◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る

REVIEW ARCHIVES:JAPAN A
[こちらは、これまでに当店に入荷した商品のレビューのアーカイヴです。
価格・在庫の有無はSET SALE LISTを参照するか、またはお問い合わせください]

〜重厚かつダイナミックな仕上りの一人多重シンフォニック・ロック!〜

ACCEPT
/Under The 23rd

(CD-R/Prime Number Label)(Japan'15)
滋賀拠点のマルチ・プレイヤー、Hisaによるソロ・プロジェクト・ACCEPTの、「Perpetual Flow」('14)に続く第5作(CD-R、17曲入り62分)。前作はバンド・スタイルでしたが、今回は一人多重(kbd, g, 英語vo等)に立ち返り、スケールの大きいシンフォニック・ロック・サウンドを展開しています。スペイシー&クラシカルなシンセ、ジェネシス〜キャメル系の叙情性、そして後期クリムゾン的ダーク&ヘヴィな面まで、重厚かつダイナミックな仕上りとなった大力作!

〜どこか'80年代の東欧や南米シンフォを思わせる、叙情味を押し出したシンフォ・サウンド!〜

ACCEPT
/Perpetual Flow

(CD-R/Prime Number Label)(Japan'14)
滋賀を拠点とするHisa(kbd, vo, sax)によるシンフォニック系プロジェクトの、「Taiji」('12)に続く4thリリース(CD-R)。基本一人マルチのシネマティック/アンビエント志向だった前作に対し、今回はギター/ベース、ドラムス(プログラミング)/パーカッション、コンセプト・メーカーを迎えてのバンドスタイルでの録音となっています。フロイド、初期クリムゾン系ブリティッシュ・ルーツの、叙情味を押し出した作風(英語vo)は、どこか'80年代の東欧や南米シンフォを思わせます。音質こそラフながら、聴き応えのある力作!

〜日本産、壮大イマジナリーなマルチ・シンフォニック!〜

ACCEPT
/TAIJI 〜 Confrontation

(CD/Prime Number)(Japan'12)
滋賀拠点のkbd/マルチ・プレイヤー/コンポーザー、田中久雄による一人多重ユニットの新作3rd。Poseidon/Vitalからの前2作品で聴く事が出来た、典型的なユーロ・シンフォニック志向を踏まえつつ、よりオリジナルな映像的壮大さの有るアンビエントかつイマジナリーな音像を、トータルに展開しています。タンジェリンやクリムゾン風のメロトロン音、アコギ、英語vo等も効果的に用いた、内省と広がりが共存した、言わばシネマティック・シンフォの大力作です!

〜コンセプトメーカーとマルチ・プレイヤーによる国産シンフォユニットの2作目。アンビエント/ニューウェイヴ色を押し出した意欲作!〜

ACCEPT
/Mobius
(CD/VITAL)(Japan'09)
コンセプトメーカーのTaiki、マルチ・プレイヤー/ヴォーカルのHisao、女性ヴォイスのAkiko(4曲)によるシンフォニック・プロジェクトの2作目。GENESISや初期KING CRIMSONをルーツにしつつ、今回は思い切ってアンビエント〜ニューウェイヴテイストを押し出したトータル・コンセプト作品になっております。ゆったりとした中でのメロトロン/キーボードや、ハケット風ギターサウンドも印象的なイマジナリー作品。部分的には、初期フォノジェニックスやミスター・シリウスも想起させる、注目の好内容!

〜アシッド・マザーズとあのロジーナ・デ・ペイラが共演したライヴを収録!〜

ACID MOTHERS TEMPLE et ROSINA DE PEIRA
/Live In Tolosa

(CD/Bam Balam)(Japan/France'12収録)
何と!あのアシッド・マザーズとメンバー・津山篤が敬愛するオクシタン・トラッドの伝説的女性シンガー、ロジーナ・デ・ペイラの共演ライヴ盤!'12年11月の録音で、M1およびM3のトラッド調のパートにロジーナが参加。いつもながらにヘヴィ&トリッピーなアシッド・マザーズ節も全開の注目快演!

〜河端一+津山篤+吉田達也という3人ならではの、中毒性の高い濃密なアヴァン・ワールド!〜

ACID MOTHERS TEMPLE SWR
/石を持ってレコードを割り、女をやきもきさせる30の方法

(CD/Magaibutsu)(Japan'14)
おなじみアシッド・マザーズ・テンプルの河端一(ギター、ヴォーカル、ギター・シンセ)、津山篤(ベース、ヴォーカル、リコーダー、サックス、ギター)、そして吉田達也(ドラムス、ヴォーカル、パーカッション、キーボード)の3人から成るユニットの'14年新作。超絶ハードコア/ヘヴィ・ロックから変拍子プログレ、インチキ・アシッド(?)、悪ノリ、ギャグまでが混在する、この3人ならではの目映く濃密なアヴァン・ワールドはインパクト大です。どちらかといえば、マジメになった赤天+河端という印象の、注目力作!

〜長らく廃盤だったアコースティック・アストゥーリアスの'06年作が紙ジャケット再発!〜

ACOUSTIC ASTURIAS
/Marching Grass On The Hill

(CD/ディスクユニオン)(Japan'06)
「アコースティック版」として復活した、大山曜(ガット・ギター)率いるアストゥーリアスが、'06年にAvex系列のレーベルからリリースしたフル・アルバム。長らく廃盤で入手困難な状況が続いていましたが、見開き紙ジャケット仕様にて衝撃のリイシュー。vln,cl,pそしてgが織り成す、流麗にしてイマジナリーなサウンドは改めて絶品です!

〜4年振りの新作3rd!硬質かつプログレッシヴに、そして素晴らしいメロディに溢れた会心の大傑作!〜

ACOUSTIC ASTURIAS
/Legend Of Gold Wind

(CD/ASTURIAS)(Japan'11)
大山曜(g)率いる、「アコースティック版」アストゥーリアスの、『Marching Grass On The Hill』に続く、約4年振りの3rdアルバム。川越好博(p)、筒井香織(cl.recorder)、そして新加入のテイセナ(vln)を迎えた4ピースにて、マイク・オールドフィールドやGRYPHON、OREGONを思わせつつ、ふんだんにチェンバー的要素を盛り込んだ、より硬質かつプログレッシヴなサウンドを展開しています。特徴的なリコーダーの旋律や、ヴァイオリンが過不足なくリードを取る、流麗かつスリリングなアンサンブル、そして何より素晴らしいメロディが聴く者の胸を打ちます。PCゲーム「Lamento」「装甲悪鬼村正」の楽曲を新たにアレンジした"凍てついた記憶" "紅蓮菩薩"、和風味の"邂逅"、三部構成のファンタジックな大作"ルカ組曲"などの多彩な秀曲の数々に彩られた、まさしく会心の大傑作!超オススメの1枚です!!

〜日本屈指のジャズ・ロック・バンドの2ndが紙ジャケット再発!〜

アイン・ソフ
/帽子と野原(ハット・アンド・フィールド)

(CD/King)(Japan'86)
山本要三(g)率いる関西インスト・プログレッシヴの雄、アイン・ソフが、「妖精の森」から6年を経た'86年にリリースした2ndアルバム。前作では不参加だったオリジナルkbd奏者、藤川喜久男が復帰、drにはベラフォンの富家大器を迎えた4人編成にて、タイトル通りのカンタベリー・ジャズ・ロック志向を押し出した内容になっています。大作タイトル組曲から名曲“魔法のじゅうたん”などイマジナリーな小品まで、彼らの本領が発揮された傑作!

〜ダダとの合体演奏を含む、アイン・ソフのレア・ライヴ・トラックス!〜

アイン・ソフ/天地創造
/駱駝に乗って(スペシャル・ライヴVol.1)

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(Japan'91)
山本要三(g)をリーダーに、現在まで活動を続けている関西ジャズ・ロックの名バンド、アイン・ソフが'91年にリリースし、久しく品切れで入手困難となっていたレア・ライヴ・トラックス第一弾が、SHM-CD、紙ジャケット仕様にて再発。本CDには「天地創造」を名乗っていた'77年のスタジオ・ライヴ(M1,4)、アイン・ソフと改名した'78年ライヴ(M2,3,5)、及びDADAとの合体による'78年スタジオ・ライヴ“妖精の森(オリジナル・ヴァージョン)”(M6)を収録。彼らのシンフォニック寄りの側面が強く出た、名曲・名演の数々が味わえる傑作です。

〜本作のみ収録のナンバー含む、アイン・ソフのレア・ライヴ・トラックス!〜

アイン・ソフ/天地創造
/過去への扉(スペシャル・ライヴVol.2)

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(Japan'93)
山本要三(g)が率いる関西ジャズ・ロックの名バンド、アイン・ソフのレア・ライヴ・トラックス第二弾。元々は'93年リリースで第一弾同様、品切れで長らく入手困難となっていましたが、この度紙ジャケット/リマスター/SHM-CDという仕様にて再発となりました。本CDも「天地創造」時代の'77年、及びアイン・ソフと改名後の78年のライヴ・テイク(M8のみスタジオ・ライヴ)を収めています。ゲストでsaxが入る“真空時代”(M6)はじめ、彼ら本来のジャズ・ロック色の強いカバーが集められている上に、全8曲中6曲は本作でしか聴けないという点でも貴重。正に名演集です!

〜ベラフォンと合体したツイン・キーボード時代のアイン・ソフのレア・ライヴ・トラックス!〜

アイン・ソフ
クイックサンド

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(Japan'94)
セカンド・アルバム「帽子と野原」('86)リリース後、ライヴ活動を再開したアイン・ソフの、'86〜'89年ライヴ・トラックス。スペシャル・ライヴシリーズの第三弾として、元は'94年にリリースされ、久しく品切れにつき入手困難となっていたタイトルが、紙ジャケット/SHM-CD/リマスターにて再発となりました。山本要三(g)、藤川喜久男(kbd)、鳥恒まさひろ(b)のオリジナル3名に、ベラフォンの恒光隆(kbd),富家大器(dr)が参加した、ツイン・キーボード時代の演奏を収めており、未発曲“月時計”、同じく未発の大曲“クイックサンド”をフィーチャー。良好な音質にて、スリリングかつダイナミックなカンタベリー・ジャズ・ロックが味わえる名演集!

〜関西が生んだシンフォニック・ジャズ・ロックの名バンド、アイン・ソフの1st!〜

アイン・ソフ
/妖精の森

(CD/キングレコード)(Japan'80)
神戸出身のカンタベリー/ジャズ・ロック系インスト・バンド、天地創造がアイン・ソフと改名してのデビュー作。山本要三(g)をリーダーに、本作ではのちの99.99の服部ませい(kbd)をフィーチャー。クロス・オーヴァー色の強い前半、シンフォニック寄りのタイトル組曲の後半という構成でダイナミックに迫る傑作。今回、新規リマスター、LPオビ(表面のみ復刻)、ニューライナー&復刻インサート付にて、紙ジャケット再発!応募特典CDにはノヴェラ“怒りの矢を放て”やジェラルドのミニ「夢の中の夢」他が収録!

〜国内プログレ・ハードの雄、4年ぶりの3rdアルバム!代表曲の新録含め、ダイナミック&キャッチーに迫る!〜

ALHAMBRA
/Solitude

(CD/AQUA CUBE)(Japan'10)

元MARGE LITCHのメンバーらによって結成され、04年にアルバム・デビューしたジャパニーズ・プログレ・ハードの血脈を受け継ぐバンド:アルハンブラの、06年リリースの『Fadista』に続く新作3rdアルバム!今回は、大作曲こそありませんが、持ち前のキャッチーな歌謡ハード・ロック的歌メロと、テクニカルなインスト・パートのバランスに優れた佳曲揃いです。NOVELA系をルーツとしつつ、メロディックスピードメタル〜プログレ・メタル色を取り込んだYUHKI(kbd)の作曲力、看板女性ヴォーカル:世良純子嬢の高い歌唱力も健在。代表曲"Orion"のリ・レコーディング・ヴァージョンも含む、ダイナミック&キャッチーに迫る大充実の快作となっています!

〜J・ベック〜ホールズワース〜RTFあたりをルーツとしたジャズ・ロック・サウンドを聴かせる東京拠点の4人組の1stフル!〜

ANALOG KIDZ
/α+
(CD/AnalogKidz)(Japan'10)
吉祥寺シルヴァーエレファントをホームグラウンドにして活動している、ギター、キーボード、ベース、ドラムスの4人組ジャズ・ロック・バンドの1stフルアルバム。ジェフ・ベック、Lifetime、Return To Foreverあたりをルーツとした、ロック寄りのプログレ・フュージョンというべきサウンドは、パワー十分、手応え十分です。ホールズワースの影響も感じさせるギターワークにも注目の1枚!

〜ホールズワース影響下のギターをフィーチャーした、4人組クロスオーヴァー/ジャズ・ロック・バンドのライヴ音源集〜

ANALOG KIDZ
/Live Archive Vol.1

(CD/AnalogKidz)(Japan'06-07収録)

吉祥寺シルヴァーエレファントをホームグラウンドにして活動している、テクニカルなギターをフィーチャーしたプログレ・フュージョン〜ハード・ジャム系バンドのデモ・ライヴ・トラックス。シル・エレでの06年〜07年ライヴより5曲(約30分)を収めており、Lifetime、Return To Foreverあたりをルーツとしたクロスオーヴァー寄りサウンドを展開。ギターはホールズワース風味もあり。音質含め荒削りですが、マニア注目の聴き応えある内容!

〜2人のテルミン奏者が紡ぐ、即興性と構築性のバランスが絶妙なデビュー作が再入荷!〜

andmo'
/Unidentified Mystic Aether

(CD/andmo')(Japan'13)
2人のテルミン奏者、児嶋佐織(+カリンバ、パーカッション)と菊池誠(+ギター)によるデュオ・ユニットのデビュー作。その特異な編成を活かした、ドローン/アンビエント、エスノ、スロー・コア/オルタナティヴ等の要素を混在させた、シリアスなサイケデリック/プログレッシヴ・ロック的サウンドを収めています。ドラムレスながらロック色も十分で、即興性と構築性のバランスも絶妙な、イマジネーション溢れる内容に仕上がった大力作!ザバダックの吉良知彦(ベース)、小峰公子(ヴォイス)がゲスト参加!

〜文字通りの「アコースティック・プログレッシヴ・ジャズ」バンド、A.P.J.の'14年新作!〜

A.P.J.
/流線型のもつれ

(CD/有限しおさい)(Japan'14)
難波弘之(ピアノ)、水野正敏(ウッドベース)、池永一美(ドラムス、パーカッション)のトリオによる、文字通りの「アコースティック・プログレッシヴ・ジャズ」バンド、A.P.J.の'14年新作!コルトレーン系+ラテン風味のジャズを下地にしつつ、オーソドックスなジャズには収まらない、ロック風味も十分の力作!

〜最高作NEW!おススメ品!会心の傑作!!〜

ARSNOVA
/Seventh Hell
(Japan.'09)(CD/Altavoz)
熊谷桂子(kbd)率いるアルスノヴァの、スタジオとしては「Biogenesis」以来となる7作目。男性g、drと女性bを迎えた4人編成に、ゲストでハンガリーのAGE OF NEMSISのg(1,2)、ロビー・ヴァレンタイン(vo、5)、元メンバーのMika(Vo、2,5)らが参加しています。今回は、ボッシュ、デルヴォー、マグリット、バロ、ダリというシュール系の画像の絵画からインスパイアされた5曲を収めており、得意のイタリアン・ロック的なゴリ押しのみならず、アコースティックな叙情味やプログレ・メタル風味も交えて、よりカラフルかつダイナミックな仕上がりです。クラシカルkbdリスナー必聴の最高傑作!!

〜熊谷桂子(kbd)率いるアルスノヴァの初の公式ライヴ・アルバム〜

アルスノヴァ
/Force For The Fourth
(Japan.'08)(CD/Altavos)
熊谷桂子(kbd)率いるキーボード・プログレッシヴ・ロック・バンド、アルスノヴァの'05年にスタジオ・ライヴ録音されていた6曲を収めた、初の公式ライヴ・アルバム。Museaからの外盤のみでリリースされていたタイトルが、今回リマスター/HQCD、ニュー・デザイン見開きジャケット仕様で国内発売です。男女混成のインスト・トリオ(3曲にgが参加)にて、熊谷ならではの邪悪かつパワフルなkbdワークを押し出したパフォーマンスを聴くことができます。ファン注目の力作です!!

〜G.レオーネ、C.シモネッティら豪華ゲストを迎え制作した03年作、DVD付きスペシャル・エディション化!〜

ARS NOVA
/Biogenesis(Special Edition 2010)

(CD+DVD/Altavoz)(Japan'03/10)
熊谷佳子(kbd)率いるアルス・ノヴァが、ジャンニ・レオーネ、クラウディオ・シモネッティ、アルイエン・ルカッセンら豪華ゲストを迎えて制作した、SF的ストーリーのコンセプト・アルバム('03)の、DVD付きスペシャル・エディション再発。本編CDはリマスター(ボーナス・トラックはなし)されています。注目のDVDには、当時ファンクラブ予約限定でDVD-R発売されていた冒頭曲、及びラスト曲の長編プロモーション・クリップ(トータル約20分、レオーネ、シモネッティも登場)と、ボーナスPV1曲及び03年ライヴ1曲を収録しています!

〜国産レディーズ・キーボード・シンフォの雄、アーカイヴ・ベスト・ライヴDVD&96/97年音源CDのカップリング!〜

ARS NOVA
/Official Bootleg Live - Female Trio 1996-2010

(CD+DVD/Altavoz)(Japan'96/10収録)
日本が生んだ、世界でも類を見ないレディース・キーボード・シンフォニック・バンド:アルス・ノヴァの、オフィシャル・ブートレッグDVDとCDのセット。DVDは公式初公開のアーカイヴ・ライヴ集で、96年のProgday、01年のヘルシンキ公演など、海外での演奏も含まれた全8曲60分強。三浦奈緒美(ex ROSALIA)参加の、ツイン・キーボード+ドラムスによる03年ライヴ、そして最新の2010年映像まで、ファン必見の内容です!CDには、96年の吉祥寺シルバーエレファントでのテイクの4曲と、97年のテイクの2曲、計6曲(約50分)を収録。

〜3形態のアストゥーリアスが合体したかの如き、集大成的スケールを持つ入魂の大傑作!〜

ASTURIAS
/欠落 - Missing Piece Of My Life -

(CD/Asturias)(Japan'15)
現在、「多重録音(マルチ)」「エレクトリック」「アコースティック」の3形態で活動している、マルチ・プレイヤー大山曜率いるアストゥーリアス。多重録音版としては「樹霊」('08年)以来となる、注目の新作が完成しました。大山が人生を振り返り、「心の旅」をテーマとして全身全霊で取り組んだ、20分強の2つの大曲を収めた、正に入魂の内容です。初期マイク・オールドフィールドをルーツとした、マルチアスらしさを保ちつつ、今回はエレアス・アコアスのメンバーや、上野洋子らを交えて、3形態全ての長所が合体したかの如き、ロック的ダイナミズムも十分の仕上りとなっています。大山の集大成にして、新たな出発点とも言える大傑作!

ワールド・ディスク先着特典
当店でお買い上げいただいた方に、新作からの曲を含むPVを収録した、全7曲入りのPV集データDVD-R(PC再生対応)を先着順でプレゼントいたします!

〜'08年作がボーナス追加、紙ジャケ仕様にて再発!〜

ASTURIAS (アストゥーリアス)
/In Search Of The Soul Trees (樹霊) : デラックス・エディション

(CD/Asturias)(Japan'08/'14)
現在エレクトリック(「エレアス」)、アコースティック(「アコアス」)の各形態で活動している、大山曜(b,etc.)率いるアストゥーリアスの、もうひとつの形である「マルチアス」で制作されたアルバム。今回リマスター&リミックスの上、“ダンサ・ダス・ボルボレタス”(「クリプトガム・イリュージョン」収録曲、上野洋子参加)の2014年リミックスver.をボーナス・トラックとして追加した、紙ジャケ仕様にて再発されました。大山の多重プレイ(+新●月の津田、花本らゲスト)を中心とした、マイク・オールドフィールド系のサウンドは、改めて高水準です! 傑作!
先着特典:大山氏の絵画ポスト・カード3枚セットを同梱!

〜これは素晴らしい!アストゥーリアスの15年振り多重録音大作!〜

ASTURIAS
/In Search Of The Soul Trees (樹霊)
(CD/Poseidon)(Japan.'08)
マルチ・プレイヤー、大山曜が率いるアストゥーリアスの、実に15年振りとなる、多重録音/エレクトリック入りのフォーマットでのニュー・アルバムが、いよいよ完成しました。'04年の復活後はアコースティック・バンドでの活動がメインでしたが、ここでは大山のマルチ・プレイに、新●月の花本彰(メロトロン)、津田治彦(el-g)ら多彩のゲストが参加して、1st〜3rd期の延長にある、プログレシヴなサウンドを展開しています。オールドフィールドをルーツとした、絶妙の反復/転調、エモーショナルなメロディ、透明感のとイマジネーション、どこを切ってもアストゥーリアス!必聴!

◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る