◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る

REVIEW ARCHIVES:IRELAND-UK H
[こちらは、これまでに当店に入荷した商品のレビューのアーカイヴです。
価格・在庫の有無はSET SALE LISTを参照するか、またはお問い合わせください]

〜英国新世代を代表するヘイケンの、モダンかつアグレッシヴ、そしてキャッチーさも兼ね備えた会心の傑作!〜

HAKEN
/Affinity

(CD/Avalon)(UK'16)
目の覚めるようなテクニカル・ヘヴィ・プログレッシヴ作品を次々に発表して、今や英国新世代を代表する存在となったヘイケン、初期曲再録ミニ「レストレイション」に続く、新作4thフル。ミックス/マスタリングにOPETH等を手掛けたJ.Bogren、ゲストvoをレプラスのEiner Solbery(1曲)を迎えての録音となっています。ジェント系を含む、モダンでアグレッシヴなプログレ・メタル色を強める一方、フュージョン色や'80sプログレ・ハード・ポップ的キャッチーさもあって、新鮮です。スリリングにしてスケールの大きい仕上りの傑作!輸入盤は、丸ごとインストver.のボーナス付2CD、ハードカバー、デジパック仕様。

〜デビュー以前のデモ曲をリアレンジし再録したミニアルバムがCD単品で再登場!〜

HAKEN
/Restoration

(CD/Belle Antique)(UK'14)
目が覚めるようなテクニカル・ヘヴィ・プログレッシヴ作品を3枚発表して、英国新世代を代表する存在となったヘイケン。彼らがデビュー以前に書いたデモ用の楽曲は19分の大作"クリスタライズ"M3等、彼らの作品の中で最もプログレッシヴ志向が強いものであったが、それらを現在の儀容で表現すべく新録したEP(3曲33分)。当初('14)LP+CDのみのフォーマットで発表されましたが、待望のCD単体リリース!マイク・ポートノイもゲスト参加!

〜ヘヴィ・シンフォニック・サウンドが高い評価を受ける、伊・ヘイケンのLP+CDセット!〜

HAKEN
/Restoration

(LP+CD/Inside Out)(UK'14)
これまでに3枚のアルバムをリリースし、プログレ・メタル等のモダンかつテクニカルな色を加味したヘヴィ・シンフォニック・サウンドが高く評価されている新鋭バンド、ヘイケン。彼らが'07/'08年に制作したデモ・テープに入っていた楽曲を再録音した、3曲(34分)入りのニュー・リリース・ミニ・アルバム。20分におよぶM3など、プログレッシヴ色の強い楽曲となっており、現代英国きっての存在となった彼らの原点と現在を共に味わえる快作!同内容のLPとCDのセットでのリリース!

〜英国モダン・シンフォニックの注目株による新作3rd!〜

ヘイケン
/ザ・マウンテン

(CD/ベル・アンティーク)(UK'13)
再び活況を呈する英国プログレッシヴ・ロック・シーンの中にあって、際立った実力で注目を集める新鋭、ヘイケンがInside Outに移籍してリリースした新作3rd。前作「Visions」('11)の路線を更にダイナミックに展開しており、インパクトのある内容になっています。英国伝統のきらびやかなメロディと、プログレッシヴ・メタルに影響を受けた、ヘヴィ&テクニカルなインスト・パートが融合した音像は、カラフルにして鮮烈です。リチュアル・ミーツ・初期ペイン・オヴ・サルヴェイション的ムードも有る、圧倒的クオリティの傑作! 限定盤デジパック仕様/ボーナス・トラック2曲追加!(ベル・アンティーク国内盤も同様のフォーマットでの発売です)

〜現代的メタリック・ヘヴィ・シンフォニックの極み!英国の気鋭、更なる実力を示す2nd!〜

HAKEN
/Visions

(CD/BelleAntique)(UK'11)
デビュー・アルバム『Aquarius』('10)が好評だった。英国の新鋭へヴィ・シンフォニック・プログレッシヴ・ロック・バンドの2作目。前作に引き続きコンセプト作となっており、ラストには22分に及ぶ長尺タイトル曲もフィーチャーしています。GENESIS、QUEEN由来の、キャッチーで煌びやかなメロディと、DREAM THEATER以降のテクニカルなプログレ・メタル色を融合したサウンドは、更なるヘヴィネスとダイナミズムに彩られています。初期PAIN OF SALVATIONや、RITUALに通じるイメージもあり、KARMAKANICあたりのファンにもオススメと言える、またも会心の1枚に仕上がっています!

〜目の覚めるような英国テクニカル・ヘヴィ・シンフォ新鋭、いきなりのトータル・コンセプト作で堂々デビュー!〜


HAKEN
/Aquarius
(CD/SENSORY)(UK'10)
THE TANGENTやKARNATAKA〜MOSTLY AUTUMN周辺の活躍もあって、再び活況を呈しつつある本場英国のプログレッシヴ/シンフォニック・ロック・シーンより、注目の新バンドが登場。目の覚めるようなテクニカル・ヘヴィ・シンフォニックを演奏する彼ら:ヘイケンのこの1stアルバムは、いきなりのトータル・コンセプト作品。再編KAIPA〜RITUALのパトリック・リンドストロムに通じる、フレディ・マーキュリー影響下のシアトリカルなヴォーカルをフロントに、メロトロン音も交えたキーボード、ヘヴィなギターをフィーチャーしたサウンドは、ダイナミックな魅力を放っています。GENESIS〜KING CRIMSON系をルーツとしつつも、DREAM THEATER以降のプログレ・メタル、そしてゴシック・メタル・センスと、テクニカルなパッセージを用いた音楽性は、90年代、そして00年代を踏まえた新世代らしいもの。ヘヴィ・シンフォニックといっても、ダークな面ばかりではなく、爽快かつキャッチーな面や、ZAPPA〜チェンバー・ロック〜アヴァン風味も交えており、聴き応え十分です。近年のKAIPAや、KARMAKANICあたりのリスナーにも十分にオススメできる、まさに驚きの高水準デビュー作であります!

〜ハッピー・ザ・マンの最終作が国内盤紙ジャケット仕様にて再発!〜

HAPPY THE MAN
/Better Late (Third)

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(USA'83)
アメリカのシンフォニック・バンド、ハッピー・ザ・マン。'79年録音(発売は'83年)の3枚目にして最終作。本来の持ち味である確かなテクニックに裏打ちされた安定したアンサンブルの妙を楽しめるアルバム。キット・ワトキンスのk.b.を中心にした演奏は円熟期を迎えたことを伺わせるが、残念なことに本作を録音後グループは解散してしまう。リマスター、紙ジャケ、SHM−CD仕様の決定版的内容!

〜元スペンサー・デイヴィス・グループのエディ・ハーディンと、ピート・ヨークのコンビが制作した'70年のアルバム。〜

HARDIN & YORK
/The World's Smallest Big Band

(CD/Esoteric)
(U.K. '70)
元スペンサー・デイヴィス・グループのエディ・ハーディン(org、p)と、ドラマー、ピート・ヨークのコンビが制作した'70年のアルバム。前半はストリングス等を交えたジャジーなSSW/うたもの風で、ロックンロール・メドレーを挟んでDEはNICEばりのクラシカル・オルガン・ロックで、これが素晴らしい。ブリティッシュ通は見逃せない力作!リマスター/8ボーナス!

〜日本が誇るトップ・ミュージシャン、山木&井上にJ.ギブリンが加わった、上品かつ屈折したテクニカル・プログレ・フュージョンKbdトリオ作!!〜

HARISSA(山木秀夫、井上鑑、ジョン・ギブリン)
/MovingUp

(CD ZIZO)(JapanUK '08)

日本のフュージョン/ジャズ・ロック・シーンを代表する山本秀夫(dr)井上鑑(kbd)の2人に、これまた大物セッションマン、ジョン・ギブリン(b)という強力kbdトリオ・ユニットによる'08作。見逃してましたが、これはイケます!ほぼ全曲、井上の作曲による変拍子(1曲目のタイトルも明るい変拍子)を多用した、テクニカル・プログレ・フュージョン・サウンドはBRUFORD〜ウエザー系列をアップデートしたかのような高水準なもの。こちら向きの秀作です!

〜69年英国産、ブルージー&ポップなビート・サイケ・バンドの唯一作が再発。シングル4曲をボーナス追加〜

HARSH REALITY
/Heaven&Hell

(CD/ESOTERIC)(UK'69)
おどろおどろしいジャケットとは裏腹に、ポップかつメロディアスなビート・サイケを聴かせるバンドの唯一作。69年にPHILIPSからリリースされた、オリジナルLPはレアアイテムとなっている1枚がリマスター再発。オルガン/キーボードもフィーチャーした5人編成にて、ブルージーでソウルフルな歌メロを軸に、カラフルなサウンドを展開した力作。シングル4曲をボーナス追加。

〜元HAWKWINDのシンセ奏者、2010年新作!中近東トランス+クラウス・シュルツェ的力作〜

HARVEY BAINBRIDGE
/Dreams,Omens&Strange Encounters

(CD/Atomhenge)(UK'10)
元HAWKWINDのシンセ奏者:ハーヴェイ・ベインブリッジの新作ソロアルバム。この筋らしい、中近東風のトランス・エレクトロから、テクノ寄りのクラウス・シュルツェ的な広がりを見せる楽曲まで、まさにスペイシーかつサイケデリックなシンセ・サウンドがたっぷりと味わえます。ジャーマン派も注目の1枚。Cherry Red系列のAtomhengeよりリリースです。

〜今は亡きパイルのプレイも貴重といえる、充実の力演!〜

HATFIELD AND THE NORTH
/Access All Areas

(CD+DVD:PAL/Edsel)(UK'90収録)
「Classic Rock Regends」シリーズ等で発売されてきた、'90年セントラルTV「Bedrock」での再編ハットフィールズのライヴ。今度はEdselより、CD+DVD/PAL(同内容)のフォーマットで再発されました。R.シンクレア、P.ミラー、P.パイル、そしてソフィア・ドマンシック(kbd)の4人にて、シンクレアのソロも含むセットをプレイ。今は亡きパイルのプレイも貴重といえる、充実の力演!三方背スリーヴ・ケース付!

〜こちらも入荷!ハットフィールズの73年〜75年未発集第2弾!〜

HATFIELD&THE NORTH
/Hattitude

(CD/Hatfield&TheNorth)(UK'73-75)
遅ればせながら、こちらも入荷!ご存知ハットフィールズの73年〜75年未発(BBCなどライヴ・トラックス中心)集第2弾!元々は06年にウェブ販売のみで出ていたアイテム。この機会に第一弾リリースとあわせて、お見逃しなく!カンタベリー・ファンはマストのリリースです!

〜05年にネットのみでリリースされた、73年〜75年未発表アーカイヴスCDのVol.1!〜

HATFIELD&THE NORTH
/Hatwise Choice

(CD/ESOTERIC)(UK'75/01)
ハットフィールズの、当初2005年にネットのみでリリースされた、73年〜75年未発表アーカイヴスCDのVol.1!スチュワート、ミラー、シンクレア、パイルの4人による、BBCライヴを中心とした、ファン必携アイテムです!

〜注目、英Esotericより、待望のリマスター(スリップケース付き、プラケース)再発!! 音質抜群〜

HATFIELD and THE NORTH
/Hatfield and The North
(CD/Esoteric)(UK'73)
D.スチュワート、P.ミラー、R.シンクレア.Pパイルが結集した、カンタベリーの金字塔グループ、ハットフィールド・アンド・ザ・ノースのファースト。Esotericより待望のリマスター/スリップケース仕様プラにて再発です。以前国内盤紙ジャケではカットされていた、ボーナス2曲(シングルトラック)も復活し、更になんと今回初CD化となるオムニバス「V」からの未収スタジオトラック1曲(6分)を新規で加えた決定盤。D.スチュワートのインタヴューを含む、新装ブックレットも充実、もちろんリマスターで音質も抜群!マストです!!

〜注目、英Esotericより、待望のリマスター(スリップケース付き、プラケース)再発!! 音質抜群 〜

HATFIELD and THE NORTH
/The Rotter's club
(CD/Esoteric)(UK'7
5)
ハットフィールド・アンド・ザ・ノースのラスト作ともなった超名作セカンドが。彼らの2ndが,Esotericより待望のリマスター/スリップケース仕様プラにて再発です。以前国内盤紙ジャケではカットされていた、ボーナスも(旧Virgin盤の5曲中、ごく短い2曲は今回未収録ながら、)3曲復活、しかも"Halfway〜"は10数秒長いノーカットver収録の決定盤です。何よりリマスターでの鮮やかな音質向上が嬉しい、マストアイテムです!!

〜バンド解散後にリリースされた、LP未収録トラック入りBEST盤!SHM-CD/紙ジャケットにて〜

HATFIELD AND THE NORTH
/Afters

(SHM-CD/EMImusicJAPAN)(UK'79)
バンド解散後の79年にリリースされた、ハットフィールド&ザ・ノースのコンピレーション盤、LP未収録だったシングル・トラックやライヴ・テイクは既発CDのボーナス・トラックとして全て収録済みのため、そうした点での価値は薄いものの、アルバム・トラックを含めた「この形」としては初CD化。ナイスなジャケット・デザインも含め、ファンなら「この形」でも持っていたい、充実の1枚です。SHM-CD、インサート(歌詞カード付き)、紙ジャケット仕様にて!

レコメン・オールスターズ的メンバーによるユニットの1st。久しく廃盤だったものが再発!

THE HAT SHOES
/Differently Desperate

(CD/Ad Hoc)
(UK.'92)
チャールズ・ヘイワードはじめ、いわゆるレコメン・オールスターズ的なメンバーによるユニット、ザ・ハット・シューズの1st。久しく廃盤でしたが、Ad Hocより再発です。ヘイワードはじめ、トム・コラ、カトリーヌ・ジャニオ(ex.アクサク・マブール♀vo)、更にはゲストでティム・ホジキンソンらも参加。何といっても変幻自在のジャニオのvoの存在感が圧巻で、一部ヘイワードのvoもありますが、アヴァン女性voファン必聴ものといえます。未聴/未入手だったレコメン・リスナーは、この機会にぜひ!

〜ホークウィンドの'16年新作は、古典的Sci-Fi小説に基づいたコンセプト作!〜

HAWKWIND
/The Machine Stops

(CD/Cherry Red)(UK'16)
御大デイヴ・ブロック率いるスペース・ロックの代名詞、ホークウィンドのニュー・アルバム。1909年に書かれた、古典的Sci-Fi小説に基づくコンセプト作となっています。来日公演に帯同したティム・ブレイクは今回不参加ですが、R.チャドウィック、Mr.ディブスら含む6人編成にて、ハードな縦ノリ・ナンバーからエレクトロ、グラム・ポップ、クラウト風まで、まさにストーリー性に富んだ内容で迫る、流石の快作です!

〜デイヴ・ブロック率いる本家HAWKWINDの最新作!ライナー付き/国内仕様での2011年来日記念盤!〜

HAWKWIND
/Blood Of The Earth
 
(CD/Diskunion)(UK'10)
いよいよ来日!デイヴ・ブロック率いる本家ホークウインドの、現時点での最新リリース作!こちらは、初回限定ボーナスCDは付いておりませんが、通常盤のみのボーナス・トラック1曲追加。ライナー付き/国内仕様での、来日記念リリースです。

〜GWR期88年作がリマスター&ボーナス追加で再発!泣きのギターをフィーチャーした異色の叙情派スペース・ロック!〜

HAWKWIND
/The Xenon Codex
(CD/Atomhenge)(UK'88)
スペース・ロックの王者:ホークウインドの、いわゆるGWR期の88年リリース作。デイヴ・ブロック、ハーヴェイ・ベインブリッジ、ヒュー・ロイド。ラングトン、アラン・デイヴィー、ダニー・トンプソンのラインナップにて、ニューウェイヴ風味を残しつつ、ラングトンの泣きのギターを押し出した、叙情派スペース・ロックとも言うべき異色の力作になっています。88年の未発表ライヴ・テイクを5曲ボーナス追加、リマスターにてAtomhengeより再発!

〜2CDで再発!レミー在籍時の72年BBCライヴ!初出ボーナス2曲+初CD化のステレオ・ヴァージョンを本編丸ごと収録!〜

HAWKWIND
/At The BBC - 1972

(2CD/EMI)(UK'72録音)

言わずと知れたスペース・ロックの開祖:ホークウインドの、かつてWindsongからリリースされていた、レミー・キルミンスター在籍時の72年BBCラジオ・コンサート音源の再発。初公開となる、同年8月のMaida Valeセッション2曲を冒頭に追加し、更に、初CD化となる本編丸ごとのステレオ・ヴァージョンを収めたDISC-2をカップリングしての2枚組仕様でのリリースです。飛ばしシンセ、ロバート・カルバートの語りなど、まさにスペイシーな、ヘヴィ・サイケ色の強い演奏が高音質で味わえる、貴重かつ充実の内容にして記録!もちろん"Silver Mountain"入り!

英ESOTERICよりリマスター/ボーナス入り再発!HAWKSの秀作!

HAWKWIND
/Astounding Sounds, Amazing Music

(CD/Esoteric)
(UK.'76)
スペース・ロックの代名詞、ホークウィンドが「Warrior〜」('75)、「Roadhawks」('76)に続きリリースしたアルバム。多少なりとも、ポップでタイトな音作りになっていますが、飛びシンセ、サックス、シアトリカルなvo等により、HAWKSならではのトリップ・サウンド健在です。ボーナス3曲入り、リマスター再発!

〜アダム・ウェイクマン率いるダーク/モダン・ヘヴィ・プログ〜うたものバンドの新作2nd!〜

[HEADSPACE]
/All That You Fear Is Gone

(CD/InsideOut)(UK'16)
御存知リック・ウェイクマンの息子、アダム・ウェイクマン(kbd)が率いる、ダークかつメタリックなヘヴィ・プログ/うたものバンドの2ndフル。ダミアン・ウィルソン(vo/ex.スレッショルド、エイリオン、リック・ウェイクマン)、リー・ポメロイ(b/イット・バイツ)を含む5人編成にて、モダンなヘヴィ・ナンバーと、フロイド系ルーツのアコースティック面が共存したサウンドを、ブ厚くダイナミックに展開しています。ハード・ロック調のオルガンも多用して、サバス・ルーツの邪悪ムードも盛り込むなど、メタリック・シンフォの変種としても面白い、充実の快作です!

〜元モストリー・オータムの女性voによるアコースティック・ライヴ!〜

THE HEATHER FINDLAY BAND
/Songs From The Old Kitchen

(CD/Nova)(UK'11収録)
モストリー・オータムを「卒業」した女性シンガー、ヘザー・フィンレイが新たに結成した、アコースティック/フォーク・バンドの'11年10月ライヴ。D.キルミンスター(ac-g/ex.ジョン・ウェットン・バンド)、クリス・ジョンソン(ac-g/ex.モストリー・オータム〜PARADE)、ダブルベース、perとの5人編成(+ゲストcl/fl)にて"Flowers For Guns""Black Rain"他、モストリー・オータムのナンバー主体の全10曲をアンプラグド風アレンジで収めています。しっとりした中で艶のあるvoを味わえる力演!

〜元MOSTLY AUTUMNのヘザー、ソロ転向後第一弾となる5曲入りミニアルバム〜

HEATHER FINDLAY
/The Phoenix Suite

(CD/BlackSand)(UK'11)
MOSTLY AUTUMNを「卒業」した女性シンガー:ヘザー・フィンドレイの、ソロ活動転向後初となるリリース。5曲入りミニアルバムにて、モストリー・オータムの色を多少継ぎつつも、よりコンテンポラリーでアーシーなオルタナティヴ・ロック的ムードの歌物サウンドになっています。ファンはお見逃しなく!

〜ミラー・アンダーソンが結成した、スワンプ/フォーク・ロック・バンドの唯一作!〜

HEMLOCK
/Hemlock
(CD/VIVID)(UK'73)
KEEF HARTLEY BANDで活躍したヴォーカリスト/ギタリスト:ミラー・アンダーソンが、ソロ作『Bright City』に参加していたメンバーや、元FAT MATTRESS〜現CARAVANのジム・レヴァートン(b)らと結成したバンドの唯一作。いわゆるスワンプ風味の、アーシーなアメリカン志向のフォーク・ロックを、キーボードも交えて重厚に聴かせる、これまた傑作です!シングルB面曲をボーナス・トラックとして1曲追加、韓国盤使用の紙ジャケットにて国内リリース!

〜ヘンリー・カウ紙ジャケット収納用ボックス付5枚フル・セット!〜

「ヘンリー・カウ」ボックス・セット
ヘンリー・カウ / 伝説(LegEnd)
ヘンリー・カウ / 不安(Unrest)
ヘンリー・カウ / イン・プレイズ・オヴ・ラーニング(In Praise of Learning)
ヘンリー・カウ / コンサーツ(Concerts)2枚組
ヘンリー・カウ / ウェスタン・カルチャー(Western Culture)

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(UK)
ワールド・ディスク店頭及びワールド・ディスク通販で、6月25日リリースのヘンリー・カウ紙ジャケット5種(「伝説」「不安」「イン・プレイズ・オヴ・ラーニング」「コンサーツ」「ウェスタン・カルチャー」)を同時にお買い上げのお客様に、収納用ボックスを1つプレゼント!


収納用ボックスは当店のみの特典となります!


各アルバムの詳細はこちらでご確認いただけます。

■紹介ページ: http://www.marquee.co.jp/label/henrycow.htm

WORLD DISQUE店頭および通信販売にて好評発売中です!

■通販ページ: http://wdisque.shop-pro.jp/?pid=90329245

〜ヘンリー・カウのスタジオ全作品を収めた5CDボックス!〜

HENRY COW
/The Studio : Volumes 1-5

(5CD/ReR)(UK'73-'79)
こちらも合わせて再レコメンド!御存知ヘンリー・カウのスタジオ全作品(「Desperate Straights」含む)を収めた5CDボックス!「The Road」2箱と合わせると背中のデザインが完成します!

〜久々の再プレス!H.カウ未発BOXパート2!〜

HENRY COW
/The Road : Volumes 6-10

(4CD+DVD:PAL/ReR)(UK'09)
ヘンリー・カウの未発/ライヴ・アーカイヴBOX、こちらは後半パート2!4CDに加え、必見ライヴ映像入りDVD付!

〜久々の再プレス!H.カウ未発BOXパート1!〜

HENRY COW
/The Road : Volumes 1-5

(5CD/ReR)(UK'09)
御存知ヘンリー・カウの未発スタジオ&ライヴを収めた究極のBOX、こちらはパート1!ファンはマスト!
本BOXに「Concerts」単品が収納できるスペースがあります。

〜「思わず6抜きBOXを買ってしまった」「まずは、お試しで1枚」というアナタに!単品で再入荷!〜

HENRY COW
/Stockholm And Goteborg
(CD/ReR)(UK.'75)
ヘンリー・カウ40周年記念ボックス「40th Anniversary Henry Cow Box Set」から先行限定リリース(本CD抜きのボックスも発売されます)。本CDは、ジョージー・ボーン(b, cello)も参加した'77年ストックホルム、及び'75年Goteborgという、スウェーデンの未発表ライヴを収めたものです。ティム・ホジキンソン作、ダグマー炸裂の圧倒的名曲"ErkGah"はじめ、密度の濃いインプロ、珍しいカヴァー曲"No More Songs"まで、正に必聴。音質も極上です!!
<Members>
Gorgie Born(b, Cello, @〜F、K〜M)
Lindsay Cooper (bassoon, fl, sax, p)
Chris Cutler (dr)
Fred Frith (g)
John Greaves (b, G〜J)
Dagmar Krause (singing)

〜NO-MANのティム・ボウンズを含むダーク・シンフォ・バンドの'01年作がリイシュー!〜

HENRY FOOL
/Henry Fool

(CD/KScope)(UK'01)
'13年に久々の2nd「Men Singing」をリリースした、NO-MANのティム・ボウンズ参加の英産ダーク・シンフォニック・バンドが、'01年にCyclopsよりリリースしていた1stを、KScopeがニュー・ジャケットにてリイシュー! ドゥーミーな'70sレトロ色とポーキュパイン・ツリー系/アンビエント色を融合させた、個性的なサウンドの好作です!

〜退廃系屈折プログレッシヴ・バンドがKScopeから新作を久々に発表!〜

HENRY FOOL
/Men Singing

(CD/KScope)(UK'13)
'01年にCyclopsから1st「Henry Fool」を出した、英国産退廃派インスト・プログレッシヴ・バンドが、KScopeに移って、何と12年振りにリリースした2nd。sax/fl,メロトロン等アナログ音kbdをフィーチャーした編成で、ティム・ボウンズ(g/NO-MAN)、フィル・マンザネラ(g/4曲中2曲)も参加。フロイド、タンジェリン、VDGG辺りをルーツとしつつ、よりモダンなアンビエント・ジャム風味を交えた、スペイシーかつ妖美なサイケ・プログレッシヴ・サウンドを展開した、注目の快作です! 見開き紙ジャケ!

〜2CDで再発!レミー在籍時の72年BBCライヴ!初出ボーナス2曲+初CD化のステレオ・ヴァージョンを本編丸ごと収録!〜

HAWKWIND
/At The BBC - 1972
(2CD/EMI)(UK'72録音)
言わずと知れたスペース・ロックの開祖:ホークウインドの、かつてWindsongからリリースされていた、レミー・キルミンスター在籍時の72年BBCラジオ・コンサート音源の再発。初公開となる、同年8月のMaida Valeセッション2曲を冒頭に追加し、更に、初CD化となる本編丸ごとのステレオ・ヴァージョンを収めたDISC-2をカップリングしての2枚組仕様でのリリースです。飛ばしシンセ、ロバート・カルバートの語りなど、まさにスペイシーな、ヘヴィ・サイケ色の強い演奏が高音質で味わえる、貴重かつ充実の内容にして記録!もちろん"Silver Mountain"入り!

〜英ESOTERICよりリマスター/ボーナス入り再発!HAWKSの秀作!〜

HAWKWIND
/Astounding Sounds, Amazing Music

(CD/Esoteric)
(UK.'76)
スペース・ロックの代名詞、ホークウィンドが「Warrior〜」('75)、「Roadhawks」('76)に続きリリースしたアルバム。多少なりとも、ポップでタイトな音作りになっていますが、飛びシンセ、サックス、シアトリカルなvo等により、HAWKSならではのトリップ・サウンド健在です。ボーナス3曲入り、リマスター再発!

〜ホークウィンドの変名プロジェクト、ボーナスCD付エクスパンデッド/リマスター!!〜

HAWKLORDS
/25 Years On
(2CD/Esoteric)(UK.'78)
リマスター/+3ボーナス/更に15曲入りボーナスCD付2枚組エディション!
'78年リリース、HAWKWINDの別名プロジェクトの作。D.ブロック、R.カルバート、S.ハウスらによる、グラム/ニューウェーヴ風のサウンドです。

〜ブリティッシュ・ジャズの名盤がEsotericより、リマスター再発!〜

HENRY LOWTHER BAND
/Child Song

(CD/Esoteric)(UK'70)
ブリティッシュ・ジャズ・シーンで幅広く活躍したtp/fl-horn奏者、ヘンリー・ロウザーが、'70年にDeramからリリースした唯一のソロ名義作品。エレピも交えた電化ジャズ・タッチ主体の中、自らプレイするvlnを活かしたクラシカル色も効果的な、端正な仕上がりが魅力の秀作! 今回はEsotericより、リマスター/プラケース仕様にて再発。

〜UK産ハード・ギター・サイケ代表格"地獄のハイ・タイド"の名盤1st!ESOTERICより新規リマスター!〜

HIGH TIDE
/Sea Shanties

(CD/ESOTERIC)(UK'69)

奇才:トニー・ヒル(g)率いるハイ・タイドの、記念すべきデビュー作。後にHAWKWINDに加入するサイモン・ハウス(vln)、及びリズム隊を従えた編成で、当時にあっては異常なまでのヘヴィネスを感じさせるサウンドです!ハードにうねる反復リズムの上を暴れまわるギターとヴァイオリンが圧巻の名作!本作と同時期に録音された未発表曲2曲、及びデモ3曲を追加、とりわけ"The Great Universal Protection Racket"は強烈なハード・ナンバー!ESOTERICより、新規リマスター再発!

〜奇才:トニー・ヒル率いるハイ・タイドの2nd、やはりヘヴィこの上ないギター・サイケの傑作!〜

HIGH TIDE
/High Tide

(CD/ESOTERIC)(UK'70)

奇才:トニー・ヒル(g)率いるハイ・タイドの2nd(当時出た最終作)。前作と同じく、サイモン・ハウス(vln)をフィーチャーした4人組編成にて、インスト主体のヘヴィなギター・サイケデリック・ロックを展開しています。前作よりもやや控え目な作風ながら、やはりエネルギッシュなインタープレイが光る!今回、リマスターの上、70年録音の未発表曲4曲をボーナス・トラックに追加!

〜A・ホールズワースが、A・パスクァらを迎えて06〜07年に行ったT・ウィリアムス トリビュートツアーのベストテイク音源2CD、会心の名演!〜

HOLDSWORTH・PASQUA・HASLIP・WACKERMAN
/Blues For Tony

(2CD/Bell Antque)(UK-USA'07収録)

アラン・ホールズワース(g)が、アラン・パスクァ(kbd/元New Life Time)、ジミー・ハスリップ(b)、チャド・ワッカーマン(dr)を迎えて06〜07年に行ったツアーから収録されたライヴ盤。同ツアーからはオークランドYOSHI'S公演がDVD化されていますが、本作はツアー全体からベストテイクをコンパイルし、フル・コンサート仕様の2CDにまとめた特筆のリリース。97年に亡くなったトニー・ウィリアムスへの追悼の意を込めての、NEW LIFE TIMEの楽曲も多くフィーチャー。とにかく弾きまくる、近年のホールズワースの中でも指折りの名演!

〜通好みのブリティッシュ・バンド、最もプログレ色の強い3rd!YES系のドラマティックなサウンドを展開!〜

HOME
/The Alchemist
(CD/ESOTERIC)(UK'73)
WISHBONE ASHへ参加するラリー・ワイズフィールド(g)が在籍していたことでも知られる、通好みなブリティッシュ・ロック・バンド:ホームの、最終作となった3rdアルバム。従来の、カントリー・フォーク&ブルース的ニュアンスを残しつつも、本作ではゲストキーボーディストも加えた、トータル仕立てのコンセプト作品となっており、最もプログレッシヴなテイストを押し出しています。YES風味の、ドラマティックかつイマジナリーな展開が光る、隠れた名作!ESOTERICより、新規リマスター&ボーナス・トラック3曲(シングル曲2曲+未発表曲1曲)を追加で再発!

〜メロディアスなブリティッシュ・ロック好バンド ホームの2nd!リマスター/ボーナス1曲追加〜

HOME
/Home

(CD/ESOTERIC)(UK'72)
後にWISHBONE ASHへ加入するロリー・ワイズフィールド(g.vo)が在籍していた事で知られるHOMEの、こちらは2ndアルバム。一部キーボードも交えた、アメリカン・タッチのコーラス・フォーク色と、ブルージーな色が共存した、味わい深いサウンドを本作でも展開しています。ソフトなブリティッシュ・ロック、あるいはフォーク・ロックとしても再評価したい好内容です!ESOTERICよりリマスター&シングルB面曲を1曲ボーナス・トラックとして追加にて再発!

〜メロディアスなブリティッシュ・ロック好バンド ホームの1st!リマスターにて〜

HOME
/Pause For A Hoarse Horse

(CD/ESOTERIC)(UK'72)
後にWISHBONE ASHへ加入するロリー・ワイズフィールド(g.vo)が在籍していた事で知られるHOMEの1stアルバム。アメリカ志向のドライなフォーキー感覚と、英国らしいブルージーな叙情味をミックスした独特のサウンドを展開する好バンドです。ESOTERICより、リマスターにて再発。要・再評価!

〜マリリオン加入以前の'86年にS.ホガースがリリースした、再評価されるべきクオリティの一枚!〜

HOW WE LIVE
/Dry Land

(CD/Cherry Red)(UK'86)
マリリオン加入以前のスティーヴ・ホガース(vo, kbd)が、NWバンドTHE EUROPEANS('83, '84にアルバムをリリース)の同僚だったギタリストColin Wooreとのデュオ・ユニットとしてリリースした'86年作品。ニューロマンティック〜NW系の典型的な'80sヒット・ポップス路線ですが、後にマリリオンに持ち込まれるホガース節の歌メロたっぷりです。当時、商業的な成功は得られなかったものの、再評価されるべきクオリティの一枚です!

〜故ヒュー・ホッパーの未発シリーズ、こちらはラスト?第10弾!〜

HUGH HOPPER
/Was A Friend

(CD/Gonzo)(UK)
これにて完結、故ヒュー・ホッパーの未発シリーズ、第10弾。本作は「デュオ集」となっており、'83年のホッパーの音源に、R.ワイアットが'95年に歌をつけたM1"Was A Friend"(同曲は、ワイアットが「シュリープ」でも再演)はじめ、クリス・カトラーとのインプロM2、ACOUSTIC LADYLAND/POLAR BEARのdrとのM3、GLASSのbとのM4を収録。そしてオーラスには、ホッパー生前最後のステージ・パフォーマンス(4ピース・インストによる"Was A Friend")を収めています('08)。

〜故ヒュー・ホッパーの未発シリーズ、こちらは第9弾!〜

HUGH HOPPER
/Anatomy Of A Facelift

(CD/Gonzo)(UK'69-'71)
故ヒュー・ホッパーの未発シリーズ第9弾は、目玉ともいえる、ソフト・マシーン集。ホッパーの代表作でもある、"Facelift"のライヴ5ヴァージョン(M1はヒューのコメント)を収めた、同曲の変遷を追う内容となっています。ワイアット、ラトリッジとのトリオを基本に、'69(M2,M3)、'70(M4)、'71(M5,M6)の音源を収録、M3は四管入り、M4は二管入り。即興性の高い同曲だけに、ライヴごとに大きく異なる表情を見せる、マシーン・マニア注目のリリースです!音質は総じてラフですが、必聴!

〜故ヒュー・ホッパーの未発シリーズ、こちらは第8弾!〜

HUGH HOPPER
/Bass On Top

(CD/Gonzo)(UK)
故ヒュー・ホッパーの未発シリーズ第8弾は、一風変わった経緯の音源。イスラエルのMIOレーベルのオーナーだったMeidad Zahariaが、'04年にライヴ録音した、同国のピアニストと、元PLATINAのドラマーのデュオ演奏(後で編集時にZahariaがメロトロン等を加えた)に、ヒュー・ホッパーが後からベースを加えた、言わば遠距離セッション(saxも加えられています)。シリアスなインプロヴァイズド・ジャズ!

〜故ヒュー・ホッパーの未発シリーズ、第4弾!〜

HUGH HOPPER
/Volume 4 : Four By Hugh By Four

(CD/Gonzo)(UK'14)
故ヒュー・ホッパーの未発シリーズVol.4!'00年アムステルダムでのレコーディング!

〜故ヒュー・ホッパーの未発シリーズ、第3弾!〜

HUGH HOPPER
/Volume 3 : North & South

(CD/Gonzo)(UK'14)
故ヒュー・ホッパーの未発シリーズVol.3!マイク・トラヴィス(ドラムス)入りバンドでの、'95年ライヴ!ジャズ・ロック!

〜故ヒュー・ホッパーの未発トラックスを収めた、GONZOの新たなアーカイヴ企画第一弾!〜

HUGH HOPPER
/Volume 1 : Memories

(CD/Gonzo)(UK'14)
Gonzoより、トータル10タイトル(!)のリリースが予定されている、故ヒュー・ホッパーの未発アーカイヴ・シリーズの第一弾。ラトリッジ、ワイアットとのトリオ(ホッパーはac-gもプレイ)、すなわちソフト・マシーンでのワイアットのvo入りナンバーM1“Memories”がまず目玉。そして'95年のマイク・トラヴィス(dr)とのバンド、NORTH & SOUTHでのM3、Patrice Meyer(el-g)等とのHUGH HOPPER FRANGLO BANDでのM2、M5(共に'04)、更にはN.エリス(dr)とのデュオでのM6('02)や、A.ゴーウェン“Playtime”のソロ(コンピューター・プログラミング)版を収録。カンタベリー・マニアは注目のリリースです!

〜故ヒュー・ホッパーのセッション音源!〜

HUGH HOPPER & HONEY RIDE ME A GOAT
/Hugh Hopper & Honey Ride Me A Goat

(CD/Voiceprint)(UK'08収録)
'09年に亡くなった故ヒュー・ホッパー(b)が、スペイシー・ジャム・インプロ系バンド、HONEY RIDE ME A GOAT(ツインg,dr)と'08年に録音していたセッション音源! CDオンリーのボーナスとして、45分に及ぶセッション・トラックも追加されています! アヴァン&ノイジーな好演!

〜「マーシー・ダッシュ」のメンバーによる'76年連名作!〜

HOPPER / DEAN / TIPPETT / GULLIVAN
/Cruel But Fair

(CD/Gonzo)(UK'76)
後に同じメンバーで傑作「マーシー・ダッシュ」をリリースする、故ヒュー・ホッパー(b)、故エルトン・ディーン(sax)、キース・ティペット(p)、ジョー・ギャリヴァン(dr,per,syn)の初顔合わせとなった'76年作。ハイテンションなフリー・ジャズをガチンコで展開した傑作です! 久々の再発!
◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る