◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る

REVIEW ARCHIVES:ITALY V-Z
[こちらは、これまでに当店に入荷した商品のレビューのアーカイヴです。
価格・在庫の有無はSET SALE LISTを参照するか、またはお問い合わせください]

〜レアなドキュメンタリー・フィルムを収めたDVD付エディション〜

V.A
/1979 il Concert
(2CD+1DVD(PAL)/Rai Trade)(Italy'79/'09)
故.デメトリオ・ストラトス追悼として豪華アーティストが結集した一大イベントの実況録音盤。今回は2CDに加えて、何とレアな同公演のドキュメンタリーフィルム(約80分)を収めたDVDが付いています。注目の映像には、1曲ずつながら全くのコマ切れでは無く、AREA、BANCO(CDとは別曲)、PFM、A・ブランデュアルディ、ヴェネゴーニ&Co、Carnascialia(テレーザ・デ・シオ入り)らの演奏を観ることができる、注目の内容。

〜MUSEA/Colossusによる2枚組コンピレーション・アルバム。イタリア映画のOPテーマ曲をカヴァーした企画モノ〜

V.A
/Cani Arrabbiati

(2CD/MUSEA)(Italy etc'10)

例のMUSEA/Colossusによるコンピレーション・アルバムの新作(2枚組)!イタリアを始め、フィンランド、スウェーデン、スペインなどのバンドも参加し、イタリア映画のOPテーマ曲をカヴァーした企画モノ。

〜世界各国のバンドが集結した、ダンテ「神曲」テーマのコンセプト・オムニバス・シリーズ第3弾登場!4枚組!〜

V.A
/Dante's Paradiso -The Divine Comedy Part.III-

(4CD/MUSEA)(Various'10)
おなじみ、MUSEA/COLOSSUSのコンセプト・オムニバス・シリーズの、ダンテ「神曲」をテーマにした4枚組CDの第3弾が登場!ロシアのLITTLE TRAGEDIES、スウェーデンのBRIGHTEYE BRISON、SIMON SAYS、アルゼンチンのNEXUS、フィンランドのGROOVECTOR、MIST SEASON、チリのENTRANCEのキーボーディストであるJaime Rosas、スペインのKOTEBEL、オランダのFLAMBOROUGH HEAD、ハンガリーのYESTERDAYS…などなど、世界各国の気鋭シンフォニック・バンドが新録曲で参加しています!今回も一大ヴォリューム!!

〜「空鳥」「スパゲッティ・エピック」に続く、ムゼア/コロッサスの新録オムニバス・シリーズ。〜

V.A.
/Giallo!
(CD/Italy'08)
おなじみムゼア/コロッサスの新録コンセプト・オムニバス・シリーズの新作。テーマは「ジャーロもの」(イタリアのB級ホラー/SF映画)で、イントロ/アウトロをのぞくと、3組のイタリアンシンフォニック・バンドが参加。マルチ・プレイヤーF. Costaを中心に、邪悪なメロトロンが吹き荒れるモルト・マカブルばりのDARK SESSION、ゲスト男女voを交え、エマーソン/ウェイクマン系のkbdが駆け回るLEVIATHAN、管楽器入りのシアトリカル変拍子クリムゾン風FLOATING STATEと、いずれも力の入った20分以上の大曲です!!

〜初期曲中心のサンタナ・トリビュート・アルバムが、イタリアのMellow Recordsより登場!〜

V.A(Tribute To SANTANA)
/Guitars Dancing In The Light

(2CD/MellowRecords)(Italy'10)
初期曲中心のサンタナ・トリビュート・アルバムが、イタリアのMellow Recordsより登場!あのCARL HUPP PROJECT(米)はじめ、NEMO(仏)、GOAD(伊)、VIMMA(フィンランド)、FONDERIA(伊)、COQUERED(伊)、MIST SEASON(フィンランド)ら多数参加!

〜MUSEA/COLOSSUSの新録オムニバス。「イリアッド」をテーマとした2枚組ピアノ・ソロ集〜

V.A.
/ILIAD - A Grand Piano Extravaganza -

(2CD/MUSEA)(Various'10)
おなじみMUSEA/COLOSSUSレーベルの新録オムニバス・シリーズ。今回は、ホメーロスによる古代ギリシャの長編叙事詩「イリアッド」をテーマにした、異色のピアノ・ソロ楽曲集。NATHAN MAHLのギー・ルブランはじめ、SIMON SAYS、LADY LAKE、SENOGULのキーボーディストら、総勢16名が1〜2曲ずつ生ピアノ・ソロを提供した、2枚組/全27曲。多くのプレイヤーが本格的にクラシックを学んでおり、なおかつプログレッシヴ・ロック・ルーツのため、キース・エマーソン風味のトラックも多く、聴き応え十分です!

〜2010年11月にローマで行われたプログレ・フェスの模様を7CD+4DVDに収録したド級BOX!〜

V.A
/Prog Exhibition 40 Anni Di Musica Immaginifica

(7CD+4DVD[NTSC]/EDEL)(Italy'10収録)
2010年11月5日/6日に、イタリアはローマで行われたプログレッシヴ・ロック・フェスティバル「PROG EXHIBITION」の模様を、CD7枚組+DVD(NTSC)4枚組に渡って収録した、ド級ヴォリュームのボックス・セット!PFMとBANCOをダブル・ヘッドライナーに、再結成THE TRIP(フリオ・キリコ入り)、OSANNA、(ヌオヴァ)RACCOMANDATA RICEVUTA RITORNO、元LE ORMEのアルド・タリアピエトラと、トニー・パリューカの連名ユニットら復活組、そしてMASCHERA DI CERA他新鋭バンドまで、全10組の熱演を収録。イアン・アンダーソン、タイス・ヴァン・レア、デヴィッド・クロスら、スペシャル・ゲスト(BANCOとジョン・ウェットンとの共演部分は収録されておりません)にも注目の、必見・必聴アイテムです!
≪内容紹介≫
http://worlddisque.blog42.fc2.com/blog-entry-721.html

【CD 1】SINESTESIA / THE TRIP
【CD 2】MASCHERA DI CERA / Aldo Tagliapietra、Tony Pagliuca、Tolo Marton with David Cross(ex KING CRIMSON)
【CD 3&4】PFM with Ian Anderson(JETHRO TULL)
【CD 5】PERIFERIA DEL MONDO / Nuova RACCOMANDATA RICEVUTA RITORNO with Thijs Van Leer(FOCUS)
【CD 6】ABASH / OSANNA feat Gianni Leone with David Jackson
【CD 7】BANCO DEL MUTUO SOCCORSO

【DVD 1】CD1&2を丸ごと収録
【DVD 2】PFM with Ian Anderson
【DVD 3】CD5&6を丸ごと収録
【DVD 4】BANCO DEL MUTUO SOCCORSO(※ジョン・ウェットンとの共演部分は収録されておりません)

〜豪華&意外な共演が目白押し! イル・バレ+R.シンクレア、ゴブリン+S.ハケット等収録の、'11年ローマでのフェスの2CDハイライト集!〜

V.A.
/Prog Exhibition 2

(2CD/Edel)(Italy'11収録)
2011年10月21/22日にローマで行われたフェスティヴァル、第2回「Prog Exhibition」から収録された、ライヴ・オムニバス2CD。新鋭から復活組まで、地元イタリアのアーティストが、大物ゲストと共演するというハイライトの部分を中心に、全11組、各1〜3曲を収めています。なんとS.ハケットと合体し、"Watcher〜"もプレイしたNEW GOBLINはじめ、アルティ・エ・メスティエリ+M.コリンズ、イル・バレット・ディ・ブロンゾ+R.シンクレア(!)等、多彩かつ意外な組み合わせが楽しめます。更には、ジェーン・ソレンティとアラン・ソレンティの共演まで入った大充実盤!

〜イタリアン・ロック・マニアは見逃せない、大充実のコンピレーション・アルバム!〜

V.A.(FHOLKS、OSANNA、EZRA WINSTON etc)
/Progressivamente Story 1970-2014

(2CD/Sony Music)(Italy'14)
旧BMG系を中心としたSonyのプラケース'14年再発と合わせて、こちらはProgressivamenteレーベル(DIVAE等を出した)とのタイアップで制作されたコンピレーション。同レーベルの'97年のコンビからのライヴ・トラック(イル・バレット・ディ・ブロンゾ等)、「1979 Il Concerto」からのテイク(バンコ、アレア、カルナシャリア、etc)のみならず、レアーレ・アカデミア・ディ・ムジカの前身FHOLKSの唯一のシングル('70)を初CD化?で収めているのがレア。また、EZRA WINSTONの非常に出来の良い'08年未発曲も収録するなど、未発ものも充実しています。オザンナは既発テイク、SAINT JUST AGAINの1曲は「Prog Exhivision 1」からの初CD化。アルバム全体は、「フランチェスコ・ディ・ジャコモ、デメトリオ・ストラトスおよびALBERO MOTORE〜SAINT JUST AGAINのM.Vento(ドラムス/亡くなった?)」に捧げられており、ITALIA'70なるトリビュート・バンドのライヴ・カヴァー“750,000 Anni Fa...Lamore?”、ジェーン・ソレンティとジャコモの事をミックスした'11年曲の未発ver“Prog Explosion”にも注目です。イタリア・マニアは見逃せない、大充実のリリース!

〜伊Universalより、70sイタリアン・プログレアルバム6枚をセットにしたお徳用BOXのPart.1(簡易紙ジャケット、新規リマスター)〜

V.A
/Progressive Italia Anni 70 Vol.1
(6タイトルセットBOX)

(6CD/Universal)(Italy 70s/'09)

伊Universalより、旧ポリグラム系列の70年代イタリアン・プログレッシヴ6作品をセットにした、限定盤BOXのパート1。IL BALLETO DI BRONZO、LATTE E MIELE、JUMBOの超名作3タイトルをはじめ、マニアックどころの人気作であるDE DE LIND『Io Non So Da Dove』、初CD化のSENSATION'S FIXの74年3rdアルバム『Portable Madness』(シンセ+シンフォ、時にHELDON風)、そして久しく入手困難だったマウロ・ペローシの2nd『Al Mercato Degli Uomini Piccoli』を収録しています。ブックレットやインサートは無しの簡易紙ジャケット仕様、新規リマスターにて。この機会をお見逃しなく。
【収録タイトル】
IL BALLETO DI BRONZO / Ys('72)
DE DE LIND / Io Non So Da Dove('73)
JUMBO / Vietato Ai Minori Di 18 Anni('73)
SENSATION'S FIX / Portable Madness('74)
LATTE E MIELE / Passio Secundum Mattheum('72)
MAURO PELOSI / Al Mercato Degli Uomini Piccoli('73)

〜伊Universalより、70sイタリアン・プログレアルバム6枚をセットにしたお徳用BOXのPart.2(簡易紙ジャケット、新規リマスター)〜

V.A
/Progressive Italia Anni 70 Vol.2
(6タイトルセットBOX)

(6CD/Universal)(Italy 70s/'09)

伊Universalより、旧ポリグラム系列の70年代イタリアン・プログレッシヴ6作品をセットにした、限定盤BOXのパート2。定番中の定番、LOCANDA DELLE FATEをはじめ、IBISの2nd、初CD化のSENSATION'S FIX『Finest Finger('76)』(エレクトロ+シンフォ&ハード)、同じく初CD化のSTRADAPERTA『Maida Vale('79)』(カントリー・ロック系)、ロベルト・カチャバリアの2nd、そして久しく入手困難だったトラッド系の名作、P・ミネーリ&G・ヴィヴァルディ『Carnascialia』を収録しています。ブックレットやインサートは無しの簡易紙ジャケット仕様、新規リマスターにて。この機会をお見逃しなく。
【収録タイトル】
LOCANDA DELLE FATE / Force Le Lucciole Non Si Amano Piu('76)
IBIS / Ibis('75)
SENSATION'S FIX / Finest Finger ('76)
ROBERTO CACCIAPAGLIA / Sei Note In Logica('79)
G.VIVALDI/P.MINERI / Carnascialia('79)
STRADAPERTA / Maida Vale('79)

〜伊ユニバーサル、イタリアン・プログレお徳用6枚組BOXセット・シリーズの第3弾〜

V.A /The Universal Music Collection:
Progressive Italia Gli Anni 70 Vol.3

(6CD/Universal)(Italy'10)

◆収録タイトル(各カードボード簡易スリーヴ)
・JUMBO/Jumbo
・SENSATIONS FIX/Boxes Paradise[初CD化]
・TRITIONS/Satisfaction[New Trolls関連]
・TONI ESPOSITO/La Banda Del Sole
・MAURO PELOSI/Mauro Pelosi[3rd、初CD化]
・BILLY GRAY/Feeling Gray?[TRIPのギタリストの作品、初CD化]

〜伊ユニバーサル、イタリアン・プログレお徳用6枚組BOXセット・シリーズの第4弾〜

V.A/The Universal Music Collection:
Progressive Italia Gli Anni 70 Vol.4

(6CD/Universal)(Italy'10)

◆収録タイトル(各カードボード簡易スリーヴ)
・IBIS/Sun Supreme
・JUMBO/DNA
・MADRUGADA/Madrugada
・SENSATION'S FOX/Fragment Of Light
・MAURO PELOSI/La Stagione Per Amore[1st]
・LATTE E MIELE/Papillon

〜イタリア・ファン注目!伊ユニバーサルのシンガー/歌物BOXシリーズ、コチラ向きのVol.5!〜

V.A
/I Cantautori Italiani Gli Anni '70 Vol.5

(6CD/UNIVERSAL)(Italy)
イタリア・ユニバーサルの簡易ペーパースリーヴ6枚組ボックスシリーズの、プログレッシヴ編に続きスタートした、シンガー/歌物編オムニバス・シリーズ。こちら向きタイトルを収めたVol.5.あのダリオ・バルダン・ベンボのシンフォニック・ポップス好作である79年の4th『Dario Baldan Benbo』と、ラヴロック/ブリティッシュ風味の名バンド: PANDAの2nd『Teneramente Cuore Di Panda』('78)も収録!この2タイトルは目玉です。後者は何とヴァンゲリスのアレンジも含む、リリース前年の未収録シングル2枚の計4曲をボーナス追加。イタリア・ファンは必携!

〜伊UNIVERSAL、イタリアン・プログレッシヴ・ロック6枚組ボックス・セット・シリーズ第6弾〜

V.A
/Progressive Italia Gli Anni'70 Vol.6

(6CD/Universal)(Italy'10)
イタリアUNIVERSALの、新規リマスター(簡易スリーヴ)によるイタリアン・プログレッシヴ・ロック6枚組ボックス・セット・シリーズの、こちらは第6弾。何といってもマウリツィオ・ファブリツィオの名作『Movimenti Nel Ciero』('78)が目玉(初CD化!)ですが、カルロ・シリオット『Ondina』('79)も同じく初CD化の秀作。そのほか、AMSからCD化済みの、テスト・プレスのみだったというPANGEA『Invasori』('76)、メガレアなSENSATION'S FIXの1st('74)、同バンドのリーダー:フランコ・ファルシーニのサントラ作『Cold Noise』('75)、ウェストコースト風フォーク・ロックPUEBLO『Pueblo』('75)を収めた、イタリア・ファンはマストのリリース!

〜イタリアBOX Vol.6に収録!ラツィオ、カルナシャリアに参加のヴァイオリニストの79年リーダー作!〜

CARLO SILIOTTO
/Ondina

(『Progressive Italia Gli Anni'70 Vol.6』に収録)(Italy'79)
Canzoniere Del Lazioや「CARNASCIALIA」に参加したヴァイオリニストのソロアルバム。両バンドのメンバーを迎えた大掛かりな編成にて、地中海トラッドに根差した、柔らかくロマンティックなサウンドを聴かせます。ブランドゥアルディ風の牧歌的な歌ものから、よりアーシーなトラッド・ロック/ジャズ・ロック風インストまで、変化も十分。プログレッシヴ・リスナー向きの秀作です!

〜イタリアBOX Vol.6に収録!アンジェロ・ブランドゥアルディの名アレンジャーの、78年の異色インスト作!〜

MAURIZIO FABRIZIO
/Moviment Nel Cielo

(『Progressive Italia Gli Anni'70 Vol.6』に収録)(Italy'78)
アンジェロ・ブランドゥアルディなどの名アレンジャーとして知られるマウリツィオ・ファブリツィオ(kbd.ac-g)が、78年にリリースした異色作にして名作。オーケストラ+バンド(ブランドゥアルディもヴァイオリンで参加)による、『Concerto Grosso』期NEW TROLLS+EKSEPTION的、華麗かつダイナミックなクラシカル・ロック・インストは絶品です。イタリア然とした地中海アコースティック曲も素晴らしい、イタリア・ファン必聴の1枚、遂に初CD化!

〜伊ユニバーサル、イタリアン・ロック/ポップスBOXシリーズ第7弾!マニア注目のラインナップ!〜

V.A
/Progressive Italia Gianni'70 Vol.7

(6CD/Universal)(Italy)
イタリア・ユニバーサルの、プログレッシヴ系ボックス・シリーズ第7弾。マウリツィオ・ファブリツィオのフォーキーな1st『Azzurri Orizzonti』('75)はじめ、バッティアート一派が参加したアート・ポップス作、フランチェスコ・メッシーナ『Medio Occidente』('83)、ラッテ・エ・ミエーレ『Papillon』の英語ヴァージョン。ジノ・デリソのポップな3rd『Santi Ed Eroi』('79)、知られざるシンガー:エルマンド・デ・ビアギのメロトロン入り作品『L'Albero Della Pazzia』('79)、クラシック系ギタリスト:サロ・リオッタのアコースティックな完全ソロ作『La Seduzione』('78)を収録。マニア注目の内容!

〜伊ユニバーサル、イタリアン・ロック/ポップスBOXシリーズ第8弾!マニア注目のラインナップ!〜

V.A
/Progressive Italia Gianni'70 Vol.8

(6CD/Universal)(Italy)
イタリア・ユニバーサルの、プログレッシヴ系ボックス・シリーズ第8弾。目玉はラヴロックの名作GENSの1st『Gens』('74)で、何と、あの通称"メロトロン・シングル三部作"全6曲が丸ごとボーナス追加されています。そして、マリオ・パンセーリの秀作3rd『Sulla Spiaggia D'Inverno』('78)、マウリツィオ・ファブリツィオの良質なポップス作『Primo』('79)、しっとり目のポップ・カンタトゥーレ ジャンニ・ボンフィリオの『Luci Spente A Testaccio』('79)、コーラス・ポップ+ラヴロック的なI NUOVI ANGELI『Stasera Clowns』('78)、民族フォーク/歌物異色作のLA STANZA DELLA MUSICA『La Stanza Della Musica』('78)の全6作品を収録。これはオススメです!

〜Mellow Recordsより、イタリアのバンドを中心とした3枚組MARILLIONトリビュート!全31組230分!〜

V.A(Tribute To Marillion)
/Recitial For A Season's End

(3CD/MellowRecords)(Italy'10)
伊Mellow Recordsより、イタリアのバンドを中心とした、なんと全31組参加、3枚組230分に及ぶMARILLIONトリビュートアルバム!CONQUERED、GARDEN WALL、YLECLIPSE、CORAL CAVESなど、イタリアの同レーベル周辺勢を中心に、チリのSETI、ダン・スヴァノ(EDGE OF SANITY他)も在籍するスウェーデンのUNICORNらも参加。楽曲はフィッシュ期/ホガース期取り混ぜており、ギターポップやエレクトロ系からのアプローチも一部含まれています。無名のバンドが多いものの、メロトロン入りのイタリアのGENESIS系バンド:Kbridgeなどの掘り出し的バンドも含む、サンプラーとしても充実のリリースです!MARILLIONファンのみならず、シンフォニック・マニアにもお勧め。

〜スティーヴ・ハケットのトリビュート!〜

V.A.
/Steppes Beyond The Colossus

(CD/Mellow)(Italy etc.'14)
Mellowレーベルより、スティーヴ・ハケット・トリビュート!
コンカラー、レヴィアサン、カドラ・エストラ、ナローパス etc.

〜ファビオ・ズッファンティら参加のピンク・フロイド・トリビュート!〜

V.A.
/More Animals At The Gates Of Reason

(2CD/AMS)(Italy,etc.'13)
伊AMSからリリースされた、ピンク・フロイド・トリビュート2CD。ファビオ・ズッファンティ(“Astronomy Domine”)、PANDRA(“Marooned”)、THE SAMURAI OF PROG(“Dogs”、ジョン・デイヴィソン、ロイネ・ストルト、ギ―・ルブラン参加)、GREENWALL(“Breathe”)、CONQUEROR(“On The Turning Away”)、DAAL(“Echoes”)等のイタリア勢を中心とした、全28アーティストのカヴァーを収録。1stから「対」まで全期に渡る、マニアックな曲を含む選曲にて、どちらかといえばフロイドのサイケデリックな側面にスポットを当てた内容の大傑作!

〜エドガー・アラン・ポーがテーマの、MUSEA/COLOSSUSのコンセプト・オムニバス2枚組!〜

V.A
/The Tales Of Edgar Allan Poe A Synphonic Collection

(2CD/MUSEA)(Italy'10)
おなじみMUSEA/COLOSSUSのコンセプト新録オムニバス・シリーズ。今回はアメリカの文豪:エドガー・アラン・ポーへのオマージュを込めた2枚組オムニバス!KARDA ESTRA、DUNWICH、ANIMA MORTE、AREKNAMES、DAAL、LITTLE TRADEGIES、JINETES NEGROS、ギー・ルブラン(NATHAN MAHL)ら、世界各国から18組のバンド/アーティストが参加した、今回も大充実の内容!

〜伊Mellowレーベルがリリースした、イエス・トリビュート・アルバム!〜

V.A.
/Tales From The Edge - A Tribute To The Music Of YES

(2CD/Mellow)(Italy,etc'12)
伊Mellowレーベルがリリースした、イエス・トリビュート・アルバム2CD。何とジョン・デイヴィソン(イエス/グラス・ハマー)がvoの、THE SAMURAI OF PROG"Starship Trooper"はじめ、チリのSETI"Machine Messiah"、YESTERDAYS"White Car"、CONQUEROR"Lift Me Up"等、イタリア勢を中心に各国のアーティストが参加、全26組/26曲を、たっぷり収めています。比較的オーソドックスなカヴァーから、オーケストラ風など意外性の有るアレンジ、更にはマニアック目の選曲の妙まで、各アーティストのカラーも楽しめる、イエス・ファンのみならず注目の充実盤です!

〜バンコ&バッティアートのカヴァーも収録した、イタリアン・ロック好きのイタリア人新バンド!〜

VIDOCQ
/Vidocq

(CD/Andromeda Relix)(Italy'12)
実在した世界最初の私立探偵フランソワ・ヴィドックから命名されたとおぼしき、イタリア産新バンドの1st。年季の入った風貌の5人編成(伊語vo,g,b,dr,kbd)にて、正に「イタリアン・ロック・リスぺクティッドなイタリアン・ロック」とも言うべき、ブルージー・ハード及びフォーキーな歌物路線を展開しています。リノ・ヴァイレッティ風のvoを活かしたシンプル目ながらイタリア然とした仕上がりの好作CにV.D.スカルツィ(fl,vo)&アルト・タリアピエトラ(vo)がゲスト参加。更にボーナスとしてバンコ”75万年の愛”及びF.バッティアート”No Time No Space”のカヴァーも収録! 注目です!

〜レ・オルメ、バンコ、初期PFMルーツの'70s志向イタリアン・シンフォ新鋭2nd! より充実の大力作!〜

VIEU CARRE
/Eteronimie

(CD/Self)(Italy'12)
イタリア産、専任伊語vo含む5人編成による、メロディアスな'70s志向のイタリアン・シンフォニック・バンドの、「Glispiriti〜」('08)に続く2ndアルバム。レ・オルメ、バンコ、初期PFMあたりをルーツとしつつ、よりソフトなタッチで仕上げたサウンドは、更なる魅力を放っています。オルガン、ピアノ、アナログ風シンセ等をカラフルに用いたkbdワークと、イタリア然とした濃さの有るvoを軸に、ダイナミックな演奏を聴かせる、前作以上の完成度の大力作です!

〜イタリア産、モダンな屈折感も加味した、GENESIS〜ORME系ルーツのメロディアス・シンフォ新鋭!〜

VIEUX CARRE
/Glispiriti Icorpi Elementi

(CD/VieuxCarre)(Italy'08)

イタリア産。イタリア語ヴォーカルフロントのオーソドックスな5人編成による、メロディアス・シンフォニック新鋭バンドの1st。少々ピーター・ゲイブリエル風味のヴォーカル、オルガン/アナログシンセ音を活かした、70年代タッチのコンパクトな歌物が主体となっています。GENESIS、あるいはLE ORMEあたりをルーツとしつつ、所々にモダンな屈折感も加味するなど、聴き応えのある力作です!

〜イタリアン・シンフォの新鋭バンド、オッターヴァ・ストラーダの、7年振りとなる新作!〜

VIII STRADA
/Babylon

(CD/Belle Antique)(Italy'15)
イタリアン・プログレッシヴ全盛期の情熱とダイナミズムを今の新たな語法で再構築する新鋭オッターヴァ・ストラーダ、7年振りの2nd。ヘヴィさと華麗さを併せ持つ、イタリアン・ヘヴィ・シンフォニックの伝統を継ぎながらも、現代ならではのスピード感と切れ味、そして何よりイタリア独特の熱く、濃い歌心(近年のアルティ・エ・メスティエリのvoを思わせる)を持つ音像は、パワー満点です。かのデウス・エクス・マキナにも通じつつ、確固たる独自性を持つ傑作!

〜NEW TROLLSのヴィットリオ、3年振り新作ソロ!滋味に溢れる歌物の傑作!〜

VITTORIO DE SCALZI
/Gli Occhi Del Mondo

(CD/Aereostella)(Italy'11)
御存知 NEW TROLLSの中心人物 ヴィットリオ・デ・スカルツィ(vo.g.kbd)の、ソロとしては『Mandiffi』('08)に続く新作。アコースティック主体のバンドや弦楽トリオを迎え、前作と同傾向の、地中海風歌物を展開しています。故.ファブリツィオ・デ・アンドレなどの、ジェノヴァ派カンタトゥーレの系譜を感じさせる切々とした曲調は、派手さこそありませんが。聴き手の胸に迫る情感に溢れています。ヴィットリオのシンガーとしての円熟ぶりを示す、滋味に溢れた傑作です!

〜ニュー・トロルスのヴィットリオ・デ・スカルツィによる歌物アルバム!巧みにアレンジされた傑作!!〜

VITTORIO DE SCALZI
/Mandilli

(CD/Aereostella)
(Italy.'08)
ニュー・トロルスのヴィットリオ・デ・スカルツィがキーボード、ギター、リズム・セクション、管楽器などをバックに歌った歌物アルバム。マウロ・パガーニ(vln)も1曲ゲスト参加しています!ニュー・トロルスのヴォーカル曲を、より多彩にしたかのような雰囲気がある作品で、ファブリツィオ・デ・アンドレを思わせるジェノヴァ系の曲を中心にエスニック色のある曲まで、情感に富んだ深みのあるサウンドを作り出しています。巧みにアレンジされた演奏も的を射ていています。リリカルかつイタリアならではの哀愁も感じられる傑作!!

〜BANCOのキーボード奏者、極上のピアノソロ〜

VITTORIO NOCENZI
/Estremo Occidente
(CD/Aereostella)(Italy'09)
言わずと知れたBANCOのキーボード奏者:ヴィットリオ・ノチェンツィの09年新作は、ピアノソロアルバム。時にA・スタルテリや坂本龍一を思わせる流麗なアンビエント色を交えつつも、ヴィットリオらしいクラシカルで激しいパッセージと、ノスタルジックなムードが共存した、極上のピアノサウンドになっています。本編収録曲の演奏シーンを収めたボーナスDVD(PAL)付きにてリリースです!

〜イタリア産、ジェネシス直系シンフォニック・バンドの'14年最新作!〜

THE WATCH
/Tracks From The Alps

(CD/Pick Up)(Italy'14)
今やイタリアのみならず、世界的にもトップ・レヴェルのジェネシス直系シンフォニック・バンドとなったTHE WATCHの、「Timeless」('11)に続く新作6th(改名後)。メロトロンやフルートもプレイする、ゲイブリエル・スタイルのvo(英語)をフロントにg/b,kbd/ハモンド/syn,dr/perの4ピース(+ゲストb)での録音となっています。「ナーサリー・クライム」、「フォックストロット」期のジェネシスを正面切って継承しつつ、現代的にアップデートしたサウンドは、今回も抜群の安定感とクオリティです。メリハリ、疾走感ともに申し分のない流石の傑作!

〜現在最良のジェネシス・フォロワー、改名後の5thアルバム〜

THE WATCH
/Timeless

(CD/PickUp)(Italy'11)
現在最良のGENESISフォロワーとも評される、イタリアのザ・ウォッチ。『Planet Earth?』に続き、早くも登場したスタジオ新作(改名後の5作目)今回はカヴァーか、未発表曲か?というGENESIS直系的イメージが多少薄まり、よりキャッチーでタイトな歌もの志向を強めています。とはいえ、ここぞで炸裂するメロトロンやキーボードワーク、ピーター・ゲイブリエル風のヴォーカルなど、ジェネシス・マナーを基本としたサウンドは顕在、安定感抜群の秀作です!ジョン・ハケットがフルートで1曲にゲスト参加、更にボーナス・トラックとして、GENESIS"Stagnation"の完コピ・カヴァーも収録!

〜イタリアきっての"様式美GENESIS系"スタジオ新作4th。これでもかのGENESISマナーの嵐!ジョン・ハケットも参加!〜

THE WATCH
/Planet Earth?
(CD/Lizard)(Italy'10)
イタリアきっての、GENESIS直系シンフォニック・ロック・バンドの、ライヴを挟んで、スタジオ作としては07年の『Primitive』に続く、改名後の4th(NIGHT WATCH名義を含めると5th)。『Nursery Cryme』、『Trick Of The Tail』に至るまでのGENESISマナーを詰め込んだ楽曲は今回も見事な完成度です。フルートもこなすヴォーカル(英語)、メロトロンも効果的なキーボードなど、その徹底ぶりとツボを得た楽曲のクオリティで、有無を言わせない堂々たる傑作!ジョン・ハケット(flute)が1曲ゲスト参加しております。

〜イタリアのヘヴィ・プログ・バンドがオリジナルvoを招いて往年のプログレをカヴァー!〜

WICKED MINDS
/Visioni, Deliri E Illusioni

(CD/black widow)(Italy'11)
伊のレトロ・ハード〜Vertigo系ヘヴィー・プログレッシヴ・バンドの「Witch Flower」('06)以来となるとなる新作。何と今回は往年のイタリアン・プログレッシヴ・ロックの楽曲をカヴァーしています。オリジナル・シンガーがゲスト参加した、オザンナ、レ・オルメ、ムゼオ・ローゼンバッハ(ツァラトゥストラ抜粋!)はじめ、トリップ、イル・バレット・ディ・ブロンゾ(1st)、ヌオーヴァ・イデア、クエラ・ヴェッキア・ロカンダ、PFM等オルガン・ナンバーやシンセがうなる、熱くヘヴィな仕上がり。女性ヴォーカルもフィーチャーした快作です!

〜正に'70年頃の録音としか思えない程の徹底した音作り!〜

WITCHWOOD
/Litanies From The Woods

(CD/Jolly Roger)(Italy'15)
イタリア産、ジャケット通りのRise Above〜Vertigo系レトロ・ハード系バンドの'14年録音アルバム。ブラック・サバス、ジェスロ・タル、ブラック・ウィドウ等ルーツの、正に'70年頃の録音としか思えない程の徹底した音作りは堂々たるもの!ブリティッシュ・マニア必聴!

〜初期マリリオン・タイプの伊産メロディック・シンフォニック・バンドの新作!〜

YLCLIPSE
/Songs From Crackling Atanor

(CD/Mellow)(Italy'12)
伊産の4ピース(英語o/g,kbd,b,dr/per)による、メロディック系シンフォニック・バンド、YLECLIPSEの、「Trails 〜」('08)に続く5thアルバム。初期のマリリオンやIQを思わせるジェネシス・マナーの曲調を基本にしつつ、アコギやオルガン音による、むしろPFM的なイタリア風の叙情性を加えた音像は魅力十分です。ジャケット通りの親しみ易くもファンタジックな秀作!

〜イタリア産、ジェネシス/イエス系メロディアス・シンフォニック・バンドNEW!〜

THE YLECLIPSE
/Trails Of Ambergris

(CD/Mellow)
(Italy.'08)
イタリア産、英語vo/g、kbd/p、b、dr/perの4人編成による正統派メロディアス・シンフォニック・バンドの新作。ゲイブリエル/フィッシュ風のvoはじめ、ジェネシス〜イエス系ベースのサウンドは、'70年代の香りを持った、親しみ易いものです。録音や演奏力にアマチュア臭さは有るものの、ひたむきな内容が心を打つ、イタリア版シル・エレ系ともいうべき力作です!!

〜伊チェンバー/prog代表格ユーゲンの、圧倒的ダイナミズムに溢れた孤高の大傑作4th!〜

YUGEN
/Death By Water

(CD/Belle Antique)(Italy'16)
イタリア的な情感と、プログレッシヴ・ロック〜チェンバー系の語法をとことんまで突き詰めた、極端に複雑な構築性を融合させて、ユニヴェル・ゼロ、アイランド、SFF、ヘンリー・カウ等の、プログレッシヴ史上の頂点に位置するバンド達に匹敵する音世界を作り出すのが、このユーゲン。ライヴ・アルバム「ジーズ」('12)を挟んで、スタジオ作としては「イリジュール」('10)以来6年振りとなる、まさに待望の新作4thがついに登場です。超絶アンサンブルによる押しのパートから、女性ヴォーカルを交えた耽美かつ繊細な仕上りは圧巻。聴き手の予想を裏切りつつも、高度の構築性を聴かせる、孤高の傑作!

Francesco Zago (g, 12弦g, メロトロン)とPaolo <Ske> Botta(el-p, ハモンド, アープ)を中心に、エレーヌ・ディ・ファルコ(シンキング・プレイグ女性vo)やdr、vibe/マリンバ、管楽器等が参加!

〜フランス「R.I.O.フェスティヴァル」での演奏を収めたライヴ盤! ヘンリー・カウのカヴァーも収録!〜

YUGEN
/Mirrors

(CD/ベル・アンティーク)(Italy'11収録)
'06年に「水の迷宮」でCDデビュー、以降3タイトルをリリースし、今やイタリアン・チェンバー/プログレッシヴきっての存在となったユーゲン(日本語の"幽玄"が由来)。彼らの初のライヴ・アルバムは、11年9月17日、フランス「R.I.O.フェスティヴァル」での演奏を収めた1CDとなりました。リーダーFrancesco Zago(g)はじめ、org/el-p/syn,sax/cl,マリンバ/vibeそしてpを含む7人編成にて、驚異的クオリティのプレイを繰り広げています。プログレッシヴ・ロックの語法を使いつつ、ピッキオ・ダル・ポッツォやユニヴェル・ゼロにも比較されるほどの極端に構築された楽曲に、イタリアらしい叙情を加えたサウンドは圧巻。人間技の限界に挑むような高難度のアンサンブルを決めつつも、常に優美さを失わない演奏は、ダイナミズム、迫力、イマジネーション共、申し分のないものです。正に必聴の名演! ヘンリー・カウ"Industry"のカヴァーも収録!

〜極度に構築されたサウンド、イタリアらしい叙情性、目眩く音数と密度で迫る傑作3rd!〜

YUGEN
/Iridule

(CD/BelleAntique/Altrock)(Italy'10)

元STORMY SIXのトマソ・レッディもメンバーとして参加、これまでリリースされた2作品『Labirinto D'Aqua』('06)、『Vova Fatali』('08)が、いずれも高い評価を得たイタリア産チェンバー・プログレッシヴ・バンド:ユーゲン。近年リリースされたPicchio Dal Pozzoの『Live』でも演奏面を主導するなど、存在感を増している彼らが、満を持してリリースした3作目です。ピアノ、メロトロン、管弦楽器、マリンバ、ハープなど、多数のプレイヤーが参加しており、ゲストでデイヴ・カーマン(PRESENT/5UU)、女性シンガーのエミリー・ディ・ファルコらTHINKING PLAGUEのメンバー全員(!)も加わっての録音です。HENRY COW、KING CRIMSON、GENTLE GIANTなどがルーツのレコメン/プログレッシヴと、現代音楽色を融合させた、極めて複雑かつ高度な作編曲は、前二作を踏まえたさらなる密度とスケールを感じさせます。スリリングな変拍子からイタリアらしい叙情性まで、まさに圧倒的な仕上がりの大傑作!絶頂期のISILDURS BANEにも比肩する出来!

〜08年発表の2nd。トマソ・レッディ(ex STORMY SIX)の楽曲をプレイしたクラシカル&ドラマティックな1枚!〜

YUGEN
/Uova Fatali
(CD/Altrock)(Italy'08)
06年のデビュー・アルバム『水の迷宮』が高い評価を得た、プログレッシヴ・チェンバー・ロック・バンド:ユーゲンの08年リリースの2ndアルバム。"Plays Leddy"という通り、今回は元STORMY SIXのヴァイオリン/マンドリン奏者であるトマソ・レッディの楽曲を演奏。クラシカルでドラマティックなサウンドが楽しめる、イマジネイティヴな1枚!

〜イタリア産、クリムゾン〜SFF系+チェンバー・ロック的、硬派プログレッシヴ新鋭。傑作デビュー作!〜

YUGEN
/Labirinto D'Aqua[水の迷宮]

(CD/BelleAntique/Altrock)(Italy'06)
Francesco Zugo(g)が中心となって結成されたユーゲンのデビュー作。10名を越える大編成で、元STORMY SIXのTomaso Leddi(マンドリン/リュート)、スイスのSPALTKLANGのマルクス・スタウス(sax)らをも参加しています。管弦、マリンバ、メロトロンなどをフィーチャーし、SFFやANGLAGARDのようなシンフォニック色と、ISILDURS BANE的なチェンバー色を融合した音像は、極めてスリリング。レコメン/チェンバー風味を取り込んだ硬質なシンフォニック・ロックとして、近年ではまれにみる完成度の1枚!

〜LA MASCHERA DI CERAのキーボーディスト率いるラテン・フュージョン風アヴァン・ジャズ・ロック・バンドの2nd〜

ZAAL
/Onda Quadea
(CD/BTF)(Italy'10)
イタリアのヘヴィ・シンフォニック・バンド:LA MASCHERA DI CERAのキーボーディスト:アゴスティノ・マコール率いるアヴァン・フュージョン/ジャズ・ロック・バンドの、『La Lamasottile』('04)に続く2ndアルバム。サックス、トランペット、ピアノ/エレピ/シンセ、ベース、ドラムス、パーカッションの6人編成にて、『3rd』期SOFT MACHINE + ラテン的イメージに、シリアスなインプロヴィゼイション色を交えた、クールかつスリリングなサウンドを展開しています。オルガンの音色も効果的な、カンタベリー・ファン注目の1枚!

〜伊産、'70s志向のヘヴィ・シンフォニック・バンドのアルバム!〜

ZION
/Nove Pianeti

(CD/Ma.Ra.Cash)(Italy'14)
イタリア産、ジャケット通りの?太陽系惑星群をテーマとした、'70s志向のヘヴィ・シンフォニック・バンドのアルバム!オルガン/ピアノ/シンセ、ドラムス、ベース/モーグ/タウラス、イタリア語ヴォーカル/パーカッションというギターレスの編成にて、スペイシーかつダークな、時にG.レオーネ/イル・バレ系を思わせるサウンドを展開。イタリアらしさ十分です!

〜F.ズッファンティがツアー後にスタジオでライヴを再現・録音したスタジオ・ライブ盤!〜

ZUFFANTI & ZBAND
/Il Mondo Che Era Mio - Live In Studio 2014

(CD/Btf)(Italy'14録音)
現代イタリアン・シンフォニックのトップランナー、ファビオ・ズッファンティ(ベース/ヴォーカル等)が、ソロ作「La Quarta Vittima」('14年)リリースに伴い行ったライヴ・ツアーのセットを、終了直後にスタジオ入りしてライヴを自ら再現したアルバム(ツアー中は録音のチャンスがなかったため)。デリリウムのマーティン・グライス(サックス/フルート)を含むバンドにて、ソロ作の曲のみならず、フィニステッレ、ホストソナテン、マスケーラ・ディ・チェッラの曲もプレイした、集大成的内容!

〜HOSTSONATEN等のFabio Zuffantiの新作ソロ!〜

ズッファンティ
/4人目の犠牲者

(2CD/Disk Union)(Italy'14)
ホストソナテン、マスケラ・ディ・チェラはじめ、数多くのリーダー・プロジェクトで活躍中の奇才、ファビオ・ズッファンティのソロ新作。いわゆる完全ソロでは無く、3名のドラマーはじめ、ジャズ系のベーシスト等、多数のメンバーを迎えてのバンド・スタイルの録音となっています。エンデ「鏡の中の私」にインスパイアされたコンセプチュアルな内容(伊語vo,fl入り)、邪悪なヘヴィ・シンフォからアンビエントな叙情まで、メロトロンや泣きのgもたっぷり用いて描かれたダイナミックな音世界は、正に自身の音楽性の集大成とも言える、プログレッシヴ・ロックの傑作! 本編全曲のホーム・デモ音源を収録した国内盤限定ボーナスCD付!
◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る