◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る

REVIEW ARCHIVES:SWISS-AUSTRIA
[こちらは、これまでに当店に入荷した商品のレビューのアーカイヴです。
価格・在庫の有無はSET SALE LISTを参照するか、またはお問い合わせください]

〜長らく廃盤となっていたブルー・モーションの唯一作が、初の紙ジャケット再発!〜

ブルー・モーション
/ブルー・モーション

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(Swiss'80)
スイスの名バンド、CIRCUSのドラマーだったフリッツ・ハウザーらが結成した、ブルー・モーションの唯一作('80)。'92年に一度CD化されましたが長らく廃盤で入手困難となっていたタイトルの、正に待望の再発です。ツインkbd+drの編成にて、ELPやパトリック・モラーツ辺りを思わせるピアノ、エレピ、オルガン、アープ・シンセ等が駆け回るスリリングなナンバーから、シリアス/ジャズ寄りの側面まで、硬質かつテクニカルなシンフォニック・サウンドが味わえる、世界的にもトップ・レベルのクオリティの名盤! リマスター/SHM-CD、紙ジャケット仕様!

〜サイケデリック/クラウト系の大ベテラン、ブレインチケット久々の新作!〜

BRAINTICKET
/Past, Present & Future

(CD/Purple Pyramid)(Switzerland'15)
オリジナル・メンバーののジョエル・ファンドゥルサンプレック(org,p,syn,シタール,fl)が率いる、サイケデリック/クラウト系(元々はスイス出身)の大ベテラン、ブレインチケット久々New。g,b,dr,vo/el-g,vo/kbdとのアンサンブルにて、随所に中近東風味を交えた、スペイシーなトリップ・ミュージックを展開。ファンク・フュージョン系からフロイド系ブルージー・ロック、アンビエント、シンフォまで、いずれもエキゾチックにして、どこか清涼感をたたえた、らしさ十分の内容です。ジャーマン派は要注目の傑作!

〜圧倒的なインパクトを誇る名作1stが、Purple Pyramidより新規リマスター/紙パッケージにて単品再発!〜

BRAINTICKET
/Cottonwoodhill

(CD/Purple Pyramid)(Swiss'71)
言わずと知れたブレインチケットの、最もインパクトの強い名作1st! これまで何度もCD化されていますが、今回は米Purple Pyramidより、リマスター、デジパックサイズ紙パッケージにてリイシュー! ドロドロしたジャーマン寄りのヘヴィ・サイケ・サウンドは改めて強烈です!

〜ジャーマン・リスナーはマスト!ブレインチケットの名盤サードがリイシュー!〜

BRAINTICKET
/Celestial Ocean
(CD/Swiss.'73)
イマジネーション溢れるトリップ・ミュージックの名作として知られる、ブレインチケットのサード・アルバム。米Cleopatraより、なんとバッヂ&ステッカー付き(!)でのリイシュー。伊盤LPのアートワークを使用しています。kbd、g、シンセ、per、女性vo、チター等を用いた、アヴァンギャルドにして純度の高いトリップ・サウンドは、ミニマル、コラージュ、エスニック色も融合しており、正にジャーマン・ロック・ファンのマスト・アイテムです。音質も良!

〜スイスのサイケ/プログレ名バンドの2ndと3rdが各々リマスターにてESOTERICより再発!〜


BRAINTICKET
/Psyconaut
(CD/ESOTERIC)(UK'72)
/Celestial Ocean(CD/ESOTERIC)(UK'73)
スイス出身のサイケデリック/プログレッシヴの名バンド:ブレインチケットの2ndと3rdが、各々リマスターにて英ESOTERICより再発。2nd『Psyconaut』は72年にイタリア・ミラノで録音されたもので、前作『Cottonwoodhill』の勢いを継いだ、ヘヴィかつ混沌としたオルガン・ヘヴィ・サイケ・サウンドに、アコースティックも交えて、PINK FLOYD系の流れも感じさせる秀作です。一方の3rd『Celestial Ocean』は、73年ローマ録音。よりクリアーな浮遊感のある、アヴァンギャルドにして高純度のトリップ・ミュージック!ミニマル・コラージュ、エスニックが融合した、代表作にしてジャーマン・ロック・ファン必聴の名盤です。

〜ポーランドより、東欧/トラッド+チェンバー新鋭!女性vo/vlnをフィーチャーした快作!〜

CashMERE
/Cash-Romantic Music Machine
(CD/Poland.'07)

ポーランドから登場した、フォーキー・レコメン〜チェンバーProg系個性派新バンドのデビュー作。鳴りの良いvlnもプレイする、奔放コケティッシュな魅力の女性シンガー、Tylda Ciolkoszをフロントに、el-gも交えた編成での録音になっています。東欧ならではのミニマル・フォーク/トラッド的な色彩と、チェンバー・ロック色を混合したサウンドは、ある種チェコのレコメン系(イヴァ・ビトヴァ周辺)をソフトにした様な印象です。女性voマニアも見逃せない、高品質かつ個性十分の快作!

〜スイスきってのアヴァン・ギタリスト、C.ドーランの名作2タイトルからの抜粋再発!〜

CHRISTY DORAN
/In The Corner Of The Eye

(CD/Hat Hut Records)(Swiss'90/'91)
御存知、スイスきってのアヴァン・ギタリスト、クリスティ・ドーランの、'90/'91年の2作品からセレクトされた、言わば抜粋再発CD。ハンク・ロバーツ(チェロ)らとのデュオ集「Phoenix」('90)から6曲、完全ソロ・ギター多重による名作「What A Band」('91)から4曲、計10曲を収めています。とりわけ後者は名作で、改めて必聴クラスのリリース!

〜C.ドーランの新トリオによる1stは、変幻自在のギター・ワークが圧巻の痛快傑作!〜

CHRISTY DORAN'S SOUND FOUNTAIN
/Belle Epoque

(CD/Between The Lines)(Switzerland'16)
リーダー・バンドNEW BAGをはじめ、近年も活発なリリースを続けるスイス/欧州きってのヴェテラン・アヴァン・ジャズ・ロック・ギタリスト、クリスティ・ドーランが、アルゼンチンのbおよびスイスのdrと組んだ新トリオのアルバム。ブエノスアイレスのクラブで行なわれたライヴを収めており、マクラフリンばりのジャズ・ロック調から、変則的なキメ連発のザッパ/レコメン風、フリーキーなフレッド・フリス+クリムゾン的インプロまで、非常にパワフルかつハイ・テンションな内容です。変幻自在のギター・プレイが縦横に駆け回る、まさに痛快な傑作!

〜超ハイ・テンションな仕上りの、C.ドーランのジミヘン・カヴァー集第3弾!〜

DORAN-STUCHY-STUDER-TACUMA
/Call Me Helium -Play The Music Of Jimi Hendrix-

(CD/Double Moon)(Switzerland'15)
スイスきってのアヴァン・ギタリスト、クリスティ・ドーランの、こちらは'15年ニュー・リリース連名作。これまで'94年と'05年に、やはり参加メンバーとの連名で出ていたジミ・ヘンドリックス・カヴァー・シリーズの第3弾となります。今回は、盟友フレディ・シュトゥーダー(dr)、ジャマラディーン・タクマ(el-b)に加え、前作にも参加の女性シンガー、エリカ・スタッキーをフィーチャーした4人編成。”Hey Joe”、”Fox Lady”等を、アヴァン・ジャズ・ロックに大胆アレンジし、クリムゾン風変拍子からファンク、インプロ調まで、極めてハイ・テンションな仕上りの傑作です!

〜クリムゾンやカンタベリー系ルーツも随所で感じさせる、スリリングな変拍子アヴァン・ジャズ・ロック!〜

CHRISTY DORAN'S NEW BAG
/Elsewhere

(CD/Double Moon)(Swiss'15)
スイスきっての奇才にしてヴェテラン・ギタリスト、C.ドーラン率いるNEW BAGの、「Mesmerized」('13)に続く新作9th。前作から加入した逸材女性シンガー、サラ・ビュキをフィーチャーした、不動の4人編成(el-g、vo、kbd、dr/per)にて、ミニマル・ファンク的変拍子を多用した、タイトなアヴァン・ジャズ・ロックを展開しています。奔放かつパンチの効いたサラのヴォーカルの魅力を一層押し出しつつ、クリムゾン系ルーツも感じさせる、非常にスリリングな仕上りの傑作!

〜スイスのアヴァン・ジャズ・ギタリスト率いるバンドの新作! 女性voをフィーチャーしたアヴァン&ポップな会心作!〜

CHRISTY DORAN'S NEW BAG
/Mesmerized

(CD/Challenge)(Swiss'13)
欧州きっての先鋭ギタリスト、クリスティ・ドーラン率いるアヴァン・ファンク・ジャズ・ロック・バンド、NEW BAGの2年振り新作9th。今回初めてシンガーがチェンジし、何と女性vo、サラ・ブエッキが新加入しての録音となっています。特異のインド風味はじめ、ザッパやクリムゾンのルーツも香る、ポリリズミックかつハイテンションなサウンドは、キュートな魅力とパワフルな側面を併せ持つ強力な女性voを得て、いつになくジャズ・ロック然とした張りの有るものです。これは会心の一撃!

〜クリスティ・ドーランがNEW BAGのメンバーだった故Fabien Kuratliに捧ぐトリビュート作!〜

DORAN / KAENZIG / KURATLI
/A Tribute To FAB

(CD/Unit)(Swiss'02録音)
CHRISTY DORAN'S NEW BAGの元ドラマーで、'08年に38歳の若さで亡くなったFabien Kuratliに捧げられた、'02年の未発スタジオ・レコーディング音源。クリスティ・ドーラン(ac-g)、H.カエンジグ(ダブルベース)、そしてF.クラトリ(dr,per)というトリオでの録音で、インド〜中近東風味も交えつつ、ドーランのアコギが縦横にかけ回る、ハイテンションなアヴァン・ジャズ・ロックを収めています。美麗なまでの名演!

〜スイスきってのアヴァン・ギタリスト。ポリリズミック・グルーヴで圧倒する会心作!〜

CHRISTY DORAN'S NEW BAG
/Take The Floor And Lift The Roof

(CD/ChallengeRecord)(Swiss'11)
スイスきっての先鋭的ギタリスト、クリスティ・ドーラン率いるジャズ・ロック・バンド、NEW BAGの通算7thアルバム。パワフルな男性シンガーと、ミニモーグ奏者もフィーチャーした5人編成にて、DISCIPLINE期KING CRIMSONとニューヨーク系アヴァン・ファンクをミックスしたような、過激なロック寄りサウンドを今回も存分に展開しています。目まぐるしくポリリズミックなグルーヴと、鋭角的なギター・プレイが圧倒する、会心の傑作!MAGMA系/レコメン・リスナーにもオススメの1枚です!

〜ヘイケンやマシーンに通じる劇的なシンフォニック・ロック新鋭デビュー作!〜

CIRCLE OF ILLUSION
/Jeremias - Foreshadow Of Forgotten Realms

(CD/Generation Prog)(Austria'13)
オーストリアのkbd奏者、erald Peterを中心とした、オーケストラル・シンフォニック/プログ・メタル系新バンドの1st。ファンタジー・ストーリーに基づくトータル・コンセプト作となっており、男性1名、女性2名の配役付リードvoをフィーチャー、バンドには女性vln奏者も含む編成での録音になっています。初期ペイン・オブ・サルヴェイション的なミクスチャー感覚と、ナイトウィッシュ系のシアトリカルなオーケストレーション、そして意表を突くジャズ/ファンク調のキャッチーなナンバーを交えた、壮大かつ劇的な音像は極めて密度の高いものです。近時の英国で言えばマシーンやヘイケンに通じる所も有る、聴き応え抜群の注目の傑作!

〜クロックベルク・オランジェの唯一作がSHM-CD/紙ジャケット仕様にて初CD化!〜

クロックベルク・オランジェ
/アブラカダブラ

(SHM-CD+CD/ベル・アンティーク)(Austria'75)
レア盤として知られるクロックベルク・オランジェの唯一作が、先日のLP限定リリースに続き、紙ジャケット仕様にて初CD化 。ギター/トランペット、キーボード、ベース、ドラムの4人編成での録音。トランペットが鄙びた哀愁のメロディを朗々と歌い上げる場面は出色で、他のバンドでは聴くことの出来ない魅力的な音像を描き出している。EKSEPTIONやVertigoの諸作に通じるマニアライクな名作。未発ライヴ音源(5曲44分)を収録したボーナス・ディスク付にて!

〜メロトロンの洪水と泣きのギターが炸裂する、ドーンの傑作2nd!〜

DAWN
/Darker

(CD/ベル・アンティーク)(Swiss'14)
メロトロン、アナログ・シンセ等、往年の機材に拘った'70年代型のシンフォニック・ロックを演奏し、マニアの間で高く評価されたスイスのドーンの、6年振りとなる2nd。21世紀に生きる人の生き方、恐れ、感情をテーマとしたトータル・コンセプト作です。初期クリムゾン及びジェネシス、フロイドをルーツにした重厚なサウンドは更にスケール・アップ、メロトロンの洪水や泣きのギターを効かせた、ダイナミックかつメロディアスな仕上がりは圧巻です。アネクドテンをより叙情的かつスペイシーにしたかの如き会心の傑作!

〜洪水系メロトロン炸裂!レトロ・モダンなダーク叙情派シンフォニック!〜

DAWN
/Loneliness (Swiss.'07)(CD/Dawn)
スイスから登場した、vo/g、kbd、b、drの4人組新バンドのデビュー作。メロトロン、オルガン、シンセと、アナログにこだわったキーボードを中心としたレトロ・モダンなメロディアス・サウンドは、適度にダークでありつつ叙情的な、非常に魅力的なもの。ジェネシス/ハケット、初期クリムゾン、フロイド等をルーツに、クラシカルなタッチから洪水の如きメロトロンと泣きのギターまで、ダイナミズム、イマジネイションとも申し分のない仕上り。アネクドテン系退廃シンフォ・ファンにもオススメの傑作!

〜洗練されたスイス産シンフォニック・ロックの名盤が初のSHM-CD化&新規リマスター!〜

ドラゴンフライ
/ドラゴンフライ

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(Swiss'82)
少数精鋭の名盤でひしめく'70s後期〜'80s初期のスイス・プログレッシヴ系にあって、一際輝く名作中の名作として知られる、ドラゴンフライの'82年唯一作。洗練されたタッチの、イエス/ジェネシス系ルーツのサウンド(英語vo入り)の個性は、アナログLPのB面を占めていた大曲“ドラゴンフライ組曲”に結実。華麗にしてドラマティックな展開で圧倒する、極めつけの名曲となっています。これまでと同じボーナス・トラック2曲追加、初のSHM-CD化、新規リマスター、紙ジャケットの決定盤!

〜ユーロ・ロック集成にも掲載された、トランペット、メロトロンが印象的な幻の'81年作が初CD化!〜

エロイテロン
/失楽園

(SHM-CD/Belle Antique)(Swiss'81)
残された遺産は少数ながら、クォリティーの高い精鋭でしられるスイスのプログレッシヴ・ロック。'81年に唯一の自主製作盤を残して消えた幻のアルバムが初CD化!メロトロン、ピアノ、フルート、トランペット等を効果的に使用したシンフォニック・サウンド。紙ジャケット、リマスター、SHM-CDにての決定版的内容!

〜アレックス・マカチェクの新作が登場!〜

FABULOUS AUSTRIAN TRIO
/FAT

(CD/Abstract Ligix)(Austlia/USA'12)
最注目の技巧派ギタリスト、アレックス・マカチェクが、'11年のUKでの来日時にインタビューで言及していた、母国オーストリアのミュージシャンと結成したギター・トリオ新バンドのアルバムが、いよいよ登場しました。b/チェロ及びdrを従えて、マカチェクとしてはジャズ色の強い音像の中、ザッパ由来の超絶なキメ、そしてホールズワースもかくやの速弾きを存分に聴かせる、スリル満点の仕上がりです。先鋭的なテイストも十分の、テクニカルなマカチェク流アヴァン・フュージョン大傑作!

〜スティーヴ・ハケット参加の'92年傑作が3CDのデラックス・エディションにて再発!〜

GANDALF FEATURING STEVE HACKETT
/Gallery Of Dreams

(3CD/BCS)(Austria'92)
オーストリアのマルチ・プレイヤー、ガンダルフがかのスティーヴ・ハケット(g)を半分以上の曲でフィーチャーして製作した'92年の名作が、20周年デラックス・エディション再発。ガンダルフとしてはロック色の強い仕上がりの本編リマスター(CD1)に加え、何と同作曲を中心に行われ、同じくハケットがゲスト参加(アコギ/エレクトリック各2曲)した'92年未発ライヴ2CDをカップリングした3CDセットです。ライヴには"Horizons""In That Quiet Earth"も収録された、ハケット・ファンも見逃せないリリースです!

〜スイスのヒーリング/シンフォニック系アーティスト、生オケ&管弦と共演した新作!〜

GANDALF
/Erdenklang Sternenfanz

(CD/Prudence)(Swiss'11)
既に20枚以上の作品を発表、08年のライヴCD&DVDに続きリリースされた、スイスのヴェテラン:ガンダルフの新作。今回は、生のオーケストラ、管弦楽器をフィーチャーした、オーケストラルな作風になっています。スティーヴ・ハケットのクラシカルな部分や、マイク・オールドフィールドをニューエイジ/映画音楽方向に寄せたような楽曲は、ロック色こそ薄いものの、ガンダルフらしさ十分です。内省的なアコースティック・ギターの響きも光る、ダイナミックな大力作!

〜ステーヴ・ハケット(g)がゲスト参加!オーストリアのガンダルフ、'01ウィーンLive!〜

GANDALF & FRIENDS
/Live In Vienna
(Austria.'01収録)(CD+DVD(PAL)/BSC Music)
オーストリアのベテラン、ガンダルフ(kbd, g)が、'01年にウィーンで行なったコンサートを収めたCDとDVD(PAL、同内容。DVDのみボーナスとして、'00年のライヴやインタビューを追加)のセット。交流の深いR.J.ホンキー(fl)、ランヴァ(g)はじめ、vo、fl/sax、vln、kbd、b、dr、per等多数のメンバー/ゲストが参加したバンド演奏で、何とスティーヴ・ハケット(g)も1曲ゲストでプレイしています。ニューエイジ/ワールド風味を交えつつも、ゆったりと叙情的なシンフォニック・ロック色の強い内容です。見応え/聴き応え満点の、ダイナミックな快演!

〜スイスの歴史的名盤が初のSHM-CD化&新規リマスター!〜

アイランド
/ピクチャーズ

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(Swiss'77)
後にアンビシャス・ラヴァーズで活躍するkbd奏者、ピーター・シェラーが在籍していたことでも知られる、スイスのアイランドが'77年に残した唯一作。ベース&ギターレス、サックス/フルート入り、の変則的4人編成(専任vo有り)によるサウンドは、極度に複雑化した構築性と、H.R.ギーガーのイラストのジャケットに示されるミステリアスなイメージが高次元で調和した、チェンバー・シンフォニックともいうべきもの。未だ孤高の輝きを放つユーロ・ロックの歴史的名盤! これまでと同じボーナス・トラック1曲入りにて、初のSHM-CD化、紙ジャケットの決定盤!

〜アレア〜ファーマーズ・マーケットファン注目!ブルガリアの奇才4年ぶりのソロ新作!〜

IVO PAPASOV
/Dance Of The Falcon
(CD/Austria'08)
ブルガリアン・トラッドの奇才クラリネット奏者、イヴォ・パパゾフの、ソロ名義としては「Fairground」('04)以来となる新作。ピアノ・ドラム・パーカッション等含むバンドでの演奏となっており、アレアにも通じる高速バルカン変拍子から、アラビック・テイスト、生のストリングスを加えたオーケストラル曲まで、より多彩かつメロディアスな音像です。有名な"ピンク・パンサーのテーマ"をアレンジした曲も収められており、ファーマーズ・マーケットのファンも必聴といえる痛快ダイナミックな傑作!

〜オーストリア産のクラシカル・ロックの秀作が初の再発! ボーナス・トラックを追加した2LP+1CD仕様での400枚限定リリース!〜

KLOCKWERK ORANGE
/Abrakadabra

(2LP+1CD/Digatone)(Germany'75)
'75年オーストリア産、正真正銘のレア・アイテムにして、トランペットを導入したクラシカル・ロックの秀作、KLOCKWERK ORANGEの唯一作が初の再発。オルガン及びkbdを軸とした、ナイス〜エクセプション系列のサウンドに、ピンク・フロイド風の展開も盛り込んだ大曲志向な内容は、未完成な部分も残るものの、聴き応え十分のマニアライクな秀作です。今回何と'75年の未発表ライヴ5曲(うち3曲はLP未収曲)を収めたディスク2を加えた2LP、更に1CD(ボーナス・ライヴはLPより少ない)付きでのリイシュー! このフォーマットのみの限定400枚でのリリース、更に当店では今回限りの入荷となっています!

〜'77年1st+未発集+発掘'75ライヴ!〜

KYRIE ELEISON
/The Complete Recordings
(Austria.'77-)(3CD/MIO)
初期ジェネシス(侵入〜フォックストロット期)の多大な影響を受けたサウンドで知られる、オーストリアのキリエ・エレイソン。彼らが当時残した音源を集大成した3CDセットが登場。CD-1には唯一の作(LP)「The Fountain Beyond The Sunrise」に同年のデモを追加。CD-2は、'94年に発掘リリースされたに未発「The Blind Window Suite」。CD-3には'75年ウィーンでのライヴ(30分に及ぶ未発曲入り)。全リマスター、36ページブックレット付!

〜スイス産ゴシック・メタルの雄、ラクリモーサの'15年新作!〜

LACRIMOSA
/Hoffnung

(CD+DVD:PAL/Sony Music)(Swiss'15)
男女ツイン・ヴォーカルをフィーチャーした、スイス産ゴシック・メタルの雄、ラクリモーサの'15年新作!オーケストラルなキーボードをふんだんに用いた、シアトリカルな世界は健在です!メキシコシティーでのライヴを素材にしたムービーを収めたボーナスDVD付!

〜シアトリカルでシンフォニックな独自の耽美的な音楽性を貫くラクリモーサの新作11th!〜

LACRIMOSA
/Revolution

(CD/ベル・アンティーク)(Swiss'12)(税込¥2835)
シアトリカルかつシンフォニックなゴシック・メタルにて人気のラクリモーサ、'09年の来日後では初となる通算11枚目のスタジオ・アルバム。KREATORのミレ・ペトロッツァをギターに、U.D.O.〜アクセプトのステファン・ヴァルツマンをドラムに迎え、久々にロック/メタル色を増強させながらも、独自の耽美な音楽性を保った快作!

〜スイスが誇るゴシック/シンフォの雄、未発表曲/ヴァージョン16曲に新曲2曲を加えた20周年記念2枚組コンピ!〜

LACRIMOSA
/Schattenspiel(影の戯曲)

(2CD/BelleAntique/HallOfSermon/SonyMusic)(Swiss'10)

91年にCDデビューし、現在までにスタジオ・アルバム10枚、及びライヴ・アルバム2枚をリリースしている、スイス産ゴシック・メタル/シンフォニックの雄:ラクリモーサの、活動20周年記念リリースとなるコンピレーション2CD、といってもただのベスト盤ではなく、全て未発表の曲/ヴァージョンを年代順に16曲収録し、さらに新曲2曲を加えた全18曲からなるレア・トラックス集でもあります。打ち込みリズムのテイクが主体ながら、ダークウェーヴ/アコースティック寄りの初期サウンドから、クラシカル/オーケストラルな00年代まで、ティロ・ウォルフのヴォーカルを軸とした独自の世界が堪能できる、ファン必携のヒストリー・アーカイヴスとなっています!!

〜スイス産、ゴシック・シンフォニック・バンドの雄、10作目となるスタジオ新作!〜

LACRIMOSA
/Sehnsucht (CD/BelleAntique)(Swiss'09)

来る'09年7月には、何と初来日公演も決定したスイス産ゴシック・シンフォニック・ハードの雄、ラクリモーサ。ライヴ盤「Lichtjahre」を挟んで、スタジオとしては「発光体(Lichtqestalt)」以来となる10作目のニュー・アルバムが登場しました。シアトリカルな男女voをフロントに、荘厳なオーケストレーションとヘヴィなギターを交えての、シアトリカル&ダークな、悲哀に満ちた世界は更に深化、堂々の傑作!

〜スイス産、ゴシック・シンフォニック・バンドの雄、'05-'06世界ツアーからセレクトされた2CDライヴ!〜

LACRIMOSA
/Lichtjahre (2CD/Hall Of Sermon)(Swiss'07)

来る'09年7月には、何と初来日公演も決定したスイス産ゴシック・シンフォニック・ハードの雄、ラクリモーサ。スタジオ前作「Lightgestalt」('05)リリース次の'05-'06世界ツアーからセレクトされたものです。ヘヴィかつ耽美的な世界観をCD2枚に渡り重厚に展開しています。来日公演の予習&景気付けに、ぜひどうぞ!!

〜スイスきってのアヴァン・ドラマー。シリアスなインプロ色も交えたハイパー・アヴァン・ジャズ!〜

LUCAS NIGGLI BIG ZOOM
/Polisation

(CD/Intakt)(Swiss'10)
スイスきってのアヴァン・ドラマー:ルーカス・ニグリによる新作。今回は、フルート/エレクトニクス(アンヌ・ラ・ベルゲ)、トロンボーン/メロディカ(ニルス・ウォグラム)、ギター(フィリップ・シャウフェルバーガー)、ベース(バリー・ガイ)を迎えた5人編成にて、シリアスなインプロヴィゼイション色を押し出しています。一方で、テンションの高いジャズ・ロック風味も交えた、重厚な仕上がりの力作!

スイス産、中期フロイド系ルーツのシンフォ・バンド。注目の力作3rd!!

METAMORPHOSIS
/Dark
(Swiss.'08)(CD/SPV)
スイス産、「炎」期フロイドの多大な影響を受けたメロディアス・シンフォニック・バンドのニュー・アルバム。今回は従来に比べ、タイトル通りダーク、そしてヘヴィ・メタリックなテイストを押し出しており、新境地を開拓しています。もちろんスペイシーな泣きも健在で、ダイナミックかつドラマティックな仕上がりの会心作!!

〜ヨーロッパ版DISTRICT 97ともいうべき、若手シンフォニック・バンドのデビュー作!〜

MINDSPEAK
/Pictures

(CD/Mindspeak)(Austria'14)
オーストリア/ウィーン拠点、女性vo(英語)フロントの若手5人組モダン・ハード・シンフォニック・バンドのデビュー作。ゲスト男性voやsaxも交えての録音にて、ゴシック/プログレッシヴ・メタル風味も盛り込みつつ、泣きメロ重視のメロディック寄りのサウンドを展開しています。意表を突く屈折したアレンジや、展開の仕掛けも豊富で、ダイナミックな6部構成の組曲もフィーチャーした内容は手応えのあるものです。ペンドラゴン/アリーナ系と、DISTRICT 97をブレンドしたような印象の、個性抜群な注目の力作!

〜ホワイト・ウィロー等に接近した仕上りの、スイス産、退廃・耽美ゴシック・シンフォ・プロジェクトの新作6th!〜

NUCLEUS TORN
/Neon Light Eternal

(CD/Prophecy)(Swiss'15)
スイス産、マルチ・プレイヤー、F.シュナイダーがオーガナイズする、退廃・耽美系ゴシック・シンフォニック・プロジェクトの、「Street Lights Fall」('14)に続く新作6th。今回もシュナイダーのマルチ+女性vo(英語)にての録音です。ジャケ、タイトルなど、前作と対になるコンセプトと思われますが、近作はメタル色が減少し、ホワイト・ウィロー〜北欧シンフォニックに接近した仕上りになっています。メロトロンも使用された、注目の快作!1CD、トールサイズ・パッケージ!

〜フルート、ヴァイオリン等もフィーチャーした、退廃ゴシック・プロジェクトの新作!〜

NUCLEUS TORN
/Street Lights Fail

(CD/Prophecy)(Swiss'14)
スイス産、キーボード奏者/マルチ・プレイヤー/コンポーザー、Fredy Schnyderがオーガナイズする、退廃ゴシック/クラシカル・プロジェクトの'14新作。女性ヴォーカル(英語)、フルート、ヴァイオリン、ドラムス等をフィーチャーした、メタリックな部分もある、ダイナミックなサウンドを展開。一時のホワイト・ウィローやパートスのファンにもおススメ!トールサイズ・パッケージ1CD!

〜スイス産、スロー・コア寄りゴシック・シンフォニック・バンドの2010年作〜

NUCLEUS TORN
/Andromeda Awaiting

(CD/Prophecy)(Swiss'10)
スイス産スロー・コア寄りゴシック・シンフォニック・バンドの2010年新作。女性ヴォーカル、フルート、チェロ入りの、退廃的KING CRIMSON風のサウンドを展開した傑作!変型パッケージ仕様。

〜スイス産、スロー・コア寄りゴシック・シンフォニック・バンドの2001年作、リイシュー盤〜

NUCLEUS TORN
/Travellers

(CD/Prophecy)(Swiss'01)
スイス産スロー・コア寄りゴシック・シンフォニック・バンドの01年作品のリイシュー。変型パッケージにて。

〜スイス産、ゴシック・フォーク+スロー・コア的暗黒ドゥーム・シンフォ・バンドの2nd!注目の力作!〜

NUCLEUS TORN
/Knell
(Swiss.'08)(CD/Prophecy)
スイス産、クラシカル・フォーク+スロー・コア/ドゥーム・メタル的ゴシック・シンフォニック・バンドの「Nihil」('06)に続く2ndアルバム。マルチ・プレイヤーを中心に、男女vo、vln、fl、cello、dr/perという編成で、耽美にしてダーク、そしてダイナミックなサウンドを展開しています。全4曲56分収録で、30分近くに及ぶ大曲Bはじめ、女性voのアコースティックな叙情と、息苦しいまでにヘヴィなパートの対比は、前作以上のスケールを生み出しています。北欧系退廃シンフォニック・リスナーも見逃せない秀作です!!

〜クリスティ・ドーラン参加!スイスきってのシリアス/アヴァン・ジャズ・ユニットの、08年ライヴ録音を収めた1枚!〜

OM
/Willisau
(CD/Intaktrec)(Swiss'10)
クリスティ・ドーラン参加!スイスきってのシリアス/アヴァン・ジャズ・ユニット:OMの、08年ライヴ録音を収めたアルバム!ビリビリとした緊迫感溢れる、フリー・ジャズ/インプロヴァイズド・サウンド!硬派リスナー注目の力演です!

〜ハードかつコテコテの'70s志向を強めたRAKの8年振り2ndアルバム!〜

RAK
/The Book Of Flight

(CD/Circle)(Swiss'12)
スイス産メロディアス・シンフォニック・バンド、RAKの「Lepidoptera」('04)以来、実に8年振りとなる2ndアルバム。ジェネシス、フラワー・キングス等ルーツのメロディック性と、ELP系のクラシカル色を交えたサウンドは健在ですが、今回はよりハードかつコテコテの'70s志向を強めています。(英語vo入り)ダイナミズム十分の快作!

〜ベル・アンティーク 紙ジャケット&SHM-CDシリーズ SFF 3タイトル!〜

SFF
/Symphonic Pictures(銀河交響曲)

(SHM-CD+CD/BelleAntique)(Swiss'76)
キーボード/ギター、ベース、キーボード/ドラムスという変則的なトリオ編成で構築的かつ緻密にアレンジされたシンフォニック・ロックを演じた傑作。英国プログレッシヴ・ロックの影響の外側で完成された強固なオリジナリティは唯一無二の存在!75年のライヴをディスク2(※こちらはノーマルCDです)に収録し、更に当時のデモ・トラックをボーナス収録!

〜ベル・アンティーク 紙ジャケット&SHM-CDシリーズ SFF 3タイトル!〜

SFF
/Sunburst(太陽幻想曲)

(SHM-CD/BelleAntique)(Swiss'77)
77年にリリースされた2nd。ゲストでベース奏者を迎え、アンサンブルが更なる緻密さを増した作品。前作の幽玄な曲想からカラフルな印象へと変化し、交響楽的な重厚さを表現する技は更なる進化を見た!日本盤のみの、メロトロン入りボーナス・トラック収録。

〜ベル・アンティーク 紙ジャケット&SHM-CDシリーズ SFF 3タイトル!〜

SFF
/Ticket To Everywhere

(SHM-CD/BelleAntique)(Swiss'79)
79年リリースの3rdアルバムにして、SFF名義の最終作。曲想が更にカラフルになり、後のFUHRS&FROHLINGにも通じる透明感を加味したシンフォニック作品。3曲のライヴ音源に加えて、日本盤のみのメロトロン入りボーナス・トラックも収録!

〜ディシプリン・クリムゾン・フォロワーの2ndフル・アルバム!〜

SONAR
/Static Motion

(CD/Cuneiform)(Swetzerland'14)
Cuneiformより、ロバート・フリップのギター・クラフトで学んだというギタリスト、Stephan Thelenを中心としたツインgの4ピースバンド、2ndフル・アルバム。いわゆるディシプリン・タッチを基調としつつ、ダークかつヘヴィなロック寄りサウンドを展開しており、トレイ・ガン系のグルーヴ/トリップとは一味異なる、聞き応え満点の力作!

〜チンドン・ブラス系ジャズ・ロック・バンドの新作! YUGENのF.ツァゴが加入!〜

SPALTKLANG
/In Between

(CD/AltrOck)(Swiss,etc.'13)
伊AltrOckより、YUGENやKURAIへの参加歴も有る、スイスのヴェテランsax奏者、Markus Staussが率いるアヴァン・ジャズ・ロック系バンドの、「en suite」('09)に続く新作5thが登場しました。本作より、フランチェスコ・ツァゴ(g/YUGEN)が加入した5人編成(sax,tp,g,ダブルベース,dr)となり、持ち前のチンドン・ブラス/ユーロ・ジャズ色を保ちつつ、よりシリアスな、時にヘンリー・カウやクリムゾンも香るチェンバー・ジャズ寄りのサウンドを展開しています。ツァゴのプレイも随所で炸裂した大充実の傑作!

〜スイスの凶暴オルガン・アヴァン・Prog・トリオの'13年最新作!〜

STEAMBOAT SWITZERLAND / MICHAEL WERTMULLER
/Zeitschrei

(CD/Trost)(Swiss'13)
スイスで'95年に結成された、オルガン・トリオ編成によるアヴァン・プログレッシヴ・バンド、STEAMBOAT SWITZERLANDの「Get Out Of Muy Room」('10)に続く5th(ライヴ除く)。今回は同じスイスのフリー・ジャズ系ドラマー、Michael Wertmullerの楽曲をプレイしており、エマーソン+吉田達也/高円寺系ともいうべき、ハードコアかつプログレッシヴ性の強いサウンドに、原点回帰を果たしています。シリアスで荘重なムードから、変拍子のキメ倒しまで、抜群の仕上がりの傑作です!

〜スイスのアヴァン・トリオの新作!今回はピアノ・トリオでフリー・ジャズ色強し!〜

STEAMBOAT SWITZERLAND
/Zone 2
(Swiss.'08)(CD/Grob)
スイスのアヴァン・トリオの新作!今回はピアノ・トリオでフリー・ジャズ色強し!

〜スイスのベーシスト率いる弦楽カルテット入りバンドが、なんとJ.S.ネトのアレンジでパスコアル曲をプレイ!〜

STEPHAN KURMANN STRINGS
/Plays Hermeto Pascoal (CD/Swiss.'08)
80年代からアルバムを出している、スイスのベーシストS・カーマン率いる弦楽カルテット、サックス、トロンボーン、b、dr、perという編成のグループの新作。何と、元エルメート・パスコアル・バンドのジョヴィーノ・サントス・ネトのプロデュース/アレンジにて、パスコアルの楽曲をプレイしています。ヨーロピアン・ジャズの端正さと、ナチュラルに屈折した楽曲の魅力が絶妙に調和した、パスコアル周辺にあって個性、クオリティとも十分の仕上りです。特にパスコアル本人がゲスト参加した5曲目など、疾走するリズムにストリングスが切り込むパートは、ネフェッシュ・ミュージック的素晴らしさ。傑作、オススメ!

〜スイスのSPALTKLANGのサックス奏者率いるZAPPAトリビュート・プロジェクトの、08年ライヴを収録した1枚!〜

TRANK ZAPPA GRAPPA IN VARESE?
/Play Zappa Live In Waremme 08

(CD/FAZZUL)(Swiss'08録音)
スイスのハードコア/レコメン寄りジャズ・ロック・バンド:SPALTKLANGのサックス奏者:マーカス・スタウス率いる、フランク・ザッパ・トリビュート・プロジェクトの08年ライヴを収めた3rdリリース。6曲入り、全25分のミニ・アルバム。douBtのマイケル・デルヴィル(g)含む4人編成にて、"Apostrophe" "King Kong"などのザッパ・ナンバーを、スタウスのアレンジメントにてプレイしています。管楽器メインながらロック色も強い大熱演!

〜スイスの梅津+鬼怒?凶暴KC系+フリーキー・レコメン・センスのハイパワー・アヴァン・ジャズ・ロック快作!〜

TRANK ZAPPA GRAPPA IN VARSE?
/More Light
(CD/Swiss '08)
スイスのハードコア・レコメン・バンドSPALTKLANGのMarkus Stauss(sax)らによる、el-g, sax, b, dr の4ピース新バンドの作品。バンド名はザッパへのオマージュですが、サウンドは直系という訳ではなく、むしろ第2期クリムゾン、ゴング、ヘンリー・カウ等レコメン系の香りただよう、フリーキーな凶暴アヴァン・ジャズ・ロック。民族風のメロディのサックスで押すパートからシリアスなインプロまで、一貫してテンションが高い。時に梅津和時Kiki Bandを思わせる秀作!

◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る