◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る

REVIEW ARCHIVES:HOLLAND-BELGIUM Q-T
[こちらは、これまでに当店に入荷した商品のレビューのアーカイヴです。
価格・在庫の有無はSET SALE LISTを参照するか、またはお問い合わせください]

〜清涼感と疾走感の有るオズ・テン直系サウンドを展開!〜

QUANTUM FANTAY
/Dancing In Limbo

(CD/Progressive Promotion)(Belgium'15)
ベルギーのオズリック・テンタクルス直系スペース・サイケデリック・バンドの'15年新作!シンセ、ギター、ベース、ドラムスの4ピースに、フルート、オズ・テンその人Ed Wynne(g,グリッサンドg)らゲストを加えて、正しくオズ・テン調の、清涼感と疾走感の有るサウンドを展開!エスニック・テイストも効いた、オズ・テン・ファン注目の快作です!

〜ベルギー産、OZRIC TENTACLES直系のハード/シンフォニック的スペース・ロック・バンドの新作〜

QUANTUM FANTAY
/Bridges Of Kukuriku

(CD/bassik)(Belgium'10)
ベルギー産、OZRIC TENTACLES直系のハード/シンフォ的スペース・ロック・バンドの、『kaleidoscope』('09)に続く新作。シンセ、ギター、ベース、ドラムスの4ピース+ゲストでフルート奏者他を迎えた編成にて、まさにオズ・テン風のアッパーに疾走するクリアなサウンドを今回も展開しています。彼らの特色といえる?シンフォ/プログレ風味も随所で効いた、手応え十分、勢いたっぷりの痛快作!

〜リチャード・ハレビークが全面参加! 技巧派プログレ・フュージョン・ドラマーの最新ソロ!〜

RENE ENGEL
/Slow Life

(CD/ベル・アンティーク)(Holland'13)
オランダ出身、技巧的でありつつも作曲性の高いサウンドが持ち味のプログレ・フュージョン/ジャズ・ロック系ドラマー、ルネ・エンゲルの4thリーダー作。自らkbdもプレイするバンド・スタイルにて、明快なメロディと凝った構成が魅力の、ウェザー・リポートやブラッフォードにも通じる音楽性を、更なるクオリティで展開しています。先頃リリースされた「RHPII」が話題の技巧派ギタリスト、リチャード・ハレビークが全面参加しているのにも注目の逸品です!

〜Richard Hallebeek参加! オランダのプログレ・フュージョン系ドラマーの3rdアルバム!〜

RENE ENGEL
/Nostalgia

(CD/CrisCrazz)(Holland'02)
マイク・スターンとも共演歴のあるオランダのドラマー、ルネ・エンゲルの'02年リリース作(3rd)。本作もアラン・ホールズワース系のギタリスト、Richard Hallebeekをフィーチャーしたバンド編成です。タイトル通り、ノスタルジックなECM風の?テイストも加味して、よりクリアー&メロディアスな作風に仕上がっています。ゆったり目ですがBRUFORD系のテイストも健在。聴き応え十分の秀作!

〜Richard Hallebeek参加! オランダのプログレ・フュージョン系ドラマーの2rdアルバム!〜

RENE ENGEL
/Spheres Of Samarkand

(CD/Now Road)(Holland'98)
マイク・スターンとも共演歴のあるオランダのドラマー、ルネ・エンゲルの'98年2ndリーダー作。ギターは3rd「Nostalgia」('02)にも参加のRichard Hallebeekで、ホールズワース風の快調な速弾きを聴かせます。エスノ/ラテン風味の強い、BRUFORD〜ウェザー・リポート系列のテクニカル・フュージョン/ジャズ・ロックです。パーカッションを強調しつつ、テクニカル&メロディアスな好作! おススメ!

〜リチャード・ハレビークの'04年作がリマスター&ボーナス追加にて再発!〜

RICHARD HALLEBEEK
/RHP

(CD/Richie Rich)(Holland'04)
傑作「RHP II」がロングヒットを続けるオランダの速弾きギタリスト、リチャード・ハレビークの、長らく入手困難だった実質的1stソロ「RHP」が、リマスター、ボーナス1曲追加にて待望の再発! 盟友ラレ・ラーション(kbd)、S.コーネリセン(dr)らとの4ピース・バンド演奏を基本に、ゲストgで生前最後の録音となった故ショーン・レーン及びブレット・ガースドが4曲ずつ参加しています。アラン・ホールズワース/BRUFORD系列のテクニカルなソロ・プレイと高度なアレンジの楽曲性が共存した、圧巻のプログレッシヴ・フュージョン/ジャズ・ロック作! 技巧派リスナー必聴です!

〜発売後即廃盤となっていたリチャード・ハレビーク幻のデビュー作がリマスター再発!〜

リチャード・ハレビーク、アンティ・コティコスキ
/ジェネレーター

(CD/ベル・アンティーク)(Holland'95)
傑作「RHPII」をリリースして、とみに注目を集めるオランダ出身の速弾きギタリスト、リチャード・ハレビークの幻のデビュー作('95)がリマスター再発。米国のGITで意気投合した、同じくギタリストのアンティ・コティコスキとの連名/共演作で、ツインgもしくはどちらか一方のバンド演奏(kbd入り)を収めており、F.ギャンバレ、S.ヘンダーソン、もゲスト参加しています。メタル色は全く無く、想像以上にホールズワース〜BRUFORD〜ウェザー系の色の強い、プログレ・フュージョンの傑作です! 元盤はレーベル閉鎖により早々と廃盤になっていた為、正に待望の再発!

<プレイヤー>
・Richard Hallebeek(g/M3以外全曲)
・Antti Kotikoski(g/M3,4,6,8,9)
・Scott Henderson(gソロ/M2)
・Frank Gambale(gソロ/M8)
・Scott Kinsey(kbdソロ/M3)
その他b,dr,kbd入りのバンド編成での録音

〜ラレ・ラーション、ONE SHOTのメンバー、A.マカチェク、G.ゴーヴァンらが参加のハレビーク・ソロ作!〜

RICHARD HALLEBEEK
/RHPII

(CD/ベル・アンティーク)(Holland'13)
近年ではラレ・ラーションのウィーヴワールド3部作に参加していた、オランダ出身の速弾きギタリスト、リチャード・ハレビーク2作目となるリーダー・アルバム。盟友ラレ・ラーション(kbd)を含む4ピース・バンド(リズム隊はONE SPIRITのメンバー)をコアに、曲毎にA.マカチェク(UKZ)、G.ゴーヴァン(THE ARISTOCRATS)、G.ハウ、K.ルーレイロ(ANGRA)ら豪華ゲストも迎えての録音です。ホールズワース〜BRUFORD系ルーツのプログレ・フュージョン/ジャズ・ロックを基調に、ややハードなタッチも交えつつ、ハレビークの鋭角的ソロが弾き倒す、技巧派リスナーのみならず必聴の会心大傑作!

〜ショーン・レーンとブレット・ガーストがゲスト参加の、ハレビークのリーダー作がCD-R仕様で再入荷!〜

RICHARD HALLEBEEK PROJECT
/S.T.(feat. Shawn Lane & Brett Garsed)

(CD-R/Liquid Note)(Holland'04)
アラン・ホールズワース影響下のギタリストによるリーダー作。自らのギター、及びギター・シンセ、kbd、b、drが加わったバンドを基本に、ギター・ソロ・ゲストとして、ショーン・レーンとブレット・ガーストが参加しての録音です。洗練されたタッチのテクニカル・フュージョン/ジャズ・ロックを展開しており、西海岸風味も有るものの、大半のパートでBRUFORD〜ホールズワース系のニュアンスを感じることが出来ます。流麗にしてスリリングな、技巧派リスナー注目の秀作! CD-R仕様にて再入荷!

〜A・マカチェク、G・ハズバンドも参加!オランダのドラマーが豪華メンバーを迎えて制作したProgfusionな2nd!〜

SEBASTIAAN CORNELISSEN
/U-Turn (CD/BelleAntique)(Holland'09)

オランダのISOTOPE(G・ボイルのバンドとは別)のドラマーが「Agressive Attack」に続き制作した2ndソロ。1〜3曲ごとにG・ハズバンド(kbd)、S・ハント(kbd)、S・キンゼイ(kbd)、R.Hallebeek(g)、アレックス・マカチェク(g)、アドリアン・フェロー(b)ら、豪華メンバーが参加しています。ヨーロッパらしい、端正で上品なECM系のタッチとBruford/ホールズワース系テクニカル色が共存した、高水準なプログレ・フュージョン/ジャズ・ロックです。技巧派リスナーは注目です!

〜クリムゾン、ザッパ、J.ゾーン・ルーツ! ベルギー産ハードコア・レコメン新鋭デビュー作!〜

SH.TG.N
/SH.TG.N

(CD/MoonJune)(Belgium'12)
MoonJuneレーベルが送り出した、ベルギー産6人組(kbd/vo,vo,vib,g,b,dr)アヴァン・プログレッシヴ/ハードコア・レコメン系バンドのデビュー作。クリムゾン、ザッパ、J.ゾーン(もしくはM.パットン)等をルーツとした、ヒステリックなオルガン風kbdとパンキッシュなvo、妖しいヴァイヴを軸としたサウンドは、フレンチ・レコメン系や東欧勢にも通じるロック色の強いものです。メタリックなギターと、時に演説調になるvo(英語)も強力で、構築性と疾走感も十分の快作!

〜オランダ産、ペンドラゴン系王道メロディック・シンフォ・バンドの新作が登場!〜

SILHOUETTE
/Beyond The Seventh Wave

(CD/Freia Music)(Holland'14)
今や、オランダ・メロディック・シンフォニック屈指の存在となったバンドの新作4th。オーセンティックな5人編成(ヴォーカルは英語)に、今回はカヤックのトン・スケルペンツェール(モーグ)がゲスト参加、さらには管・弦プレイヤーも交えて、クラシカルなタッチを含めて、よりスケールの大きいサウンドを展開しています。ペンドラゴン/IQ直系のテイストのみならず、近年のカヤックに通じる面や、メタリックなパートまで、ブ厚くダイナミックに迫る、彼らの現時点での最高作!ジェネシス風メロトロン音も健在!

〜ペンドラゴン+'70sハード・テイストのオランダ産メロディック・シンフォ・バンド新作3rd!〜

SILHOUETTE
/A Cross The Rubicon

(CD/Progress)(Holland'12)
オランダ産メロディック・シンフォニックの好バンド、SILHOUETTEの、「Moods」('09)に続く新作サード。前作はコンセプト・アルバムでしたが、今回は曲毎に独立したテーマの8曲を収めており、うち3曲は11分強の長さになっています。ペンドラゴンやパラスを、よりハードな'70s風に寄せたような作風の中、今回はとにかく泣きのメロディを際立たせた、メリハリも十分の音像です。オルガン/メロトロン音も交えたkbdワークも光る、重厚な叙情派シンフォニックの傑作! おススメ品!

〜オランダ産メロディック・シンフォバンド新鋭。メロトロン&モーグを押し出したPENDRAGON系サウンド〜

SILHOUETTE
/Moods
(CD/ProgressRecord)(Holland'09)
近年とみに充実しているオランダのメロディック・シンフォニック・シーンから登場した、注目の新鋭バンドの2ndアルバム。キーボード、ギター/ヴォーカル、ベース、ドラムス/ヴォーカルの4人編成によるサウンドは、PENDRAGONやPALLASをルーツとした正統派で、更にメロトロンサウンドなどアナログ・タッチのキーボードワーク(時にウェイクマン風でもある)を思い切って押し出した、キャッチーかつ爽快なものになっています。声質の異なるギターとドラムスのリードヴォーカルが各々魅力を放つ一方、泣きのギターもここぞとフィーチャーされた楽曲は演奏力も含めて非常に高水準。おススメです!

〜ピエール・ヴェルヴェローゼムの新プロジェクト!〜

SIMPLE
/Undeletable

(CD/Off)(Belgium'14)
強烈なインパクトで'90年代アヴァン・ロック・シーンを席巻したベルギーの伝説的バンド、X-LEGGED SALLYや、その後を継ぐFLAT EARTH SOCIETYで活躍した奇才ギタリスト、ピエール・ヴェルヴェローゼム(本作ではベースをプレイ)の最新プロジェクト。そのバンド名通り、自身の音楽性をストレートに反映した、ひねくれたサウンドのアヴァン・ジャズ・ロック作です。サックス、オルガン/シンセ、ベース、ドラムの4ピースによる複雑怪奇な切り返しと変拍子を多用しつつ、グルーヴィな面から畳み掛ける疾走パートまで、ザッパ、マイルス、クリムゾン等のルーツを緩急自在に調理した、明るい変態系の傑作!

〜オランダ産、テクニカルなメロディック・シンフォ!〜

SKY ARCHITECT
/A Dying Man's Hymn

(CD/GONZO)(Holland'11)
オランダ産、屈折テクニカルかつメロディアスなシンフォニック・ロック・バンドの2ndアルバム。vo/g,kbd,g,b,drの5人編成にて、ジェントル・ジャイアント/イエス系の技巧性と、フロイド系ルーツの叙情味が交錯する、ダイナミックなサウンドを展開しています!オランダらしいキャッチーなvoパートから、意表を突いたジャズ・ロック風味まで、練り込まれた楽曲が魅力の、非常に高水準な傑作!

〜オランダ産新鋭。プログレ・メタル色を加味したドラマティックな屈折ハード・シンフォニックを展開!〜

SKY ARCHITECT
/Excavations Of The Mind
(CD/GalireoRecords/ProgRock)(Holland'10)
スイスのGalileoレーベルから登場した、オランダ産若手シンフォニック・ロック・バンドのデビュー作。リードヴォーカル/ギター、ギター、キーボード、ベース、ドラムスの5ピースによるサウンドは、ジャケットの印象ほどメタリックではなく、むしろ屈折したモダン・ヘヴィ・メロディック・ロックというべきものになっています。メロトロン音含むヴィンテージ・キーボードも交えた、KING CRIMSON/PORCUPINE TREE系と、YES/THE FLOWER KINGS系をミックスしたようなダイナミックな演奏は高水準。ヘヴィ・シンフォ系リスナーは注目の1枚!

〜フォーカスと兄弟バンドのような活動をしていたソリューションの初期4作をまとめた3CD!〜

SOLUTION
/Mythology

(3CD/ベル・アンティーク)(Holland'71-'77)
フォーカスの名盤「ムーヴィング・ウェイヴス」に曲を提供するなど、彼らと兄弟バンドのような活動をしていたといわれるソリューションの代表作「ソリューション」(1st,'71)、「ディヴァージェンス」(2nd,'72)及び、長らく入手困難になっていた3rd「コルド・ブルー」('75)、4th「フリー・インターロッキング」('77)の初期4作をリマスターでまとめた上、'71年の未発表ライヴ(約40分)や、シングル用別ver等を収めた3CD。彼らの全貌がここに! お見逃しなく!

〜オランダ屈指のジャズ・ロック・バンドの傑作1stがEsotericより最新リマスターにて再発!〜

SOLUTION
/Solution

(CD/Esoteric)(Holland'71)
オランダ'70s屈指のプログレッシヴ・ジャズ・ロック/フュージョン・バンド、ソリューションのデビュー作。fl/sax,p/el-p/org,b/vo,drの4人編成によるインスト主体のサウンドは、時にソフト・マシーン或いはスーパーシスター辺りに通じる、ややダークなタッチのものになっています。更にはフォーカス、ナイス風のオルガン・パートも盛り込んでいる、彼らの作品中でも最もプログレッシヴ・ロック寄りの傑作です。Esotericよりリマスター/プラケースにて再発! 注目です!

〜オランダ屈指のジャズ・ロック・バンドの2ndがEsotericより最新リマスターにて再発!〜

SOLUTION
/Devergence

(CD/Esoteric)(Holland'72)
オランダ屈指のプログレッシヴ・フュージョン/ジャズ・ロック系グループ、ソリューションの2nd。bがチェンジした4人編成(fl/sax,p/el-p/org,b,dr)にてM1、M6にvoナンバーを配するなど、よりメロディアスなサウンドを展開しています。フォーカス"イラプション"中で使用されるフレーズの原曲(発表は前後しましたが彼らがオリジナル)のタイトル曲M2などフォーカスやスーパーシスターをよりメロウなプレ・フュージョン/AOR的にしたともいうべきソリューションの独自性が確立された秀作! Esoteric最新リマスター!

〜AKA MOONのドラマーの初ソロ・アルバム! 傑作!〜

STEPHANE GALLAND
/Lobi

(CD/Outnote)(Belgium'12)

オランダきっての越境型アヴァン・ジャズ・ロック・トリオ、AKA MOONのドラマーの1stソロ。気鋭のフルート奏者Magic Malik(フランス)はじめ、スペインの大御所Carles Benavent(b)、アルメニアのp、トルコのper、ブルガリアのaccという、多国籍なプレイヤーを迎えたバンドでの録音となっています。強烈な手数とスピード感で疾走するリズムの上を、エスニックな超絶技巧のリード・プレイが駆け回る、バルカン〜中近東タッチのスリリングなサウンドが圧巻。痛快なジャズ・ロックの傑作!

〜オランダ産ゴシック・メタル・バンド、ルカッセン脱退後の2作目!〜

STREAM OF PASSION
/Darker Days

(CD/AVALON)(Holland'11)
(CD/Napalm Records)(Holland'11)
バンド結成時はアルイエン・アンソニー・ルカッセン(AYREON)が中心となっていた、オランダ産ゴシック・メタル・バンドの、ルカッセン脱退後の2作目となる、新作3rd。ヴァイオリンもこなす美貌の女性シンガー、アルチェラをフロントにした6人編成に、バンドネオン&アコーディオン、弦楽もゲストで加え、荘厳かつダイナミックなサウンドを存分に展開。ウィズ・イン・テンプテーションをより叙情的にしたような、完成度抜群の快作です!輸入盤はデジパック仕様、ボーナス1曲。AVALON国内盤はプラケース仕様、ボーナス2曲追加収録。

〜アルイエン・ルカッセンによるゴシック寄りハード・シンフォ・バンドの1st〜

STREAM OF PASSION
/Embrace The Storm -Special Edition-

(CD+DVD[NTSC]/InsideOut)(Holland'05)
AYREON他のアルイエン・アンソニー・ルカッセンが、女性ヴォーカル/ヴァイオリンのマルシラ・ボヴィオをフィーチャーして結成したゴシック・メタル寄りハード・シンフォニック・バンドの1st。アルバムのメイキング、PVなどの映像とデモ音源マテリアルを収録したボーナスDVD[NTSC]付きスペシャル・エディション&スリップ・ケース付き仕様。

〜スーパーシスターの完全初出未発ライヴ集! '71年&'73年の全盛期の彼らを収めた名演!〜

スーパーシスター
/ロング・リヴ・スーパーシスター!

(CD/ベル・アンティーク)(Holland'71/'73録音)
ソフト・マシーンから強く影響を受けたと共に、時にエッグやELPを思わせるキーボード・プログレッシヴの要素も加えて、カンタベリー影響下のバンドの中でも最高峰のひとつと目されるスーパーシスターの、全初出&音質抜群のライヴ音源集('71年&'73年録音)が登場! 彼らの全盛期に当たる'70年代前半の初期3作からの楽曲を、ライヴならではの迫力とドライヴ感を増した演奏にて聴かせます。吹きまくるフルートとエレピ/オルガンのプレイも素晴らしく、隠れた名バンドとも言われる彼らの実力と魅力をこれ以上なく見せつける驚愕の音源!

〜バレエとの共演から生まれたエポックな大作タイトル曲をしたフィーチャーした'72年のサード!〜

SUPERSISTER
/Pudding en gisteren
(CD/EU'08)
ダッチ・プログレッシヴの代表格。こちらは'72年の3rd。以前2in1のフォーマットで出ていましたが単体リマスターで再発です。キャラバンを思わせるキャッチーでポップな歌ものと、S,マシーン風のスリリングなインストから成る旧A面、バレエ団との共演から生まれた大作タイトル曲が占める旧B面という構成で、更なるオリジナリティを確立しています。キャメルに先がけたようなフルートの叙情、屈折した曲展開、タイトな疾走感、いずれも抜群の快作!!初CD化のメロトロン入りシングル・トラック含む2曲をボーナス追加!

〜クラシカル・シンフォニック色も交えた、重厚華麗な代表作!C,マリアーノ参加!〜

SUPERSISTER
/Iskander
(CD/EU'08)
アレキサンダー大王をテーマにしたトータル・コンセプト・アルバムとなった'73年の4th。Fl奏者及びドラマーが脱退し、新たにチカーリー・マリアーノ(fl, sax)と新ドラマーを加えての録音です(1曲マリンバでP,モエルランも参加)。カンタベリー・ジャズ・ロック系ベースの曲調は保ちつつも、テーマに相応しい重厚なクラシカル/シンフォニック色も感じさせるアンサンブルは見事なもの。彼らの代表作といえる一枚!今回、単体リマスターの上、全曲初CD化のシングル・トラック4曲をボーナス追加!!

〜オランダ産プログレッシヴ・ロックを代表する名バンドの記念すべき1st!最もカンタベリー色の強い大名盤〜

SUPERSISTER
/Present From Nancy
(CD/EU'08)
ソフト・マシーンやエッグを思わせるカンタベリー・テイストとザッパ的屈折感そして流麗なクラシカル色を統合したサウンドで、オランダを代表するバンドのひとつ、スーパーシスター。以前2in1のシリーズでCD化されていましたが、今回1st〜4thが各々単体リマスター/ボーナス入りで再発となりました。本作は記念すべき1st。フルート、オルガン、ファズ・ベースを用いて、最もカンタベリー色の強い、代表曲も多数の名作です。'70年のシングル・トラック4曲(コンピ「super star shine」でCD化済)をボーナスで追加しています。

〜1stを継ぎつつ、よりカラフル&ドラマチックなジャズ・ロック寄りサウンドを展開した傑作!!〜

SUPERSISTER
/ToTheHighest Bidder
(CD/EU'08)
'70年代初期オランダを代表する名バンド、スーパーシスターの、こちらは'71年セカンド。かつて2in1のフォーマットでCD化されていましたが、単体リマスターで再発となりました。ソフト・マシーン、エッグ等カンタベリー系に通じるジャジーかつ屈折したサウンドは1stと同傾向ですが、kbdの音色はじめ、より作り込まれたダイナミックなものになっています。スリリングなインスト・パートが冴えるジャズ・ロック寄りの傑作!'71年のシングル4曲(2曲初CD化)を追加!

〜Jack Langeveltを中心にした、g入りインスト・バンド・プロジェクトの1st!〜

SURVIVAL
/Crusader
(Holland.'08)(CD/Musea)
エクセプション、トレース、ナイス、ELPに影響を受けたと語るキーボード奏者、Jack Langeveltを中心にしたグループ、サヴァイヴァル。'81年に結成され'97年に解散した彼らが復活して発表した、実質的なファースト・アルバムです。リック・ヴァン・ダー・リンデン調のメロディアスなキーボードとメタリックなギターが、エクセプションやトレースを思わせるクラシカルな曲をよりハードかつダイナミックに演奏している。クラシカル・キーボード・ロック・ファン注目の力作です!!

〜オランダの雄、実質的最終作となった5th。ポップ&エクスペリメンタルな秀作が、リマスター&ボーナス入りで再発!〜

SWEET OKAY SUPERSISTER
/Spiral Staircase
(CD/ESOTERIC)(Holland'74)
オランダ産カンタベリー/プログレッシヴの雄:スーパーシスターの、『Iskander』に続く実質的最終作5thアルバム。SWEET OKAY SUPERSISTER名義となっている通り、リーダー:R.J.ステップスのソロ的色彩が強くなっています(かつて本作への参加が噂されたエルトン・ディーンは、ツアーのみの共演だったようです)。様々なSEもコラージュした、時にエクスペリメンタル、時にユーモラスなサウンドは、従来よりもポップながら高水準で、ケヴィン・エアーズやGONGを思わせるところもあります。番外とするのはもったいないほどに秀作!ESOTERICよりリマスター/ボーナス2曲(シングルA/B面、アルバム未収録)をボーナス追加しての再発!

〜御存知カヤックのリーダー/kbd奏者、トン・スケルベンツェルの新作ソロ!〜

TON SCHERPENZEEL
/The Lion's Dream

(CD/Write On Productions)(Holland'13)
御存じ、KAYAKの中心人物/kbd奏者、トン・スケルペンツェルの、ソロとしては「Orion」('91)以来、実に22年振りとなる新作ソロ3rd(C.レインボウとの連名作のぞく)。vo含む自らのkbdの多重録音と、男女ヴォーカル、フィドル/ヴィオラ/ギター/ホイッスル、フルート(フレアークのアネット)が参加しての録音です。中世志向の典雅な古楽クラシカル〜ケルト/トラッド風味の歌もの作となっており、カヤックの中のクラシカル色を全開にしたような内容です。しっとりとしたファンタジックなムードは、どこかアンジェロ・ブランデュアルディにも通じます。カヤック・ファンのみならず注目の高水準の秀作!

〜トレース3タイトル収納ボックス!〜

「TRACE」ボックス・セット
TRACE/Trace : トレースの魔術
TRACE/Birds : 鳥人王国(スペシャル・エディション)
TRACE/The White Ladies : ホワイト・レディース(スペシャル・エディション)

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(Holland)
ベル・アンティーク紙ジャケット・シリーズより、トレース3タイトル(「トレースの魔術」「鳥人王国(スペシャル・エディション)」「ホワイト・レディース(スペシャル・エディション)」)を同時購入の方に、先着にて収納ボックスをプレゼント!

〜トレースの最もシンフォニックなラスト作3rd!ボーナス13曲追加のスペシャル・エディションが登場!〜

TRACE
/The White Ladies

(SHM-CD)(Holland'76)
前作「鳥人王国」リリース後、ヤープ・ヴァン・エイク(ベース)ち、イアン・モズレイ(ドラムス)が脱退、実質的なリック・ヴァン・ダー・リンデン(キーボード)のソロ・プロジェクトとして制作された、トレースのラスト作3rd。オランダの神話を題材にしたトータル作で、管弦も導入した、もっともシンフォニックかつ、たおやかな中にも起伏のある内容になっています。未収曲含む、アルバム用デモVer.集およびライヴ1曲の計13曲ものボーナス追加!
※本CDのM3“対立”は、ヴォーカル・パートを抜いたインストVerとなっております。御了承ください(アーティストの遺言によるため)。

●13曲ものボーナス追加!
アルバム未収曲含む、本作用デモer集およびライヴ・トラック1曲を収録!

〜トレースの大作志向の代表作2nd!ボーナス10曲追加のスペシャル・エディションが登場!〜

TRACE
/Birds

(2SHM-CD/Belle Antique)(Holland'75)
故リック・ヴァン・ダー・リンデン(キーボード)が率いた、キーボード・トリオ最高峰バンドのひとつ、トレースの'75年2nd。ダリル・ウェイ(ヴァイオリン/M4)らゲストを加え、20分を超える大作タイトル組曲も収めるなど、最も大作志向の代表作!ディスク1にタイトル曲のシングル・エディット追加、更にディスク2に、'75年4月スウェーデンでのライヴ4曲および'76年1月ドイツでのライヴ5曲を収めたスペシャル・エディション!これはマストです!

●10曲ものボーナス追加!
Disc1にシングル・エディット1曲、Disc2にライヴ9曲

Disc2 M1-M4 '75年4月スウェーデンでのライヴ(ラジオ音源)
      ドラムスはピエール・ヴァン・ダー・リンデン!
   M5-M-9 '76年1月ドイツでのライヴ
      ドラムスは現マリリオンのイアン・モズレイ!

後半はややラフですが、音質良好!未発ライヴです!

〜トレースのバロック・クラシカルな名作1st!ボーナス17曲追加のスペシャル・エディションが登場!〜

TRACE
/Trace

(2SHM-CD/Belle Antique)(Holland'74)
数あるキーボード・トリオの中でも屈指のクオリティを誇ったオランダのトレース、'74年発表の1stアルバム。ヤープ・ヴァン・エイク(ベース)、元FOCUSのピエール・ヴァン・ダー・リンデン(ドラムス)、そして中心人物リック・ヴァン・ダー・リンデン(元エクセプション)のトリオにて、最もバロック・クラシカル色の強いキーボード・シンフォニック・サウンドを展開した名作!今回、なんと17曲ものボーナス・トラックを追加した2CDスペシャル・エディションを再発!ボーナス曲も、20分近い大曲で、メロトロン入りの“ア・スウェディッシュ・ラルゴ”等、大充実!

●17曲ものボーナス・トラック追加!
シングルVer.の2曲を除き、全て未発曲/未発Ver.(本編CD1に6曲、ボーナスCDに11曲)!

〜00年代のシンフォニック・ロックの名バンドの新作3rd! 更にダイナミック&甘美になった必聴の傑作!〜

トリオン
/ファンフェアー・ファンタジー

(CD/ベル・アンティーク)(Holland'13)
フランボロ―・ヘッドのkbdと、同じくフランボロ―・ヘッド〜LEAP DAYのg、及びODYSSICEのdrの3人によって結成されたインスト叙情派シンフォニック・バンド、トリオンの「ピルグリムス」('07)に続く新作3rd。メロトロンと泣きのギターをたっぷりフィーチャーした、キャメル、フォーカス、フロイド等をルーツとした甘美なサウンドは、アコースティカルな引きを交えて、更なるダイナミズムを感じさせるものとなっています。結果的にはセバスチャン・ハーディを思わせる所もある、叙情派リスナー注目の大傑作!

〜廃盤で久しく入手困難だった、オランダ産メロディック・シンフォ・バンド、トリオンの1stが再発!〜

トリオン
/トータス

(CD/ベル・アンティーク)(Holland'03)
フランボロ―・ヘッドのkbdとg、及びオディッシスのdrにより結成されたトリオンの1st。長らく廃盤で入手困難となっていましたが、新作3rd「Fanfair Fantasy」のリリースに合わせて、ポーランドのOskarよりデジパックにて再発。「ロジャー・ディーンでは無い」けれどもそっくりなイラストに包まれた本作の時点で、メロトロンと泣きのギターによるキャメル系サウンドは全開。必聴の傑作となっています。今回ボーナスとして、ムゼア/コロッサスのコンピに提供された2曲(M13はフィンランドのNOVAのカヴァー、vo入り)も追加、お見逃しなく!
◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る