◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る

REVIEW ARCHIVES:OTHERS I-J
[こちらは、これまでに当店に入荷した商品のレビューのアーカイヴです。
価格・在庫の有無はSET SALE LISTを参照するか、またはお問い合わせください]

〜ギリシア出身のニュー・エイジ系シンセ・アーティストのコンピレーション!〜

IAOS
/Celestial Soul Portrait

(CD/Numero Group)(Greece/USA'70s?)
ギリシア出身で、'70年代に米国拠点で活動したニュー・エイジ系シンセ・アーティストのコンピ! 主に'70s後半の曲を収めており、タンジェリン等のジャーマンの流れを汲む、DEUTER辺りにも通じるヘヴンリーなトリップ・シンセ・サウンドは高品質!

〜元RUJAのキーボード奏者の'86年ソロ・アルバム!〜

IGOR GARSNEK / ANSAMBEL DATA
/Locomade Farm

(CD/Boheme)(Russia'86)

元RUJAのキーボード奏者、'86年のアルバム。ポップ・フュージョン・テイスト+シンフォkbdで、結果的には産業プログレ・ハード風にも聴ける一枚。大仰なコーラスで熱く盛り上がるあたりは辺境マニア心をくすぐりそうです。ウェイクマン〜ランブリン風kbdワークも聴きもの。

〜RUJAのキーボード奏者:イゴール・ガルスネクのシンフォニックロックデュオ〜

IGOR GARSNEK/NEVIL BLUMBERG
/Synopsis
(CD/Boheme)(Russia'86/00)
プログレッシヴロックだった時代のRUJAのキーボード奏者:イゴール・ガルスネクのシンフォニックロックプロジェクト。ギタリストとのデュオ形式で、曲によりリコーダー、ベースなどがゲストに加わっています。80年半ば(86年)の録音と言う事もあり、音色はモダンで楽曲の傾向も幅広いです。KASEKEやHORIZONTにも共通する独特な感覚も面白い。"Romantic Ballad"の大叙情はハイライトと言えます。

〜旧ユーゴのマニアックな本格派サイケデリック・バンド、2in1にて正規CD化!〜

IGRA STAKLENIH PERLI
/Igra Staklenih Perli / Vrt Svetlosti

(CD/Retrologija)(Yugoslavia'79/'82)
旧ユーゴスラヴィアにあって、TAKOと共にマニアックな本格派のサイケデリック/プログレッシヴ・ロック・バンドとして知られる通称イグラの、'79年1st「Igra Staklenih Perli」と2nd「Vrt Svetlosti」を2in1で収めた正規CD。ピンク・フロイド風味の強い、スペイシーな広がりが妖美なst、voも交えてややポップになってものの、ジャーマンやHAWKSらに通じるトリップ感健在の2nd、いずれも傑作です! 紙パッケージにて!

〜ロシア産、速弾きテクニカル・プログレ・フュージョン新鋭!〜

IMPACT FUSE
/Moscow

(CD-R/Youdanov)(Russia'11)
ロシアから登場した、テクニカル・フュージョン/ジャズ・ロック系の若手新鋭トリオの1st。g/エフェクト,b/kbd,そしてdrにヤニック・トップやアドリアン・フェローとの活動歴のあるDamien Schmittという編成にて、モダンで多彩なアプローチと、テクニカル性が調和した、スリリングなサウンドを展開しています。変則メタル風味からホールズワースをスピード・アップしたような面まで、ラレ・ラーション、R.ハレビーク、T.デューン等、Liquid Noteレーベル周辺リスナーはもちろん、技巧系ファンはマストの大傑作! CD-R仕様。

〜チェコ産、ファンキー・クロスオーヴァー/ジャズ・ロック!〜

IMPULS
/Impuls
(Czech.'75-'77)(CD/Indies Happy Trails)
'70年代中期にチェコスロバキアで活動したジャズ・ロック・バンド、IMPULSの'77年のLPにEPやオムニバス提供曲を加えての初CD化。管楽器とkbd、el-gを用いたサウンドは、ハービー・ハンコックやチック・コリアの影響(彼らの曲もプレイしています)を感じさせる。ややファンキーでタイトなクロスオーヴァーです。同時期に活動していたENERGITにも近いですが、よりアナログ・シンセやエレ・ピを押し出して、クールな浮遊感とグルーヴで迫る、心地良い力作になっています。こちらは1CDでのリリース!

〜旧ユーゴスラヴィアのハード/シンフォ系バンド、INDEXIの2CDリマスター・ベスト!〜

INDEXI
/The Ultimate Collection

(2CD/Croatia Records)(Yugoslavia)
'60年代中期から'80年代初頭まで活動、'99年の復活作と'02年のライヴもリリースされている、旧ユーゴスラヴィアのポップ・ロック・バンド、INDEXI。彼らのシングル・トラックを中心に、極上のリマスターにて全36曲を年代順に収めた2CDベスト。いわゆるハード色は薄く、初期のエレキ/ポピュラーからGS風、ニューロックへと至る流れや、熱唱するヴォーカル、一部交えられるオーケストラなど、むしろイタリアやスペインのうたもの系に通じます。中でも聴きどころは"Modra Rijeka"など、シンフォニック色の強い'78年頃のトラック。辺境/東欧マニアのみならず注目のリリース!

〜INDEXIのキャリアを見渡せる16曲入りコンピ!〜

INDEXI
/Sve Ove Godine

(CD/City)(Yugoslavia)
元は'86年に出た4LPコンピを再編集したと思われる、INDEXIの16曲入りコンピ。'65年から'86年に渡るキャリアを見渡せるセレクションで、ビート/サイケ、ポップ・ロック色の強い初期から、ハード或いはフォーク・プログレッシヴ風味も交えた曲まで、全体にハード色は薄く、オルガンやアコギも込みのメロディアス路線。voはユーゴ然と熱唱!

〜ロシアきってのラジカル・トラッド女性ヴォーカル、インナ・ジュラナンヤの'14年新作2CD!〜

INNA ZHELANNAYA
/IZVOROT

(2CD/Inasound)(Russia'14)
FARLANDERSでの活動や、マリ・ボイネとの共演作でも知られる、ロシアきってのラジカル・トラッド系女性シンガー、インナ・ジェランナヤの'14年新作。CD2枚組、全19曲約130分という、非常に力のこもったリリースです。ベース/プログラミング、サックス/トランペット/カリンバ、ドラムスとのバンド録音となっており、さらに、トレイ・ガン(ワーギター)含む多数のゲスト(ヴァイオリン、マリンバ等)が加わっています。ミステリアスで呪術的なインナのヴォーカルと、ポリリズミックな新生〜'90sクリムゾン+アンビエントECMジャズ+エレクトロ的先鋭サウンドが相まって、ポスト・プログ的とすら言える仕上りの、現在型ラジカル・トラッドの大傑作!

〜TOHPATI ETHNOMISSIONのbによる、一部vln入りのメロディアス&テクニカルなプログレ・フュージョン!〜

INDRO HARDJODIKORO
/Get Closer

(CD/Nayalndro)(Indonesia'16)
TOHPATI ETHNOMISSIONのベーシスト、インドロ・ハルジョディコロがリリースしたソロ・アルバム。b, g, kbd, drの4ピース+一部vlnのバンド編成にて、メロディアスかつテクニカルな、プログレッシヴ・フュージョンを展開しています。ジェフ・ベック系ルーツのハード目な曲調から、ウェザー・リポート風の軽快さまで、親しみ易くもスリリングな音像は高水準。冒頭の2曲はじめ、全編ではないもののポンティ風のvlnも活躍を見せており、vln系リスナーも見逃せない、まさに注目の快作です!

〜S.G.MのVoがゲスト参加、ポーランド産へヴィプログレバンドの2nd〜

INDUKTI
/Idmen
(CD/BelleAntique)(Poland'09)
05年のデビュー作『S.U.S.A.R』が好評だった、女性ヴァイオリンフロントのポーランド産へヴィ・プログレッシヴ・バンドの4年振りとなる2nd。ヴァイオリン、ツインギター、ベース、ドラムスのインスト編成による、後期KING CRIMSON系と変則メタル、エスニックテイストを融合したサウンドがさらに妖美かつダイナミックになっています。8曲中3曲には、SLEEPYTIME GORILLA MUSEUMのNils Frykdahlらゲストヴォーカルも参加。トランシーなヴァイオリンと変拍子メタルのリフの押しは鮮烈で、あらゆる面において前作を上回る大傑作です。

〜ロシアのkbd/コンポーザー率いるインスト・シンフォニック・プロジェクト1st!〜

INNER DRIVE
/Oasis

(CD/Lizard)(Russia'14)
ロシア産、kbd奏者Sergey Bolotovを中心としたプロジェクト・バンド、INNER DRIVEが伊Lizardレーベルからリリースしたデビュー作。kbdトリオ体制を基本に、リード・プレイヤーとしてvln, fl, g等が参加した、プログレッシヴ・フュージョン寄りシンフォニック・サウンドを、スリリングに展開しています。同国のロスト・ワールドや、日本のKBB辺りをよりクラシカルにしたようなイメージも有る、時に優美、時に鋭利な音像が絶品の注目傑作!

〜ソラリスのA.コラー(fl)率いるバンドのライヴ録音作!フルート吹き倒し!〜

INVOCATIO MUSICALIS
/Live

(CD/Periferic Records)(Hungary'15)
SOLARISのフルート奏者、アッティラ・コラーのソロが発展したプロジェクト、MUSICAL WITCHCRAFTが改名してリリースしたライヴ・アルバム(改名後の初リリース、通産4作目)。fl、g
、b、dr、perというメンバーは前作から変わっておらず、'14念の音源を中心に、ゲスト入りトラックや、'07/'08テイクも加えた全20曲を収めています。コラーのフルートを前面に押し出した、ジェスロ・タル〜イアン・アンダーソン系にも通じる古楽フォーク・ロック・インストは、親しみ易くも時にミステリアス。正にフルート吹きまくりの力演!

〜ハンガリーのプログレッシヴ・フュージョン系速弾きギタリスト最新作!〜

ISTVAN ALAPI
/Inner Vortex

(CD/Gramy)(Hungary'13)
ハンガリーのテクニカル・プログレ・フュージョン系速弾きギタリストの、好評を博した「niXfactor」('11)に続く新作3rd。今回も自らkbdもプレイしつつ、,drとのトリオを基本としたバンド・スタイルの録音で、曲によってsaxやsynも加わっています。PLANET X系に通じるメタリック・ナンバーから、スティーヴ・モーズ〜ジェフ・ベック系、更にはエスノ/アコースティックまで、疾走&屈折の楽曲の中、存分に弾き倒すリード・ギターが味わえる、格好良さ抜群の仕上がりです。かのスティーヴ・ルカサーも絶賛のコメントを寄せている大傑作!

〜ハンガリー産、弾き倒しgプログレ・フュージョン系痛快傑作!〜

ISTVAN ALAPI
/niXfactor

(CD/Gramy)(Hungary'11)
ハンガリーより、普段はスタジオ・ミュージシャンとして活動している、プログレ・フュージョン系速弾きギタリストの、15年振りの2ndソロ。syn/kbd、b、drとの4ピース・バンドを基本に、一部ゲストvlnやsaxを加え、更に一人マルチの楽曲も交えた録音となっています。PLANET X 〜 Tone Center系に通じるハードなナンバーから、ラテン風味も取り込んだBRUFORD系の疾走、そしてエスノ/アコースティックまで多彩でメロディアスな楽曲の中、スリリングな弾き倒しギター・ソロが、これでもかと炸裂する、痛快傑作! 

〜ハンガリーの奇才、85年から93年までの音源集。トラッド+レコメン!シリアスにしてイマジナリー!〜

ISTVAN MARTA
/WORKS

(CD/HungarotonClassic)(Hungary'85-93)
ハンガリーの奇才、85年から93年までの音源集。トラッド+レコメン!シリアスにしてイマジナリー!

〜ハンガリーのシリアス/レコメン奇才、レコメンから出たアルバムの全曲+ボーナスを収録したアイテム!〜

ISTVAN MARTA
/Sound In Sound Out

(CD/HungarotonRecords)(Hungary'73/85-86)
ハンガリーのシリアス/レコメン奇才、レコメンから出たアルバムの全曲+ボーナスを収録したアイテム!

〜チェコが生んだ天才的女性vln/voであるイヴァ・ビトヴァの、チェコ・リリース最新作!〜

IVA BITTOVA
/Zvon

(CD/Animal Music)(Czech'12)
東欧が生んだトラッド/チェンバーの至宝的、女性vo/vln奏者、イヴァ・ビトヴァのチェコ本国からの'12年リリース作。ECMから完全ソロ作「Fragments」('13)もリリース済みですが、こちらはオーケストラとV.Vaclavek(ac-g)含む民族クラシカル・サウンドになっています。あの、目覚まし時計をリズムに見立てた曲など、往年の名曲を含めた内容はビトヴァ・ワールド全開。小鳥のさえずりのような歌から大地の精霊の如き叫びまで、正に天性の閃きが舞う、圧巻の仕上がりとなった会心の大傑作です!

〜フレッド・フリスとの共演で知られるイヴァ・ビトヴァとDUNAJのパヴェル・ファイトの連名作! ボーナス2曲追加!〜

BITTOVA & FAJT
/Bittova & Fajt

(CD/Pavian)(Czech'87)
後にフレッド・フリスとの共演で世界的に知られるようになったイヴァ・ビトヴァ(vo,vln)と、DUNAJのパヴェル・ファイト(dr,etc)のデュオ・アルバム。元々はチェコスロバキア時代の'87年に本国リリースされたもの。ジプシー系のパッションと、正に天才的かつ奔放なきらめきを放つビトヴァをファイトが絶妙にサポートした、トラッドやチェンバーの枠を超える凄絶な世界が現出! 歴史的な名作です! ボーナス・トラック2曲収録、デジパック仕様にて再発!

〜エストニアの新鋭kbd奏者による、ユニヴェル・ゼロ/サムラ系の多重録音作!〜

JAKOB JUHKAM
/T

(CD/Mortimer Snerd)(Estonia'12)
エストニアの若手新鋭kbd奏者の1stアルバム。フランク・ザッパやジョン・ゾーンへのリスペクトを表明していますが、サウンド自体は別傾向で、メロディアスかつ屈折した、アヴァン/チェンバー寄りプログレッシヴとも言うべきインストを展開しています。一部drや管楽器を除き、自身のマルチ多重で録音されており、エレクトロニカ、ポスト・ロック以降のセンスも交えた、先鋭性も十分の音像は、非常に高水準です。変拍子とピアノで押しまくるパートはじめ、ケン・ワトソンとユニヴェル・ゼロ/サムラ系の中間を行く如き傑作!

〜旧ユーゴ出身、フランスで活動したライブラリー系アーティストの、ブラス・ジャズ・ロックな秀作!〜

JANKO NILOVIC
/Rythmes Contemporains

(CD/VadimMusic)(Yugoslavia/France'10)
旧ユーゴスラヴィア出身で、フランスにて活動した、いわゆるライブラリー系コンポーザーの作品集('72)。ブラス/オーケストラとバンドに、壮大なコーラスなども交えた、熱くエネルギッシュなブラス・ジャズ・ロックは、まさにサウンドトラック風の、70年代らしさ十分なものです。何と、あのSANDROSEの"Underground Session"もプレイした、レトロかつ格好良い秀作!デジパック仕様にてリイシュー!

〜元EASTのギタリスト率いるバンドの新作3rd。ヴァイオリンもフィーチャーした、エスノ風味のシンフォニック・ギター・フュージョン!〜

JANOS VARGA PROJECT
/Elixir
(CD/Periferic)(Hungary'09)
元EASTのJanos Varga(g)率いるプロジェクトの『Wings Of Reverations』以来となる新作3rd。g、b、dr、kbdの編成に、ゲストでヴァイオリンも加わって、パワフルかつスリリングなエスノ・フュージョン/ギター・シンフォニック・ロックを展開しています。ジェフ・ベック、スティーヴ・ハケット、あるいはマイク・オールドフィールドを思わせるギター・ワークは健在で、PINK FLOYD系のブルージーな楽曲も含めて、風格と新鮮さが共存した秀作です。

〜『ノーマライザー2』シリーズ、今度は米国のザッパ系ジャズ・ロック・ギタリストとの共作!〜

JASON SADITES・MARCO MINNEMANN
/Behind The Laughter

(CD/JasonSadites)(Canada/Germany'10)
マイク・ケネリー、ファイ・ヤーン・ゼクなど、良作が続々と発表されている、マルコ・ミンネマンのドラム・ソロを基にした競作プロジェクト『Normalizer 2』。今度は、これまで2枚のソロ作品を発表し、2作目には一部でミンネマンが参加していた、米国のザッパ系ジャズ・ロック・ギタリスト:Jason Saditesのヴァージョンが登場しました!ギター他、全てSaditesによるマルチ録音にて、まさにザッパ・ライクなギターサウンドを展開。同シリーズでは、アレックス・マカチェクのヴァージョンにも通じる、スリリングな傑作です!

〜マハビシュヌ影響下のクロスオーヴァー路線にシフトした、JAZZ Qの'75年未発ライヴ音源!〜

JAZZ Q
/Zivi Se Divi - Live Bratislava 1975

(CD/Gad Records)(Czech'75収録)
Martin Kratochvil(kbd)を中心とした、旧チェコスロヴァキアのジャズ・ロック系グループ、JAZZ Qの、'75年2月、スロヴァキアのフェスでのライヴ音源を納めたリリース。「Symbiosis」('74)でのブルース・ロック色も若干残しつつ、(女性シンガーも参加)マハビシュヌ影響下のクロスオーヴァー路線にシフトしています。vln(sax兼任)も大活躍、B.コブハム"Stratus"、マハビシュヌ"Sanctuary"のカヴァーもあり。快演!

〜SBBのヨセフ・スクルチェクによる'08年ライヴ! 重厚なキーボード・サウンドの快演!〜

JOZEF SKRZEK EAST WIND
/Koncert Zywiolow

(CD/P.H.U.)(Poland'08録音)
御存知SBBの御大、ヨセフ・スクルチェク(kbd,vo)が行った'08年のコンサートを収めたCD。ツインbd/vo,ツインdr/per,そして女性voという変則5人編成にて、ユニット名から想像されるエスニック色は薄い、シンフォニックなサウンドを展開しています。ELP、フロイド辺りをルーツとした、ブルージーかつスペイシーな広がりのある重厚なキーボード・シンフォ・サウンドは、むしろゴブリン風のナンバーから荘厳な教会音楽調まで、スクルチェクらしさ十分です。アナログ・シンセも大活躍の快演!

〜SBBの鍵盤奏者の新作ソロは、"メトロポリス"にインスパイアされた、シリアス&ダークなアンビエント作!〜

JOZEF SKRZEK
/Metropolis
(CD/e-silesia)(Polland'10)
御存じポーランドの大ベテラン SBBのキーボーディスト:ジョセフ・スクルチェフの2010年新作ソロ。かの名作無声映画「メトロポリス」にインスパイアされたシリアスなSF風シンセサウンドを、コンピューター&アナログ・シンセサイザーで展開しています。部分的にはクラウス・シュルツェやTANGERINE DREAMにも通じる、スクルチェフの硬派な部分が味わえる力作、シンフォニックな色もあり!

〜チェコを代表するジャズ・ロック・グループのほぼ全作品を収めた集大成的8枚組BOXセット!!〜

Martin Kratochvil & JAZZ Q
/JAZZ Q

(8CD/Spraphon)(Czech'73-84)

旧チェコスロヴァキアを代表するプラハのジャズロックグループ:JAZZ Qの、アルバム(未発表ライヴ含む)7タイトルを年代別に収め、最後にボーナス・コンピCDを加えた8枚組リマスター集大成BOX。時代相応に変化してきた彼らですが、やはり女性ヴォーカルをフィーチャーした『Symphosis』など初期が聴きもので、AFFINITY meets Return To Forever的ブルージー・サウンドは魅力十分。カラー・ブックレット付のお買い得保存版!!
◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る