◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る

REVIEW ARCHIVES:GERMANY U-Z
[こちらは、これまでに当店に入荷した商品のレビューのアーカイヴです。
価格・在庫の有無はSET SALE LISTを参照するか、またはお問い合わせください]

〜英独合体ブラス・ジャズ・ロック・バンド、96年作と99年作の2枚組カップリング再発!リマスターにて〜

THE UNITED JAZZ + ROCK ENSEMBLE
/Die Neunte Von United - X

(2CD/MOOD RECORDS)(Germany/UK'96/99録音)
ウォルフガング・ダウナー、エベルハルト・ウェバー、ヴォルカー・クリーゲル、チャーリー・マリアーノら、ドイツ/欧州ジャズの重鎮たちが、故.イアン・カー、バーバラ、トンプソン、ジョン・ハイズマンといった英国勢と合体したブラス・ジャズ・ロック・プロジェクトの、こちらは96年の9thアルバムと、実質的最終作(02年にさよならツアーを行う)となった99年の10thアルバムのカップリング2枚組リマスター再発。大人の余裕漂うブラス・フュージョンから、ECM風の流麗な側面まで、まさに円熟のサウンドが味わえる力演!両作ともライヴ録音です。

〜英独合体ブラス・ジャズ・ロック・バンド、78年作と87年作の2枚組カップリング再発!リマスターにて〜

THE UNITED JAZZ + ROCK ENSEMBLE
/Round Seven - Teamwork

(2CD/MOOD RECORDS)(Germany/UK'87/78)
ウォルフガング・ダウナー、エベルハルト・ウェバー、ヴォルカー・クリーゲル、チャーリー・マリアーノら、ドイツ/欧州ジャズの重鎮たちが、故.イアン・カー、バーバラ、トンプソン、ジョン・ハイズマンといった英国勢と合体したブラス・ジャズ・ロック・プロジェクトの、こちらは87年の7th『Round Seven』と、78年の2nd『Teamwork』のカップリング2CD(リマスター)再発。87年作の方は、時流もあって、相応にポップなブラス・フュージョンですが、NUCLEUSをファンキーなサウンドトラック風に寄せたような、聴き応えのある秀作です。ユーロ・ジャズ・リスナーもお見逃しなく!

〜英独の大物達によるオールスタージャズグループの79年作と84年ライヴの2枚組カップリング!リマスターにて!〜

THE UNITED JAZZ + ROCK ENSEMBLE
/The Break Even Point - United Live Opus Sechs

(2CD/KISMET)(Germany/UK'79/84)
ウォルフガング・ダウナー、ヴォルカー・クリーゲル、アルベルト・マンゲルスドルフらジャーマン・ジャズの大物達が、イアン・カー、バーバラ・トンプソン、ジョン・ハイズマンといった英国勢と合体して結成されたオールスター・バンドの、79年の3rdアルバムと、84年のライヴ・アルバムのカップリング2枚組リイシュー。いずれの作品も、さらにチャーリー・マリアーノ、ケニー・ホイーラー、エベルハルド・ウェバーらが加わり、NUCLEUS系をビッグ・バンド/フュージョンに寄せたような、上品かつエネルギッシュなサウンドを展開しています。ライヴではさらにECM色も交えた、ユーロ・ジャズ・リスナー注目の快演!

〜COLOSSEUM人脈とドイツ・ジャズの大物が合体した不定形ユニットの、77年ライヴと81年ライヴのカップリング!〜

THE UNITED JAZZ + ROCK ENSEMBLE
/Live In Schutzenhaus + Live In Berlin

(2CD/in-akustik)(UK-Germany'77+81)
イアン・カー、バーバラ・トンプソン、ジョン・ハイズマンのNUCLEUS/COLOSSEUM人脈と、ヴォルフガング・ダウナー、ヴォルカー・クリーゲルらドイツ・ジャズの大物が合体した、英独混成不定形プロジェクトの、ライヴアルバム2タイトル(77年1st/81年4th)をカップリングした、リマスター2CDリイシュー!77年ライヴには、エベルハルト・ウェバー(b)、チャーリー・マリアーノ(sax)らが参加(81年ライヴにはイアン・カーは不参加)。参加メンバーの持ち曲を演奏するオールスター・バンドでありつつも、セッション色は薄く、NUCLEUSをサントラ風にしたような、ノリの良いフュージョン/ジャズ・ロックが味わえます。特に77年ライヴは熱い快演!

〜COLOSSEUM人脈とドイツ・ジャズの大物が合体した不定形ユニットの、コンピの2タイトルをカップリングした2枚組〜

THE UNITED JAZZ + ROCK ENSEMBLE
/Plays Wolfganf Dauner + Plays Volker Kriegel

(2CD/in-akustik)(UK-Germany'01+02)
バーバラ・トンプソン、ジョン・ハイズマンらCOLOSSEUM人脈と、ヴォルフガング・ダウナー、ヴォルカー・クリーゲルらドイツ・ジャズの大物が合体した不定形ユニットの、こちらはコンピの2タイトルをカップリングした2枚組。一方はダウナーの、もう一方はクリーゲルの手による楽曲を、
それぞれ演奏!

〜独ワーナーのお徳用ボックス・シリーズ、今回はクラウトロックがテーマの5タイトル・セット!〜

V.A.(PARZIVAL, MESSAGE, LA DUSSELDORF, ASTERIX, GIFT)
/KRAUTROCK Original Album Series

(5CD BOX/Warner)(Germany'70-'78)
独ワーナーのお徳用ボックス・シリーズより、こちらはテーマ別に複数アーティストのアルバムを収めるパターンの、「クラウトロック」編、5CD(各リマスター、簡易ペーパー・スリーヴ)。古楽/クラシカル、フォーク、プログレッシヴの名盤、PARZIVAL「Legend」('72、+2ボーナス、1st)、ハード+ジャズ・ロック的なMESSAGE「same」('75、3rd)、LA DUSSERDORFの代表作「Viva」('78、2nd)、ルシファーズ・フレンドの前身ASTERIX「same」('70)、ハード系の良作GIFT「same」('72、1st)と、充実の5タイトル!

〜ジャーマン/クラウト・ロックの立役者的プロデューサー、コニ―・プランクに捧ぐ4CDボックス!〜

V.A.(トリビュート・トゥ・コニ―・プランク)
/フーズ・ザット・マン

(4CD/P-Vine)(Germany,etc.)
'87年1212月に死去した、ジャーマン/クラウト・ロックの立役者的プロデューサー、コニ―・プランクに捧ぐ4CDボックス。CD1&2はプランク・ワークスのベスト(Phew,LA DUSSELDORF,NEU!,etc.)。CD3はリミックス・トラックス(オムニバス)。そしてCD4にメビウス/プランク/Steffenの'86年未発ライヴを収録! マニア注目です!

〜ドイツ産叙情派シンフォニック・ロック・バンドの07年新作!〜

VERSUS X
/Primordial Ocean

(CD/Germany.'07)

ドイツ産、キャメル、ハケット、ペンドラゴン等ルーツの叙情はシンフォニック・バンドの205-07年録音の新作。オルガン、メロトロン音などアナログ・タッチにこだわったキーボード・ワークと、泣きの入ったギターを中心に、ゆったりとした中にもダイナミックな起伏のあるサウンドを展開しており、高水準です。フランボロー・ヘッド等、オランダ・メロディック系リスナーにもオススメです!

〜ジャーマン/クラウト系のサイケ・バンドの'08年作のリマスター再発2CD!〜

VIBRAVOID
/The Politics Of Ecstasy

(2CD/Stoned Karma)(Germany'08)
ドイツ産、クラウト+モンド・テイストのサイケデリック・ロック・バンドの'08年3rdの再発! 元は'93-'95録音のカセット作「Phasenvoid」をカップリングし、ボーナス・トラックもたっぷり加えた2CD仕様。ストロベリー・アラーム・クロック"Incense And Peppermints"、シルヴァー・アップルズ"Oscillations"のカヴァー、そしてラストのボーナスにはCAN"Mother Sky"のカヴァーも!(30分、'12年録音)ジャーマン・リスナー注目です!

〜ドイツ産、サイケ/クラウト・ロック系新鋭の新作6th!〜

VIBRAVOID
/Gravity Zero

(CD/Sulatron)(Germany'12)
ドイツ産、ジャケに違わぬサイケ/クラウト・ロック系バンドの新作6th!('00よりアルバムをリリース)どちらかといえば、スペイシーなサイケ・ポップ路線で、アナログなシンセや、エフェクトを多用したg、エコーの効いたvo等が怪しくレトロに浮遊する、ムード満点で完成度も高い好内容の力作です!

〜アーサー・ブラウン + ザッパ + ロックンロール?Long Hairが送り出した、ヘンテコサイケなドイツの新人!〜

THE VOID'S LAST STAND
/A Sun By Rising Set
(CD/LongHair)
(Germany'09)
再発/発掘レーベルLong Hairが送りだした、ドイツの新人バンド。基本的にはロックンロールと言うか、ハード/ガレージ調レトロックですが、何故かアーサー・ブラウン的な素っ頓狂なヴォーカルと、時にザッパ〜ETRON FOU LELOUBLAN的(?)なヒネリを加えた、いかにもジャーマンなサウンド(キーボードレス)。後半は組曲仕立て!ヘンテコ・ジャーマン・マニアは見逃せませんよ!

〜故フォルカ―・クリ―ゲルの'81年「Jazzfest Berlin」でのライヴを収めたCD+DVD/NTSC!〜

VOLKER KRIEGEL & FRIENDS
/Jazzfest Berlin 81

(CD+DVD[NTSC]/MIG)(Germany'81収録)
ウェザー・リポートの映像をリリースしているMIG/Art Of Grooveより、故フォルカ―・クリ―ゲルの、'81年「Jazzfest Berlin」でのライヴ映像を収めたDVD(NTSC、約70分)と、同音源のCDをセットにしてリリース。E.ウェーバー(コントラバス)はじめ、ヴィブラフォン奏者やkbd、管も交えた、クリ―ゲルならではのラテン/ラウンジ+シリアス的ユーロ・ジャズ/フュージョンが高画質で味わえます!

〜メロディアスな色合いを押し出した、故.フォルカー・クリーゲルの77年作品がCD化!〜

VOLKER KRIEGEL&MILD MANIAC ORCHESTRA
/Octember Variations

(CD/MPS)(Germany'77)
続々とCD化が進む、故.フォルカー・クリーゲル(g)がMPSに残した77年作品が、リマスターにて初CD化。ジャケット上はMILD MANIC ORCHESTRAとありますが、基本はキーボード、ベース、ドラムスとの4ピース・バンドに、ゲストでアラン・スキッドモア(sax)、ヴォルフガング・ダウナー(synth solo)などが加わる形での録音。メロディアスなクロスオーヴァー基調なのは76年の『Topical Harvest』と同様ですが、よりムーディでメロウなラテン〜ファンキー・ラウンジ風味となっており、結果的にカンタベリー・ジャズに通じるところもある、これまた好作となっています。

〜V.クリーゲル(G)が'78年に発表したクールなユーロ・フュージョン系アルバムが初CD化!〜

VOLKER KRIEGEL
/House Boat

(CD/Mps)(Germany'78)
ドイツ/ユーロ・ジャズきってのギタリスト、V.クリーゲルが'78年にMPSからリリースしたアルバムが初CD化!ヴィブラフォン奏者W.Schluterをフィーチャーした、ラウンジーかつファンキー、そしてクールなユーロ・フュージョンサウンド!上品かつメロウな浮遊感が魅力十分の好内容!

〜ファンキーなクロスオーヴァー/ジャズ・ロック路線を展開した76年作品がCD化!〜

VOLKER KRIEGEL
/Topical Harvest

(CD/MPS)(Germany'76)
DAVE PIKE SETをはじめ、ウォルフガング・ダウナー周辺でも活躍した、ジャーマン・ジャズきっての名ギタリスト 故.フォルカー・クリーゲルの76年作品が、初CD化(&リマスター)。レイナー・ブリューニングハウス(kbd.el-p.org)、ピーター・ギーガー(per)らをフィーチャーしたバンド編成にて、メロディアスで軽快なタッチのクロスオーヴァー/フュージョンを展開しています。ラテン風味も交えたタイトなアンサンブルの中、クリーンなトーンのギターの速弾きも存分に聴かせる、ジャズ・ロック・リスナー向きの秀作です!ベーシストは一部でメロトロンもプレイしています。

〜フォルカー・クリーゲルがMPSに残した70年代作品からの廉価コンピレーション盤〜

VOLKER KRIEGEL
/Psychedelic Jazz Guitar

(CD/MPS)(Germany'69-78)
ドイツきってのジャズ・ギタリスト フォルカー・クリーゲルが、MPSレーベルに残した70年代の音源からのテイクを収録した廉価コンピレーション盤。ウォルフガング・ダウナー(kbd)、アック・ヴァン・ルーエン(tr)、エベルハルト・ウェバー(b)らメンバーと共に繰り広げられる名演!ズビグニエフ・ザイフェルト(vln)参加曲や、未CD化音源も多数収録。入門としても最適な1枚です。

〜ズビグニエフ・ザイフェルト参加!ドイツ・ジャズきってのギタリストの73年作が単体初CD化!〜

VOLKER KRIEGEL
/Lift!

(CD/MPS)(Germany'73)
ウォルフガング・ダウナー周辺での活動でも知られる、ドイツきってのジャズ・ギタリスト フォルカー・クリーゲルが、73年にMPSからリリースした作品の単体初CD化。エベルハルト・ウェバー、ジョン・テイラー、ジョン・マーシャルが前作に引き続き参加している一方で、管楽器はスタン・サルツマン一人となり、さらには故.ズビグニエフ・ザイフェルト(el-vln)をフィーチャーしています。サウンドトラック風のグルーヴィなサウンドも前作同様ですが、ザイフェルトを迎えたことで、より端正なユーロ・ジャズ・タッチに仕上がっています。フレンチ・カンタベリー系のファンにもオススメといえる、これまた名作!

〜ドイツきってのジャズ・ギタリストの72年作品。こちら向きのサントラ風ユーロ・ジャズ!〜

VOLKER KRIEGEL
/Inside Missing Link

(2CD/MPS)(Germany'72)
ウォルフガング・ダウナー周辺での活動でも知られる、ドイツきってのジャズ・ギタリスト フォルカー・クリーゲルが、72年にMPSからリリースした作品が単体初CD化です。アルベルト・マンゲルスドルフ、エベルハルト・ウェバーらお馴染のドイツ勢に加え、アラン・スキッドモア、ジョン・テイラー、ジョン・マーシャル(!)ら英国組も参加しての録音。グルーヴィーかつタイトな、サウンドトラック風味のユーロ・ジャズ・サウンドは聴き応え十分です、NUCLEUS系のリスナーも注目のリリース。2枚組にて!

〜ベル・アンティーク 紙ジャケット&SHM-CDシリーズ 2011年2月〜

WALLENSTEIN
/Blitzkrieg(ファースト[電撃戦])

(SHM-CD/BelleAntique)(Germany'71)
三十年戦争で名をはせた傭兵隊長ヴァレンシュタインの名をグループ名にしたドイツのシンフォニック・ロック・アクトの71年のデビュー・アルバム。ヘヴィネスと叙情が混然とした独特の作風。硬質なメロトロンが作風に彩りを添える。オリジナル紙ジャケット仕様、リマスター、SHM-CDにてのリリース。

〜ベル・アンティーク 紙ジャケット&SHM-CDシリーズ 2011年2月〜

WALLENSTEIN
/Mother Universe

(SHM-CD/BelleAntique)(Germany'72)
前作よりさらに叙情味を増した、72年発表の2ndアルバム。ヴァレンシュタインの最高作とする人もいるほど、聴き込むほどに詩情の広がるジャーマン・シンフォニック・ロックの逸品。オリジナル紙ジャケット仕様、リマスター、SHM-CDにてのリリース。

〜ベル・アンティーク 紙ジャケット&SHM-CDシリーズ 2011年2月〜

WALLENSTEIN
/Cosmic Century

(SHM-CD/BelleAntique)(Germany'73)
ヴァイオリン奏者を迎え、自らを「シンフォニック・ロック・オーケストラ」と名乗った彼らの最高傑作。アコースティック・ピアノの荘厳な響きに、ヴァイオリンとギターがメロディーをせめぎ合う様は、かのQUELLA VECCHIA LOCANDAのドイツ版とでも言いたくなるほどの叙情と繊細さを持った、まさに世紀の名盤。オリジナル紙ジャケット仕様、リマスター、SHM-CDにてのリリース。

〜ベル・アンティーク 紙ジャケット&SHM-CDシリーズ 2011年2月〜

WALLENSTEIN
/Stories, Songs & Symphonies

(SHM-CD/BelleAntique)(Germany'75)
4作目のアルバム・演奏技術が更なる冴えを見せるシンフォニック・ロック作品。前作に比べると比較的コンパクトな楽曲が並ぶが、円熟味と言う点では最も優れたアルバム。オリジナル紙ジャケット仕様、リマスター、SHM-CDにてのリリース。

〜独産クインテット。スクラヴィス系をアッパーなジャズ・ロックに寄せたような、ド迫力&ダイナミックな傑作!〜

WANJA SLAVIN QUINTET
/Scirocco
(CD/JazzWerkStatt)(Germany'09)
ドイツのサックス/クラリネット奏者:ワンヤ・スレーヴィンが05年にスタートさせたクインテットの1stアルバム('07年のライヴ)。チェロ・7弦ギター、ダブルベース、ドラムスとの5人編成に、ルイ・スクラヴィス作品への参加で知られるメデリック・コリニョン(vo.trumpet)が加わっての演奏です。ドイツというより、むしろフレンチ系に通じる、ちょうどスクラヴィス系をアッパーなジャズ・ロックに寄せたような作風はインパクト十分です、シリアスさとスピード感が共存した、クリスティ・ドーラン/ニュー・バッグあたりのリスナーにもおススメのアヴァン・ジャズ大傑作!

〜ジャーマン・ハードの傑作!ユーライア・ヒープ・タイプのサウンドを聴かせるウィードの71年作!〜

WEED
/Weed
(CD/Germany.'71)
元VIRUS(オルガン入りハード・ロック・バンド)のメンバーが中心になって結成された、ウィードの71年作がRevisitedよりデジパックにて再発。ブルース・ロックを基調にしたハードなギターに、リリカルなアコースティックを用いた引き、長いソロ・パートをフィーチャーしたプログレッシヴな展開も有り、なかなかにこちら向きです。コーラス・ワークはじめ、ユーライア・ヒープを意識した内容ですが、演奏・楽曲のクオリティが非常に高く、特にアグレッシヴなギターは強烈です。ジャーマン・ハード・ファンは見逃せない再発!

〜あの名作『Morning』に先立つ、こちらは1st。オルガン/フルート入りPINK FLOYD系プログレ好作!〜

WIND
/Seasons

(CD/LongHair)(Germany'71)

ジャーマン・シンフォニック・バンド、こちらは、Long Hairからのプラケース再発盤!あの『Morning』に先立つ、こちらは1stアルバム。ややハードなオルガン/フルート入りPINK FLOYD系プログレとして、こちらも評価の高い傑作!

〜メロトロン&メルヘンサウンド!ジャーマン叙情派シンフォの古典的名作が、待望のリマスター&紙ジャケ国内発売!〜

WIND
/Morning
(CD/Sony Music Japan International)(Germany'72)
ドイツ産プログレッシヴ・ロック・バンド:ウインドが、『Seasons』('70)に続きリリースした72年の2ndアルバム。PINK FLOYD系サイケデリック色の強かった前作から一転し、ここではGENESISや初期KING CRIMSONに通じる、メロトロンもたっぷりフィーチャーしたサウンドになっています。牧歌的でフォーキーな側面もうまく消化した、叙情派ジャーマン・シンフォニック・ロックの古典的名作です!ジャケット通りのメルヘンなムードも魅力!待望の国内発売!リマスター&見開き紙ジャケットにて。

〜ノスタルジック&ドリーミーなイメージの叙情派ポスト・ロック/アンビエント歌ものProg!〜

WINTERGARDEN
/Wintergarden

(CD/Konkord)(Germany'13)
ドイツ産、ダークな叙情ポスト・ロック系うたものバンドの恐らく1stアルバム。ドイツ語のvoを交えた、バンド名通りのメランコリックな風景を想わせるサウンドを展開しています。シガー・ロス〜レディオヘッド系ルーツの部分と、ポーティスヘッド等のダブ〜エレクトロニカ色をブレンドする一方、ドリーミーなポスト・プログ的ムードも有る、プログレ向きの仕上がり。注目の力作です!

〜ウォルフガング・ダウナーの新作は息子との連名作! エバーハルト・ウェバーも参加!〜

WOLFGANG DAUNER / FLO DAUNER
/Dauner // Dauner

(CD/Connector)(Germany'13)
ET CETERAはじめ、ドイツ/ユーロ・ジャズ・ロック・シーンに大きな足跡を残してきた重鎮、ウォルフガング・ダウナー(p、kbd、el-p、syn)と、ポップ・シーンで活躍している息子、フロー(フローリアン)・ダウナー(dr、per)の連名共演作。約半数の曲にbが加わった(最終曲はエバーハルト・ウェバー)編成にて、タイトかつスリリングな生ピアノ主体のジャズのみならず、ECM系の空間シンセ、フューチャー風、前衛ノイズ色まで、自在のハイ・テンション・サウンドを展開しています。ダウナー流アヴァン・フュージョン/ジャズともいうべき傑作です!

〜W.ダウナーが'69年に録音したグルーヴィかつサイケなオルガン・ジャズ!〜

THE WOLFGANG DAUNER GROUP
/Rischkas Soul

(CD/Long Hair)(Germany'69)
ET CETERAでの活動はじめ、ドイツ/ユーロ・ジャズ・シーンの重鎮として知られるキーボード奏者、W.ダウナーの'69録音作(当初自主プレスでリリースされ、'72年にBrainより再発)がリマスターの上、初CD化。SIGI SCHWARB(el-g)、E.ウェバー(b)、のちにEXMAGMAを結成するパーカッション/ドラム、さらにドラマーを加えた5人編成にて、グルーヴィでサイケな、エデン・ローズもかくやの「ゴーゴー系」オルガン・ジャズを中心にプレイしています。シリアスな面やラウンジーなピアノ曲も一部交えた、懐かしくも新鮮な秀作です!

〜SPVよりジャズ・ロック注目6タイトルが見開き紙ジャケットにて再発!〜

WOLFGANG DAUNER (p)
/Free Action

(CD/Germany.'67)

ET CETRA結成以前のW・ダウナー(p)が、'67年に録音したリーダー作。sax/clもフィーチャーしつつ、バップ・スタイルに収まらない、フリー/エスノ色を大胆に取り込んだユーロ・ジャズ・サウンドは迫力十分です。ジャン・リュック・ポンティ(vln)、E・ウェーバー(チェロ)、そしてマニ・ノイメイヤー(dr)のプレイが、たっぷりと聴ける点でも貴重。Aでは、マニのタブラとポンティのvlnが絡むなど、ダウナーが既に先鋭的なセンスを発揮していたことを示す、ハイ・テンションな秀作です!!

〜日本人女性ヴォーカル入り、イマジナリーなアヴァン・サイケ/チェンバー・ユニットの09年作!コワカワ系!?〜

WOODEN VEIL
/Wooden Veil

(CD/Dekorder)(Germany'09)

'07年にベルリンで結成されたというオルタナ・サイケ/チェンバー系バンドの1st。フリー・フォークというよりも、ノイズ〜インダストリアル系の音響/ドローン風味と、どこかチャイルディッシュな夢想が交錯する、不幸目だがイマジナリーな音像。アコースティック楽器やパーカッションの呪術めいた反復も目立ちますが、日本人女性シンガーHanayo(MERZBOWとのコラボ経験も)の存在もポイント。ゴス・ホラーな、少女的に語るようなヴォーカルは魅力十分。"WHEN meets AFTER DINNER"な一枚です。

〜J.タル、アフィニティー等を思わせる、Vertigo HRサウンドを展開する新バンド!〜

WUCAN (ヴカン)
/Sow The Wind

(CD/Avalon)(Germany'15)
女性ヴォーカル、オルガン、フルート!ドイツ産レトロ/ヴィンテージ・ブリティッシュ系新人バンド、ヴカンのデビュー作!ジェスロ・タル、ブラック・ウィドウ、アフィニティー等を思わせる、Vertigo HRサウンド!クラウト/サイケ風味も十分の傑作です!

〜まだまだ出ます!カルトなジャーマン・サイケ・ジャズ・ロック・バンド、70年のライヴ発掘音源!〜

XHOL
/Essen 1970

(CD/GardenOfDelights)(Germany'70録音)

まだまだ出ます!あのカルトなジャーマン・サイケ・ジャズ・ロック・バンドの、『Hau-Ruk』リリース期 70年のライヴ発掘音源!サックス/フルート、オルガンで垂れ流す、フローティングなGURU GURU/PINK FLOYD + SOFT MACHINE的?な怪しすぎる内容。

〜ARGOSのドラマー、ウルフ・ヤコブスの5thソロ! メロトロン等のヴィンテージkbdも使用!〜

YACOBS
/Clouds

(CD/Musea)(Germany'12)
ARGOSのドラマー、ウルフ・ヤコブスの5thソロ。今回も英語vo含めた一人マルチ基調で、ゲストにYESTERDAYSのgらを迎えての録音。メロトロン他ヴィンテージkbdも使用しつつ、むしろ'80sテイストのうたもの(P.ゲイブリエル等)路線となっています。手応え十分の好内容力作!

〜ARGOSのドラマー、Ulf Jacobsのソロ4作目!正統派メロディアス・シンフォニック〜

YACOBS
/Time Machine

(CD/MUSEA)(Germany'11)
本作と同時期にリリースされたMUSEA/COLOSSUSのTHE FLOWER KINGSトリビュートにも参加しているドイツのシンフォニック・バンドARGOSのドラマー、ウルフ・ヤコブスの、YACOBS名義によるソロ4作目。自らのドラムス、ピアノ、ヴォーカル、メロトロン、シンセ、モーグ、タウラス、ベースペダル、パーカッションのマルチ・プレイに、ベース/フルート、エレクトリック・ギターなどが加わっての録音です。GENESIS影響下のしっとりノスタルジックで、叙情的なサウンドは完成度が高く、ある意味正統派のユーロ・シンフォニックとも言える仕上がりの秀作!

〜ミュンヘン産。英米スタイルのメロディアス・フォーク・ロック・バンドの72年作が多数ボーナス追加でCD化!〜

YGGDRASIL
/Yggdrasil

(CD/GardenOfDelights)(Germany'72)

POPOL VUHやAMON DUULを生んだ、ミュンヘン・シーンで、70年代初頭に活動した、メロディアスな英米スタイルのフォーク・ロック・バンドの72年のLPに、リハーサル・トラックやサントラ用テイクなど、13曲ものボーナス・トラックを加えてCD化。本編よりもボーナスの方がジャーマン風味は強く、フルートやヴァイオリンを交えた、メロウかつダウナーなサウンドが味わえる、マニア注目のリリースであります!

〜RPWLのリーダーによる、『狂気』〜『炎』期フロイド直系サウンドを展開するソロ・プロジェクト!〜

YOGI LANG
/No Decoder

(CD/GentleArtOfMusic)(Germany'10)
ドイツのPINK FLOID系モダン・シンフォニック・バンド RPWLのギタリストのソロ・プロジェクトBLIND EGOがモダン/プログレ・メタル系だったのに対し、こちらは、『狂気』〜『炎』期フロイド直系のノスタルジック&メロディアスな歌物シンフォニック・サウンドとなっています。言わば「RPWLのモダン要素抜き」にして、同バンドのコアを示すがごとき力作!デヴィッド・ギルモア'sフロイドのガイ・プラット(b)も参加!

〜ドイツ産、タンジェリン・ドリーム系エレクトロ・ユニットのメロディアスな2nd!〜

YOU
/Time Code

(CD/bureau)(Germany'83)
シンセ奏者Albin MeskesとギタリストのUdo Hantenによる2人のユニットとなったYOUが、'83年にリリースした2ndです。前作ではドラマーがいましたが、本作では打ち込み風リズムを用いています。ある意味ポップな「シンセもの」のイメージを描いていますが、ノヴァトロン(メロトロン)、テープ、ミニムーグなどのアナログ・シンセによるタンジェリン・ドリームがルーツの、様式美ジャーマン・サウンドは健在です。メロディアスな仕上がりの力作です!

〜ドイツ産、タンジェリン・ドリーム系エレクトロ・ユニットの1st!H.グラスコフがゲスト参加!〜

YOU
/Electric Day

(CD/bureau)(Germany'79)

ドイツのシンセ奏者とギタリストによるユニットが、ASHRAのドラマーであるH.グラスコフを迎えて制作した1stです。テープ、シンセ、メロトロン、ミニモーグなどのアナログ機材を用いて、タンジェリン・ドリームを基調にスティーヴ・ヒレッジやアシュラ風味を加えた、様式美ジャーマン・サウンドを展開しています。テープのシーケンスと同期するグロスコフのドラムが効いて、ロック寄りなサウンドが味わえる大穴の秀作です!

〜これまでCD化されていなかった、ジャーマン・シンフォ・バンドの初CDリリースとなるベスト盤!〜

ZARA-THUSTRA
/Best Of

(CD/Sireena)(Germany'82-'88)
'82年から'88年にかけて、4枚のアルバムを残すも、これまで一切CD化されていなかったジャーマン・シンフォニックの好バンド、ツァラトゥストラの、初のCDリリースとなるベスト盤!全16曲入り。'80年代らしい洗練された音像の中、独語ヴォーカルや管も交え、時にクラシカルに、時にポップに迫る、充実の内容です!

〜ギュンター・シッケルト(G)も参加したトリオ編成のニューバンド!〜

ZIGURI
/Kolsch-Schickert-Erdenreich

(CD/Bureau B)(Germany'14)
Dieter Kolsch(ドラムス、ヴォーカル)、Udo Erdenreich(ベース、ヴォーカル)そしてジャーマン三大エコー・ギタリストの一角ギュンター・シッケルト(ギター、ヴォーカル)というトリオによるニューバンド!CAN+アシュラ的サウンドにパンキッシュ・テイストをプラス!反復ギターが心地良い傑作!

〜ドイツ産アヴァン・ジャズ・ロック・バンドの'12年2nd!〜

ZODAK TRIO
/Acid

(CD/Traumton)(Germany'12)
ドイツ産、tp/エレクトロニクス,g,drという変則トリオ編成による、ハイパー・アヴァン・ジャズ・ロック・バンドの、「Q-Train」('10)に続くセカンド・アルバム。欧州のポリリズミック系と、ザッパ〜Xレッグド系ハードコアを合体させたような、フリーキーかつアグレッシヴな音像を、更なるパワーで展開しています。ゴリ押しパートのみならずアヴァン化したEARTHWORKS的イメージの曲想も健在。ダイナミックな仕上がりの傑作!

〜これは正しくイキの良い、現代的ハイパー・アヴァン・ジャズ・トリオ新鋭がドイツより登場!〜

ZODIAK TRIO
/Q-TRAIN
(CD/TRAUMTON)(Germany'10)
ドイツから登場した、トランペット/エレクトロニクス/ループ、ギター/フレットレス・ギター/ループ、ドラムス/パーカッションのトリオによるハイパー・アヴァン・ジャズ・ロック・バンド新鋭の1stアルバム。ルイ・スクラヴィス周辺や、近年のフレンチ/ベルギー系ポリリズミックものに通じる緻密さと、ZAPPA〜X-LEGGED SALLY系のパワフルな押しが共存した、ダイナミックなサウンドを展開しています。エッジの効いたエレクトリック・ギターも効果的な、現代的アヴァン・ジャズ・ロック・サウンドはオススメ!

〜マニア好みのジャーマン・バンド、未発表曲を多数追加してCD化!〜

ZOPPO TRUMP
/Zoppo Trump

(CD/GardenOfDelights)(Germany'71-76)

Garden Of Delightsより、これまた何ともマニアックな発掘リリースです。76年に、あのTOROYAを輩出したレーベルがリリースしたオムニバスLP『Scena West Phalica』にのみ2曲を残した、ジャーマン・バンドの、同曲に、バンド初期の71〜72年の未発表曲7曲を加えたCD!アングラ然とした叙情オルガン・ロックな初期トラックスから、中期〜後期CAMEL風の76年のテイクまで、小粒ながらマニア好みの1枚であります。

〜レア・サイケ・コンピレーション・シリーズ第9弾!71年フェスのアーカイヴ・ライヴ音源よりセレクト〜

V.A.(PROSPERI etc)
/Psychedelic Gems 9

(CD/Psychedelic Gems)(Germany'71)
Garden Of Delights系列のレーベルより、レア・サイケ・コンピレーション・シリーズ第9弾!本CDは、71年に行われたビート/ニュー・ロック系フェスティバルのアーカイヴ・ライヴ音源から収められており、PROSPERI(ファンキー・ジャズ/ビート風)、WANIYETURA(ブルース・ハード系)など、後にシンフォニック化してアルバムをリリースしたバンドの初期の姿も聴くことができる、まさにマニアックな発掘音源集!

〜あの"ヘルツヴァーグ・ヒッピー・フェスティバル"のオムニバスライヴ盤!強力ラインナップ!〜

V.A
/Fill Your Hearts With Joy And Love A Lot
- Das Burg Herzberg Festival Live

(CD/FerzbergVerlags)(Germany)
"Burg Herzberg Festival"のオムニバスライヴ盤。Manfred Mann's Earth Band、アーサー・ブラウン、MOTORPSYCHO、Tribe After Tribe、GONG、FAUST、GURU GURU、Ornah-Mental、Edgar Broughton Bandといった強力なラインナップを収録!

〜ジャーマン・プログレBOX登場!〜

OHRデジタル・リマスター&紙ジャケット・シリーズBOX

内容:
グルグル/UFO
グルグル/ヒンテン、
ミトス/ファースト
アネクサス・カム/オスモーゼ
アネクサス・カム/ベツィーフンゲン

◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る