◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る

REVIEW ARCHIVES:GERMANY S
[こちらは、これまでに当店に入荷した商品のレビューのアーカイヴです。
価格・在庫の有無はSET SALE LISTを参照するか、またはお問い合わせください]

〜強烈!John L入り、女性vo、トリップ・シンセも入ったヘロヘロ・ダウナー・ジャーマンの75未発!〜


SCARECREW
/Magical Mind
(CD/Germany.'75録音)

73年ごろまでベルリンでライヴ活動していたグループが、その後の分裂/休止を経て、75年に録音していた未発音源の、発掘リリース。アシュラ・テンペルのセカンドに参加したJohn L、Steve A(シュロイダーの変名、元タンジェリン)も加わり、ヘロヘロ&ダウナーなフォーキー・インプロ・ジャーマン・サイケデリック・サウンドをたっぷり展開。クラウト・マニアは見逃せない、フリーク・アウト作!

〜変態プログレ〜メタル〜技巧系バンドの'13年リリース5th!〜

SCHIZOFRANTIK
/The Knight On The Shark

(CD/Gentle Art Of Music)(Germany'13)
ドイツ/ミュンヘン産、Martin Mayrhofer(ギター、英語ヴォーカル、キーボードetc.)をリーダーとする、変則ザッピング/メタリック・フュージョン・バンドの、こちらは最新作5th(ライヴ作除く)。本作はベース、ドラムスとのトリオ基本(+ゲスト・アコーディオン等)にて、よりテクニカル・フュージョン寄りのサウンドを展開しています。ザッパ、クリムゾン、Mr.BUNGLE等ルーツの、時としてR.ジャーゾンベクや7 For 4がシンフォ/プログレ・ハード化したような所もある、超絶技巧派注目の傑作!

〜変態プログレ〜メタル〜技巧系バンドの'11年リリース4th!〜

SCHIZOFRANTIK
/Oddities

(CD/Gentle Art Of Music)(Germany'11)
ミュンヘンで'98年に結成された、Martin Mayrhofer(ギター、英語ヴォーカル、キーボードetc.)をリーダーとする、超絶変則テクニカル系バンドの'11年作4th(ライヴ除く。1st〜3rdはダウンロードのみ?)。キーボード、ベース、ドラムスとの4ピースを基本に、ゲストのアコーディオン(M6)や、PANZERBALLETのJan Zehrfeld(ギター・ソロ M7, M8)等加わっての録音。ザッパ、クリムゾン、Mr.BUNGLE等ルーツのザッピング、メタル・フュージョンは、R.ジャーゾンベクや7 For 4をシンフォに寄せたような、個性的なもの。注目秀作!

〜ドイツ産、速弾きギター+アースワークス!'98録音作、掘り出し物!〜

SCHMITTKE
/Dimensions In Massive Jazz
(Germany.'98)(CD/レーベル名無し)
エレクトロ・ジャズ・ユニットTRONDHEYM等で活動している、ドイツ人ギタリスト、Gerhard Schmittを中心としたバンドの現時点での唯一の作('98年録音)。ハードな速弾きをふんだんに交えたギターを中心に、サックス、フリューゲルホルン、b, drの編成にて硬派のユーロ・フュージョン/ジャズ・ロックを展開しています。ほのかにザッパ系の香りも有りつつ、むしろ、アースワークス的なヒネリのある音像に、ハード・フュージョン色をブレンドした、個性的かつハイ・テンションな仕上がり。イケます!

〜元SIEGES EVENのギタリスト:Wolfgang Zenkをフィーチャーした、ハイテク・メタル・フュージョン・バンドの1st!〜

7 FOR 4
/Contact
(CD/ディスクユニオン)(Germany'01)
第2期SIEGES EVENのギタリストだったWolfgang Zenkをフィーチャーした、テクニカル・メタル・フュージョン・バンドの1st。メタル、ジャズ、ジプシーから、ラテン、ファンクまで自在にミックスした、プログレ寄りのサウンドは刺激十分です。メタリックな速弾きからアコースティックまでこなすギター・プレイも冴え渡り、これでもかと押しまくるバカテク系の傑作!久々入荷につき再レコメンド!お見逃しなく! 来日記念国内盤!

〜こちらは2nd!変幻自在の楽曲と速弾きで圧倒する傑作!〜

7 FOR 4
/Time
(CD/ディスクユニオン)(Germany'04)
第2期SIEGES EVENのギタリストだったWolfgang Zenkをフィーチャーした、g, kbd, b, drの4人組テクニカル・メタル・フュージョン・バンド、こちらは2nd。ザッパ〜スティーヴ・モーズ的、何でもありのサーカス乗りと、プログレ的真面目さの混在した、変幻自在の楽曲をこれでもかのメタリックな速弾きが切り裂く、格好良さ抜群の傑作です!久々の入荷につき、この機会をお見逃しなく!! 来日記念国内盤!

〜新作3rd!ハードロック色を強めつつ、キテレツなインパクト健在!〜

7 FOR 4
/Diffusion

(CD/ディスクユニオン)(Germany'08)

第2期SIEGES EVENのギタリストだったWolfgang Zenkをフィーチャーした、技巧派メタル・フュージョン・バンドの、こちらは新作3rd。前作と同じ4人(g, kbd, b, dr)にて、よりメロディアスなハードロック風味を強めたサウンドを展開しています。従来の極端な切り返しは控え目になりましたが、随所でアッパーなパートを交えて、今回もハイテンション。変則的ギター・プレイも強化された、大充実の力作です!! 来日記念国内盤!

〜元SIEGES EVENのギタリストが率いるテクニカル・インスト・バンドの4thアルバムが発表!〜

7 for 4
/Splash

(CD/MGI Records)(Germany'14)
元SIEGES EVENのW.Zenk(ギター)率いるテクニカル・インスト/ヘヴィ・フュージョン・バンドの'14年ニューアルバム!4th!目まぐるしい切り返しとジャズ、メタルのみならず多彩な要素をミクスチャーした音像は今回も絶妙!初回のみのボーナス・ディスク(1曲入りCD)付で、国内盤発売!!(本編ディスクは輸入盤)

〜ジェントル・ジャイアント系変拍子/コーラスも多様したキャッチーにして爽快な傑作!〜

SEVEN STEPS TO THE GREEN DOOR
/Fetish

(CD/Progressive Promotion)(Germany'15)
ドイツ産、TOXIC SMILE等でも活動するキーボード奏者、/サックス・プレイヤー、Marek Arnoldを中心とした、屈折シンフォニック・ロック・バンドの、「The Book」('11)に続く新作4th。男女ヴォーカル、ドラムス、ベース/ギターとの5人編成+大量ゲストにて、ジェントル・ジャイアント風のコーラスや、クロス・リズムを多用した、技巧的かつメロディアスなサウンドを展開しています。スポックス・ビアード等アメリカ勢に通じるところもありますが、欧州らしい陰りのある音像は独自性十分です。イエス、フロイド等ルーツも交えた、タイトでキャッチーな仕上りの高品質秀作!

〜独産、プログレ・ハード/シンフォニック・バンドの3作目。仕掛け・メリハリ共に十分の力作!〜

SEVEN STEPS TO THE GREEN DOOR
/The Book

(CD/ProgressivePromotion)(Germany'11)
06年にアルバム・デビューしている、ドイツ産プログレッシヴ・メタル寄りシンフォニック・ロック・バンドの、『Step In 2 My World』('08)に続く3rdアルバム。トータル・ストーリーに基づくコンセプト作品となっており、男女ツイン・ヴォーカルを含む6人編成に加え、多数のゲストを迎えての録音です。プログレ・メタル/ゴシック色も交えつつ、GENESIS、KANSAS、PINK FLOYDなどがルーツの古典的なキーボード・シンフォニック色も強い、仕掛け・メリハリ共に十分なサウンドに仕上がっています。MAGELLANあたりをよりメロディックに寄せたイメージもある、充実の大力作!

〜SKYレーベルから78年に発表されたジャーマンシンフォバンドの1st、初CD化〜

SHAA KHAN
/The World Will End Of Friday

(CD/SIREENA)(Germany'78)

SKYレーベルにあっては逆に異色のシンフォニック・ロックバンドとして知られるSHAA KHANの1stが初CD化。ダブル・リードヴォーカルのうち一人はジョン・アンダーソン風なのが示すように、YES系の影響を感じさせつつ、ドイツらしいブルージーなハード色も加えた、ゆったり目の英国風サウンドになっています。オルガンがたなびく場面も多く、70'sジャーマン・シンフォニックマニアは見逃せない、泣きの入った仕上がり。リマスター&デジパックにて。

〜ドイツのサックス奏者率いるハード・コア/アヴァン・ジャズ・ロック・バンドの'11年ライヴ作!〜

SHA'S FECKEL
/Greatest Hits

(CD/Ronin Rhythm)(Germany'11)
ドイツ産、サックス奏者SHAが率いる4人組(sax,g,b,dr)ハード・コア/アヴァン・ジャズ・ロック・バンドの'11年ライヴ! エッジの立った変則リズミックなサウンドの中、時にクリムゾン系や、近年のフレンチ系にも通じる過激なセンスを交えた、今ドキの(しかもプログレ向きの)快作!

独産プログレッシヴ・メタルの雄、'07年「Paramount」ツアーから収録された、初のライヴ・アルバム!

SIEGES EVEN
/Playgrounds

(CD/Germany'08)

'05年に復活作をリリース後、活発な動きを続けているドイツ産プログレッシヴ・メタルの古参バンド、シージス・イーヴン。'07年のツアーから収録された、彼らにとって初となるライヴ・アルバムがリリースされました。復活後の2作品「The Art of Navigating〜」('05)及び「Pramount」('07)からの楽曲を中心に、初期の曲も交えたセットにて、ライヴならではのドライヴ感溢れる、パワフルな演奏を聴かせます。ラッシュ系をベースに、イエス、クリムゾン色を加えた快演です!

〜ドイツ産のアーリー・プログ/ハード・ロック系バンドの唯一作がLong Hairより初CD化!〜

SILBERBART
/4 Times Sound Razing

(CD/Long Hair)(Germany'71)
ドイツ産、トリオ編成(g/英語vo,b,dr)のハード・ロック・バンドの唯一作が、Long Hairより初CD化! サイケ風味を引きずった、ヒープ〜サバス系列の音像にて、プログレ色も含む長尺ナンバー主体の全4曲を収録しています。アーリー・ハード・ロック好きは見逃せない、手応え十分の力作!

〜100%バンド名通り!? ジャーマン系リスナーにおススメのドイツ産スペース・ヘヴィ・ロック新鋭!〜

SPACESHIP LANDING
/Spaceship Landing

(CD/World Sound)(Germany'12)
ドイツより、バンド名に違わぬスペース・ロック/スト―ナー・ヘヴィ系ニュー・バンドが登場。フリーキーに疾走するギターを中心としつつ、トリッピーなシンセやvoを交えた、ワイルドなヘヴィ・ロック・サウンドは、クラウト・ロック〜アシッド・マザーズ系に通じます。押しまくりの痛快作!

〜イルムラーとパーカッション奏者のデュオによる、いかにもイルムラーらしいアンビエント作!〜

SPIELWIESE VIER
/Bestandteil

(CD/Klangbad)(Germany'15)
「イルムラーのほうのFAUST」のハンス・ヨアヒム・イルムラー(オルガン)、'15New。パーカッション奏者FM Einheitとのデュオ・アルバムです。変調しまくったオルガンと、リズミカルなパーカッションによる、摩訶不思議なシリアス音響/深淵アンビエントは、正にイルムラーならではの物!

〜後期アモン・デュールIIとソロ作で知られるkbd奏者のニュー・アルバムが登場!〜

STEFAN ZAUNER
/Zeitgefuhl

(CD/DA Music)(Germany'12)
後期アモン・デュールIIのkbd奏者にして、2枚のソロ・アルバムを残したことでも知られるステファン・ザウナーの、なんとニュー・アルバム。全編自らのドイツ語voもフィーチャーした、ハートフルなSSWものといえる作風で、ジャーマン叙情派シンフォの系譜もそこかしこで感じさせます。ジャーマン・リスナーは要注目です!

〜オーケストラ、合唱との共演による、壮大&ダイナミックな'15年ライヴを収めたCD+DVD:PAL!〜

STERN-COMBO MEISSEN
/Bilder Einer Ausstellung -The Rock Version-

(CD+DVD:PAL/BuschFunk)(Germany'15収録)
旧・東ドイツを代表するシンフォニック・ロック・バンドであり、'13年の復活ライヴ盤も素晴らしかったシュテルン・コンボ・マイセン。こちらは'15年6月13日に行なわれたライヴを収めたCD+DVD/PAL(同内容)です。何と、ELPに挑むが如き、オーケストラ、合唱との共演による、ムソグルスキー「展覧会の絵」ロック・バージョンをプレイしています。重厚なオーケストラ・パートも交えつつ、スリリングなバンド演奏とオケが一体となり、極めてダイナミックな内容となっています。彼らがかつてプレイしていた"はげ山の一夜"も含まれており、合唱が加わった壮大なエンディングまで、一気に駆け抜ける必聴・必見の名演(約75分)!シンフォニック・リスナーは見逃せません!ヴォーカルはドイツ語。

〜旧東独きっての名シンフォニック・バンド、78年の大傑作。超一級品のスケール感!〜

STERN-COMBO MEISSEN
/Weisses Gold

(CD/BuschFunk)(Germany'78)
旧東ドイツ〜共産圏きってのシンフォニック・バンド、シュテルン・コンボ・マイセンの2作目。『錬金術師の物語』の邦題でも知られる、壮大かつスリリングなトータル・コンセプトを展開した大傑作アルバムです。重厚なキーボード・ワークを軸にしたバンド・アンサンブルに、オーケストラ、合唱、ナレーションを加えたスケール感は超一級品。AFTER CRYINGのファンも必聴と言える、文句なしの1枚!!

〜ジャーマン・ポップ・シンフォの隠れた好作!〜

STREETMARK
/Dry

(CD/Sireena)(Germany'79)
スカイ・レーベルにあっては数少ないシンフォニック系バンドのひとつ、ストリートマークの'79年3rd('81年の4thをもってバンドは解散)。Sireenaより、リマスター/デジパックにて再発されました。女性キーボード/ヴォーカル、ギター/ヴォーカル、ドラムスのトリオ(+ゲストb)になり、スペイシーなシンセと、オルガン三連系の乗りが合体。ツイン・ヴォーカル(英語)も効果的に配して、叙情味のある、ソフトなうたもの的佳曲も多い、かくれた好作です!

〜ドイツのアングラ・ジャズ・ロック・バンドが、80年に出したレア・アイテムが初CD化!〜

SUN
/S.U.N.
(CD/Germany.'80)

60年代末に結成されたジャーマン・ジャズ・ロック・バンドが、80年に自主リリースし、レア・アイテムとなっていた唯一のアルバムが初CD化。サックス、エレ・ピ/オルガン、ツイン・ギター、b、dr(+英語ヴォーカル)の6人編成によるサウンドは、ドイツらしいサイケ/民族色を交えたクロスオーヴァーから、クリムゾン、コロシアム等に影響されたような、ブルージーな英国風味まで、アンダーグラウンドな魅力を放っています。聴き応え十分のマニアックな好作!74年のコンピ提供曲2曲、及び未発4曲もボーナス追加。限定1000枚。

〜軽快さの中にS.マシーン風の変拍子も交えている、ラウンジ色の強いポップなジャズ・ロック!〜

SUNBIRDS
/Zagara

(CD/Garden Of Delights)(Germany'73)
NAGARAにも参加していたドイツのジャズ・ドラマー、Klaus Weissと、その周辺メンバーが結成したグループ、SUNBIRDSのラスト作2nd。Graden Of Delightより初CD化(+1ボーナス/未発)。フルート、エレキ・ピアノ/ピアノ/オルガン、エレキ・ギターをフィーチャーした、前作以上に、いわゆるラウンジ色の強いポップなジャズ・ロックを展開しています。4曲にかのロン・カーター(b)も参加。軽快さの中にも、一部ソフト・マシーン風の変拍子も用いるなど、面白味十分の力作です!

〜ドイツ産、ニュークリアス系をラウンジーにしたような、サンバーズの'71年1stが初CD化!〜

SUNBIRDS
/Sunbirds

(CD/Garden of Delights)(Germany'71)
ドラマーK.Weissを中心としたジャーマン・ジャズ・ロック・ユニット、サンバーズの'71年1stが初CD化! フルート、エレキギター、(フィリップ・カテリーン!)、エレピ/オルガン、ベース、ドラムの5ピースにて、ニュークリアス系をラウンジーにしたような、クールかつモーダル、そしてグルーヴィーなアーリー・ジャズ・ロック・サウンドを展開しています。ユーロ/ブリティッシュ・ジャズ・リスナー注目の秀作! 2曲ボーナス追加にて!

〜ドイツ産、ブリティッシュ志向のサイケフォーク/アングラなサウンド〜

SUNDENFALL II
/Sundenfall II

(CD/Garden of Delights)(Germany'72)
G.O.D.より、メガレア?ジャーマン・フォーク・ロック系アイテムがCD化! 男性メインVoに女性バックVo、オルガン、管なども交えた、ブリティッシュ志向の(一部スパイロジャイラ風?)味わい深いサウンドを展開! サイケフォーク/アングラ派もチェック!

〜ドイツ産シンフォニック・ロック新鋭デビュー作!〜

SUPERDRAMA
/The Promise

(CD/Progressive Promotion)(Germany'14)
ドイツのProgressive Promotionレーベルが送り出した、同国産新鋭シンフォニック・ロック・バンドのデビュー作。英語vo/kbd、dr、g、b/fl、org/kbdの5人編成にて、ジェネシス/イエス系にスペイシーなシアトリカル風味を加えたような、エネルギッシュなサウンドを展開しています。うなるオルガンとアナログ・シンセを多用しつつ、どこかNWポップ/スペース・ロック調のvoの個性を生かした、個性溢れる楽曲を効かせる秀作!

〜圧倒的ダイナミズムとスリリングなアンサンブルが味わえる、必見・必聴クラスの驚異的名演!〜

STERN COMBO MEISSEN
/Im Theater Am Potsdamer Platz

(2DVD:PAL+2CD)(Germany'13収録)
旧東ドイツのみならず、旧共産圏を代表するキーボード・シンフォニック・ロックの名バンド、シュテルン・コンボ・マイセン。'90年代後半に復活し、活動を続けている彼らが、'13年4月8日ベルリン・ポツダム広場劇場で行った、大規模なコンサートをフル収録した2DVD:PAL + 2CD(同内容/曲順違い、DVDにはメイキング等ボーナス追加)。オリジナルのキーボード(ツインの片割れ)、ドラムス(ここではperもサブvoを担当)に独語リード・ヴォーカルら若手を加えたツイン・キーボードの6人編成(ギターレス!)にて、見事なクオリティの演奏を展開しています。目玉は何といっても37分に及ぶ、あの名作2nd「錬金術師の物語」('78)の完全再現で、圧倒的ダイナミズムとスリリングなアンサンブルが味わえます。他にも"はげ山の一夜"(約12分)も収めるなど、ELP系〜クラシカル・キーボード・ロック・ファンは必見・必聴クラスの驚異的名演です!これは凄い!マスト!

〜旧東独を代表するシンフォニック・ロック・バンドの7枚の作品を収めたBOX登場!〜

STERN-COMBO MEISSEN
/Die Original Amiga-Alben

(7CD/SECHZEHNZEHN)(Germany)
これは待望!そしてお徳用!旧東ドイツを代表するシンフォニック・ロック・バンド、シュテルン・コンボ・マイセンの、AMIGAから出ていた7枚のオリジナル・アルバムを、簡易ペーパースリーヴにて収録したBOX。デビュー作『No.1』から、7th『Nochte』まで、中でも2nd『Weisses Gold』と、4th『Reise Zum Mittelpunkt Des Menschen』は超名作の誉れ高い作品です!旧共産圏のみならず、ユーロ史上に輝く大金字塔!お見逃しなく!

〜ドイツの名門MPSレーベルからリリースされていた珍品2タイトルが2in1にて再発!〜

SVEND ASMUSSEN, HORST JANKOWSKI, WOLFGANG DAUNER, SIGI SCHWAB A.O.
/Classics

(CD/Universal)(Germany'74/'73)
ドイツの名門MPSレーベルからリリースされていた、珍品2タイトルを2in1で収めたCD。いわゆるラウンジ/ライブラリー的なクラシック有名曲をジャズ・アレンジするという企画物で、良作ともシギ・シュクブ(g/エンブリオ)が参加。前半のタイトルはvln/viola奏者、S.Asmussenをフィーチャー(元々彼名義の作)、後半のタイトルではW.ダウナー(syn)がプレイ。レトロなサントラ調の中、部分的にはエクセプションやトロルス"グロッソ"も思わせる内容!

〜メロディックな泣きとメランコリックなムードを押し出した、シルヴァンの9作目!〜

SYLVAN
/Home

(CD/Gentle Art Of Music)(Germany'14)
ドイツ産、今やベテランとなった感のある、ポーキュパイン・ツリー系ルーツのモダン/ダーク・シンフォニック・バンドの「Sceneries」('12)に続くスタジオ9th。英語ヴォーカル、キーボード、ベース、ドラムスの4人を正式メンバーに、ゲストでギターおよびヴァイオリン、チェロ、オーボエを加えた録音となっています。時にロジャー・ウォーターズを思わせる熱唱型のヴォーカルを軸に、メタリック系色を残しつつも、メロディックな泣きと、メランコリックなムードを押し出したサウンドを展開。フロイド+クラシカル色もある大充実作!1CDデジブック仕様限定盤!

〜ドイツ産、ポーキュパイン・ツリー系モダン・シンフォ・バンドの大作が登場!〜

SYLVAN
/Sceneries

(CD/Self)(Germany'11)
ドイツ産、'90年代以降のマリリオンや、ポーキュパイン・ツリー系をルーツとした、ダーク・メロディック・バンドの「Force Of Gravity」('09)に続く新作8th。各15〜20分ほどの5つのパート(組曲)で構成された、2CD、トータル約90分に及ぶ、トータル仕立ての大作となっています。ヘヴィネスも健在ですが、今回は、マリリオンの「ブレイヴ」を思わせるメランコリックな叙情性を押し出して、スケールの大きい仕上がりです。泣きのgをピアノ、オーケストレーションkbdがvoを盛り上げる、正に入魂の力作!

〜ジャーマン・モダン・シンフォの雄、98年作のリイシュー。当時の未発表曲を新録音したボーナスCD付〜

SYLVAN
/Deliverance

(2CD/Sylvan)(Germany'98)
ドイツ産モダン・シンフォニック・バンド シルヴァンの98年発表作品のリイシュー。この時点ではまだPorcupine Tree系の色は出ておらず、むしろ正統派メロディック・ロックをベースに、プログレ・メタル色を加味したような、ドラマティックな音像になっています。英国系サウンドを好む向きにも見逃せない好作!今回、当時作られた未発表曲を2010年に録音したトラック(12分強)を収めたボーナスCD付きでリリース!

〜独産モダン・ヘヴィ・シンフォニックの中堅、3年ぶりとなるスタジオ7thアルバムが堂々完成!〜

SYLVAN
/Force Of Gravity

(CD/ProgRockRecords)(Germany'09)

ドイツ産モダン・メロディック/ヘヴィ・シンフォニック・バンドの、ライヴCD/DVDを挟んで、スタジオとしては06年の『Preset』に続く、3年ぶりの7thアルバム。ギタリストがチェンジしての5人編成(+ゲスト女性ヴォーカル、ストリングス)による、『Brave』期Marillionと、Porcupine Tree系をミックスしたようなサウンドは今回も健在!メランコリックな歌メロと、オーケストラルな叙情性を押し出す一方、メタリックなパートも随所に配して、更にダイナミックに深化した、高い完成度を誇るアルバム。彼らの現時点での最高傑作と呼ぶにふさわしい!
◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る