◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る

REVIEW ARCHIVES:NORTH-AMERICA K
[こちらは、これまでに当店に入荷した商品のレビューのアーカイヴです。
価格・在庫の有無はSET SALE LISTを参照するか、またはお問い合わせください]

〜不変のカンサス・サウンドが全開の、実に16年振りとなるスタジオ新作!〜

KANSAS
/沈黙の序曲 The Prelude Implicit

(BSCD2/Sony Music)(USA'16)
言わずもがなの米プログレ・ハードの代表格、カンサスの、スタジオとしては「サムホエア・ト・エルスホエア」('00)以来、実に16年振りとなる新作15th。脱退したS.ウォルシュに代わって新加入のロニー・プラット(vo/kbd)をフロントにした7人編成(vlnはD.ラグスデール)にて、不変のカンサス・サウンドが全開です。ファン必携!BSCD2、ボーナス2曲追加にて日本盤リリース!

〜デビュー40周年ドキュメンタリーDVDと、ベスト盤CDのセット!〜

KANSAS
/奇跡(Miracles Out Of Nowhere)

(CD+DVD:NTSC/Epic)(USA'15)
デビュー40周年ドキュメンタリーDVDと、ベスト盤CDのセット!完全生産限定盤。

〜K・リヴグレン、S・モーズも登場、フル・オーケストラ入りのド級スケールで展開される、絢爛たる35周年ライヴ!!〜

KANSAS
/There's Know Place Like Home

(2CD+DVD[NTSC]/InsideOut)(USA'09)
(2CD/InsideOut)(USA'09)
(DVD[NTSC]/InsideOut)(USA'09)

アメリカン・プログレッシヴの代表格:カンサスが、09年2月に地元カンサスで行った35周年コンサートを収録したDVD(NTSC)と、同音源の2CDのセット(2CDのみのエディション、DVDのみのエディションもそれぞれあり)。ヴァイオリンにデヴィッド・ラグスデールが復帰したバンドに、巨大なフル・オーケストラ、さらにはスペシャルゲストとしてケリー・リヴグレン(g)、スティーヴ・モーズ(g)も加わった、アニヴァーサリーに相応しい豪華絢爛たるステージになっています。"Song For America" "Carry On Wayward Son"などのベスト的選曲、ドラマティック極まる演奏、スティーヴ・ウォルシュのヴォーカルも申し分のない、正に集大成たる名演&名盤!!

なんと、ほぼ全て未発のDisc2がついて倍増した、2CD再発!!

KANSAS
/Two For The Show
(CD/USA'08)
これは凄い!言わずと知れたカンサス全盛期の名ライヴ、1曲以外は全て未発の全11曲入りDisc2が付いた、圧巻のエクスパンデッド・エディション!必聴です!!

〜産業ハード色を強めたカンサスの'83年作が、リマスター再発!力作!〜

KANSAS
/Drastic Measures

(CD/Rock Candy)(USA'83)
「Vynil Confessions」('82)に続きリリースされた'83年作。前作より加入したジョン・エレファンテ(vo)をフロントに、近年のライヴでもプレイされている“Fight Fire With Fire”(1)はじめ、いわゆるジャーニー路線の産業ロック色を強めた内容になっています。コンパクトながら、どこを切っても'80年代という懐かしさに満ちた、実は力作!

〜ビアードフィッシュに通じる屈折感の、ダークな個性派ヘヴィ・プログレッシヴ・バンド!〜

KARCIUS
/The First Day

(CD/Unicorn)(Canada'12)
カナダ/ケベック産、クリムゾン系+プログレ・ハード的、屈折個性派ヘヴィ・プログレッシヴ・バンドの、「Episodes」('08)に続く新作4th。英語vo/b,dr/per,g,kbdの4ピースに、ln,cello他のゲストが加わっての録音となっています。A.ブリュー風の声質及び節回しのvo含む、後期〜新生クリムゾン色と、いわゆるプログレ・ハード、更にはコロイド系のシアトリカル性をブレンドした、ダークかつ屈折したサウンドは、オリジナリティ抜群です。スリリングにしてイマジナリーな注目の傑作!

〜カナダのUnicornレーベルから登場した、クリムゾン〜BRUFORD影響下のプログレッシヴなハード・フュージョン・バンドのデビュー作!〜

KARCIUS
/Sphere

(CD/Unicorn)(Canada'03録音)
カナダのUnicornレーベルから登場した、g,kbd,b,drの4人組インスト・バンドの恐らくデビュー作('06/録音は'03)。クリムゾン、BRUFORD、BRAND X等をルーツにしたようなプログレッシヴ・ジャズ・ロックに、ハード・フュージョン、メタルなどの要素を加えた、アグレッシヴかつ屈折したサウンドは、個性的かつ高品質です。同レーベルのSPACED OUTをメタリック・フュージョンに寄せたかのような力作! ピアノ/シンセを多彩に使い分けるkbd、豪快なギター・ワークも魅力的!

〜屈折プログレ・ジャズ・ロック新作3rd!UK/BRUFORDミーツFLOYD!?出来良しスイセン!〜

KARCIUS
/Episodes
(Canada'08)(CD/Unicorn)
カナダ産、g, kbd, b, drの4ピースによる、プログレッシヴ・ジャズ・ロック・バンドの「Kaleidoscope」('06)に続く3作目。UKやBRUFORDの影響を感じさせる、屈折センスのプログレ寄りサウンドは更にカラフルかつメロディアスになっています。フロイド風の泣きを交えた、ドラマティックな30分強の組曲はじめ、弦カル入りスパニッシュ系、メタル・ディシプリン、ダブ調まで、正に聴き応え満点の会心傑作!!

〜不気味なオーケストラル・エレポップの反復+浮遊感が摩訶不思議な秀作!〜

KAYO DOT
/Plastic House On Base Of Sky

(CD/The Flenser)(USA'16)
米国きってのアヴァン+メタル+ポスト・ロック的バンドだった、ケイヨ・ドットの「Coffins On Io」に続く新作。メタル色を排除し、不気味なポップ〜オーケストラルNW的な音像に生まれ変わった前作を継いだアヴァンなアンビエント・エレポップを、ここでも展開しています。男性リードvo。管弦、クワイアも一部で交えた長尺曲志向にて、重属的反復と浮遊感が相まった、摩訶不思議な音像の秀作。

〜これはエグい! デス+暗黒チェンバー!〜

KAYO DOT
/Gamma Knife / Grey Dream

(CD/Antithetic)(USA'12)
米国きっての暗黒変態ミクスチャー・バンド、ケイヨ・ドットのニュー・アルバム! ブラックメタル/デスと、スローコア/アヴァン・チェンバーを合体させたブラス入りデス・ヴォイス入りのサウンドは、退廃美極まる激インパクトなもの。ヘヴィ・チェンバー派も注目です!

〜米国産、変態オルタナ・プログレ・メタル・バンド'10新作。殆どレコメンと化した暗黒ヘヴィ・アヴァン・ロック!〜

KAYO DOT
/Coyote
(CD/HydraHead)(USA'10)
米国産、オルタナ・メタル+プログレ的変態バンドの、2年ぶりとなる新作、今回はニューウェーヴというよりも、殆どレコメンな、ヘヴィかつダークな変則的アヴァン・ロックを、管楽器やヴォーカル入りで聴かせる内容になっております。

〜シカゴ拠点テクニカル・ジャズ・ロック〜フュージョン・バンドの最新作3枚目!〜

KICK THE CAT
/Scramble
(CD/USA.'08)
BAD DOG UやTHE RENEGADESとも交流のある、シカゴ拠点のプログレッシヴ・フュージョン/ジャズ・ロック・バンド、キック・ザ・キャットの、「Weirdo」に続く3作目。素晴らしい出来だった前作同様、BRUFORD〜PRISM系列のテクニカルかつメロディアスなサウンドを展開しています。疾走するギター・ソロ、凝った曲想含め、この筋でもトップ・クラスの高品質作!前述の2バンドを気に入っている方、ホールズワース系マニアも注目です!

〜お待たせしました!シカゴ拠点のジャズ・ロック〜フュージョン・バンド、2作目も入荷!〜

KICK THE CAT
/Weirdo
(CD/USA.'02)
シカゴ拠点で活動し、BAD DOG UやTHE RENEGADESとも交流のあるテクニカル・プログレ・フゥージョン/ジャズ・ロック・バンドの02年のセカンド・アルバムが新作と同時に入荷しました。kbd、g、b、drの4人編成で、BRUFORDやPRISMを思わせる、スピーディな疾走感と屈折したリズムの面白味が共存したサウンドは面白味十分。ヒネリの効いた作曲とテクニカルなソロのバランスも秀逸な高水準作!

〜ドラマティックな高揚感のある、メロディアス・シンフォニックの傑作!〜

KINETIC ELEMENT
/Travelog

(CD/MRR)(USA'15)
米国ヴァージニア州リッチモンド出身、キーボード、ギター、ベース、ドラムスの4人組による本格シンフォニック・ロック・バンドの「Powered By Light」('09)に続く新作2nd。ハイトーンの男性シンガー(M1,M2,M4)及び女性ヴォーカル(M3)、ソロも出しているMike Florio(M5)の計3名のヴォーカルをフィーチャーして、20分前後大曲2曲を含む、全5曲を収めています。イエスを基調に、ELP、ジェネシス、クリムゾンの影響をバランス良く配した、メロディアスにしてドラマティックなサウンドが味わえる、注目の大力作です!ミックス/マスタリングは、グラス・ハマーの2人が担当!

〜これは良盤!米産メロディアス・キーボード・シンフォニック新鋭1st。抜群のアレンジとツボを得たプレイ!〜

KINETIC ELEMENT
/Powered By Light
(CD/KineticElement)(USA'09)
米国ヴァージニア州リッチモンド拠点の、4ピース(p/organ/syn/vo、dr、b、g)メロディアス・キーボード・シンフォニックバンド新鋭のデビュー作。EL&P、YES、GENTLE GIANT、初期KING CRIMSONなどをルーツにしつつ、単一タイプ分けされない程好いバランスのキーボード系アプローチによるサウンドを展開しています。端正でソフトなタッチは近年の米国では珍しく、マニアックなツボを得たアレンジと、良い声質のヴォーカルも含めた楽曲主義のアレンジが非常に心地良い。注目のデビュー作です。

〜エモ+アヴァン+プログレスなNY産バンドの2nd!SGM周辺+スロー・コア+ニューウェイヴ/レコメン的!〜

KISS KISS
/The Meek Shall Inherit What's Left

(CD/EYEBALL)(USA'09)
ニューヨーク拠点の、エモ+アヴァン的ロック・バンドの2ndフルアルバム。まさにエモーショナルかつシアトリカルなイメージの男性ヴォーカルと、東欧トラッド風の女性ヴァイオリニストをフィーチャーしたバンドに、管弦楽器も交えたプログレッシヴ色の強いオルタナ・サウンドになっています。SGM周辺を思わせるヘヴィなタッチから、スロー・コア風のオーケストラルな展開、ニューウェイヴ/レコメン調まで、結果的にはレコメン/アヴァン系リスナーに向く、重厚な仕上がりです。妖しくミステリアスな1枚!

〜カナダ産、裏ビートルズとまで称される名ポップ・バンド、シンフォニック寄りの名作がリイシュー!〜

KLAATU
/Magenta Lane
(CD/Canada.'08)
07リイシュー・エディション!「カナダの裏ビートルズ」として登場したクラトゥーの、こちらは81年の5th。裏ウイングス風だった3rd/4thとは少々異なり、ここではオーケストラも導入した、シンフォニック寄りのメロディアス・ポップを展開しています。時にアラン・パーソンズあたりを思わせたりもする、ハイ・クオリティな裏名盤!ここの所入手困難でしたので、ぜひこの機会に!

〜女性voによるフレンチ・シアトリカル・チェンバー作!〜

KLO PELGAG
/L'Alchimie Des Montres

(CD/Zamora Productions)(Canada'13)
フレンチ・カナダ系シアトリカル・チェンバー・ポップ/女性voグループの1stフル! ビョーク風の仏語voを中心に、シャンソン物からプログレチックな曲まで聴かせる充実作!

〜テオ・ブラックマンとの共演作も出している、米国産アヴァン・ジャズ系バンドの'10年作!〜

KNEEBODY
/You Can Have Your Moment

(CD/Winter & Winter)(USA'10)
テオ・ブラックマンとの共演作も出している、米国産アヴァン・ジャズ系バンドの'10年作。フェンダーローズ、2管、el-b、drの5人編成にて、ところどころザッパ、或いはジャンゴ・ベイツ的ともいえるファンク・フュージョン風味が感じられるアルバムです。濃厚スリリング!

〜時にヘンリー・カウ〜レコメン系にも通じる、シリアスかつイマジナリーなアヴァン・ジャズ!〜

KRIS DAVIS INFRASOUND
/Save Your Breath

(CD/Cleanfeed)(Canada'15)
カナダの女流ジャズ・ピアニスト/コンポーザー、クリス・デイヴィスがNYで録音した'15作。4管(全員バスクラリネット/クラリネット)、el-g、オルガン、dr(ジム・ブラック!)という8人編成にて、時にヘンリー・カウ〜レコメン系にも通じる、シリアスかつイマジナリーなアヴァン・ジャズを展開しています。ポリリズミックなアンサンブルから、空間的なインプロ、そしてチェンバー寄りの面まで、上品かつ流麗に迫る、高品質の秀作です!

〜あのクロノス・カルテットが、何とアリム・カシモフ父娘と共演!中央アジア・サウンド炸裂のライヴ!〜

KRONOS QUARTET
with ALIM&FARGANA QASIMOV and HOMAYUN SAKHI

/Rainbow
(CD+DVD[NTSC]/SmithonianFolkways)(USA/Azerbaycan etc'10)
米の先鋭的な弦楽カルテットの草分け:クロノス・カルテットが、中央アジアのトラッドにアプローチした野心作。アフガニスタン出身のラバナ(民族弦楽器)奏者:Homayun Sakhiとの共演(@:約30分)、そして何と、アゼルバイジャンの至宝:アリム・カシモフ父娘率いるアンサンブルとの共演(A〜E:約35分)とライヴ録音で収録しています。何といっても、アリム・カシモフ父娘の超絶的歌唱が炸裂する後半が素晴らしく、クロノスもたじたじの?トラッド・パワーが味わえる注目作!リハーサルやインタビュー入りのドキュメンタリー(約25分)を中心としたボーナスDVD(NTSC)付き豪華パッケージにて!

〜ATLANTISのベーシスト率いるバンドの2nd。メロトロン音も多用した、GENESIS+プログレ・ハード的音像!〜

K2
/Black Garden
(CD/MAGNA CARTA)(USA'10)
アメリカのプログレ・ハード・バンド:ATLANTISのベーシストであるケン・ジャックスが率いるシンフォニック・プロジェクト・バンドの、アラン・ホールズワースが参加して話題となった『Book Of The Dead』('04)に続く2作目が、MAGNA CARTAレーベルより登場。新たにピーター・ゲイブリエル風のヴォーカリストが参加し、キーボードでは前作に続き奥本亮をフィーチャーしての録音です。メロトロン音も多用した、GENESIS系とプログレ・ハードのミックスとも言えるサウンドは、パワフルかつダイナミックな仕上がり。前作以上の完成度を放つ、注目の傑作です!

〜シアトル産。ぶっ飛びおバカミクスチャー・バンドの4thアルバム登場!怪作!!〜

KULTUR SHOCK
/Intergration
(CD/KulturShock)(USA'09)
エイミー・デナイオ参加!シアトル産、バルカン/中近東フォーク+メタル+チェンバー的?ぶっ飛びミクスチャー&おバカバンドの4thアルバム!ESTRADASPHEREとDiablo Swing Orchestraの中間を行く?キテレツな怪作!

〜P.メセニーやRTFルーツの、非常にセンスの良いブラジリアン・フュージョン+ポップ!〜

KURT ROSENWINKEL
/Caipi

(CD/Heartcore Records)(USA'16)
元HUMAN FEELのメンバーで、近年、NYのジャズ・シーンで活躍し注目を集めるギタリストの'16年リリース作。自身のマルチ多重(g, b, dr, per, syn, vo)に、ブラジル人男性シンガーや管、per奏者ら多数のプレイヤーが加わって、いわゆるブラジリアン・フュージョン+ポップを展開しています。パット・メセニーや最初期RTF辺りのルーツも窺わせつつ、むしろカンタベリー・ポップ的ともいえる、流麗かつキャッチーな楽曲が詰まった、非常にセンスの良い傑作です!アルゼンチンの「青春系」を好む向きにもおススメ!

◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る