◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る

REVIEW ARCHIVES:ITALY D-E
[こちらは、これまでに当店に入荷した商品のレビューのアーカイヴです。
価格・在庫の有無はSET SALE LISTを参照するか、またはお問い合わせください]

〜イタリアの先鋭プログレ・デュオの2作目。トリップ色を押し出した、ハードSF的インスト大力作!〜

DAAL
/Destruktive-Actions-Affect-Livings

(CD/Agla)(Italy'11)
イタリアのキーボーディストとドラマーのデュオ・ユニットの2作目。楽曲によってはギター、ベース、シタール、ウードなどのゲスト奏者を加え、後期KING CRIMSON系をルーツとした、先鋭的なインストを展開しています。むしろHELDON的なエレクトロ/トリップ色や、インダストリアル/ダブ/エスニックなタッチまで織り込んで、ハードSF的なイメージの、緊張感の高い仕上がり。硬質的かつ映像的な、大力作です!

〜シモネッティ率いるデモニアのニュー・リリースは、「ゾンビ」のリメイク版! ボーナスとして“ローラー”等を追加収録!〜

DAEMONIA
/Zombi Dawn Of The Dead

(CD/Black Widow)(Italy'13)
近年はNEW GOBLINでも活動している、クラウディオ・シモネッティ(kbd)率いるデモニア、久々のニュー・リリースは、何とゴブリンの傑作サントラ「ゾンビ」の丸ごとリメイク版。ほぼ全曲(曲順もオリジナルと同じ)をプレイしており、シモネッティならではのホラー・サウンドが存分に味わえる、快作に仕上がっています。“ローラー”、“トッカータとフーガ”、“Il Cartaio”の3曲をボーナスとして追加収録!

〜ベル・アンティーク紙ジャケット・シリーズ 2011年3月〜

DALTON
/Riflessioni:Idea D'infinito(無限の概念への省察)

(SHM-CD/BelleAntique)(Italy'73)
シュールレアリスティックなカヴァー・アートと、意味深なタイトル、73年にリリースされたダルトンのデビューアルバム。フルート、ムーグ、ハモンドなどを駆使してのサウンドは、形而上的な響きを持つ。ゴースト・トラックとしてライヴ音源をボーナス・トラック収録、オリジナル紙ジャケット、リマスター、SHM-CDにて。

〜あくどくシアトリカルなセーペ・ワールドが全開の、総勢62名が参加したミュージカル風コンセプト作!〜

DANIELE SEPE
/Captain Capione E I Fratelli Della Costa

(CD/Full Heads)(Italy'16)
ナポリが生んだトラッド/ジャズ・ミクスチャーの奇才サックス奏者、ダニエーレ・セーペの、「A Nore Spiegate」('15)に続く新作19th。スタンダード・ジャズ系+αのカヴァー集だった前作から一転、今回は、総勢62名(!)に及ぶシンガーおよびミュージシャンが参加した、海賊チックな?ミュージカル風コンセプトのアルバムとなっています。地中海トラッド、ラテン、ファンク、ジャズ、ブルース、ロック、ヒップホップまでを自在に行きかう、あくどくシアトリカルなセーペ・ワールドが全開です。陽性のノリと毒々しいインパクト溢れる、流石の面白作!

〜ナポリが生んだ、トラッド/ジャズ・クロスオーヴァーの奇才の新作は全曲カヴァー集!〜

DANIELE SEPE
/A Note Spiegate

(CD/Daniele Sepe)(Italy'15)
ナポリが生んだトラッド/ジャズ・ミクスチャー奇才中の奇才サックス奏者、ダニエーレ・セーペの「In Vino Veritas」('13)に続く新作は、初となる全曲カヴァー・アルバム。自らのルーツであるアーティストの楽曲を、el-g、p、dr、per入りのインスト・バンドでプレイしています。C.ミンガス、S.ロリンズ、T.モンク、M.デイヴィスらジャズの巨人を中心に、ザッパ、ウェザー・リポート、ボブ・マーリー、レッド・ツェッペリン(!)に至る納得のセレクト。セーペとしては比較的マジメな?ジャズ色の強い内容ですが、変テコさ十分の仕上り。まさにセーペのルーツ・リスペクトに溢れた力作となっています!

〜リミックスや未発曲を含むセーペの2CDベスト盤!〜

DANIELE SEPE
/Viaggi Fuori Dai Paraggi 2 : Antologia 1989-2013

(2CD/Goodfellas)(Italy'89-'13)
ナポリが生んだ、トラッド/ジャズ・ミクスチャーの奇才中の奇才、ダニエーレ・セーペの'13年リリース2CDベスト。'89年のデビュー作「Malamusica」から直近作「In Vino Vertas」('13)までの活動全期からセレクトされた全34曲たっぷり160分収めた内容になっています。未発表曲2曲('96/'07)及び未発ver.1曲、ライヴver.1曲を含んだ、初心者はもとより、コア・ファンも見逃せない大充実のリリースです! 地中海〜北アフリカ、バルカン・トラッドからレゲエ、ヒップホップまで横断する音世界を今一度!

〜ナポリが生んだ奇才中の奇才、ダニエーレ・セーペの新作! 今回も悪どくトンがりまくり!〜

DANIELE SEPE
/In Vino Veritas

(CD/Goodfellas)(Italy'13)
ナポリが生んだトラッド/ジャズ・ミクスチャーの奇才サックス奏者、ダニエーレ・セーペの、豪華な本型ジャケットで話題となった「Canzonielle Illustrato」('12)に続く新作。今回も多数の男女voとブラス系バンド・アンサンブルにて、大道エスニック・ラテンからファンク/ヒップホップまで、アッパーかつユーモラスな何でもありのサウンドを展開しています。メドレーで演奏される、エルメート・パスコアル曲と、ジョー・ザヴィヌル曲、続いて前作より参加の女性シンガー、F.Cangiansが素晴らしい歌唱を聴かせるバラードという流れはとりわけ絶品です。全体にジャズ・ロック色も強い仕上がりの会心傑作!

〜「Truffe & Other Sturiellett'」Vol.1〜3をペーパースリーヴで収めた3CDボックス・セット!〜

DANIELE SEPE
/Truffe & Other Sturiellett' Vol.1,2,3

(3CD/Il Manifesto)(Italy'09)
ばら売りもされていた、奇才ダニエーレ・セーペの「Truffe & Other Sturiellett'」Vol.1〜3の3タイトルをペーパースリーヴで収めた3CDボックス・セット!

〜ナポリの奇才ダニエーレ・セーペ、毒々しいミクスチャー感覚に溢れた会心の大傑作!〜

DANIELE SEPE
/Canzoniere Illustrato

(CD+BOOK/MVM)(Italy'12)
ナポリが生んだ、トラッド/ジャズ/ミクスチャーの奇才、ダニエーレ・セーペ(sax)の新作CD。なんと今回は、A4サイズ、50p今日の豪華な画集ブック(各曲に対応した、様々なイラストレーターによる作品をカラーで収録)が付いた、大胆な仕様でのリリースとなっています。男女vo,ブラス,ギター,アコーディオン等などを用いた、アッパーにして毒々しいサウンドは、セーペ本来の路線への回帰とも言うべきものです。地中海、アラブ、ラテンからフュージョン、レゲエ、果てはヒップ・ホップ、ハード・ロックに至る自在のミクスチャーが冴え渡る、インパクト抜群の会心大傑作! トラッド系リスナーのみならず、アヴァン・プログレッシヴ・リスナーも要チェック!

〜ナポリの奇才、痛快なる新作!OSANNAのリノ・ヴァイレッティを迎えてのAREA"7月、8月、9月(黒)"のカヴァーも!〜

DANIELE SEPE
/Fessbuk buonanotte al manicomio

(CD/Il Manifesto)(Italy'10)
ナポリが生んだトラッド/ジャズ・ミクスチャーの奇才中の奇才:ダニエレ・セーペの新作!今回も、男女ヴォーカル他多数のメンバーを迎えて、ファンク、ヒップホップ、ロック、アフロ、地中海トラッドをアッパーにミックスした、ハチャメチャな大道芸的お祭りサウンドを展開しています、何とリノ・ヴァイレッティ(OSANNA)がヴォーカルで参加でしての、AREAの名曲"Luglio, agosto, settembre (nero) "のカヴァーまで収録!コミュニティサイトであるFacebookをパロったジャケットやブックレットなど、痛烈な皮肉とブラックユーモアも健在。らしさ爆発の会心傑作となっています!オススメ!

〜今度は古楽だ!ナポリが生んだトラッド/ジャズ、ミクスチャーの奇才、新作はスペイン古楽系アンサンブルとの共演!〜

DANIELE SEPE/ENSEMBLE MICROLOGUS
/Kronomakia
(CD/Italy.'08)
ナポリが生んだ奇才サックス奏者、ダニエーレ・セーペの新作。今回は、何とスペイン古楽系アンサンブル(女性ヴォーカル含む)と、自らが率いる大編成バンドROTE JAZZ FRAKTIONによる演奏となっており、中世古楽と地中海トラッド/ジャズ/ロックが合体した、強烈なサウンドです。セーペ作品には欠かせない女性シンガー、A.Kokkoもフィーチャーし、常識破りの奇想天外なミクスチャーを成し遂げた、彼の本領を発揮した会心の傑作です。ジャズ、ロック〜トラッド系リスナー、アヴァンギャルド・ファンもマストな一枚!強烈!

〜再結成デリリウムの新作5thが登場!〜

DELIRIUM
/L'Era Della Menzogna

(CD/Black Widow)(Italy'15)
オリジナルkbdのEttore Vigoと、二代目sax/fl奏者Martin Griceをフィーチャーした復活デリリウムの、「Il Nome Del Vento」('09年)に続くスタジオ第2作は(通産5th。ライヴ除く)。往年のメンバーは、その2人のみですが、今回は専任ヴォーカルとして、ラ・マスケッラ・ディ・チェッラのAlessandro Corvagliaが参加しています。フロイドや初期クリムゾン・ルーツの、ブルージーな泣きをたたえた'70sテイストを基調としつつ、フランツ・ディ・チョッチョばりの熱唱voの活躍もあって、近年のPFMやオザンナに通じるところも多い内容です。イタリアならではの哀愁たっぷりに仕上った、これは秀作!

〜デウス・エクス・マッキーナの8年ぶりとなるスタジオ新作が登場!〜

DEUS EX MACHINA
/Devoto

(CD/Cuneiform)(Italy'16)
'90年代以降のイタリア・シーンにおいて、まさに屈指の存在である今やヴェテラン、デウス・エクス・マッキーナの「インパリス」('08)以来8年ぶりとなるスタジオ新作7th。ジャコモ+デメトリオ的強烈voのアルベルト・ピラスをフロントに、vln, org/p, ゲスト管をフィーチャーしたテクニカルな音像は健在です。その一方で、従来よりもストレートな'70sロック・テイストを押し出しており、彼ら流のヴィンテージ・ハード・ロックとも言うべきナンバーも含まれています。かつてに比べれば多少なりとも落ち着いた作風ながら、ジャズ・ロック風味やP.F.M、アレア、アルティetc.を思わせるところも十分ありの傑作!

〜大スイセン!イタリアきっての強豪プログレッシヴ・バンドのスタジオ新作CD+ライヴDVD!〜

DEUS EX MACHINA
/Imparis
(Italy.'08)(CD+DVD(NTSC)/Cuneiform)
'90年代以降に登場したプログレッシヴ・ロック・バンド・としては、イタリアのみならず、世界的にも指折りの存在、デウス・エックス・マッキーナ。待望のニューリリースは、'06年にパリで録音されたスタジオCDと、同年にTritonで収録されたライヴ・コンサートをメインにしたDVD(NTSC)のカップリング。アルベルト・ピラスの、デメトリオばりの強力なvo、vln入りのテクニカルかつコンプレクシャスなアンサンブルがよりジャズ・ロック色を強めた、会心の傑作!'90年代のレア・アーカイヴ映像も追加されたDVDも必見の充実度!!

〜D.F.A.の1stと2ndのカップリング+ボーナス・ライヴ・マテリアルズ!未聴の方はお見逃しなく!〜

D.F.A.
/Kaleidoscope
(2CD/Italy'07)
PFM、GG、N.Health等をルーツとした技巧的サウンドが高い評価を得たD.F.A.。本盤は、'97年の1st「Lavori In Corso」と、'99年の2nd「Duty Free Area」をカップリングし、合計3曲の未発ライヴ・ボーナスを追加した2CDリイシューです。最新作4thも素晴らしかった彼らの旧作が一気に味わえる、お徳用リリース!ケンソー系ファンにもおススメ!!

〜カンタベリー、ジャズ・ロック系リスナー必聴!イタリア産技巧派プログレッシヴの雄9年ぶりNew!〜

D.F.A.
/4th
(Italy'08)(CD/Belle Antique)
'97年と'99年にリリースされた2枚のスタジオ・アルバムが極めて高い評価を得るも、'00年アメリカNEARfestでのライヴを収めたCD「Work In Progress」リリース以降は久しく沈黙していた、イタリアン・テクニカル・シンフォニック・バンド、DFA。満を持して、スタジオとしては約9年ぶりとなる3作目(ライヴを含めると通算4作目)がいよいよ登場します。Kbd、g、b、drの4人編成による、ジェントル・ジャイアントやナショナル・ヘルスをルーツとしたような、スリリングかつハイテンションな楽曲志向のサウンドは健在です。従来以上にカンタベリー的ともいえるメロディアスな色を強める一方、ラスト曲には地中海トラッド風の女性Voもゲストでフィーチャーするなど、結果的にケンソーを思わせる場面も多数。デウス・エクス・マッキーナ等のイタリアン・テクニカル系のリスナーはもちろんのこと、ジャズ・ロック/カンタベリー系のファンも見逃せない、ダイナミックで高完成度な仕上がりです。大スイセン!

〜初CD化!ラブ・ロック系イタリアン・ポップ・グループ秀作!〜

DIK DIK
/Storie E Confessioni
(Italy.'73)(CD/BMG JAPAN)
'ディク・ディクの'73年5th。前作「ある女性に捧げる〜」が例外的にシンフォニック・ロック色が強かったのに対し、本作では、彼ら本来のポップ/うたもの路線です。とは言え、しっとりした哀愁のメロディ、生のストリングス、kbd等に彩られたサウンドはイタリアならでは。ジャルディーノ、アルンニ等にも通じる、ラブ・ロック系として極上の出来といえる、注目の一枚!

〜邪悪ムードの'70s志向シンフォニック新鋭! ホストソナテンのMaurizio Di Tolloゲスト参加!〜

DISTILLERIE DI MALTO
/Suono!

(CD/Musea)(Italy'13)
イタリア産、5人編成(伊語vo/g,g,kbd,dr,b)による、'70年代志向の叙情派シンフォニック・バンド、実に12年振りとなる2作目。冒頭3曲(イントロ含む)にフルート奏者と、aurizio Di Tollo(dr,vo/ホストソナテン)がゲスト参加しています。初期PFM、GENTLE GIANT、KING CRIMSON等をルーツとした、時にアグレッシヴなサウンドは、マスケッラ・ディ・チェラをもう少しソフトにしたようなイメージも有る、熱気十分なものです。イタリア然とした仕上がりの会心傑作!

〜御存知オパス・アヴァントラの歌姫、新作ソロ登場!〜

DONELLA DEL MONACO
/Canzoni Da Battello Del Settecento Veneziano
(CD/Italy'08)
去る4月には、オパス・アヴァントラで奇跡の初来日を果たした、ドネラ・デル・モナコの新作。'77年の1stソロ「Dodici Canzoni〜」でもテーマとしていた18世紀ヴェネツィアの作者不詳の舟歌を中心にを採り上げています(一部1st収録曲の再録音含む)。管、弦による古典/室内楽系アンサンブルをバックに、ドネッラの歌声は矢張り素晴らしく、オパス・アヴァントラに通じる節回しも随所で聴けます。ノスタルジックにして甘美な、親しみ易さも十分の、ファン注目と言える秀作です!

〜通算8作目!カラフルなキーボード・ワークを軸にしたドラマティックなサウンド!〜

DORACOR
/La Vita Che Cade

(CD/MELLOW)(Italy'11)
イタリアのキーボーディスト、コラード・サルデッラが率いるシンフォニック・ロック・バンド、ドラコーの、『Lady Roma』('08)に続く新作8thアルバム。GENESIS、EL&Pなどがルーツのカラフルなキーボード・ワークを軸に、ハードなギターやサックス、イタリアらしい濃厚なヴォーカルを交えたバンドにて、メロディアスかつドラマティックなサウンドを展開しています。部分的にはU.Kや難波弘之を思わせる、音数・楽曲グレードともに過去最高水準の内容は手応え十分です。注目の傑作!

〜イタリア産ジェネシス〜UK〜バンコ系ルーツ、ドラマティック・シンフォニック・バンド、会心NEW!〜

DORACOR
/Lady Roma
(CD/Italy'08)
イタリアのkbd奏者、Corrado Sardellaが率いるシンフォニック・ロック・バンドのニュー・アルバム。力強くも伸びのある伊語vo/g、g/el-vln/マンドリン、b、dr、saxの編成にイアン・モズレイ(1曲dr)らゲストを交えての録音です。ジェネシス、UK等をルーツとした、ダイナミックかつスリリングなサウンドは、イタリア然とした叙情味も十分交えており、完成度抜群です。以前よりもバンド色を強めた楽曲の魅力、トータルの構成力、かけ回るkbdワークと、現時点での新たな最高作です!

〜イタリア産、女性vo(英語)フロントのクラシカル/ゴシック・シンフォニック・バンドの久々NEW!〜

DUNWITCH
/Heilagmanoth
(Italy.'08)(CD/Dunwitch)
イタリア産、女性vo(英語)フロントのクラシカル/ゴシック・シンフォニック・バンドの久々NEW!よりゴシック・メタル寄りに仕上がった、パワフル&妖美な快作!!!

〜イタリアン・ロックの名作がSHM-CD/紙ジャケット仕様にて再発!〜

E.A.ポー
/ジェネラツィオーニ(日常の物語)

(SHM-CD/ベル・アンティーク)(Italy'74)
レア盤が多いKANSASレーベルから'74年にリリースされ、マニアの間で幻のアイテムとして取引されていた作品。オルガンやピアノを軸に、時にテクニカルに、時にアコースティックに、繊細なアレンジで展開されるイタリアン・サウンド。紙ジャケット、リマスター、高品質SHM-CDでの決定版的内容!

〜伊産トリップ・シンフォニック/プログレッシヴ・インスト・バンド! 500枚限定リリース!〜

EGO
/Sistema

(CD/Ma.Ra.Cash)(Italy'14)
伊産、kbd/p/fl、b/tbn、dr/perのトリオ(+ゲストg他)によるkbdシンフォニック系個性派バンドの、「Evoluzione 〜」('11)に続く3作目。トランシー&スペイシーな打ち込み風人力サウンドから、サントラ/クラシカル風の、管やgを交えた重厚なナンバー、更にはルーツとおぼしきメロディック色まで、モンド的な味わいも有るインスト・サウンドで聴かせる面白味の有る内容です。カラフルかつ変化に富んだ力作! 初回500枚のみのボーナス・トラック1曲(前作収録トラック)入り限定盤にて!

〜伊産、70年代風叙情派キーボード・トリオの4th!クラシカル&メロディアスなインスト!〜

EGO
/Evolutione Delle Forme

(CD/Ma.Ra.Cash)(Italy'11)
イタリア産、今や数少なくなった、キーボード・トリオ編成(キーボーディストがフルートもプレイ)による、叙情派インスト・シンフォニック・バンドの4作目。オルガン、アナログ風シンセも押し出しつつ、軽快なリズムやゲストでヴァイオリン奏者も交えた、ソフトなクラシカル・サウンドは、イタリアらしい魅力です。LE ORME、GOBLIN、EL&Pなど、70年代の先人へのリスペクトに溢れた、キーボード・ファン注目の秀作となっています!

〜イタリアらしい濃厚な力技の、レトロなミクスチャー・プログレッシヴ新バンド!〜

EGONON
/Risvealio

(CD/Self)(Italy'72)
これは面白い! イタリア産、屈折センスのレトロ+ミクスチャー・プログレッシヴ新バンド! 管、弦、男女vo等も交えた編成にて、PORCUPINE TREE/OPETH系から、クリムゾン風、エスノ・フュージョン、エレクトロ/サイケに到る多彩な要素を、イタリアらしい濃厚な力技でミクスチャー。レトロ・モダン系の変種とも、イタリアン・プログレの新世代版とも言える、聴き応え十分の大力作です!

〜チェロも暴れるイタリア産ヘヴィ・チェンバー/プログレ寄りアヴァン・ジャズ・ロック・バンド!〜

EL(Electric Leak)
/Electric Leak

(CD/EL)(Italy'08)
サックス、キーボード、チェロ、ドラムス/パーカッションの4人編成による、イタリア産チェンバー/プログレッシヴ寄りアヴァン・ジャズ・ロック・バンドの08年録音作品。ゴリゴリのチェロが暴れまわる押しのパートから、ピアノ、エレ・ピ、シンセなどを活かしたミニマル/シリアス風のミステリアスな面まで、即興色も交えつつ、切り返しの効いたダイナミックなサウンド。一部でKING CRIMSON、HENRY COW、MAGMA、SOFT MACHINE等のルーツも感じさせますが、タイプ分けに収まらない、オリジナリティ抜群の仕上がりになっています。ヘヴィ・チェンバー/レコメン派にオススメの傑作!限定499枚リリース、手書きナンバー入り。

〜地中海トラッドきっての女性シンガー、新作はサルデーニャの宗教歌曲を中心に取り上げた、深遠なる仕上がりの秀作〜

ELENA LEDDA
/Cantendi A Deus
(CD/SARD)(Italy'09)
イタリアきってのトラッド女性シンガー:エレーナ・レッダの新作。今回は地元サルデーニャ島に伝わる宗教歌曲を取り上げています。共同プロデュースのM.パルマスのマンドーラはじめ、10弦クラシック・ギター、ベース(+ ゲストヴォーカル、サックス等)による、シンプルなバッキングの中、力強くも哀愁漂うレッダの力量は改めて抜群です。地中海トラッド/女性ヴォーカル ファンは見逃せない秀作!英語訳付きフルカラー豪華ブックレット仕様パッケージにてリリース!

〜イタリア/サルディーニャ島が生んだ孤高の女性トラッド・シンガー'07ライヴ!〜

ELENA LEDDA
/Live At Jazzinsardegna
(Italy.'08)(CD/Sard)
サルディーニャ島出身で、今や孤高の存在となった女性トラッド・シンガー、エレーナ・レッダの'07年に行われた地元のジャズ・フェスティヴァル出演時のライヴ。才人マウロ・パルマス、リタ・マルコトゥッリらによるバンドをバックに、しっとりと深みのあるトラッド・サウンドと、素晴らしい歌唱を味わえます。サビナ・ヤナトゥーが1曲ゲスト参加しており、そのサビナや、スペインのマリア・デル・マール・ボネットあたりのファンは見逃せない名演です!ビデオ・トラックのボーナス入り!

〜p/kbd主体のしっとり耽美なゴシック・アンビエント〜クラシカル・フォークの秀作!〜

ELISA MONTALDO
/Fistful Of Planets Part I

(CD/Black Widow)(Italy'15)
新世代イタリアン・ヘヴィ・シンフォニックの雄、イル・テンピオ・デッレ・クレシドレのリーダー/女性kbd奏者、エリーザ・モンタルドの1stソロ(本編8曲、約26分)。数曲で自らvo(英語)をとりつつ、基調はp/kbdにプログラミングを交えた、ゴシック・アンビエント/クラシカル・フォーク系インストとなっています(M1にVLYで共演しているマティアス・オルソン(メロトロン)が参加)。彼女のコアである、耽美な世界観を存分に表現した、しっとりアトモスフェリックな仕上りの秀作です!イル・テンピオの2曲(既発)をボーナス追加!

〜TAPROBANのギタリストによる1stソロ・プロジェクト作は、A.フィリップス系パストラル・サウンド!〜

ELLESMERE
/Les Chateaux De La Loire

(CD/Btf)(Italy'15)
伊のギタリスト/マルチ・プレイヤー、Roberto Vitelliが、ELLESMERE名義でリリースした、実質ソロ・アルバム。ジョン・ハケット(フルート)、アンソニー・フィリップス(ナレーション)、更にはドラムスやキーボードが加わって、正しくアンソニー・フィリップス系の、アコースティックを中心とした、パストラルかつメロディアスなインスト主体(一部vo入り、R.R.R.のシンガーが参加)のサウンドを展開。むしろハケット初期ソロのアコースティック・パートを思わせるところもある。繊細にしてファンタジックな音世界は、完成度・魅力とも抜群です!ヴァイオリン、チェロ、そしてメロトロン(全曲に使用)も効果的な傑作!

〜伊産フロイド〜キャメル系新鋭シンフォニック・バンド1st!〜

EMPIRICAL TIME
/Songs Poems And A Lady

(CD/Ma.Ra.Cash)(Italy'14)
イタリアの若手5人組(kbd/英語リードvo, g/vo, b, g/vo, dr/vo)シンフォニック系バンドのデビュー・アルバム。男性voとオルガン音kbdを押し出した、退廃ブルージーなムードの、フロイド/キャメル系ルーツなレトロ/うたもの寄り叙情派サウンドは、ブリティッシュナイズされた高品質なものです。昨今のKscope周辺ポスト・プログ系とリンクしつつも、イエス/ジェネシス系のリズミカルなパッセージを交えた、メリハリ十分の好内容な力作!

〜YUGEN発の新プロジェクト! サビナ・ヤナトゥを思わせるムードのダーク&耽美な傑作!〜

EMPTY DAYS
/Empty Days

(CD/ベル・アンティーク)(Italy'13)
現代イタリアの硬派プログレッシヴ最高峰、YUGENのフランチェスコ・ツァゴ(g)が、女性ヴォーカリスト、エレイン・デ・ファルコ(THINKING PLAGUE,HUGHSCORE)や、スケ・ボッタらYUGENの仲間を迎えて立ち上げた、新たなプロジェクトの1st。本作4曲目のタイトルにもなっているように、YUGENの新プロジェクト、KURAIの発展型ともいえる、シリアス&イマジナリーなアヴァン・アンビエント・プログレッシヴ作です。ルネッサンス期の楽曲にインスパイアされた7つの楽曲と、7つのインストを収めており、ダークな深淵から退廃・耽美なクラシカル・ムードまで、p,vibe,メロトロン,cello,g等を配した、美的で淡い音像が秀逸です。注目の傑作!

〜女性シンガー・フロントの伊産イエス系シンフォニック・バンド!〜

ENIMA
/Inconsapevole Viaggio

(CD/Enima)(Italy'12)
イタリア産、伊語女性voフロントの5人組メロディアス・シンフォニック・バンドが、'12にリリースしていた公式デビュー作。一部ゲストでsaxやコーラスも交え、少し鼻にかかった声質のエモーショナルなvoの魅力を押し出した、フロイド、キャメル、ジェネシス等ルーツの親しみやすいサウンドを展開しています。時にハードに時にフォー気に迫る曲想の中、流麗なタッチのピアノ/シンセ、泣きのリード・ギターも光る、レトロ・モダンな内容は高水準です。ゆったりとした広がりが心地良い注目の好作!

〜国内盤入荷!メロトロン、ストリングスを含む極上の歌物シンフォニック・ロック・サウンド〜

EQUIPE 84
/Sacrificio
(Italy.'74)(CD/Media Arte)
イタリアポップ・ミュージック・シーンがプログレッシヴ・ロックの影響を強く受けていた'70年代前半、ビート・グループだったエクィペ・オッタンタクアトロも「ID」('70)、「Casa Mia」('71)、「Dr. Jekyll, Mr. Hyde」('73)と次々にプログレッシヴ・ロック色の強いアルバムをリリースしています。その集大成と言えるのが本「サクリフィチオ」。夭折のカンタウトーレ、ジャンニ・デリコも参加しており、メロトロン、ストリングスを含むシンフォニックなキーボード、リリカルで優しいフルート、ギター等がイタリアならではの情感に富んだヴォーカルと一体になり、極上の歌物シンフォニック・ロック・サウンドを作り出しています。

〜なんとバンドとしては19年ぶりとなる3rd。イタリア叙情派シンフォニックの好バンド、泣きは健在の復活作!〜

ERIS PLUVIA
/Third Eye Light
(CD/AMS)(Italy'10)
91年にMUSEAから1st『Rings Of Earthly Light』を発表、95年には実質的な別プロジェクト:ANCIENT VEILでの2ndを残した、イタリアの叙情派シンフォニック・バンドの、復活新作となる3rdアルバム。1stにゲスト参加していたギタリストを中心に、同作のキーボーディストとベーシストを含む5人編成(英語ヴォーカル)で、ゲストにフルート、女性コーラス他も加わっています。CAMELやROUSSEAUを思わせる、しっとりとした泣きと、時にハードなアンサンブルでダイナミックに広がる、メロディアス・シンフォニックの秀作!

〜全員オリジナル・メンバーで再結成し、1stを丸ごとリメイクした高水準作!〜

ERRATA CORRIGE
/Siegfried,Il Drago E Altre Storie.

(CD+DVD:PAL/Black Widow)(Italy'76)
'76年に唯一作にして、チェレステ等に通じる「静のイタリアン・ロック」秀作と称された「Siegfried〜」を自主リリースしたエラッタ・コリッジ。彼らが何と、全員オリジナル・メンバーの4名で再結成し、同作を丸ごと再録音したCDと、レコーディング風景を用いた全曲分のPV映像、及びクリムゾン"Cadence And Cascade"カヴァー(CDには未収)の同作映像を収めたDVD/PALのセット。フルート、メロトロン音kbdのみならず、オリジナルには無かったクラリネットやホルン等もゲストで交え、繊細さを保ちつつも、より力強くダイナミックに仕上った、高水準な出来の好リメイクです!

〜S.ハケット、F.ディ・ジャコモ、B.ランゼッティがゲスト参加の、ハケット系叙情派アンビエント・シンフォ!〜

L'ESTATE DI SAN MARTINO
/Talsete Di Marsantino

(CD/AMS)(Italy'12)
イタリア産、地中海テイストも交えた、アコースティカル&アンビエントな上品叙情派インスト・シンフォニック・バンドの新作2nd。sax/flも含む5人編成を基本に、今回はゲストでS.ハケット(el-g/M5)、F.ディ・ジャコモ(vo/M12)、B.ランゼッティ(vo/ボーナス・トラックの2曲目)をフィーチャー。ハケット系をフュージョン寄りにしたイメージから、エスノ調まで、流麗&イマジナリーに広がる上質の傑作!

〜GOBLIN全盛期のドラマー:A.マランゴーロをフィーチャーしたテクニカル・ジャズ・ロックバンドの唯一作〜

ETNA
/Etna
(SHM-CD/BelleAntique)(Italy'75)
直後にゴブリンに加入し、全盛期を支えたドラマー:アゴスティノ・マランゴーロと、L'uovo Di Colomboを経たベーシスト:エリオ・ヴォルヴィーニをフィーチャーした、エトナの75年作品。FLEA ON THE HONEY〜FLEAの改名バンドで、エトナ名義では唯一の作。キーボード、ギター、ベース、ドラムスの4ピースにて、前2作から一転した、Mahavishnu Orchestra〜Return To Forever系のジャズ・ロックを展開しています。ひたすらスリリング&テクニカルなプレイは圧巻で、この種ではIL BARICENTROの1stアルバムと並ぶ、イタリアきってのド傑作!国内プレス、リマスター、SHM-CD、紙ジャケット仕様にて、国内初発売!

〜ベッペ・クロヴェッラの共同プロデュース、ロック・オペラ風キーボード・シンフォ新鋭!〜

EUTHYMIA
/L'ultima Illusione

(CD/ELECTROMANTIC)(Italy'10)
ベッペ・クロヴェッラの共同プロデュースで、ELECTROMANTICレーベルより登場した、イタリアン・キーボード・シンフォニックの新鋭の1stアルバム・キーボード、ギター、ベース、ドラムス、女性ヴォーカル、男性ナレーションの編成にて、シアトリカルなトータル仕立てのサウンドを展開しています。EL&P系の、ド派手に押すパートから、ほのぼのとした女性ヴォーカル、何故かエマニュエル・ブーズ/GONG風になる?ナレーション入りの部分まで、極度にダイナミックな仕上がりです。90年代VINYL MAGICレーベル系+70年代テイストともいうべき、重厚にしてドラマティックな傑作!

〜伊産、技巧的かつ親しみ易いレトロ・モダンなミクスチャー型テクニカル・シンフォ!〜

EVELINE'S DUST
/The Painkeeper

(CD/Lizard)(Italy'16)
イタリア産、英語vo/kbd, g, b, drの4人編成による、レトロ/モダン・テクニカル・シンフォニック新鋭バンドの、EP「Time Changes」('13)に続く1stフル。ゲストで女性コーラスvo, saxを交えたコンセプト・アルバムとなっています。クリムゾン・ルーツのダーク&テクニカルな要素から、ペリジェオ等のジャズ・ロック、バンコ、ジェネシス等の古典的ムード、さらにはS.ウィルソン的voワークまで、様々な要素をミクスチャーしたサウンドは、非常にスリリングかつ新鮮なインパクトを放つものです。現代的な感覚によるシンフォニックの傑作!

〜イタリア産。高円寺百景/ZAPPA系 + モーダル・ファンク的?アヴァン・ジャズ・ロック・バンド新鋭デビュー作〜

EX-P
/Carpaccio esistenziale
(CD/fratto9underthesky)(Italy'08)
イタリア産。高円寺百景/ZAPPA系 + モーダル・ファンク的?アヴァン・ジャズ・ロック・バンド新鋭デビュー作。
◆WORLD DISQUE TOP PAGEへ戻る