◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る

REVIEW ARCHIVES:NORTH-AMERICA T
[こちらは、これまでに当店に入荷した商品のレビューのアーカイヴです。
価格・在庫の有無はSET SALE LISTを参照するか、またはお問い合わせください]

〜ヘヴィ・シンフォ+ジャズ・ロック・バンド、待望の新作!メロトロンの洪水が凄い!〜

TALISMA
/Quelque Part
(CD/Canada.'08)
カナダ産、ヘヴィ・ジャズ・ロックの雄、TALISMAの「Chromium」に続くサード・アルバム。これまでのオリジナル・メンバー3人に、仏語女性vo等が加わった6人編成による演奏で、メロトロン音kbdとフリップナイズされたギターによる、クリムゾン系から「剣の舞い」風クラシカル、ソフトな女性ヴォーカルを活かしたアコースティカルなパートまで、更に多彩な仕上がりになっています。屈折感、意外性、インパクトとも十分な、テクニカル/ヘヴィ・シンフォニック系の傑作!

〜アメリカのアコースティック・サイケ・デュオ。フリーフォーク化したジャーマン的サウンド!〜

TAU EMERALD
/Travellers Two
(CD/USA'08)
アメリカのデュオ。フィンランド旅行に行くも飛行機に乗り遅れ、一週間の録音を現地で慣行したという、アコースティック・サイケ・デュオの作。ダーク&ミステリアスな(ダウナーな)即興的サウンドはフリーフォーク化したジャーマン的!

〜クリムゾンやフロイド風味が強められた、ダークかつ叙情的なシンフォニック・サウンドの力作!〜

TCP
/Temporal Chaos

(CD/Watt)(USA'16)
米のイエス系シンフォニック・バンド、TCPの5年ぶりとなる新作3rd。kbd, vo/kbd, g/dr/b, b/kbdの4ピース(+ゲストvo, b)にて、むしろクリムゾン、及びフロイド風味を全体に強めた、時にダーク、時に叙情的なサウンドを展開しています。重厚な手応えの力作!

〜KC〜YES系ルーツの米国産屈折&マニアック・シンフォニック・トリオ、大充実の力作2nd!〜

TCP
/Fantastic Dreamer

(CD/10tRecords)(USA'11)
米国産、ヴォーカル/キーボード、キーボード/ベース、ギター/ドラムスの変則的マルチフル・トリオ・バンド(+ゲスト)の、『The Way』('09)に続く2ndアルバム。ベルナルド・ランゼッティ(ex PFM)を思わせるヴォーカルを軸にした、KING CRIMSON、YES系などがルーツのシンフォニック・サウンドは、よりメリハリの効いたものになっています。ハードな押しのパートから、アコースティック・ギターとメロトロン音の絡みまで、キャッチーな歌心とマニアックなこだわりが共存した、前作を上回る出来の充実した大力作です!

〜YES〜GENESIS系正統派メロディアスシンフォニックバンドのデビュー作〜

TCP
/The Way
(CD/10TRecords)(USA'09)
アメリカは東海岸の、ヴォーカル、キーボード/ギター、ドラムの3人による70年代志向のメロディアスシンフォニックバンドのデビュー作。メロトロンを含むアナログタッチのキーボード、コンプレクシャスなリズム、シアトリカルなヴォーカルによるYES〜GENESIS系サウンドは正統派にして高水準、オススメです。

〜エネルギッシュな押しのパワーとエモーショナルなメロディが光る、うたものテクニカル〜シンフォニック!〜

THE TEA CLUB
/Grappling

(CD/The Tea Club)(USA'15)
米国産、プログレッシヴ色濃厚なマス・ロック〜ポスト・ロック・バンドと評されたバンド、ザ・ティー・クラブの、「Quickly Quickly Quickly」('12)に続く新作3rd。2名のvo/g/kbd, b/vln/cello, kbd, drの5人編成によるサウンドは、ここに至り完全にシンフォニック・ロック化しており、いわゆるオルタナティヴ色は皆無です。イエス、クリムゾン、GG辺りがルーツの、複雑かつヘヴィなアンサンブル、カラフルなキーボード・ワークと熱唱のvoによるうたものテクニカル〜シンフォニックは重厚にしてダイナミック。エネルギッシュな押しのパワーとエモーショナルなメロディが光る傑作です!

〜イエス、クリムゾン風味を押し出した、プログレッシヴなマス・ロック・バンド最新作!〜

THE TEA CLUB
/Quickly Quickly Quickly

(CD/The Tea Club)(USA'12)
これは鮮烈! 米国産、プログレッシヴ色濃厚なマス・ロック/エモ/ポスト・ロック系バンドの最新リリース。(4曲入り、約40分) vo/g/b,vo/g,b/g,kbd,drの5人編成にて、いわゆるオルタナ的音使いでありつつも、イエス、クリムゾン等のプログレッシヴ風味を意図的なまでに押し出しています。むしろシンフォニック・サイドからのアプローチと思える程プログレ寄りの、ポスト・プログ大穴傑作です!

〜多数のゲストが参加した、UK、イエス系ルーツのファンタジー・コンセプト・プロジェクトの2作目!〜

TELERGY
/The Legend of Goody Cole

(CD/Baby)(USA'13)
米のギタリスト/マルチ・プレイヤー、Robert McClungによる、多人数参加型ファンタジー・コンセプト・プロジェクト、TELERGYの2作目。C.エドウィン(ドラムス)、タイ・テイバー(ギター/KING'S X)、ニック・ターナー(サックス)、Joel Hoekstra(ギター)ら多数のゲストおよび合唱/ヴォーカルを迎えて、メタリック目のハード・シンフォニック・サウンドを展開しています。UK、イエス系のルーツと、モダンなタッチがドラマティックに共存した、注目の大力作です!

〜LA産テクニカル・プログレ・メタル新鋭!CYNIC〜MESHUGGAH〜DREAM THEATER的な技巧派!〜

TETRAFUSION
/Altered State

(CD/NIGHTMARE RECORDS)(USA'10)
米国西海岸拠点、ヴォーカル/キーボード、ギター、7弦/フレットレスべース、ドラムスの4人編成による新鋭バンドの、『Absolute Zero』('09)に続く2ndアルバム。ENCHANT〜RUSH風の、抜けの良いキャッチーなヴォーカル・パートを配する一方で、往年のWATCHTOWERや、CYNIC〜MESHUGGAHばりの変則テクニカルなキメを用いたインスト・パートを押し出したダイナミックなサウンドは抜群!ラテン・ジャズ風味も効果的に交えた個性、聴き応え共に十分な、技巧派メタル・リスナー注目の秀作!オススメです。

〜エコーリン+ザッパ+オルタナ・レコメン的大傑作! US産ミクスチャー・プログレッシヴ新鋭1stフル!〜

THANK YOU SCIENTIST
/Maps Of Non-Existent Places

(CD/Self)(USA'12)
ニュー・ジャージーから出現した、ミクスチャー・プログレッシヴ新鋭バンドの1stフル(本作以前に1枚EP有り)。2管、vln/violaを含む7人編成にて、エコーリン系列の屈折テクニカルなプログレッシヴ色と、ザッパ〜オルタナ・レコメン的な、何でもありのセンス(メタル、ジャズ、ファンク、ラテン…)が共存したサウンドを展開。極めて複雑なインスト・パートを聴かせる一方、あくまでキャッチーなvoラインも大きな魅力となっています。何より、熱くエネルギッシュなロック・バンドとしてのパワーが際立つ大傑作!

〜北米レコメンを代表するバンド、9年振り最新作!〜

THINKING PLAGUE
/Decline And Fall

(CD/CUNEIFORM)(USA'12)
マイク・ジョンソン(g)を中心に、'80年代からの長き活動歴を誇る北米レコメン系の代表格、シンキング・プレイグのニュー・アルバム。女性シンガーの、エレーヌ・ディ・ファルコをフロントに、sax/cl,g,dr/kbd,bの5人編成(+ゲスト)にて、トランシーなまでの変拍子の反復/切り返しを多用しつつ、随所にプログレッシヴ色も感じさせる、H.カウ/A.ベアーズ直系+αのサウンドを展開。エネルギッシュな会心傑作です!

〜「アヴァン・ギター・ゴッド」ネルス・クライン含むトリオによるスタジオ・セッション作!〜

THOLLEM, PARKER, CLINE
/The Gowanus Sessions

(CD/Porter)(USA'12)
Thollem Mcdonas(p)、Wilham Parkar(b)、そして「アヴァン・ギター・ゴッド」ネルス・クライン(g)というトリオによる、スタジオ・セッション。ゴリゴリに硬派なフリー・ジャズ寄りのインプロを展開しており、クラインの凶暴なel-gもふんだんに味わえる注目力演!

〜スポックス・ビアード、ENCHANTのメンバーが参加したプログレ・メタル・バンド!〜

THOUGHT CHAMBER
/Psykerion

(CD/Inside Out)(USA'13)
ARCH RIVALやV.クープリとの共演で知られるギタリスト/コンポーザーのマイケル・ハリスを中心に、ENCHANT〜現SPOCK'S BEARDのテッド・レオナルド(vo)、同じくENCHANTのビル・ジェンキンス(kbd)らが参加しているプログレッシヴ・メタル/ハード・シンフォニック系バンドの、「Angwar Perceptions」('07)に続く2作目。ドリーム・シアター、ラッシュ、カンサス等をルーツとした、テクニカルでブ厚い音像を、SF調風のコンセプトで展開。押しの強いパッセージから、スティーヴ・ウォルシュ風のレオナルドの歌声を活かしたメロウな曲まで、起伏の効いた仕上がりです。ハード・シンフォニック・リスナー及び技巧派ファンも見逃せない高品質な傑作!

〜PLANET Xと交流の深いChris Buckを中心とした新バンド! B.ガースド、V.ドナティに加え、M.ミンネマンもゲスト参加!〜

3 CROWS
/3Crows

(CD/3Crows)(USA'13)
PLANET X周辺と交流が深く、'07年にはソロ・アルバム「Progasaurus」をリリースしている、LA気鋭のセッション・ミュージシャンであるベーシスト、CHRIS BUCKが中心となって結成した新バンドの1st。B.ガースド(g/8曲中4曲)、V.ドナティ(dr/8曲中6曲)らがメンバーとしてクレジットされており、2曲にはゲストdrでM.ミンネマンも参加しての録音です。ジャケット通りのダークなグル−ヴも交えた、ホールズワース系ルーツのヘヴィ・フュージョン(ほぼ全曲インスト)は高水準で、テクニカル系ジャズ・ロック・リスナー注目の傑作となっています!

〜タイルズ渾身の2枚組トータル・コンセプト作は、従来作を大幅に凌ぐ文句なしの最高傑作!〜

TILES
/Pretending 2 Run

(2CD/Belle Antique)(USA'16)
アメリカ出身、'90年代よりRUSH影響下の硬質かつ技巧的なプログレ・ハード/シンフォニック作品を発表し、イアン・アンダーソン、マイク・ポートノイらの絶賛を浴びてきたバンドの、6作目となるスタジオ作品。前記I.アンダーソン、M.ポートノイやマイク・スターン(g)、アダム・ホルツマン(kbd)等、豪華ゲストを迎えた渾身の2枚組トータル・コンセプト・アルバムです。持ち前の複雑ながらもロック的勢いと重さを持った楽曲を軸に、より壮大でドラマティックなプログレッシヴ性を帯びて、従来作を大幅に凌ぐ、文句なしの最高傑作!プロデューサーは、RUSHで知られるテリー・ブラウン!

※国内盤ベル・アンティークより3/25リリース!

〜プロデュース:テリー・ブラウン!アレックス・ライフソンがゲスト参加!プログレ・メタル・バンド会心5th!〜

TILES
/Fly Paper
(CD/USA.'08)
US産、RUSH〜ドリーム・シアター影響下の歌物プログレ・メタル・バンド、スタジオ最新作5thが登場しました。プロデュースにテリー・ブラウン、アートワークにHugh Symeと、本家RUSHを意識した布陣で、同バンドのアレックス・ライフソンも1曲ゲスト参加しています(メロトロンでDiscipleのマシュー・パーメンターもゲスト参加)。基本的にキーボード・レスですが、ハードかつグルーヴィーな変拍子リフを強化した楽曲は高水準。爽快な仕上りの一枚です!

〜凶暴かつダイナミックに広がる、緊張と爆発の連続なアヴァン・ジャズ・トリオ〜

Tim Berne・Jim Black・Nels Cline
/The Veil

(CD/Cryptogramophone)(USA'11)
「アヴァン・ギター・ゴッド」ネルス・クラインが、ティム・バーン(sax)、ジム・ブラック(dr)と組んだ、東西の先鋭合体トリオ作品。まさにフリーキーに、凶暴かつダイナミックに広がる、緊張と爆発の連続なアヴァン・ジャズ・サウンドはやはり超強力な内容です!!!先鋭アヴァン・サウンド好きはマストの1枚!

〜カナダきっての前衛ギタリスト/コンポーザーによる新作は、リースラー・リスナー必聴のチェンバー・シンフォニー!〜

TIM BRADY
/Atacama : Symphonie N3

(CD/Atmaclassique)(Canada'13)
カナダきっての前衛ギタリスト/コンポーザー、ティム・ブレイディのニュー・リリース。自らのel-gを含む管弦、dr、マリンバ等の大編成アンサンブル、BRANDY WORKSと、プロフェッショナルな混声合唱団、VIVAVOCEの共演による、荘重かつスリリングな現代クラシカル/チェンバー・シンフォニーを収めています。ミニマル、クラシカルと複雑怪奇なアヴァン・ロック性が調和した音世界の強度は、ミヒャエル・リースラーの諸作にもひけをとりません。チェンバー・リスナーは見逃せない傑作です!

〜ニール・モーズとは無関係…でも音は上質のUSシンフォ!〜

TIM MORSE
/Faithscience

(CD/Amethyst Edge Productions)(USA'12)
米国のkbd奏者/マルチ・プレイヤー/シンガー、ティム・モーズ(ニール・モーズとは無関係)の、「Transformation」('05)以来となる2ndアルバム。今回もリードg,b,dr,コーラス,管,弦などを加えたバンド・スタイルにて、ジェネシス、イエス、ハッピー・ザ・マン辺りをルーツとしたような、メロディアスかつテクニカルなシンフォニック・ロックを展開しています。アメリカらしいキャッチーな抜けと、マニアックに入りくんだ曲構成、そして派手にかけ回るkbdプレイが絶妙に調和した、高水準の秀作です!

〜PLANET X直系!米国産キメ倒し技巧派新鋭トリオ!A.アルジェント、B.ガーストらもゲスト参加!〜

TIME ZERO
/Outcasts Of Civilization

(CD/MUSEA)(USA'10)
PLANET Xからの強い影響下にある、米国産技巧派ギター・トリオ・インスト・バンドのデビューアルバム。楽曲毎に1名ゲストが入る形での録音となっており、アレックス・アルジェント(kbd/DF)、Uncle Moe's Space Ranchのブレット・ガースト(g/@I)&T.J.ヘルメリッチ(g/AH)、KING'S Xのタイ・テイバー(g/BC)、MULLMUZZLERのマット・ギロリー(kbd/EG)といった、名うてのツワモノ達が各々2曲ずつでフィーチャーされての全10曲を収録。まさにデレク・シェリニアン〜ヴァージル・ドナティ直系の、変拍子とスリリングなソロで押しに押しまくる、テクニカル・プログレ・メタル系リスナー垂涎の注目の快作です!

〜米国の俊英ギタリストによるトリオ・アルバム2作目!流麗かつスリリングなテクニカル・ジャズ・ロック傑作!〜

TIM MILLER
/TRIO 2

(CD/Avenir)
(USA.'08)
アラン・ホールズワース影響下のギタリスト群にあって、その楽曲の水準の高さと、上品なセンスで抜きん出た存在感を示しているティム・ミラーの、トリオとしての2作目となる新作。b、drとのシンプルな編成ながら、エレクトリック主体にアコースティックも交えたダイナミックなギターワークを押し出してシリアスなホールズワースとも言うべき仕上り。技巧派ギター・ファン、ホールズワース・ファン注目の傑作です!!

〜ティモ・レーン率いるシンフォニック・スラムの2nd、初CD化!ボーナス・トラック4曲追加!〜

TIMO LAINE-SYMPHONIC SLAM
/SSII

(CD/MUSEA)(Canada'78)
ティモ・レーン(g.vo.etc)率いるカナダのシンフォニック・スラムの2ndアルバムが初CD化。実質上はレーンのソロ・アルバムで、デヴィッド・ストーン(後にRAINBOWへ加入)は不参加。リズム隊や女性キーボーディストを加え、当時は未だ珍しかったギター・シンセも使用した、プログレッシヴ・ハード寄りのサウンドを展開しています。アナログ・キーボード(メロトロンも?)を活かしたフュージョン/シンフォニックなパートから、エスニック〜ジャーマン調まで、インスト/ヴォーカル・ナンバーとりまぜて味わえる1枚!ボーナス・トラック4曲追加!!

〜UTOPIAのテイクも収めた、トッド・ラングレンBBC出演時の音源と映像を収めた3CD+DVDボックス!〜

TODD RUNDGREN
/At The BBC 1972-1982

(3CD+DVD:NTSC/Esoteric)(USA'72-'82収録)
USポップ・プログレッシヴの天才・奇才、トッド・ラングレンの、BBC出演時の音源と映像を集大成した、3CD+DVD/NTSCボックス・セット。Esotericより。完全ソロ/弾き語りの'72年音源および'82年映像と、バンドUTOPIAを率いての'75/'77年音源及び'75/'78年映像を収めています。アメリカ然としたプレAOR/SSW感覚と、スペイシーな演奏が相まったUTOPIAのテイクは特に見もの、聴きものです。プログレッシヴ・サイドでも改めて評価されるべき、充実の内容!

〜マイルス系ルーツのグルーヴとイマジナリーな広がりが共存したジャズ・ロック!〜

TODD SICKAFOOSE
/Tiny Resistors

(CD/ USA'08)

Cryptogramophoneの新顔b/マルチプレイヤーのリーダー作!マイルス系ルーツのグルーヴとイマジナリーな広がりが共存したジャズ・ロック!

〜カテドラルのkbd奏者による、女性voをフィーチャーした耽美ムード&アンビエントな2ndソロ作!〜

TOM DONCOURT
/The Moon Will Rise

(CD/Tom Doncourt)(USA'15)
米の伝説的シンフォニック・バンド、カテドラルのkbd奏者が、「The Mortal Coil」('14)に続きリリースした2ndソロ。今回も、女性シンガー2名はじめ、男性vo(1曲)、b(3曲)、そして元アングラガルドのM.オルソン(dr, per/6曲)を迎えたプロジェクトとしての録音で、自らはメロトロン、チェンバリン、その他kbdをプレイしています。モダン・クリムゾン+ビョーク系ダウナー女性vo的アンビエント・ポップから、ジャーマン風ドローン・エレクトロ・インストまで、M.オルソン周辺〜オピウム・カルテル辺りにも通じる、先鋭志向の刺激的力作!

〜CATHEDRAL(米)のキーボード奏者による、ダーク&耽美ムードのうたものシンフォ!〜

TOM DONCOURT
/The Mortal Coil

(CD/Phosphorescent)(USA'14)
アメリカン・シンフォニックきっての名バンド、カテドラルのキーボード奏者の1stソロ。メロトロン、チェンバリン、ハモンド、モーグ等各種キーボード多重及び自らのヴォーカルを中心に、男女ヴォーカル(各1曲)や、マティアス・オルソン(dr等)らがゲスト的に加わっての録音です。クリムゾン系ルーツのうたもの寄りモダン・シンフォニックからアンビエントかつ耽美的サウンドスケープ/kbdオーケストレーションまで、所々フロイド的内省感も交えた、ダークかつエキセントリックなサウンドを展開しています。アメリカならではのゴシック感覚もあるイマジナリーな秀作!

〜滑らか女性voフロントの変則テクニカル・メタル!〜

TO-MERA
/Delusions
(CD/Condlelight)(USA.'08)
英国から登場した、滑らかな女性voフロントの5人組(vo、g、kbd、b、dr)変則テクニカル/プログレ・メタル系バンドの2nd。アメリカのAGHORAあたりにも通じる、激しく切り返しつつもキャッチーな音像は、非常に個性的です。F.トーデンタル(メシュガー)ばりの変拍子リフにオルガン音kbdを交えて押しまくるパートから、ジャジーなメロディを用いた技巧的な側面、更にはゴシック風味まで、仕掛けに満ちた傑作に仕上がっています!変則メタル好き必聴!!

〜速弾きギタリスト代表格、10年振り10作目のソロ!M.ミンネマン、V.ドナティ参加!〜

トニー・マカパイン
/Tony Macalpine

(CD/KING RECORDS)(USA'11)
シュラプネル・レコーズきっての名盤1st『Edge Of Insanity』から25年、近年も、CAB、RING OF FIRE、VAIなどで活躍を続ける速弾きギタリスト トニー・マカパインの、10年ぶり10thソロアルバム。自らのプレイ(ギター、キーボード、ベース、プログラミング)に加え、3曲にヴァージル・ドナティ、4曲にマルコ・ミンネマンという強力ドラマー2人をフィーチャー。いわゆるネオ・クラシカル色は薄く、8弦ギターを活かした「メタリックなPLANET X」的な、プログレ・メタル志向の超絶的インストを展開した快作に仕上がっています!

〜元祖・凶暴系ジャズ・ロック!故.トニー・ウィリアムス率いた第一期ライフタイムの1st、リマスター再発!〜

THE TONY WILLIAMS LIFETIME
/Emergency!

(CD/ESOTERIC)(USA'69)
なんと、ESOTERICより、リマスター/プラケース仕様で再発!言わずと知れた偉大なるドラマー:故.トニー・ウィリアムスが率いた第一期ライフタイムの1stアルバム(LPでは2枚組でした)。MAHAVISHNU ORCHESTRAでデビューする以前のジョン・マクラフリン(g)、及びラリー・ヤング(org)をフィーチャーした、スタイリッシュになる前の、ひたすらアツく、凶暴なる元祖・男気ジャズ・ロックがここに!名作です!

〜元祖・凶暴系ジャズ・ロック!リマスター&ボーナス・トラック1曲追加で再発!〜

THE TONY WILLIAMS LIFETIME
/Turn It Over

(CD/ESOTERIC)(USA'70)
なんと、ESOTERICより、リマスター/プラケース仕様/ボーナス・トラック1曲(シングルA面)入りで再発!故.トニー・ウィリアムスが率いた第一期ライフタイムの2ndアルバム。ジョン・マクラフリン(g)、ラリー・ヤング(org)、ジャック・ブルース(b.vo)という超強力メンツにて、1st同様の元祖・凶暴系ジャズ・ロック・サウンドが再び全開!この機会に、ぜひ再評価を!

〜アニマルズ・アズ・リーダーズ、マーズ・ヴォルタ、スーサイダル・テンデンシーズのメンバーによる新バンド!〜

TRAM (TERRAZAS, RAYES, ABASI, MOORE)
/Lingua Franca

(CD/Sumerian)(USA'12)
ワシントンD.C.拠点のポスト・ハードコア/テクニカル・インスト・メタル系バンド、ANIMALS AS LEADERSの8弦ギタリスト2名、T.AbasiとJ.Rayに、MARS VOLTAのA.Terrazas(ウッドウィンド)、そしてSUICIDAL TENDENCIESのE.Moore(dr)という4人が組んだプロジェクトの1st。メタル色は皆無で、技巧性を活かしたハードコア・フュージョン/ジャズ・ロックから、オルタナ・クリムゾン的ナンバー(フルートも有り)まで、想像以上にプログレッシヴ寄りの内容に仕上がっています! 注目!

〜トランスアトランティックの魅力を余すところなく伝える、ブルーレイ版ライヴ映像が登場!〜

TRANSATLANTIC
/KaLIVEoscope

(Blu-ray:NTSC/InsideOut)(Sweden,UK,USA'14)
トランスアトランティックの最新ライヴ、こちらはブルーレイの単品リリース!スペシャル・エディションに入っていたものと同内容で、ボーナスDVDのみに入っているドキュメンタリーやライヴ映像も収録。内容充実、ヴォリューム満点!

〜トランスアトランティックの'14年ライヴ盤!〜

TRANSATLANTIC
/KaLIVEoscope

(DVD:NTSC+3CD/Inside Out)(Sweden,etc.'14収録)
(2DVD:NTSC+3CD+Blu-ray/Inside Out)(Sweden,etc.'14収録)

ニール・モーズ、ロイネ・ストルト、ピート・トレワヴァス、そしてマイク・ポートノイという4名が結集した、現代プログレッシヴ界のスーパー・グループ・トランスアトランティックの、「カレイドスコープ」('13年)リリース後の欧州ツアーより、3月のオランダ公演を収めた3CDと、同月のドイツ公演を収めたDVD/NTSCのセット。サポート・メンバーにテッド・レオナルド(SPOCK'S BEARD/ENCHANT)を加えた編成にて、新作からの曲はじめ、大曲の数々をたっぷり演奏。オランダ公演(CD)では、なんとタイス・ヴァン・レアー(FOCUS)がゲスト参加し、“Silvia”“Hocus Pocus”をバンドと共にプレイする等、ライヴならではの聴き所/見せ場も多数となっています。流石のクオリティの、ファン必携タイトル!

〜トランスアトランティック待望の4thアルバム!〜

TRANSATLANTIC
/Kaleidoscope

(2CD+1DVD:NTSC/WHD)(USA,UK,Sweden'14)→紙ジャケ仕様国内盤
(2CD+2DVD:NTSC/Inside Out)(USA,UK,Sweden'14)→LP型アートブック盤
(2CD+1DVD:NTSC/Inside Out)(USA,UK,Sweden'14)→デジブック盤
(1CD/Radiant)(USA,UK,Sweden'14)→1CDプラケース盤

ニール・モーズ(ex.SPOCK'S BEARD)、ロイネ・ストルト(THE FLOWER KINGS)、ピート・トレヴァース(MARILLION)、そしてマイク・ポートノイ(ex.DREAM THEATER)という4名が結集した、現代プログレッシヴ・ロックのスーパーグループ、トランスアトランティックの、「旋風」('09)以来、約4年振りとなる新作4th。今回も冒頭とラストに25分〜30分強の、ヘヴィ&ダイナミックな大作組曲を配し、スリリングかつ高揚感溢れる円熟のサウンドが存分に味わえる会心の大傑作に仕上がっています! 国内盤紙ジャケット仕様(2CD+1DVD:NTSC)、独リリースの2CD+1DVD:NTSCデジブック仕様、2CD+2DVD:NTSC超豪華3Dアートワーク&LPサイズ・アートブック仕様、USリリースの2CD+1DVD:NTSC/4面デジパック仕様、2CDプラケース仕様、1CDプラケース仕様(通常盤)を入荷!

【ボーナス・ディスク内容】
CD(カヴァー集)
M1. And You And I (YES)
M2.Can't Get It Out Of My Head (ELO)
M3. Conquistador (PROCOL HARUM)
M4. Goodbye Yellow Brick Road (ELTON JOHN)
M5. Tin Soldier (SMALL FACES)
M6. Sylvia (FOCUS)
M7. Indiscipline (KING CRIMSON)
M8. Nights In White Satin (THE MOODY BLUES)

DVD
メイキング、本編M2のヴィデオ・クリップ、プログ・アワードの舞台裏映像を収録。

アートブック・エディション付属DVD
本編5.1chミックス音源

〜オランダ公演収録の2DVDに、「最高の出来」と語るマンチェスター公演を3CDに収録した豪華セット!〜

TRANSATLANTIC
/More Never Is Enough

(2DVD:NTSC+3CD/BelleAntique)(UK-USA-Sweden'11)
ニール・モーズ(ex SPOCK'S BEARD)、ロイネ・ストルト(THE FLOWER KINGS)、ピート・トレワヴァス(MARILLION)、マイク・ポートノイ(ex DREAM THEATER)の4人から成る現代プログレッシヴ・ロックのスーパー・グループ:トランスアトランティック。復活作となった『The Whirlwind(旋風)』に伴うツアーからは、既に2010年5月21日のロンドン公演がDVD/CDリリースされていますが、今度は5月20日のオランダ・ティルブルグ公演を収録した2DVDと、メンバー自らが「最高の出来だった」と語る、5月22日のマンチェスター公演を収録した3CDをカップリングした豪華5枚組セット!各々3時間を超える圧倒的なヴォリュームにて、熱き熱演をたっぷりと味わえます!

〜'10年5月ロンドン公演収録の2枚組DVD及び3枚組CD!『Whirlwind』完全再現を含む圧倒的パフォーマンス!〜

TRANSATLANTIC
/Whirld Tour 2010 -Live In Shepherd's Bush Empire London-

(USA-UK-Sweden'10収録/BelleAntique/Radiant)
(ノーマル・エディション:2DVD:NTSC)
(スペシャル・エディション:2DVD:NTSC:+3CD)
(3CDエディション[DVDなし])

09年に8年ぶりとなる復活3rdアルバム『The Whirlwind(旋風)』をリリースした、ニール・モーズ(ex SPOCK'S BEARD)、ロイネ・ストルト(THE FLOWER KINGS)、ピート・トレワヴァス(MARILLION)、マイク・ポートノイ(ex DREAM THEATER)の4人から成る現代プログレッシヴ・ロックのスーパー・グループ:トランスアトランティック。同作リリース後の2010年5月にロンドンで行なわれたコンサートを完全収録した2枚組DVD、及び同音源を収録した3枚組CDが登場です!PAIN OF SALVATIONのダニエル・ギルデンロウをサポートに迎え、全1曲の大作だった『The Whirlwind(旋風)』のフル演奏をはじめ、1st/2ndの主要曲もたっぷりプレイ。また、ドキュメンタリーやバンド・インタビューも収録。さらには、ボーナス・トラックとして、2010年7月のHigh Voltage Festivalにおけるスティーヴ・ハケットとの共演「The Return Of The Giant Hogweed」を収録!圧倒的なスケール感と演奏力に彩られたパフォーマンスは、全シンフォニック・リスナー必見・必聴です!お見逃しなく!!

〜スーパーグループ:トランスアトランティック、新作3rd!77分に及ぶ超大作曲で展開される圧倒的スケール!〜

TRANSATLANTIC
/The Whirlwind(旋風)


ノーマル・エディション(CD/InsideOut)(USA-UK-Sweden'09)
ノーマル・エディション国内盤(CD/BelleAntique)(USA-UK-Sweden'09)
スペシャル・エディション(2CD/RadiantRecords)(USA-UK-Sweden'09)
スペシャル・エディション国内盤(2CD/BelleAntique)(USA-UK-Sweden'09)

ニール・モーズ(ex SPOCK'S BEARD/kbd.vo)ロイネ・ストルト(THE FLOWER KINGS/g.vo)、ピート・トレワヴァス(Marillion/b)、そしてマイク・ポートノイ(DREAM THEATER/dr)の4人で結成され、リリースされた2作品がいずれも名盤と評された米英瑞典連合スーパーグループ、トランスアトランティック。モーズの引退騒動以降、久しく活動を休止していましたが、このたび遂に復活を果たし、8年振りの3作目となるニューアルバムを発表しました。何と全1曲 77分に及ぶ超大作タイトル曲を収めており、その気迫には驚かされます。華々しいオープニングから、この4人ならではのスリリングなインスト・パート、ロイネがヴォーカルを取るフラ・キン風のパートまで、モーズのソロに近い、YES〜GENESIS系基調&五大プログレバンド総なめのドラマティック&ダイナミックなサウンドは圧巻の一言。健在どころか最高傑作となった、シンフォニック・リスナー必聴タイトル!DISC2に、オリジナル4曲と、GENESIS"The Return of the Giant Hogweed"、PROCOL HARUM"A Salty Dog"、THE BEATLES"I Need You"、SANTANA"Soul Sacrifice"のカヴァー曲4曲を収めたボーナスCD付スペシャル・エディション、2CDにさらにメイキングDVDも付いたデラックス・エディションもあり。

〜『Normalizer』シリーズのトレイ・ガン版!これまたカッコよくてビックリの技巧作に仕上がっています!〜

TREY GUNN / MARCO MINNEMAN
/Modulator

(CD/TreyGunn)(USA'10)

マルコ・ミネマンが録った50分を越えるドラム・ソロを基に、アレックス・マカチェク、マイク・ケネリーらが曲を付け、各々のアルバムとしてリリースするという、野心的な【Normalizer 2】の、こちらはトレイ・ガン版。スティック(Warr Guitar)、ギター、タッチ・ギター他を駆使して、よりダーク&グルーヴィー、しかもテクニカルな速弾きギターもたっぷりの、マカチェク版に負けず劣らずの傑作です!

〜スコット・ヘンダ―ソンとゲイリー・ウィリスを中心としたベテラン・バンドの12年振り最新作!〜

TRIBAL TECH
/X

(CD/Tone Center)(USA'12)
スコット・ヘンダ―ソン(g)、ゲイリー・ウィリス(b)という、当代きってのテクニシャン2名を中心として、'86年にアルバム・デビューした西海岸系フュージョンのベテラン、実に約12年振りとなる新作10th。'92年の5作目以降の不動のメンバーであるスコット・キンゼイ(kbd)、カーク・コヴィントン(dr)との4ピースにて、ジャムを発展させた即興的グル-ヴと、複雑かつメロディアスな作曲性が調和した、ハイクオリティなサウンドを展開しています。ウェザー/BRUFORD、ホールズワース系ルーツと、モダンなタッチが交錯する会心作!

〜元シュラプネル系ギタリスト、アレックス・マーシ率いるギター・トリオによるジャズ・ロック古典カヴァー集! クリムゾン"レッド"入り!〜

THE TRIO OF STRIDENCE
/Pastrami Standards

(CD/Self)(USA'09)
MCMでの活動等、元シュラプネル系速弾きギタリスト勢にあって、ジャズ・ロック指向で知られるアレックス・マーシ(g)が、ギター・トリオ編成で、自らのルーツ/フェイバリットとおぼしき、ジャズ・ロックの古典的名曲群をカヴァーしたアルバム。ジェフ・ベックはじめ、ザッパ、B.コブハム、マハヴィシュヌ、S.フィリップス、そして何故かクリムゾン"Red"まで、kbdパートもギターで弾き倒す、これでもかの痛快作!

〜米のプログレッシヴ・メタル系バンド、BETWEEN THE BURIED AND MEのベーシストのトリオ・バンド!〜

TRIOSCAPES
/Separate Redalities

(CD/Metal Blade)(USA'12)

米のプログレッシヴ・メタル系バンド、BETWEEN THE BURIED AND MEのベーシスト、Don Bringsをフィーチャーした、アヴァン・ジャズ・トリオの1st。sax,b,drの編成にて、クリムゾンやザッパのルーツも感じさせる、ズ太いポリリズミック・グル-ヴとテクニカルな弾きまくりに彩られた、いわば高円寺系ハードコア・ジャズ/アヴァン・フュージョンが全開です。技巧/変則系リスナーも注目の快作!

〜プロフェッショナルなUS産ギター・トリオ、06年1st。屈折メロディアスなテクニカル・フュージョン秀作!〜

TRIOSHIFT
/Trioshift
(CD/Cookietime)(USA'06)
米国の、セッション畑でプロフェッショナルなキャリアを持つギタリスト、ベーシスト、ドラマーの3名による、文字通りのギタートリオの、06年発表の1st。ややダークで屈折したメロディアスなプログレ・フュージョン寄りのサウンドを、たっぷりと展開。メタル色は無く、ハード/ヘヴィ・フュージョンとは一線を画した「ジャズ寄りジャズ・ロック」といったイメージの中、時にホールズワースやジェフ・ベックを思わせるギタープレイで弾きまくる痛快な秀作!

〜FRENCH TV〜TRAPのkbd奏者率いる新バンドのデビュー作! アヴァン/レコメン筋におススメのハイ・テンションな快作!〜

TROIS EXPATRIATES
/Conspiracy Weary

(CD/nxu)(USA'11)
FRENCH TV / TRAPのkbd奏者、Warren Deleをフィーチャーしたトリオ(g/b/etc,kbd/windset,dr)ユニットの1st! ザッパ由来の変則切り返しまくりのアンサンブルは非常にハイ・テンション! アヴァン/レコメン筋にもおススメの、テクニカル&コンプレクシャスな快作です!

〜レアなカナディアン・ニュー・ロック/サイケデリック・ロック・バンドの70年唯一作!イイ味!〜

TROYKA
/Troyla
(CD/KISMET)(Canada'70)
オリジナルLPはレア盤となっている、カナダ産トリオ・バンドの70年発表の唯一作。ブルーズ/ニュー・ロックを基本に、ジミヘン調からファズ・ギターがリードをとるインスト、マンドリンを用いたフォーク・ナンバーまで、中々に多彩な時代物サウンドを展開、ハード・ロックやプログレ視点だとインパクトは薄いかもしれませんが、イイ味出しまくりの好作品です!

〜ベル・アンティーク紙ジャケット&SHM-CDシリーズ 8月〜

TRUE MYTH
/True Myth

(SHM-CD/BelleAntique)(Canada'79)
マニアの間でカナダのFESTA MOBILEと言われていた超絶技巧シンフォニック・ロック・アルバム。テクニカルなキーボード類を中心にしたインタープレイをカナダ特有の透明感で表現した実力派。長らく再発が待たれていた作品が遂にCD化成る!紙ジャケット、リマスター、SHM-CDにてのリリース!

〜パット・マステロットが、女性テルミン奏者と組んだ、エスノ・ダブ・アヴァン・ユニットの1st!〜

TUNISIA(Pat Mastelotto&Pamelia Kurstin)
/Tunisia
(CD/PatMastelotto)(USA'09)
パット・マステロットが、女性テルミン奏者と組んだ、エスノ・ダブ・アヴァン・ユニットの1stアルバム!イマジナリーな好内容です。

〜米国産、アヴァン系バンドがジャーマンに寄った最新作! サイケ派も注目!〜

TURNING MACHINE
/What Is The Meaning Of What

(CD/Temporary Residence)(USA'12)
米国産、アヴァン/ハードコア系バンドのニュー・リリース! 以前はTHIS HEAT風の所も有りましたが、本作ではボアダムスもかくやの、トランシーな人力エレクトロ&ジャーマン系サウンドが全開! サイケ派も注目です!

〜アートなムードが漂う、シリアスにして刺激的な、エクスペリメンタル系大力作!〜

TYONDAI BRAXTON
/Hive 1

(CD/Nonesuch)(USA'15)
バトルズのドラマーにして、かのアンソニー・ブラクストンの息子、Tyondaiの'15ニュー・スタジオ作。元々はNYCのミュージアムで'13年に初演された、一種のサウンド・インスタレーション系作品のようです。自身のsyn、サンプラーにパーカッションを加えた、テクノイズ〜アヴァン・エレクトロ系サウンドは、正にアートなムード。非常にシリアスにして刺激的な、エクスペリメンタル系大力作!紙ジャケ!

〜レコメン好きにもオススメ!BATTLESのメンバー:タイヨンダイ・ブラクストンのリーダー作〜

TYONDAI BRAXTON
/Central Market

(CD/WarpRecords)(USA'09)

あのアンソニー・ブラクストンの息子にして、BATTLESのメンバーでもあるタイヨンダイ・ブラクストンのリーダー作。生オーケストラ+エレクトロ+バンドによる、ストラヴィンスキー+ライバッハ的?近代クラシカル・チェンバーを展開した、テンションの高い、レコメン好きにもオススメの内容!後半には、ねじれた歌モノロック(ボブ・ドレイク風?)も収めた、大穴的作品!
◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る