◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る

REVIEW ARCHIVES:IRELAND-UK K-L
[こちらは、これまでに当店に入荷した商品のレビューのアーカイヴです。
価格・在庫の有無はSET SALE LISTを参照するか、またはお問い合わせください]

〜ゴシック・アンビエント化したS.ハケット+U.ゼロ的仕上りのチェンバー/シンフォの傑作!〜

KARDA ESTRA
/Time And Stars

(CD/Believer's Roast)(UK'16)
英国が生んだ耽美派ゴシック・チェンバー/シンフォニックの才人コンポーザー/マルチ・プレイヤー、リチャード・ワイルマンによるプロジェクトの、「Strange Relations」('15)に続く13thアルバム。前作は、THE MUFFINSのドラマー、ポール・シアーズが全面参加(本作にもM9のみ参加)した、カンタベリー風の異色作でしたが、今回は、ワイルマンのマルチ多重を主体に、曲によって清らかな女性voや女性cl/sax/fl奏者が加わる、本道回帰といえる作風です。ホラー・タッチの即興曲も交え、正に<ゴシック・アンビエント化したS.ハケット+U.ゼロ>的仕上りの傑作!

〜荘厳かつ映像的なクラシカル・サウンドが展開される、耽美ホラー系チェンバー・ロック!〜

KARDA ESTRA
/Mondo Profondo / New Worlds

(CD/Believers Roast)(UK'13)
英国きっての耽美ホラー系チェンバー/シンフォニック、'13年および'11年に録音した2つの作品を収めた2in1CDリリース!中心人物のリチャード・ワイルマンのマルチ・プレイに各種管楽器や女性コーラス等を交え、S.ハケット/A.フィリップス系とエニド系が合体してユニヴェル・ゼロを目指したような、荘厳かつ映像的なクラシカル・サウンドが展開される、大スケールな傑作!

〜才人、R・ワイルマンによるハケット+U・ゼロ的ゴシック・アンビエント・シンフォニック・バンド、新作8th!〜

KARDA ESTRA
/Wired Tales (CD/Cyclops)(UK'09)

英国の才人、リチャード・ワイルマンのっ実質的ソロ・プロジェクトKARDA ESTRAの、「Of The Libertine」に続く新作8th。今回も、女性スキャット、vln、org、オーボエ、クラリネット等を迎えて、S・ハケットとU・ゼロの中間を行く、怪奇小説系テーマに相応しい耽美なアンビエント・シンフォニックを展開しています。多少なりともロック色が強かった前作に対し、本作は時にポポル・ヴー「ホシアナ・マントラ」あたりを思わせるオーボエなど、たおやかなクラシカル性を押し出した内容です。ダイナミックかつイマジナリーなまたも傑作。

〜MALINKYのオリジナル・シンガーでソロとしても活躍中のカリーンの最新作!〜

KARINE POLWART
/This Earthly Spell
(UK.'08)(CD/Hegri Music)
スコットランドのトラディショナル・バンド、MALINKYのオリジナル・シンガーで、ソロ転向後は続々と好アルバムを発表して認知度を高めたカリーンの最新作。自らのバンドを率いたコンテンポラリー・フォーク作ですが、同郷のエミリー・スミスと比べると陰影の強いナンバーが目立ち、カミソリのように鋭いギター(曲によってエレクトリックも)など、バッキングからもひとかどの緊張感が漂います。歌唱も純トラディショナル・ソング風の前作を経て一段と存在感を増しました!切れの良いリズムが切り込むロック風のAH、ジャズ・スタンダードなGなどヴァラエティーに富んだ音像をみせます!

〜超おススメ!カルナタカの'15年新作!メイキング映像等を収めたDVD付のデジパック仕様!〜

KARNATAKA
/Secrets Of Angels

(CD+DVD:NTSC/ベル・アンティーク)(UK'15)
イアン・ジョーンズ(ベース、キーボードetc.)率いるUKフィメール・シンフォニックの雄、カルナタカのスタジオ新作5th。前作ライヴから新加入した女性シンガー、ヘイリー・グリフィスをフロントにしての初スタジオ作となります。ストリングスやハープも交えた、ブ厚くドラマティックなサウンドは、全体にメロディアス・ゴシック・メタル風味を強める一方、トロイ・ドノックリー(パイプ)もゲスト参加した20分近い圧巻のタイトル楽曲など、ケルト・シンフォニック色も健在。モストリー・オータム、IONA辺りを好む向きは必聴の会心傑作!

〜UKフィーメイル・シンフォニック代表格による、新メンバーでの会心のライヴ作!〜

KARNATAKA
/New Light

(DVD[NTSC]/Immrama)(UK'12収録)
(2CD/Immrama)(UK'12収録)

イアン・ジョーンズ(b)が率いる、UKフィーメイル・シンフォニック代表格、カルナタカの、'12年2月のライヴを収めた作品。「リヴァーダンス」のアクターとして来日経験も有る、逸材女性シンガーのヘイリー・グリフィスをフロントに迎え、新生した姿を収めています。"Delicate Flame Of Desire"等、旧作からのバランスの良い選曲に加え、ヘイリーのソロ作からも2曲をセレクト。ケルト色の強い清らかな歌声の一方、ロック・シンガー然としたステージ・アクトも見せる、ヘイリーの活躍が光る会心の仕上がりです! DVD/NTSCと、同内容の2CD同時発売!

〜カルナタカ復活!メンバーを一新しての7年ぶり新作!クリアーかつエモーショナルなシンフォニック作品〜

KARNATAKA
/The Gathering Light
(CD/Immrama)(UK'09)
ライヴ・アルバム『Strange Behaviour』('04)リリース後、一時再編はあったものの、解散状態だったカルナタカの、スタジオ作としては03年の『Delicate Flame of Desire』以来となる復活作4thアルバム。中心人物:イアン・ジョーンズ(b.kbd.etc)以外はメンバーを一新しており、彼の別プロジェクトであるChasing The Monsoonの女性ヴォーカリスト:リサ・フューリーらが参加しています。元IONAのトロイ・ドノックリーもゲスト参加。ケルト/フォーク色は控えめで、IONAやMOSTLY AUTUMNのシンフォニックな面を拡大したかのような、クリアーかつ高揚感溢れるサウンドは、インストパートも重視した高水準な仕上がり。数年の歳月を吹き飛ばす、会心の傑作です!

〜プログレッシヴ・リスナー好みの耽美的ヘヴィ・サウンドを展開!〜

KATATONIA
/The Fall Of Hearts

(CD+DVD:NTSC/PEACEVILLE)(UK'16)
英国産、ポーキュパイン・ツリー系+ゴシック/プログレ・メタル的ダーク・ロック・バンドのスタジオ新作11th。リードvo/g/kbd, g/バックvo/kbd, b, drの4ピースにて、PTというよりも、リヴァーサイドやオーペスに近い、耽美的ヘヴィ・サウンドを展開。メタリックな要素も強い一方で、メロウなパートにはメロトロンも導入、プログレッシヴ・リスナー好みの音像を聴かせます。まさにポーキュパイン〜リヴァーサイド系リスナーは要チェックの大力作!CD+DVD:NTSCの限定エディション、ハードカバー・デジパック!DVDには5.1等の音源を収録。
こちらの限定エディションは、既に現地では廃盤となっています。ご購入はお早めにどうぞ!

〜カタトニアのアンプラグド・ライヴを収めた、CDとDVDのセット!〜

KATATONIA
/Sanctitude

(CD+DVD:NTSC/Kscope)(UK'14収録)
英産、ゴシック/デス・メタルからポーキュパイン・ツリー系に接近した、ポスト・プログ寄りバンドが、'14年5月6日、ロンドンのユニオン・チャペルで行なった、アンプラグド・ライヴを収めたCD+DVD/NTSC(同内容、DVDには60分強のドキュメンタリー追加)。el-gやkbdも使用された、「ハーフ・プラグド」的サウンドの中、荘厳なロケーションに相応しい、重々しくもエモーショナルな歌世界を聴かせる大熱演です!

〜ケイト・ブッシュの'79年ハマースミスでの定番ライヴ映像が、実質ブートレッグにてDVD化!〜

KATE BUSH
/Live At The Hammersmith Odeon 1979

(DVD/NTSC/Immortal)(UK'79収録)
ケイト・ブッシュ・ファンなら先刻御承知の、数少ないライヴ映像の中でも定番の'79年ハマースミスでの映像が、ImmortalよりDVD化。実質ブートレッグで画質はラフですが、公式には未DVD化につき、ファンは見逃せません。2nd「ライオンハート」リリース期の、シアトリカル極まるケイト・ブッシュのアクトは圧巻。改めてプログレ・ファン好みのポップスとして素晴らしいと思い知らされる内容です。ビーガブとミレーヌ・ファルメールをつなぐ?偉才!

〜ケイト・ブッシュの新作はセルフ・リメイク集!〜

KATE BUSH
/Director's Cut - Collector's Edition

(3CD/Fish People)(UK'11)
今やピーター・ゲイブリエルやデイヴィッド・ギルモア以上に露出が少ない?仙女モードのケイト・ブッシュ。久々の新作は近作2タイトルからの曲のリメイク集! ヴォーカルは全て新録、演奏も差しかえ有りのニュー・アレンジ集です。ボーナスとして、原曲のリマスター集CDが付いた限定3CDエディション!

〜キーフ・ハートリー・バンドの'70年野外フェスティヴァル公演が発掘リリース!〜

KEEF HARTLEY BAND
/Live At Aachen Open Air Festival 1970

(CD/Sireena)(UK'70録音)
'70年7月10〜12日の3日間、ドイツで行われた野外フェスティヴァル(ピンク・フロイド、トラフィック、ディープ・パープル、VdGG等も出演)の11日に出演した、キーフ・ハートれー・バンドのライヴを収めた発掘リリース。音質はラフ目ながらも、ミラー・アンダーソン(g,vo)含むトリオ+tp, sax/flの編成にて、エネルギッシュでノリの良いブラス・ロック寄りのサウンドを聴かせる好演!

〜ex.ジョン・メイオールのドラマーが結成したブラス、オルガン入り!ブルース・ジャズ・ロック・バンドの1st!〜

KEEF HARTLEY BAND
/Halfbreed(CD/EU'08)
元ARTWOODS〜ジョン・メイオールのドラマー、キーフ・ハートレイが結成したリーダー・バンドの1stアルバム。才人ミラー・アンダーソン(vo, g)、後にユーライア・ヒープのゲイリー・セイン(b)をフィーチャーしたバンドに、ハリー・ベケット、ヘンリー・ロウザー、リン・ドブソンらによるブラス・セクションも交えた、独特のジャジーなオルガン/ブラス入りブルース・ロックをはやくも確立しています。ブリティッシュ・ロックの創造的な息吹きに彩られた、コロシアム周辺リスナーにもおススメの傑作です!'69年のシングル・トラック1曲ボーナス追加!

〜ex.ジョン・メイオールのドラマーが結成したジャジーなブルース・ロック・バンド2nd!〜

KEEF HARTLEY BAND
/The Battle of North West Six(CD/EU'08)
キーフ・ハートレイ(dr)が結成したリーダー・バンドのこちらは2nd。ミラー・アンダーソン(vo, g)、ゲイリー・セイン(b)をはじめとするバンド(ヘンリー・ロウザー/tpも正式メンバーに)、ゲスト的にオルガン、ギター、ブラス・セクション(H,ベケット、L,ドブソン、B,トンプソンら)という布陣での録音。ジャジーなブルース・ロックという基調は保ちつつ、よりハードかつファンキーな面とソフト&フォーキーな面の幅が出た仕上りです。コロシアム系リスナー、ブリティシュ・マニアは聴きのがせない秀作!リマスター!

〜コロシアムmeets石川晶!?ブラス隊を交えた'71年マーキー・クラブでの激アツ・ライヴ・アルバム!〜

KEEF HARTLEY BAND
/Little Big Band
(CD/EU'08)
才人ミラー・アンダーソン(vo, g)、後にユーライア・ヒープのゲイリー・セイン(b)をフィーシャーしたキーフ・ハートレイ・バンドの5作目。'71年ロンドン、マーキー・クラブで行われた、大編成のブラス・セクションを交えてのライヴを収録しています。ブラス・セクションにはH,ベケット、L,ドブソン、B,トンプソンら常連も参加。ビッグ・バンドと言うよりも、ブルース・ブラス・ロックな熱いサウンドは、さながらコロシアムと日本の石川晶/カウント・バッファローズの中間の行くような、乗りの良い快演です!正規リリース・リマスター!

英ESOTERICよりリマスター再発!キーフ・ハートレイ'72年の6th!

KEEF HEARTLEY BAND
/Seventy Second Brave
(UK.'72)(CD/Esoteric)
「Little Big Band」に続く、'72年の6th。ミラー・アンダーソンは脱退。ブラス、オルガンとソウルフルなvoをフィーチャーした、ファンキー&ブルージーなサウンド。

〜要・再評価の故・エマーソンのサントラ・ワークス集大成3CDボックス!〜

KEITH EMERSON
/At The Movies

(3CD/Belle Antique)(UK '80-'84)
今年('16年)3月に残念ながら死去してしまった、プログレッシヴ・ロックを代表するキーボード・マエストロ、キース・エマーソン。こちらは、彼のサントラ・ワークスを集大成した編集盤3CDボックス('14年にEsotericより発売)。CD1がアメリカ映画編(「ナイトホークス」「ベスト・リベンジ」)、CD2がイタリア映画編(「インフェルノ」「チャーチ」「マーダーロック」)、CD3が日本映画編(「幻魔大戦」「Godzzila Final Wars」)。作品によって抜粋的収録ながら、ほぼ全ての内容を聴くことができます。エマーソン初のサントラ作となった傑作「インフェルノ」含むイタリア編は特に秀逸で、追悼、そして要・再評価のリリースとなっています。

〜激レア!当時アセテート盤4枚のみ作成された、K.エマーソンの幻のアイテムが初CD化!〜

THE KEITH EMERSON TRIO
/The Keith Emerson Trio

(CD/Keith Emerson)(UK'63)
これは凄まじくレア!かのキース・エマーソンが、ナイス結成のはるか以前の'63年(当時エマーソンは18才前後)に録音し、アセテート盤4枚のみ作られたという、超・幻のアイテムが初CD化。ジャズ・ピアノ・トリオでの演奏となっており、当時としてもやや古風なラウンジ風から、エマーソンらしいホンキートンク系まで、若き日のエマーソンのプレイが収録された7曲(24分)は、正にお宝。エマーソン・マニアは注目のリリースです!

〜'10年ライヴを収録した紙ジャケット、SHM-CDが日本先行発売で登場!〜

キース・エマーソン&グレッグ・レイク
/ライヴ・フロム・マンティコア・ホール

(SHM-CD/Avalon)(UK'10収録)
来日公演も行われる予定だったものの幻となってしまった、ご存知キース・エマーソンとグレッグ・レイクの、アンプラグド風純デュオ・ツアーより、'10年5月8曲、米コネチカットでの演奏を収めたライヴ・アルバムが登場しました。近年にあっては声の調子の良いレイクのvo/ac-gと、ピアノ音を主体としつつも、モーグ・ソロやオルガン・プレイも聴かせるエマーソンの力演にて、“未開人”、“石をとれ”、“セ・ラ・ヴィ”、“海賊”といったナンバーや“風に語りて”を聴かせます。17分に及ぶ“タルカス”はとりわけハイライトになっており、ELPファン注目のリリースです! 国内盤限定紙ジャケット、SHM-CDにて日本先行発売!

〜吉松版「タルカス」への回答!? エマーソン・バンドとオーケストラの共演作!〜

キース・エマーソン、マーク・ボニーラ、テリエ・ミケルセン
/スリー・フェイツ・プロジェクト

(CD/ビクター)(UK'12)
ご存知キース・エマーソンの新作は、マーク・ボニーラ含むエマーソン・バンドと、テリエ・ミケルセン指揮・ミュンヘン放送管弦楽団の共演作。エマーソン自らのオーケストラ・アレンジ(全インスト)による、"永遠の謎"、"タルカス組曲"、"奈落のボレロ"等が収められています。吉松版「タルカス」への回答とも言うべき、注目の大力作!

〜久々のバンド・スタイルによるキース・ティペットの新作!〜

THE KEITH TIPPETT OCTET
/The Nine Dances Of Patrick O'Gonogon

(CD/Discus Music)(UK'16)
言わずと知れたブリティッシュ・ジャズ孤高のピアニスト、キース・ティペットの新作('14年録音)は、久々のバンド・スタイル。文字通りの8人編成(5管, b, dr, p)に、1曲ジュリー・ティペッツのヴォイスも加えて、正調ジャズ+シリアス/フリー色の英国サウンドを展開!ピアノも強烈!

〜キース・ティペットがイタリアの前衛フェスに出演したライヴを収録!〜

KEITH TIPPETT
/Mujician Solo IV Live In Piacenza

(CD/Ma.Ra.Cash)(UK'12収録)
御存知キース・ティペットが'12年1月14日、イタリアの前衛フェス「Musiche Nuove A Piacenza」に出演した際のライヴを収めたCD。プリペアド・ピアノによる完全ソロ、47分一本勝負!限定999枚ナンバー入りエディション、お見逃しなく!

〜メロトロン入りのプログレッシヴ・ポップの名盤が、初出の2曲を含む6曲のボーナス・トラックを収録したディスク付にて再発!〜

ケストレル
/ケストレル

(SHM-CD+CD/ベル・アンティーク)(UK'75)
ブリティッシュ・プログレッシヴ・ポップの傑作。中心となるデイヴ・ブラックがデヴィッド・ボウイのスパイダース・フロム・マーズに加入したことにより一年余りの活動とこの唯一のアルバムしか残さなかった幻のグループ。抜群のメロディー・センスで息をつく暇も与えない濃縮されたアレンジと演奏は唯一無比。メロトロンの使用も効果的!長らく廃盤だった歴史的名盤が遂に再発。なんと、初出の2曲を含む6曲ものボーナス・トラックを収録したボーナス・ディスク付(こちらは通常のCD)!紙ジャケット、リマスター、SHM-CDにての決定版的内容。

〜マジェンタの中心人物、ロブ・リードが立ち上げたうたもの新バンドのデビュー作!〜

KIAMA
/Sign Of IV

(CD/Belle Antique)(UK'16)
現代英国プログレッシヴの頂点、マジェンタの中心人物、ロブ・リード(kbd, b, g)が、よりハード・エッジでエモーショナルなロック・サウンドを求め、THE TANGENTやFROST*のメンバーらと結成した新バンド、キアマのデビュー作。表現力豊かな男性シンガーをフロントにした、クイーン、そしてレッド・ツェッペリンが有していた多様性と、フロイド、イエス等ルーツのロブ・リードらしさが合致した内容は、マジェンタ以上に英国ロックの伝統と栄光を受け継いだ物。'70s風レトロ・モダンなメロディックうたものとして極上の仕上りの大傑作です!別売りボーナスCD+DVDとセットでご購入の場合、セット価格¥4,104(税込)に!

KIAMA are...
Rob Reed (MAGENTA/kbd, b, g)
Luke Machin (THE TANGENT/g)
Andy Edwards (FROST*/dr)
Dylan Thompson (SHADOW OF THE SUN/vo, g)
+女性コーラス

〜ロブ・リードが立ち上げたうたもの新バンドの、こちらはボーナス盤(本編ディスクは含まれていません)!〜

KIAMA
/Sign Of IV (Bonus CD+DVD:NTSC)

(CD+DVD:NTSC/Tiger Moth Records)(UK'16)
マジェンタのロブ・リードが立ち上げたうたもの新バンド、キアマの、こちらはデビュー作「Sign Of IV」本編CDとはセパレートで出た、ボーナスCD+DVD:NTSC(本編ディスクは含まれておりません)。CDには、アルバム未収の4曲、及びジェム・ゴドフリー(FROST*)によるリミックス・別ver.デモ等の計8曲を収録。一方のDVDには、PV9曲(アコースティック・セッション映像4曲含む)及び、アルバム本編のDTS/5.1ミックス音源入り!別売り本編CD「Sign Of IV」とセットでご購入の場合、セット価格¥4,104(税込)に!

〜キアマの本編ディスクとボーナス・ディスクのセットです。〜

KIAMA
/Sign OF IV (本編ディスク+ボーナス・ディスクのセット)

(CD+Bonus CD+DVD:NTSC/Tiger Moth Records)(UK'16)
こちらは、キアマの「本編ディスク」と「ボーナス・ディスク(CD+DVD:NTSC)」のセット販売となります。

〜クリムゾンのメンバー参加関連トラックス+「Giles, Giles & Fripp」+「Fission Trip」の3CDコンピ!〜

KING CRIMSON (V.A.)
/The Many Faces Of King Crimson

(3CD/Music Brokers)(U.K.)
メンバー参加関連トラックス+「Giles, Giles & Fripp」+「Fission Trip」という、かなり強引な?コンピ3CDセット!CD 1には、ピート・シンフィールド「Still」からのトラックや、ミューア/ジャイルズ/カニンガム"Ghost Dance"等を収録!

〜毎年恒例?クリムゾンの「ツアーBOX」2016年版が登場!〜

KING CRIMSON
/The Elements 2016 Tour Box

(2CD BOX/DGM)(UK'16)
毎年恒例となった感のある、御存知キング・クリムゾンのツアー・エディション(ライヴ会場での販売を主目的としたリリース)2CD-BOX、2016年版が登場!今回も、'14/'15ツアー・リハーサル/ライヴ("太陽と戦慄パート1"含)(初出)や初CD化となるヒストリー・アーカイヴ・トラックをふんだんに盛り込んでいます。ラストには、故D.ボウイに捧ぐ?'00年マドリードでの"Heroes"カヴァー(初CD化)も収録。9月〜12月ヨーロッパ・ツアーのための、パンフがわり?のブックレットも豪華!

〜昨年の高松公演をメインで収めた、現行KC初の正式ライヴ・リリース!〜

KING CRIMSON
/Radical Action

(3CD+Blu-ray/DGM)(UK'15収録)
'15年12月に実現し、大きな話題となった復活キング・クリムゾンの来日公演より、12月19日、高松公演をメインで収めた、現行KC初の正式ライヴ・リリース。高松で演奏されなかった曲も加えた全楽曲を再構成した3CDと、高松公演基本+αの映像を収めたBlu-rayをカップリングした4枚組です(CDはK2HD HQCD、紙ジャケ*2/スリップケース仕様)。ジャッコ、メル・コリンズ、そしてトリプル・ドラムをフィーチャーした7人編成、旧曲解禁のセットリストにより、必見・必聴の内容です!

〜遂に登場!旧曲を解禁したトリプル・ドラム編成のKC、ド迫力の'15ツアー・オフィシャル・ライヴ作!〜

KING CRIMSON
/Live In Tronto

(2CD/DGM)(UK'15収録)
'15年12月には来日公演が実現し、大きな話題となった復活・キング・クリムゾンの、来日公演に先立つ'15年11月20日、カナダ・トロント公演をたっぷり2時間強収めたライヴ2CDが遂に登場。御大R.フリップの元、J.ジャクスジク、M.コリンズ、T.レヴィン、そして、G.ハリソン/B.リーフリン/P.マステロットのトリプル・ドラム(兼per,kbd)という特異な編成にて、いわゆる旧曲を解禁したセットをプレイしています。"太陽と戦慄パート2"こそ未収ながら、他は今回の目玉である"エピタフ""宮殿""スターレス""21世紀"等をほぼもれなく聴くことができます。迫力十分の熱演を極上の音質で味わうことができる、日本公演の記念品にも最適なリリースです!

〜またまたクリムゾンから、今度は「Thrak」リリース20周年を記念する豪華ボックスが登場!〜

KING CRIMSON
/Thrak Box

(12CD+DVD-A:NTSC+DVD:NTSC+2Blu-ray/DGM)(UK'15)
「Thrak」リリース20周年記念、12CD+DVD-A:NTSC+DVD:NTSC+2Blu-ray!豪華ブックレット他、おまけもたっぷり!

〜初CD化トラックたっぷりの'15ツアー・エディション版ヒストリー・コンピが登場!〜

KING CRIMSON
/The Elements 2015 Tour Box

(2CD/DGM)(UK'15収録)
今年('15年)の12月には待望の来日公演も決定した、復活キング・クリムゾンの、'15年秋のヨーロッパ〜カナダ・ツアーを記念して制作されたヒストリー・コンピ2CDボックスの第2弾。"エピタフ""キャットフード"のインストver.はじめ、前半(CD1)が'80年代まで、後半(CD2)が'90年代以降(一部'14ライヴ/リハーサルを挿入)の構成で、ダウンロード・オンリーやDVD-Aのみ収録だった音源を含め、全29曲中20曲が初CD化(「THRAK BOX」からのもの含む)。ラストには初公開の'14ライヴ"21世紀のスキッツォイド・マン"もフィーチャーした、正に来日に向けて、景気をつけるには格好のアイテムとなっています!トールサイズ、デジパック、24Pブックレット付。

〜復活クリムゾン14年ライヴ!CD+DVDオーディオ/NTSCのセット!〜

KING CRIMSON
/Live At The Orpheum

(CD+DVD-A:NTSC/DGM)(UK'14ライヴ収録)
旧曲の数々を解禁したセットリストが大きな話題となった、復活キング・クリムゾンの北米'14ツアーより、9月30日/10月1日・LA公演を7曲41分収めたライヴCDがついに登場!R.フリップ、J.ジャクスジク、M.コリンズ、T.レヴィン、P.マステロット、G.ハリソン、B.リーフリンという、トリプル・ドラムの7人編成にて、"One More Red Nightmare""The Letters""Sailor's Tale""Starless"等をプレイしています。メル・コリンズのサックスとフルートも効いた「アイランド」曲の出来がとりわけ良い、必聴の内容!同音源のDVDオーディオ/NTSC付2枚組デジパック仕様!

KING CRIMSON are..
Robert Fripp(g)
Jakko Jakszyk(g,Vo)
Mel Collins(sax,fl)
Tony Levin(b,stick)
Pat Mastelotto(dr)
Bill Rieflin(dr)
Gavin Harisson(dr)

Tracks
1.Walk On : Monk Morph Chamber Music
2.One More Red Nightmare
3.Banshee Legs Bell Hassle
4.The ConstruKction Of Light
5.The Letters
6.Sailor's Tale
7.Starless

〜大きな話題を集めた、復活クリムゾンの北米ツアー記念リリース、2CDヒストリー・コンピ!〜

KING CRIMSON
/The Elements

(2CD/Discipline Global)(UK'14)
ジャッコ・ジャクスジク、メル・コリンズらを迎えた7人編成で行われ、旧作を解禁したセット・リストが大きな話題を集めた、復活キング・クリムゾンの'14年9月〜10月北米ツアーを記念してリリースされた、コンピレーション2CD。'69-'14までの全時期からセレクトされた全29曲のうち、19曲が初CD化音源(うち4曲は'14リハーサル)という、ヒストリー・アーカイヴにしてレア・トラックスといえる内容です。ツアー・パンフを兼ねた最新フォト満載の24Pカラー・ブックレット付・トールサイズ・ハードカバー・デジパック仕様!

〜キング・クリムゾンの豪華ボックス・シリーズの「スターレス」版が登場!〜

KING CRIMSON
/Starless Deluxe Box Set

(23CD+2DVD-A:NTSC+2Blu-ray/DGM)(UK'73-'74)
またも驚愕のヴォリュームと密度!KC40周年シリーズ・ボックスに「暗黒の世界」版が登場!'73年秋+'74年春の15公演ライヴ音源はじめ(CD+ボーナス3CD)アルバムのリミックスCDや、DVDオーディオ2枚、Blu-ray2枚も入った、ド級の内容!完全初出4公演の音源も含む!
「宮殿」「太陽と戦慄」「レッド」に続き、キング・クリムゾン40周年記念シリーズに、「暗黒の世界」(今回は「Starless」名義)ボックス登場!元々ライヴ録音も含まれていたアルバムの基盤になったという意味で、今回は'73年秋(アムステルダム含む)の3公演および'74年春の12公演の、計15公演のライヴ(19CD、1枚はアムステルダムの別Mix)をメインで収めています。さらに、アルバムの、'11年ステレオMixCD、5.1チャンネル音源等をたっぷり収めたDVDオーディオ/NTSCを2枚、音源および既発のパリ&NY映像フッテージ入りのBlu-ray2枚、そして、ブートレッグ音源等を収めた3枚のボーナスCDという、合計23CD+2DVD-A+2Blu-rayのセットとなっています。J.ミューア脱退後、フリップ、ウェットン、クロス、ブルーフォードの4人編成となり、プログレッシヴ・ロックの頂点とすら言える壮絶なパフォーマンスを毎回繰り広げていたという事実に驚愕させられる、圧倒的パワーの内容です。
完全初出の4公演(4CD/Disc10,11,13,18)はじめ(アムステルダムは「Night Watch」とは別のニューMix)、コレクターズ・クラブのみのリリースだったもの、ダウンロード・オンリーだったもの、初CD化のものなど、既発そのままの音源は皆無。正にマニア必携!
ディスク以外にも、LP風ジャケット・カードや、ツアー・ポスター、チケットのレプリカ、プロモ・キットのレプリカ、更に豪華カラー・ブックレットも封入!

【BOX内容】

[CD]
Disc 1&2: 「Apollo Theater,Glasgow,UK」 ('73年10月23日)
Disc 3&4: 「Volkshaus,Zurich,Switzerland」 ('73年11月15日)
Disc 5&6: 「Concertgebouw,Amsterdam,Netherlands」 ('73年11月23日)
Disc 7: 「Palazzo Dello Sport Udine,Italy」 ('74年3月19日)
Disc 8: 「Palazzo Dello Sport,Brescia,Italy」 ('74年3月20日)
Disc 9: 「ORTF T.V,Paris,France」 ('74年3月22日)
Disc 10: 「Palais Paul Videl,Avignon,France」 ('74年3月24日)
Disc 11: 「Palais Des Sports,Besancon,France」 ('74年3月25日)
Disc 12: 「Stadttheater,Augsburg,Germany」 ('74年3月27日)
Disc 13: 「Halle Der Fachoschule,Dieburg,Germany」 ('74年3月28日)
Disc 14: 「Stadthalle,Heidelberg,Germany」 ('74年3月29日)
Disc 15: 「Elzer Hof Mainz,Germany」 ('74年3月30日)
Disc 16: 「Jahnhalle,Pforzheim,Germany」 ('74年3月31日)
Disc 17: 「Stadthalle,Kassel,Germany」 ('74年4月1日)
Disc 18: 「Stadthalle,Gottingen,Germany」 ('74年4月2日)
Disc 19: 「Concertgebouw,Amsterdam,Netherlands」 ('73年11月23日)
Disc 20: 「Starless And Bible Black」'11年Stereo Album Mix

[DVD-Audio]
Disc 21: 「Starless & Bible Black」5.1ch Surround,Original Stereo,'11 Stereo Hi-res Audio、「Bonus Audio Content」
Disc 22: 「Live Material」(Mainz,Amsterdam & Pittsburgh)Multi-Channel & Hi-res Stereo Audio

[Blu-ray]
Disc 23: 「Live Material(Glasgow,Zurich(24bit/192kHz)&Amsterdam(24bit/96kHz))」Hi-res Stereo Audio、「Bonus Audio Content」
Disc 24: 「Starless & Bible Black」(Disc21と同内容)、「Live Material」(Disc22と同内容)、「Bonus Audio Content」、「NY & Paris Film Footage 」

[Bonus Discs]
Disc 25: 「Arlington,Texas,U.S.A.」 ('73年10月6日)
Disc 26: 「Audio Curios」
Disc 27: 「Udine,Italy」 ('74年3月19日)

〜初出ライヴを含む'74年クリムゾン最後のヶ月のライヴ・ドキュメント!〜

KING CRIMSON
/The Road To Red

(21CD+1DVD+2Blue Ray:NTSC/Inner Knot)(UK'74)
プログレッシヴ・ロックの頂点を極めた後期キング・クリムゾンの、「Red」録音/解散に至るまでの「最後の三カ月」をドキュメントした、驚愕のヴォリューム(21CD+1DVD+2Blue Ray Disc)のボックス・セットが登場。'74年4月〜7月1日までの全16公演(1CDもしくは2CD)ライヴCD20枚及び、「Red」本編の新規'13年ステレオ・ミックスCD、「USA」音源を含めた各種音源を収めたDVD&ブルー・レイ2枚(それぞれNTSC、オーディオ・コンテンツのみ)という内容です。ピッツバーグ、セントラル・パークといった既発の定番音源はじめ、完全初出の4公演、及びダウンロード・オンリーだった公演も含まれています。初出音源も、一部不完全ながら総じて音質が良く、改めてクリムゾンの偉大さを痛感させられる、マニア必携のセットです! LPサイズ大型パッケージ、ブックレット及びポスト・カードなどのオマケをたっぷり封入!

【Box内容】
(○は初出音源、●は初CD化音源[元はダウンロード・オンリー])
[CD]
●1 Veterans Memorial Coliseum('74年4月28日)
・2,3 Stanley Theatre(4月29日)一部「グレート〜」収録、一部ダウンロード公開
○4 Hofheinz Pavilion(6月5日)
●5 Tarrant County Convention Centre(6月6日)
●6 Fairground Arena(6月7日)
○7 Civil Auditorium(6月8日)
○8 Coliseum(6月16日)
●9 Performing Arts Centre(6月22日)
○10 Aquinas College(6月23日)
・11,12 Massey Hall(6月24日)一部「グレート〜」収録、一部ダウンロード公開
●13 Convention Center(6月25日)
●14 Kennedy Centre(6月27日)
●15,16 Casino Arena(6月28日)15は新規ミックス、16はダウンロード公開
・17 Penn State University(6月29日)一部「グレート〜」収録、一部ダウンロード公開
・18,19 Palace Theatre(6月30日)「グレート・ディシーヴァー」収録
・20 Central Park(7月1日)コレクターズ・クラブで公開
・21「Red」'13年ステレオ・ミックス(S.ウィルソン&R.フリップ)

[DVD]
・22 アズベリー・パーク音源('13ミックス&'05ミックス)、「USA」30周年ミックス、「Red」'13年ステレオ・ミックス

[Blue Ray Disc]
・23 ピッツバーグ、トロント、Penn State Univ.、プロビデンス公演
・24 アズベリー・パーク&「USA」各ミックス2種類、「Red」5.1chミックス等

〜「太陽と戦慄」40周年シリーズ、驚愕の15枚組限定盤ボックス!〜

KING CRIMSON
/Lark's Tongues In Aspic (40th Anniversary Box)

(13CD+DVDA/NTSC+Blu-ray/Panegyric)(UK'72)
言わずもがなのキング・クリムゾン40周年記念シリーズに、いよいよ「太陽と戦慄」が登場。新規ステレオ・ミックス版はじめ、コレクターズ・シリーズで出ていた'72年ライヴ、及び初出の'72年ライヴ2種、本ボックスの未収録のスタジオ・セッション集、といったCD計13枚と、5.1音源やあの「ビートクラブ」のインプロ含む完全版映像(!)を収めたDVDA/NTSC、更にはDVDAを増補したBlu-rayディスクまで付いた、圧巻のヴォリューム。正に歴史的名作を、あらゆる角度から再検証できる内容! 限定7000セットのみのリリースです、お見逃しなく!

[BOX内容]
Disc 1&2:「The Zoom Club, Frankfurt〜1972」(ライヴ、コレクターズ・クラブで既出)
Disc 3:「Live In Studio, Bremen〜1972」(ライヴ、コレクターズ・クラブで既出)
Disc 4&5:「Hull Technical College〜1972」(ライヴ、初CD化、ダウンロード・オンリーだったもの)
Disc 6:「Guildford Civic Hall〜1972」(ライヴ、コレクターズ・クラブで既出)
Disc 7:「Oxford New Theatre〜1972」(ライヴ、初CD化、ダウンロード・オンリーだったもの)
Disc 8:「Glasgow Green's Playhouse〜1972」(ライヴ、初公開)
Disc 9:「Portsmouth Guildhall〜1972」(ライヴ、初公開)
Disc 10:「Lark's Tongues In Aspic Session Reels」(本BOXの目玉! 未発激レア・スタジオ・セッションズ!)
Disc 11:「Original 1973 Stereo Mix 30th〜」(既発の30周年版リマスターに、USプロモEP"Easy Maney"の盤おこしトラックと、ラジオ広告スポットを追加)
Disc 12:「DVDA/NTSC」(目玉! 5.1サラウンド含む各種音源に加え、あの「ビートクラブ」のインプロ及び"Exiles"含む完全版(!)映像入りDVDA/NTSC!)
Disc 13:「Alternative Takes & Mixes」(DVDAの中にも入っている別テイクミックス集のCD版)
Disc 14:「The 2012 Stereo Album Mix」(今回の40周年版の基礎といえるR.フリップ&S.ウィルソンによる、'12年最新ステレオ・ミックスのCD版!)
Disc 15:「Blu-ray Disc」(こちらはDVDAの内容を更に増補したBlu-rayディスク!)

〜「太陽と戦慄」40周年シリーズ、デラックス・エディション!〜

KING CRIMSON
/Lark's Tongues In Aspic (40th Anniversary CD+DVDA Ver.)

(CD+DVDA/NTSC/Panegyric)(UK'72)
言わずもがなのキング・クリムゾン40周年シリーズに、いよいよ「太陽と戦慄」登場! デラックス・エディションともいうべき、CDとDVDAのセット。CDには'12年ステレオ・ミックスと、別ミックス/テイク3曲ボーナス入り。そしてDVDAには、5.1サラウンド・ミックス/他の音源と、あの「ビートクラブ」完全版映像(!)入り。必見です!

〜「太陽と戦慄」40周年シリーズのスタンダード版!〜

KING CRIMSON
/Lark's Tongues In Aspic (40th Anniversary 2CD Ver.)

(2CD/Panegyric)(UK'72)
遂に登場した「太陽と戦慄」40周年シリーズのスタンダード版ともいうべき、2CD/プラケース仕様。2012年ステレオ・ミックス+ボーナス3曲を収めたCD1と、30周年リマスター版にUSプロモEP"Easy Maney"盤おこしと、ラジオ広告スポットをボーナス追加したCD2のセット!

〜御大、ロバート・フリップによる新たなるプロジェクト、満を持して登場!(国内盤)〜

ア・キング・クリムゾン・プロジェクト
ジャクスジク,フリップ,コリンズ
/ア・スケアシティ・オブ・ミラクルズ

(CD+DVD-A[NTSC]/WHDEntertainment)(UK'11)
(CD/WHDEntertainment)(UK'11)

言わずもがなのKING CRIMSONの御大、ロバート・フリップによる新たなるプロジェクト作品。ジャッコ・ジャクスジク(g.vo)、メル・コリンズ(sax)という、21st CENTURY SCHIZOID BAND組の2人との連名にて、「A KING CRIMSON PROJECT」とも併記されたプロジェクト。リズム隊にトニー・レヴィン(b)とギャヴィン・ハリソン(dr/ex PORCUPINE TREE)を従え、サウンドスケープ系ギターの広がりに、ジャッコ節のヴォーカルと、一聴してそれとわかるコリンズのサックスが香る、しっとりとした内容です。初期〜『Island』期KING CRIMSONの叙情的な側面を、モダンなアンビエント風にしたとも言える、非常に興味深い内容の力作です!CDのみのノーマル・エディションに加え、本編の5.1ミックス、本編より1曲少ない別ミックス、CD未収録の2曲(本編楽曲の元になったインプロヴィゼイション)などのオーディオ・トラックと、タイトル曲のPV映像を収録したDVDオーディオ付きのエディションも入荷!

〜キング・クリムゾン40周年記念シリーズで「ディシプリン」登場!〜

KING CRIMSON
/Discipline(40th Anniversary Edition)

※国内盤(HQ-CD+DVD-A/WHD)(UK'81)
※輸入盤(CD+DVD-A[NTSC]/KingCrimson)(UK'81)

今や名盤としての評価も定着している、新生クリムゾンの第一作が40周年記念シリーズで登場。CDは新規リマスター+3ボーナス、DVDオーディオには、5.1サラウンド他オーディオ・コンテンツ、更には、映像ボーナスとして、81年のTHE OLD GREY WHISTLE TEST映像3曲("Elephant Talk" "Frame By Frame" "Matte Kudasai")を収録。国内盤のみ、パッケージは紙ジャケット×2(国内初回ポリドール盤シングル・ジャケ/英国初回盤シングル・ジャケ)、帯復刻、HQ-CD仕様にて。輸入盤はノーマルCD、デジパック仕様にて。

〜キング・クリムゾン40周年記念シリーズで「暗黒の世界」登場!〜

KING CRIMSON
Starless And Bible Black(40th Anniversary Edition)

※国内盤(HQ-CD+DVD-A/WHD)(UK'74)
※輸入盤(CD+DVD-A[NTSC]/KingCrimson)(UK'74)

キング・クリムゾンの40周年シリーズに、『暗黒の世界』が登場!CDは新規リマスター+5曲ボーナス、DVDオーディオには、5.1ミックスの他、オーディオ・コンテンツ、更には映像ボーナスとして、あの73年のニューヨーク・セントラル・パークでの"Easy Money"及びインプロヴィゼイションのフッテージを収録。国内盤のみ、パッケージは紙ジャケット×2(国内初回ワーナー・パイオニア盤仕様見開きジャケ/英国初回盤仕様見開きジャケ)、帯復刻、HQ-CD仕様にて。輸入盤はノーマルCD、デジパック仕様にて。

〜キング・クリムゾン40周年アニヴァーサリー・シリーズ、ついに『Islands』登場!〜

KING CRIMSON
/Islands

(CD+DVD-A/NTSC/Panegyric)(UK'72)
キング・クリムゾン40周年アニヴァーサリー・シリーズ、ボーナス6曲を追加した『Islands』登場!

〜コレクターズ・クリムゾン・シリーズより、95年来日公演収録の2枚組(DVD『Deja Vroom』と同音源です)〜

KING CRIMSON
/The Collectable King Crimson Volume 5 - Live In Japan 1995

(CD/SubliminalRecords)(UK'95収録)
本格的再始動が待たれるキング・クリムゾンの、こちらは例のコレクターズ・シリーズより、95年『Thrak』時の来日公演を収めた2枚組。今や懐かしの?ダブル・トリオ編成による気迫のパフォーマンスを再び!なお、本CDは、既発DVD『Deja VROOM』と同音源です、ご注意ください。DGMより、USプレス/プラケース仕様にて。

〜40周年記念エディション!〜

KING CRIMSON
/RED(デビュー40周年記念エディション)

(CD+DVD-A/WHDエンタテインメント)(UK'74/09)

★CD(04'現行リマスター incl ボーナス3曲)+DVD-A (incl ボーナス&映像)
[CD]ボーナス
・"レッド"(未発表トリオヴァージョン)
・"堕落天使"(未発表トリオヴァージョン/インスト版)
・プロヴィデンス(『グレート・ディシーヴァー』より)

[DVD-A]ボーナス
・"堕落天使"(未発表トリオヴァージョン/インスト版)
・プロヴィデンス(フル・ヴァージョン)
ア・ヴォヤージ・トゥ・ザ・センター・オブ・コスモス
☆ボーナス映像
(フランスのTV局が当時収録したライヴ映像)
太陽と戦慄/人々の嘆き/夜を支配する人々/スターレス

◆紙ジャケの仕様は
CD→現行と同じ
DVD→国内初回再現、帯復刻

〜40周年記念エディション!〜


KING CRIMSON
/クリムゾン・キングの宮殿
(デビュー40周年記念エディション
HQCD+DVDオーディオ版)

(HQCD+DVD-A/WHDエンタテインメント)(UK'69/09)

★CD(09'リマスター、incl ボーナス)+ DVD-A

[CDボーナス]
・"ムーンチャイルド"完全版:
(不必要なパートをカット・現行のヴァージョンより短いらしいです)
・"風に語りて":フルート&ギター・デュオ
・"風に語りて":別ヴァージョン
・"エピタフ":バッキングトラック
・Windセッション:("スキッツォイドマン"イントロ部の制作セッション)

[DVD-A]
・5.1サラウンド+ステレオ・ミックス(計10トラック予定)
・ボーナス映像として、"21世紀の精神異常者"ハイドパーク映像部分収録予定

※CDは現行と同じ英盤仕様紙ジャケ!
DVD-Aは、ワーナー国内初回再現紙ジャケ、ROCK AGE花帯付き

KING CRIMSON
/クリムゾン・キングの宮殿
(デビュー40周年記念エディション2枚組)

(2CD/WHDエンタテインメント)(UK'69/09)

[CD-1]

(デビュー40周年記念エディションHQCD+DVDオーディオ版)のHQCDと同内容

[CD-2]
04'現行マスターに、新規ボーナス5曲
[ボーナス・トラック]
・"21世紀の精神異常者"(モーガン・スタジオ・インスト・テイク)
・"21世紀の精神異常者"(69'ジョン・ピール・セッション)
・"風に語りて"(69'ジョン・ピール・セッション)
・"クリムゾン・キングの宮殿 パート1"(シングルより盤おこし)
・"クリムゾン・キングの宮殿 パート2"(シングルより盤おこし)


※本パッケージのみ、海外仕様と同じプラケース

〜40周年記念エディションBOX!セカンド・エディション〜


KING CRIMSON
/クリムゾン・キングの宮殿
(デビュー40周年記念エディション
セカンド・エディション)

(HQCD5枚+DVD-A1枚/WHDエンタテインメント)(UK'69/09)

○HQCD5枚+DVD-A1枚=計ディスク6枚組
○30cmLPサイズ・ボックス + ブックレット + オリジナル・アートワーク・リーフレット
○バッヂ2個、プロモ用写真レプリカ2種
○英文ブックレット訳付き

◆CD-1(HQCD)
『クリムゾン・キングの宮殿』
2009年制作ステレオ・マスター&ボーナス

◆CD-2(HQCD)
『クリムゾン・キングの宮殿』
2004年制作ステレオ・マスター&ボーナス

◆CD-3(HQCD)
『クリムゾン・キングの宮殿』
オルタネイト・トラック集

◆CD-4(HQCD)
『クリムゾン・キングの宮殿』
ライヴ音源集

◆CD-5(HQCD)
『クリムゾン・キングの宮殿』
1969 US モノラルLP音源

◆DVD-オーディオ
『クリムゾン・キングの宮殿』
・09年制作5.1サラウンド・ミックス
・09年制作ステレオ・マスターDVDオーディオ版
・オルタネイト・アルバムDVDオーディオ版
・04年度版ステレオ・マスターDVDオーディオ版
・ボーナス・ビデオ映像

〜廉価盤にて再入荷!現代UKメロディック・ロックのスーパー・バンドの大傑作1stアルバム!〜

KINO
/Picture
(CD+DVD[PAL]/InsideOut)(UK'05)
現代UKメロディック・ロックのスーパー・バンド:KINOの大傑作1st。輸入盤のみのDVD(PAL方式)がボーナスで付属したスペシャル・デジパック・エディション。DVDでは、同作からの4曲のライヴ映像を観ることができます。

〜「ヘンリー・カウ+XTC」とも評された、現GONG、GUAPO他のギタリストが率いるバンドの最新3rd!〜

KNIFEWORLD
/Bottled Out Of Eden

(CD/Belle Antique)(UK'16)
GONG、CARDIACS等で現在の主要メンバーとして活躍し、GUAPOやCHROME HOOF等アヴァン系のバンドにも参加している、英国プログレッシヴの才人、カーヴス・トラビー(g, vo)率いるナイフワールドの新作3rd。正にGONGやCARDIACS、さらにはクリムゾンやカンタベリー系をルーツとしたようなサウンドを、女性コーラスvo/kbd、3管入りの8人編成にて展開しています。英国ならではの、ねじくれたポップ感覚と、大胆で実験的なプログレッシヴ性が融合した音像は、英国の王道を継ぎつつ、斬新なもの。ブリティッシュ再興の核となりうる傑作!

〜GONG、GUAPO、CHROME HOOFでの活動歴を持つイラン人ギタリスト率いる個性派バンド2nd!〜

KNIFEWORLD
/The Unravelling

(CD/Inside Out)(UK'14)
イラン生まれで誕生直後に英国に移住し、GONG、GUAPO、CARDIACS等での活動歴を持つギタリスト/ヴォーカル、Kavus Torabi率いるナイフワールドの2作目。バスーン、サックス2本、女性voを含む8人組という個性的な編成や、Torabiの参加バンド歴からも窺えるように、カンタベリー/レコメン系を含む、実に多彩かつマニアックなプログレッシヴ・ルーツと、英国伝統のポップ性が合体した、斬新かつ魅力的なサウンドを展開しています。凝りまくった緻密なアレンジで、時にVDGG+クィーン、或いは「明るいSGM系」といった趣も有る注目の傑作です!

〜ナイフワールドの'09年にリリースされた1stが当店初入荷!〜

KNIFEWORLD
/Buried Alone

(CD/Believers Roast)(UK'09)
現GONGのギタリスト、Kavus Torabiが結成し、Inside Outから出たセカンドも評判となった注目バンドの、こちらは'09年1st。Torabiのマルチ・プレイ(ギター、ベース、キーボード、ヴォーカルetc)に、ドラムス、各種管楽器、女性ヴォーカル/コーラス等を加えた録音。GONG、ザッパ系ルーツのオルタナ・ロックを基調に、クリムゾン、ヘンリー・カウ等の要素も交えた、アッパーにして濃密なサウンドは、既に個性全開となっています。全体にシアトリカルなムードも強く、部分的には「明るいスリーピータイム・ゴリラ・ミュージアム系」といったイメージもある快作。お見逃しなく!

〜マジェンタのロブ・リード率いるプロジェクト、通常盤1CDにて再発!〜

コンペンディウム
/ビニース・ザ・ウェイヴス(レギュラー・エディション)

(CD/ベル・アンティーク)(UK'12)
マジェンタのロブ・リードが立ち上げた、ケルト風シンフォニック・ロック・オペラ・プロジェクトのアルバム。オーケストラや合唱団、更にはスティーヴ・ハケット、メル・コリンズ、フランシス・ダナリーなどの豪華ゲストを加えて制作された一枚です。マジェンタ+アイオナ、或いはフロイド+オールドフィールド的イメージに、荘重なクラシカル色を加えた傑作! 当初、7インチ大判パッケージ、CD+DVDの限定エディションのみでリリースされましたが、1CD、デジパックのレギュラー・エディションとして待望の再発! メインvo、S.バルサモの歌唱も改めて素晴らしいです!

〜ロブ・リードによるコンペンディウムの補完的リリース!〜

コンペンディウム
/エレメンツ

(2CD/ベル・アンティーク)(UK'13)
ロブ・リード(マジェンタ)を中心に、S.ハケット、F.ダナリー、M.コリンズら豪華ゲストを迎えて制作された、ケルト・ファンタジー系シンフォニック・プロジェクト、コンペンディウムの傑作1st「ビニース・ザ・ウェイヴス」('12)の補完的2CDリリース。アルバム用のデモ(未収曲や未使用パート、ミックス違い等含む)を収めたCD1と、アルバムほぼ丸ごと(タイトル曲除く)のインストverをCD2に収めています。アレンジの変化を楽しめる大充実のリリース!

〜CD+ボーナスDVD/NTSC(音源、PV等入り)の7インチ・パッケージ!〜

KOMPENDIUM
/Beneath The Waves

(CD+DVD[NTSC]/ベル・アンティーク)(UK'12)
マジェンタの中心人物の、ロブ・リードが立ち上げた、ケルト風シンフォニック・ロック・オペラ・プロジェクトのアルバムが登場。S.ハケット、F.ダナリー、M.コリンズ、N.バレット等の豪華ゲスト、更にはオーケストラ(アレンジ・D.スチュワート)、合唱団を配した、大スケールのサウンドを展開しています。男性voをメインにした、マジェンタとアイオナの中間を行くイメージ(フロイド+オールドフィールド?)に、荘重なクラシカル色を加味した、メロディアス・シンフォニック・ファン注目の大傑作! 7インチ大判ジャケ・ボーナスDVD(5.1ch音源、PV集)付!

〜ニック・マグナスがマスタリング!マルチ・デュオ編成による、ブ厚く劇的なメロディアス・シンフォニック新鋭!〜

KONCHORDAT
/English Ghosts

(CD/Konchordat)(UK'09)

英国産、マルチ・デュオ編成(b.p.kbd.etc & vo.kbd.g.dr.per)+ゲストギタリストで制作された、新鋭メロディアス・シンフォニック・バンドのデビュー作。マスタリングは、かのニック・マグナスが担当しています。ハケット系とPENDRAGON系をブレンドし、80年代後半以降のPINK FLOYDテイストを加味したような、叙情的な中にも力強くダイナミックな曲調は厚み十分!20分に及ぶタイトル組曲をはじめ、正統派ブリティッシュ・シンフォニックの魅力が存分に味わえる、高水準な仕上がりの秀作!お見逃しなく!

〜IQ門下からデビューした若手俊英による、実質ソロ・プロジェクトの2作目!〜

KYROS
/Vox Humana

(2CD/KMG)(UK'16)
IQ門下生で、GEPレーベルから'14年にSYNAESTHESIAとしてデビューした若き才人、Adam Warne(vo, kbd)が、KYROSと改名してリリースした、実質ソロ・プロジェクトの2作目。2名のg, b, dr及び管を加えたバンドによる、コンセプチュアルな2CDの大作(トータル約80分)となっています。時にジャディスを思わせる歌メロを軸とした、ハードかつキャッチーなモダン・シンフォニック・サウンドは、近年のイット・バイツやフロスト*にも通じる、注目の傑作です!

〜13年ぶりのアルバム・リリースに伴うツアーを収録した、CD+DVDのスペシャル・エディション!〜

LANDMARQ
/RoadSkill -Live In The Netherlands

(CD+DVD:NTSC/Synergy)(UK'13収録)
元クェーサー〜ストレンジャーズ・オン・ア・トレインの女性シンガー、トレイシー・ヒッチングスをフロントにフィーチャーしたUKメロディック・シンフォニックのベテラン、ランドマーク。13年ぶりのリリースとなったアルバム「エンターテイニング・エンジェルズ」('12年)リリース後の'13年に、彼らがオランダで行ったライヴを収めたCD+DVD:NTSC(本編同内容、DVDは2曲多く、さらにインタビュー等ボーナス映像付き)。パンチの効いたトレイシーのヴォーカルを押し出した「エンターテイニング〜」曲を中心に、旧曲を交えたセットをパワフル&ダイナミックに展開した、充実の快演です!

〜ランドマーク13年振り新作!トレイシー・ヒッチングスをフィーチャーした会心の傑作!〜

LANDMARQ
/Entertaining Angels

(2CD/ベル・アンティークy)(UK'12)
英国メロディック・シンフォニックの今やベテランとなったランドマークのスタジオ・フルとしては「Scince Of Coincidence」('98)以来、約13年振りとなる久々の新作5th。前作から加入した女性シンガー、トレイシー・ヒッチングス(元クェーサー〜ストレンジャーズ〜オン・ア・トレイン)が今回もフロントを務めており、パワフルにしてコケティッシュな、彼女の魅力を一層押し出した、ダイナミックな音像を展開しています。フロイド風のシンセ・ワークを聴かせるkbdがプレイするvlnや、ゲストsaxも活かした、カラフルな楽曲は水準が高く、16分強のラストの組曲まで一気に聴かせる会心の傑作!スタジオ・トラックが入った、ボーナスCD(4曲入り28分)付のスペシャル・エディションにて!

〜かのSI MUSICからデビューした、英国産メロディック・ポンプ・バンドの、98〜99年ツアー収録のライヴ!〜

LANDMARQ
/Thunderstruck -Live In Europe-
(CD/Cyclops)(UK'98録音)
SHADOWLANDと同時期にオランダのSI MUSICからデビューした、英国産メロディック・ポンプ・バンドが、元QUASER〜STRANGER ON A TRAINの女性ヴォーカリスト:トレイシー・ヒッチングをフロントにして行なった、98年・99年ツアーから収録のライヴ盤。パワフル&ドラマティックな大熱演です!

〜英国モダン・シンフォの才人の新作は、王道メロディック路線に回帰したドラマティックな傑作!〜

LEE ABRAHAM
/The Seasons Turn

(CD/Festival Music)(UK'16)
一時期ギャラハドにbで参加していた事もある、モダン・シンフォ〜うたもの系才人コンポーザー/g/kbd奏者の、「Distant Days」('14)に続く5thアルバム。自身のg/ac-g/kbdに、p, b, drが加わったバンドをコアとして、曲毎に4名のvo(M2のvoは元フロスト*のデック・バーク)やゲスト的プレイヤーを交えた録音となっています。いきなりの25分近い大曲M1(元IQのM.オフォードがflで参加)はじめ、従来のポーキュパイン・ツリー色は薄まり、叙情的な王道メロディック(フロイド、ジェネシス...)に回帰したようなタッチ(一部の曲はハード・タッチ)が全開です。ドラマティックな会心傑作!

〜元ギャラハドのベーシストの新作ソロ!〜

LEE ABRAHAM
/Distant Days

(CD/Edge Of Life)(UK'14)
元ギャラハドのベーシストにして、マルチ・プレイヤー(本作ではgとkbdをプレイ)リー・エイブラハムの、「Black And White」('09)に続く4thソロ。シンガーにDec Berke(ex.FROST*/1曲)、ジョン・ヤング(LIFESIGNS/2曲)、スティーヴ・ソーン(1曲)らを迎えたバンド・スタイル(自らも1曲リードvoを担当)にて、ソリッドかつメタリック、そしてモダンなうたものシンフォニックを展開しています。FROST*風のハードな曲調から、ポーキュパイン・ツリー系のダークネス、そしてキャッチーなプログレ・ハード調まで、ダイナミックに展開した高完成度の秀作です!

〜現GALAHADのベーシストのソロ3作目。歌モノ ポンプ・ロック/メロディック・ハードの秀作〜

LEE ABRAHAM
/Black&White
(CD/FestivalMusic)(UK'09)
現GALAHADのベーシスト(07年作より加入)にしてマルチ・プレイヤー:リー・エイブラハムの、3作目となるソロアルバム。自身のg、kbd、bに加え、S.ソーン(vo)、S.Filkins(vo/ex BIG BIG TRAIN)、J.ミッチェル(g/IT BITES〜ARENA)、G.チャンドラー(vo/JADIS)、J.ゴドフリー(kbd/FROST*)ら、英国シンフォの精鋭が曲毎にサポートに加わってのバンド録音です。長尺のDEをはじめ、時にメタリックなギター・リフも交えた、英国ならではのハード歌モノメロディック・ロックを存分に展開した、ARENA、JADIS、FROST*ファン注目の秀作!
[Featuring Members]
(曲毎に参加、各1〜2曲)


●スティーヴ・ソーン(vo/E)
●シーン・フィルキンス(vo/ex BIG BIG TRAIN/AD)
●ゲイリー・チャンドラー(vo/JADIS/C)
●ジョン・ミッチェル(gソロ/IT BITES〜ARENA/ACD)
●ジェム・ゴッドフリー(synソロ/FROST*/B)

〜90年代に作品を残した、女性ヴォーカル入り英国シンフォニック・バンドのリマスター・ベスト盤!(CD-R)〜

LEGEND
/Ritual Echo
(CD-R/LEGEND)(UK'91-96)
古いほうのLEGENDではなく、90年代に3作品を残した、女性ヴォーカル入り英国シンフォニック・ロック・バンドの、リマスター・ベスト盤(CD-R)。未発表ライヴテイクが3曲収録されております。

〜IQの前身:THE LENS名義でリリースされた、実質的なマイケル・ホルムズの新作ソロ!アンビエント・シンフォ!〜

THE LENS
/Regeneration

(CD/Giant Electric Pea)(UK'10)
IQの前身バンドであり、01年に当時の未発表曲を新録したアルバム『A Word In Your Eye』をリリースしているTHE LENSの、何と新作2ndアルバム。といっても、実質的にはマイケル・ホルムズ(g.kbd)のソロアルバムで、全て新たなマテリアルが収められております。IQの同僚 ポール・クック(dr)や、ゲストサックス奏者を迎え(引退したマーティン・オーフォードは不参加)、GENESIS/スティーヴ・ハケット系と、時にASH RA TEMPELやOZRIC TENTACLESを思わせるトランシーなエレクトロ・アンビエント色が合体した、極めて高水準なサウンド。インスト・シンフォニックの傑作です!

〜J.ヤング率いるメロディアス・シンフォ・バンドの'15ライヴを収録した2CD+DVD:NTSC!〜

LIFESIGNS
/Live In London - Under The Bridge

(2CD+DVD:NTSC/Lifesigns)(UK'15収録)
再編グリーンスレイドへの参加で知られる、ジョン・ヤング(kbd, vo)を中心に結成され、'13年にアルバム「Lifesigns」を出しているメロディアス・シンフォニック・バンドが、'15年1月にロンドンで行なったライヴを収めた2CD+DVD:NTSC(同内容、トータル10曲84分)。スタジオ作に参加していたニック・ベッグスは脱退しており、ヤング以外は全員新顔ののg/vo, b/vo, dr/voを加えた4人編成での演奏となっています。アルバム全曲(5曲)に加えて未収録の5曲の計10曲を収めており、ジェネシス、イエス系ルーツ+'80sテイストの、親しみ易くエモーショナルなうたもの寄りサウンドは改めて極上です!

〜ジェネシス/ハケット系ベースの英国色濃厚な正統派メロディアス・シンフォ大傑作!〜

LIFESIGNS
/Lifesigns

(CD/Esoteric Antenna)(UK'13)
再編グリーンスレイドや、ジョン・ウェットン・バンドへの参加で知られる、ジョン・ヤング(kbd)が、ニック・ベッグス(スティック,b,vo/ex.カジャグーグー、アイオナ)らと結成した、メロディアス・シンフォニック新バンドのデビュー作。ジェネシス、イエス系ルーツの、英国色濃厚な歌メロと、重厚華美なkbdワーク、伸びやかなgに彩られた音像は、非常に出来良し。'80s的な洗練とノスタルジックな親しみ易さが調和した傑作! スティーヴ・ハケット、ジャッコ、タイス・ヴァン・レールがゲスト参加!

〜C.ブレンがTHIS HEAT解散後の'83年にリリースしたLIFETONESのアルバムが初CD化!〜

LIFETONES
/For A Reason

(CD/Tone Of Life Records)(UK'83)
THIS HEATのチャールズ・ブレンが、解散後の'83年にリリースしたLIFETONESのアルバム、初CD化!ブレン節のvoを交えた、NW寄りアヴァン・ポップ・サウンド良作!リマスター/デジパック!

〜元アフィニティーのリンダ・ホイルによる、何と44年振りとなる2ndソロ!〜

リンダ・ホイル (ex.アフィニティー)
/ザ・フェッチ

(CD/MSI)(UK'15)
あのアフィニティーの女性シンガー、リンダ・ホイルが、何と「ピーセズ・オブ・ミー」以来44年振りにリリースした、新作2ndソロ。アフィニティーの同僚だったモ・フォスターのプロデュース/バックアップの元、演奏にはゲイリー・ハズバンド(dr)、レイ・ラッセル(g)らが参加しての録音となっています。アンビエントなムードのモダンな音作りの中にも、往年と変わらぬホイルの歌声が、ブルージーに、時にジャジーに浮遊する、しみじみとした仕上りの好内容・秀作です!ジャケット・デザインはロジャー・ディーンが担当。

〜アフィニティーのリンダ・ホイル唯一作が、デラックス版紙ジャケット仕様で登場!〜

LINDA HOYLE
/Pieces Of Me -deluxe edition-

(BLU-SPEC CD/エアー・メイル)(UK'71)
言わずと知れたアフィニティーの女性シンガー、リンダ・ホイルが7'1年にリリースした唯一のソロ作。ニュー・クリアスの面々がバックを務めた、ブルージーな名作です。今回、デラックス・エディションとして、リマスター/Blu-Spec CD、英盤紙ジャケ+日本盤紙ジャケの2種、ファミリー・ツリーも付いた決定盤で登場!お見逃しなく!※先着特典:模擬8cmシングルCD付!("バックラッシュ・ブルース"1曲入り)

〜英国産。あのRiseAboveより送り出されたHAWKS直系メロトロン入りヘヴィ・スペース・ロックバンド!〜



LITMUS
/Aurora
(CD/RiseAbove)(UK'09)
本CDは米盤ですが、リー・ドリアン(CATHEDRAL/UK)のRise Aboveからまたも登場した英国産の注目バンドの2ndアルバム。そのサウンドはズバリHAWKWIND直系のスペース・ヘヴィ・ロックであり、前作から若干メンバーチェンジした本作でも、ストーナー/ドゥーム以降のマニアックかつレトロな様式美が全開となっています。疾走する反復リズムと、全編に渡って大々的に押し寄せるメロトロンサウンドが強烈な、ACID MOTHERS系リスナーも注目の高品質な傑作、オススメ!

/Planetfall(CD/RiseAbove)(UK'07)
こちらは1stアルバム。疾走スペイシー&ドラマティックなサウンドは既に全開。

〜ブリティッシュ・アート・ロック/サイケ・ポップ 70年の名作!新規リマスターでリイシュー!〜

LOCOMOTIVE
/We Are Everything You See

(CD/ESOTERIC)(UK'70)
才人:ノーマン・ヘインズをフィーチャーした、アート・ロック/サイケ・ポップ・バンドの唯一作!ジャズ、クラシックのテイストも交えるなど、プレ・プログレッシヴなアレンジも抜群の、ブリティッシュ・ロックの名作です!以前のECLECTIC盤CDと同内容にて、ESOTERICより新規リマスターでリイシュー!

〜IT BITEのジョン・ミッチェルによる、うたもの系プログレの新作ソロ!〜

LONELY ROBOT
/Please Come Home

(CD/ベル・アンティーク)(UK'15)
IT BITES, ARENA, FROST*等での活躍で、ここ20年来の英国プログレッシヴ・ロックの中核を担ってきたギタリスト兼ヴォーカリスト、ジョン・ミッチェル。彼が全てをコントロール出来るプロジェクトを目指して作った実質的なソロ作にあたるユニットのデビュー作。SF的なテーマを採り上げ、プログレッシヴ指向でありつつも、歌とアトモスフィアを重視した、トータルなミュージシャンとしてのミッチェルのヴィジョンを示した傑作!S.ホガースらがゲスト参加!ボーナス3曲入り、デジパックでの限定ヴァージョン!

<Members> 全作詞・作曲/プロデュース:J.ミッチェル
John Mitchell:ヴォーカル、ギター、ベース、キーボード
Craig Blundell:ドラムス/FROST*, PENDRAGON
Nick Beggs:一部ベース/ex-カジャ・グー・グー、IONA、S.ハケット・バンド、S.ウィルソンバンド

(Special Guests)
Steve Hogarth:ピアノ、バッキング・ヴォーカル/MARILLION M4,M10
Jem Godfrey:キーボードetc./FROST* M1,M5
Heather Findley:ヴォーカル/ex.MOSTLY AUTUMN M4
Peter Cox:一部ヴォーカル/ex.GO WEST M3
Nik Kershaw:リード・ギター M10

〜ファズで歪んだギターが爆裂!英国産のレトロなサイケ・ロック・バンドのデビュー作!〜

LUNAR DUNES
/From Above

(CD/LUNARDUNES)(UK'07)
英国産、ジャケット通りレトロなサイケ/ニューロック新鋭の'07年に発表した1stです。ギター/オルガン/ヴァイブ、フレットレス・ベース、ドラム・パーカッションのインスト・トリオにゲストを加えた編成になっています。ファズがかったギターを押しだし、メロディアスなサウンドを展開しています。時にゴーゴー風になるリズムもタイトで心地良い好盤です! そこはかとないジャズ風味も素晴らしいです!

〜クリアで繊細なサウンドが広がる、PANIC ROOMの女性Voとkbd奏者によるデュオ・ユニットの1st!〜

LUNA ROSSA
/Secrets & Lies

(CD/Firefly Music)(UK'14)
MOSTLY AUTUMNのアン=マリー・ヘルダー(PANIC ROOMではヴォーカル)と、ジョナサン・エドワーズのデュオ・ユニットの1st。フリーフォークというよりは、やはり英国伝統のフォーク色と、クリアーで繊細なサウンドが広がっていく、ある種モダンな女性ヴォーカルものとして上質の一枚!


◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る