◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る

REVIEW ARCHIVES:GERMANY F
[こちらは、これまでに当店に入荷した商品のレビューのアーカイヴです。
価格・在庫の有無はSET SALE LISTを参照するか、またはお問い合わせください]

〜実は1st「Fading Beauty」を上回るハード・シンフォニックの名作2ndが初CD化!再入荷しました!〜

FAITHFUL BREATH
/Back On My Hill

(CD/Germany.'80)

有名な1st「Fading Beauty」から実に7年後の80年にリリース(録音は77/78年)されたセカンドが、待望の初CD化。専任voが加入した5人編成(残りはオリジナル・メンバー)となり、一部にハード・ロック色もあるものの、ほぼ全編、叙情的なシンフォニック・ロック寄りの作風になっています。ドイツらしい湿り気のあるメロディ、大々的なメロトロンとアコ・ギの泣き、旧B面を占めていた大曲など、1stを上回る仕上りの名作です!80年の12インチより唯一の独語vo曲をボーナス追加!

〜ドイツ産、ファンタジックなペイガン・フォーク系バンドの'19最新作!清らかなツイン女性vo入り男女vo/コーラス(独語)をフィーチャー、コンテンポラリーかつミステリアスな注目力作!

 

FAUN
Marchen & Mythen

(CD/Universal Music GMBH)(Germany'19)
ドイツ産、'01年のアルバム・」デビュー後、多数のアルバムをリリースし、現地ではメジャーな存在であるペイガン・フォーク〜メディエヴァル系バンドの、「Midgard」('16)に続く'19新作。清らかなツイン女性ヴォーカルを含む男女(独語)vo/コーラスを中心に、フルート、ハーディー・ガーディー等をフィーチャーした、コンテンポラリーなサウンドを展開している。ファンタジー映画調のジャケット通り、ケルト風味も交えた、親しみやすくもミステリアスな秀作。

〜ドイツのコンテンポラリー系女性voトラッド・バンドの'13年最新作!〜

FAUN
/Von Den Elben

(CD+DVD:PAL/Universal)(Germany'13)
同名バンドがいくつか存在しますが、こちらはドイツのコンテンポラリー系女性voトラッド・バンドの'13年最新作! ケルト風味+古楽タッチのややペイガン寄りなサウンドは、親しみ易くも荘重なもの! 10年間の活動をプレイバックしたドキュメンタリーや、アコースティック・ライヴ、PV等を収録したDVD付!

〜知られざるドイツのジェネシス〜マリリオン系叙情派シンフォニック・バンドの'97解散ライヴ2枚組!〜

FAUN
/Wondrous End
(CD/Germany'97)
知られざるドイツのジェネシス〜「ヴレイヴ」マリリオン系シンフォニック・バンドの、'97年解散ライヴを収めた2枚組CD(18曲、145分)。英語vo/kbd、fl/kbd、g/kbd、b/g、dr/vo/gの5人組にて'70年代ジェネシスをベースにしつつ、S.ホガース風の歌メロ、泣きのギター、そして古楽/フォーク調のフルートを多用した、ゆったりと荘厳な叙情派サウンドを展開しています。クラシカルな味付けと、ダイナミックな曲想でムードたっぷりに迫る、掘り出し物的な大熱演です!お見逃しなく!!

〜「ザッピとペロンのほう」のfaUStの、'16年USツアー時の音源を収めたライヴ作!〜

faUSt
/Fresh Air

(CD/Bureau B)(Germany'17)
分裂して久しいファウストの、こちらはいわゆる「ザッピとペロンのほう」のfaUSt(USが大文字表記)の'17年ニュー・リリース。'16年のUSツアー時の音源を収めたライヴ・アルバムです。ドローン・ノイズから、むしろCAN的なサイケ・ファンク・ジャムまで、ポエトリー・リーディング風女性ヴォイスや管楽器など多数のゲストを交えた、ファウストならではの即興的かつ怪しさ満点の内容を展開しています。注目!

〜ザッピ&ペロンの方のfaUStの2011年新作!〜

faUSt
/Something Dirty

(CD/Bureau)(Germany'11)
イルムラーのFAUSTと分裂していますが、こちらは、ザッピ&ペロンの方のFAUSTの、2年振りとなる2011年新作アルバム。ノイズ/インダストリアル色を基調に、初期PINK FLOYD的なサイケデリック色も交えた、らしい仕上がりとなっています。

〜ハンス・イルムラーの方のFAUST、06〜08年ライヴを収録した2枚組!案外メロディアスなヘヴィ・サイケ〜クラウト!〜

FAUST
/Faust Is Last
(2CD/Klangbad)(Germany'06-08録音)
近年来日したザッピ&ペロンではなく、分裂した、ハンス・ヨアヒム・イルムラーのほうのFAUSTの06〜08年ライヴ集2CD。キーボード含む5人編成による演奏は、ノイズ・インダストリアル色を交えつつも、意外にメロディアスな?ジャーマン・ヘヴィ・サイケ/ミニマル的なものです。PINK FLOYDにオマージュしたようなパートもあり、ヘヴィ・サイケ・リスナーに向く、ロック寄りの充実した内容。メンバー直筆サイン入りパッケージにて!

〜ジャーマン・エクスペリメンタル・バンド ファウストの73年作が、紙ジャケット&国内初CD化!〜

ファウスト
/ファウストIV 廃墟と青空

(2CD/Arcangelo)(Germany'73)
現在も活動中のジャーマン・ロック・バンドにして、実験的ロック・バンドの最高峰 ファウストの73年作が、アルカンジェロより遂に紙ジャケット&国内初CD化!ジム・オルークやSTEREOLABにも多大なる影響を与え、現代ノイズ・ミュージックの源流とも言えるサウンドでエクスペリメンタル・ミュージック史にその名を刻んだ名作!未発表テイクを収めたボーナス・ディスク付き2枚組にて!

〜再結成フラ・キンに加入の俊英ドラマー率いるプログレッシヴ・ジャズ・ロック・バンド、デビュー作!〜

FELIX LEHRMANN'S RIMJOB
/Felix Lehrmann's Rimjob

(CD/ベル・アンティーク)(Germany'12)
再結成ザ・フラワー・キングスに加入したことで注目を集めるドイツ出身のドラマー、フェリックス・レーマンが率いるジャズ・ロック・バンド、リムジョブのデビュー作。欧州ではその技巧と音楽性から既に「ドイツで最も才能溢れるドラマー」等多くの賛辞を受けている彼の本来の音楽性を前面に出した本作は、ブラッフォード、ウェザー・リポート等のような、構築性と即興の自由度を併せ持つプログレッシヴ・ジャズ・ロックの大傑作!

【入荷速報】voは、何と、クレア・ハミル! ドイツのイエス・トリビュート・バンドの、オリジナル曲による2nd!「危機」「海洋」イエス系シンフォ傑作!

FRAGILE
Beyond
CD/Force Ten Production)(Germany&U.K.'21)
'90年代後半に結成された、ドイツのイエス・トリビュート・バンド、FRAGILEの、オリジナル楽曲によるアルバム「Golden Fragments」('20)に続く2作目。今回もオリジナル楽曲で、ヴォーカルは何と、前作に続き、クレア・ハミル(!)が担当しています。21分、14分、14分と、長尺の全3曲。Max Hunt (b,kbd.g,per,vo)を中心に、ギター、ドラム、そしてハミルの4人編成にて、「危機」「海洋地形学」期イエスのシンフォニックな要素を抽出したようなサウンドは、今回も高水準です。アンダーソンというより、ジュディ・ダイブルやソーニャ・クリスティーナを思わせる、ハミルの浮遊ヴォーカルも個性的な一方、ハウ風ギターやウェイクマン系キーボードが大活躍する、会心の傑作です!

〜再プレス品入荷!'72年、ベラフォンからのジャーマン・オルガン・ハード系傑作!

 

FRAME
Frame Of Mind

(CD/Bellaphon)(Germany'72)
独ベラフォン・レーベルから'72年にリリースされた、オルガン・ハード系バンドの唯一作。11分を超えるBにような、泣きのプログレッシヴ風大曲も交えつつ、オルガンが全編で活躍する、本格ハード・サウンドの傑作である。久しく品切れていたが、再プレス品入荷。お見逃しなきよう。

〜トラッド由来のエキゾティックなメロディが特色の、TIGRANにも通じる上品&屈折アンサンブル!〜

FRANK WOESTE
/Pocket Rhapsody

(CD/Act Music)(Germany'16)
'76年にドイツで生まれ、現在フランス在住のジャズ・ピアニスト、フランク・ヴェステの5thリーダー作('16)。NY系のBen Monder(g)およびJ.Brown(dr)とのトリオ基本+ゲストtp, 女性vo, vln, celloにて、自身のp/ローズp/org/bシンセを押し出した、上品さの中にも屈折感のあるアヴァン・フュージョン/ジャズを展開。バルカン・トラッド系由来のエキゾティックな音使いと、時にポリリズミックなグルーヴの合体は、かのTIGRANにも通じます。刺激的かつ高品質な傑作!

〜映像的かつエモーショナルなサウンドで迫る、アンビエントなうたもの寄りprogの傑作!〜

FREQUENCY DRIFT
/Letters To Maro

(CD/Belle Antique)(Germany'18)
ドイツ出身、女性voとハープ/メロトロン/シンセ奏者をフィーチャーし、耽美的メロディとイメージ豊かな音で、同国の21世紀プログレッシヴの旗手となっている、フリークエンシー・ドリフトの8作目。kbdオーケストレーションとハープの響きが対比をなす、映像的でエモーショナルなサウンドは、モダン・プログレッシヴの中でも有機的で、感情に迫る音楽性を確立。ポーキュパイン・ツリー、初期クリムゾン、ケイト・ブッシュ等ルーツの、ホワイト・ウィロー周辺リスナーにもおススメの傑作です!日本で撮影されたアートワークにも注目!

〜ドイツ産耽美系ダーク・シンフォの実力派バンドによる新作7th!〜

FREQUENCY DRIFT
/Last

(CD/Belle Antique)(Germany'16)
ドイツ出身、耽美的なメロディとイメージ豊かな音像を聴かせるモダン・ダーク・シンフォニックの実力派、フリークエンシー・ドリフトの7作目。女性ハープ/メロトロン奏者を含む6人編成にて、清らかな女性voの魅力と、極度にダイナミックなメリハリの効いた曲想が相まった、鮮烈な音像を展開しています。KScope系に通じるアンビエント〜ポスト・プログ色や、ドローン・ドゥーム〜ゴシック・メタル風味も採り込みつつ、透明感のある叙情性/泣きが絶妙に調和した仕上りです。次世代を担うに相応しい、会心の傑作です!

〜ドイツのゴシック寄り叙情派シンフォニック・バンドの新作5th!〜

FREQUENCY DRIFT
/Over

(CD/Gentle Art Of Music)(Germany'14)
ドイツ産、女性vo(英語)をフロントに、チェロ、ヴァイオリン、エレクトリック・ハープ等をフィーチャーした編成の、ゴシック寄りダーク叙情派シンフォニック・ロック・バンドの、「Laid To Rest」('12)に続く新作5th。ノルウェーのホワイト・ウィロー周辺にも通じるフォーク色から、スロー・コア/ポスト・ロック色までを上手く消化した、しっとりダークなアトモスフェリック・サウンドは、更なる完成度を示しています。メロディック系のリスナーも見逃せない、充実の秀作です!

〜ドイツ産ポーキュパイン・ツリー系バンド最新作!〜

FREQUENCY DRIFT
/...Laid To Rest

(CD/Gentle Art Of Music)(Germany'12)
ドイツ産、ポーキュパイン系メロディック的女性voフロントのゴシック寄り耽美派シンフォニック・バンドの、「Ghosts...」('11)に続く4作目。エレクトリック・ハープ、vlnを含む7人編成にて、時にエスニック時にメタリックな映像的音世界は正にイマジナリー!

〜異色のゴシック・メロディック系新鋭の2nd。WHITE WILLOWのJ.H.ルポもゲスト参加〜

FREQUENCY DRIFT
/Personal Effects[Part Two]
(CD/CYCLOPSE)(Germany'10)
英Cyclopsレーベルとしては異色の、アトモスフェリックかつモダンなドイツ産メロディック系新鋭バンドの2ndアルバム。自主リリースの前作から続くトータル・コンセプト作品のパート2となっており、時にMAGENTAを思わせる女性ヴォーカル(英語)もフィーチャーした、ヴァイオリンや木管楽器も含む大編成でのメランコリックなサウンドは手応え十分です。PINEAPPLE THIEFとOPIUM CARTELの中間を行くイメージもある注目の秀作!WHITE WILLOWのヤコブ・ホルム・ルポ(g)もゲスト参加しております。

【入荷速報】ドイツのオルガン・ロック名バンド、'70年1st! 女性vo、インガ・ランフをフィーチャーした傑作!ビニールカバー付き変型紙ジャケ、限定500枚! (日本盤)

FRUMPY (フランピー)
All Will Be Changed (フランピー登場!)

(CD/Arcangelo)(Germany'70)
ドイツきってのオルガン・ロック・バンド、フランピーの、'70年1st。ギターレスのオルガン・トリオ+女性シンガー、インガ・ランフの4人編成(各人がパーカッションもプレイ)にて、ブルージーかつハード、時に"ロンド"風クラシカルな、ザ・ナイス、ディープ・パープル等ルーツのオルガン・サウンドを既に確立しています。一方で、"Indian Rope Man"を収録するなど、ブライアン・オーガー/ジュリー・ドリスコールの影響も感じさせる、グルーヴィーな面も魅力の傑作です! 見開き紙ジャケ+ビニールカバーの変型ジャケットを再現、ボーナス・トラック2曲収録、'21年リマスター。限定500枚。
※同時発売予定でした「2」は、8/11に発売延期となりました。

【入荷速報】何と! オリジナル円周12面開き超変型ジャケを再現!ドイツ・オルガン・ハードの雄、フランピーの最高作2nd! 紙ジャケ、半円形ビニールバッグ付き!(日本盤)

FRUMPY (フランピー)
2 (2)

(CD/Arcangelo)(Germany'71)
ドイツきってのオルガン・ロック・バンド、フランピーの、'71年2nd。ハスキー&パワフルな女性シンガー、インガ・ランフをフロントに、ギターも交えつつ、オルガン・ワークを全面に押し出した、ブルージー&クラシカルなサウンドは、ジャズ色は無くなり、よりハードかつヘヴィなものになっています、ピンク・フロイド的な叙情味も有るプログレッシヴ寄りの前半、ヒープ/パープル系+サイケ的な後半、いずれもジャーマンならではの、高水準な仕上がりの傑作にして、彼らの最高作! 今回、何と、オリジナル円周12面開き超変形ジャケを再現した紙ジャケ、半円形ビニールバッグ付き、'21年リマスターで登場です!凄い!

【入荷速報】ドイツきってのオルガン・ロック・バンド、当時のスタジオ・ラスト作、'72年3rd!よりファンキーな秀作!6つ折りビッグ・ポスター再現!限定500枚! (日本盤)

FRUMPY (フランピー)
By The Way (バイ・ザ・ウェイ)

(CD/Arcangelo)(Germany'72)
ドイツきってのオルガン・ロック名バンド、フランピーの、当時のスタジオ・ラスト作となった、'72年のサード・アルバム。ギター、ツイン・キーボード入りの編成で、よりカラフルかつ、ファンキーなサウンドを展開する一方、ジャーマンらしいハードさも健在。インガ・ランフの堂々たる歌唱はじめ、後身のATLANTISの前段階とも言える秀作です! 勿論、オルガンもたっぷり! 世界初紙ジャケットCD化、'21年リマスター、6つ折りビッグ・ポスター(カラー)再現・封入! 限定500枚!
※同時発売予定でした「2」は、8/11に発売延期となりました。

〜国内盤入荷!フランピーのラスト・アルバムとなったライヴ盤!〜

FRUMPY
/Live

(Germany.'73)(CD/Belle Antique)

先頃デジパック/リマスターで再発された1st「オール・ウィル・ビー・チェンジド」及び2nd「2」が好評を博しているフランピー。続いて今週は、'73年にリリースされた4作目/ラスト・アルバムとなったライヴ・アルバムが再発されます。後に、よりファンキーなATLANTISに移行しますが、本作には'71/'72の演奏が収められており、看板女性ヴォーカリスト、インガ・ランフの強力なハスキー・ヴォーカルとオルガン・ハード+ブルース・ロックな熱い演奏が存分に味わえます!

[入荷速報]ドイツのジェネシス/キャメル系シンフォ・アーティスト、フックスの、活動10周年記念で行われた'20年2月1日シュツットガルトでのライヴを収めたCD!分厚いキーボード中心の、ドラマティックな快演!

FUCHS
One Lovely Decade

(CD/Tempus Fugit)(Germany'20)
これまで3枚のスタジオ・アルバムをリリースしている、ドイツのコンポーザー/キーボーディスト/ギタリスト、FUCHS ことハンシ・フックスの、活動10周年記念として、コロナ禍の直前、'20年2月1日にシュツットガルトで行われたライヴを収めたCD。'70sジェネシス、キャメル等ルーツの、メロトロン音等、アナログ・タッチのキーボードを中心にした、分厚くドラマティックなサウンド(英語ヴォーカル入り)は、非常に魅力的です。ビッグ・ビッグ・トレインのリスナーも注目と言える、これは正に快演です! デジパック。

〜元INESのギタリスト率いるジェネシス系シンフォニック傑作!〜

FUCHS
/The Unity Of Two

(CD/Tempus Fugit)(Germany'14)
'70年代ジェネシスの音楽性を継ぐ傑作がドイツより登場! 元INESのギタリスト/マルチ・プレイヤー、ハンス=ユルゲン・フックス率いるメロディアス・シンフォニック・バンドの新作2nd。シアトリカルなvo、幽玄のメロトロン音と気品の有るピアノを多用したkbd、泣きのg、さり気なくセンスの良い変拍子リズムを配したアンサンブルは、重厚にして親しみ易いものです。洗練されたメロディック性と、マニアライクなこだわりのアレンジが調和した、正に本格派のトータル・コンセプト作!

〜あのSFFの後身デュオの1st!たおかやなるアンビエント・シンフォニックの秀作が新規リマスターにて!〜

FUHRS&FROHLING
/Ammerland
(CD/Reactive)(Germany'78)
ドイツきっての硬派シンフォニック・グループ:SFFが解散後に、同グル―プのキーボーディストとギタリストが結成したデュオ、F&Fの1st。アコースティック・ギターと、モーグ、メロトロン、ピアノなどが織り成す、ゆったりとしたサウンドは、SFFの静の部分を強調したもので、暖かみと安らぎを与える美しいメロディに溢れています。ドラムレスながら、アンビエントなシンフォニックとして味わい深い秀作。英ESOTERIC系の新レーベルReactiveより、新規リマスターにて再発!

◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る