◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る

REVIEW ARCHIVES:JAPAN T
[こちらは、これまでに当店に入荷した商品のレビューのアーカイヴです。
価格・在庫の有無はSET SALE LISTを参照するか、またはお問い合わせください]

〜後藤忠司、入魂の傑作!〜

TADASHI GOTO
/Innervisions
(Japan.'08)(CD/Progrock)
'05年にInter Musicからデビュー作「Soundscape」を発表、テクニカルにたたみかける弾き倒し一人シンフォニック・サウンドで、日本のケン・ワトソンとも評された、岐阜のkbd奏者、後藤忠司。今回、海外のProgrockレーベルより、セカンド・アルバムが登場しました。自身のkbd、プログラミング・ドラムに加えて、曲毎に、クリス・ポーランド(OHM:、g)、ブレット・ガースト(g)、Tytabor(KING'S X、g)、トニー・フランクリン(b)といった名だたる技巧派の強者が参加。D.シェリニアン系と更にコンプレックスにしたような押しまくりに、ヘヴィ・フュージョン〜プログレ・メタル色を加味して、これは強烈な仕上がり。技巧派シンフォニック・リスナーのみならず見逃せない、入魂の傑作!

〜「パルセイト」('12)が好評の、日本産女性voアコースティカル・プログレッシヴ・バンド1stミニ!〜

taika
/Flow And Reflection

(CD/taika)(Japan'10)
2ndリリースにして初のフル「パルセイト」('12)が好評の、日本産女性voアコースティカル・プログレッシヴ・バンド、こちらは'10年に自主リリースされていた1stミニ(4曲入り約20分)。代表的ナンバーのひとつ"星食"はじめ、フロントの妙(vo,acc)の世界観が押し出された、しっとり詩的な歌物サウンドは既に確立されています。ジャパニーズ・シンフォニック&女性voファン注目の秀作!

〜ザバダック、キルシェをよりダークにしたようなファンタジックなプログレッシヴ・ポップ・バンド!〜

タイカ
/パルセイト

(CD/ディスクユニオン)(Japan'12)
ASHADAで'06年にはアルバムも出している、女性vo/アコーディオン奏者、妙(たえ)をフロントにしたプログレッシヴ・ポップ・バンド、taikaの1stミニ「Flow 〜」('10)に続く2ndリリースにして、フル・アルバム(9曲入り、53分)。高橋在也(p/わすれなぐさ)、Dani(b/KBB)、谷本朋翼(dr/ステラ・リー・ジョーンズ)という腕きき達のサポートを得て、ザバダック、キルシェ系をよりダークにしたような、ファンタジックな歌物を存分に展開しています。日本語の歌詞も魅力の秀作!

〜日本発、叙情派うたものプログレッシヴ・バンド、タイカの新作が2年振りに登場!〜

taika
/aware

(CD/strange sun record)(Japan'14)
元ASHADAの女性シンガー/アコーディオン奏者、妙(たえ)をフロントに、高橋在也(ピアノ)、Dani(ベース/KBB)、谷本朋翼(ドラムス/STELLA LEE JONES)という実力派が参加している叙情派うたものプログレッシヴ・バンド、タイカの2年振り新作サード(10曲,60分)。ほの暗く詩的な歌世界(日本語)と、時に力強くダイナミックなアンサンブルが織り成すサウンドは、更なる密度と完成度を示しています。ザバダック〜キルシェ系をよりシンフォニックにしたようなイメージもある、Jap'sリスナーのみならず注目の傑作!M8の"Immortal Fate"は、これまで特典DVDのみ収録だった名曲!

〜セレナーデのギタリスト、高津昌之がなんと新録で制作したソロ・アルバム!名曲多数の傑作!!〜

高津昌之
/信号 (CD/Poseidon)(Japan'09)

新●月の前身バンドとして知られるセレナーデのギタリストが、なんと新録で制作したソロ・アルバム。'70年代から書かれてきた楽曲は、ブリティッシュ・ポップや日本のフォークをベースとしたもので、自身のvoを軸としたコンパクトな中にも、新●月のフォーキーな面に通じる内容となっています。花本彰(kbd)、北山真(g)、鈴木清生(b)らがサポート参加。必聴の名曲“冬のランプ”はじめ、ファンは見逃せない傑作です!!更にボーナスとして、未発組曲、未発曲、“回帰”別テイクという、セレナーデ未発3曲を追加!!凄い!!

〜「純正律」の異才ヴァイオリニスト、初のソロアルバム〜

玉木宏樹&S.M.T
/Time Paradox
(CD/Columbia)(Japan '75)
現在も「純正律」にこだわった活動を続ける異才ヴァイオリニスト:玉木宏樹が、S.M.Tとして発表した初のソロアルバム。高中正義、松武秀樹らゲストプレイヤーを迎え、ロック・クラシック・エスニック等の要素が混在した、面白味十分のプログレッシヴロック作品となっており、時にエスペラントあたりにも通じる傑作です。久しく廃盤でしたが、今回、本人監修のリマスタリング&セルフライナーノーツ執筆、オリジナルLPの帯デザインを復刻した紙ジャケット仕様

〜奇才:玉木宏樹関連の2タイトルの待望の初CD化!本人監修リマスター&紙ジャケット仕様〜



V.A(玉木宏樹・大原繁仁・乾裕樹・安西史孝・松武秀樹)
/雲井時鳥国(くもいほととぎすこく)

(CD/ブリッジ)(Japan'79)
玉木宏樹
/存在の詩

(CD/ブリッジ)(Japan'80)

『タイム・パラドックス』の紙ジャケ再発に続く、奇才・玉木宏樹関連2タイトルのCD化(どちらも待望の初CD化で、紙ジャケット、本人監修リマスター、セルフライナーノーツ執筆)。『雲井時鳥国』は、玉木主導の元、大原繁仁、乾裕樹(「装甲騎兵ボトムズ」)、安西史孝、松武秀樹という計5名のシンセサイザーと、新日本フィルハーモニー交響楽団の共演という、スペクタクルなライヴ盤。エマーソンのコンチェルトのシンセ版とも言うべき、ボレロ風パートもスリリングなド迫力の組曲を展開した一枚です。一方の『存在の詩』は2ndソロで、基調はコーラス(少々YES)も多用したフォーク・ロック系ですが、語りに導かれ、安西史孝の凄まじいシンセが炸裂するヴァイオリン入りインド風シンフォB、打ち込みEL&P/ホルストなEが必聴!合わせてお見逃しなく!!

〜新●月の津田治彦プロデュース!民謡系女性vo+アンビエント・ポップ!注目の力作!〜

玉ゆら
/海月〜くらげ〜
(Japan.'08)(CD/Nautilus)
民話出身の若きシンガー「若狭さち」をフィーチャーしたユニット、玉ゆらの1stアルバム。なんと新●月の津田治彦がプロデュース、ギター/プログラミングでも4曲に参加した注目盤です。民謡風のコブシを効かせつつ伸びやかな唄声に、ロック色も有るデジタル/ヒーリング・ポップ・サウンドが相まって、不思議な世界を創出しています。ザバダック系、梶浦由記などアニメ/ゲーム系のリスナーにもおススメ!津田らしいギターも、しっかり入った充実の力作!

〜あの「銀河漂流バイファム」のOP/EDを収録!EUROXの前身:TAOの唯一作!ボーナス3曲追加、SHM-CDにて!〜

TAO
/Far East
(SHM-CD/Warner)(Japan'83)
伝説的サンライズロボットアニメ「銀河漂流バイファム」のOP/EDで知られ、後にEUROX(中森明菜『不思議』のアレンジにも参加)に発展する、ヴァイオリン入りロック・バンド:TAO(タオ)がワーナーに残した唯一のアルバム。U.K〜ASIA風味も香る名曲であるバイファムOP曲"Hello,Vifam"はじめ、ハーフの男性ヴォーカリスト:デヴィッド・マンによる英語詩の、ニューウェイヴ・ポップス寄りの楽曲を収録しています。今回、アニメ版と同じ「交信音入り」の"Hello,Vifam"、及びLP未収録のバイファムED曲"Never Give Up"のシングル・ヴァージョン含む3曲がボーナス・トラックに加わり、SHM-CD、紙ジャケットにて初CD化!マニア必携の1枚であります!!

〜タージ・マハル旅行団のライヴ録音!〜

タージ・マハル旅行団
/ライヴ・イン・ストックホルム1971
(Japan.'71)(2CD/Super Fuji)
公式には未発表だった'71年7月、スウェーデンのライヴを収めた2CD。音質極上です。ドローン風の弦の持続音や打楽器、電子変調音によるメディティショナルな即興は"エコーズ"中間部を思わせます。初期タージ・マハルのレアな名演!

〜タージ・マハル旅行団のドキュメント映像!〜

タージ・マハル旅行団
/「旅」について
(Japan.'71)(DVD/Super Fuji)
小杉武久が率いたサイケデリックな即興集団が'71年にヨーロッパ各地を回り、一部メンバーが車でタージ・マハルを目指した、その姿を収めたドキュメンタリー映像がDVD化!ドン・チェリーやツトム・ヤマシタの姿も映っています!!

〜全編で吹きまくるフルートの魅力も際立つ、東京拠点のユーロ志向インスト・バンド、TEEの新作3rd!〜

TEE
/Tales Of Eternal Entities

(CD/Musea Parallele)(Japan'16)
東京を拠点に活動する、フルート・フロントのユーロ志向インスト・プログレッシヴ・バンド、TEE(ティー)の「Trans - Europe Expression」('12)以来、4年振りとなる新作3rd。fl/ピッコロ, g, kbd, b, drの5人編成にて、今回もPFM、フォーカス、クリムゾン、ハケット等ルーツの、技巧的かつメロディアスなサウンドを存分に展開しています。初期ケンソー辺りに通じるムードも健在の一方、むしろキャメル的な叙情味を従来以上に押し出した、流麗かつダイナミックな仕上り。全編で吹きまくるフルートの魅力も際立つ、会心の傑作です!オビ付き国内流通仕様・輸入盤(ライナーはついていません)。


<ワールド・ディスク・オリジナル先着特典>
当商品をお買い求めいただきましたお客様に、先着順でステッカー(ジャケット・デザイン)をプレゼントいたします!

〜フルート・フロントのインスト・シンフォニック傑作!〜

TEE
/Trans-Europe Expression

(CD/MUSEA)(Japan'12)
元Interpose+の米倉竜司(kbd)が結成した、フルート・フロントの5人組(kbd,fl/リコーダ―,dr,b,g)インスト・シンフォニック・ロック・バンド、TEEの「The Earth Explorer」('09)に続く2ndフル。流麗なフルートを押し出したメロディアスなサウンドは、クリムゾン、バンコ、キャメルなどを思わせるもので、より技巧的な切り返しが効いたものになっています。泣きのギターやメロトロン音kbdも活かした、ジャパニーズ・プログレッシヴ・リスナーのみならず注目の傑作!

〜フルート・シンフォニック・バンド、1st!高水準快作です!〜

TEE
/The Earth Explorer
(Japan.'09)(CD/Poseidon)
元Interpose+のkbd奏者らによって結成された、フルート・フロントの5人組(kbd、fl/リコーダー、dr、b、g)シンフォニック・ロック・バンド、Te Earth Explorer改めTEEのスタジオ・ライヴ・デモCD-R('07)に続く1stアルバム。初期クリムゾン、PFM、キャメル、ゴティック等に通じる、流麗に舞うフルートを押し出した、ダイナミックなユーロ・プログレッシヴ・サウンドは聴き応え十分です。バンコやビリエットを思わせるハードな展開も交えた、マニアックかつ高水準な仕上がりの快作!初期ケンソー・ファンも注目といえます!!

〜これは面白い! 「ファンタジー・ロック・フェス2012」出演の坂本英城によるインスト・バンド1stミニ!〜

TEKARU TECHNICAL
/Tekaru

(CD/ノイジークローク)(Japan'12)
先だってクラブチッタで行われた「ファンタジー・ロック・フェス2012」にも出演した、ゲーム音楽家、坂本英城(kbd)率いるインスト・ロック・バンドの1stミニ(7曲入り、22分)。「無限回廊」等の自作曲を、ツインkbd、g入りのハード・シンフォニック・アレンジでプレイしており、こちら向きです。時にメタリックなトレース系?とも感じられる、コテコテのクラシカル/オルガン・ハード系に仕上がった秀作!

〜骨折変拍子と洒脱なメロディが調和した、アヴァン・リスナー必聴の作!〜

te_ri
/Far East Debug

(CD/Cadisc)(Japan'13)
吉田達也、ナスノミツル、喜多直毅との「石割桜」でも活動する岩手在住のギタリスト、村上巨樹(むらかみ・なおき)と、岡山在住のドラマー、片山貴志によるデュオ・バンドの4年振りのCDリリース。コンピューターの作曲ソフトのバグを取り込んだ、骨折系変拍子リズムの嵐と、何故か洒脱でポップなメロディが調和した、なごみ系の植村昌弘あるいはウンベルティポ的?仕上がり。アヴァン・リスナー注目の力作!

〜NOVELAのリーダー平山照継のバンド「テルズ・シンフォニア」としてのデビュー作!〜

TERU'S SYMPHONIA
/エッグ・ザ・ユニヴァース

(CD/キングレコード)(Japan'88)
NOVELのリーダー、平山照継がソロ2作品「ノイの城」「シンフォニア」リリースの後、新たにバンド「テルズ・シンフォニア」として'88年にリリースした作品。元マクダレーナの徳久恵美(vo)をフィーチャーして、ファンタジック&ヒューマンな暖かみのある、新たなテル・ワールドを開示した会心作!今回、新規リマスター、LPオビ(表面のみ復刻)、ニューライナー&復刻インサート付にて、紙ジャケット再発!応募特典CDにはノヴェラ“怒りの矢を放て”やジェラルドのミニ「夢の中の夢」他が収録!

〜未発ボックス第一弾で初公開となった「国境巡礼歌」完全版が、新規リマスター&ミックスにて単品リイシュー!〜

J・A・シーザーと悪魔の家+天井桟敷
/国境巡礼歌 完全盤

(2CD/富士)(Japan'73収録)
現在、完売につき入手不可能となっているJ・A・シーザーの未発ボックス第一弾「天井桟敷音楽作品集」。同ボックスで初公開となった、あの「国境巡礼歌」完全版2CDが、単品でリイシュー。2013年最新ミックス&マスタリングにより、更なるダイナミズムとスケール感を放つ音質となっています。内容は言わずもがなのシーザー流呪術ヘヴィ・ロックが炸裂の超名演! またまたマストのリリース!

〜77年にリリースされた天井桟敷唯一のスタジオ録音作、リマスター紙ジャケット再発!ラストの流れが圧巻!〜

J.A.シーザー/天井桟敷
/阿呆船
(CD/Columbia)(Japan'77)
故.寺山修司が率いた劇団「天井桟敷」が、革命前のイランで行なわれた"シラーズ・ベルセポリス映画祭"に招かれ上演された作品のサウンドトラック盤。音楽はもちろんJ.A.シーザーで、サントラといっても演劇そのものを再構成したような内容になっております(スタジオ録音)。寺山ならではの、シュールで眩惑的な台詞/ダイアローグも挿入しつつ、絶頂期シーザーの楽曲がたっぷりと味わえる名作。とりわけ、シーザー自身の絶唱タイトル曲からラストへの流れは圧巻!リマスター/見開き紙ジャケットにて再発!

〜正に呪術ヘヴィ・ロック・サウンド!天井桟敷72年公演の実況録音盤が、オリジナルLP VerでSHM-CD/紙ジャケット化!〜

天井桟敷(音楽:J.A.シーザー)
/呪術音楽劇 邪宗門
(SHM-CD/BelleAntique)(Japan'72)
故.寺山修司が率いた劇団「天井桟敷」が、ナンシー国際演劇祭を皮切りのヨーロッパ公演後、72年1月30日に渋谷公会堂で上演した作品「邪宗門」の実況録音盤。呪術音楽劇と題されている通り、音楽担当であるJ.A.シーザーのヘヴィ・ロックと、寺山ならではの情念・問いかけがスリリングに共存した、初期天井桟敷/J.A.シーザーの代表作です。今回、オリジナルLPヴァージョンを紙ジャケット/SHM-CD化!インサート/復刻オビ付き仕様の決定盤にてリイシュー!

〜天井桟敷、78年公演の実況録音盤。オルフやMAGMAすら思わせる、J.A.シーザーの音楽性が頂点を極めた最高傑作!〜

天井桟敷(J・A・シーザー)
/説教節の主題による見世物オペラ 身毒丸

(SHM-CD/BelleAntique)(Japan'78)
故.寺山修司が率いた劇団・天井桟敷の、"説教節の主題による見世物オペラ"と題された78年公演の実況録音盤。寺山氏ならではの土俗的情念世界と、和楽器や女性ソプラノも交えたロック・オペラが共存したダイナミックな内容は、圧倒的インパクトです。特にカール・オルフやMAGMAすら思わせる、J.A.シーザーの音楽性が頂点を極めた最高傑作!SHM-CD、紙ジャケット(復刻帯付き)にて再発!

〜J.A.シーザー、PANTA、深町純らの作曲もあり、寺山修司関連アイテム〜

寺山修司/田中星児
/イソップ物語
(CD/Showboat)(Japan'73)
寺山修司の作詞による、昭和48年度芸術祭参加作品のCD化。田中星児のヴォーカルで、寺山流イソップ物語が展開されております。PANTA(頭脳警察)のグループの演奏や、J.A.シーザー、深町純といった面々の作曲した楽曲にも注目。紙ジャケット仕様。

〜EL&P〜エマーソン リスペクテッドなボーカロイドCD第二弾。今回もリアルハモンド&モーグが唸る!〜

Tiny Symphony
/リバレイター -解放者-
(CD/Mikuticore)(Japan'09)
「ボーカロイドがEL&P!?」と話題になった前作『MRH フィーチャリング ボカロファミリー』を制作した、Tiny Symphony/いーえるP氏によるボーカロイドCD第二弾。今回は組曲やインストはなく、全編ボーカロイド使用のコンパクトな歌モノですが、EL&P〜キース・エマーソンをリスペクトした、リアルハモンド&モーグが唸るプログレッシヴなアレンジは健在。バッハのフレーズを織り込んだ@はじめ、ニヤリとさせられる隠し味が各所に満載な内容は「初音ミクがオルガンにナイフ」のジャケ通り!?プログレファンのオタク心をくすぐる、注目の好作!

※当店購入特典 小冊子付き!

〜VOCALOID使用のヴァーチャル・ユニットによるデビュー・アルバム。プログレネタの逆説的面白さ!〜

Tiny Symphony
/MRH フィーチャリング・ボカロファミリー ライズ・オブ・ダーク
(CD/TinySymphony)(Japan'09)
コレは異色ですが、こちら向き同人アイテム。08年にニコニコ動画でデビューした、VOCALOID使用のヴァーチャル・ユニットのデビューCD(自主制作プレスCD、15曲50分収録)です。コンセプトというか、ネタはズバリ"プログレ"、とりわけEL&P/キース・エマーソン リスペクト。ヴォーカロイドということもあり、80'sアイドル〜アニソン調(しかし要所でプログレ調のアレンジが光る)のナンバーも多いですが、ほとんど一人シンフォニックな本格派インスト曲を配して、想像以上の完成度であります。プログレ・ファンのオタク心をくすぐる?逆説的面白さの一枚!

〜日本ニュー・ロック期の力作にしてレア・アイテム、トゥー・マッチの唯一作が再発!〜

TOO MUCH
/Too Much

(CD/スカイステーション)(Japan'71)
ヘルプフル・ソウルのシンガーにして、アニメ・サントラ「千夜一夜物語」への参加でも知られるジュニ・ラッシュ(英語vo)をフィーチャーしたトゥー・マッチの唯一作。ジミヘン、ZEP系ルーツのブルース、HR(ゲスト・キーボードでミッキー吉野参加)基調ですが、富田功のストリングス・アレンジによる“エピタフ”調の泣きのラスト曲でつとに知られる名作です!長らく公式盤は廃盤でしたが、紙ジャケット、帯再現の待望の再発!

〜和物カルト・ジャズ!篠笛/能管奏者フロントの、時代劇サントラ風ジャズ・ロック作品!〜

藤舎推峯(とうしゃ すいほう)
/幽玄の世界

(CD/DiskUnion)(Japan'71)
あの『原子共同体』と同じ71年にリリースされていた、カルトな和ジャズ・アイテム。篠笛/能管奏者の藤舎推峯(とうしゃ すいほう)のアルバムで、バックには、水谷公生(g)、前田憲男(org.arr)を含む、猪俣猛(dr)とサウンド・リミテッドが担当。DONOVANやANIMALSのカヴァーから、LPのB面を占める組曲"篠笛とロック・バンドのための協奏曲"まで、いわゆるラウンジ〜ライブラリー風のアーリー・ジャズ・ロックを展開。結果的には、時代劇のサントラのようにも聴こえる、和物マニア注目の力作です!

〜ExhiVision等で活躍の永井敏己のリーダー・バンド、セカンド・アルバムが登場!〜

TOSHIMI PROJECT
/SO

(CD/しおさい)(Japan'12)
ExhiVisionはじめ、数々のユニットで大活躍を続ける永井敏己(b)をリーダーに、長谷川浩二(ExhiVision:dr)、そして柴崎浩(ex.WANDS:g)というメンバーで結成されたギター・トリオ・バンドの2ndにして、初のスタジオ録音作。時にハードに、時にメロディアスに、ギターも存分に弾きまくるテクニカルなロッカ・フュージョンが全開です。ExhiVisionはもちろん、FRAGILE辺りを好む向きも必聴の、高品質な傑作です!

〜注目の女性シンガー/ソングライター/ピアニストのしっとり染み入るような秀作3rd!〜

富山優子
/おんがくのかみさま

(CD/Tommy Records)(Japan'16)
東京芸大作曲科で学んだ、女性シンガー/ソングライター/ピアニスト、富山優子の、「おおグリーン」('13)に続く、約2年振りの3rdアルバム。今回は、作曲・録音・ミックスまで全て一人で手掛けた、ピアノ弾き語りアルバムとなっています。クラシックの素養を感じさせつつ、しっとりエモーショナルに唄を紡ぐ、どこか矢野顕子系にも通じる内容は十分コチラ向き。控えめながらもリスナーの胸に迫る、切々とした秀作!

〜C.ヘイワードのスタジオで録音された、緊迫感と殺気に溢れたデュオ・インプロ!〜

豊永 亮×チャールズ・ヘイワード
/PUNK

(CD/時弦プロダクション)(Japan/UK, '13収録)
ex.POU-FOU〜ROMPのギタリスト、豊永亮と、御存知チャールズ・ヘイワード(dr, メロディカ)が、'13年7月にロンドンは、ヘイワードのスタジオで行なった即興演奏を収めたCD(10トラック46分)。フリーキー&ノイジーな、緊迫感と殺気に溢れたデュオ・インプロは強烈です。ここまでドラマーに徹したヘイワードの姿は珍しく、マニアは見逃せない貴重な記録です!

〜初CD化! 安西史孝が作曲した、つくば万博もの裏ネタ! スペース・シンセ+シンフォ/Prog!〜

TPO2 (安西史孝)
/つくば科学万博音楽集

(CD/ブリッジ)(Japan'85)
知る人ぞ知る?こちら向きの裏ネタ、懐かしの'85つくば科学万博関連アイテムが初CD化。NECのパビリオン「C&Cシアター」の音楽集で、手掛けたのは「うる星やつら」「樹魔・伝説」等で知られる安西史孝(TPO2名義ですが、実質ソロ)。テクノ・ポップ/フュージョンやシンセものというよりも、スペイシーな一人?シンフォニック'80sサウンドで、聴き応え十分です! 本編M2〜M10に、コスモ星丸のコンピュータ合成音も交えたキャンペーン・シングルM1と、未発トラックM12〜M20をボーナス追加! 注目!

〜安西史孝らによるスタジオ/シンセ集団の'83年の1st〜

TPO
/TPO 1
(Japan.'83)(CD/Bridge)
日本のアート・オヴ・ノイズとも言われた?安西史孝らによるスタジオ/シンセ集団の'83年の1st。デモ等入りのボーナスCD付アニヴァーサリー・エディション。冒頭のモロにプログレな一人シンフォの祖先的曲からラウンジ風テクノ歌物ポップ、ゲルニカ風のクラシカルまで、どこを切っても'80s感たっぷり。これは面白い!掘り出し物です!特に安西曲が良いです!!

〜壷井彰久のvlnが大活躍する、ジャジー&クラシカルなアコースティック・カルテットの新作!〜

TRINITE(トリニテ)
/神々の骨

(CD/QS Label)(Japan'16)
作曲家/ピアニスト、shezooが率いるアコースティック・カルテット、トリニテの3作目(7曲60分)。壷井彰久(vln/KBB)、小森慶子(cl/高円寺百景)、小林武文(per, dr)との4ピースにて、寺井尚子+アコースティック・アストゥーリアス的な、端正かつメロウなジャズ風味から、シリアス&ダークな、ユニヴェル・ゼロあるいはポチャカイテ・マルコばりの?近代クラシック/暗黒チェンバー調まで、全編で活躍する壷井のvlnが、とりわけ秀逸な力作!

〜圧巻の弾き倒しヘヴィ・プログレ・フュージョン傑作!〜

TRI-Offensive
/TRI-Offensive(CD/キングレコード)(Japan'09)
岸倫仔の新作にも参加していた、小森啓資(Dr:KENSO/野獣王国)、岡田次郎(Ba:PRISM)の強力リズム・セクションが、超絶テクニックの新鋭ギタリスト:菰口雄矢(こもぐちゆうや)と組んだトリオインストバンドのデビュー作。正しく攻撃的なスリリング極まる変拍子のキメと、メロディアスな色も交えつつ弾き&叩き倒す三者の技巧が相まった、圧倒のヘヴィ・プログレ・フュージョン作品となっています。FRAGILE、ExhiVision、PLANET Xあたりのファンは必聴の傑作!

〜女性ヴォーカル/フルートをフロントにした、叙情派ジャパニーズ・シンフォニック・バンド!〜

月兎(つきうさぎ)
/月兎

(CD/POSEIDON)(Japan'10)
PEDIMENTを母体に、村上常博(g)が結成した、女性ヴォーカル・フロントの叙情派シンフォニック・バンド:月兎(つきうさぎ)の1stアルバム。うっすらと和風味を交えての、初期KING CRIMSON、新●月あたりの影響下にある歌物サウンドを、しっとりと、そしてダイナミックに展開しています。3つのパートから成る大曲"追憶"をはじめ、時にURIAH HEEPやDEEP PURPLEを思わせるハード・ロックなテイストも交えた、70年代へのリスペクトに溢れる楽曲は、手応え十分です。アコースティック・ギターや泣きのギターと、フルートとの絡みも光る、大力作!PAGEANT〜FROMAGE系ファンも注目の1枚です!

◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る