナレーション付)を6:4程の割合で織り交ぜた構成になっています。ナレーションとライヴがクロスする部分もあり、正に追悼に相応しいムードの中、改めてジャコモの素晴らしいヴォーカルに涙・・・

〜名作「Darwin!」の40周年記念盤。アルバム完全再現の'12年ライヴ&フランコ・バッティアート参加の未発表新曲を追加!〜

BANCO DEL MUTUO SOCCORSO
/Darwin! (40th Edition)

(2CD/Sony)(Italy'72/'12録音)
(3LP/Sony)(Italy'72/'12録音)

バンコの作品中でも、もっとも複雑な構築性を持つ名作として名高い2nd「Darwin!」('71)の40周年再発盤(2CDエディションと、同内容の3LPエディション同時発売)。CD1はアルバム本編リマスター。CD2には何とアルバム全曲を丸ごと再現した、初出'12年ライヴ及び、フランコ・バッティアート(vo)がゲスト参加した未発新曲“Imago Mundi”を収録しています。管楽器も交えた現在の編成でのライヴも非常に出来が良く、イタリアン・プログレッシヴ古典のアニヴァーサリーに相応しい、マスト・アイテムと言って良いリリースです! 2CDエディションは、トール・サイズ豪華デジ・ブック仕様!

〜バンコのデビュー40周年記念リリース! 1stのリマスター音源&未発曲の新録&'12年ライヴ音源!〜

BANCO DEL MUTUO SOCCORSO
/40 Anni

(2CD/Sony)(Italy'72/'12)
言わずと知れたイタリアン・プログレッシヴ代表格、バンコのデビュー40周年記念リリース2CD。Disc1に1stアルバム「Banco Del Mutuo Soccorso」('72)のリマスターを収め、Disc2には'72-'73当時作曲されていた未発曲の新録3曲と、'12年4月ローマでの最新ライヴ・トラック3曲("R.I.P."、"Metamorfosi"、"Traccia")を収録しています。新録曲は実質的にはヴィットリオのソロで、しっとりした生ピアノを主体に、バンコのメンバーではないサックスやチェロを加えたもの。ライヴはツインg、sax入りの編成でテンションの高い力演です。ファン必携の豪華盤!

〜荒削りながら後の活躍を予見させる、バンコの貴重な1st以前のデモ録音!〜

BANCO DEL MUTUO SOCCORSO
/Donna Plautilla

(CD/Sony Music)(Italy'89)
'89年に初めてLPで発掘リリースされた、バンコの貴重な1st以前の録音。ジャコモは未加入で、サウンドも後を予見させる所もある一方、荒削りな面も多いなど完成された作品とはいえないものの、流石の水準のデモといえます!

〜やはり凄い!アルバム「地平線」でブレイクした若手シンフォ・バンドの活動10周年記念ライヴ!〜

BAROCK PROJECT
/Vivo

(2SHM-CD/Belle Antique)(Italy'15収録)
アルバム「地平線」でブレイクした、イタリアの若手シンフォニック・ロック・バンド、バロック・プロジェクトが、活動10周年を記念しての、2CDライヴ・アルバムをリリース。'15年ミラノでのライヴで、「地平線」時の4人+新加入bの編成による、凄まじいテクニック&ダイナミズムの濃度が、クリアーな録音でリスナーに迫る臨場感抜群の内容です。一枚目が1st〜3rdの曲(及び"Los Endos"カヴァー)、二枚目が「地平線」からのセットに加え、新曲のスタジオ・テイクも収録(1曲)。さらに日本盤ボーナスとして、kbd奏者ルカの超絶技巧のピアノ・ソロ収録!SHM-CDの日本独自バージョン!

〜ムーン・サファリに続く現代プログレッシヴ・ロックの旗手が日本上陸!〜

BAROCK PROJECT
/Skyline
 (スペシャル・ダブルCDエディション)
(SHM-CD + CD/ベル・アンティーク)(Italy'15)
全盛期のキース・エマーソンに勝るとも劣らない、超絶技巧キーボーダー、ルカ・ザッピーニ率いるイタリア産シンフォニック・ロック・バンド、バロック・プロジェクトの、「Coffe In Neukolm」('12)に続く新作4th。表現力豊かな専任シンガー(英語)をフィーチャーした編成にて、ELP、フォーカス、ニュー・トロルス等を思わせる華麗なクラシック・ロック色と、甘美でキャッチーな歌メロ、そしてモダンなプログレ・ハード色がダイナミックに共存したサウンドが、更なるクオリティで展開されています。イタリアのみならず、ムーン・サファリ等と並ぶ、現代プログレッシヴ・ロックの旗手に躍り出た、会心の大傑作!日本盤のみ、10分近い大曲含む2曲入りボーナス・ディスク付2CD、紙ジャケット、SHM-CDにてのリリース!マストです!ジャケット・イラストはポール・ホワイトヘッド(往年のジェネシス等のカヴァーを担当)!2015年7月25日、ベル・アンティークより発売!


※アーティストの詳細等はこちらでご確認いただけます
 
(バイオ、サイン入りフォト、リーダー・トラック音源、メイキング映像等も掲載しています)

■紹介ページ: http://www.marquee.co.jp/label/barockproject.htm

※WORLD DISQUE店頭および通信販売にて好評販売中です!

■通販ページ: http://wdisque.shop-pro.jp/?pid=90713172
他商品同様、電話やメール等でのご予約も承っております。

〜メタル系の人材による本格的なクラシカル・シンフォニック・プロジェクトの最新作!〜

BAROCK PROJECT
/Coffee In Neukolln

(CD/Musea)(Italy'12)
その名の通りのバロック・クラシカルなタッチを交えつつも、現代的に洗練された音像を展開する伊産シンフォニック・ロック・バンドの、「Rebus」('09)に続く3作目。今回は英語vo,kbd/g,bの3人編成(+ゲストfl)で、drは打ち込みと思われますが、違和感は全くありません。ELP、ジェネシス、クィーン等をルーツとした、荘厳なオーケストレーションからテクニカルなアンサンブルまで、自在の楽曲は非常にセンスが良く、プログレ・ハード寄りの技巧性も魅力十分です。抜群の作曲力が光る傑作!

〜エレクトロ/実験色を押し出した、F.バッティアートの最新作!〜

BATTIATO/PINAXA
/Joe Patti's Experimental Group

(CD/Virgin)(Italy'14)
イタリアが誇る孤高の天才、フランコ・バッティアートの'14年新作。今作は、Pino Pinaxa Pischetola(プログラミング・コンピュータ)との連名による、大胆なエクスペリメンタル/エレクトロ・アルバムとなっています。11曲中4曲にヴォーカル入り。トータルな流れの中、あの3rd/4th期のイメージのミニマル/シリアス色と、現代的なエレクトロ/アンビエント/クラシカル色が相まった、非常に硬質かつイマジナリーな内容に仕上がっています。ポップと対極の、もうひとつのバッティアート・サウンド健在の快作!

〜アルティ・エ・メスティエリのkbd奏者による新作ソロ!〜

BEPPE CROVELLA
/Le 17 Contrade Del Palio Di Siena

(CD/ElectRomantic Music)(Italy'12)
御存知アルティ・エ・メスティエリのkbd奏者、ベッペ・クロヴェッラの新作ソロ。ここの所ピアノ・ソロ作が続いていましたが、今回はピアノ、シンセ、オルガン、メロトロン等を駆使した、オーケストラルな作品です。17のパートから成る、トータル仕立ての組曲となっており、エマーソン系ルーツの雄大なオーケストレーションから、繊細な叙情味まで、非常にダイナミックな仕上がり。バンド・タッチでこそありませんが、十二分にシンフォニックかつイメージ力も申し分のない好内容秀作です!

〜ARTI&MESTIERIの鍵盤奏者、ベッペ・クロヴェッラの、ピアノ・ソロ・ライヴを収録した2枚組CD〜

BEPPE CROVELLA
/Ae Mio Paeae

(2CD/Electromantic)(Italy'11)
御存知、ARTI&MESTIERIの鍵盤奏者、ベッペ・クロヴェッラが、2011年7月1日に、ホームタウンであるS.Sebastianoで行ったピアノ・ソロ・コンサートを収録した2枚組CD(トータル約90分)。一部で珍しく自らヴォーカルもとりつつ、ARTI&MESTIERIナンバーのアレンジも交えた、しっとりとロマンティックな、癒し系ジャズとも言うべきムードの演奏を展開しています。地元ゆえの、まさにアット・ホームな空気の中、クロヴェッラのパーソナリティが伝わってくる、ハートフルな好演です!

〜シリアス/チェンバー色の強い、暗黒志向のダブ系アヴァン・サウンド!〜

BERSERK !
/Berserk !

(CD/RareNoiseRecords)(Italy'13)
NAKED TRUTHのイタリア人ベーシスト、Lorenzo Feliciatiと、同じくイタリア人のシンガー/マルチ・プレイヤー、LEFことLorenzo Esposito Fornasariがコラボしたプロジェクト、ベルセルクの'13年1st(現時点での唯一作)。パット・マステロット(dr, per)、ジェイミー・サフト(kbd)、g、トロンボーンらが曲毎に参加、伊福部昭調トロンボーンはじめ、チェンバー・ロック色の強い、NY系+KC周辺系サウンドを展開。KAYO DOTあたりに通じる秀作!

〜復活・ビリエットの新作は、地中海フォーク・ロック/トラッド路線!〜

BIGLIETTO PER L'INFERNO
/Vivi. Lotta. Pensa.

(CD/Btf)(Italy'15)
'09年にアコースティック編成の元、「.folk」付き名義で復活作3rd「Tra L'assurdo E La Ragione」('09)をリリースしたビリエットの、通産4作目(未発含む、ライヴ除く)となる新作は、旧作の再録を中心としたアルバム。M1,M3,M4が2nd、ラストの14分におよぶM5が1stからの楽曲で、女性ヴォーカル、ヴァイオリン、パイプ、フルート等をフィーチャーした「.folk」の流れを継いだ編成にて(キーボードとドラマーのみオリジナル・メンバー)、地中海フォーク・ロック/トラッド路線にアレンジ。時にPFM風の?陽性イメージと往年のムードが共存した、新鮮味十分の力作に仕上がっています!

〜伊産新鋭シンフォ・バンドのデビュー作!〜

BILL IN THE TEA
/Big Tree

(CD/AMS)(Italy'14)
イタリア出身、若手5人組(g/英語vo、g、kbd、b、dr)ダーク・シンフォニック新バンドの1stフルレンスCD、AMSより。新世代らしい時にサイケデリックなポスト・ロック風味や、ゲストvlnを活かした叙情味を交えて、中期PFMやDFAに通じる技巧性と、モダンなムードが共存した音像を展開しています。メリハリの効いた曲想、地中海フュージョン風味など、イタリアらしさも十分の快作!

〜紙ジャケ再発!謎のガレージ・サイケ/'60s風ハード・バンド、激レア・アイテム!!〜

BLUE PHANTOM
/Distortions
(CD/Ams)(Italy, UK etc? '71)
Spiderレーベルにシングルとアルバムを1枚ずつ残した謎のグループ、ブルー・ファントム。亮作品を収めたCDが再登場しました。('98年にGialloから一度リリースされている。)インサートにはシングルのピクチャー・スリーヴ/LPのレーベル写真も掲載されています。Vedetteレーベルの創業者、Armando Sciasciaが変名(Tocal)で曲作りや演奏に参加しているらしく、アイアン・バタフライなどを思わせる、ファズ・ギターを活かしたガレージ・サイケデリック・ロックの大傑作に仕上がっています。当時としてはかなり凝った作りのノリの良いサウンドが素晴らしい!

〜イタリアン・プログレッシヴのマニアックな逸品。紙ジャケットでリイシュー!〜

BLOCCO MENTALE
/Poa

(CD/BTF)(Italy'73)
イタリアン・ロック全盛期の73年にマイナー・レーベルからリリースされ、オリジナルLPは非常なレア盤として知られるブロッコ・メンターレの唯一作。サックス/フルート、メロトロン、時にNEW TROLLSを思わせるヴォーカル/コーラスをフィーチャーした、清涼感のあるシンフォニック・サウンドは、秀曲の"Impressione"はじめ、静と動の対比も鮮やかで、魅力十分。当時の一線級の名盤群に比べると流石に小粒ながらも、どこを切ってもイタリアらしさに溢れた、まさにマニア好みの1枚です!新ジャケット(くりぬきなし)、+2ボーナス・トラックにて。

〜アルバム未収のシングル名曲も!ラヴロック代表格:ボッテガのEMI音源コンピレーション!〜

LA BOTTEGA DELL'ARTE
/Made In Italy
(CD/EMI)(Italy)
言わずと知れたラヴロック〜歌物系グループの代表格:ボッテガ・デッラルテの、以前同名タイトルでリリースされていたコンピレーションの出直し(ニュー・ジャケット)。BEST盤、というよりシングル・コレクション的で、EMI音源からのセレクトということで、78年の未収録シングル名曲"Bella Sarai"、3rdアルバム『L'Avventura』からの曲などを聴くことができる、ファン必携のお徳用スグレモノコンピレーション!

〜イタリアで'71年にリリースされたライブラリー物音源がCD化!〜

BRAEN'S MACHINE
/Quarta Pagina [Poliziesco]

(CD/Schema)(Italy'71)
イタリアで'71年に(300枚のみが)リリースされたという、いわゆるライブラリー物(著作権フリーの放送局用BGMレコード)のCD化。サスペンスフルなムードから、サイケ、ファンク、ラウンジ、ジャズまで、当時ならではのサントラ系サウンド。一部に女性スキャット・ヴォーカルも有り!

〜管弦、ヴォイス等、総勢19名(!)にも及ぶ大編成で目眩くサウンドが展開される大傑作!!〜

BREZNEV FUN CLUB
/Il Misantropo Felice

(CD/ベル・アンティーク)
イタリア産、カンタベリー+ザッパ/現代音楽的、ジャズ・ロック/チェンバー・バンドの2ndアルバム!管弦、ヴォイス等、総勢19名(!)にも及ぶ大編成で、ピッキオ+YUGEN的?シリアス色も濃厚な、目眩くサウンドを展開。イタリアン・チェンバーの新たなる名作!これは特大スイセンです!

〜イタリアで90年代に活動していたチェンバー/ジャズ・ロック系バンドの復活作!〜

BREZEV FUN CLUB
/L'onda Vertebrata

(CD/BTF)(Italy'11)
イタリアで90年代に活動するも、作品を残さなかったチェンバー/ジャズ・ロック寄りプログレッシヴ・バンドが復活し、当時の楽曲を録音した1stアルバム。管弦楽器、男女ヴォーカルを含む大編成にて、ZAPPA+NATIONAL HEALTH的な、ブラスを活かしたパートから、むしろPICCHIO DAL POZZOあたりに通じるイメージまで、変化に富んだ演奏を展開しています。20分に及ぶタイトル組曲をはじめ。イタリアらしいクラシカルな叙情性すら盛り込んで、スケールの大きい仕上がり。手応え満点です。別ヴァージョン2曲も追加。

〜今度はラテン+アフリカだ!D.セーペ新作!〜

BRIGADA INTERNAZIONALE & DANIELE SEPE
/Nostra Patria e Il Mondo Intero
(CD/Italy'08)
地中海トラッド/ジャズをベースに、次々と新たなアプローチの作品をリリースしているナポリの奇才、ダニエーレ・セーペの新作。今回は、キューバ、セネガル、ブラジル、チュニジア、アルゼンチン、ボスニア等のミュージシャンを迎えた多国籍大編成バンドBRIGADA INTERNAZIONALEでの演奏になっています。ブラジリアンを含む、広義のラテン・ミュージックと、アフリカン系リズム/コーラスが合体した、陽気かつ変テコなサウンドは、インパクト十分です。なぜかジャコ/ウェザーのカヴァーも有り。流石の面白さ!

〜古き良き'70sイタリア・ライクなサウンドを展開するバンドのデビュー作!〜

THE BADGE
/Le Relazioni Pericolose

(CD/Ma.Ra.Cash)(Italy'14)
イタリア産、新人…と言うにはあまりにも年季の入ったメンバーの風貌からして、ひょっとすると'70年代に活動していたバンドの再結成?の可能性もある、4人組(伊語vo/kbd、g/b×2名、dr)による、アルバム。オルガン、メロトロンも交え、'70sイタリア・ライクなサウンドを展開。クラシック有名曲の引用も有り!

〜71年に録音されるも未発表となった幻のイタリアン・ロック好作、紙ジャケット再発!〜

BUON VECCHIO CHARLIE
/Buon Vecchio Charlie

(CD/AMS)(Italy'71録音)
クラウディオ・バリオーニら、何人かのシンガーのバックを務めていたというバンド:ブオン・ヴェッキオ・チャーリーが、アルバム用として71年に録音するも、当時未発表に終わった音源。90年に初めてCDで発掘リリースされ、その後AKARMAからジャケット違いで再発されましたが、今回、BTF/AMSより、初発売時のデザインにて紙ジャケット・リイシュー。サックス/フルート、オルガンをフィーチャーし、「ペール・ギュント」をモチーフにしたクラシカル・ロックを展開しており、71年という年度を考えると十二分にプログレッシヴな内容です。改めて、手応え十分の好内容作品!

〜イタリア産、ジェネシス系シンフォニック・バンド2nd!叙情派秀作!〜

CAGE
/Secret Passage
(CD/Musea)(Italy.'08)
'93年に自主制作で発売したEP「The Feeble-Minded Man」を含む、グループの軌跡とも言えるCD「'87/94」を'05年にリリースしたイタリアのシンフォニック・ロック・グループ、ケイジの新作。キーボード(2人)、ドラムス、ベース、ギターという不動のメンバーに、今回は専任のvoが加わっています。一部ギター中心のハードな部分も見られますが、vo、kbd、flなどをフィーチャーした、'70sイタリアン・シンフォニック・ロックを思わせるメロディアスでリリカルな演奏が中心になっています。イタリア色の強いドラマティックなサウンドが楽しめる秀作です!!

〜アナログ・シンセ/キーボードも多用した、正にレトロ・フューチャーなシネ・ファンク・ジャズ!〜

CALIBRO 35
/Space

(CD/P-Vine)(Italy'15)
'70年代イタリア映画(スパイ〜クライム・サスペンス)サントラの世界を現代に再現すべく、'07年に結成されたバンドの新作7th。今回は、タイトル通りB級SF〜宇宙系テーマにて、アナログ・シンセ/キーボードも多用した、正にレトロ・フューチャーなシネ・ファンク・ジャズをインスト主体で展開。サイケ、ジャズ・ロック好きはもとより、いわゆるヴィンテージ系のリスナーも注目!ゴーゴー系曲も!

〜イタリアン・チェンバー・プログレ新鋭、ヴァイオリンやトロンボーン奏者を正式メンバーに迎えての2作目。〜

CALOMITO
/Cane Di Schiena

(CD/Altrock)(Italy'11)
ヴァイオリン奏者、トロンボーン奏者、ドラムス、ギター/シンセ、ベース/シンセという変則的な5人編成のイタリアのチェンバー・ロック・バンド:カロミトの、『Inaudiro』('05)以来となる2作目。変拍子と切り返しを多用した、KING CRIMSON〜X-LEGGED SALLY系の豪快さ、PICCHIO DAL POZZOにも通じる明快で親しみやすさを持った楽曲と切れ味鋭いバンドアンサンブルは、前作以上にロック色を強めています。複雑怪奇な中にも、端正かつメロディアス、そしてそこはかとなくユーモラスなイタリアらしさを前面に押し出した、チェンバー・プログレッシヴの逸品!

〜イタリアの歌物寄りロック・バンド カマレオンティの最終作。伊SONYより再発!〜

I CAMALEONTI
/Che Aereo Stupendo.....La Speranza.

(CD/SonyMusic)(Italy'76)
イタリアの歌物寄りロック・バンド カマレオンティの、最終作となった5thアルバム。ポップあり、バラードあり、ハードありと、比較的雑多な曲想ながら、PFM"Celebration"("Fantasia"中間部)や、KING CRIMSON"Epitaph"("Semaforo Rosso")などを意識したフレーズもあり、また、ハイライトのラスト曲まで、プログレッシヴ色も随所で感じさせる、中々の力作です!

〜伊Fadingより、同国産PFM〜ジェネシス系ルーツのソフト叙情派シンフォニック・ロック・バンド1st!〜

CAMELIAS GARDEN
/You Have A Chance

(CD/ベル・アンティーク)(Italy'13)
伊Altrockレーベルのシンフォニック部門Fadingより、同国産新鋭バンドのデビュー作。ノーブルな英語vo、アコギ、そしてメロトロン音含むシンセ/kbdも多用した、アコースティカルなサウンドを展開しています。'70年代中期ジェネシス風のアレンジから、初期PFM的な引きの叙情まで、ソフトかつダイナミックに広がる楽曲は非常に魅力的です。ファンタジックなムードも絶妙な、高水準の傑作!

〜バッティアート関連として知られる、アラン・ソレンティに比肩する名作!〜

CAMISASCA
/La Finestra Dentro

(CD/GDR)(Italy'73)
フランコ・バッティアートとの交流で知られる奇才シンガー、ロベルト・ユリ・カミサスカが、'73年にBla-Blaからリリースした1st。かつてARTISよりCD化されましたが、長らく廃盤で入手困難だった一枚のデジパック・リイシュー。御大バッティアートがVCS3シンセ/kbdで参加しているほか、多数のミュージシャンを迎えて、フォーキーな中にも、アシッドかつプログレッシヴな世界を展開しています。何よりカミサスカの強烈に個性的な歌声が素晴らしく、アラン・ソレンティやM.ペローシにも比肩する名作です!

〜イタリアン・ロック SHM-CDシリーズ〜

CAMPO DI MARTE
/CAMPO DI MARTE

(SHM-CD/BelleAntique)(Italy'73)

フィレンツェ出身の伝説のグループ:カンポ・ディ・マルテが唯一残した作品。フルートを加え、バランスの良いバンドアンサンブルもさることながら、一部のオーケストラパートでは後のMAXOPHONEの作品を想起する展開も見られます。紙ジャケット、リマスター、SHM-CD、インナーバッグ付きでのリリース。

〜現アルティのシンガーが率いるバンド、7年振りのセカンド!!〜

CANTINA SOCIALE
/Cum Lux

(CD/Electromantic)(Italy.'09)

もとアルティ・エ・メスティエリのシンガー、ラノ・ニコロが率いる、地中海風個性派、プログレッシヴ・バンドのライブDVD('05)を挟んでスタジオ作としては「belone」('02)以来となるセカンド、Vo/g/b、b/sax/drs、そして女性メンバー3人(kbd,g,sax)と言う7人編成にての録音です。キングクリムゾン〜アルティ系のプログレシヴと地中海/ジャズ色をミックスした楽曲は20分強のタイトル曲をはじめ、更にダイナミックになっており、手応え十分です。ニコロの濃厚なVo、メロトロン含む、kbdワークもたっぷり味わえる大充実秀作!!

〜CAPのレア・トラックス4CD! 超豪華ブック仕様!〜

CAP (CONSARZIO ACQUA POTABILE)
/Il Teatro Delle Ombre

(4CD+Book/Siae)(Italy'79-'11収録)
'70年代から活動するイタリアン・シンフォニック・バンド、CAPのレア・トラックス4CD! '11/'12年スタジオ・ライヴを収めたCD1、「...Nei Gorghi 〜」にボーナス・トラックを1曲加えたCD2、'05-'06年未発スタジオ・トラック集を収めたCD3、'79-'11年ライヴ集を収めたCD4を、豪華フルカラー・ブック仕様パッケージに収録! 重厚なイタリアン・サウンドをたっぷり味わえます!

〜ベル・アンティーク 紙ジャケット・シリーズ 2011年4月〜

CAPSICUM RED
/Appunti Per Un' Idea Fissa(固定観念の為の記録)

(SHM-CD/BelleAntique)(Italy'73)
後にI POOHに参加することになるレッド・カンツィアン率いるカプシクム・レッドの唯一作。クラシカル・ロックとたおやかな歌声に、TRIADEにも通じるアヴァンギャルドなキーボードをエッセンスとして加えた魅力ある作品。4曲のボーナス・トラックを収録し、オリジナル紙ジャケット、リマスター、SHM- CDにて。

〜イタリアン・プログレッシヴ・ハード・ロック・バンドの唯一の作。リマスター/紙ジャケ仕様。〜

CAPITOLO 6
/Frutti Per Kagua
(CD/BMG JAPAN)(Italy.'73)
''72年の唯一の作。ハード・プログレッシヴ系サウンドを聴かせており、フルートも導入した、大作を含む意欲的な音像は時にプロセッション1stあたりも思わせます。イタリアン・ロックのマニアックどころとして、充実の一枚。折りジャケを再現した国内版紙ジャケ!

〜アナログ・シンセやメロトロン音もたっぷり、意外性十分なドラマティック&モダンな仕上りの傑作シンフォ!〜

CATAFALCHI DEL CYBER
/Il Bis

(CD/Ma.Ra.Cash)(Italy'16)
イタリア産、あのクリスティアーノ・ロヴェルシ(kbd/ムーンガーデン、サブマリン・サイレンス)が正式メンバーとして参加している、マルチフルなトリオ(b/g/テルミン/kbd, 英語vo/g/kbd/b, kbd/bペダルetc.)硬派シンフォニック・バンドの、「Benediktus Und Vobis Quoque, Catafalcus Est Tu」('11)以来5年振りとなる2nd。dr, sax, クラシカルg等をゲストで加えた録音にて、初期/後期クリムゾン系ルーツ+屈折ミクスチャー・テイストの音像をパワフルに展開しています。アナログ・シンセ音やメロトロン音も多用しつつ、メタル・フュージョンやポスト・プログ色も採り込んだ、ドラマティックな音楽を聴かせる傑作!

〜ハード・メロディック+トリップ的、メロトロン音も炸裂のイタリアン・シンフォ新鋭!〜

CATAFALCHI DEL CYBER
/Benediktus Und Vobis Quoque Catafalcus Est Tu

(CD/MA.RA.CASH)(Italy'11)
イタリア産、マルチフルな4ピースによる新鋭バンドが、MA.RA.CASHレーベルからリリースしたアルバム。前期・後期KING CRIMSONを下地にしつつ、ハード・メロディック、エレクトロ/トリップ風味なども加味した、オリジナリティの高い硬派シンフォニック・サウンドを展開しております。何より、全編で多用されるメロトロン音が効いており、モダンかつタイトなムードの中にも、イタリアらしい泣き/叙情味も十分感じさせる、魅力的な仕上がりです。手応え十分のインスト主体の秀作!

〜イタリアきっての個性派女性シンガーの、1st〜5thをセットにした5枚組お徳用BOX!〜

CATERINA CASELLI
/Original Album Series

(5CD/Warner)(Italy'66-74)
イタリアにあって、独特の低音と、どこか投げやりな歌唱で、60年代にはビート・ポップの女王とも言われたという個性派女性シンガー:カテリーナ・カセッリ。ユニバーサルに負けじと、ワーナーがスタートしたBOXシリーズより、66年の1stから74年の5thまでのをセットにした5枚組CDセットが登場しました。オルガン入りのイエイエ風ビート・サウンドの1st〜3rd。URIAH HEEP"Lady In Black"の"L'uomo del paradiso"や、GENSもやっていたBADFINGERのカヴァー"Per Chi"など、イタリア語による全曲カヴァー・アルバムの72年作『Ceterina Caselli』。そして説明不要の、とめどなく溢れるストリングスに彩られた『Primavera』('74)まで、充実!

〜PFMのB.ランゼッティの連名プロジェクト作!スティーヴ・ハケットもゲスト参加!〜

CAVALLI-COCCHI, LANZETTI & ROVERSI
/Cavalli-Cocchi, Lanzetti & Roversi

(CD/esoteric)(Italy'11)
ACQUA FRAGILEやPFMで知られるB.ランゼッティ、MANGALA VALLISのG.CAVALLI-COCCHI、そしてMOONGARDENのC.ROVERSIによる連名プロジェクトの1stです!曲毎にアコギがゲストで加わっており、スティーヴ・ハケットやタリアピエトラも参加しての録音になっています!ジェネシス系をルーツとした、しっとりアコースティカルで落ち着いたムードの中に、これでもかとメロトロンをフィーチャーした歌物シンフォニックの秀作です!

〜以前ロング・サイズのボックス仕様で出ていた4CDセットが、厚プラケース仕様で再発!〜

CELESTE
/1969・1977 The Complete Recordings

(4CD/AMS)(Italy'69-'77)
以前ロング・サイズのボックス仕様で出ていた4CDセットが、厚プラケース仕様で再発(CDの内容は同じ)。あのチェレステの'76年唯一作と未発集「II」、前身バンドのIL SISTEMA('69-'71)及び、後身バンドST.TROPEZ('77)の音源を収めています。ブックレットもコンパクトなものに。価格もお求めやすいものになったので、この機会をお見逃しなく!

〜ベル・アンティーク イタリアン・ロック 紙ジャケット&SHM-CDシリーズ〜

CELESTE
/Celeste

(SHM-CD/BelleAntique)(Italy'76)
静謐さと叙情、選び抜かれたアレンジで幻想的な音世界を表現したイタリアのチェレステ。アコースティック・ギターやメロトロンのリアルな再現を狙って SHM-CDでのリリース。なんと今まで未発表のボーナス・トラックを1曲収録した決定盤的内容!紙ジャケット、リマスター、SHM-CDにてのリリース。

〜チェレステ4枚組BOX!1st、2ndに、前身、後身バンドの作品を収録。ロング・ボックス仕様!〜








CELESTE

/1969-1977

(4CD/BTF)(Italy'69-77)
76年にグロッグ・レーベルより、当時唯一の作品をリリースし、イタリアきっての叙情派プログレッシヴ・ロック・バンドとして知られるチェレステ。同作(今回より『Principe Di Un Giorno』とタイトルが付いています)及び、76年録音の、ジャズ色を強めた未発表音源集『II〜Prince Of One Day』、さらには前身バンド:IL SISTEMAの音源集(既発'69-'71)及び後身バンドST.TROPEZの音源集(既発'77)の計4枚のCDを収めたBOXセット。全て新規リマスターです。英文併記のブックレット(ヒストリー/インタビュー/歌詩など)付き、マニア注目の大充実アイテムがここに!
[BOX内容]※全リマスター!

CD1:IL SISTEMA『Il Sistema』('69-'71)
後にCELESTEを結成するチロ・ペリーノや、MUSEO ROSENBACHを経てCELESTEのアルバムにも参加するsax/fl奏者が在籍していたバンドの音源集。元々は未発表で、90年にMellow RecordsからLP/CD化されたものです。ブルース/ニューロックに始まり、71年のテイクではサックス、フルート、オルガンを導入、"禿山の一夜"もプレイするなど、アングラ・ハード・プログレ寄りになっています。録音はラフですが、当時にあってクオリティの高い内容!

CD2:CELESTE『Principe Di Un Giorno』('76)
言わずと知れた、当時の唯一の作。これまでバンド名の同名作品とされてきましたが、今回から、1曲目がアルバムタイトルになっています。メロトロンたっぷりの、初期KING CRIMSON〜PFM系サウンドをソフト&フォーキーに聴かせる、「静のシンフォニック・ロック」超名作!

CD3:CELESTE『II〜Prince Of One Day』('76)
76年に録音されていた、元々は未発表だった音源集。91年にMellow Recordsより限定LP(後にCDも発売)で発掘リリースされていたもの。よりジャジーなムードを強めていますが、1stからの流れも随所で感じさせる好内容です。トータルな作品としての完成度は望めませんが、一聴の価値大!

CD4:ST.TROPEZ『Ikarus』('77)
こちらは77年に録音されていた、チロ・ペリーノによる、いわばCELESTE後身バンドの音源。元々未発表でありましたが、以前Mellow RecordsよりCD化されていたもの。プレ・ニューエイジ的な、ペリーノのソロ・ワークに近い、シンセ主体のソフト&ポップな仕上がりです。貴重な記録!

〜伊ベテラン・シンフォニック・ロック・バンドの新作! PFMの初代bや、デリリウムのflらがゲスト参加!〜

IL CERCHIO D'ORO
/Dedalo E Icaro

(CD/Black Widow)(Italy'13)
実は'74年結成と言う古参バンドが、復活してリリースした公式デビュー作「Il Viaggio Di Colombo」('08)(それ以前にデモ等の発掘リリースあり)に続く2ndアルバム。org/メロトロン/syn,b/g/vo,dr/vo,ac-g/vo,el&ac-g,el-gの6人編成に、スペシャル・ゲストでGiorgio Piazza(PFM初代b)、Pino Sinno(トリップ初代dr)、Martin Grice(デリリウムfl)らが参加しての録音。フォーキー&ノスタルジックな歌からハードなパートまで、'70年代イタリアの香りそのままのレトロなシンフォニック寄りのサウンドは、哀愁たっぷりの上質なもの。イタリアン・ロック・リスナー注目の力作です!

〜イタリアの奇跡とすら言える超名作!チェルヴェッロの唯一作がプラケース再発!〜

CERVELLO
/Melos

(CD/Sony Music)(Italy'73)
オザンナのダニーロ・ルスティッチの実弟、コラード・ルスティッチ(ギター、後にNOVA)が参加していた事でも知られるチェルヴェッロの唯一作。伊語ヴォーカル、サックス/フルート、メロトロン等を用いない基本キーボード・レスのサウンドは、オザンナにも通じる、VDGG/クリムゾン系ルーツのヘヴィなものですが、正に神話的ムードの、ただならぬ迫力に圧倒されます。イタリアの奇跡とすら言える超名作!入手困難でしたが伊Sonyよりプラケース再発!

〜伊産。ヴィブラフォン入りレコメン/チェンバー寄り叙情派ポスト・ロック・バンドの3rd。多彩な仕上がりの良質作〜

CHANCE:RISIKO
/Sleep Talking

(CD/AltRock)(Italy'09)

イタリア産。レコメン/チェンバー寄り叙情派ポスト・ロック新鋭バンドの、3作目となるリリース。vo/g、b/vive/syn/electro、drのトリオに、STROMY SIX〜YUGENのT.レッディがチェロで加わっての録音です。時にワイアットやグリーヴスを思わせる歌モノから、ヴィブラフォンを活かしたミニマル・ハードな変拍子マス・ロック、そしてダークなチェンバーサウンドまで、多彩な仕上がりの一枚。アヴァン・リスナーは注目と言えましょう。

〜復活したチェリー・ファイヴによる約40年振りの新作は、イタリア色を増した会心作!〜

CHERRY FIVE
/Il Pozzo Dei Giganti

(CD/Black Widow)(Italy'15)
何と!復活したチェリー・ファイヴ(元ルオヴォ・ディ・コロンボのvoと、カルロ・ボルディーニ(dr)をフィーチャー。シモネッティらGOBLIN人脈は不参加。)による、約40年振りの新作2nd!伊語voとなり、TAPROBANのkbd奏者によるアナログ風kbdもたっぷりと交えた大曲(組曲含む)3曲を収録しています。時にPFMや、イタリアン・ヘヴィ・シンフォ系を思わせる1stよりも格段にイタリア色を増したサウンドは高水準!イタリアン・プログレッシヴ・リスナーは見逃せない会心・大傑作!

〜GOBLINの前身バンドの唯一作。ブリティッシュ・スタイルのキーボード・プログレッシヴ名作!〜

CHERRY FIVE
/Cherry Five

(SHM-CD/BelleAntique)(Italy'75)

クラウディオ・シモネッティ(kbd)が作曲を担当し、Rustichelli E Bordiniのカルロ・ボルディーニがドラムスを担当しているゴブリンの前身バンドとして知られるチェリー・ファイヴ唯一のアルバム。本作は、Il ritratto di Dorian Grayがバンド名で、74年に録音され、GOBLINのデビュー期にCHERRY FIVE名義でリリースされたもの。英語ヴォーカルもフィーチャーした、YES、GENTLE GIANT EL&Pなどルーツの純正ブリティッシュ・スタイルのプログレッシヴ・サウンドは極めて高水準で、メロトロンも多用されています。爽快にしてテクニカルな歴史的名盤。国内プレス、リマスター、SHM-CD、見開き紙ジャケット仕様、対訳付き!

〜元フォルムラ・トレのドラマー トニー・チコの1stソロ!歌物としての名作!〜

チコ
/夜の闇の中で

(SHM-CD/Arcangelo)(Italy'74)
フォルムラ・トレ解散後、ドラマーだったトニー・チコがリリースした1stソロアルバム。カンタトゥーレとしてのアルバムで、しっとりとした音像に、ソフトな歌声がのる、イタリアならではの内容に仕上がっています。今回、SHM-CD/紙ジャケット仕様にて再発!お見逃しなく!

〜アレックス・アルジェントのアルバムにも参加していた、イタリアの速弾きギタリストのトリオ・バンド作!〜


CITRINTI
/Between The Music And Latitude
(CD/Italy.'06)
アレックス・アルジェントのアルバム「エゴ」にも参加していた、イタリアのシュラプネル系速弾きギタリスト、ファブリッツィオ・レオが、トリオ・バンド名義でリリースした06年作。そのアルジェントのギター版とも言うべき、豪快な疾走感と激しい切り返しが共存した、凄まじいテンションのメタル・フュージョンを展開しています。ヘヴィに押しまくり、弾き倒す一方で、屈折感のあるプログレッシヴな展開も多く、楽曲水準も高い仕上りです。PLANET X、ホールズワース/BRUFORD系ファン注目の傑作!

〜OSANNAの分派 チッタ・フロンターレの唯一作、BTFより紙ジャケット再発!〜

CITTA FRONTALE
/El Tor
(CD/BTF)(Italy'75)
UNOとの分裂期に、OSANNAのリノ・ヴァイレッティと、マッシモ・グリアノ(dr)が結成した、チッタ・フロンターレの唯一作。サックス/フルートも交え、YESに通じる洗練されたシンフォニック色と、イタリアらしい歌心が共存した、クオリティの高い秀作です。PROCESSIONの2ndあたりを好む向きにもオススメ!イタリアのBTFより、見開き紙ジャケット仕様にて再発!

〜伊産レトロ・メタル+ヘヴィ・シンフォ的若手バンドのデビュー作!〜

CIVICO 23
/Siero Progressivo

(CD/Locanda Del Vento)(Italy'13)
イタリア産、濃厚なレトロ・メタル+ヘヴィ・シンフォ的サウンドの若手バンドの1st。専任伊語vo,org/p/kbd,ツインg含む6人編成にて、所々にペイガン風味の入った、アイアン・メイデン系ルーツのメタルを下地に、レトロなオルガン入りのハード、更にはイタリアならではの強引な展開を盛り込んだ、濃厚サウンドを展開しています。ある意味、邪悪系ヘヴィ・シンフォニックの現代版ともいえる、大仰かつパワフルな仕上がりのインパクト絶大な力作です!

〜元カンツォニエーレ・デル・ラツィオの女性シンガー、シブ深すぎるNEW!〜

CLARA MURTAS
/I Concerti Del Quirinale Di Radio3
(CD/Rai Trade)(Italy.'08)
元カンツォニエーレ・デル・ラツィオにして、近年はE.モリコーネのアレンジのミニアルバムもリリースするなど注目を集める女性シンガー、クララ・ムルタスの新作。サルディーニャ島の伝承歌を取り上げており、シンプルかつ深みのあるバックと、時に独唱風になる強力な歌声による、シリアスな仕上がり。コアなトラッド/地中海女性ファンは見逃せません!!

〜こちらはトールサイズ・ブック仕様パッケージのデラックス・エディション(3CD+DVD:PAL)!〜

CLAUDIO BAGLIONI / GIANNI MORANDI
/Capitani Coraggiosi (Deluxe Edition)

(3CD+DVD:PAL/Sony Music)(Italy'16)
御存知クラウディオ・バリオーニと、G.Morandiという2人の男性シンガーによる共演ライヴ盤。こちらは、通常盤2CDに加え、更に11曲入りのCDと、ドキュメンタリーやPV映像入りのDVD/PALが付いたデラックス・エディション(トールサイズ・ブック仕様パッケージ)!これぞイタリア、という歌心炸裂の、大人のエンターテインメント・ショー!2人とも出ずっぱりで、各々の持ち曲でリードをとり、一方はサポート/バックvoという形です。

<ボーナスDVD内容>
1. ツアー・ドキュメンタリー(約40分)ライヴ・フッテージ多数
2. PV(約5分)
3. スタジオ・アコースティック・セッション(約20分)
4. スタジオ・リハーサル風景(約20分)
5. スタジアム全景 早送り

〜超ゴージャスなサウンドと、これぞイタリアという歌心が炸裂する、正に大人のエンターテインメント・ショー!〜

CLAUDIO BAGLIONI / GIANNI MORANDI
/Capitani Coraggiosi

(2CD/Sony Music)(Italy'16)
御存知クラウディオ・バリオーニと、男性シンガーG.Morandiによる共演ライヴ('15?)を収めた2CD。超ゴージャスなサウンド、これぞイタリアという歌心(両者とも)が炸裂する、正に大人のエンターテインメント・ショーが体感できます!

〜クラウディオ・バリオーニの'13年最新作!〜

CLAUDIO BAGLIONI
/Con Voi

(CD/Sony)(Italy'13)
イタリアきってのベテラン・カンタウトーレ、クラウディオ・バリオーニの'13年最新作! 円熟味溢れるややハスキーな熱唱ぶりと、ロック寄りのポップス・サウンド(ストリングスも多め)で、イタリア歌物リスナーは安心して楽しめる内容です! 近年のプー辺りを好む向きも是非! ドラムはギャビン・ハリソン。

〜バッティアート、POOH、PFM等との共演による『Questo Piccolo〜』拡大再録盤!円熟のアレンジで迫る、バリオーニの原点!〜

CLAUDIO BAGLIONI
/Q.P.G.A

(2CD/BAGMUSIC)(Italy'09)

今やイタリアを代表するシンガーの一人である大ヴェテラン:クラウディオ・バリオーニの09年新作。今回は曲毎に、POOH、PFM、エンリオ・モリコーネ、アリーチェ、フランコ・バッティアートら豪華ゲストと共演しての、初期代表作『Questo Piccolo Grande Amore』の再録アルバムです。新曲も交えた2枚組の拡大版になっており、アダルトかつゴージャスなポップ・サウンドに、不変不朽のしゃがれたヴォーカルの乗る、ノスタルジックかつ力強い、注目盤!

〜これはお徳用!バリオーニの初期6タイトルをセットにしたBOX!〜

CLAUDIO BAGLIONI
/Gli Album Di Un Mito
(6CD/SONY MUSIC)(Italy)
クラウディオ・バリオーニの初期6タイトルを収録したお徳用BOX!1stから『Solo』まで。何故か『Questo Piccolo Grande Amore』は入っていませんが、バリオーニのイイところは殆ど聴けます!

〜75年発表の異色の秀作、デジパック/ニュー・ジャケットにて初CD化!〜

CLAUDIO ROCCHI
/Suoni Di Frontiera

(CD/Die Schachtel)(Italy'75)
クラウディオ・ロッキの、元は75年のアルバム。ヴォーカルは入っておらず、本人の多重録音による、エレクトロ/ミニマル寄りのインスト作品です。『Clic』〜『Melle Gradiator』期のフランコ・バッティアートに通じる、サイケかつエクスペリメンタルなサウンドの中に、イタリアらしいムードも感じられる、異色の秀作です!

〜繊細かつ内省的な歌世界を存分に味わえる、C.ロッキの傑作3rd!〜

CLAUDIO ROCCHI
/La Norma Del Cielo

(CD/Sony Music)(Italy'72)
イタリアにあって異彩を放つ、アシッド・フォーキーなシンガー、C.ロッキの、「Volo Magico N.1」に続く、'72年の3rd。前作と比べると、より繊細かつ内省的な指向のサウンドになっており、アコースティカルにしてイマジナリーな歌世界が存分に味わえる、これまたロッキの傑作のひとつです!

〜クールかつダウナーな世界観で異彩を放つ、ロッキの代表的名作2ndが再発!〜

CLAUDIO ROCCHI
/Volo Magico N.1

(CD/Sony Music)(Italy'71)
イタリアにあって異彩を放つアシッド・フォーキーなシンガー、C.ロッキの'71年2nd。アコギのみならず、ピアノ、エレキ・ギター、ベース等、音数の増した演奏の元、よりプログレッシヴ/サイケデリック寄りの内容を展開。A.ソレンティばりの天上的歌声も交え、クールでダウナーなロッキの世界にあっては、最も情熱的な仕上がりとなった、代表的名作!冒頭のタイトル曲は、18分を超える大曲!プラケース再発!

〜ただならぬダウナー感と透明感を併せ持つ、C.ロッキのデビュー作!〜

CLAUDIO ROCCHI
/Viaggio

(CD/Sony Music)(Italy'70)
イタリアにあって異彩を放つ、アシッド・フォーキーなシンガー、クラウディオ・ロッキの'70年デビュー作。ロッキ自らの弾き語り的プレイおよびピアノ、ボンゴの演奏に加えて、PFMのマウロ・パガーニ(フルート、ヴァイオリン、コンガ)がサポート参加。シンプル目のアコースティカルな響きの中に、ただならぬダウナー感と透明感のある歌を聴かせる秀作!

〜ご存知クラウディオ・シモネッティ(GOBLIN)の新作サントラ!〜

CLAUDIO SIMONETTI
/Multiplex

(CD/Deep Red)(Italy'13)
言わずと知れたGOBLIN(現在はNEW GOBLIN)のkbd奏者、クラウディオ・シモネッティのニュー・リリース。今回はダリオ・アルジェントではなく、S.Calvagn監督によるスリラー映画のサウンド・トラック・アルバムです。シンセとオーケストラによるサスペンスフルな劇伴を中心に、ハードなロック調の楽曲も収めた、シモネッティらしい内容を味わう事が出来ます。いわゆるホラー風味は薄目ながら、ミステリアスな仕上がりの、ファン注目のリリースです!

〜ダリオ・アルジェント監督の新作映画サントラ! シモネッティによるミステリアス&ごシックな注目作!〜

CLAUDIO SIMONETTI
/Dracula 3D (O.S.T.)

(CD+DVD:PAL/Deep Red)(Italy'12)
去る'11年8月にはNEW GOBLINでの再来日も果たした、御存知クラウディオ・シモネッティの新作は、盟友ダリオ・アルジェント監督の新作映画「Dracula 3D」のサントラ。実質DAEMONIA+女性voによるゴシック・メタル調ナンバーM1以外は、ピアノとオーケストラ、ソプラノ女性ヴォイス等による、クラシカルな劇伴集となっています。ドラキュラ映画に相応しい、ミステリアス&ゴシックな仕上がりの、ファン注目作! M1のPV&メイキング、そして'91年のシモネッティ・ホラー・プロジェクトのライヴ映像(10曲46分)を収めたDVD付、限定3-Dデジパック仕様にて!

〜C・シモネッティが音楽を担当した、D・アルジェントのサントラとデモニアのライヴCDをカップリングしたお徳盤!〜

CLAUDIO CIMONETTI/DAEMONIA
/La Terza Madre/Live...Or Dead
(2CD/Italy.'07)
「サスペリア」「インフェルノ」に続く、魔女三部作の完結篇でもある、ダリオ・アルジェントの新作映画のサントラ。音楽を手掛けたのは、もちろん元GOBLINのクラウディオ・シモネッティで、シンセ+オケ+合唱による、ゴシック+クラシカルなホラー・サウンドは、重厚にしてショッキング。「オーメン」の音楽を思わせる合唱パートから、ゴブリン風味まで、シモネッティ・ファンは見逃せない快作!ラストの主題歌はデモニア+オケ合唱で、ゲストvoにクレイドルのDaniをフィーチャー!さらにデモニア「Live...Or Dead」をセットにしたお徳盤です(価格は単品と殆ど同じ)。

〜ex.ゴブリンのシモネッティによる、アルジェント映画2作品('05/'06)のサントラ!いずれも充実!〜

CLAUDIO SIMONETTI
/Jenifer / Pelts
(CD/Deltadischi)(Italy.'08)
ex.ゴブリン〜現デモニアのクラウディオ・シモネッティが手掛けた、ダリオ・アルジェントの近作映画2タイトルのサントラをカップリングで収めたCD。「Jenifer」は弦、シンセ、女性ヴォイス等、「Pelts」('06)はシモネッティ自らのkbdやgを含む録音となっています。ロック色は薄いものの、いずれもシモネッティ節といえるゴブリン風味を交えたホラーサウンドで、ファン注目と言えます!!

〜イタリアのラブ・ロック寄りポップス/コーラス・グループの最新3CDベスト!〜

COLLAGE
/Le Piu Belle Canzoni

(3CD/RCA)(Italy)
イタリアのラブ・ロック寄りポップス/コーラス・グループの、最新3CDベスト! 全36曲入りのお得用!

〜イタリアのラヴロック/ポップス系グループの、08年ライヴ収録の2枚組アルバム!〜

COLLAGE
/...Non Ti Dimentichero(Live Concert)

(2CD/COLLAGE)(Italy'08収録)
ポーランドの同名バンドではなく、イタリアのラヴロック系ポップス・グループの、何と08年ライヴを収めた2枚組。スタジオ新録曲"Non Ti Dimentichero"をCD-1の1曲目に収録。線は細いですが、そこがまた魅力の、I POOH系ポップスがたっぷり。中々イケてます!

〜重厚な'70sイタリアン調シンフォニックがたっぷり!!〜

COLOSSUS PROJECT
/The Empire & The rebellion
(CD/Musea)(Italy'08)
北欧のファンジン、コロッサスとムゼア・レーベルの共同企画によるコンセプト・オムニバス・シリーズの'08新作。テーマは何と「スター・ウォーズ・エピソードW」で、従来の複数バンドの参加型ではなく、TILION〜PROWLERSのメンバーを中心としたバンド(英語vo含む)が通して演奏し、曲毎にフレッド・シェンデール(グラス・ハマー)、熊谷桂子(アルス・ノヴァ)らゲストが参加するという、いわば「エイリオン」形式です。メロトロンを含む、アナログkbdが陰で回る'70年代イタリアン・シンフォニック調に、スペイシーなハード・メロディック色をブレンドした、正にドラマティックな仕上がりです。kbdファン注目の第力作!

〜イタリア産、インスト・ヘヴィ・シンフォ・ユニット、世界各地の情景にインスパイアされたイマジナリーな一作〜

COLSTER
/Colster
(CD/SR Records)(Italy'10)
イタリア産、ギター/ベース/シンセとドラムス/パーカッションのデュオによる、インスト・ヘヴィ・シンフォニック・ユニットのデビュー作。2人がこれまで訪れた、ヨーロッパ、アメリカ、アジアの各地(ブックレットには安芸の宮島のフォトも)の情景にインスパイアされた、スペイシーかつミステリアスな楽曲を収めています。後期KING CRIMSONと、中期PINK FLOYDをつき混ぜたような、オルガン/メロトロン・サウンドも効果的な音像は、イマジナリーかつスリリングです。エスノ/フュージョン色をも加味した、高水準な仕上がりの秀作!エンハンスド・ビデオ入りにて。

〜人力エレクトロ〜ポスト・ロック系インストを展開する、イタリア産新鋭!〜

COMFORT
/Sleep Talking Shared

(CD/OFF)(Italy'11)
ピエール・ヴェルヴェローゼムの作品もリリースしているOFFレーベルより、イタリア産新鋭登場!かつてMellow RecordsよりリリースされたKING CRIMSONトリビュートにも参加歴のあるバンドで、人力エレクトロ〜ポスト・ロック基調の中、そこかしこにKING CRIMSONやTANGERINE DREAMの影響もチラつく、面白味のあるインスト作品です。

〜甘美なムードのサウンドが味わえる、コンカラーのライヴ作!〜

CONQUEROR
/Un'altra Verita

(CD+DVD:PAL/Ma.Ra.Cash)(Italy'14収録)
優し気な伊語voと華麗なkbdワークが魅力の女性プレイヤー、シモーナ・リガーノをフィーチャーした4人組イタリアン叙情派シンフォニック・バンド、コンカラー。高い評価を得た直近作5th「Stems」('14)に続くリリースは、初のライヴ・アルバムCD+DVD/PAL(同内容、DVDは1曲多く収録の上、ボーナス・インタビュー追加)。同作からの曲を中心に旧曲も交えたセットにて、親しみ易さとダイナミズムが共存した、キャメル+エマーソン/ウェイクマン?的サウンドがじっくり味わえる快演!

〜イタリア産叙情派シンフォニック・バンドの4年振りとなる5作目!〜

CONQUEROR
/Stems

(CD/Ma.Ra.Cash)(Italy'14)
イタリア産、女性kbd奏者/シンガー、シモーナ・リガーノをフィーチャーした叙情派シンフォニックの雄、コンカラーの、「Madame Zelle」('10)に続く新作5th。伸びやかに歌い上げるギターと、分厚いオーケストレーションで盛り上げるキーボードを軸とした、メロディアスなシンフォニック・サウンド(voは伊語)は、ジェネシス、キャメル系の親しみ易い泣き感覚と、初期クリムゾン〜PFM系の雄大なスケール感、そしてイタリアらしい歌心とクラシカルな情感が調和した素晴らしいもの。大傑作です!

〜イタリア産フルート/サックス入り叙情派シンフォ・バンド、元祖女スパイ マタ・ハリをコンセプトにした4thアルバム!〜

CONQUEROR
/Madame Zelle
(CD/MA.RA.CASH)(Italy'10)
イタリア産。女性キーボード/ヴォーカル、女性フルート/サックスをフィーチャーした叙情派シンフォニック・バンドの、フル・アルバムとしては『74 Giorni』('07)に続く4thアルバム。第一次世界大戦時に活動したダンサー/高級娼婦にして女スパイの代名詞 マタ・ハリことマルガレッタ・G・ツェレの生涯をテーマとしたコンセプト・アルバムです。ソフトなイタリア語ヴォーカルも含めた、CAMEL、GENESIS、初期KING CRIMSONなどがルーツの音像は、エキゾチックなイメージも加味して、さらにダイナミックかつパワフルなものになっています。イタリアらしいクラシカルなキーボードワークも健在の、会心傑作!初期QUIDAMあたりのファンにもオススメです。

〜ベル・アンティーク イタリアン・ロック 紙ジャケット&SHM-CDシリーズ〜

CORTE DEI MIRACOLI
/Corte Dei Miracoli

(SHM-CD/BelleAntique)(Italy'76)
チェレステと同様、GROGレーベルから76年にリリースされた、ダブル・キーボードによるシンフォニック・ロック・アルバム。NEW TROLLSのヴィットリオ・ディ・スカルツィが参加。紙ジャケット、リマスター、SHM-CDにてのリリース。

〜vln含む5人編成に女性voや民族楽器を交えた、ミステリアス&クラシカルなイタリアならではの秀作!〜

CORDE OBLIQUE
/I Maestri Del Colore

(CD/Infinite Fog)(Italy'16)
ナポリ産、vln, p/syn, b, dr, el-ac-gの5人編成によるゴシック・フォーク系ユニットの最新作6th。曲によって、女性ヴォーカル(ブルガリアのゴシック・トラッド・バンドIRFANのデメリザ・セラフィム含む)ダルブッカ、ナイ(葦製の笛)等の民族楽器、弦楽カルテット等が加わって、地中海から東欧〜中近東に至るテイストの、ミステリアス&クラシカルなサウンドを展開しています。イタリアらしく暗くなり過ぎない、エモーショナルなタッチの音像が心地良い、イマジナリーな仕上りの秀作です!

〜イタリアのコンポーザーによる、ネオ・クラシカル/ゴシック・フォーク系プロジェクトの新作!〜

CORDE OBLIQUE
/A Hail Of Bitter Almonds

(CD/prikosnovenie)(Italy'11)
イタリアのギタリスト/コンポーザー、Riccardo Prencipeによるネオ・クラシカル/ゴシック・フォーク系プロジェクトの2年振り4作目です。ベース、ドラム等を迎えたバンド・タッチのアンサンブルに、今回も多数の女性ヴォーカルをフィーチャーしたしっとりとヘヴンリーなサウンドを展開しています。古楽色は薄まり、より叙情的なフォーク風味を押し出したムード満点の秀作です。ANATHEMAやDAEMONIA NYMPHEのメンバーもゲスト参加!

〜イタリア産、非メタル系クラシカル・ゴシック・プロジェクト最新作!!〜

CORDE OBLIQUE
/The Stones Of Naples
(CD/prikosnovenie)(Italy'09)

イタリア産、ギタリスト/コンポーザーのRiccardo Prencipeが中心のゴシック・フォーク・プロジェクトの'09ニュー・アルバム。今回も多数の女性vo、管弦、バンドをゲストで迎えて、イマジナリーかつ耽美無中世風ラジカル/アコースティック・サウンドをたっぷりと展開しています。ゴシック好きは注目の傑作です!!

〜イタリア産、非メタル系クラシカル・ゴシック・プロジェク07年作!!〜

CORDE OBLIQUE
/The Volonta D'Arte
(CD/prikosnovenie)(Italy'07)

ギタリスト/マルチ・プレイヤー、Riccardo Prencipeによるアコースティカル・ゴシック・ユニットの07年作。管弦、ピアノ、kbd等も用いつつ、女性voもたっぷりフィーチャーした、しっとり耽美幻想身のあるクラシカルな音世界!!

〜元チェルヴェッロ〜NOVAのギタリストによる、ホットでテクニカルな弾き語りフュージョン!〜

CORRARD RUSTICI TRIO
/Blaze And Bloom - Live In Japan

(CD+DVD:NTSC/Belle Antique)(Italy'14)
元CERVELLO〜NOVAのギタリスト、コラード・ルスティッチが、'10年4月に行った来日公演から収録された、CD(9曲75分、東京+大阪テイク)と、DVD(4曲40分強。CDと同内容/東京テイク)のセット。S.スミス(ドラムス/元ジャーニー)やP.ヴェッテセ(キーボード、ベースペダル/元ジェスロ・タル)という達人2人とのトリオにて、自らのアルバム「Deconstruction Of A Postmodern Musician」('06)からの曲はじめ、NOVA「Vimana」('76)からのナンバー2曲も含むセットを披露。緩急自在の曲調の中、J.ベック〜A.ホールズワース系の速弾きギターを存分に弾きまくる、NOVAの延長上といえるジャズ・ロックの名演です。驚異的テクニックと、ルスティッチ自らの確固たる音楽性を実証した、当時の絶賛にも納得の内容!

〜'70s志向イタリアン・シンフォ精鋭バンドの新作3rdは大作組曲2曲入り!〜

LA COSCIENZA DI ZENO
/La Notte Anche Di Giorno

(CD/ベル・アンティーク)(Italy'15)
ジェノヴァ出身、同郷の先達N.トロルス、ムゼオを始め、黄金期イタリアン・プログレッシヴを幅広くリスペクトしているベーシスト、G.G.コロンビを中心に結成。FINISTERRE〜F.ズッファンティ周辺で活動してきたメンバーを含む、ツイン・キーボード体制のイタリアン・シンフォニック新鋭バンドの「感性」('11年)に続く新作3rd。今回は優雅に舞うヴァイオリンやゲスト・フルート、女性ヴォーカルもフィーチャー(リード・ヴォーカルは男性)して、よりクラシカルで叙情的なサウンドを展開しており、20分強の大作組曲2曲を収めた構成です。正にイタリアの王道を行く、会心の大傑作!

〜ジェネシスの影響を感じさせつつも、イタリアらしい重厚な音楽性を有したラ・コッシェンツァ・ディ・ゼノの2nd!〜

LA COSCIENZA DI ZENO
/Sensitivita

(CD/ベル・アンティーク)(Italy'13)
ジェネシスなどの英国シンフォニックの影響を感じさせつつ、ムゼオ・ローゼンバッハやバンコに通じる、イタリアらしさを帯びた重厚な音楽性で注目を集めた伊産バンドが、Fadingよりリリースしたセカンド・アルバム。伊語vo、メロトロン等のアナログkbd主体のツインkbd含む6人編成(+ゲストfl,vln,cello)による録音。イタリアからしか出てきようのない情熱的サウンドはそのままに、楽曲クオリティ、プロダクション共に、圧倒的なまでの飛躍を遂げた大傑作!

〜好評ながらも早々に廃盤となっていた1stが、ボーナス2曲追加にてFadingより再発!〜

LA COSCIENZA DI ZENO
/La Coscienza Di Zeno

(CD/Fading)(Italy'11)
ジェネシスに代表されるブリティッシュ・プログレッシヴの大物たちと、バンコ、ムゼオ・ローゼンバッハ等、往年のイタリアン・ロックからの影響を受けた、重厚なシンフォニック・ロックを聴かせるラ・コッシェンツァ・ディ・ゼノ。セカンド「感性」も大好評な彼らの原点となるデビュー作が、ボーナス2曲を加えてFadingより再発。当時21世紀プログレッシヴ・ロックの名盤とされる程の絶賛を受けながらも、早々に廃盤となってしまっていた作品だけにお見逃しなく! 見開き紙ジャケット仕様!

〜ツイン・キーボードを擁するイタリアのシンフォニック・ロック新鋭。叙情派好内容!〜

LA COSCIENZA DI ZERO
/La Coscienza Di Zero

(CD/Mellow)(Italy'11)
イタリアのMellow Recordsより登場した、ツイン・キーボードを擁する同国産の6人組シンフォニック・ロック新鋭バンド。ジャケットに似合わず?サウンドは叙情派で、GENESIS〜CAMEL系をルーツとした、メロトロン音を含む、しっとりとしたサウンドが展開されています。一方で、イタリアらしい熱く歌い上げるヴォーカルも魅力的で、ファビオ・ズッファンティ辺りの作風をメロディックに寄せたかのような、好内容の1枚です。

〜ヴァージル・ドナティ参加!テクニカル・メタリック・シンフォ・インスト新バンド!〜

COSMICS
/The Cosmic Year
(CD/Iron Music)(Italy. etc. '08)
メタル・ロック・オペラ「ジーニアス」で知られるkbd奏者、ダニエル・リヴェラーニが中心となり、g、b、そしてヴァージル・ドナティ(dr)という4人で結成されたインスト新バンドのst。プログレ・メタル系をベースとしつつ、プラネット・エックスばりの複雑なキメから、スペイシー&メロディックなトーンまで配した、ドラマティックなサウンドになっており、むしろハード・シンフォニック寄りです。テクニカル・シンフォニック、とりわけデレク・シェリニアン周辺のリスナーは注目といえる迫力十分の大力作!

〜ムーンガーデン/サブマリン・サイレンスのリーダー/kbd奏者による3rdソロ!〜

CRISTIANO ROVERSI
/Antiqua

(CD/Gonzo)(Italy'12)
ムーンガーデン/サブマリン・サイレンスのリーダー/kbd奏者にしてマルチ・プレイヤー、クリスティアーノ・ロヴェルシの、'12年にリリースされた3rdソロ。自らの12弦g,クラシックg,p,syn,メロトロン,ハモンド,el-g等のマルチ多重に、ゲストでアルド・タリアピエトラ(vo)、S.ランゼッティ(vo)及びギタリスト、ドラマーなどが参加しての録音です。ジェネシス、アンソニー・フィリップス、ガンダルフ、エニド等の内省的要素をとりまぜたような、アコースティカルかつファンタジックなシンフォニック・サウンドは、極めて高水準。才覚を存分に示した傑作!
◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る