◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る

REVIEW ARCHIVES:SCANDINAVIA G
[こちらは、これまでに当店に入荷した商品のレビューのアーカイヴです。
価格・在庫の有無はSET SALE LISTを参照するか、またはお問い合わせください]

〜北欧メロディアス・シンフォのヴェテラン、U.K風のスリリングなテイストを押し出した通算9作目!〜

GALLEON
/In The Wake Of The Moon

(CD/AERODYNAMIC)(Sweden'10)
北欧メロディアス・シンフォニックの今やヴェテラン・バンドとなったギャレオンの『Engines Of Creation』('07)に続く通算9作目!従来のGENESIS〜PINK FLOYD系メロディック・シンフォニック・サウンドをルーツとしつつ、U.KやEL&Pを思わせるスリリングなキーボード・ワークを強化した、重厚なサウンドを展開しています。まさにU.K直系なインスト"Childs Play"はじめ、さらにソリッドかつダイナミックに仕上がった、堂々たる完成度の1枚!

〜ノルウェー産。KC〜VDGG系ルーツの退廃派へヴィ・シンフォニック・バンドの2nd〜

GARGAMEL
/Descending
(CD/Transubstance)(Norway'09)
06年にリリースされた1st『Watch For The Umbles』が好評だった北欧退廃派ヘヴィ・シンフォニック・バンドの2nd。KING CRIMSONやANEKDOTENを思わせるダークなサウンドは今回も健在ですが、今回はP・ハミル調のヴォーカルを押し出すことで、VDGG及びレトロ・サイケ風味を増しています。メロトロン/オルガン等のヴィンテージキーボードはじめ、ホルン等のの管楽器も入れた演奏は、より多彩な仕掛けとダイナミズムに彩られており、手応え十分。正に北欧ならではの傑作であります。

〜現代ノルウェーきっての叙情派ポスト・プログ〜うたもの系バンドの9作目となる新譜!〜

GAZPACHO
/Molok

(CD/Kscope)(Norway'15)
着実なリリース・ペースで活動を続け、今やKscopeレーベルを代表するモダン・プログレッシヴ/うたものバンドとなった、ノルウェーのGAZPACHOの、「Demon」('14)に続く、スタジオ新作9th。S.ホガース似の専任ヴォーカル(英語)、ヴァイオリンをフィーチャーした6人編成に、ゲストでアコーディオン/ブルガリアン・フィドル他等を加え、フロイド、'00年代のマリリオン、レディオ・ヘッド等をルーツとした、ダウナーかつ耽美的な世界を、じっくりと展開しています。トラッド風味をスパイスに、正しく映像的でイマジナリーな仕上りを見せる、円熟の傑作!ハードカバー、デジパック製。

〜耽美派ポスト・プログ〜うたものシンフォニック・バンド、ガスパッチョの、'14年ライヴを収めたCDとDVD!〜

GAZPACHO
/Night Of The Demon

(CD+DVD:NTSC/Kscope)(Norway'14収録)
ノルウェー産、「ブレイヴ」マリリオン系ルーツの叙情派ポスト・プログ〜うたものバンドの、こちらは8thアルバム「Demon」リリースに伴うツアーより、'14年4月オランダでのライヴを収めたCD+DVD/NTSC(同内容、DVDはCDより5曲多く収録)。vlnもフィーチャーした編成にて、メロウかつダーク、そして耽美な世界を、たっぷりと展開しています。バックの映像やライティングもムード満点の快演!デジパック仕様!

〜マリリオン、ポーキュパイン・ツリー系歌ものProgバンド'14年作!〜

GAZPACHO
/Demon

(CD/KScope)(Norway'14)
ノルウェー産、「ブレイブ」以降のマリリオンをアンビエント寄りにしたような、耽美かつメロウなサウンドが持ち味のモダン歌ものProgバンド、'14年最新作。専任vo(英語)、vln/マンドリンを含む6人編成にて、今回もポーキュパイン・ツリー周辺に通じるダークネスと、スティーヴ・ホガース系のエモーショナルなvoの魅力が調和した、イマジナリーなサウンドをたっぷり聴かせます。とりわけ18分強に渡る大作M4は聴き物! ボーナス・トラックを追加したデジブック仕様と、ボーナス・トラック無しのプラケース/スリップケース仕様の通常盤の同時リリース!

〜vln入りのポスト・プログレッシヴ系バンド、こちらは'00年作品のボーナス・ライヴCD付デラックス再発!〜

GAZPACHO
/Night

(2CD/KScope)(Norway'00)
vln入りのポスト・プログレッシヴ系バンド、こちらは'00年作品のボーナス・ライヴCD付デラックス再発!

〜大傑作! ノルウェー出身モダン叙情派シンフォニック・バンドの最新作!〜

GAZPACHO
/March Of The Ghosts

(CD/Kscope)(Norway'12)
ノルウェー出身の、'90sマリリオン、レディオヘッド等ルーツのモダン叙情派うたものプログレッシヴ・バンドの、ライヴを挟んでスタジオとしては「Missa Atropos」('10)に続く7th。泣きのvlnもフィーチャーした繊細かつ耽美なサウンドは更なるハイ・クオリティになっています。メタル色は薄く、むしろシンフォニック寄りの仕掛けとダイナミズムも光る傑作です!

〜ノルウェー産、叙情派メロディック・バンドの最新ライヴ!〜

GAZPACHO
/London

(CD/Snapper)(Norway'11)
ノルウェー産、近年のマリリオンとポスト・ロック/スローコア色を混合したような、モダンな叙情派メロディック・バンドの、'11年「Missa Atropos」ツアーより、ロンドン公演を収めたライヴ2CD。vln/マンドリン奏者もフィーチャーした編成にて、耽美ムードの歌物サウンドを展開しています。NO-MAN、BLACKFIELD等、ポーキュパイン・ツリー周辺を好む向きにもおススメの力演です!

〜ノルウェイジャン叙情プログレ/ポスト・ロック系バンド、6枚目のスタジオ・アルバム!〜

GAZPACHO
/Missa Atropos

(CD/KSCOPE)(Norway'10)
00年代以降のMARILLION影響下のモダンな歌物メロディック・ロックと、叙情ポスト・ロック色を融合させたサウンドを聴かせるノルウェー産バンドの、スタジオアルバムとしては『Tick Tock』('09)に続く6thアルバム。スティーヴ・ホガース系のエモーショナルなヴォーカルを軸に、泣きのギターやメロトロン音を含むキーボードが盛り上げていく楽曲は、メロディック色の強い魅力的なものです。しっとりとしたメランコリーの中にも、ダイナミズムと高揚感が十分に感じられる、こちら向きの仕上がりの傑作!

〜ノルウェー産、RADIOHEAD〜Porcupine Tree系バンド、09年リリースのライヴ盤。ヴォリューム十分のDVD&2枚組!〜

GAZPACHO
/A Night At Loreley

(DVD[PAL]+2CD/HappyThoughtsProductions)(Norway'09)
02年にCDデビューし、既に6作品をリリースしている、ノルウェー産RADIOHEAD〜Porcupine Tree系オルタナ・プログレ・バンド:ガスパッチョの、こちらは09年リリースのライヴ・アルバム。DVD(PAL)と、同音源の2CDがセットになった3枚組。メランコリック&ナルシスティックなオーラ溢れるヴォーカル、ヴァイオリンやメロトロンサウンドを繰り出すキーボードなど、そのたたずまいや紡ぎ出される叙情的な歌もの楽曲は、ほぼメロディック・シンフォニックと言って良い魅力的なサウンドです。イメージ映像も流れるスクリーンや、美しい照明演出も含めて、観応え、聴き応え満点の快演。RADIOHEADやPorcupine Treeのリスナーはもちろんのこと、近年のMARILLIONや、RPWL、BELIEVEあたりのリスナーも注目です!

〜謎多きスウェーデン産レトロ&ドゥーム・ハード・ロック新鋭、RISE ABOVEよりデビュー!〜

GHOST
/Opus Eponymous

(CD/TROOPER)(Sweden'10)
リー・ドリアンのRISE ABOVEレーベルより新たに登場した、スウェーデン出身のハード・ロック・バンド:ゴースト。怪しげなヴォーカルと、レトロかつドゥーミーなサウンドが、オカルティックなたたずまい。メンバーのプロフィールは、いずれも不明という謎の多さも相まって、とことんアンダーグラウンドな新鋭。日本盤ボーナス・トラック収録。

〜「スウェーデンに移民したヴードゥー教徒の末裔」設定の強烈サイケ新鋭、初のライヴ盤!〜

GOAT
/Live Ballroom Ritual

(CD/Rocket)(Sweden'13収録)
スウェーデン産、匿名性の高さと「ヴードゥー・アフリカンの移民のコミューンの末裔」設定、そして女性vo,per入りのアフロ・ガレージ&ニュー・ロック・テイストのサウンドで話題となったサイケデリック新鋭ゴート。彼らの2ndリリースは'13年英国で録音されたライヴ・アルバムとなりました。正にトリッピーな反復リズムと、ファズがかったギター、ハスキーでパンチの効いた女性voが織り成す、西海岸+クラウト風サウンドは絶品です。臨場感抜群の録音も素晴らしい、サイケ・リスナー注目の快作!

〜ヴードゥー教のイメージを用いた、ケブネカイゼに通じる北欧ヘヴィ・サイケ新鋭!〜

GOAT
/World Music

(CD/Cargo)(Sweden'12)
これは面白い! スウェーデン産、アフロ/ガレージ/ニューロック・テイストの本格派レトロ・サイケ・ロック・バンドの1st。設定としては(笑)アフリカからスウェーデンに移り住んだ部族による伝承儀式サウンド…といったものですが、英語女性vo、パカポコしたper、オルガン等も用いたサウンドは、むしろケブネカイゼ等の'70年代の北欧系サイケに通じます。DUNGENとは違った方向性ですが、そのスジ必聴! 好評につき早くも再入荷!

〜クリムゾン、マグマ、フロイド、ジャーマン系等ルーツの、疾走するサウンド全開の大傑作!〜

GOSTA BERLINGS SAGA
/Sersophane

(CD/Belle Antique)(Sweden'16)
'06年にアルバム・デビューし、これまでの3作品が高く評価されている、スウェーデン産エクスペリメンタル・プログレッシヴ・バンド、イェスタ・ベルリングス・サーガの、「Glue Works」('11)以来となる、5年振りの新作4th。元アングラガルドのM.オルソン(本作にもperでゲスト参加)とのネクロモンキーでも活動するオルガン/kbd奏者をフィーチャーした4ピース・インスト編成にて、ヴィンテージ/ヘヴィ・シンフォとサイケ・ジャズロックおよびジャーマン系を混合したような、レトロかつダイナミックなサウンドを、さらなる疾走感の中で展開しています。クリムゾン、フロイド等のルーツは健在な一方、今回はマグマばりの呪術的な反復を強化して、圧倒的にスリリングな仕上りとなった大傑作!

〜サイケ/ジャム・テイストの、スウェディッシュ・ヘヴィ・プログレ・バンドの3作目!〜

イエスタ・ベルリング・サーガ(GOSTA BERLINGS SAGA)
/Glue Works(正十二面体)

(CD/DiskUnion)(Sweden'11)
ANGLAGARDのマティアス・オルソンがプロデューサーを務める、スウェーデン出身の4ピース(Rhodes/Mellotron/Synth、Bass/Moog-Taurus、Guitar、Drums)のインスト編成によるヘヴィ・プログレッシヴ・バンドの新作3rdアルバム。米国CUNEIFORMからの直輸入盤(日本語解説付き)。サイケデリック・ジャム風味を交えた反復基調の、KING CRIMSON〜MAGMA風サウンドは、ゲストも交えて格段にスケール・アップしています。圧倒的迫力の"Island"から、引きのパートの持つ幽玄さまで、ダイナミズムも十分の秀作です!

〜スウェーデン産。メロトロン/モーグ/ローズ入り退廃系インストヘヴィプログレ〜

GOSTA BERLINGS SAGA
/Detta Har Hant
(CD/Transubstance)(Sweden'09)
00年に、オルガンとドラムスのデュオとしてスタートし、後にベースとギターが加入して06年に1st『Tid Ad Ljud』をリリースしている、退廃系ヘヴィ・インスト・プログレッシヴバンドの2作目。フェンダー・ローズを用いたスタジオ・ライヴ録音に、メロトロン、ミニモーグ、グロッケンシュピールなどをオーヴァーダブして、パワフルかつダイナミックなサウンドを聴かせてくれます。KING CRIMSON〜MAGMA系を下地にして、スペイシーなジャム&サイケ色からスロー・コア的叙情、アコースティックまで取り込んだ曲想は手応え十分。北欧ならではのレトロなムードと、スリリングな疾走感が共存した、注目の高水準傑作!

〜モーターサイコ、EL DOOM、BUSHMAN'S REVENGEのメンバーに加えvlnが参加した、強力ヘヴィ・インスト・バンド!〜

GRAND GENERAL
/Grand General

(CD/Rune Grammofon)(Norway'13)
これは強力! シリアス・サイケ系バンド、BUSHMAN'S REVENGEのg、EL DOOMのb、そしてモーターサイコのdrらが結成した、vln入りインスト新バンドの1st。クリムゾン系のヘヴィProg色と、スト―ナー/ヘヴィ・サイケ、そしてジャズ・ロック色も融合した、ライフタイム+サバス?的サウンドはインパクト抜群です! 近年のモーターサイコをスペース・ジャズ・ロック寄りにしたような、Rune Grammofonレーベル内レトロ派の総決算的仕上がりの傑作! 凶暴にしてスリリング!

〜フィンランド産、コンテンポラリーなポップ・トラッド/フォーク・ロックバンドの1st〜

GREENROSE FAIRE
/Neverending Journey

(CD/GreenroseFaire)(Finland'11)
フィンランド産、女性ヴォーカル、ヴァイオリンをフィーチャーした、コンテンポラリーなポップ・トラッド/フォーク・ロック・バンドの1stフルアルバム。ケルト+ジプシー的なムードに、ペイガン・ロック的なノリをフィードバックした、和みつつもノリの良いサウンドになっています。いわゆる北欧トラッド色はありませんが、むしろキーボードによるシンフォニック寄りのアレンジもポイントの注目作。

〜ペッカ・ポーヨラが結成したセッション・バンドの唯一作。クロスオーヴァー色の強い、ペッカらしさも十分の1枚!〜

THE GROUP
/The Group
(CD/WarnerMusic)(Finland'78)
『数学家の空中広告』発表後、ペッカが結成したセッション・バンド:THE GROUPの唯一作。ギター、キーボード、キーボード、ベース、ドラムスの4人編成で、いわゆるクロスオーヴァー/フュージョン色の強い。カッチリとテクニカルなサウンドで、グループとしても骨格のしっかりとした内容になっています。ペッカならではのテイストも随所に感じられる、ファンは見逃せない秀作!久しく品切れでありましたが、再プレス品入荷につき再レコメンド!

〜BEARDFISHの中心人物、ソロ2作目!70年代ロック/ハード色を拡大した充実の秀作!〜

GUNGFLY
/Lamentations

(CD+DVD[PAL]/ProgressRecords)(Sweden'11)
今やスウェーデンきってのプログレッシヴ・バンドとなったBEARDFISHの中心人物/コンポーザー、リカルド・ショブロム(g.kbd.vo)によるソロ・プロジェクト・バンドの2年振り2作目。本隊の音楽性の中の、70年代ロック/歌物色、及びハード・テイストを拡大したような、ストレートかつキャッチーなサウンドを展開しています。LEZ ZEPPELINやBEATLESをルーツとしたような曲調から、メタリックな押し、本隊そのままのドラマティックな曲まで、メロトロン/オルガンも多用したサウンドは高水準な仕上がりです。09年のライヴ映像を収めたボーナスDVD(PAL)付きにて!

〜BEARDFISHのメンバーのソロ・プロジェクト。ハイセンスかつ良質な歌物アルバム〜

GUNGFLY
/Please Be Quiet
(CD/JSM)(Sweden'09)
スウェーデンの雄:BEARDFISHのメンバーのソロ・プロジェクト。BEARDFISHをよりポップにしたような、ハイセンスなメロディック歌物アルバムに仕上がっております。

◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る