◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る

REVIEW ARCHIVES:OTHERS S
[こちらは、これまでに当店に入荷した商品のレビューのアーカイヴです。
価格・在庫の有無はSET SALE LISTを参照するか、またはお問い合わせください]

〜CAMELから影響を色濃く受けたイスラエルのシンフォニック・ロック・バンド、デビュー!〜

SANHEDRIN
/Ever After

(CD/Altrock)(Israel'11)
イスラエルから登場した、CAMEL影響下の叙情派シンフォニック・ロック新鋭バンドのデビュー作。何と同国の伝説のバンドであるSHESHETや、NO NAMESで活躍したShem-Tov Leviのフルートをフィーチャーしたインスト編成(+ゲストでバスーン奏者他)での録音になっております。アンディ・ラティマー風の泣きのギターをたっぷり効かせた曲調のみならず、イタリアン・ヘヴィ・シンフォニックや、VAN DER GRAAF GENERATOR、JETHRO TULL、GENESIS〜初期/中期KING CRIMSONのようなたたみ掛ける疾走感まで、70年代プログレッシヴへのリスペクトにあふれた、本格的シンフォニック・ロックの新星登場!

サテライト待望の4th!よりソフトでノスタルジックな歌心を押し出した、流石の高水準傑作!

SATELLITE
/Nostargia
(Poland.'09)(CD/Metal Mind)
3部作コンセプトの完結編となったサード「Into The Night」を経て、今や押しも押されもせぬポーランド・メロディック・シンフォニックのトップ・アクトとなったサテライトの、新作4thが登場しました。コラージュの流れをくむ、マリリオンやペンドラゴンにも通じるイメージは保ちつつ、本作では文字通りノスタルジックな歌心を押し出して、よりソフトかつモダンな仕上がりです。一方で楽曲のダイナミズムも健在であり、流石のクオリティと完成度を誇る傑作です!

〜ハンガリー産、弦×3+ギターのアコースティック・カルテットによる、宗教的歌曲集〜

SATOR QUARTET
/Creatio

(CD/Kalaka Zenebolt)(Hungary'10)
ハンガリーの、弦楽器×3+ギターのアコースティック・カルテットによる、宗教的歌曲集。MAKAMに参加歴のある女性シンガー:BOGNAR SZILVIA、及び男性シンガー:LOVASI ANDRASをフィーチャーして、中世時代ムードの、教会音楽風の世界をしっとりと、そして荘重に展開しています。クリスマス・アイテムとしても向く1枚!

〜デンマークのサヴェイジ・ローズ、急逝したメンバーに捧げられた07年作品。ハード・カヴァー仕様〜

THE SAVAGE ROSE
/Universal Daughter
(CD/Colombia/SonyBMG)(Denmark'07)
女性ヴォーカリストのアニセッテを要するデンマークのバンド:サヴェイジ・ローズの07年作。フロントマンの一人であり、06年に急逝したトマス・コッペルに捧げられた1枚。初期〜中期の作風と精神性を併せ持った、シンプルで扇情的な内容は実に味わい深いものです。ハード・カヴァー仕様にて!

〜「SBB」ボックス好評発売中!〜

「SBB」ボックス・セット
SBB / 新地平線 : Nowy Horyzont
SBB / 記憶 : Pamiec
SBB / 大切な言葉 : Ze Slowem Biegne Do Ciebie
SBB / ガラスの音 : Wolanie O Brzek Szkla
SBB / ウェルカム : Welcome

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(Poland)
ベル・アンティークより、4月25日リリースのSBB紙ジャケット5種(セカンドからフィフスと「ウェルカム」それぞれ1枚)を同時にお買い上げのお客様に、収納用ボックスを1つプレゼント! 数に限りがございますのでお早めに!

〜ポーランドのヴェテランSBBの2010年新作!限定デジパック&+2ボーナス・トラック!〜

SBB
/Blue Trance

(CD/MetalMind)(Poland'10)
ポーランドの大御所:SBBの、09年発表の『Iron Curtain』に続く2010年新作!ジョゼフ・スクルチェフ(vo.kbd.etc)と、アポストリス・アンティモスの御大2名に、引き続きハンガリー人ドラマー:ガボール・ネメスを加えての録音。ハード・シンフォニック調の冒頭曲/ラスト曲から、PINK FLOYDや初期KING CRIMSONも香るブルージーな楽曲、さらにはファンク風味まで、全体的にメロディアスな叙情性を押し出した仕上がり。まさに円熟味溢れる力作!ボーナス・トラック2曲入りの限定盤デジパック仕様にて!

〜サビナ・ヤナトゥーの新作は美しくシリアスな地中海トラッド!〜

SAVINA YANNATOU PRIMAVERA EN SALONICO
/Songs Of Thessaloniki

(CD/ECM)(Greek'15)
サビナ・ヤナトゥーの新作!ECMより!美しくシリアスな地中海トラッド!

〜ギリシャのトラッド♀vo最高峰の最新作!悲哀に満ちた表現力に圧倒されます〜

SAVINA YANNATOU
/Songs Of An Other
(Greece.'08)(CD/ECM)
ギリシャのトラッド系女性ヴォーカリストの最高峰、サヴィーナ・ヤナトゥーと、バンドPrimavera en Salonico(アコーディオン、パーカッション、ウード、ヴァイオリン、ネイ(笛)、ダブル・ベース)の3作目となるアルバム。アルメニア、ブルガリア、セルビア、カザフスタン、ギリシア、アルバニア、イタリアのトラッドを中心にインプロヴィゼーションを織り混ぜており、トラッドだけには収まらない内容となっています。またECMらしいクリアーな音像はバンドが作り出す空気の張りつめ方をとらえていて、やはりサヴィーナの悲哀に満ちた歌とその自在な表現力に圧倒されます!傑作!

〜遂に復活! 叙情派プログレッシヴの最高峰、セバスチャン・ハーディーの新作3rdが登場!〜

SEBASTIAN HARDIE
/Blueprint

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(Australia'12)
不朽の名作「フォー・モーメンツ」「ウィンドチェイス」の2作を'70年代に残した、オーストラリア産叙情派プログレッシヴの最高峰、セバスチャン・ハーディーが満を持してリリースした新作サード・アルバム。御大マリオ・ミーロ公演にも帯同したゲストvoも加わっての録音です。長大な組曲こそありませんが、ミーロの甘美なギターと、メロトロン/オルガン音が織り成す、暖か味のあるキャメル〜フロイド系サウンドは、まさしくハーディー節健在。期待に違わぬ傑作です!

〜マールタ・シェべスチェーンのクリスマスEPその1!〜

SEBESTYEN MARTA
/Karacsonyi Enekek : Angyali Szo Zengedez

(CD/Magyar Kultrura Kiado)(Hungary'13)
ハンガリーの国宝級トラッド女性シンガー、マールタ・シェべスチェーンが、古楽/クラシカル系?女性シンガーのAndrejski Juditとのツインvoで制作した、クリスマス・ミニ・アルバムその1! ハーディ・ガーディ、ギター等のバッキングにて、クリスマス・ソング(北欧やギリシアのもの含む)の数々を荘厳な古楽タッチで聴かせる、注目のリリース! 変型紙パッケージ1CD!

〜マールタ・シェべスチェーンのクリスマスEPその2!〜

SEBESTYEN MARTA
/Karacsonyi Enekek : Orvendezzunk!

(CD/Magyar Kultrura Kiado)(Hungary'13)
ハンガリーの国宝級トラッド女性シンガー、マールタ・シェべスチェーンが、古楽/クラシカル系?女性シンガー、Andrejszki Juditとのツインvoで制作したクリスマスEPその2。ホノボノとした曲想からしっとり荘厳なムードまで、クリスマスを盛り上げるメドレー含む全11曲! トラッド/女性voリスナーのクリスマス・アイテムとして是非! 変型紙パッケージ1CD!

〜トルコきってのゴシック・メタル寄り女性ロック・シンガーの新作。妖艶なヴォーカルと洗練されたバンドサウンド!〜

SEBNEM FERAH
/Benim Adim Orman
(CD/Pasajmusic)(Turkey'10)
トルコにあっては異色とも言える。ゴシック・メタル寄り女性ロック・シンガー:シェブネム・フェラーのスタジオ新作。時にEVANESCENCEやWITHIN TEMPTATIONを思わせる、洗練されたタッチのアンサンブル(キーボード入り)に、セゼン・アクス由来の濃厚な節回しの歌声をたっぷり乗せたサウンドはトルコらしさも十分。民族楽器も一部に交えたダイナミックな仕上がりは、地中海系女性ヴォーカルファンはもちろん、辺境ゴシック/メタル・マニアにもアピール度大。完成度の高いアルバム。

〜80年代後半の旧ソ連のバンドの唯一作〜

SEPSIS
/A Liturgy Of Madness
(CD/Boheme)(Russia'91/00)
80年代後半にレニングラードで活動し、LPが発表された91年には既に解散していたという、旧ソ連のバンドの唯一作。ギター、ベース、ドラムスのトリオ編成で、コンプレクシャスかつパワフルな硬派のシンフォニック&プログレッシヴなサウンドを展開しています。YES系からキーボードをぬき、KING CRIMSON系のテイストを加えたようなイメージも有りますが、フレットレスベースの強烈なうねりをはじめ、なかなかに形容しがたい個性。変則的音づかい(パーカッション、エフェクトも多用)、手数の多さや激しい緩急もインパクトが強く、手応えのある一枚。

〜vlnとvoをフィーチャーした、旧ユーゴのクロスオーヴァー系バンド1stアルバム!〜

SEPTEMBER
/Zadnja Avantura

(CD/Retrologija)(Yugoslavia'76)
vlnとvoをフィーチャーした、旧ユーゴのクロスオーヴァー/ジャズ・ロック寄り個性派バンドの'76年1st。ジャズ・ロックと言ってもキャッチー&ややファンキーなポップ・ロック寄りの音作りながら、要所で切り込むvlnや、ブルージーなギターが冴えて「ブラス・ロック系の進化型」(kbdはオルガンも多用)といったイメージも有る、魅力十分の仕上がりです! 未収シングルの2曲と、'76年録音のオムニバス・ライヴ「Boom Boom '76」からの1曲の計3曲をボーナス追加。デジパック仕様にて!

〜「クロアチアのアシッド・マザーズ」ことSTSのニュー・アルバム!〜

SEVEN THAT SPELLS
/Superautobahn

(CD)(Croatia'12)
そのサウンドとアートワークから、「クロアチアのアシッド・マザーズ」とも言われるSEVEN THAT SPELLSの、'12年ニュー・リリース(録音は'07年)。ツインg,sax,vo/p,b,drの編成にて、タイトル通りの?反復爆走インスト系ヘヴィ・サイケ/ノイジー・スペース・ロックが炸裂するサウンドを展開しています。正にアシッド・マザーズ風の、トリッピーな仕上がりの痛快作です!

〜「クロアチアのアシッド・マザーズ」2010年新作!今回はsax入り編成でのクラウト系ヘヴィ・サイケ・ジャム!〜

SEVEN THAT SPELLS
/Future Retro Spasm
(CD/Beta-Lactam Ring)(Croatia'10)
「クロアチアのACID MOTHERS TEMPLE」(実際に河端一らと共演済み)ことSEVEN THAT SPELLSの2010年最新作。今回はサックスをフィーチャーした4ピースのインスト編成にて、GURU GURUなどOhr系ジャーマン/クラウト・ロックをルーツとした、反復基調の凶暴かつフリーキーなサウンドを展開!部分的にはMAGMAやKING CRIMSON、マスロック/レコメン的なものも感じさせる、プログレッシヴ度アップの1枚。こだわりのパイオツ・ジャケは今回も健在!大判紙ジャケット仕様にて!

〜「クロアチアのアシッド・マザーズ」新作はホントにアシッドマザーズとの共演!〜

SEVEN THAT SPELLS
/Men From Dystopia
(CD/Croatia/Japan'07)
ロシアのレーベルから2作品をリリースし、「クロアチアのアシッド・マザーズ」と言われたヘヴィ・サイケデリック・バンドの新作。何と、本当にアシッド・マザーズの2人、河端一と津山篤が参加しています(SEVEN〜はg、女性vo、b、drの4人)。津山得意の擬似トラッド・ヴォイスを交えたアシッド・フォーク調から、次第にヘヴィな轟音反復に移行、クライマックスを迎えた後、中近東風ドローンで締める、正にアシッド・マザーズ的サウンドです。ジャーマン・ロック・ファンも見逃せない快作!

〜クロアチアのアシッドマザース、よりタイトなマス/ポスト・ロック風味を押し出しつつヘヴィに疾走するサイケ快作!〜

SEVEN THAT SPELLS
/Back On Rising
(Croatia.'08)(CD+DVD/Beta-Lactam Ring Records)
クロアチアのアシッド・マザーズ(実際に共演済み)と言うべき、ヘヴィ・サイケ・バンドの新作。Kbd/Sax.g.b.drの4ピースにて、トリッピーな反復スペースロックを基調としつつ、今回はタイトなマス/ポスト・ロック風味を取り込んで、テンションの高いサウンドを展開。これはカッコイイ!!秀作です。デュアル・ディスクはDVD(NTSC)面には地元ザグレブでのド迫力ライブを収録したお徳用!!

〜'77年イスラエル女性vo、fl入りフュージョンProg!2CDエクスパンデッドリイシュー!スリップケース付〜

SHESHET
/Sheshet (30th Anniversary Expanded Edition)
(Israel.'07)(CD/'Opkik)
イスラエルのシシェットが、'79年にリリースした1stアルバム。スキャット/ヘブライ語の女性voとフルートをフィーチャーした、ジャズ・ロック/フュージョン的センスを持ったメロディアスなシンフォニック寄りサウンドは、RTF、カンタベリー系をルーツとしつつ、後期キャメルあたりにも通じるソフトで、優美な感触を持っています。'70年代イスラエルの指折りの秀作。今回何と極めてレアな、実質的には幻の2ndと称されるサントラ作(6曲、21分)をカップリングした2CDでの再発。そちらはインスト主体の好内容です!

〜韓国ロック界の重鎮的存在だったシン・ジョンヒュンのコレクションCDが登場!〜

SHIN JOONG HYUN
/1958-1974

(CD/Light In The Attic)(Korea'58-74)
ギタリストにしてプロデューサーであり、韓国ロック界の重鎮的存在だったシン・ジョンヒュンのコレクションCDが登場!58年から74年までの参加/プロデュース・トラックを収録しており、GS歌謡から、本格派のインスト、フォーク、女性シンガーものまで、インパクト十分の内容です。アジア然としたレトロな味わいは、モンド〜キワモノ好きからポコラ本系コレクターまで注目といえます!

〜インドネシア産硬派エスノ・フュージョン・バンドのライヴ作!〜

SIMAK DIALOG
/Live At Orion

(2CD/MoonJune)(Indonesia'13収録)
インドネシア産、ソロ・プロジェクトでも数々の傑作を出しているギタリスト、TOHPATIをフィーチャーした、カンタベリー〜ECM系硬派エスノ・フュージョン・バンドの7thリリース。本2CDは、'13年9月に米国ボルチモアの、Orion Studioで行なわれたライヴ(観客入り)を収録したものです。el-p、el-g、bに3名の民族パーカッション奏者という、特異な6人編成にて、むしろジョン・マクラフリン系ルーツが色濃い、緊張感と浮遊感が交錯するサウンドを展開。TOHPATIのテクニカルなソロもたっぷり味わえる、注目の大充実・熱演です!

〜インドネシア産カンタベリー/ECM+民族フュージョン系バンドの6th!〜

SIMAK DIALOG
/The 6th Story

(CD/MoonJune)(Indonesia'12)
ソロ・プロジェクトも出しているギタリスト、TOHPATIをフィーチャーした、インドネシア産カンタベリー/ECM+民族フュージョン系バンドの、こちらは'12録音/'13リリースの6th。パーカッションを多用した、インドネシアらしいリズムと、エレピ、el-gによるクールかつメロディアスなリードが相まった、高水準な傑作!

〜インドネシアのプログレッシヴ・ジャズ・ロック!〜

SIMAK DIALOG
/Demi Masa
(CD/BelleAntique)(Indonesia'09)
インドネシアのプログレッシヴ・ジャズ・ロック・グループ、シマック・ダイアログの新作4作目kbd、g、bの3人にガムランの打楽器カンダン奏者2人を加えたクインテットを中心に適時ゲストを交えた編成にて硬派なジャズ・ロック・アンサンブルを展開しています。ガムランを消化した多彩なリズム、クルールで緊張感溢れるアンサンブルは絶品です!!

〜ポーランドの古参バンドの代表作のひとつである'76年作が、ボーナス6曲追加にて再発!〜

SKALDOWIE
/Stworzenia Swiata Czesc Druga

(CD/Supraphon)(Poland'76)
ポーランドの古参ロック・バンド、SKALDOWIEの'76年リリース作が再発(プラケース、6曲ボーナス追加)。クラシカルなvlnとオルガンを活かしたドラマティックな18分の大曲M1はじめ、彼らの作品中でもシンフォニック色を押し出した、代表作のひとつです(母国語vo入り)。東欧プログレッシヴ/シンフォニックの古典のひとつに数えられるべき一枚!

〜ポーランドの古参バンドによる、最もプログレッシヴな'72年代表作が、ボーナス11曲入りにて再発!〜

SKALDOWIE
/Krywan, Krywan

(CD/Kameleon)(Poland'72)
'67年にアルバム・デビューした、ボーランド・ロックの古参バンドが、'72年にリリースした7th。org,vlnをフィーチャーした編成で、ナイス辺りの影響を感じさせる、クラシカル&ジャジーな初期型プログレッシヴ・サウンドを展開しています(母国語vo入り)。とりわけ17分を超える大曲M1は聴きもので、彼らの作品中でも最もプログレッシヴな代表作に仕上がっています。これまで幾つかのフォーマットでCD化されていますが、今回はインストver、ラジオ・ライヴなど計11曲のボーナス入りプラケースにて再発!

〜メガデスのマーティ・フリードマンがゲスト参加! インド産テクニカル・プログレ・メタル新鋭デビュー作!〜

SKYHARBOR
/Blinding White Noise - Illusion & Chaos

(2CD/Basick)(India'12)
なんとインド産、テクニカル/プログレ・メタル・バンドの1st。「Illusion」「Chaos」の2枚のCD(収録時間は短め)を収めており、むしろメシュガーやTDEP系辺りに、ポストロック以降のセンスも加味したような、過激かつ変則的なサウンドになっています。絶叫とメロディック・パートをこなすvoにも注目の力作! マーティ・フリードマン(ex.メガデス)ゲスト参加!

〜旧ユーゴきってのメロディアスなフュージョン系バンドの代表作!〜

SMAK
/Crna Dama

(CD/Retrologija)(Yugoslavia'77)
ハードヘヴィ系の多い旧ユーゴスラヴィアにあって、ハード系ベースながらもメロディアスなフュージョン/シンフォニック色を押し出したサウンドを展開した、SMAKの代表作2nd。ピンク・フロイド的なブルージーな叙情を交えた秀曲M2、フュージョン・タッチのM3,5など、聴き応えの有る佳曲揃いです。テクニカルな側面と、ユーゴらしい泣きメロの共存が心地良い一枚!

〜旧ユーゴきってのメロディアスなフュージョン系バンドの3rdアルバム!〜

SMAK
/Stranice Naseg Vremena

(CD/Retrologija)(Yugoslavia'78)
旧ユーゴきってのメロディアスなフュージョン/シンフォニック寄りロック・バンド、SMAKの'78年3rd。少々甲高いvo入りのポップ目ナンバーから、テクニカルなgやkbdのインタープレイを押し出したノリの良いインストまで、前作に並ぶ代表作といえる出来栄えです。全体に流れ込める、ユーゴらしい泣きの入ったメロディも心地好い快作! 2枚のシングルからの計4曲をボーナス追加したデジパック仕様にて!

〜ファンは必見!復活ソラリスによる「火星年代記」全曲+αの'14年ライヴ!(こちらはDVD:PAL版です)〜

SOLARIS
/Marsbeli Kronikak / Martian Chronicles - Live

(DVD:PAL/Solaris)(Hungary'14収録)
満を持してオリジナル・メンバー3人(fl, g, kbd)+2nd以降のdr+新bで復活、'14年に「火星年代記II」をリリースしたソラリスの、同年('14)10月に行われたライヴを収めたDVD(CDより多い16曲入り、115分)。タイトル通り、オリジナル「火星年代記」アルバム全曲、および「1990」曲や「火星年代記II」組曲からの2曲他を、たっぷりとプレイしています。女性vo、sax等、多数のゲストを交えつつ、A.コラーによるカミソリ・フルートを押し出した、ソラリス節全開の快演です!ファン必見!

〜ファンは必聴!復活ソラリスによる「火星年代記」全曲+αの'14年ライヴ!(こちらはCD版です)〜

SOLARIS
/Marsbeli Kronikak / Martian Chronicles - Live

(CD/Solaris)(Hungary'14収録)
復活ソラリスが、デビュー30周年の節目となる'14年に行った、1stアルバム「火星年代記」を中心としたライヴ。こちらはCD(DVD版と同音源、3曲少ない13曲入り80分)エディションです。タイトル/ジャケ通り、1st全曲に加えて、「1990」からの曲や「火星年代記II」('14)タイトル組曲からの2曲等もプレイしています。カミソリ・フルート健在、ソラリス節健在の快演!ファン必聴!

〜ソラリス再復活作は、あの名盤の続編!〜

SOLARIS
/Marsbeli Kronkak II : Martian Chronicles II

(CD/Belle Antique)(Hungary'14)
「ノストラダムス」('99)リリース後、'00年代以降は実質活動を休止していた、ハンガリー・シンフォニック代表格、ソラリスが突如再復活してリリースした新作。何とあの「火星年代記」の続編となっており、A.コラー(フルート)、R.Edresz(キーボード)を中心としたバンドに多数のゲスト(サックス、ヴァイオリン、女性コーラス、etc.)を加えての録音になっています。カミソリ・フルート健在のハードかつクラシカルなパートから、フロイド風の叙情性まで、ダイナミックなインスト・サウンドは、正にソラリス!重厚な傑作です!

〜ベル・アンティーク 紙ジャケット&SHM-CDシリーズ 6月〜

SOLARIS
/Marsbeli Kronikak(火星年代記)

(SHM-CD/BELLE ANTIQUE)(Hungary'84)
84年にリリースされたハンガリーのソラリスのデビュー・アルバム。レイ・ブラッドベリの「火星年代記」をモチーフとした、オール・インストゥルメンタルのコンセプト作品。フルートを全面に押し出したスリリングで透明感のあるシンフォニック・サウンドは第一級!ボーナス・トラック2曲収録。

〜ベル・アンティーク 紙ジャケット&SHM-CDシリーズ 6月〜

SOLARIS
/1990

(2SHM-CD/BELLE ANTIQUE)(Hungary'90)
一度解散したソラリスが再編を記念して90年にリリースした2枚組アルバム。最初のラジオの為の録音、オフィシャルではリリースされることのなかった 2ndLPの為の録音、解散コンサートの為に書かれた組曲、2026年の録音ということになっている楽曲等、4つのパートからなる作品。

〜イスラエル産、ダーク&妖美プログレ・メタル〜うたもの・プログレ・ハード系バンドの3rd!〜

SOLSTICE COIL
/Commute

(CD/Taklit)(Israel'15)
イスラエル産、'05年にCDデビューしている、プログレッシヴ・メタル〜ハード・シンフォニック・バンドの「Natural Causes」('11)に続くスタジオ3作目。英語vo/g、g、b、drの5ピース(+ゲストper)にて、ラッシュ〜シアター系をルーツとしつつ、一部にエキゾティックな中近東色も交えた、モダンかつダーク、そして妖美なうたものプログレ・ハードを展開しています。アコ・ギやピアノを用いたメロディアスな側面も印象的な、充実の秀作!PORCUPINE TREE、或いは近年のARENA辺りのリスナーにもおススメです!

〜解散・分裂したUNITOPIAのkbd奏者が結成した、爽快かつドラマティックなサウンドを展開する新バンド!〜

SOUTHERN EMPIRE
/Southern Empire

(CD+Bonus DVD:PAL/GEP)(Australia'15)
解散・分裂したオーストラリアのメロディアス・シンフォニック・バンドUNITOPIAのキーボード奏者、Sean Timmsが結成したニュー・バンドのデビュー作。リードvo/gを含むオーソドックスな5人編成+ゲスト(サムライ・オヴ・プログのS.ウンルー/vln,flほか)にて、N.モーズ/トランスアトランティック辺りを思わせる、爽快ドラマティック・サウンドを展開しています。もう一方の分派UPFと共通するニュアンスもありますが、こちらは、よりハード&テクニカル志向。28分強の組曲M5も圧巻の傑作です!ボーナスDVD:PALには、アルバム1枚丸ごとのクリップ映像を収録!

〜S.カルトネッカー参加で一気に飛躍を遂げた、ハンガリー産テクニカル・ジャズ・ロック・バンドの4作目!〜

SPECIAL PROVIDENCE
/Essence Of Change

(CD/ベル・アンティーク)(Hungary'15)
BRUFORDやPLANET Xを思わせるハード・エッジなプログレッシヴ・ジャズ・ロック・サウンドで評判をとり、来日公演も大いに評価されたハンガリーのスペシャル・プロヴィデンスの4作目。前作からキーボーディストが交代して、新たに超絶ピアニストとして注目されて久しいソルト・カルトネッカーが参加!その強靭な演奏にて、一気に飛躍を遂げ、世界のテクニカル・ジャズ・ロック系の中にあって、トップ級に躍り出た、注目の会心・大傑作!

〜超おススメ!ハンガリー産プログレ・フュージョン最新作!〜

SPECIAL PROVIDENCE
/Soul Alert

(CD/Diagon)(Hungary'11)
ハンガリー産、若手テクニカル・プログレ・フュージョン・バンドが、ライヴDVDを挟んでリリースした、スタジオCDとしては「Labyrinth」('07)に続く3作目。bが今回よりチェンジした4ピース(kbd,g,b,dr)にて、前作から導入したハード/メタル色やエレクトロ風味など、よりモダンな色合いを押し出した、スリリングなインスト・サウンドを存分に展開しています。プログレッシヴ・ルーツを随所で感じさせるkbdワークも素晴らしい、六本木ピットイン〜シルヴァー・エレファント系とPLANET X系の中間を行く? イメージの大傑作!おススメです!

〜ハンガリー産、メロディアス・プログレ・フュージョン秀作!おススメ品!〜

SPECIAL PROVIDENCE
/Labyrinth

(CD/Diagon)(Hungary'08)
ハンガリー産、メロディアス&テクニカルなプログレ・フュージョン・バンド新鋭の、こちらは'07年2nd。kbd,g,b,drの4ピースによる、正統派六本木ピットイン〜シルヴァー・エレファント系とも言うべきサウンドの1stを継いでいます。一方でタイトル曲M1に示されるようなメタリック&ハードなタッチも導入されており、よりダイナミックなメリハリの効いた作品に仕上がっています。技巧派リスナーにおススメの秀作!

〜ハンガリー産、ケンソーに通じたプログレ・フュージョン・バンド!〜

SPECIAL PROVIDENCE
/Space Cafe

(CD/Diagon)(Hungary'07)
ハンガリー産、kbd,g,b,drの4ピースによる、若手プログレ・フュージョン・バンドのこちらは'07年1st。各パートのテクニカルなソロも存分に交えつつ、あくまで上品でメロディアスな楽曲指向のサウンドを展開しており、手応え十分です。この時点ではハード/メタル色は皆無で、日本で言えばSIDE STEPS辺りに通じるところもある六本木ピットイン〜シルヴァー・エレファント系の王道を行くような仕上がり。プログレ・ルーツをも窺わせるkbdが光る好内容の秀作!

〜ポーランド産、ビョーク風妖艶ロリータ女性Voフロントのモダン・ゴシック・プログレバンド1st。〜

SPIRAL
/Urban Fable
(CD/ArsMundi)(Poland'09)
ポーランド産。女性ヴォーカル(英語)フロント、ツインギター編成の5人組(+ ゲストヴァイオリン チェロ他)モダン・ゴシック・プログレッシヴ新鋭の1stフルアルバム。少女を主人公にしたファンタジックなストーリーに基づくコンセプトアルバムになっており、BJORK風の妖艶なロリータヴォーカルをフィーチャーしたサウンドは高水準。ゴシックメタル〜ポスト・ロック寄りのダイナミックなf楽曲と、魅力的なヴォーカルが相まり、PAATOS、THE OPIUM CARTEL、INDUKTIなどのファンにも強くアピールする注目の内容に仕上がっています。

〜COLLAGE〜SATELLITEのドラマーによる、女性ヴォーカルフロントのメランコリック・ゴシック・ハードロックバンド〜

STRAWBERRY FIELDS
/Rivers Gone Dry
(CD/MetalMind)(Poland'09)
元COLLAGE〜現SATELLITEのドラマー:W.Szadkewskiが立ち上げた、女性ヴォーカルフロントのモダン・ゴシック・ロック・バンドの1stアルバム。EVANESCENCE系列のハードかつポップなメランコリック・サウンドを下地に、COLLAGE/SATELLITE由来のメロディック性をスパイスで加えた、魅力十分の内容です。シンフォニック/女性ヴォーカル系リスナーも注目の1枚。

〜クラシカルなタッチのkbdを交えたモダンな歌ものシンフォ!〜

SUNCHILD
/Synesthesia

(CD/Caerllysi)(Ukreine'15)
KARFAGENのA.Kalugin(kbd)による、モダンな歌ものシンフォニック・プロジェクトの、「Isolation」('12)以来となる新作6th。新加入の男性シンガー(英語)をフロントにした編成(bもチェンジ)にて、フロイド系ルーツ+'80sテイスト(ピーター・ゲイブリエル等)的、しっとりダークなサウンドを展開しています。Kaluginらしいクラシカルなタッチのkbdを交えつつ、ポーキュパイン・ツリー周辺、あるいはイット・バイツ/ジョン・ミッチェル系に通じる色を交えた仕上がりの秀作です!

〜KARFAGENの別プロジェクト、早くも新作5th! フロイド・ルーツのうたものシンフォニック!〜

SUNCHILD
/Isolation

(CD/Caerllysi)(Ukreine'12)
KARFAGENのA.Kalugin(kbd)による別動プロジェクトの、「As Far As〜」('11)に続き、早くも登場した新作5th。男女リードvo(英語、主に男性がリード)をフィーチャーした編成にて、D.ギルモアズ・フロイドや、'80sアーティスティック・ポップ(P.ゲイブリエル等)をルーツとした、しっとりモダンな歌物シンフォニックを展開しています。とりわけ重厚なkbdワークと泣きのギターに彩られたメロディックな組曲構成のタイトル・トラックはインスト・パートも充実しており、ハイライト。上質な仕上がりの快作です!

〜ウクライナ産、ハード・シンフォの、シンフォニックな叙情が光る最新作!〜

SUNCHILD
/As Far As The Eye Can See

(CD/Caerllysi Music)(Ukreina'11)
ウクライナ出身のA.Kaluginが率いるハード・シンフォニック・バンドの「The Wrat」('10)に続く新作4th。英語ヴォーカル(男女)、管弦セクションも交えた、メタリックな押しとシアトリカルなムードが聴いた楽曲は、よりカラフルで変化に富んだものになっています。目まぐるしい展開が圧巻の、15分強に及ぶ冒頭曲はじめ、メタル色はほぼ無くなり、シンフォニックな叙情味も際立つ、彼らの最高作といえる出来。キャメルばりのフルート入り曲にも注目!

〜ウクライナのKARFAGENの別働隊、3作目。叙情とプログレ・ハード色をブレンドした映像的シンフォ・サウンド!〜

SUNCHILD
/The Warp
(CD/CaerllysiMusic)(Ukreine'10)
ウクライナのシンフォニック・バンド:KARFAGENのアントニー・カルギン(kbd)による別プロジェクトの、1年振り3作目。今回も、自らのヴォーカルを含むバンドに、管弦楽器も交えて、映像的でコンセプチュアルなシンフォニック・サウンドを展開しています。CAMELやGENESISを思わせる叙情的な側面と、時にプログレ・メタル風味をも取り込んだハードなテイストが共存したダイナミックな仕上がりは魅力十分です。何と38分にも及ぶタイトル曲"Under The Warp"はじめ、仕掛けの多い展開も聴きどころの、本隊とは一味異なるハード・シンフォニックの力作!

〜ウクライナのKARFAGENのkbd奏者の別プロジェクト、傑作2nd!!〜

SUNCHILD
/The Invisible Line
(Ukraine.'09)(CD/Caerllysi Music)
ウクライナのKARFAGENのkbd奏者、Antony Kaluginが率いるプロジェクトの「The Gnomon」('08)に続くセカンド。今回も、男女vo(英語)、フルート/サックス等各種管楽器をフィーチャーした編成にて、ノスタルジックなコンセプトの、クラシカルな叙情派シンフォニック・サウンドを展開しています。イエス/ウェイクマン、フロイド、ジェネシス等をルーツに、ややハードな歌物曲からメロトロン音を活かした引きのアコースティックまで、ゆったりした中にもダイナミックかつイマジナリーな広がりを見せる、高水準な傑作です!限定ボーナスCD-R付エディション!!

〜ロシアのギタリスト/マルチ・プレイヤーによる、ハケット/キャメル系ルーツのインスト・シンフォニック作!〜

SUNRISE AURANAUT
/Childhood's End?

(CD/Musea Parallele)(Russia'13)
ロシアのギタリスト/マルチ・プレイヤー、Vitaly Kiselevが制作した、一人多重録音によるインスト・シンフォニック・アルバムにして、デビュー作。ハケット/キャメル系ルーツの、ソフト目かつ優美なギター・ワークが冴え渡る好内容!

〜宇宙をイメージさせる壮大な音世界を展開する、旧ソ連屈指の名盤が待望の再発!〜

SVEN GRUNBERG
/Hingus

(CD/Bureau B)(Estonia'81)
プログレッシヴ・バンドMESSでの活動を経た、エストニアきってのkbd奏者、スヴェン・グルンベルグが、'81年にリリースした1stソロ。以前CD化されたものの長らく廃盤で入手困難でしたが、今回、ドイツのエレクトロ系レーベルより、グルンベルグ本人のリマスタリング、デジパックにて待望の再発となりました。チャーチ・オルガン、旧ソ連製シンセSynthi 100、パーカッション等を用いた、まさに宇宙をイメージさせる壮大な音世界は、改めて極上です。ヴァンゲリスというよりは、サンジュリアーノ+ポポル・ヴー的、旧ソ連屈指の名盤です!

〜旧ソ連/エストニアを代表するシンセアーティストの最高作1st〜

SVEN GRUNBERG
/Hingus
(CD/Boheme)(Russia'88/00)
旧ソ連/エストニアを代表するシンセアーティスト:スヴェン・グルンベルグの81年の最高作1stソロアルバム。広大かつ荘厳な、めくるめくイメージ力をたたえた類を見ない感性の冴えを見せる内容。ジャーマン系の影響も見てとれますが、よりクリアーで叙情的な志向であり、シベリアの平原からはるか東方を見渡す、正にアーティスティックな、シリアス・シンセ・プログレッシヴの傑作。至上のマインドトリップ!

〜エストニアを代表するシンセアーティストの88年2nd〜

SVEN GRUNBERG
/OM
(CD/Boheme)(Russia'81/00)
エストニアを代表するシンセアーティスト:スヴェン・グルンベルグの88年2ndソロ。前作が宇宙的なイメージだったとすれば、こちらは明らかに東洋的イメージの、トラディショナルな志向を強めたシンセミュージック。広大で重厚かつクリアーな響きは相変わらずクオリティの高いものです。既発CD『Prana Symphony』はリミックスヴァージョンでしたので、オリジナルテイクは初CD化。

〜70年代初期から活動するチェコのロック・グループの代表作。バランスのとれたシンフォニック・ハード作品。〜

SYNKOPY&OLDROCH VESELY
/Slunecni Hodiny
(CD/Bonton)(Czech'81)
70年代初期から活動するチェコのロック・グループ:シンコピーの81年作。キーボード奏者の名が前面に出ている通り、シンフォニックロック色の強い代表作。ハード・タッチの熱い演奏&メロディと、叙情的なアコギ&シンセワーク、ヴァイオリンなどを絡めたサウンドは、東欧的プログレハードとでも言うべき重厚かつドラマティックなもの。盛り上がるバラードとスリリングなインストのバランスもいい感じです。

〜ハンガリー70年代初期プログレ・ジャズ・ロックの名作1stアルバム!サックス/フルート/オルガン入り!〜

SYRIUS
/Devil's Masquerade

(CD/HANGAROTON)(Hungary'72)
62年に結成され、60年代末にプログレッシヴ/ジャズ・ロック・グループに変身したハンガリーのシリウス。中心メンバーの一人が、ハンガリー系オーストラリア人だったためか、オーストラリアで録音され、同国盤LP(銀色無地のジャケットが、ロゴ入りヴィニールに入った仕様)も出ていた72年の1stアルバムです。演奏は、ジャズをベースにしたテクニカルなもので、非常に完成度の高い内容。初期COLOSSEUMにも通じる、ニュー・ロック+初期型プログレの香り高い名作!

〜MAKAMにも参加歴のあるハンガリーのトラッド系女性シンガー'12年作!〜

SZALOKI AGI
/Orome Az Egnek, Unnepe A Foldnek

(CD/Tom-Tom)(Hungary'12)
MAKAMにも参加歴のある、ハンガリーのトラッド系女性シンガー、サローキ・アーギの'12年作! コンテンポラリーなジャズ寄りのアルバムも出している彼女ですが、今回はマールタ・シェべスチェーンにも通じる歌声を活かした、ノスタルジックなアンビエント・フォーク的作風になっています。アコギや管も活かした情感溢れる好作!

〜ハンガリーきっての女性トラッド・シンガーが、エレクトロ・ポップにアプローチした連名作〜

SZALOKI AGI/BORLAI GERGO
/KISHUG

(CD/FOLKEUROPA)(Hungary'10)
MAKAMのアルバムにも参加歴のある美人トラッド・シンガー、サローキ・アーギが、コンピューター・プログラミングなどを担当するボーライ・ゲルゲとの連名で発表したアルバム。ジャズ・アルバムも出しているアーギですが、ここではトラッド系の力強い歌唱を聴かせており、エレクトロ/トランス・ポップ風のサウンドと絶妙にマッチ。マルタ・セバスチャンやDEEP FORESTをよりキャッチーにしたようなイメージもある力作です!
◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る