◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る

REVIEW ARCHIVES:NORTH-AMERICA N
[こちらは、これまでに当店に入荷した商品のレビューのアーカイヴです。
価格・在庫の有無はSET SALE LISTを参照するか、またはお問い合わせください]

〜パット・マステロットも参加の、管やオルガンを押し出したエレファント9+NY系テイストのサウンド!〜

NAKED TRUTH
/Avian Thug

(CD/RareNoiseRecords)(USA'15)
コリン・エドウィン(PORCUPINE TREE)とのデュオ連名作もリリースしているイタリア人ベーシスト、Lorenzo Feliciatiが参加している英国産アヴァン・ジャズ・ロック・バンドの'15年3rd(現時点での最新作)。パット・マステロット(KING CRIMSON/dr, per)を含む4ピース(tp, org/kbd, b/g/kbd, dr/per)にて、現代音楽風トランペットや暴れ系オルガン/エレピを押し出した、シリアスかつアグレッシヴなサウンドを展開しています。ノルウェーのelephant 9とNY系(ミックスでビル・ラスヴェルが関与)を合わせたような快作!

〜全世界に衝撃を与えた超絶作が、日本のみで出ていたミニアルバムをカップリングした2in1で20周年記念再発!〜

JOHN ZORN/NAKED CITY
/Torture Garden - Leng Tch'e
[20th Anniversary Edition]

(CD/TZADIK)(USA'91/92)
ジョン・ゾーン(sax)、ビル・フリーゼル(g)、ウェイン・ホーヴィッツ(kbd)、フレッド・フリス(b)、ジョーイ・バロン(dr)、そして山塚アイ(vo)という超絶的ラインナップによって制作され、空前のインパクトを残したネイキッド・シティの2nd『Torture Garden』('91)。圧縮ザッピング/ハードコアの極北とも言える歴史的名作に、今回、92年に日本のみでリリースされた、「スローかつブルータル」なレア・アルバム(30分強)『Leng Tch'e』を2in1でカップリングしての、20周年記念再発リリース!オリジナル・アートワーク、フォト、新旧ライナーノーツ等を含む充実のブックレットもあり!

〜末期マハビシュヌのドラマーによるソロ3作を3 in 2で収めたお特用リイシュー盤!〜

NARADA MICHAEL WALDEN
/Garden Of Love Light / I Cry, I Smile / Awakening

(2CD/BGO Records)(USA'76,'77,'79)
末期マハビシュヌのドラマーにして、後にプロデューサーとしても名を馳せるナラダ・マイケル・ウォルデンのソロ3作品を2CDに収めたリリース!J.ベック、サンタナ、D.サンシャス参加の「Garden〜」はクロスオーヴァーの名作!

〜FMに参加していたvln奏者の、こちらはエレクトロ/シンセ風味+シンフォ・テイストの2ndソロ作!〜

NASH THE SLASH
/Children Of The Night

(CD/Artoffact Records)(Canada'80)
元カナダのFM(1stに参加)の怪人vln奏者、ナッシュ・ザ・スラッシュの、こちらは'80年録音2ndフル。el-vln, el-マンドリン, el-per, kbd, ペダル, ヴォイスの一人マルチ(g不使用)による、エレクトロ/シンセ風味+シンフォ・テイストのサウンド。vln版M.ローター?的イメージからエレ・ポップまで、怪しくも楽しい一枚!

〜FMに在籍していたヴァイオリン奏者の、1stソロEPと1stソロ作のカップリング作!〜

NASH THE SLASH
/Dreams And Nightmares / Bedside Companion

(CD/Artoffact Records)(Canada'78, '79)
元カナダのFM(1stに参加)のvln奏者、ナッシュ・ザ・スラッシュの'79年1stフル「Dreams And Nightmares」に、前年に出た「Bedside Companion」をカップリングした2CDセット。トールサイズ・デジパック・パッケージ。1st EP(本来4曲入り)は、ラジオ局で誤って33回転でオンエアされたのをネタにした「The Marsden(DJの名)Versions」4曲追加、gとvlnの多重によるジャーマン風エレクトロ、良作!

〜ラティマーが1曲ゲスト参加! テクニカル・シンフォの雄による待望の8thアルバム!〜

NATHAN MAHL
/Justify

(CD/Unicorn)(Canada'14)
近年キャメルのkbd奏者として長く定着し、「白雁(スノー・グース)2013年ヴァージョン」にも参加するギイ・ルブラン率いる、カナダきってのテクニカル・シンフォニック・バンド、ネイサン・マールの「エクソダス」('08)以来6年振りとなる新作8th。激しい切り返し、kbdとgの弾きまくりバトルを交えた、GENTLE GIANT、UK、BRUFORD等ルーツの技巧的なインスト演奏と、CAMELにも通じる叙情/voパートが高度な次元で調和したサウンドは、プログレッシヴ・ロックの理想型ともいえるものです。従来以上にダイナミックな会心傑作! アンディ・ラティマーがラスト曲にゲスト参加!

〜国内盤入荷!キャメルへの参加で名を馳せたギー・ルブラン率いるシンフォニック・バンド、入魂の大注目盤!〜

NATHAN MAHL
/Exodus
(Canada.'08)(CD/Belle Antique)
近年のキャメルへの参加でもその名を知らしめた才人、ギー・ルブラン(kbd)が率いる、カナダ産テクニカル・シンフォニック・バンド、ネイサン・マール。あの「へレティック」三部作、そして2ndの新録盤「シャドーズ・アンバウンド」とリリースしてきた彼らの、実に6年振りとなる、通算7作目がついに登場です。UK、ジェントル・ジャイアント、ハッピー・ザ・マン等をルーツにした、テクニカルなkbdとgが弾き倒すシンフォニック・サウンドは、更にハードかつダイナミックなものになっています。カンサス風のvoパートを強化し、更には変則メタリックな展開も盛り込むなど、新たな試みも交えつつ、フロイド/キャメル的叙情すら飲み込んだ音像は圧巻です。テクニカル・シンフォニック・リスナーのみならず注目の、正に会心傑作!!!

〜キャッチー&テクニカル、屈折味も十分の予想の上を行くミクスチャー展開!〜

NATIVE CONSTRUCT
/Quiet World

(CD/Metal Blade)(USA'15)
これは斬新、インパクト大!かのバークリー音楽院で学んだという若手3人(vo,g,b)からなるプログレ・メタル系新バンドの1st。シアター系のテクニカルなサウンドを下地としつつも、QUEEN風のキャッチーなミュージカル・テイストやシネマティック系など、極めて幅広い音楽性をミクスチャーした、濃密かつ高度な作編曲は圧巻のインパクトです。初期ペイン・オヴ・サルヴェイションやA.C.T.をより極端なシアトリカル志向にしたような傑作!

〜現KANSASのメンバー4人が結成した、バンド内バンドのデビュー作。メロディアスな歌モノロックの良作〜

NATIVE WINDOW
/Native Window
(CD/InsideOut)(USA'09)
デヴィッド・ラグスデール、フィル・イハート、リチャード・ウィリアムス、ビリー・グリアーの4人、すなわち、スティーヴ・ウォルシュを除いた現KANSASのメンバーが結成した、言わばバンド内バンドのデビュー作。KANSASのキャッチー&フォーキーな要素を拡大したような、親しみやすい歌モノメロディック・ロックを展開しております。シンフォニック・ハード的色合いは控えめながら、まさにKANSAS直系の伸びやかな歌メロと、ラグスデールのヴァイオリンプレイも効いた、注目の良作!

〜カンサス+ジェネシス的USシンフォ・バンドの劇的新作!〜

NAVIGATOR
/Phantom Ships

(CD/Masterson)(USA'14)
米国産メロディアス・シンフォニック系バンドのスタジオ最新作3rd。kbd/vo、g/kbd、b/bペダル、dr/perの4人編成によるサウンドは、メンバー自身によればジェネシス・ルーツとのことですが、むしろカンサス風味の強い、ドラマティックなもの。全体にハード色は薄く、ELPやイエス系ルーツのところも交えつつ、ジャケット・イラスト通りの劇的ストーリーを感じさせる、アメリカならではのシンフォニック快作です!

〜まさに総力を注入したかのような、重厚・壮大なシンフォニック・ロックの大傑作!〜

THE NEAL MORSE BAND
/The Similitude Of A Dream

(2CD+DVD:NTSC/Radiant)(USA'16)
現在のシンフォニック・シーンをリードし続ける才人、ニール・モーズ(ex.スポックス・ビアード)の、プログレッシヴ系スタジオ作としては「The Grand Experiment」('15)に続くニュー・アルバム。今回も、M.ポートノイ、R.ジョージらとの5人編成によるバンド名義でのリリースで、書物「Pilgrim's Progress」にインスパイアされた2CDの一大コンセプト・アルバムとなっています(ブックレットにはP.ホワイトヘッドの書きおろしイラストも有り)。ニール節ともいえる、イエス、ジェネシス、ELP等ルーツ+アメリカン・テイストのシンフォニック色を基調としつつ、ビートルズ、クイーン、レッド・ツェッペリン等へのオマージュ的要素も交えるなど、まさにモーズの魅力が注入された入魂の仕上り。ポートノイが、自らが関わったコンセプト・アルバムの中でも最高傑作と断言しているのも納得の内容です!メイキングDVD/NTSC(1時間)つき、デジパック仕様スペシャル・エディション!

〜「The Grand〜」ほぼ全曲+旧曲の構成で、35分に及ぶ"Alive Again"など、まさに気迫の大熱演!〜

THE NEAL MORSE BAND
/Live Again

(2CD+DVD:NTSC/Radiant)(USA'15収録)
お馴染みニール・モーズ(ex.スポックス・ビアード/vo, kbd, g)の'16年ニュー・リリースは、「The Grand Experiment」('15)リリース時の'15年3月、オランダでのライヴを収めた2CD+DVD:NTSC(同内容)。'14年の「Morsefest !」ライヴは、管弦や合唱隊を加えた大掛かりなものでしたが、今回はバンド名義のとおり、「The Grand〜」参加メンバー5名(モーズ、ポートノイ、ジョージ、g、kbd)による、パワフルな演奏となっています。「The Grand〜」ほぼ全曲+旧曲の構成で、35分に及ぶ"Alive Again"など、まさに気迫の大熱演!

〜セルフ・フェスティヴァル「Morsefest」の'15年版の模様を収めた、極めて濃密な必見・必聴の名演!〜

NEAL MORSE
/Morsefest ! 2015 - ? And Sola Scriptura Live -

(4CD+2DVD:NTSC/Radiant)(USA'15収録)
御存知ニール・モーズが、地元で数日間かけてスペシャル・プログラムを披露する、いわばセルフ・フェスティヴァル「Morsefest」の'15年版の模様を収めた、こちらは4CD+2DVD:NTSCのセット。前年の'14年版では、「証言」と「ワン」の完全再現が行なわれましたが、本作では、「?(クエスチョン)」+αを第一弾(2CD+DVD)に、「Sola Scriptura(聖書のみによりて)」+αを第二弾(2CD+DVD)にてプレイしています。モーズ史上最強の演奏力を誇るバンド(M.ポートノイ他)に加え、弦やコーラス、さらにはスペシャル・ゲストでフィル・キーギー(g)とN.ディヴァージリオ(dr, vo)も登場する、極めて濃密かつ長大な演奏は、今回も圧倒的パワーです。DVDにはドキュメンタリー他も追加、またしても必見・必聴の名演!

〜Morsefest!と銘打ち2日間に渡って行われた大熱演のライヴをフル収録!4CD+2DVDの超ヴォリューム!〜

NEAL MORSE
/Morsefest ! 2014

(4CD+2DVD:NTSC/Radiant)(USA'14収録)
御存知ニール・モーズが「Morsefest!」と銘打ち、2日間に渡って行ったコンサートをフル収録した、4CD+2DVD/NTSC(同内容、DVDにはドキュメンタリー追加)。初日が「証言」('03)、2日目が「ワン」('04)の丸ごと完全再現(+アンコール)となっており、M.ポートノイ、R.ジョージらとのバンドに加え、ブラス・セクションや女性合唱隊もフィーチャーした、フル・スケール編成にて、トータル5時間超に及ぶ特大ヴォリュームの演奏となっています。A.モーズがゲスト参加し、スポックス・ビアードやトランスアトランティックのナンバーもプレイされた、ファン必見・必聴の、正に大熱演です!

〜才人N.モーズがバンド名義で作成した、こちらは1CDのノーマル・エディション!〜

THE NEAL MORSE BAND
/The Grand Experiment

(CD/Inside Out)(USA'15)
こちらは1CDのノーマル・エディションとなります。

〜才人N.モーズがバンド名義で作成した、キャッチーかつドラマティックな会心作!〜

THE NEAL MORSE BAND
/The Grand Experiment

(2CD+DVD:NTSC/Inside Out)(USA'15)
トランスアトランティック、フライング・カラーズでも活躍中の才人、ニール・モーズ(ヴォーカル、キーボード、ギターetc)の、プログレッシヴ・ロック・アルバムとしては「モーメンタム」('12年)以来となる新作。今回は、初のバンド名義となっている通り、M.ポートノイ(ドラムス)、R.ジョージ(ベース)のレギュラーに加え、ギターとキーボードもメンバーとして迎えた5人編成での録音。作曲段階からバンド全体で作り上げたサウンドは、よりロック然とした、アメリカン・ハード色を押し出す一方、26分におよぶテクニカルな大曲をラストに配した、モーズならではのキャッチーかつドラマティックなもの。まさに会心の一枚となっています!ボーナスCDとDVD付スペシャル版!

ボーナスCD(5曲53分)は、未収スタジオ3曲(ベガーズ・オペラでおなじみ"マッカーサー・パーク"のカヴァー含む)および、大曲"The Creation"含む未発ライヴ2曲を収録!
ボーナスDVD/NTSCには、メイキング(約45分)および、タイトル曲と"Agenda"の2曲のPV入り!

〜ご存知ニール・モーズの'12年ツアー・ライヴ! 3CD+2DVD/NTSCという超ヴォーリュームの名演!〜

NEAL MORSE
/Live Momentum

(3CD+2DVD[NTSC]/ベル・アンティーク)(USA'12収録)
現代プログレッシヴ/シンフォニック・シーンをリードする才人、ニール・モーズの、「モーメンタム」('12)リリースに伴うアメリカ/メキシコ・ツアーより、'12年10月11日NYCでのコンサートを収めた2DVD+3CD(本編と同音源)。お馴染みマイク・ポートノイ(dr)、R.ジョージ(g)はじめ、kbd/vln/sax,g/kbd,gも加わった6人編成にて、大曲もふんだんに盛り込んだトータル3時間近くに及ぶ入魂のパフォーマンスを展開しています。プレイヤーとしての職人度が上がり、ギターを弾く場面も多いニールの、ロッカーとしての魅力発揮の快演!

〜お馴染みニール・モーズのクリスチャン・ミュージック系ニュー・リリース!〜

NEAL MORSE
/Get In The Boat

(CD-R/Radiant)(USA'13)
お馴染みニール・モーズのクリスチャン・ミュージック系ニュー・リリース。裏ジャケに「Acoustic Worship And Folk Music」とある通り、今回はアメリカン・フォーク・スタイルの、弾き語り等の歌を14曲収録(一部ゲスト女性vo有り)。しっとりした曲調からリズミカルなものまで、モーズ節たっぷり!

〜大進撃を続ける才人マルチ・プレイヤーによる最新ソロ作が早くも登場!〜

NEAL MORSE
/Momentum

(CD/ベル・アンティーク)(USA'12)
近時では、M.ポートノイ、S.モーズらとのプロジェクト、FLYING COLOURSにも参加するなど、大活躍を続ける才人、ニール・モーズ(ex.スポックス・ビアード)。ソロのプログレッシヴ・ロック作としては、「Testimony 2」('11)に続く新作が早くも登場です。M.ポートノイ(dr)、R.ジョージ(b)のレギュラーに加え、ゲストでポール・ギルバート(gソロ/M1)他、管弦などもフィーチャーしての録音。イエス、ジェントル・ジャイアント系ルーツの爽快かつテクニカルなナンバーから、ジェネシス的な盛り上がりが素晴らしい、ラストの33分を超える大作組曲"World Without End"まで、シンフォニック色を正面切って押し出した、正しく入魂の会心の傑作!

〜旺盛なる創作意欲を誇る才人ニール・モーズ、『証言』の続編となる入魂の大作!〜

NEAL MORSE
/Testimony 2

◆通常版(2CD/BelleAntique)(USA'11)
◆スペシャル版(2CD+DVD/Radiant)(USA'11)

元SPOCK'S BEARDにして、先ごろ復活したスーパー・グループTRANSATLANTICのメイン・コンポーザーでもある才人 ニール・モーズ(vo.kbd.etc)。プログレッシヴ・ロック・アルバムとしては、『Lifeline』('08)に続く6作目となる作品。SPOCK'S BEARD脱退後のキャリアの出発点となった『Testimony(証言)』('03)の続編となっており、キリスト教のメッセージに基づいたコンセプトの元、壮大なるスケールのサウンドを2枚組のヴォリュームに渡り展開しています。ランディ・ジョージ、マイク・ポートノイのレギュラー陣に加え、管弦セクション、さらにはSPOCK'S BEARDの面々や、大物スティーヴ・モーズらを迎えての録音です。持ち前のハートフルでキャッチーな歌心と、テクニカルかつスリリングなインスト・パートが次々と繰り出される様は圧巻の一言。GENESIS、YES、GENTLE GIANT、KANSASなどをルーツとした「ニール節」が全開の、まさに入魂、またしても必聴の大傑作アルバムとなっています!スペシャル・エディションにはアルバムのメイキング映像(約1時間)を収録したDVD付き!

〜『Testimony 2』リリースに伴う、2011年5月のLAでのコンサートを収めた3CD+2DVDの5枚組セット!〜

NEAL MORSE
/Testimony Two Live in Los Angeles

(3CD+2DVD[NTSC]/RadiantRecords)(USA'11収録)
言わずと知れた才人、ニール・モーズのニュー・リリースは『Testimony 2』リリースに伴う2011年5月、LAでのコンサートを収めた3CD+2DVD(NTSC)の5枚組セット。マイク・ポートノイ(dr)を含む8人編成に拡大したバンドにて、新作のほぼ全曲と、旧作からの曲による180分に及ぶ圧巻のパフォーマンスを展開しています。現時点での集大成とすら言える名演!DVDには本編映像に加え、SPOCK'S BEARDとの再合体時のステージやドキュメンタリーも追加された、ファン必携のリリースです!

〜08年ヨーロッパツアーから収録された3枚組ライヴ盤。まさに彼のキャリアの集大成といえる名演!〜

NEAL MORSE
/So Many Roads
(3CD/BelleAntique)(USA'08収録)
TRANSATLANTICの復活でも気を吐くニール・モーズの、こちらは『Lifeline』発表後の08年10月に行われたヨーロッパツアーから収録されたライヴ盤。なんとCD3枚組の大ヴォリュームにて、最新作からはもちろん、『?』『証言』からのメドレー、さらにはSPOCK'S BEARDの"At The End Of The Day"、TRANSATLANTICの"Stranger In Your Soul/Bridge Across Forever"の31分に及ぶメドレーもプレイされた、まさに彼のキャリアの集大成と言える内容です。ヨーロッパ版バンドの演奏ぶりもめざましく、現代プログレッシヴ/シンフォニックシーンのトップ・アクトであることを実証する名演!

〜ニール・モースのSB脱退後5作目のスタジオ・ニュー・アルバム国内版発売!シンフォニック・リスナー注目です!〜

NEAL MORSE
/Lifelineノーマル・エディション
(USA.'08)(CD/Belle Antique)
/Lifelineスペシャル・エディション(USA.'08)(2CD/Belle Antique)
先頃、極めて充実したライヴDVD「ソラ・スクリプチュア・アンド・ビヨンド」もリリースするなど、SPOCK'S BEARD脱退後も活発な動きを続けているニール・モーズ。SB脱退後のプログレッシヴ・ロック作としては5作目、「聖書のみによりて」に続くスタジオ・ニュー・アルバムが登場します。前述のライヴDVDは、イレギュラーなヨーロッパ版バンドによる演奏でしたが、スタジオでは、マイク・ポートノイ(DREAM THEATER/dr)、ランディ・ジョージ(AJALON/b)を迎えたレギュラー編成による演奏になっています。組曲"So Many Roads"はじめ、イエス、G.G.、ジェネシス等をルーツに、アメリカならではの抜けの良さを加えたモーズ節が存分に味わえる、シンフォニック・リスナー注目のリリースです。限定スペシャル・エディションのボーナスCDには、ポール・ギルバート(g)参加の"Crazy Horses"(THE OSMONDSカヴァー)他収録予定!!

〜コンスタントなリリースを続けるニール・モーズのクリスチャン系アルバムの5作目が登場〜

NEAL MORSE
/Mighty To Save

(CD-R/Radiant)(USA'10)
ご存知、ニール・モーズ(TRANSATLANTIC)のニュー・リリース。こちらは、『Worship Sessions Volume Five』とある通り、クリスチャン・ミュージック系のアルバム(CD-R/13曲73分収録)です。ゲストで男女ヴォーカリストなどもフィーチャーしつつ、アメリカン・ロック〜フォーク・ロック調のハートフルなサウンドは、プログレッシヴ色こそ薄いものの、モーズらしさ十分です。一部PINK FLOYD風味もあり、モーズの歌心を愛するマニアは注目の1枚。

〜才人:ニール・モーズによるクリスチャン・アルバム・シリーズ新作。シンフォニックなアレンジも随所に光る、ハートフルな歌もの〜

NEAL MORSE
/The River
(CD/RadiantRecords)(USA'09)
再結成TRANSATLANTICでも注目を集める才人:ニール・モーズの、こちらはプログレッシヴ・アルバムではなく、クリスチャン・ミュージック系のニューリリース。バンド録音による、ロック寄りの歌モノシリーズ:Worship Sessionsの第4弾です。流石に歌詞は神一色とはいえ、楽曲自体はモーズ節そのもので、違和感なく聴けます。アメリカンロック色の強いコンパクトな歌モノの中にも、随所にシンフォニックなアレンジも取り込んで、コア・ファンは見逃せない仕上がりとなっております。

〜'07年オランダでのライヴ!カール・パーマー・バンドのgが新加入し,圧倒的パワーで迫る会心の演奏!〜

NEAL MORSE
/Sola Scriptura & Beyond
〜The Definitive Live Neal Morse Experience!

(2DVD:NTSC/USA'08)

ニール・モーズが「聖書のみによりて」リリース後の'07年5月にオランダで行ったコンサートを収めたライヴDVD。「?ライヴ」CDと同様、イレギュラーの、言わばオランダ組バンドを従えての演奏ですが、新たにカール・パーマー・バンドのギタリストが参加し、更に強力になっています。新作の全曲はもちろん「?」「証言」メドレーなど、3時間に及ぶダイナミックなプレイは素晴らしく、ファン必見の快演です。ボーナスDVDには、ドキュメンタリーや「?」ツアーのドイツ・ライヴ(約80分)等をたっぷり収録。2枚合わせて6時間に及ぶ圧倒的ヴォリュームでのリリース!

〜ビソネット兄弟とのジャムから生まれた、弾きまくりのギターが冴え渡る力作!当店初入荷。〜

NEIL CITRON
/Flavored Jam

(CD/Neil Citron)(USA'06)
BANGTOWERの中心人物にして、ラナ・レーン周辺での活動でも知られるギタリスト、ニール・シトロンの'06年リリース作(当店初入荷)。西海岸系セッション・プレイヤーとして著名なビソネット兄弟(グレッグ&マット)をリズム隊に迎えたジャム・セッションから生まれた、19分/7分/10分の計3曲、トータル約37分を収めています。ジェフ・ベック系ルーツのロッカ・フュージョン・ジャムから、zep系ルーツのHR調(vo入り)まで、全編に渡って弾きまくるシトロンのgが冴え渡った、注目の力作です!

〜テクニカル性とダークな色が共存する、ギター系マルチ・チェンバーprogの新作3rd!〜

THE NERVE INSTITUTE
/Fictions

(CD/Belle Antique)(USA'15)
米国産、屈折アヴァン・ポップ/チェンバー・プログレッシヴ系の奇才マルチ・プレイヤー/コンポーザー、Michael S.Judgeの完全ソロ・プロジェクト、「Architects of Flesh-Density」('11年)に続く新作3rd。ホワイト・ウィローのJ.H.ルポ(キーボード、ギター)が2曲に加わる以外は全てJudge自身のプレイ(一部ヴォーカル含)にて、クリムゾン、カンタベリー、ザッパ、ラテン等のルーツを、屈折したポップ感覚と、時にハードかつテクニカルなギター系アンサンブルで聴かせて以前よりプログレッシヴ色の強い仕上がる。悪夢めいたダークなムードも有る、注目傑作!

〜イタリアAltrockが擁する個性派。マルチ録音にて展開される、複雑&屈折、そしてポップな1枚!〜

THE NERVE INSTITUTE
/Architects Of Flesh-Density

(CD/Altrock)(USA'11)
とどまるところを知らぬ勢いの、イタリアAltrockレーベルから、またも登場したニュー・カマー。M.Judgeなる人物による、一人マルチ録音にて、いわゆる複雑系チェンバー/クリムゾン系と、モダンな屈折ポップ色が合体した、個性十分のサウンドになっています。人力打ち込み風の、タイトに走る変則リズム、浮遊感のある英語ヴォーカル/コーラス、ジャズやラテンも取り込んだ曲想と、全体にメカニカルな仕上がりです。ZAPPA〜KING CRIMSON系の変種とも、ポリリズミック・ポップとも言えそうな、注目の個性派!

〜ネルス・クラインの最新作! インスト・アヴァン・ジャズ・ロック!〜

THE NELS CLINE SINGERS
/Macroscope

(CD/Mack Avenue)(USA'14)
アヴァン・ギター・ゴッド、ネルス・クライン率いるインスト・トリオ・バンド、THE NELS CLINE SINGERSの、「Initiate」('10)に続く新作5th。S.Amendola(dr)、Trevor Dunn(b)とのトリオに、ゲストでジーナ・パーキンス(el-harp)、シロ・バプティスタ(per)、本田ゆか(チボ・マット/el-p)らが参加しています。クラインのユニットとしては最も多彩ともいえる、メロディアスなアンビエントフォーク的ダークなジャズ+インプロ、エフェクティヴなフリーキー・プレイまで、鋭利なギターをたっぷり交えたサウンドを展開しています。アコ・ギの響きも印象的な充実の快作!

〜ネルス・クライン、ソロ名義での2010年新作!コンセプチュアルにして入魂の2枚組!〜

NELS CLINE
/Dirty Baby

(2CD/Crypto/Gramophone)(USA'10)
言わずと知れたアヴァン・ギター・ゴッド:ネルス・クラインの、ソロ名義では久々となる新作。SIDE A/SIDE Bという形で、SINGERSのメンバー他、管弦楽器など、異なる編成での演奏を収めた2枚組です。前半はフォト・アートにインスパイアされた、時にOREGON〜SHADOWFAXのルーツも見える、アコースティカル&メロディアスな作風。後半は、ノイジーなエレキギターも炸裂する、フリーキー・ジャズ/アヴァン。各々、元になったフォト/抽象画(DISC-2)を収めたブックレット付き、豪華BOX仕様。入魂の出来です。

〜ネルス・クラインのSINGERSと、サックス・カルテットの共演盤!フリーキー・サウンド!〜

ROVA&NELS CLINE SINGERS
/The Celestial Septet

(CD/NEW WORLD RECORDS)(USA'10)
アヴァン・ギター・ゴッドであるネルス・クライン率いるインスト・トリオ:SINGERSの、2010年リリース。『Initiate』に続くリリースですが、こちらはROVAサックス四重奏団とのコラボレーション/連名作品です。比較的渋めのジャズから、フリーキーなレコメン/OGUN風、過激でノイジーな楽曲まで、充実の力作!

〜米国のアヴァン・ギター・ゴッド:ネルス・クライン率いるトリオの'10新作!スタジオとライヴのカップリングにて!〜

NELS CLINE SINGERS
/Initiate
(2CD/Cryprogramophone)(USA'10)
米国のアヴァン・ギター・ゴッド:ネルス・クライン率いるインスト・トリオ・バンドのニューリリースは、スタジオとライヴのカップリング2CD。ノイズ/エレクトロ色も交えつつ、実はプログレなジャズ・ロックを聴かせる注目の力作!!

〜「アヴァン・ギター・ゴッド」ネルス・クラインによる完全ソロ傑作!〜

NELS CLINE
/Coward
(USA.'09)(CD/Cryptogramophone)
今や「アヴァン・ギター・ゴッド」の称号すら得ているネルス・クラインの'09完全ソロ新作。エフェクト、ループ、打ち込みリズム等も用いた多重スタイルにて、ノイジーで衝撃的エレクトリックと、意外なまでに美麗なアコースティックまで、プログレッシヴなルーツを感じさせる多彩な内容です。ミニマル・アコースティック系の大曲D、エレクトリック〜コラージュ的組曲H〜Nなど、前衛性と叙情性がせめぎ合う、クラインの真価!これは傑作です!!

〜カンサス+シアトリカル/屈折シンフォニックなUSバンド、8年振りの新作2nd!〜

NEW EDEN ORCHESTRA
/Vikings

(CD/Self)(USA'12)
米国産、カンサス系ルーツのシアトリカルな個性派シンフォニック・ロック・バンドの「Anyman」('04)以来8年振りとなる2作目。作曲kbdのMike Lunnが制作途中の'09年に亡くなった為、彼の遺作ともなった作品です。タイトル通り、ヴァイキングをテーマとしたコンセプト・アルバム(一部別プロジェクト用だった曲も有り)で、男女voをフィーチャーしてカンサスのオーケストラルな所を引き継いだ勇壮なイメージから、トラッド/フォークものまで、意外性のある展開力が光る内容です。ELP風のkbdワークも印象的な秀作!

〜オリメン4人による名曲の数々が堪能できる、ニュー・イングランドの'14年ライヴ!〜

NEW ENGLAND
/Live At The Regent Theatre

(SHM-CD/King Records)(USA'14収録)
ジョン・ファノン(vo, g)、ハーシュ・ガードナー(dr, vo)、ゲイリー・シェア(b, vo)、ジミー・ウォルドー(kbd, g, vo)というオリジナル・メンバー4名で'05年に復活、以後断続的に活動を続け、来たる11/18,20には初来日を果たすニュー・イングランド。来日記念リリースとなる本作は、'14年8月15日、マサチューセッツ州アーリントンで行なわれたライヴです。上記4人による編成にて、"Explorer Suite""失われし魂"など、1st〜3rdまでバランス良く選曲された名曲の数々をプレイ。コーラスも含めた見事なクオリティの演奏ぶりをたっぷり味わえる快作!日本盤ボーナスとして、スタジオ新曲1曲も収録されたファン必携タイトル!

〜ビリー・シーン(b)、デニス・チェンバース(dr)、そしてジョン・ノヴェーロ(kbd)によるkbdトリオ新作!〜

NIACIN
/Krush

(CD/Prosthetic)(USA'12)
ご存知ビリー・シーン(b)、デニス・チェンバース(dr)、そしてジョン・ノヴェーロ(ハモンドB-3,kbd)による、オルガン系トリオ・インスト・フュージョン・バンドの新作。バッスンバッスン&ブイブイで疾走するリズムの上を、オルガンやエレピが駆け回る、パワフル&グルーヴィなサウンドは、矢張り強力です。時にエマーソンやB.オーガーがテクニカル・フュージョンしているような?オルガン・ワークも光る痛快作!

〜Tone Center系速弾きギタリストの1stソロ!メロディアスな正統派テクニカル・フュージョンで爽快&痛快に迫る!〜

NICK MATZKE
/Physical Proof
(CD-R/ShredFactoryProductions)(USA'10)
バークリー音楽院出身で、ビデオ・ゲーム音楽をカヴァーするTHE KONAMI KODEなるバンドのメンバーでもある速弾きギタリスト:ニック・マツケの1stフルアルバム(自主CD-R)。自身が一部ベースやキーボードもプレイしつつ、ベース、パーカッション/キーボード、ドラムスを迎えたバンド録音になっています(ベース以外は複数が参加)。ジェフ・ベックやスティーヴ・モーズをルーツとした、正統派のメロディアス・フュージョンを基本に、PLANET X風のメタリックなナンバーも交えて、ギターが弾き倒しまくる爽快な秀作!グレッグ・ハウ系リスナーは特に注目の1枚!

〜ニュージャージー出身、プログレ・ハード寄り新鋭バンドの、日本デビュー作となる2nd!〜

ノー・モア・ペイン (NO MORE PAIN)
/ザ・ポスト・ヒューマン・コンディション (The Post Human Condition)

(CD/Avalon)(USA'15)
'08年に結成された、平均年齢24歳、米国はニュージャージー出身、プログレ・ハード寄り新鋭バンドの、日本デビュー作となる2nd。vo/g、kbd、b、drの4ピースで、ラッシュ、ジェネシス、フロイドから、D.シアター、サウンドガーデン、TOOL等にいたる'70s〜'90sルーツが絶妙にブレンドされた、アメリカらしいミクスチャーぶりを聴かせる。ラストのドラマティックな大曲まで、モダンな仕掛けとエモーションが共存した、US新世代プログレッシヴの傑作!泣きのギターも随所で炸裂しています!

〜ポスト・プログ/エレクトロうたものトリオの新作!〜

NORTH ATLANTIC OSCILLATION
/The Third Day

(CD/Kscope)(UK'14)
Kscopeレーベルの王道を行く、ポスト・プログ/エレクトロうたものトリオのNew!

〜米国のマルチプレイヤーによる、メロディック・テイストのプログレ・メタル・ユニット〜

NOS(NOT OTHERWISE SPECIFIED)
/Judgement

(CD/WeepingAngel)(USA'11)
アトランタ在住のマルチ・プレイヤー、クレイグ・カーリーによるワンマン・ユニットのデビュー作。DREAM THEATERと80年代パワー・メタルをミックスしたようなプログレ・メタル色を基調にしつつ、コーラス、メロトロンが炸裂するPALLAS風メロディック・ロック色もふんだんに盛り込んだ、ダイナミックなハード・シンフォニック・サウンドに仕上がっています。泣きのギターも交えた作風は、例えばKARMAKANICをよりメタリックに寄せたようなイメージとも言える、手応えのある力作です。
◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る